2018年09月15日

パワハラ・セクハラの定義

180915.jpg

今、体操協会がパワハラで揺れています。
これまでにも、様々なスポーツでパワハラが騒がれてきました。
本当に許せないことであれば、パワハラで訴えても良いと思います。
それはセクハラについても同じ。

ただ、何でもかんでもパワハラ・セクハラになっている気がするのは、私だけでしょうか?
本当に許せない行動や言動なら、パワハラ・セクハラで訴えて良い。
しかし、単に「自分が嫌な思いをした」程度のことで、パワハラ・セクハラで騒ぐ人が増えている気もする。

人間社会では、必ずストレスになることがある。
そのストレスは、人によって異なる。
同じことでも、それをストレスと感じる人と、感じない人がいる。
「それくらいの事」と思っていても、別の人はその事で、深く考え込んでしまう。

人によってパワハラ・セクハラと感じる場合と、そうでない人といると思います。
また、これは逆の場合も同じで、同じ言葉をかけられたとしても、笑って許せる人と、不快に感じる人がいる。
要はその人のことを、自分がどう思っているかで、同じ言葉でもパワハラやセクハラと感じてしまう。

特にセクハラの場合は、それが如実に出るのではないだろうか。
ある人は、笑ってスルー出来ても、ある人は笑えない。
つまりは人間関係がうまくいっているか否かで、パワハラ・セクハラが出てくる。
人間関係がうまくいっていれば、少々のことは笑って許せるし、信頼関係があれば厳しい言葉も、愛のムチだと受け入れられる。

スポーツ関係では、どうしても上下関係ができる。
監督やコーチと選手では、上下関係が生まれてくる。
その時、監督やコーチを選手がどれだけ信頼しているかで、変わってくるのでしょう。
逆に言えば、監督やコーチが、いかに信頼される存在になれるか。ってことになる。

きっと多くのスポーツ関係者が、今この事で頭を抱えていると思う。
厳しく指導したいけど、それがパワハラと受け取られかねない。
スポーツ関係だけではない、企業などでも同じ。
新人を育てようと、厳しい言葉をかけたら「パワハラ」と受け取られる。
場を和ませようと、ちょっと冗談で下ネタ話をしたら、セクハラと受け取られる。

こうなると、相手に気を使って接しなければならなくなる。
多少の気遣いは大事。しかしあまりにも過剰な気遣いになる。
そうなれば、人間関係など築けない。

何かあれば、すぐに「パワハラだ」「セクハラだ」と騒ぐ世の中。
騒ぎすぎだと思うのですが。
本当に深刻なパワハラやセクハラは、きっと他にある。
本当に傷ついて、悩んでいる人は、訴えることが出来ないでいる。

もう少し冷静に、この問題を考えて欲しいですね。
単なるマスコミのネタ的に扱われている気がしてなりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:53 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年09月14日

平成最後のカレンダー

180914.jpg

気がつきゃ〜9月も、もう半分じゃないか。
あっという間ですな〜(*o*)
ついこの前、奄美に帰っていた気がしたけど、子供達学校始まって2週間になるんだな(^^;)

そろそろ新作を描かなきゃ。
そして年賀状を作り始めないと。
さらにはカレンダーも。

ん!?まてよ。
カレンダー作りたいけど、来年って平成31年だけど、平成終わるんだよな。
新元号まだ発表されていないけど、カレンダー業界はどう対応しているのだろう?

ちょっと調べてみたら、平成31年のままで行くところが多いようですね。
だって即位の5月1日までは、今上陛下が天皇陛下ですから、平成31年ですもんね。
無難なのは元号を入れずに、西暦だけで表示する方法でしょうね。

しかし、元号よりもややこしいのが、祝日の表記です。
今上陛下が譲位される4月30日、そして皇太子殿下が即位される5月1日。
政府は今年に限り、即位される5月1日を祝日にする方向で、検討に入ったとされています。
つまりは5月1日は祝日になる可能性が大。

逆に12月23日の天皇誕生日は、平日に戻るようです。
皇太子殿下の誕生日が、2月23日ですので、まだその時点では天皇ではない。
つまり来年は天皇誕生日が無いことになる。

他にも10月22日は「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」があり、各国の国家元首や首脳が参列するらしい。
この日は、国内外に新天皇に即位されたことを、宣明する儀式を行う日で、パレードなども行われ、国民に広く即位を披露する。
祝日になるのか?ならないのか?これもわからない。

いやはや、カレンダー業界大変ですね。
でも、私も毎年カレンダー作っているので、他人事ではありません。
カレンダー業界の対応をみながら、私もカレンダー制作しよう(^^;)

改めて考えると、本当に平成が終わるんですね。
昭和生まれの私にとっては、平成って、とっても新しいイメージだったのですが、その時代が終わる。
とても不思議な気持ちです。
でも、平成元年生まれの人でも、もう30歳になるんですからね。
あぁ、ますます昭和生まれが、化石になって行く(笑)

あっという間に過ぎて行く日々ですが、それだけ平成が残り少なくなって行くということ。
これから年末にかけて、本当にあっという間です。
全てのことが、平成最後の行事になる。
それを噛み締めて、過ごしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:28 | Comment(0) | 日記

2018年09月13日

新しいiPhoneとApple Watch

180913-1.jpg
【新しく出たiPhone XSとiPhone XS Max】

アップルから新しいiPhoneが発表されました。
おおよその予想がされていた内容の発表で、ほとんど目新しい物はなかった感じです。
スマホももう、十分すぎるほど世の中に行き渡り、目新しさや斬新さが無くなりましたね。
まぁ、発展途上国では、まだまだ売れるので、アップルだけでなく、様々なメーカーが必死になっているのでしょう。

私は今、iPhone7Plusを使っています。
機能的にも容量的にも、今の機種で十分使えています。
でも、やっぱり新しい機種に目移りはしますよね(^^;)

iPhone7Plusに変えたのが、2017年の1月なので、来年になれば2年になる。
また機種変更の誘惑にかられることでしょう(笑)

しかし、今回のiPhoneは、全てホームボタンが消えている。
全面液晶画面です。そして顔認識のFaceIDとなる。
この2年間の間ででも、これだけ機能が変わったのですね。
ただ、それをユーザーが求めているか?という懸念もあるけど。

どんどん便利になっていくけど、使っているユーザーは、そこまで求めていない可能性もある。
ネットでは、「iPhoneSEの新しいのが欲しい」という声や、「iPhone8の後継機種が欲しい」などの声もある。
機能よりも安価なiPhoneを求めている。

アップルはあまりたくさんの機種は出さない。
いずれきっとiPhoneXシリーズに変わっていくのでしょうね。
あぁそうそう、新しいiPhoneの紹介がまだでした(笑)

iPhone XS 5.8インチディスプレイ
iPhone XS Max 6.5インチディスプレイ
iPhone XR 6.1インチディスプレイ

前回の発表でiPhoneXが出たので、このシリーズはX1、X2とかになるのかと思っていた。
XSとXRって次からどのようになるのか?
まさかXS1、XS2ってなるのか?

来年、もし機種変更するとして、どれにしようかな。
一番ディスプレイが大きいのが、iPhone XS Maxです。
実際の大きさを触ってみないとわからないけど、やはり大きいほうが良い気がする。

色はゴールドかブラックかな?
iPhone XRだとホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、(PRODUCT)REDの6色何ですよね。
でも色合いからして、やっぱりXSの方が好きです。

180913-2.jpg
【6色揃ったiPhone XR】

Apple Watchも新しくなったみたいですが、見た目ほとんど変わりません。
金銭的に余裕があれば、Apple Watchも欲しいけど。
実際、なくても全く問題ないからなぁ(^^;)

毎回思うのだが、Apple Watchって四角しか無いのはなぜ?
私は時計として考えると、やっぱり丸型が欲しい。
丸型だと、全て一から作らないといけないからだろうな。

180913-3.jpg
【丸型のApple Watch出して欲しい】

新しいiPhoneもApple Watchも、すぐには必要の無いものなので、これからじっくり品定めしたいと思います。
iPhoneは来年になってから、Apple Watchは当分買う予定は無し。
いや買えない(笑)

今回はiPhoneとApple Watchの発表だけで、Macユーザーとしてはやはり寂しい。
新しいMacの情報や、新しいサービスなど、また次の発表まで待ちたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:26 | Comment(0) | Macintosh

2018年09月12日

奄美の想い出話(ばしゃ山と海水浴)

180912-1.jpg
【奄美の海でたっぷりと泳ぎました】

奄美の想い出話シリーズ。
ひとまずこれで最終回(笑)

今回は、ばしゃ山と海水浴です。
今回の帰省は、本当に天気に恵まれて、ほぼ毎日晴れていました。
島の天気は変わりやすくて、時々スコールがあったりしますが、ほぼほぼ一日晴れていた。

奄美に帰ったら、子供達が一番に楽しみにしているのが、海水浴です。
これまでも、夏に帰省したら、必ず海水浴に行っています。

我が家の海水浴の定番の海水浴場は、大浜海岸と用安海岸。
どちらも奄美を代表する海水浴場です。
施設も充実していて、南国のリゾート気分を味わえます。

今回は、2日目に加計呂麻に渡ってすぐに、スリ浜というところで海水浴をしました。
ここではイソギンチャクの中に隠れている、クマノミを見ることができた。
ただ、台風の影響が残っていたのか、少々風があり波がたっていたのが残念でした。
本当はもっと海の中が、綺麗に見えたと思います。

180912-2.jpg
【加計呂麻のスリ浜】

次に泳いだのが、5日目の用安海岸。
こちらはばしゃ山村と言った方が、伝わりやすい。
ばしゃ山村と呼ばれるリゾート地になっていて、多くの観光客が訪れます。

180912-3.jpg
【リゾートっぽい看板 ここで皆記念撮影します】

なぜ「ばしゃ山」と呼ばれるのか?
「ばしゃ」とは、芭蕉(バショウ)のことで、つまりはバナナの木の事を意味しています。
今でも島バナナの木が、所々にありますが、昔はこの芭蕉が大変価値が高かった。

芭蕉の木の山を持っている者は、大変大金持ちであったと言われています。
その昔、芭蕉の木を持っている、大金持ちの家に娘さんがいた。
年頃になったので、そろそろ嫁の貰い手をと、両親は考えますが、なかなか貰い手がない。

この娘さん、残念なことに容姿がよろしくなかった。
今の言葉で、ハッキリと言えば「ブス」だったそうです。
そこで、嫁と一緒に芭蕉の木の山をつける。と言ったが、それでも貰い手が無かった。

嘘か誠か、そんな昔話があり、高価な芭蕉の木の山をつけても、貰い手が無かったブスとの意味で、奄美ではブサイクのことを「ばしゃ山」と言うのです。
現代ならとても失礼な話ですよね(^^;)
まぁ昔の奄美の話ということで、笑って許してください。

今ではリゾート地としての、「ばしゃ山」の方が有名になっています。
そんなばしゃ山で、たっぷり海水浴を楽しみました。
たくさんの熱帯魚を見て、バナナボードにも乗って、たくさんの思い出ができました。

180912-4.jpg
【海から見たばしゃ山村】

180912-5.jpg
【青い空と碧い海のコントラストが綺麗です】

180912-6.jpg
【スリルたっぷりのバナナボード】

最後に泳いだのが、帰る日の直前に泳いだ大浜海岸。
ここは、奄美の中心地、名瀬から車で10〜15分程度で行ける。
我が家からでも、30分もあれば行けます。

これまでも何度も海水浴に来ている定番の場所です。
昔は駐車場のところに、海の家があったのですが、今はもう無くなっていました。
しかし、奥の方にプールなどが併設された施設があって、そこでランチやディナーが食べれるようになっています。
こちらもリゾート地として、定番になって来ている。

180912-7.jpg
【何度も来ている大浜海水浴場】

この大浜海岸のもう一つの売りが、東シナ海に沈む夕日と夕焼けです。
海水浴はしなくても、夕焼けだけを見に来る人も多い。
そして地元民の憩いの場ともなっている。
ちょっとドライブして、大浜の夕陽を見て帰る。という人も多いようです。

180912-8.jpg
【昔撮った大浜の夕焼けの写真です】

今回は夕方に帰りの飛行機が飛ぶので、お昼前からお昼過ぎまで泳いで帰りました。
3回の海水浴を楽しみましたが、今回は水中眼鏡を4つ用意して帰りました。
これまでは私と息子だけ、水中眼鏡を使っていました。
娘たちは使った事がないし、そもそも約7年ぶりの奄美での海水浴です。

長女が最後に奄美で海水浴をしたのが、4歳の時。
水中眼鏡をつける事も難しい歳でした。
今回、長女も次女も、初めて水中眼鏡をつけて、海の中を覗いていました。
小さな魚を見つけては、「魚いた〜」と喜んでいました。

また次回、奄美に帰省するときには、水中眼鏡を持って行って、海の中を散策したいと思います。
そして、その時には水中カメラを持って行きたい。
海の中を写真に撮るには、水中デジカメが必要になります。
2〜3万くらいで買えそうなので、頑張って買いたいなぁ〜。

以上で、奄美の想い出話、終了となります。
また、何か思い出したら、別途つぶやくかも知れませんが(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2018年09月11日

奄美の想い出話(半潜水艇と土砂崩れとかんつめの碑)

180911-1.jpg
【7年ぶりに乗った反潜水艇】

奄美の想い出話シリーズ。
今回は「半潜水艇と土砂崩れとかんつめの碑」です。

奄美帰省の4日目に、古仁屋まで行き、半潜水艇に乗って、奄美の海を散歩しました。
子供達も大喜びで「おっきな魚がいた〜」などと、所々で叫んでいました。
半潜水艇に乗るのは、かれこれ7年ぶりくらい。

次女がまだ1歳の時に、帰省して乗ったのが最後でした。
つまり長女は5歳、息子は小学6年生でした。
長女も記憶が曖昧だったようで、この半潜水艇に乗りたがっていました。
今回、天気も良く、波も穏やかで、最高の天気に半潜水艇に乗れました。

180911-2.jpg
【珊瑚礁と魚たち】

半潜水艇に乗った後、そのままドライブして帰る事にしました。
古仁屋から西回りで、ぐる〜っとドライブをする。
宇検村というところを、通って帰るのですが、ここがとても入り組んだ地帯。
海岸線に沿って車を走らせますが、とにかく地形が入り組んでいるので、結構な距離を走る。

そして、宇検村の一番外れの集落、西古見までやってきた。
ここは、中国の超巨大クルーザーの誘致先として話題&問題になっている。
私も初めて訪れたが、とても静かで昔ながらの集落です。
こんなところに、何百人という中国人がやってきたら、完全に村が乗っ取られる状態になる。
そして豊かな自然は、確実に破壊される。
絶対にこの計画はやめていただきたい。

180911-3.jpg
【静かな集落の西古見】

この西古見が、一番外れの集落なのですが、地図を見ると、まだ先まで道はある。
山に登る事になるが、山道を走れば、反対側に行けるようである。
ダメ元で走ってみようという事になり、山道を登った。

途中から林道になるが、ちゃんと舗装された道なので、このまま行けそうな雰囲気。
よしと思って走り出したら、いきなり土砂崩れに遭遇。
完全に土砂が道を塞いでいて、これ以上は先に進めない。
おそらく台風19号で、土砂崩れが起きてしまったのだろう。

180911-4.jpg
【完全に道を塞いでいた土砂崩れ】

仕方ないので、来た道を再び戻る事にした。
ここに来るまで、結構な道のりだったが、そこを戻り、途中から山道に入る。
その山道の途中に、かんつめの碑がある。

実は走っている時は、ガソリンが少なくなっている事に気を取られて、かんつめの碑に気づかなかった。
後で、嫁さんが地図を見て「かんつめの碑があったみたい」と教えてくれた。
気づいていたら、立ち寄っていたと思うけど。
いや、やっぱり辞めたかな(^^;)

かんつめというのは、実在した女性の名です。
奄美諸島が、島津藩に支配されたいた頃のお話。
当時、島津藩によって黒糖の搾取が行われ、黒糖地獄と呼ばれるほど、貧しさに奄美の人々は苦しんだと言います。

家人(ヤンチュ)と呼ばれる奴隷同様の身分に、身を落とす人が大勢いて、かんつめも家人の一人でした。
ただ、かんつめはとても働き者で、その上、とても美人で優しかったそうです。
そのため、かんつめの働き先の主人は、密かにかんつめに想いを寄せていた。

しかし、かんつめは、隣村の岩加那という、唄と三味線の上手な青年と恋におちていた。
2人は峠の山小屋で密会して、愛を育んでいたようです。
それを知った主人は、嫉妬してかんつめに酷い仕打ちをした。

かんつめの顔や身体は、酷く傷ついて、思いつめたかんつめは、2人で愛を育んだ山小屋で自害してしまう。
その後、かんつめの変わり果てた姿を見た岩加那も、かんつめの後を追ったと言われています。

かんつめの呪いなのか、その後主人の家には、不幸ごとが重なり、一族が絶えたと言われている。
そして、かんつめの事を歌った島唄かんつめ節があるのですが、夜にかんつめ節を唄うと、かんつめの霊が出て来ると恐れられています。

そんなかんつめの碑がある場所は、きっと2人が出会っていた峠の山小屋があった場所だと思う。
だからもし、かんつめの碑に気づいても、そこまで行く気になったか?
きっと恐れて行かなかったかも。

180911-5.jpg
【山道に突然現れるかんつめの碑の案内】

ちなみに、このかんつめの物語をモチーフに描いた作品が「深愛樹-しんあいじゅ-」なんです。

180911-7.jpg
【深愛樹-しんあいじゅ-】
====================================================
遠い昔の物語。深く愛し合いながらも、結ばれぬ運命の恋人達。
偽りの暮らしを選ぶより、真実の愛を信じた二人は、永遠に愛し合える世界へと旅立ちます。
恋人達の愛し合う想いは、現世で木となり純愛の枝を広げ、心鎮まる森を育てます。
====================================================

長い山道のドライブの末に、たどり着いたのは、海水浴でいつも来ている大浜海岸でした。
夕暮れ時が迫っている時刻。
最後にここで、夕焼けを楽しみたかったけど、次の予定が迫っていたので、夕日だけ見て帰りました。

180911-6.jpg
【大浜海岸の夕日】

奄美と言えば、海が真っ先に思い浮かびますが、険しい山、そして深い森も奄美の魅力の一つです。
そして、そこから生まれる、様々な人々の暮らしと物語。
今回は悲しい物語ですが、それさえも受け入れて優しく包んでくれるのが、奄美の自然だなぁ〜と、今回は感じました。

奄美の想い出話シリーズ。
次回は、「ばしゃ山と海水浴」でお届けします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 日記