banner.jpg

2021年11月30日

新作「White Sunset」

193White Sunset.jpg
【White Sunset】
----------------------------------------
真冬の北の大地の夕焼け。
空も大地も、夕陽色に染まっていきます。
夕焼けを見つめるウサギのカップル。
明日また、会う約束をしているのでしょうか。
----------------------------------------

11月分の新作のお知らせです。
すっかり寒くなり、冬に突入して参りました。
今回は真冬のイラストをお届けします。

真冬と言うと、どうしても、白とかグレーとかの色合いを思い浮かべます。
これまでの作品も、白ベースやグレー調の色合いが多い。
もしくは夜のイメージ。

そこで今回は、真冬の夕焼けをモチーフにしました。
一面銀世界の白い大地に、夕焼けが色合いを持たせたら、どうなるのか?
そんなイメージで、イラストを仕上げてみました。

私がイメージするのは、やはり北の大地、北海道の夕焼けです。
でも、実際に北海道の真冬の夕焼けは見たことありません(笑)
ですので、あくまでもイメージです。

これまでも、夕焼けのイラストは、たくさん描いていますが、どうしても夏のイメージが強い。
それは、私自身の故郷の奄美大島をイメージした、夕焼けが多いからかも。
あとは、やはり奈良での夕焼けのイメージが強い。
真冬の夕焼けのイメージって、これまで全くありませんでした。

そんなわけで、今回は真冬の夕焼けのイメージです。
実際の北海道の真冬の夕焼け、見てみたいですね。
白銀の大地に、夕陽が沈む光景って、きっと美しいと思います。
いずれそんな景色を見てみたいです。

さて、11月も終わり、いよいよ明日から12月。
ついに師走に突入です。
仕事も私事も、それ以外の雑用も、本当に忙しくなりそうです。

これまでも、十分気合入れているつもりですが、さらにエンジン蒸してがんばらなきゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2021年11月01日

新作「マゼンタ色の聖夜」

192マゼンタ色の聖夜.jpg

【マゼンタ色の聖夜】
クリスマスの夜。森にクリスタルのツリーが。
キツネの親子が足を止めて見惚れています。
静かな静かな森のクリスマス。
動物たちも聖夜を楽しんでいるのでしょう。

新作のお知らせです。
11月に入ってしまいましたが、10月分のイラストです。
ハロウィンも終わり、いよいよ年末に向けて、クリスマスモードです。
イラストもクリスマスイラストで。

今回は思いっきり赤色にしたくて、タイトルも「マゼンタの聖夜」としました。
クリスマスカラーといえば、赤と緑。
マゼンタともみの木のグリーン。
そして雪のホワイトの3色でまとめました。

クリスマスをテーマにしたイラストって、これで何作目なんだろう?
ちょいと数えてみよう。

001雪樹
028アイスキャンドル
029Snow Light Tree
030サンタになったりっちー君
051森のクリスマス
052オーロラクリスマス
053雪色の願い
054Star of peace
076わいわいハウスでチュ〜
077黒猫サンタのりっちー君
078Loveツリー
079雪だるまハウスのクリスマス
100バナナムーンクリスマス
101Happy Christmas
102エンジェルライト
103トゥインクルXmas
124Snow Candle Light
125スターダストキャロル
133Deep Blue Christmas
139Blue Light Christmas
157スノーマンとXmas
169ハートツリークリスマス
181Green Night Christmas
192マゼンタ色の聖夜

今回で24作品目。
最初の「雪樹」がクリスマスイラスト。
私自身がクリスマスをイラストにするのが、そもそも好きだったんですよね。
そして100作品目も、ちょうどクリスマスの時期に重なり、バナナムーンをクリスマスヴァージョンにしました。

今回で192作品目なので、来年中には200作品に達する予定です。
200作品出来たら、何かイベントしたいな。
久しぶりに作品展やってみたい。

年末に向けて、仕事もまた忙しさを増してきました。
これまで以上に、時間を大切に使わないと、あっという間に今年が終わります。
素敵なクリスマスが迎えられるように、しっかりきを引き締めて行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2021年10月01日

新作「木の実ランチ」のお知らせ

191木の実ランチ.jpg
【木の実ランチ】
-------------------------------------------
すっかり秋も深まり、紅葉で森は萌えています。
熊の親子が木の実を見つけて喜んでいます。
そろそろ冬眠の準備を始めるのでしょうね。
初めての冬眠で、子熊はワクワクしています。
-------------------------------------------

9月分新作のお知らせです。
昨日の内にできていたのですが、案内が今日になりました。
あっという間に9月が終わってしまいましたね。
これから、ますます早くなっていくでしょう。
気がつけば年末ってことになるんでしょうね。

今回のイラストは、秋の終わり紅葉真っ盛りです。
これまでも、紅葉のイラストはたくさんありました。
No.024あったかハウスでチュ〜
No.050秋色ランチ
No.074秋音想郷(あかねそうご)
No.122パステル色の恋
No.123森の晩餐会
No.147秋風と黄昏りっちー君

今回で7作目ってことになりますね。
秋のイラストは他にもたくさんありますので、良かったらサイトを覗いてくださいね。
サイトはこちら

真っ赤に燃えるような紅葉。
ここ数年、紅葉を愛でる時間も取れてない気がします。
できれば、どこかに出かけていって、紅葉の写真でも撮りたい。
昔はカメラ持ってフラッと撮りに行くこともあったんですが。
もう10年くらい紅葉の写真撮ってない気がする。

お寺と紅葉とか、神社と紅葉とか、撮りたいですね。
仏閣の多い奈良県にいながら、その写真を撮れていないのは、やっぱり残念です。
今年はチャレンジしてみようかな。

そして一番撮りたい紅葉は、北海道の紅葉なんですよね。
明らかにこっちの紅葉とは違う紅葉。
一度くらいは写真に撮ってみたいです。

まぁ、言っているだけで、なかなかその機会はないと思うけど。
それまでは、自分でイラスト描いて我慢しよ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:30 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2021年08月26日

新作「おばけカボチャとりっちー君」

190おばけカボチャとりっちー君.jpg
【おばけカボチャとりっちー君】
-----------------------------------------
秋も深まり森におばけカボチャが登場。
黒猫りっちー君が仮装をしてやってきました。
ハロウィンパーティに招待されたのでしょう。
どんなに楽しくて不気味なのか楽しみですね。
-----------------------------------------

今月の新作のお知らせです。
今回は、かなり季節を先取りしました。
ハロウィンをテーマにしたイラストです。

10月31日がハロウィンなので、2ヶ月以上先取りです。
でもそれくらい先取りしないと、ポストカードにして出せないんですよね。
今回の作品でアニマルシリーズは190作品となりました。

さらに今回は、定番の黒猫りっちー君シリーズです。
りっちー君は「No.174茶畑お散歩りっちー君」以来です。
昨年の4月以来となります。

今回はハロウィン+黒猫りっちー君と言うことで、りっちー君も仮装をしています。
帽子とマントを着たりっちー君。
サンタりっちー君以来の、なにかをまとったりっちー君の登場です。

そしてりっちー君シリーズは、これで18作品になりました。
季節ごとにイラストがあるので、りっちー君シリーズだけで、カレンダーが作れます。
7年ほど前にもりっちー君のイラストだけでカレンダー作ったことがありました。
今年は頑張って「りっちー君シリーズカレンダー」「横型イラストカレンダー」「縦型イラスト卓上カレンダー」の3つを制作したいと思っています。

毎年一つだけ作るのに、四苦八苦しているのに、こんな大風呂敷広げて大丈夫か(笑)
でも言っちゃたからには、頑張って作るしかないのだ。
今回のハロウィン+りっちー君も、しっかりカレンダーに入れさせてもらおう。

イラスト・ポストカードの方も、準備が出来次第、ネットショップで販売開始します。
カレンダーは、頑張って9月中には販売開始したいです。
時々ショップの方も覗いてみてください。
よろしくお願いいたします。
【こちら】
https://tsuku2.jp/ds-island
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2021年07月29日

新作「次代を灯す名月の道」

189次代を灯す名月の道.jpg
【次代を灯す名月の道】
--------------------------------------------
北の大地、地平線から中秋の名月が顔を出します。
お月様を眺め、キタキツネの親子が語り合う。
どこまでも真っ直ぐに続く道を親子で歩みます。
遥か彼方へ、独りで歩み出す時まで。
--------------------------------------------

今月の新作です。
夏が始まったばかりですが、初秋のイラストです。
季節先取りのイラスト制作ですが、まだまだ夏真っ盛りなので、やはり変な気分です。

毎年この時期は、中秋の名月のイラストが多くなります。
昨年はNo.178秋風四重奏で、その前の年はNo.166秋音色の鏡月。
どちらも横イラストだったので、今回は久々に縦の月のイラストです。

中秋の名月のイラストは数えると今回で11作品目でした。
これまでの作品は次のとおり。

1作目 No.023ムーンライトシンフォニー
2作目 No.047古都静月(ことしづき)
3作目 No.072静北優月(しずきたゆうげつ)
4作目 No.096秋風静音(あきかぜしずね)
5作目 No.097お月見にゃんこ
6作目 No.120竹音静月(たけのねしづき)
7作目 No.145奄音恋美月(あまねこいみづき)
8作目 No.154青の古城
9作目 No.166秋音色の鏡月
10作目 No.178秋風四重奏

満月のイラストは他にもありますが、中秋の名月としての作品は上記になります。
そして今回で11作品目となりました。

今回の名月の場所は、我が第二の故郷、北海道十勝です。
どこまでも真っ直ぐに伸びる道路の果て、地平線の向こうに中秋の名月が昇る。
そんなイメージを膨らませました。

3作目の静北優月(しずきたゆうげつ)も北海道ですが、こちらは木々の中で暮らすエゾリスがモチーフでした。
今回は十勝の真っ直ぐに続く道を描きたくて、今回のイラストになりました。
十勝平野の道って、本当にどこまでも真っ直ぐの道が多い。

登場する動物はキタキツネの親子。
満月を見つめる親子と、真っ直ぐに続く道。
実際にこんな写真が撮れたら、最高に素敵な写真になりますよね。

満月に照らされた道は、これから歩んでいく道のり。
しばらくは親子で歩むけど、いずれ親と離れて、自分の道を進んでいく。
その道は、月明かりに照らされて、明るい道であって欲しい。
そう思うのは、人間の親であっても同じです。

そんな想いから、タイトルは「次代を灯す名月の道」としました。
明るい未来が待っているから、独りで歩んで行くんだよ。
あなたなら、きっと大丈夫。

このイラストを描いていたら、無性に北海道が恋しくなりました。
北の大地が私を呼んでいる。
奄美の海も恋しいし、北の大地も恋しい。
でも、どっちにも行けないこの夏。

せめて気持ちだけでも飛んで行きたい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:00 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2021年06月30日

新作「星屑の子守唄」

188星屑の子守唄.jpg

【星屑の子守唄】
―――――――――――――――――――――――
静寂の夏の夜。一匹のカメが海を目指します。
卵を産み終えて、海に帰るお母さんカメ。
疲れた体を引きずり、子供たちに未来を託します。
満点の星たちの子守唄が響き渡ります。
―――――――――――――――――――――――

今月の新作です。
ギリギリ間に合いました。

まだ梅雨明けしませんが、そろそろ気持ちは夏へシフトしています。
今日も日中は良いお天気でした。
夕方から雨になりましたが。

晴れていると、気温も上がって入道雲も出てきて、一気に夏モードになります。
でもまだ梅雨の最中なんですよね。

今回は南の島の夏の夜空をイメージしました。
登場する動物はウミガメです。
産卵を済ませたウミガメが、海に帰るシーンをイラストにしてみました。

実際にウミガメが産卵しているところは、見たことがありません。
私の故郷の奄美大島でも、海岸にウミガメが産卵に来るらしいです。
一度くらいは見てみたいですね。

ウミガメは産卵中に涙を流すのは有名です。
海の苦しみってわけではないのでしょうが、どんな動物でも、子供のために頑張るんですよね。
そして生まれた子供たちは、一目散に海を目指します。

ウミガメの産卵は見たことないけど、生まれたてのウミガメが海に向かうところには出会したことがあります。
20代半ばの頃に、友達数人と三重にドライブに行きました。
海岸に着いたのですが、台風一過だったので、海岸にはたくさんのゴミが。

よく見るとゴミの中でもがいているものが。
ウミガメの子供が、途中にあるゴミを乗り越えようと、必死にもがいていました。
よく見るとあちらこちらにウミガメの子供が。
友達数人でたくさんのウミガメを見つけて、海に逃がしてやりました。
「ちゃんと恩返ししろよ〜」と冗談言いながら。

このイラスト描いていて、そんなことを思い出しました。
今年の夏も、奄美には帰省できそうにありません。
奄美の夏の海を楽しめないので、このイラストで辛抱します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:57 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2021年05月31日

新作「フルーツフィッシュ」

187フルーツフィッシュ.jpg

【フルーツフィッシュ】
==============================
夏空の下、炭酸とフルーツが出会います。
炭酸の泡でフルーツはお魚のように踊りだす。
色鮮やかなフルーツフィッシュたち。
青空の下を楽しく泳いでいるのでしょうね。
==============================

5月が終わってしまいました。
1ヶ月って早いですね。
今月もギリギリで新作のお知らせです。

梅雨真っ只中ですが、気持ちは早くも夏に向かっています。
梅雨の晴れ間の青空も好きですが、やはり夏空の入道雲が一番好きです。
そんな夏をイメージしたイラスト。

今回はフルーツをお魚に見立ててみました。
フルーツが炭酸の中で、魚のように泳ぐイメージです。
ヒントは酵素ジュース。

実はお仕事でお付き合いされている方が、酵素ジュースを作っておられます。
そのロゴマークを作らせていただいています。
私も購入して飲ませていただいているのですが、さっぱりしていてとても美味しい。
そして身体にも優しい。

我が家にはソーダストリームがあるので、炭酸はいつでも作れる。
炭酸で酵素ジュースを割って飲むと、とっても美味しいのです。
酵素ジュースは、果物を元に作ります。
それぞれの味わいがあって美味しい。

夏にピッタリなので、このイラストのイメージが湧きました。
夏といえば海、できれば奄美に帰省して、こんな炭酸ジュース飲みたい。
でも、今年の夏もガマンです。

来年こそは、夏をエンジョイしてやる。
酵素ジュースに興味のある方は、HARUKOSOをご覧ください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2021年05月01日

新作「虹の彼方へ」

20210501.jpg
【虹の彼方へ】
-------------------------------------------
草原に散歩にやってきたハリネズミのカップル。
雨上がりの空には虹がかかっています。
タンポポを手に取ると風に舞って大空へ。
二人の想いを乗せて、遥か彼方へ旅立ちます。
-------------------------------------------

今日から5月ですが、4月分の新作お知らせです。
今朝はこのイラストのように、青空が広がっていましたが、午後から天気が一変。
風が強くなり、雨も降り、雷もなっていました。
今はもう回復してきて、また青空が見えています。

もう18時45分を過ぎましたが、だいぶと陽が長くなりましたね。
まだ空が青く見えています。
西の空から夕焼けが始まっています。

さて、今回の新作は、以前から描いてみたかった動物です。
ハリネズミ。アニマルシリーズでは初めての登場です。
実は絵本のお仕事でハリネズミは描いています。
一つはillustratorで、もう一つはPainterで。

でも、アニマルシリーズでは描いていなかったので、今回描いてみました。
絵本の仕事で、Painterで描いたハリネズミをillustratorで描いた感じです。
どうしても針が刺々しくなるので、なるべくそんなイメージにならないように、描いてみました。

今ハリネズミって、結構ペットとして人気あるようですね。
確かに顔が可愛らしいので、人気があるのも頷けます。

このイラストもポストカードにするために、オフセット印刷に出したいと思います。
ポストカード印刷が仕上がってきたら、ネットショップでも販売します。
それまでお待ちください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:45 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2021年04月03日

新作「Sweet Dreams」

185Sweet Dreams.jpg
【Sweet Dreams】
---------------------------------------------
フワフワの雲のベッドで眠るバクの親子。
夢を食べてしまうバクは、自分の夢も食べるのか。
それとも雲のベッドも夢なのか。
夜空の星たちの、静かな子守唄が聞こえてきます。
---------------------------------------------

4月に入ってしましましたが、3月分のイラストです。
今回は、まだ描いたことがない動物をモチーフにしました。
「夢を食べる動物」と言われているバクです。

あまり馴染みのない動物ですよね。
でも、なんで「夢を食べる」と言われているのか?
調べたら、夢を食べると言われている「獏(ばく)」という架空の生き物に似ているからだとか。

確かに象みたいな鼻の部分は似ているかも知れないけど。
さほど似ている感じもしないのですが、バクは獏から命名されたのですね。
バクはアメリカバクやマレーシアバクなど、いくつかの種類に分かれるようです。
でも、私たちのイメージは、やはりマレーバクですよね。

今回も白と黒に別れたマレーバクをモチーフにしています。
親子で寝ているところを描いたのですが、ここで一つ知ったこと。
マレーバクの赤ちゃんは、大人とは違いうり坊みたいな縞模様であること。
成長とともに、縞模様が消えて、大人のようなツートンカラーになるみたいです。
なので、イラストの赤ちゃんも縞模様に。

今回のイラストの雰囲気は、私のアニマルシリーズにはよく出てくる。
親子で寝ているシーンは多いです。
そして雲の上で寝ているイラストは、No.025の「お昼寝は空の上」がそうですね。
お昼寝は空の上は、カバがモチーフです。

親子で寝ているのって、動物だけに限らず人間でも幸せの象徴ですよね。
だからイラストにしたくなるのかも知れません。
我が家の子供達も、幼い頃は私や嫁さんにべったりくっついて寝ていましたからね。
そんな事も思い出しながら、イラストにしました。

このイラストもショップにて販売したいと思います。
興味のある方はショップまで。

【ツクツク】https://tsuku2.jp/ds-island
【Creema】https://www.creema.jp/c/ds-island
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:36 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2021年03月01日

新作「桜色の恋」

184桜色の恋.jpg
【桜色の恋】

3月に入り、今日は暖かい1日でした。
このまま一気に春に・・・・はならないか(笑)
これから暖かい日と、肌寒い日を繰り返しながら、春に近づいて行きます。

3月に入ると一気に桜の開花が気になります。
しかし、今年も残念ながら、お花見は自粛になりそうです。
それでも桜は咲く。宴会はしないで、桜を愛でるだけのお花見を楽しみたいですね。

さて、2月分の新作を3月に入ってから出します(笑)
今回はもちろん桜がテーマ。
昨年も桜をテーマに描いていますが、昨年は志村けんさんがコロナで亡くなったことで、桜をテーマに描きました。
本当に寂しい桜のイラストになりました。

今回は、富士山と桜をテーマにしています。
以前にもNo149桜恋歌で富士山と桜を描いています。
今回は夕暮れ時の桜と富士山。
そして鹿を入れて描いています。
春の夕暮れって、なんとなく淡いイメージがして、ピンク色の夕焼けにしてみました。

【桜色の恋】
-----------------------------------------------
桜の季節、夕暮れ時の富士山も桜色に染まります。
春風に舞う桜に誘われて、寄り添う鹿のカップル。
そっとささやき合うように、顔を近づけます。
桜色の恋物語の始まりです。
-----------------------------------------------

今回で作品ナンバーは184です。
このままのペースで行けば、夏には190に達します。
来年中には200作品になりますね。
その頃には、普通の生活に戻っていてほしいです。

春の足音が近づいて来ました。
桜が咲くのが楽しみですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2021年01月31日

新作「満天の愛」

183満天の愛.jpg
【満天の愛】

------------------------------------------------
サバンナの夜。愛を育むキリンのカップル。
静寂の夜を歌うように、星たちが輝いています。
そっとKissを交わすと、小さな星が生まれました。
満天の星空は、たくさんの愛でできているのでしょう。
--------------------------------------------------

今月の新作です。
そろそろバレンタインも近いし、お返しのホワイトデーもあるので、それっぽいイラストを考えていました。
久しぶりにキリンをモチーフ。
イラストナンバー「019星の髪飾り」以来ですね。

イラストの雰囲気も似ています。
でも今回は親子ではなくキリンのカップルです。
キリンが首を絡めて、愛を誓い合うイメージで描きました。
首を絡めた形が、ハートになっています。

最初はキリンのカップルだけのイメージだったのですが、キリンのKissから星が生まれたら面白いな〜と思い、星を入れてみました。
最初はただ思いつきだったのですが、コメントとタイトルを考えている時に、満天の星空がたくさんの愛から生まれるイメージを思いつきました。
たくさんの愛が夜空の星を輝かせている。
まさしく世界は愛で満ち溢れている。そんな気がしたのです。

愛し合うのは人間だけではありません。
動物の世界も愛し合い、家族が生まれ、子供を愛し育てます。
世界中には、本当にたくさんの愛が満ち溢れているのだと思います。

今回イラストを制作し終えて、一つ気づいた事がある。
昨年の11月のイラストから、ずっと縦のイラストが続いています。
今回で4作続けて縦のイラストです。
たまたま描きたかったイメージが、縦のイメージだったので、仕方ないですね。
来月は横のイラストのイメージを考えたいと思います。

寒い季節は、家族や恋人、また親しい人などの気持ちが暖かく感じられる季節です。
親が子を思う愛、子が親を思う愛。
恋人同士が、互いを思う愛。
好きな人を一途に思う愛。

仕事場でも上司が部下を思う愛。
部下が上司を敬う愛。
学校では先生が子供を思う愛。
子供達が先生を思う愛。

いろんなカタチの愛が溢れている。
そのことに気づけば、人はもっともっと優しくなれる気がします。
あなたの愛も、きっと夜空の星になって、瞬いているのかも知れませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:02 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年12月29日

新作「Shadow Dance」

182Shadow Dance.jpg
【Shadow Dance】
新しい年の朝。初日の出が大地を照らし始める。
鶴の夫婦が歓喜の歌を唄い舞い踊ります。
大地のスクリーンに映える、喜びの舞のシルエット。
目覚めたウサギたちも舞踏会を楽しんでいます。

今月分の新作のお知らせです。
なんとか年内に間に合いました。
今回は信念をイメージしてのイラストです。

初日の出に舞い踊る鶴の夫婦が、シルエットとなって雪の大地に映えます。
こんな風景を見てみたいものですね。
残念ながら、こちらではまず積雪そのものが珍しい。
まして、鶴なんていないし(笑)

これはやはり北の大地に行くしか無いのでしょう。
北の大地に行ったとて、鶴の舞を見るなんて、かなり難しいと思います。
そんなわけで、見れないのなら、自分でイメージして描いてしまえ(笑)
私のアニマルシリーズのイラストは、基本的に自分が行ってみたい、見てみたい風景です。
今年の年越しは、強烈な寒波らしいので、もしかすると積雪くらいは見れるかも知れません。

本日で、一応仕事納めとしました。
全然納まっていないのですが(笑)
キリがないので続きは年明けてからです。

明日は頑張って大掃除しましょう。
でも明日は天気予報100%雨予報です。
まぁできる範囲での大掃除ということで。

今年も残り3日となりました。
最後まで頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:09 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年11月26日

新作「Green Night Christmas」

181Green Night Christmas.jpg
【Green Night Christmas】
-------------------------------------------------
静かな夜の森に、鈴の音が響き渡ります。
森の木が輝き始め、クリスマスツリーになりました。
フクロウのカップルも、リスの親子も見とれています。
森の動物たちへのクリスマスプレゼントかな。
-------------------------------------------------

新作のお知らせです。
もうクリスマスでひと月を切りましたので、今回はクリスマスのイラストです。
昨年も一昨年もクリスマスのイラストは、横型でどちらもピンク系でした。
今回は縦型でグリーンをベースにしました。

過去のイラストで言えば、No.051森のクリスマスと似ていますね。
構図的にはNo.102エンジェルライトと似ているかも。
今回は森の中のクリスマスツリーを見つめる、フクロウのカップルとリスの親子をシルエットで描いています。

クリスマスってやっぱり良いですね。
なんと言うのか、心が温まると言うか癒されると言うか。
特段何かする訳でなくても、クリスチャンでもないけど、大切な人と一緒に、または大切な人を想って過ごす。
それだけで幸せな気分になれます。

そしてそんなクリスマスを待ち焦がれる日々の時間も好きですね。
最近は忙し過ぎて、待つ時間を楽しむ事もなく、気が付けばクリスマスになっています(笑)
忙しくてもせめて仕事のBGMをクリスマスソングにして、少しでもクリスマス気分を高めたいと思います。

そろそろ我が家もクリスマスツリーとダンシングサンタを出そうかと想っています。
しかし一つ心配が。それは黒猫ショパンの存在。
ショパンが我が家に来て初めてのクリスマスです。
と言うよりも、ショパンが生まれて初めてのクリスマスですね。

確実にツリーに興味を示すと思うのです。
クリスマスツリーには、小さな飾りを沢山つけます。
ちょっとでも触ると落ちる飾りばかり。
きっとショパンが落としまくって、自分のおもちゃにするんじゃないかと(笑)

だからと言って、飾りなしのツリーだけでは味気ないし。
ダンシングサンタも、動いたらきっと猫パンチしそうな気がします。
それとも怖がって近づかないかな?
とりあえず出して反応見て考えるとしよう。

新作はネットショップでも扱っております。
興味のある方はCreemaをご覧ください。
Creemaはこちら
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:36 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年11月09日

新作「朝靄CatWalk」

201109.jpg
【朝靄CatWalk】
-----------------------------------------
朝の冷え込みが幻想的な靄の世界を作ります。
いつものように散歩に出た黒猫の親子。
別世界の風景に戸惑いながらも歩き出す。
幻想的な世界を楽しんでいるのでしょう。
-----------------------------------------

10月分の新作が、すっかり遅くなってしまいました。
もう11月に入って1週間以上過ぎてしまいましたが、一応10月分としての新作です。
やはりなかなか新作の制作時間が取れませんね。

今回はこの季節になると、時々見受けられる朝靄のイラストです。
朝起きたら真っ白けってことありますよね。
靄がかかると、いつもの町並みが、突然幻想的な雰囲気に変わります。
車を運転していると、この朝靄はとても危険なんですが、家から外を見るぶんには幻想的で好きです。

今回はそんな幻想的な朝靄を、黒猫の親子が散歩するイラストです。
黒猫に赤色の首輪ってとこから、完全に我が家の黒猫ショパンがイメージできます。
しかし、ショパンには子猫はいないので、あくまで想像の世界です。

朝の散歩は、ショパンもしていたのですが、物音に驚いてパニックになり、脱走してしまってからは、散歩は中止しています。
きっとショパン本人は、散歩したいのだと思うのですが、同じことが起きてしまうと困るので、辞めています。

今回のイラストですが、以前の作品のリメイクなんですよね。
作品No138の「お家へ帰ろう」の朝バージョンなんです。
見比べてみると、街並みはほぼ一緒です。
「お家に帰ろう」が夕暮れ時だったのに対し、今回は夜明け後の町並みです。

138お家へ帰ろう.jpg
【お家に帰ろう】

猫の親子は、前回はお家に帰る設定。
今回はお家から出て、お散歩に出かける設定です。

猫ってやっぱり可愛いです(笑)

さて、ようやく10月分の制作終えたけど、今月分も頑張らなきゃ。
次はクリスマスイラストですね。
あっという間に年末がやって来ます。
ヤバイよヤバイよ〜

今まで以上に頑張らなきゃ!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:12 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年10月04日

新作「ハロウィンハウス」

179ハロウィンハウス.jpg

【ハロウィンハウス】
----------------------------------------------
秋が深まり森の中もすっかり色づいています。
大きなカボチャはハロウィンに使う物でしょうか。
リスたちにとっては、楽しい隠れ屋のようです。
カボチャの中で、ハロウィンパーティーかな?
----------------------------------------------

新作のお知らせです。
10月に入ってしまいましたが、9月分の新作です。
ドタバタしていて、制作が遅くなりました。

もうすっかり秋めいて来て、朝晩はかなり涼しくなりました。
日中はまだ汗ばむ事もありますが、秋の深まりを感じつつある今日です。
今回は紅葉と共にハロウィンのイラストです。

すっかり日本でも定着したハロウィンですが、今年はやはり例年とは違うハロウィンになりそうですね。
私個人的には、大勢集まって騒ぐハロウィンよりも、小グループで楽しむハロウィンの方が好きです。
イラストのリス達のように、気の合う者同士で戯れる方が好きですね。
今年はハロウィンの企画は、ほぼほぼ中止のようなので、オンラインや少人数でのハロウィンになりそうですね。

森の中に大きなハロウィンのカボチャがあったら、きっとリス達の遊び場&食事になるだろうな。と思い、今回のイラストを制作しました。
リスって動き回る姿が、本当に可愛いですよね。
北海道に帰省した際に、エゾリスを見ますが、本当に可愛いです。

さて、今回のイラストでアニマルシリーズは179作品となりました。
次回の作品で180作品になります。
目標の200作品まで、残り20となりますね。
1ヶ月に1作品を続けたら、20ヶ月です。
頑張って描き続けたいと思います。

今回の作品も、Creemaにてイラストならびにポストカード販売いたします。
興味のある方は、ご覧いただければ幸いです。

Creemaはこちら
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:44 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年09月03日

新作「秋風四重奏」

178秋風四重奏.jpg
【秋風四重奏】
===============================
初秋の風に誘われて、月を見つめる一匹の雄鹿。
中秋の名月は静かに富士の山裾を照らす。
秋の始まりを祝うように、響きわたる虫の音色。
静寂の秋のコンサートの始まりです。
===============================

遅くなってしまいましたが、8月分のイラストです。
作品自体は出来上がっていたのですが、タイトルとコメントに悩みアップが遅くなってしまいました。
今回は中秋の名月のイラストです。

毎年この時期は、満月のイラスト描いています。
昨年はウサギが登場しましたが、今回は鹿です。
渋いテイストの和風な感じのイラストになりました。

鹿だけでなく竹も入っているから、ますます和のテイストになっていますね。
さらに富士山ですから、もう「THE NIPPON」って感じです。
(なんでローマ字だってツッコミは無しで 笑)

満月は昨夜だったようですが、残念ながら曇り空で月は見えませんでした。
これからしばらくは台風接近に伴い、天気も悪いので、しばらくはお月様も見えないかも。
でも、中秋の名月は10月1日(木)らしいので、それまで楽しみに待ちましょう。

お月様のイラスト描くたびに思うのですが、本当に月って不思議な魅力がありますよね。
ボ〜ッと眺めていても、いつまでもいつまでも眺めてられます。
天体望遠鏡なんかで眺めたら、ますますいつまでも眺めていられると思う。
残念ながら、我が家には天体望遠鏡ないので無理ですが。

私たちの世界に月はなくてはならない存在です。
海の満ち引きがあるのも月のお陰。
よく赤ちゃんの誕生は満月が多いって聞きます。
これって本当なのかと、ググってみましたが、どうも関係ないみたい(笑)

それでも月は我々の世界に、大きな影響を与えているのは確かです。
だから、昔から人間は月を崇め、時に恐れ敬って来たのでしょうね。
「お月様」と「お」と「様」を付けて呼ぶのも、親しみを込めた呼び方です。

10月1日の中秋の名月は、晴れて欲しいですね。
まさしく秋風に吹かれて、名月を楽しみたいものです。
まだまだ日中は暑いですが、朝晩は少しマシになってきた気がします。
満月を楽しみにしながら、残暑を乗り越えましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:40 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年07月30日

新作「夏彩花(なつさやか)」

177夏彩花(なつさやか).jpg
【夏彩花(なつさやか)】
----------------------------------------------------------------------
夏の夜空に色とりどりの花火。眩い光に夜の海も煌めいています。
波の音と花火の音に誘われて、イルカの親子がジャンプを始めました。
彩りのスポットライトで、ひと夏のナイトショーを楽しんでいるのでしょう。
----------------------------------------------------------------------

今月の新作です。
夏らしく花火のイラストです。
今年は残念ながら、花火は中止のところが多いです。
花火を見る機会も少ないと思います。

せめてイラストだけでも、花火を打ち上げようと思い、今回のイラストになりました。
でも、今回のイラストは以前のイラストのリメイクです。
そう、作品No.118 夏色花火のリメイクなのです。

「夏色花火」は横でしたが、今回は花火の高さと、イルカのジャンプを意識して縦にしました。
そしてもう一つ、作品No.013「ドルフィンシャワー」のリメイクでもあります。
背景と構図は「夏色花火」。そしてイルカは「ドリフィンシャワー」です。
二つ合わさった作品になっています。

実は「夏色花火」のイルカは、左下にいますが、右下にも小さくイルカが描かれています。
ジャンプするイルカの親子が、右下(海が湾曲しているので、右中央くらい)にあります。
だから今回の作品は、「夏色花火」の視点を変えた作品でもあります。

118夏色花火.jpg

本物の花火は見れませんが、せめてイラストでこの夏は花火を楽しみたいと思います。
今回の作品も、Creemaにて販売をしております。
ポストカード5枚セットとA4サイズのイラストをご用意しています。
興味のある方は、Creemaをご覧頂ければ幸いです。

Creemaはこちらです。

九州・中国・四国地方は梅雨明けしたようですね。
関西は明日かな?
長い梅雨が明けたら、本格的な夏到来です。
例年のような楽しみ方は出来ないけど、少しでも夏を楽しみましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:05 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年06月30日

新作「静寂の組曲」

176静寂の組曲.jpg
【静寂の組曲】
-------------------------------------------------------------
夏の始まり。蛍の舞に誘われて、タヌキの兄妹がやって来ました。
地上では幻想的な蛍が煌き、夜空には満天の天の川が輝いています。
静かな時間に流れる、無音の音色を楽しんでいるのでしょうね。
-------------------------------------------------------------

今月分の新作です。
前回の「ショパンと雨音の調べ」は、あくまで5月分の新作でしたので。

今回は久々に蛍をテーマにしました。
蛍を最初にテーマにしたのは、作品No.021「蛍の灯火」なので、もう16年くらい前です。
その次にテーマにしたのが、作品No.091「夏夜の雪灯」で、こちらも13年前。
それから蛍をテーマにしたイラストは描いていませんでした。

今回は、蛍と天の川を一緒にして、空の光と、地上の光を一緒に描いてみたいと思ったのがきっかけです。
そして蛍も、単なる光ではなく、カメラのスローシャッターで撮ったような、光の線で表現しました。
登場動物はタヌキの兄弟です。こちらも久々の登場ですね。

毎年「蛍を見たい」と思いながらも、なかなか見にいく機会がありません。
近場で見れたら良いのですが、やはり車で走らないといけないので、思い立って行けるわけではない。
以前蛍を見に行ったのも、もう数年前になると思う。

歩いてすぐの川とかで、蛍の舞が見れたら最高なんですけどね。
きっと昔はそこら中で見れたのでしょう。
今年も見に行けそうに無いので、イラスト描いて我慢します(笑)

作品の方は、今回で176作品目です。
ひとまずの目標は200作品。
あと24作品なので、ひと月に1作品で続けば、2年後になりますね。
頑張って制作を続けたいと思います。

200作品できたら、何かできないかな?
例えば作品集作るとか、作品展やるとか。
作品展もしばらくやっていません。
5〜6年前にやったのが最後です。

やりたい事はいっぱいあるけど、なかなか実現は難しい。
でも、諦めずに頑張りたいと思います。
2年後、少しは時間取れるようになるかな?
もっと忙しくなってたりして(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年06月11日

新作「ショパンと雨音の調べ」

200611.jpg
【ショパンと雨音の調べ】
--------------------------------------------
雨が続く梅雨の季節。窓際に黒猫のショパン君。
てるてる坊主も退屈そうに外を見つめています。
雨音が奏でる調べを、二人で楽しんでいるのかな。
--------------------------------------------

新作のお知らせです。
本当は5月中に出す予定が、ドタバタ続きで出せませんでした。
もう6月なので、今月もう1作品描く予定です。

今回は我が家にやってきた「黒猫ショパン君」をモチーフにしました。
黒猫が来ることが決まってから、頭の中ではイメージができていたけど、なかなか作業する時間が取れず。
ちょうど梅雨入りもしたので、このタイミングでご紹介。

猫って外に興味があって、窓からじ〜〜〜〜っと外を見つめます。
昔なら、猫も放し飼いみたいなもので、自由に外を出歩いていたと思う。
でも、今は家の中で飼うのが常識となっています。

我が家の黒猫ショパンも、窓の外をよく眺めています。
窓際にちょこんと座って、外を眺める後ろ姿は、とてもキュートです。
今回はそんなショパンをイラストにしてみました。

私のイラストにとって「黒猫」と言えば「りっちー君」です。
もちろんりっちー君は、これからもイラストで登場します。
そこに加えて、新たな黒猫として、これからはショパン君も登場するかも知れません。
二人が同じイラストに登場するかわかりませんが、りっちー君、ショパン君それぞれの可愛さがあるので、これからもイラストに登場してもらいたいと思っています。

今日もショパン君は、お昼から私の仕事部屋にやってきて、そばのイスの上でお昼寝していました。
もうそこがすっかり定位置になって来たようで、自分のイスだと思っているようです。
昨日も、息子が仕事部屋にやって来て、航海訓練の予定について私と話をしていました。
もちろんイスに座って。

そこへショパンがやって来た。
息子が座っているイスにジャンプしたかと思うと、おもむろに息子とイスの間に身体を潜り込ませる。
私が「自分の場所だと思っているかも」と言うと、息子がイスから立ち上がった。
するとそこへ堂々と寝転がる(笑)
もう完全に自分の昼寝用イスだと思っています。

まだまだ子猫なのですが、いろいろと面白い行動をしてくれます。
ショパンをどんどんイラストで描いていけたらと思います。

ちなみに今回のタイトル。
「ショパンと雨音の調べ」はどこかで聞いたことがあると思った人いませんか?
実は「I Like Chopin」という洋楽を、1984年に小林麻美が歌った際の邦題からとっています。
タイトルは「雨音はショパンの調べ」でした。

黒猫ショパン君、黒猫の先輩りっちー君と共に、よろしくお願いいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:49 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年04月26日

新作「茶畑お散歩りっちー君」

174茶畑お散歩りっちー君.jpg
【茶畑お散歩りっちー君】
------------------------------------------
風薫る季節。茶畑も緑色に染まっています。
お散歩中のりっちー君も、お茶の緑の中でしばし休憩。
皐月の風に誘われ、鯉のぼりも気持ちよく泳いでいます。
------------------------------------------

今月の新作です。
久しぶりに「黒猫りっちー君」の登場です。
前回の登場が一昨年の11月ごろなので、かれこれ1年半ぶりくらいですね。
今回は茶畑の中を散歩するりっちー君です。

ゴールデンウィークに入り、本当はみんなどこかに行きたい。
空も澄み渡り、気候も良くて、本当にお出かけするには最高の季節です。
でも、今年のゴールデンウィークは、家の中で過ごしましょう。

今回は私が行きたい風景を描いてみました。
富士山と茶畑、とっても絵になりますよね。
富士山も久しく見に行っていません。
いつか必ずまた、見に行きたいと思います。

家の中で過ごすゴールデンウィーク。
せめてネットの中だけでも、いろんなところに行ってみましょう。
今のうちに下調べしておいて、行けるようになったら行ってみる。
その準備期間中のゴールデンウィークにしましょう。

ちなみに「黒猫りっちー君」は、季節ごとのイラストがあります。
全部で17点かな?自分でもわからなくなってきた(笑)
アニマルシリーズのイラストは今回で174点目です。
四季折々のイラストがあります。

ゴールデンウィークどこにも行けないので、せめてイラストでいろんなところ、いろんな季節をお楽しみください。
https://www.pixiv.net/users/129/illustrations
イラストとポストカードの販売もしています。
https://www.creema.jp/c/ds-island/item/onsale
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:19 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年03月30日

天国でも笑いを

173天国へと続く虹.jpg
【天国へと続く虹】

日本中がショックに見舞われました。
志村けんさんがお亡くなりになった。
武漢肺炎に感染して入院中との情報があったが、詳しい情報は出てこなかった。
私も気になっていたが、突然の訃報に驚きを隠せませんでした。

私にとっての「志村けん」は、やはりドリフターズの一員として、「8時だよ全員集合」での活躍が一番です。
実は最近、アマゾンプライムで「8時だよ全員集合」を観ていたところでした。
何年経っても色あせる事の無い笑い。
子供の頃は、テレビを前にゲラゲラ笑い転げていました。

最近は「志村どうぶつ園」がもっとも目にする機会が多かった。
若い人にとっては、コメディアンと言うよりも、志村どうぶつ園での志村けんの方がしっくり来るでしょうね。
まさかこんな形で亡くなってしまうなんて、本当にショックだし、悲しすぎます。

午前中に訃報を知ってから、心にぽっかりと穴が空いた気持ちでした。
ネットでも続々と訃報に驚き悲しむ声が。
きっとみんな「だいじょうぶだ〜」と明るい顔で回復して来ると期待していたのでしょう。
私もその一人でした。

午後から仕事の手を止めて、作品を手掛ける事にしました。
もともと今月分の作品を手掛ける予定にしていた。
でも、まだ頭の中で構想がまとまっていなかった。

今回の志村けんさん他界の一報を受けて、描きたいと思った絵が頭に浮かんだ。
志村どうぶつ園で一緒だったチンパンジーとブルドッグ。
名前はみなさんご存知ですよね。
あまり似せ過ぎると問題になっても困るので、あくまでもチンパンジーとブルドックという設定です。

タイトルは【天国へと続く虹】
イラストコメントに添えたコメントは下記の通り。
----------------------------------------
別れの時。舞い散る桜。
天国へと向かう主人を、見送る二人。
悲しさと寂しさで、涙がこぼれそうだけど…
たくさんの想い出と共に生きてゆく。
----------------------------------------

私も含め、大勢の人が、現実として受け入れられずにいると思う。
きっとご本人も、「え!俺死んじゃったの?」って思っているかも知れません。
辛い現実ではあるけれど、天国への旅立ちを見届けたい。

そして、これまで残してくれた、たくさんの笑いや想い出と共に、私たちは生きていきましょう。
志村けんさんの命を奪った、武漢肺炎との戦いにも勝利しなければなりません。

改めて心よりご冥福をお祈りいたします。
天国でいかりや長介さんと、またお笑いを続けてください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:10 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年02月29日

新作「春歌に誘われて」

172春歌に誘われて.jpg
【春歌に誘われて】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
桜の蕾が膨らみ始め、春がやってきました。
嬉しさをこらえきれずウグイスが歌います。
冬眠していたリスたちも、春の陽気に目覚めました。
寒さを乗り越えて、賑やかな季節の始まりです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今月分の新作です。
中旬あたりで、大まかな構図はできていたのですが、なかなかその後の制作時間が取れず、結局ギリギリになりました。

今回は春の始まりのイラストです。
ちょうど今まさにこんな状態ですよね。
今年は暖冬傾向なので、桜の開花も早いと言われています。

もうすでに桜の蕾が膨らみ始めている。
このままだと3月中旬ごろには開花するかも知れません。
早く春が来るのは嬉しい。
でも、今年は嬉しい春が、忍耐の春になっています。

終わらない冬はないわけで、この新型コロナウイルスもいずれ収束する。
自然の猛威とは違い、ウイルスの方は、私たちの努力で抑え込むことが出来ます。
忍耐の春ではあるけれど、春の喜びを感じつつ、ウイルスとの戦いに勝利しましょう。

今回の作品で172作品目となりました。
月に1作品の目標で制作していますので、今年中には180作品を超える。
ちゃんと目標達成出来ればの話ですけど(笑)

当面の目標は200作品達成ですね。
一年に12作品出来るとして、生きているうちに何作品制作出来るのだろう?
ひと月1作品で10年続けたら120作品。
20年で240作品、30年だと360作品です。

172作品+360作品で30年後には532作品になります。
続けていればの話ですけどね。
それに生きていればの話でもある(笑)

何でもそうだが、続けるのって本当に大変。
このつぶやきも、かれこれ17年くらい続いている。
毎日つぶやくのって本当に大変。
でも、慣れてくると日常になってくる。

このイラスト制作も、月に1作品を続けて行きたい。
命ある限り。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年02月08日

新作「砂漠の恋」

200208.jpg
【砂漠の恋】
-------------------------------------------
夕焼けのピンク色に染まる砂漠。
照れ合うヒョウモントカゲモドキのカップル。
モジモジしてなかなか言葉になりません。
一番星に願いを叶えてもらいましょうか。
-------------------------------------------

新作のお知らせです。
もう2月ですが、実は1月分の新作です(^^;)
ずっと頭の中に絵の構想は出来ていたけど、イラストにする時間がなかなか取れず。
結果的に2月になってしまいました。

でも、1月分のイラストって事で、今月はもう一つ新作描きます。
もう頭の中に構想は出来ているので、やはりイラストにする時間が問題ですね(^^;)

さて、今回のモチーフはトカゲです。
「なんでトカゲ!?」って思う人もいるでしょうね。
私もこれまで、トカゲをモチーフにしたことは無かった。
そもそも、爬虫類や両生類って、あまり描いていません。

せいぜいカエルやヘビ、そしてワニくらいかな?
なぜ今回トカゲなのか?
このモチーフのトカゲは、実はトカゲでは無い。
ヒョウモントカゲモドキという、どちらかと言うとヤモリに近い物。

そしてこのヒョウモントカゲモドキが、実は我が家にいるのです。
そもそも息子が昨年の夏に飼いだした。
長期休みの度に、家に一緒に来ていたが、今年の正月休み以降は、ずっと我が家にいるのです。
息子も退寮するので、家に置いていたという訳。

最初は「げ!なんでトカゲ!」と思っていたが、やはり慣れると可愛くなってくるもの。
今では我が家は全員撫でたりして、可愛がっています。
そういう訳で、今回はこのヒョウモントカゲモドキをモチーフにしました。
我が家のヒョウモントカゲモドキの名前は「ねる」くんです。
そうです。男の子です。

バレンタインも近いことから、このねるくんに架空で彼女を作ってみました。
モジモジして、なかなか切り出せない、ねるくんをイメージした。
実際のねるくんの行動を見ていると、なんとなくそんな感じがするのです(笑)

今回のイラストは、モチーフの動物の特徴を前面に出しました。
最近のイラストは、アニマルシリーズと言いながら、どちらかと言うと風景がメインになっていた。
もう少し、アニマルの特徴を捉えたイラストを増やしたいと思います。

さて、次の新作も、取り掛かろう。
あっという間に2月も終わるだろうし(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:56 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2019年12月28日

新作「Winter Sky Love」

170Winter Sky Love.jpg
【Winter Sky Love】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
寒さが厳しさを増す北国の夜。
お腹を空かせた狐が、独り雪道を歩きます。
寂しかった夜空に美しいオーロラが煌き出しました。
美しい天体ショーに狐の心も満たされています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今月の新作です。
クリスマスも終わって、新年のイラストでも・・と思いましたが、あまりにもベタなのでやめました(^^;)
今回は久しぶりに、オーロラを題材にしてみました。
久しぶりと言っても、オーロラはこれで2回目です。

前回オーロラを描いたのは、「Loveオーロラ」です。
アニマルシリーズの作品ナンバーで言うとNo018です。
制作した時期は、おそらく2004年ごろだと思う。
つまりもう15年くらい前(^^;)

その間に、使っているillustratorのバージョンも上がり、表現方法も随分と変わった。
改めてオーロラを描いてみようと思ったわけです。

しかし、このアニマルシリーズも15年以上描き続けているんですね。
確かこのつぶやきを始めた頃からだから、どっちもよく続いているもんだ。
まぁアニマルシリーズの方は、一時期描けていなかった期間が数年あったけど(汗)

今回は横レイアウトで、目一杯オーロラを描きました。
一度くらいは本物のオーロラを見てみたい。
これは私だけでなく、嫁さんも同じ。

子供達が巣立って、少し時間的にも金銭的にも余裕ができたら、北欧に行ってオーロラ見てみたいですね。
そんな願いも込めて、今回の作品を仕上げました。

これで今年の作品は終わりです。
また来年も頑張って新作を出して行きたいと思います。
アニマルシリーズ以外のイラストも頑張って描きたいです。
せっかく液晶タブレット買ったのに、十分に活用できていません。
来年も忙しいとは思うけど、作品を描く時間ももっと作りたいですね。

作品はネットショップCreemaでも販売いたします。
ポストカードとA4イラストをそれぞれUPいたします。
興味のある方は、ぜひご覧ください。

https://www.creema.jp/c/ds-island
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:07 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2019年11月30日

新作「ハートツリークリスマス」

169ハートツリークリスマス.jpg
【新作:ハートツリークリスマス】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
クリスマスの夜、動物も眠りについています。
ふと何かが走り去って子グマが目を覚ましました。
外を見ると森の木が輝きクリスマスツリーに。
森のみんなへ、サンタさんからのプレゼントです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今月もギリギリで新作出来ました(^^;)
仕事が詰まりに詰まっているのですが、自分の目標として「ひと月に1作品」を掲げているので、何とか完成させました。
今回はクリスマスのイラストです。

季節柄、もうすっかりクリスマスモードです。
イラストも迷わずクリスマスをテーマに。
しかし、これまでもクリスマスのイラストはたくさんある。
どのようなイラストにするか、悩みました。

今回のタイトルは「ハートツリークリスマス」
ツリーは、クリスマスツリーのことでもあるけど、二つの木が向かい合ってハートになっています。
この手法はこれまでも何度か使っている。
色合いも暖かいイメージを出したくて、赤い夜空にしました。

クリスマスにはやっぱり雪が似合います。
私の描くクリスマスのイラストにも、ほぼ100%雪が描かれています。
でも実際にはクリスマスの頃に、こんだけ雪が積もっているところは少ないです。
北海道や東北くらいでないと、ホワイトクリスマスってないですよね。

私の故郷、奄美大島なんて雪が降る事自体ありえない。
だからこそ、子供の頃から、ホワイトクリスマスへの憧れは強かった。
それがイラストにも反映されているのでしょうね。

さて、何とか目標はクリアした。
また仕事に集中しよう。
明日は日曜だけど、ちょっと仕事しないと。
いよいよ師走、ラストスパートです。
頑張るぞ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2019年10月31日

新作「夕焼けにゃんこ」

168夕焼けにゃんこ.jpg
【夕焼けにゃんこ】
----------------------------------------------
秋の夕暮れ時。屋根の上で落陽を見つめる猫たち。
夕日に吸い込まれるように、飛行機が降りて行く。
遠い異国の地から飛んできたのでしょうか?
猫たちも旅立ちを夢見ているのかも。
----------------------------------------------

ギリギリで今月の新作です。
今月は流石に無理かと思ったけど、なんとかできました。
その名も「夕焼けにゃんこ」です(笑)

なんか似たタイトルとイラストが・・・と思った方。
あなたはかなりのislandマニアです(笑)
今回の「夕焼けにゃんこ」は「お月見にゃんこ」をベースにしています。

「お月見にゃんこ」では、屋根の上で親子の猫がお月見するシーン。
今回は屋根の上でカップルの猫が、夕焼けを眺めています。
眺める先には、都会のビルディングが立ち並び、飛行機が飛んで来るという、アニマルシリーズにはあまり無いセッティング。

私は動物好きだけど、自然の中の動物が特に好き。
だからアニマルシリーズは、自然の中の動物がモチーフになっている。
しかし、最近は人工物もちょくちょく出てきます。
たまに人物も出てくるし。

今回のイラストは、私の現実逃避でもある。
夕暮れの空に飛行機が飛んでいるのは、よく目にする光景。
その度に、「飛行機乗ってどこか行きたい」と現実逃避に走る(笑)
そんな日頃の現実逃避を、猫を使って描いたのが今回の作品です。

できることならば、屋根から沈みゆく夕陽と、シルエットになって消えていく飛行機を眺めていたい。
時間を忘れてボーッと夕陽を眺めていたいですね。
その瞬間だけで良いから猫になりたい(笑)

今回は私の願望をイラストにしました。
いや、いつも描くイラストは、私が行ってみたいような場所だから、いつも願望を描いているのかも。

毎度ながら、ネットショップCreemaでもイラストとPOSTCARDを販売しています。
ぜひ覗いてみてください。
https://www.creema.jp/c/ds-island
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:32 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2019年09月22日

新作「Dark world」

167Dark world.jpg
【Dark world】
----------------------------------------------
深まりゆく秋の湖畔、闇夜の始まりの刻。
古城に群がるカラスの声を、静かに聞くミミズク。
漆黒の闇が空を覆い始め、静寂が波紋を広げる。
闇に生きるもの達の目覚めの刻。
----------------------------------------------

今月分の新作のお知らせです。
来月は10月ということで、ちょっとハロウィンを意識したイラスト。
タイトルは「Dark world」そのまま闇の世界です。

ちょっと不気味な感じのイラストにしたくて、昨年の作品ナンバー154の「青の古城」を多少リメイクしました。
青の古城が満月で青のイメージだったのに対し、今回は細い三日月と濃いオレンジを基調としました。
そして闇の番人とも言えるミミズクをモチーフに。

154青の古城.jpg
【青の古城】

色合い的には作品ナンバー131の「闇のコーラス隊」と似ていますね。
こちらはコウモリをモチーフにしていました。

131闇のコーラス隊.jpg
【闇のコーラス隊】

アニマルイラストシリーズって、元々はほのぼのしたイラストがメインでしたが、時々神秘的なイラストも入って来ます。
そして今回のように、ちょっと不気味な雰囲気のイラストもあったりする。

今回のイラストの基になったと言えるのが、作品ナンバー004の「森の月夜」です。
本当に初期の頃の作品で、実にシンプルな構成で、描いたのもとても短時間だった。
この頃とはillustratorのバージョンも、Macのスペックも全然違っている。
表現できる手法も変わって来ているので、イラストの雰囲気も変わって来ていると思います。

004森の月夜.jpg
【森の月夜】

ほのぼのとしたイラストも好きですが、ちょっと神秘的な、そして今回のようにちょっと不気味な感じも好きです。
今回の作品でアニマルシリーズは167作品目となりました。
これまでの作品の中には、ほのぼのしたものから、神秘的なもの、ちょっと不気味なもの。
本当にいろんな作品があります。
基本、私が好きで描いている作品ですので、どの作品にも思い入れがあります。

ひとまずの目標である200作品に向けて、来月も頑張りたいと思います。
200作品できたら、作品展開いて、作品集も作ってみようかな。
あくまでも夢ですので、実現可能かはわかりませんが(笑)

今回の作品も、ネットショップにて販売しております。
興味のある方は、Creemaをご覧ください。
https://www.creema.jp/c/ds-island
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:49 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2019年08月31日

新作「秋音色の鏡月」

190831.jpg
【秋音色の鏡月】
-------------------------------------------
秋の訪れを告げる鈴虫の音色。
初秋の空に満月が姿を見せました。
うさぎの親子が、静かに月を眺めます。
お団子はないけど、みんなでお月見でしょうか。
-------------------------------------------

ギリギリで今月の新作できました(^^;)

暦の上でも、ここ数日は気温もすっかり秋めいてきました。
今年は残暑が無いのかと思ったら、来週は暑い日が続くみたいですね。
そりゃ〜9月いっぱいまでは暑い日がありますからね。

今回は満月をテーマに制作しています。
これまでも満月はたくさんのイラストがあります。
「ムーンライトシンフォニー」から始まり、昨年の「青の古城」まで。
数えたら8〜9作品はあります。

でも、そのほとんどが縦型なんですよね。
横の作品って1点だけ。
今回はあえて満月を全部出さずに、画面からはみ出た構図にしました。

これまでの縦型のイラストは、すべて綺麗に月がはまっているイラスト。
今回はあえてバランスを崩したくて、横型で、月をトリミングしました。
そして色合いも、ちょっとこれまでの満月作品とは違った感じにしました。
鮮やかな満月よりも、ちょっと赤みがかった、不思議な雰囲気にしてみました。

今回の作品で、アニマルシリーズは166作品目です。
このまま月一のペースで制作出来れば、今年中には170作品を超えます。
ひとまずの目標は200作品は制作したいですね。
月一のペースだと、後3年近くかかります(^^;)

でも月一でも精一杯なのが現状ですね。
本当はアニマルシリーズ以外にも制作したいのですが。

アニマルシリーズが200点超えたら、頑張って作品展したいです。
ちゃんとギャラリーを借りて。
お金かかるけど、やっぱりギャラリー借りて作品展をしたい。

ネットでいくら発信しても、やはり額に入れた絵を観ていただくのが、一番良いと思う。
最後に作品展やったの、もう5年前になります。
それも知人のお店を借りて、ひっそりとやった作品展。
今度はちゃんとしたギャラリーを借りて、本格的にやりたい。

そのためには、作品も必要だけど、何よりもお金が必要だ(^^;)
そのためには仕事をもっと頑張らないと。
そうなると、また、創作の時間が・・・。
なかなか難しいですね(笑)

でも、いつか実現するために、頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:15 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2019年07月23日

新作「神静誘刻(しんせいゆうこく)」

190723.jpg
【神静誘刻(しんせいゆうこく)】
----------------------------------------
夏の黄昏時、富士が漆黒の影を縁取る。
一匹の雄鹿が神社に誘われるように現れました。
鳥居の向こうから呼ぶ声に導かれたのでしょうか。
静寂の中、無言の会話は涼風の夜を誘います。
----------------------------------------

今月は今月の内に新作を発表できました(^^;)
先月分は7月に入ってからになってしまいましたからね。

今回の作品は、夏の夕暮れ時の富士山を描いています。
3年前の夏に、家族で旅行した静岡で見た富士山をイメージしました。
夕焼けにシルエットの富士山がとても美しかった。

富士山って何度見ても、その美しさと雄大さに、目を奪われてしまいます。
3年前の旅行で見たきり、富士山も見れていません。
また静岡行きたい。山梨も行きたい。そして長野にも。

行きたいところだらけですが、今年は北海道へ帰省するので、やっぱり無理ですね。
せめて作品にだけでも、富士山の記憶をと思い、今回のイラストが出来上がりました。
富士山の神秘的なイメージに合わせて、今回は神社の鳥居をチョイス。
やっぱり富士山と合いますよね。

夏の夕暮れ時って、一瞬時間が止まるような感覚に見舞われます。
それまで鳴いていた蝉や虫の音が消え、一瞬静寂が訪れる感覚。
でも、刻一刻と空や山や大地は、彩度を落としていく。

昼から夜へ、動から静へと、移り変わり行く僅かな時間。
そんな空気感も出したくて、牡鹿と鳥居を描きました。

私はこの夕暮れ時の移りゆく時間帯が大好きです。
できることならば、毎日でも西の空を眺めていたい。
でも、現実は最も忙しい時間です。
ご飯の準備したり、お風呂はいったり。
子供達の習い事の時間でもある(^^;)

そしてこの夕暮れ時は、季節によって、場所によって、またその日によって、彩りが違う。
故郷の奄美の夕暮れ時は、本当にダイナミックな彩りです。
でも、大和夕暮れ時は、少し落ち着いた彩り。
そして富士山を見た時の彩りも、また違った印象でした。

昨年のこの時期の作品が、ちょうど南国の夕焼けを描いています。
同じ夕暮れ時でも、全然印象が違うんですよね。
でも、どの夕暮れ時も好きです。

富士山の夕暮れ時、今度見れるのはいつだろう?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:46 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2019年07月06日

新作「ドルフィンラブ」

164ドルフィンラブ.jpg
【ドルフィンラブ】
-------------------------------------------
夏の日差しが海の中を輝かせる季節。
きらめく海の中を二匹のイルカが泳いでいます。
夏のきらめきにお互いの気持ちが高まりKiss。
カップルの誕生に海の中も揺らめいています。
-------------------------------------------

7月になってしまいましたが、6月分の新作です(^^;)
今月は頑張ってもう一つ作品(7月分)仕上げたいと思います。

もう気分はすっかり夏なので、夏本番のイラストです。
夏が近づいて来ると、やっぱり海が恋しくなる。
特に故郷の奄美大島の海が恋しい。

昨年は奄美に帰省して、たっぷりと奄美の海を堪能しました。
今年は北海道へ帰省の予定なので、残念ながら奄美の海は行けません。
せめてイラストでたけでも、海の中を堪能しようとこの作品を仕上げました。

イルカってとっても可愛いですよね。
一度で良いから、海の中でイルカと泳いでみたい。
イルカって賢いので、きっと人間と遊んで泳ぐのではないかな?

賢いイルカが、海の中で恋をしているイメージで、今回のイラストは制作しています。
きっとお互いを意識して、お互いの事を想って泳ぐのでしょう。
そんな事をイメージして、イルカ同士でハートの形にしてみました。

私のイラスト作品の中で、イルカはひとつしかありませんでした。
それがイルカの親子を描いた「ドルフィンシャワー」です。
もっともっとイルカの作品あってもおかしくないのですが。
意外と描いていないんですよね。

きっと夏のイメージが強くて、避けていたのかも。
クジラも「クジラの夢」だけです。
もっとクジラやイルカも描いてみたいですね。

今回の新作も、近日中にCreemaにて販売いたします。
興味がありましたら、ぜひCreemaまで。
https://www.creema.jp/c/ds-island
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:53 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2019年05月28日

新作「水無月色の雨音」

163水無月色の雨音.jpg

【水無月色の雨音】
紫陽花が咲き誇る公園に咲く二つの傘。
帰路の途中、紫陽花に見惚れているのでしょうか。
降り出した雨に、ツバメも家路を急ぎます。
お腹を空かせた子供達が待っているのでしょうね。

昨日までの暑さが嘘のように和らぎ、そして雨がやって来ました。
今日は朝から一日中雨が降っていた。
悲痛な事件も起きてしまったが、それは明日以降につぶやきたいと思います。

今月は一足先に梅雨のイラストです。
そろそろ田んぼに水が張られて、カエルの合唱が始まる季節。
残念ながら、我が家の周りには、田んぼが無くなったので、カエルの合唱は聞こえない。
紫陽花が咲き始め、ツバメが子育てに追われる季節です。

今回はそんな梅雨空の一場面を制作してみました。
公園に咲く紫陽花を見つめる親子の傘。
そこを忙しく飛ぶツバメ。

ツバメは初めての制作です。
家の周りをツバメが飛んでいるところは見ますが、巣がどこにあるのかはわかりません。
昔、ご近所さんの軒下に、ツバメが巣を作って、親鳥が雛に餌をあげている姿を、カメラにおさめた事がありました。
でも、その巣も今はありません。

そろそろ梅雨入りの時期。
田んぼの準備も始まっています。
雨が続くのは少々鬱陶しいですが、そんな時は紫陽花を眺めたり、田んぼのカエルの合唱を聞いたり。
また、飛びゆくツバメを見て、ツバメの子育てを想像しましょう。

イラストを毎月1作品制作する目標。
確か昨年の今の時期から始めた気がします。
以前は毎月2作品を制作していました。
しかし、流石にそれは無理。

ひと月1作品を目標になんとか1年続きました。
これからも頑張って続けたいと思います。
今回でアニマルシリーズは163作品目。
当分は200作品目指して頑張ります。

このイラストも、ネットショップで販売予定です。
興味のある方は、ネットショップCreemaを覗いてください。
https://www.creema.jp/c/ds-island
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:58 | Comment(0) | 新作のお知らせ
banner.jpg