2018年08月11日

3回目のサマーフェスタ無事終了

180811.jpg

なんとか無事に終わりました。

今日はサマーフェスタ当日でした。
13時から準備をして、一旦開催、再び15時に集合して体制を整えます。
PTAの模擬店は、かき氷とフライドポテトと唐揚げ串。

昨年担当した2年目の役員が中心となって、1年目の役員と作業をこなします。
私は会長なので、全体の見回しと、商工会としての写真撮影もあり、ずっと会場を回っていました。
おかげでもうクタクタです。
足が棒のようになっているので、早めに寝たいと思います。

今回で3回目となったサマーフェスタ。
今日はちょっとお天気が心配でした。
実は昼から雨の予報でした。
降水確率は40〜50%。

いつ雨が降ってもおかしくない。
しかし、厚い雲が出ては来たが、雨は一滴も降りませんでした。
おかげでサマーフェスタは順調に進行できました。

1年目より2年目、2年目より今年の方が、人が多かったように感じます。
回を重ねるごとに、認知度が高まっているのでしょう。
今日は特に浴衣を着た子供たちが多かったように思います。

我が家の娘たちも、浴衣を着て、友達と会場を回っていました。
長女も次女も、同じクラスの子と、楽しそうに回っていました。

舞台演出の方も、琉球太鼓や幼稚園児の可愛い踊り。
そして子供たちに大人気のバルーンアート。
最後は毎年、フラダンスで締めくくります。

今年もフラダンスのお二人が舞台で踊り始めました。
しかし、これまでとは違う反応が。
3〜4歳くらいの、小さな女の子が、舞台の前で踊りを真似始めました。

すると、1人また1人と、舞台の前に来て踊りを真似ます。
しばらく一緒に踊っていましたが、今度は1人が舞台に上がり、続けて10名くらいが舞台に上がって一緒に踊りました。
これにはフラダンスのお二人も嬉しそうに踊ります。

ほんわかとした雰囲気の中で、フラダンスが終了しました。
小さな子供達の飛び入りで、とっても素敵な舞台になりました。

最後はお待ちかねの花火でした。
他の地域の花火と比べると、どうしても予算が取れませんが、それでも昨年よりも迫力のある花火となりました。
皆一応に「良かった良かった」と喜んでいました。

PTAの模擬店の方も、役員の皆様の頑張りにより、無事に終えることができました。
本当に素晴らしいサマーフェスタになり、とても嬉しい1日でした。
ただ、本当にクタクタなのでもう寝ます(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 日記

2018年08月10日

退寮する息子

180810.jpg
【退寮する息子の大量の荷物】

今日は昼からサマーフェスタの準備。
明日に控えたサマーフェスタ。テント張りなど、約2時間準備に追われました。

家を出るときには、曇り空だったのですが、作業開始と同時になぜか晴れて来た。
曇り空だったので、帽子も被らずに来たのが失敗だった(><)
汗かきながら、テントを組み立てました。

大勢の人が準備に関わっているので、2時間ほどで終了。
あとは明日の13時から、再び準備です。

終わったら、もうシャツもズボンも汗でぐっしょり。
家に帰ったら速攻でシャワー浴びました。
そして娘2人を連れて出発。

実は明日から、息子が遅い夏休みに入る。
今日は息子を迎えに行かなくてはならない。
ただし、一度寮を出るので、荷物が大量になる。

なぜ退寮するのかと言うと、夏休み終了後に、そのまま半年間の遠洋実習に出るため。
一旦寮を退寮して、実習が終われば、再び寮に戻る。

娘たちは、一緒に行くのではなく、嫁さんの病院まで送って行った。
今夜、嫁さんの仕事場の飲み会があるらしく、嫁さんと娘たちはそちらに参加。
家族で息子を迎えに行っても、荷物が載せられなくなるので、逆に良かったです。

娘たちを病院で降ろしたら、私1人で車を東に走らせます。
サマーフェスタの準備で疲れきった体を振り絞りながら、いつも通り約2時間で到着。
お盆休みも近いので、渋滞も心配したが、全く渋滞もなくスムーズに走れました。

寮に着くと、息子の荷物をどんどん車に乗せる。
お友達も2〜3人手伝ってくれて、あっという間に車の中はパンパン。
入学した時は、この半分くらいだったのだが、やはり荷物は増えますね。

帰り道も渋滞もなく、スムーズに走って帰ってこれました。
家に着いて荷物を降ろして、しばらくすると嫁さんたちも飲み会が終了した模様。
3人を迎えに行きました。

再び5人家族となった我が家。
息子も夏休みに入り、ますます家の中が賑やかになります。

さて、明日はいよいよサマーフェスタ本番。
ガンバロウ(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2018年08月09日

人の繋がりが大事

180809.jpg

昨日、今日とこれまでの気温からすると、随分と涼しいです。
最高気温が30℃前後なんて、この時期にこの気温はやっぱり異常です。
本当に今年は、異常だらけですね。
でも、明日からまた気温上がりそうですが(^^;)

明日はいよいよサマーフェスタの準備です。
心配していた台風も、大丈夫そうです。
天気もなんとかなりそうです。

今年もサマーフェスタのプログラムを制作しました。
もう校区の各家庭に配布されています。
このサマーフェスタを実施するにあたり、経費の大半はプログラムの広告費です。

おかげさまで、1回目より2回目、2回目より3回目と広告掲載が増えています。
広告を出してくださるクライアントの皆様のおかげで、サマーフェスタを開催することができるのです。
本当にありがとうございます。

その広告ですが、全て私の方で制作をしている。
一部、データをそのまま提供してくださるとこもあるが、ほとんどは私の方でデザインしています。
今回も新規で結構な数の広告があり、いくつか広告デザインをさせていただきました。

その中で、デザインした広告をとても気に入っていただけたクライアント様がいらっしゃったようです。
そして一度お会いできれば・・・とのことで、本日顔合わせをしてきました。
すぐに何か依頼があると言うわけではないが、今後何かあればお願いしたいとのことで、お話をさせていただきました。
嬉しいですね。広告を気に入っていただけただけでなく、お話できる機会をいただけるなんて。

本日、夕方にお邪魔して、お話をさせていただきました。
担当は女性の方なのですが、仕事以外のことも話題になり、ふとしたことから息子さんの話になりました。
そしてその息子さんが、学生時代に剣道をされていたようで、とてもお世話になったと言う先生の名が。

なんとその先生は、私と同じ町内に住んでいた、以前の連盟会長の先生でした。
もうお亡くなりになったのですが、そのことは知らなかったようで、お伝えするととても残念そうでした。

思わぬところで、共通の話題ができ、話も盛り上がりました。
20分ほど、いろんな話をさせていただいて、会社を後にしました。

人はどこで繋がっているか分からないものですね。
そして出会いって、本当に大事だと思います。

今後、私の仕事でお役に立つことがあれば、ぜひ力になれればと思います。
仕事って、結局人と人の縁なんですよね。
人付き合い大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:10 | Comment(0) | 仕事

2018年08月08日

独裁者にならないために

180808.jpg

今、世間を騒がせている、日本ボクシング協会の山根終身会長が辞任を発表しました。
しかし、何を辞任したのか、本人の説明はありませんでした。
会長職を辞任したのか?それとも理事も辞任するのか?
何かスッキリしない幕引きです。

今回の騒動って、どこにでもあるような話だと思う。
一部の権力者が団体を牛耳っている。
どこの団体にでもありそうなこと。

本来はそれを内部から変えていくもの。
しかし、今回は告白状という形で、外から圧力をかけた。
特にマスコミを使うことで、より効果的に。

マスコミって、とにかくネタを探していますからね。
今回のような事案は、マスコミにとってもおいしいネタでしょう。
マスコミを使うことによって、様々な疑惑や問題を洗い出すという効果は、確かにあると思う。
ただ、一方的な思い込みや、片方の言い分だけが主張される問題もある。

マスコミのやり方って、悪役を決めて、それを徹底的に叩くやり方。
悪役を叩くことによって、自分たちを正義のように見せつけようとする。
今回は山根終身会長が標的になった。

マスコミのやり方にも問題はあるけど、ボクシング協会にも問題はあったと思う。
そしてこの手の問題は、他にもたくさんの団体が抱えているのだと思う。

ボクシング協会は、山根終身会長という独裁者の団体になってしまっていた。
なぜ独裁者が生まれたのか?
きっと最初からそれを狙っていたわけでは無いと思う。

山根終身会長も、最初はボクシングのことだけを思って、色々と動いていたのでしょう。
その功績が認められて会長になったのだと思う。
だが、会長になり権力を持つと、それを手放したくなる。
だから終身会長という位置付けを作った。

言わば権力の魔力に溺れてしまった。
そしてそれを作り出したのは、会長を取り巻く他の権力者だったと思う。
会長を特別扱いにして、ご機嫌を取ったりしていたのではないか。
そうして独裁者は出来上がっていったのでしょう。

人は権力を持つと、その権力に溺れてしまいがちです。
溺れて独裁者となっても、溺れていることに気づかない。
そして周囲が独裁者を作ってしまう。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
権力を持てば持つほどに、初心に帰り謙虚にならなければならない。
それができていない団体が、本当に多いのだと思う。
だから、様々な問題が噴出してくる。

どんな団体にも、必ず長は必要です。
私も小さな団体のPTA会長と、剣道の父母会会長を務めています。
しかし、小さな団体でも、長く続けていると、それは権力へと繋がる。
その権力を生み出すのは、己自身と長を取り巻く周辺です。

だからこそ1年任期で変わっていく。
1人の人間が会長を数年続ければ、その団体は安定していく。
しかし、安定の裏には権力がある。

私が最初に剣道父母会の会長をした時、当時の指導の先生から、「このまま会長を続けて欲しい」と言われた。
1年で変わるよりも、続けてもらって安定させて欲しいと思ったのでしょう。
でも断りました。私が会長を続ければ、次第に権力が出来上がってしまう。
そして、誰も私に対して物を言えない環境ができてしまう。

小さな団体でさえも、権力は生まれます。
権力が悪いのではないが、人はどうしても権力に溺れてしまいがち。
そして周辺が、その権力を持ち上げ、独裁者を作ってしまいます。

今回の騒動を「山根終身会長が悪い」「日本ボクシング協会が悪い」と、断ち切ってしまうのではなく、どこにでも起こり得ることと考えなくてはなりません。
どんな団体でも、長になると言うことは、その団体をまとめる責任者になると言うこと。
時に権力を使って、物事を進めることも必要になる。

多くの人は長に従います。
しかし中には違う意見や考えを持つ人もいる。
それを聞き入れることができるかが大事。

そして最も重要だと思うこと。
それは団体に属する者、一人一人が私欲を捨てること。
団体の発展を願い、一人一人ができることをやる。
自分の損得勘定を捨てて、公のために動くこと。

それが今の日本には欠けているのだと思う。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年08月07日

仕事量のバランス

180807.jpg

今年は新年早々から忙しかった。
そしてそれは3月いっぱいまで、怒涛のように続いた。
その中で、体調を崩して、それでも徹夜したりして、なんとか仕事をこなした。

4月に入ってからは、仕事も落ち着き、若干ゆとりを持って仕事ができるようになった。
6月ごろからは、ますます落ち着いて来た。
そして今となっては、落ち着き過ぎている感がある(^^;)

仕事がピタッと止まっているのです。
いくつか定期的なものはあるが、それ以外の仕事が本当に止まっている。
例年、夏は比較的仕事は落ち着くのだが、今年は異常だ。
天気も異常なら、仕事も異常です(笑)

昨年末から3月にかけての、あの鬼のような仕事量はどこ行った。
あの頃の仕事量が、少しでも今の時期に回ってくれてたら、どんだけ楽だったか(^^;)
まぁ、仕事時期は選べませんからね。

これまで仕事が入って来ていた印刷会社からも、仕事は減っています。
印刷の仕事自体が減っていますからね。
これからますます減っていくのだろうな。

現に私の今の仕事は、印刷関係の仕事が1/3、ネット関係の仕事が1/3、絵本の挿絵が1/3という感じです。
これからますます印刷関係の仕事は減っていくと思われます。
かと言って、ネットやイラストの仕事が増えるか?というのもわかりません。

これまでの仕事関係も残しつつ、新たな仕事関係も築いて行かないといけない時期なのかも。
新しい出会いが必要ですね。

私のようなフリーで働いている人間は、どうしても営業活動が苦手です。
営業に回っていたら、作業時間が無くなる。
だからどうしても、仕事に対して受け身になる。

だが、これからは、もっと出て行かないとダメかもしれませんね。
いつまでも、仕事が来るのを待っているわけにも行きません。
もっと自ら積極的に動いて行きたいと思います。

この仕事が落ち着いている時期に、やらなくてはいけないことをやっておこう。
まずは仕事部屋の片付けからだな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:20 | Comment(0) | 仕事