2018年10月12日

不登校を減らすために

181012.jpg

今夜は市PTAの役員・理事会がありました。
私も広報委員長となっているので、会議に参加しました。

今日は大事な役目がありました。
それは、皆さんに市PTAのホームページを見ていただく事。
そのために、MacBookProを持参して行きました。

MacBookProからプロジェクターに繋いで、出来上がったホームページを見ていただき、様々な意見を頂戴しました。
また仕事の合間に、修正を行いたいと思います。

本日は、会議の前に、教育総合センターの方のお話がありました。
こちらもプロジェクターを使って、取り組みの紹介をしていただきました。
お話の内容は「不登校の子供の対応」について。

残念ながら、私たちの市の学校にも、不登校の子供達がいて、その相談から対応まで、取組の一巻を見せていただきました。
お陰様で、我が家の子供達は、今の所不登校などにはなっていません。
学校が楽しいようで、毎日元気に通っています。

それが普通の認識なので、どうしても不登校という事に対して、意識が向かない。
話を聞かせていただきて、こんなにも不登校の子供達がいる事に、驚きを隠せませんでした。

しかし、ちゃんとカウンセリングして、時間をかけて向き合えば、不登校は無くなり、ちゃんと社会に復帰できる。
そのために、様々な取組をしている事がわかりました。
とても参考になり、勉強になりました。

私の周囲では、不登校に悩む親御さんはいません。
でも、同じ学校には、いる可能性があります。
そして、我が家の子供達も、不登校になる可能性はゼロではありません。

大切なことは、子供からの信号を見逃さないこと。
そして親だけで悩まずに、相談することです。
なかなか難しいこととは思います。

もし、我が家の子供達が不登校になったら、やはり親だけで解決しようとして、必死になるでしょう。
このような取組がある事を知らされても、最初は相談に行くのも恥ずかしいという思いがある。
なかなか実情を受け入れる事が出来ないと思います。

また、子供も最初は行きたがらないでしょう。
そこは時間をかけて、対応するしかない。
今回のお話は、とても良い勉強になりました。

もし周辺で不登校に悩む家族がいたら、そして我が家の子供が不登校になってしまったら。
今日のお話を思い出して、教育総合センターへ相談したいと思います。
そうならないように、日頃から、子供達のメッセージを受け取る事が、一番大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年10月11日

それぞれのお楽しみ

181011.jpg
【お菓子売り場でおやつを悩む次女】

ちょっと疲れが出たのかな?

私のことではありません。
長女が、学校から帰って来るなり、「頭が痛い」と言って寝込んでしまった。
木曜日は学校の百人一首クラブの日だが、それもお休みした。

次女は一足先に、百人一首に向かっている。
念のために、先生にお休みのメールを送った。
6年生として最後の運動会、ちょっと疲れが出たのかも。

迎えの時間に、学校に行くと、すでに百人一首を終えて、校門で次女が待っていた。
そして開口一番「お姉ちゃんは?」。
理由を話すと、続けて出てきた言葉は「おやつ買いに行こう」でした(笑)

実は明日は遠足。
6年生は修学旅行があるので、遠足はありませんが、6年生以外は皆遠足なのです。
200円以内のおやつを買うのが楽しみな次女。

その前に、お母さんを迎えに行かなくてはなりません。
次女を乗せたまま病院へ。
そしてお母さんにも「おやつ買いに行こう」と口にする次女。

明日のお弁当の材料も買わないといけないので、スーパーで二手に別れて、私と次女はおやつを買いに行く。
駄菓子コーナーで色々と迷いながら、「あといくら買える?」と私に確認しながら、お菓子を選ぶ次女。
結局先に買い物を済ませたお母さんがやって来て、ようやくおやつを選びました。
頭痛で寝ているお姉ちゃんのために、アイスなども買って帰りました。

長女の方は、頭痛薬が効いたのか、少しマシになったようで、なんとか晩御飯を食べ、しっかりアイスも食べました(笑)
明日に備えて、長女は早々と布団に入りました。

しかし、次女は明日の準備がまだ出来ていない。
一生懸命、自分で遠足のしおりを見ながら、準備をしていました。
子供にとって、遠足は何よりの楽しみですからね。

気になる明日の天気は、曇りのち晴。
まぁ雨の心配は無さそうです。

明日はそれぞれ学校と遠足。
長女は1週間後に修学旅行が待っています。
それぞれに、楽しんでほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 日記

2018年10月10日

独裁国家の行く末

181010.jpg

久しぶりに海外の話題を。

日本は安倍総理が総裁選に勝利して、再び安倍政権が継続となりました。
総裁の任期を全うすれば、歴代一位の長期政権となります。
この事を批判したい人は、「安倍独裁」と批判します。

安倍総理の顔写真に、ちょび髭を付けて、ヒットラーのような写真を持ってデモをする人々。
確かに長期政権ですが、だからと言って独裁って(笑)
日本はちゃんと選挙をして、政権政党を選び、その中から総裁選を経て、総理大臣が誕生します。
そして、総理大臣は永遠には続けられません。

本当の独裁国家は、日本の周りにあるじゃないですか。
まさしく超独裁国家の北朝鮮。
ここでは政権非難どころか、不満を言っただけで、金正恩に殺されてしまいます。

そして超長期政権を狙っているロシアのプーチン。
さらに、永遠の皇帝になろうとしている習近平。
まさしく独裁国家だらけです。

安倍政権を批判する人達って、なぜか本当の独裁国家の批判はしないのが特徴です。
真の独裁国家を批判すると、命を狙われると思っているのか?
それとも真の独裁国家の仲間なのか?

さて、永遠の皇帝になりたい習近平ですが、かなり焦って来ている気がします。
ICPO総裁を務めた孟宏偉氏が、突然姿を消しました。
噂では習近平の勢力によって、消されたのでは?と言われています。

これまでも、習近平政権は、「腐敗を撲滅する」という大義名分で、多くの役職につく人の首を切って来た。
確かに腐敗はあったのだろう。しかし、それは習近平とて同じ事。
似たようなことを繰り返して、中国共産党のトップに君臨したはずである。

腐敗撲滅は、早い話が、自分の対抗馬を潰すのが目的。
元ICPO総裁の孟宏偉氏も、自分にとって脅威となり得ると判断したのでしょう。
しかし、今回の失踪は、あまりにも世界に知られ過ぎました。

これで、ますます中国は自ら「国際社会とかけ離れた国」とアピールした事になる。
そうでもしないと、自分の地位を守れなくなって来ているのかも知れない。

国内でもゴタゴタしているが、そこに輪をかけてやって来るのが、アメリカトランプ大統領です。
完全に中国に喧嘩を吹っかけた形になっている。
水面下で激しい貿易戦争が始まっている。

中国の経済は、すでにガタガタだと言われています。
それでもなんとか続けられるのは、やはり独裁国家だからでしょう。
トップの判断で、全ての事が、瞬時に動き出す。
良いことも悪いことも、トップの判断次第なのです。

そしてそのトップは、国のためではなく、自分のためにトップの座を守ろうとしています。
かつての王朝の復活です。
いくつもの王朝が生まれては消え、消えては生まれて、また消える。
それが中国大陸の歴史なのです。

習近平王朝は次の王朝が生まれて来ることを恐れています。
だから、少しでも抵抗勢力になりそうな者は始末する。
独裁国家では、国は続かないと言う事を、歴史は物語っています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年10月09日

北の大地へ帰って行きました

181009.jpg

先週の木曜日から、我が家に来ていた北海道のおじいちゃん・おばあちゃんが本日帰って行きました。
娘たちの運動会を見にやって来たのですが、6日(土)は突然の雨で、急遽中止に。
昨日、再び運動会が行われ、ようやく目的達成しました。

北海道では、もうストーブを焚いていると言うのに、こちらに来てからは暑い日が続きました。
朝晩は涼しいけど、日中は暑い日が多かった。
昨日の運動会も、日差しが強くて、私も日焼けしてしまいました。
きっとこちらの暑さは、堪えたと思います。

今日は朝から準備をして、10時前にはバス停まで送って行きました。
娘たちも運動会の代休で、家に居たので、2人とも一緒に連れてバス停まで。
リムジンバスが来るのを待って、お見送りしました。
バスの中から手を振るおじいちゃん・おばあちゃんに、一生懸命手を振る次女。

次女にとっては、もっともっと一緒に居たかったようで、「なんで帰っちゃうの?奈良に住んでよ〜」などと言っていました。
おじいちゃんが遊び相手をしてくれたので、ずっとおじいちゃんと遊ぼうと企んで居た次女です。
おじいちゃん・おばあちゃんが帰った後も、「おじいちゃんが居ないから遊べない」と、私に訴えて来ました(笑)

夜になって、北海道からFaceTimeがかかって来た。
そこでもおじいちゃんに「今度いつ来るの?」と聞く次女。
かなりおじいちゃんロスになっているようです。

時間があれば、どこかに連れて行きたかったのですが、なかなか時間も取れず。
目的であった運動会が観れただけでも良かったです。
6日(土)の中止の時に、もし学校の延期の判断が8日以降だったら、運動会も観れなかった。
ギリギリ運動会を観れたので、本当に良かったです。

約1年ぶりに再会したおじいちゃん・おばあちゃん。
ただ、息子だけは会えていません。
今度会えるとしたら、来年の夏かな?
夏、北海道に帰省できればの話になりますが。

それまでは、またFaceTimeで顔を合わせる事になると思います。
折しも、今夜の「マツコの知らない世界」では、北海道物産展の話題でした。
美味しい北海道の幸がたくさん出て来た。
ぜひ、また北海道に帰省して、美味しいものをたくさん食べたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2018年10月08日

リベンジ運動会

181008.jpg
【秋晴れの下リベンジ運動会】

一昨日の中止になった運動会。
本日がその続きとなりました。
今日は朝から見事な青空。
流石に今日は雨の心配はありません。

プログラム途中から始まった運動会。
それぞれの学年の競技が進んで行きます。
そして次女の学年の順番になりました。

私は来賓席にいたので、ちょうど横に入場門があります。
そこに並んでいる次女を見つけました。
次女も私を見つけ、なにやら照れ臭そうに笑っています。

次女の競技は大玉転がし。
みんな小さな体で、一生懸命大玉を転がしていました。

次に長女の競技が始まりました。
ここでは私もスタンバイしなくてはいけません。
それは長女の競技が借り物競走だからです。

毎年、この借り物競争では、必ず「PTA会長」が入っています。
長女の情報でも、今年もやはり入っている。
だから、くじを引いた子が「PTA会長」と言ったら、一緒に走らなければならない。

長女はもし自分がPTA会長を引いたらどうしようと苦笑いしていました。
そして迎えた長女の番、一緒に走っていた隣の女の子が、PTA会長を引いた。
私は急いで女の子の元に走り、一緒にゴール。
危うく本当に、長女と走るところでした(^^;)

その後も、順調に競技は進み、PTA競技の番となりました。
競技の説明をして、順調に競技が進んだのですが、突然のハプニング。
なんと、磁石をつけた糸が途中で切れた。
それも、赤白二つとも。

司会の副会長が機転を利かせて、釣りから手づかみに変更(笑)
なんとか無事に競技を終える事が出来ました。

午前中最後の競技は、5・6年生の表現。
これまで、一生懸命練習してきた生徒たち。
息のあった体勢で、素晴らしい表現でした。

お昼ご飯の後も順調に競技が続き、いよいよ最後の競技。
6年生の熱血リレーです。
昨年は、全員が半周ずつ走って行われたリレー。
今年は少し違う形で行われました。

チームの中で、相談して、半周走る子。
1週走る子、さらには1周半走る子がいる。
全体でトラックを8周走りきったチームが優勝。

最初はそんな走り方で、勝敗がつくのか?と思いました。
しかし、いざ始まると、これが盛り上がる。
足のそんなに早くない子は、半周で次にバトンタッチ。
速い子は、1周を走り切る。

長女も頑張って1周走っていました。
メチャメチャ速い訳でもないが、そんなに遅い訳でもない。
長女なりに、一生懸命に走っていました。

赤白2チームしかない運動会。
今年の優勝は赤組でした。
長女は白組、次女は赤組だったので、次女は大喜び。

それぞれに頑張った運動会。
私もPTA会長として、なんとか役目を終えました。
疲れたけど、とても思い出に残る運動会でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:03 | Comment(0) | 日記