2020年09月17日

ギターを弾き続けたい

200917.jpg

昨日ふと思った。
「そう言えば最近ギター弾いてない」
いつから弾いてないかな?もう3ヶ月以上弾いてないかも。

確かゴールデンウィーク前後に、ちょびっと弾いた記憶がある。
それから全くギターに触れないまま。
「もう指が動かないんじゃ?」と思って弾いてみた。
意外と指が覚えているもので、なんとか弾けました(笑)

昔は毎日のように、気分転換に弾いていたんですけどね。
お昼休みの時とかに、ギター弾いていたんですが、最近全く弾いていません。
気持ち的にゆとりがない証拠ですね。

私がギターを弾きだしたら、ショパンがビックリしていました。
ショパンが来てからは、初めて弾きますからね。
一体何が起きたのだ?って顔で見ていましたが、すぐに慣れて側で寝ていました(笑)

ギターの弦も張り替えないといけない。
3ヶ月以上弾いていないと言うことは、もっと前に弦を張り替えている。
いつ張り替えたかも覚えていない。
今年入ってから張り替えたかな?

ゴールデンウィークの頃は、GaregeBnadで曲作ったりして遊んだが、今はそんな余裕もない。
もうちょっと遊ぼうと思って、ミニキーボードも買ったのに。
仕事が忙しくなってくると、ギターも弾く気持ちのゆとりも無くなる。

中学2年生の頃から始めたギター。
完全に自己流ですが、趣味としてずっと続けてきた。
でも、最近は本当に弾く機会が少なくなった。
そう言えば、左指の先も柔らかくなっている。

ギターを弾いていたら、弦を押さえるために左手の指先は硬くなる。
特にアコギはコードを押さえるので、ギターを弾き続けていると、指先は硬くなるのです。
もうすっかり柔らかくなってしまっているので、いかにギターを弾いていないかわかる。

毎日とまではいかなくても、2〜3日に一回くらいは弾きたいですね。
お昼ご飯を食べ終えてから、たとえ1曲でも弾いて指の感覚を取り戻したい。
そしてエレキも復活させたいです。
指の方が動くかわかりませんが(笑)

忙しい毎日ですが、やっぱり何か夢中になれるものが欲しいですよね。
せっかく中学2年から、ずっと趣味で続けてきたギター。
やっぱり続けていきたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 音楽/映画

2020年09月16日

いたずらっ子猫のショパン

200916.jpg
【おら、また調査に行ってこい。とでも言ってるのか?】

今朝の事。
いつもの朝の散歩(家の周りを探索するだけだが)を終えて、家の中で走り回るショパン。
猫は朝と夕方から晩にかけて、最も活発になる。

朝は、みんなが出かけて行く事もあり、ショパンもあちらこちらを走り回る。
娘たちが登校するために、家を出る度に「俺も出してくれ〜」と言わんばかりに鳴きまくる。
そんなショパンに見送られながら、娘たちは学校へと行く。

娘たちを見送って、嫁さんと二人で朝ごはんを食べていたら、2階へ上がっていたショパンが何かを咥えて降りてきた。
「なんか見た事ある物だな!?」と思ったら、国勢調査の腕章だった。
実は町内会の方から頼まれて、国勢調査員をやることになった。
昨日、PTA会議に行く前に、夕方から担当の地区を回ってきた。

留守の家も多いため、まだ半分ほど残っている。
明日の夜にまた回る予定。

腕章は私の部屋に、調査員証と一緒に置いていたはず。
そもそも部屋は閉まっているので、ショパンは入れない。
不思議に思って2階に上がると、僅かにドアが開いていました。
最近、ドアが閉まりきっていないと、頭で押してドアを開けるようになったショパン。

おそらくですが、次女が印鑑を押すために、私の仕事部屋に入ったのだと思う。
そして完全にドアを閉めずに、ショパンが入り込んだのだろう。
しかしよりによって、なぜ国勢調査の腕章を持ってくる。
まるで「おら、また調査に行ってこい。」とでも言っているようだ(笑)

持ってきていたのは、腕章だけじゃなかったようで、机の上に置いてあった付箋も持ち出したようだ。
何か袋を咥えていたので、取り上げてみると付箋が入っていた袋。
なぜか付箋は入っていない。階段の下の方に付箋は落ちていました。

イラずらしたい年頃なんでしょうね。
まだ生まれて半年ほどのはず。
人間の年で言うと10歳くらいらしいです。
10歳の男の子・・・・・・そりゃ〜イタズラするはずだ(笑)

まだ可愛いイタズラなので、笑って許せます。
これから、笑えないイタズラをする可能性もありますが。

最後に国勢調査員からのお願いです。
今年は感染防止対策も兼ねて、インターネットでの回答を一番にお願いしています。
スマホでも回答できますので、皆さんできる限りインターネットでの回答をお願いいたします。

さて、まだ半分近く残っているので、明日の晩、また回ってこよう。
ショパンにも急かされたし(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 日記

2020年09月15日

なかなか行事が出来ない

200915.jpg
【昨年のあいあいDAYの様子】

今日は中学校のPTA運営委員会の日でした。
1週間前に役員会があり、今日の議題について、事前打ち合わせをしていました。
大きな議題は「あいあいDAY」と呼ばれるPTA行事をどうするか?でした。

毎年11月に、模擬店とバザーを開いて、生徒や保護者との交流をはかる行事です。
昨年は私も保護者として参加させていただきました。
もうすでに副会長をやる事が決まっていたので、「来年のために」とお声かけいただいていました。

本来であれば、今年もその「あいあいDAY」を開催する段取りでした。
しかし、今年は何もかもがイレギュラー。
加えて、学校の校舎建て替えの工事が始まっています。
本来会場となる駐車場は、工事車両が入るために、使えません。

なんとか開催する方向で、役員会では話を進めました。
模擬店の品数を減らし、感染対策をして、場所も狭くなるため、人数制限をして。
色々と考えて本日の運営委員会に臨みました。

役員会としての考えを説明した上で、運営委員会や実行委員会の意見を聞きました。
役員会は実施の方向で考えているが、皆さんの意見を聞いて最終判断することとしていました。
意見としては、やはりリスクが高いことなどから、実施に消極的な声が多かった。

本来なら、土曜授業を行い、その授業を参観できる。
その流れで授業の後に、あいあいDAYが行われて、保護者もそこに参加します。
しかし今年は土曜授業はあるが、参観が出来ません。
授業参観が無ければ、保護者は来ないのでは?との意見も出ました。

様々な声を聞いた上で、あいあいDAYの実施は見送りとなりました。
今年はこの状況の中で、無理をして開催するよりも、来年に備えることで決定しました。
残念ですが、致し方ありません。

そもそも、役員会だけが実施する気持ちになっても、実際に動いていただける運営委員会や実行委員会の方々の気持ちが大事です。
リスクを抱えながら、不安な気持ちで実施したのでは、良い結果は生まれないでしょう。

PTAの中での一番の行事が、このあいあいDAYです。
他にも社会見学会などがありますが、これも実施出来ていません。
今年は、本当に何も行事が出来ないまま、時が過ぎて行きます。

来年度は私が会長となります。
果たしてこの感染が治まっているのか?
全く未知数ですが、やれることを頑張りたいと思います。

その前に、今年度の副会長としての任務を、残り半年ですが頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 日記

2020年09月14日

菅新総裁誕生

200914.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

自民党の総裁選挙の結果が出ました。
やはり予想通り、菅さんの圧勝でしたね。

菅さん 議員票288+地方票89 合計 377 
岸田さん 議員票79+地方票10 合計 89
石破さん 議員票24+地方票42 合計 68

菅さんが勝利するのは、ほぼ間違いないと見られていたので、菅新総裁は当然。
注目は2位争いになっていました。
岸田さん、石破さん、どっちが2位になるのか?

2位なら次のチャンスがあるが、3位だと次は厳しいと言われていた。
テレビではしきりに、「国民に人気の石破さん」と言っていたが、本当に人気?
私の周りで「石破さんに期待する」なんて人、聞いた事がない。
どちらかというと、野党支持者の方が石破さん推してんじゃないの?
結果は石破氏は3位。

今回の総裁選挙。
最初は岸田vs石破に、河野太郎氏や稲田朋美氏が参戦するか?が焦点だった。
ところが菅氏が参戦して状況は一転した。
一気に菅氏推しが続きました。

正直、岸田氏では弱かったのだと思います。
もし岸田vs石破となれば、石破氏勝利になりかねない。
議員人気がないと言われているが、もし石破氏有利と見れば、そこについていく議員は多数いる。

私の憶測ですが、菅氏は「石破氏だけは総理にさせない」という気持ちがあったのではないでしょうか?
岸田氏ではもしかすると石破氏に負けてしまいかねない。
そこで自分が立候補する決意をしたのかも知れません。
安倍政権を支えた官房長官としては、常に政権批判を繰り返してきた石破氏だけは避けたいのでしょう。

政権批判がダメなわけではない。批判すべきところは批判して、代案や提案をしてくれれば良い。
しかし石破氏は、まるで野党のように、森友問題や加計問題、桜を見る会問題を追及していた。
与党内野党になっていましたからね。
それじゃ〜議員からの信用はありません。

菅新総裁が誕生して、もうすでに次は「解散はいつか?」という話題で盛り上がっています。
菅政権になれば、安倍政権の路線を引き継ぐことになる。
安倍総理が辞任を表明してから、安倍政権の支持率が上がった。
これを安倍路線の支持と見れば、菅政権の支持も高くなる可能性はある。

そもそも、政権発足時は期待感で支持率は高い。
その支持率が高いうちに解散すれば、勝算は高い。
ちょうど感染拡大もおさまりつつある。

野党も解散を警戒して、無理やり合流を進めてきた。
国民民主党と立憲民主党を合流させて、新しい政党の名前が立憲民主党。
そして新たな党首が枝野氏。

何も変わっていないじゃないですか(笑)
結局元の民主党に戻って、名前がそのまま立憲民主党になっただけ。
国民民主から合流しなかった議員が、今後どのように動くかが鍵になりそうです。

とにもかくにも、自民党の新総裁が決まりました。
これからまた政治が動きそうですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:22 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年09月13日

年末に向けて頑張らないと

200913.jpg
【時が過ぎるのは早いにゃ〜】

もう9月が半分終わろうとしている。
9月が終わると、10月からは一気に年末に向かって突っ走るのが毎年の恒例。
なんせ忙しくなる。

だからなるべく9月の内に色々とやっておきたい。
しかし仕事以外でも忙しい。
もちろん仕事も忙しい。
結局今年も年末に向けて、どんどん忙しくなるのだろうな。

もっとも懸念するのが年賀状の注文。
毎年オリジナルのデザイン作って、知人や身内に送っている。
そんなにたくさんの注文を受けるわけじゃないけど、デザイン案を求められるので、毎年の恒例となっている。
なるべく早くデザイン案を作りたいのだが、毎年11月くらいになってしまうのです。
今年こそは早く・・・・・・できるだけ(汗)

もう一つがカレンダー制作。
こちらもお世話になった方や身内に配ったり、ネットで販売したりしている。
そんなに売れるわけじゃないが、100部単位で作る。
毎年購入してくれる方もいるので、こちらも恒例となっています。

カレンダーもいつもギリギリで、12月の頭になって、ようやく受付開始する始末。
こちらも今年は早めに手掛けたいです。
まずは使うイラストを選定して、早めに印刷に回そう。
印刷が仕上がってきてからの、手作業が大変なので、その時間をなるべく取りたい。

毎年この時期に、同じようなことをつぶやいています。
今年こそ・・・・・・・と、毎年言っている(笑)

まだ残暑が厳しいこの時期に、年末のことを考えるのって、やっぱりピンとこないんですよね。
「まだ大丈夫」と思っている内に、一気に秋になり、年末が近づいてくる。
だから今年こそは、早めに手掛けたい。

年賀状はデザイン考えるのに時間かかるので、まずはすぐにできるカレンダーから手掛けよう。
続いて年賀状を。
でも、仕事の時間を取られたくないので、やるとしたら夜の時間です。
最近は、なかなか夜に作業する体力が残っていません。
晩ご飯食べたら、一気に眠くなってしまう。

でも頑張って夜な夜な作業しよう。
老いていく身体に鞭打って頑張りますか(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:00 | Comment(0) | 日記

2020年09月12日

UFO発見か!?

200912.jpg

昨夜の出来事。
晩御飯の前に、Macの前で作業をしていて、ふと目の前の窓を見た。
遠くの空に明かりが見えた。

とっさに思ったこと。
「あぁ〜いつもの飛行機だな」
我が家の上空は、飛行機の通り道になっています。
よく東の空から飛行機が飛んで来るのが見える。

夜にも飛行機の光が見えて、徐々に大きくなって来るのを、何度も見ています。
ところが今回の飛行機はいつまでたっても近づいて来ない。
ずっとその場所にとどまっている感じなのです。

とっさに思ったこと。
「もしかしてUFO!?」
我が家の上空はUFOの通り道になって・・・・・いません(笑)
最初は飛行機だと思っていた明かり。星の明かりにしては明るすぎる。
それにいつもはそんなところに星は見えない。

嫁さんに「あの光なんだろう?」と問うと、娘達も「何?何?」と私の部屋に集まってきた。
私が「もしかしてUFOかな」と言うと、怖がりの次女は「え〜怖い〜〜」と私の後ろに隠れた。
飛行機ではなさそうだし、ヘリコプターでもなさそう。

しかし、嫁さんがあることを思い出した。
「そういえば、今火星が東の空に見えるらしいよ」と言いながら、スマホで調べ始めた。
やはり東の空に火星が見えるようだ。
星にしては明るいと思っていたが、どうやら火星の明るさだったようだ。

それにしても本当に明るい。
星の明るさではなく、飛行機などの人工的な明るさに感じます。
その後、晩ご飯を食べ終えてから、再び確認すると、明かりの位置が少し右側に変わっていました。
つまりは火星の位置が移動していた。
地球の自転による星の移動ですね。

飛んだUFO騒ぎでしたが、たまには夜空を眺めてみるのも良いものです。
もしかしたら、本当のUFOと遭遇するかも知れません。
遭遇しなくても、満天の星空を眺めているだけでも、心が鎮まるものです。

時には夜空の撮影に出かけたりしたいのですが、なかなかタイミングがありません。
星が見えるところまで車で走らないといけませんからね。
できれば天体観測などしてみたいものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記

2020年09月11日

9.11から思うこと

200911.jpg

今日は9月11日です。
2001年9月11日にアメリカ同時多発テロが起きてから、もう19年が経ちました。
しかし、あの時の衝撃は今も忘れません。

アメリカでは朝の8時代、しかし日本はもう深夜にさしかかろうかという時間帯でした。
息子はまだ2歳で、もうとっくに布団の中で夢心地。
私はMacの前に座って、何か作業をしていたと記憶している。

リビングでテレビを見ていた嫁さんが、「アメリカで飛行機事故があったみたい」と部屋に上がって来ました。
テレビを見ると、ワールドトレードセンサーに飛行機が突っ込んで、ビルが炎上していた。
最初は単に飛行機事故だと思ったが、その後2機目の飛行機が、もう一つのビルに突っ込む。

さらに他でも飛行機の墜落情報や、ペンタゴンにも飛行機が突っ込んだとの情報が流れ始める。
テレビの中で情報が慌ただしく動き、深夜にも関わらず、テレビに釘ずけになった。
そして「これから世界はどうなるのか?」という漠然な不安に駆られた。

この同時多発テロで、大勢の人が犠牲となりました。
3,000人近くが犠牲になり、日本人も多くの犠牲者が出ました。
何が何だかわからぬままでしたが、その夜はひとまず眠りについた。

一夜明けて、様々な情報が飛び交う。
アメリカのブッシュ大統領は「テロとの戦い」を掲げ、アルカイーダを非難した。
その後、アフガニスタンへの攻撃、そしてイラクとの交戦につながっていきました。
アルカイーダのリーダーであった、ウサマビンラディンはその後逃げのびていたが、10年後に殺害されました。

テロのリーダーが殺害されて、平和になったのか?
むしろ戦いは続いて行きます。
アルカイーダの崩壊で、テロリスト達は、四方に散らばりまた別のテロ集団へと入って行く。
その後、イスラム国が出てきて、アメリカが撤退して手薄となったイラクと、内戦状態のシリアを我が物にしてしまいます。

最近はイスラム国の名前を聞きませんが、リーダーのバグダーディーが殺害されてから、勢力を弱めたと思われる。
しかしテロリストは、必ず地下組織で動いていると思います。
中東からアジア中南東へ活動拠点を変えているとの情報もあり、すでにテロ行為も確認されています。

いくらテロリストを叩いても、テロ行為は無くならない。
正義と称してテロリストを攻撃しても、テロリスト側は憎悪を膨らませるだけです。
なぜテロリストが出てくるのか?やはり貧困の問題だと思います。
テロリストになるのは、働くことが出来ないから。

まともに教育も受けれず、仕事が無ければ、行き着くところはテロリスト。
全ての人がそうではないとしても、テロ組織から勧誘されれば、そこに入ってしまう。
大事なのは教育です。ちゃんと教育を受けることが出来、仕事をすることができる。
日本にいると当たり前の事のようですが、世界ではまだまだ教育が受けれない子供がたくさんいます。

私たちはテロリストと戦うのではなく、ちゃんとした教育を受けることができる環境を整えてあげることが大事です。
しかし9.11以降、悲しみと憎しみの怒りが、アルカイーダをはじめとするテロリストに向かった。
大切な人を突然奪われ、愛する者を、一瞬にして亡くした人にとっては、当然の感情だと思う。
でも、それではいつまでたっても負の連鎖は終わらない。

世界中の全ての子供に教育を。
世界中の全ての子供に食料を。
貧困を無くし、世界中の人々が、自立した生活を送れるように。
9.11から私なりに考えること。
世界が平和でありますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:26 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年09月10日

猫のお散歩

200910.jpg
【朝のお散歩中のショパン】

我が家に黒猫のショパンが来て、もう3ヶ月が過ぎました。
来た頃は、ちっちゃくて弱々しい感じでしたが、すっかり大きくなりました。
でもまだ子供、人間で言えば10歳くらいです。
ちょうど次女と同じくらいという事になりますね。

そんなショパンですが、元はと言えばおそらく野良猫。
保護猫で、車のエンジンルームで発見されたそうです。
見つけた方が、どう対応して良いか分からず、猫の保護活動をしている方に預けました。

保護活動をしている方が、猫の里親サイトに登録して、それを私が見つけたのがショパンとの出会いです。
長女が「黒猫が欲しい」と言い始めて、私と嫁さんも「黒猫なら飼っても良いかな」と思い始めた頃。
最初に見つけた黒猫は、もうすでにトライアルに入っていて、縁がありませんでした。
その直後に見つけたのがショパンでした。

もともと保護猫なので、やはりどうしても外に出たがります。
娘たちが登校する時、嫁さんが出勤する時、玄関で「ボクも連れてって」と言わんばかりに鳴きます。
玄関には脱走対策の柵の扉を作っていますが、なんとか外に出ようと必死になっています。

あまりに外に出たがるので、ハーネスを買ってきて、装着して外を歩かせてみました。
これでどこかに脱走したがるのであれば、もう外には出さないつもりでした。
しかし、家の周辺をウロウロ歩いて、いろんな物に興味を示しているようでした。
何か虫が動けば、それを追っかけ、カエルを捕まえた時もありました。

家猫は家から出さないで飼うのが鉄則と聞きます。
しかし、最近は猫の散歩を推奨する声もあるそうです。
元々野良猫や保護猫だった飼い猫は、やはり外に興味があり、外に出たがる傾向が強い。
おそらくショパンもそうなんだと思います。

外に出る事で、病気や事故のリスクもあるけど、猫にとっては気分転換になりリラックス効果があるとのこと。
そんな訳で、我が家のショパンも、毎朝家の周りを散歩しています。
散歩といっても、ただただ家の周辺を、興味のある物を見て回るだけ。
およそ30分ほど、家の周りを散歩します。

最近はその習慣が分かってきたのか、私が起きると私の足元について周ります。
そしてハーネスを取って、ショパンを抱きかかえると、大人しくしています。
以前はハーネスを着けるのを嫌がりましたが、最近はじっとして待っています。
きっと「これを着けたら外に出られる」と学習したのでしょう。

外に出るといろんな音が聞こえて来ます。
駐車場の先に出ると、道路が近くなり、時折通る車やバイクにちょっとビビります。
もっとも警戒するのは、散歩の犬が通った時、地面に体を伏せて目立たないようにしています。
でも、コンクリートの上に黒猫ですから、どんなに頑張っても目立つんですけどね(笑)

次は裏庭に回って、草の匂いを嗅いだり、何か生き物を見つければそれを追っかけます。
時々鳥が鳴きながら飛んでいくと、それを目で追っかける。
ショパンにとっては、なんでも興味の対象です。

朝の30分だけ散歩したら、あとは家の中。
みんなが出て行くときは、自分も出ようと騒ぎますが、それ以外は大人しく家でくつろぎます。
大体は窓際に寝転がって、外を眺めるか、椅子の上で寝ているか。

猫にとってお散歩が良いのか?わかりませんが、今のところショパンにとっては良い刺激になっていると思います。
ただこれから先、涼しくなってさらに寒くなってくると、それでも出たがるのか?
冬の間は散歩はしないかも知れません。私も寒い中30分も外に居たくないな(笑)

まぁ、ショパンがどう行動するか。
しばらくは朝の散歩を私も楽しみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:26 | Comment(0) | 日記

2020年09月09日

小さな希望

200909.jpg
【普通の稽古が出来る日を信じて】

水曜日の夜は、いつも剣道稽古の時間。
しかし、今日は次女が「頭が痛い」との事でお休みしました。
熱などはないが、頭痛が治らないようなので、大事をとって休みました。

でも、私だけは稽古している体育館へ。
実は日中に問い合わせがあり、稽古の見学者が来る。
私が対応しているので、ほっておくわけには行かない。

見学に来たのは、1年生の男の子。
なんでも剣道に興味があるとの事で、親は全く剣道に関しては知らない。
まるで我が家の状況と同じです。
我が家も息子が小2のときに、突然「剣道やりたい」と言い出してから、我が家の剣道ライフが始まりました。

お父さん・お母さんと3人で来た男の子は、稽古をしている小学校の生徒さん。
ここで剣道をやっているのを知っているのかと思ったが、それも知らなかったようです。
なぜ剣道に興味を持ったのか?親としても謎のようです(笑)

見学に来たものの、今はコロナ対策で、普通の稽古が出来ていません。
さらに今週は、道義のたたみ方や防具の扱いを教えていたので、見ていてもつまらない状況。
でも、目の前で中学生や大人が稽古をしていたので、それを見て真似ていました。

今にでもやりたいような雰囲気でしたので、「やってみたい?」と聞くと「やりたい」との回答。
今日はいきなりで無理なので、次回の稽古から体験という形で参加してもらうことになりました。
まだ1年生なので、どこまで頑張れるかわかりませんが、続けて行って欲しいですね。

どんどん人数も減ってしまい、小学生は6名しかいません。
さらに一番下が我が家の次女で4年生。
1〜3年生が全くいないので、これを機に少しずつでも増えて欲しいです。

本当は3月に体験教室を開く予定でした。
学校や園に案内のチラシを配る手配もしていました。
そこに武漢肺炎(新型コロナウイルス)が襲いかかり、何もかも白紙になってしまった。

そんな中で、1人体験が増えた事は、暗闇の中の灯火です。
この灯火が大きくなっていく事に期待したいと思います。
ただ待っているだけではダメなので、また体験教室も考えて行きたいと思う。
なかなか難しい現状ではありますが。

ウィズコロナで剣道も頑張って行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | 日記

2020年09月08日

お月見イラストの数々

200908.jpg
【満月をモチーフにしたイラスト】

この1週間ほどで、満月のイラストの注文が続いた。
作品No.097「お月見にゃんこ」が3枚、新作のNo.178「秋風四重奏」のポストカードセットが1点。
そしてこれは作品ではないのですが、「お月見にゃんこ」を見て、こんなシルエットイラストを描いて欲しいとの注文を受けて、オリジナルシルエットイラストを1点。

不思議なもので、注文が入ると立て続けに来る事が多い。
入らないときは全く入らない。
ここ2〜3ヶ月は本当に注文がまばらだった。
ところが先月末に一つ注文が入ると、立て続けに注文が入った。

今回はなぜか「お月見にゃんこ」が人気。
月見のシーズンなので、お月見のイラストが注目されたのだと思うけど、他にも満月のイラストたくさんあるのに、なぜ「お月見にゃんこ」に集中したのか?
やっぱり猫&月がポイントか?

満月をモチーフにしたイラストは、本当にたくさんあります。
数えてみると・・・・
◎023ムーンライトシンフォニー
◎047古都静月(ことしづき)
◎072静北優月(しずきたゆうげつ)
◎096秋風静音(あきかぜしずね)
◎097お月見にゃんこ
◎120竹音静月(たけのねしづき)
◎145奄音恋美月(あまねこいみづき)
◎154青の古城
◎166秋音色の鏡月
◎178秋風四重奏

これ以外にも満月のイラストはあるけど、お月見の時期のイラストとしてはこれくらい。
この中で「お月見にゃんこ」に注文が多かったのは、やはり猫がモチーフだからか?
他のイラストは比較的幻想的なイメージがある。
その中で「お月見にゃんこ」だけが家族的。

自分のイラストを分析してみるのも面白いものですね。
どうしても満月を描くときに、何か神秘的なイメージを持っているので、どうしても幻想的なイラストが多くなる。
今回の新作「秋風四重奏」も神秘的なイメージを前面に出した。
その中で、「お月見にゃんこ」だけは、家庭的でほんわかしたイメージです。

そういえば、アニマルイラストシリーズって、元々は動物の親子や家族を描いていた。
最近はその親子感や家族感が少ない気がします。
ここは一つ原点に戻って、次の作品は家族的なイラストを描いてみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | アート