2007年05月16日

作品のコラボ構想

今日はお昼から仕事の打ち合わせで、大阪まで出ていました。
大阪と言っても「箕面方面」で、車での移動でした。
箕面にあるとある学校のホームページを制作していて、その最終打ち合わせで出かけていたのです。

この仕事は、私のデザインの師匠でもあるT氏から依頼されているもので、T氏の家に寄りT氏も一緒に打ち合わせに行きました。
T氏は私と同じグラフィックデザインをしていますが、ホームページの方は手がけていないので、私に依頼してきたという訳です。

二人で近況やいろんな事を話しながら、打ち合わせ場所の学校に到着。
30分ほどで打ち合わせは終わり、その後、T氏を家まで送っていきました。
「ちょっと上がってコーヒーでも」というお言葉に甘えて、お邪魔させて頂きました。

T氏も、今年から私と同じようにフリーで活動をしていますが、やはり仕事は厳しいようです。
フリーで仕事していると、忙しい割にはあまり収入は無いんですよね(^^;)
「お互い厳しいなぁ〜」と二人で苦笑いしていました。

そしていろいろと話していて、私が「一緒に作品展しましょうよ」と持ちかけると「作品のコラボレーション出来ないかな?」と乗り気な回答を頂きました。
T氏はグラフィックデザインがメインですが、昔から商業書道のような書き文字もやっていて、今までにもいろんな文字を書いています。

私はグラフィックデザインをメインとしながら、イラストを描いています。
私のイラストと、T氏の文字で新しい形の物が産まれてくるかも知れません。
二人でいろいろと話しながら、可能性を秘めているのでやってみようということになりました。
これからいろんな事を試しながらやってみたいと思います。
そして是非作品展を実現させたいと思っています。

お互い本業のグラフィックデザインをしながら、それぞれの作品を伸ばし、またお互いの作品を融合させて、新しい何かを創り出していけたらなぁ〜と思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年12月05日

アニマルイラスト描き始めて

アニマルイラストを描き始めて、もう3年になります。
1作目と2作目はそれ以上前に描いていましたが、本格的に描き始めたのは3作目以降なので、丸3年ということになります。
ちょうど3年前の今ぐらいに自分の描きたい絵を探し求めていた気がします。

フリーになってグラフィックデザインの仕事だけでなく、好きなイラストも力を入れたいと思っていた頃でした。
ネットでいろいろイラストレーターのサイ等を見て回って、お気に入りのイラスト等を探していた時でした。
「自分が描きたいイラストはこんな感じだ」と思うイラストレーターのサイトにたどり着きました。

以前にも何度か紹介したことがありますが、「梅川紀美子さん」という女性のイラストレーターの方です。
エアブラシで描かれたイラストは、暖かみがあり何とも言えない存在感がありました。
思わず「自分もこんなイラストを描きたい」と思い、突然創作活動に入ったのがキッカケなのです。

とは言え、私は長年グラフィックデザインをしてきたので、Macで表現するのが一番手っ取り早くなっていました。
デジタルで表現するとどうしても冷たく固いイメージのイラストになりそうで、また実際に今まで描いてきたイラストはそんな感じがして、悩んでいました。
そこで、「デジタルでアナログを表現しよう」と自分なりにいろいろと手探りで描き始めたのが、現在のアニマルシリーズに繋がっていきました。

手始めに描いた3作目の「雪だるまハウス」。
雪の中で寒いのですが、雪だるまハウスの中の暖かさを表現したり、雪の奥行き感を表現したり、当時の自分としてはとても気に入った作品になったのです。
そしてその絵を家に飾っていたのですが、たまたま家に遊びに来た嫁さんの仕事仲間の後輩が、雪だるまハウスをえらく気に入ってくれたのです。

「自分の描いたイラストでも気に入ってくれる人がいるんだ」そう思うと、次々と描きたい気持ちが沸き上がってきて、気がつけば2〜3ヶ月の間に15点ほど描きあげていました。
誰かにイラストを気に入ってもらえる。このことはとてつもないエネルギーになります。
私が現在もイラストを描き続けているのは、単に好きだというだけでなく、このエネルギーからパワーを貰っていることがとても大きいと思います。

そして先日もYNCオフ会でお会いした方が、私のイラストを以前からサイトで見て頂いていたようで、その場でPOSTCARDまでご購入下さいました。
私自身は自分の描いたイラストに売れるだけの価値があるのか、未だに微妙なんですが、現にご購入下さる方がいて、委託販売して頂いている河西喜昇堂さんでもリピーターがいるということからも、気に入って下さっている方がいるということですよね。
本当に有難いことだと思います。

最近嬉しいことに、今まで女性の方が中心だったのですが、男性の方も私のイラストを気に入って頂いている方がいらっしゃるようで、ひそかに喜んでいます(笑)
私のイラストは「女性の方が描いてると思っていました」とよく言われるほど、気に入って頂ける方の9割方が女性といっても過言ではないと思います。
しかし最近POSTCARDやカレンダーを男性の方が注文して下さったりしています。
やはり同じ男性として自分のイラストを気に入って頂けるのは、また別の喜びがありますね。

年末のこの忙しい時季に、ふと振返ってみて「そういえば3年前だったなぁ〜」と思い起こしました。
アニマルイラストシリーズも79作品になりました。
このペースで描き続けると、来年には100作品達成しそうですね。
自分の気持ちの中では100作品越えたら作品集を出したいと思っているのですが・・・・・予算があるかどうか。そして何より売れるかどうか(爆)
そして作品展も是非開催したいと考えています。こちらも予算の問題がありますが。
来年もまた頑張って描き続けますので、皆さんよろしくお願い致します。
何だかもう今年が終わるようなつぶやきですが、今月も2作品目標にがんばりますからね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年11月19日

これは盗作か!?

私の作品が盗作被害にあいました。

061119.jpg

バナナムーンにそっくりではないですか。
050705.jpg

いったい誰がこんな盗作を・・・・・。
犯人は息子でした(笑)

私に「お父さん見て見て」と持って来た紙には「ミッけ。」と書いた文字と幾つかの絵が描かれていました。
絵本の「みっけ」を真似て自分で描いた物です。
私に「とけいはどこにあるでしょう?」と質問してきます。私は息子の描いた絵の中から時計を探します。
息子の描いた絵なので、さほど複雑では無くすぐに見つけられます。
他にも幾つか探して、全ての「みっけ」が終わりました。

何気なく裏返して見ると、問題の盗作バナナムーンを発見!!
「あれ!?どこかで見たこのとある絵だなぁ〜」と私が言うと、息子は苦笑いしながら「え〜そうかな〜」などと知らないふり。
しかし嫁さんに「あ〜お父さんの絵まねしてる〜」と言われて開き直ったのか「ええやんか〜まねして描いたらあかんの〜?」と、盗作を認めました(笑)

今までいろんな絵を描いてきている息子。
よく考えたら、私の絵を真似て描いたことなどありませんでした。
おそらくMacのデスクトップの壁紙をバナナムーンにしているので、それを見ながら描いたのだと思います。
まぁ、真似てくれるだけいいですね。息子にだけでも認めてもらえたってことで(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年10月01日

最高売り上げ枚数

午前中宅急便が届いた。中身はポストカード。
そう、毎月販売して頂いている、河西喜昇堂さんから売れ残り分が送られてきたのです。
委託販売していただいていますが、買い取りではないため、毎月売れ残り分が送られてきます。
その度に「おっ結構売れたな」とか「ありゃ〜今月は・・・」みたいなことを繰り返しているのです。

今日は日曜日でしたが、仕事が詰まっていたので、ちょこちょこ仕事をしていました。
宅急便が来たのも知らなくて、どうやら息子が受け取ったようです。
仕事部屋に「はいお父さんに荷物」と言って持ってきたので「そこに置いといて」と言っていたのでした。

仕事も一段落して「どれ開けてみようか」と箱を持ったのですが・・・・・何か妙に軽い。
これは明らかに枚数が少ない感じです。ということはそれだけ売れたということ。
はやる気持ちを抑えられず、急いで箱を開けてみました。
伝票を取り出して売り上げ枚数を確認すると・・・・

252

へ!? 252


そんな数字今まで見たことがありません。
今までの最高売り上げ枚数は、今月の5月に212枚売れたのが最高です。
その時も半数以上が売れたので、めちゃくちゃ嬉しかったのですが、今回はさらに40枚も多い252枚です。

う〜〜〜なんて嬉しいことでしょう。
こんなに沢山買ってくれている人がいるなんて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
しかしさらにビックリしたのが、バナナムーンが完売していたことです。
20枚納品しているのですが、全て売れたようです。
毎月新作の売れ行きは、まあまあいいのですが、定番物はなかなか売り上げが伸びません。
リピーターが多いことからも、余計に新作の方が売れ行きはいいようです。
しかしそんな中でバナナムーンが完売したということは、本当に嬉しいですね。

河西喜昇堂さんで委託販売を始めてから、バナナムーンはず〜〜〜と販売しています。
言ってみればいい加減飽きられてもおかしくないくらい、ず〜〜〜とお置いています。
それが完売したなんて、やはりバナナムーンは何か特別な物があるのでしょうか?
私の代表作でもありますし、絵本にもなっていますので、バナナムーンが売れ続けてくれるのは、私としても嬉しくそして心強いです。

9月は本当に仕事が忙しくて、正直新作描くのは無理だと95%ほど思っていました。
しかしこうやって購入して下さる方々のためにも、何とか頑張って描ける時間に集中して描こうと思い、頭の中でイメージだけは膨らませていました。
そして、ちょっと仕事が一段落した時に、一気に集中して描き上げました。
やはり描いてて良かったです。新作を楽しみに来店された方がいたら、ガッカリさせてしまうところでした。

今月もまだまだ忙しそうですが、9月ほどの忙しさはないと思うので、今月も頑張って描きたいと思います。
ポストカードをご購入下さっている方々、この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございます。これからも頑張りますので、よろしくお願い致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | アート

2006年09月17日

明日から始まります

先日も案内させて頂きましたが、再度案内させて頂きます。
いよいよ明日からの開催となりました。
昨年私が受賞した「ART BOX絵本新人賞」の、今年の受賞者が決まり、刊行に向けての出版記念展が開催されます。
そして今までの歴代受賞作家選抜展も同時に行われることになり、お恥ずかしながら私も作品を出展させて頂くことになりました。

060908.jpg

■開催期間 2006年9月18日(月)〜9月29日(金)
■時  間 11:00〜18:30(最終日15:00まで)土・日休廊
■場  所 ART BOX GALLERY(地図参照)http://www.artbox-int.co.jp/map.html

私も近かったら行けるのですが、なかなか東京までは行けません。
せめて作品だけでも多くの方の目に触れて、いろんな方にお会いできることを願っています。
関東方面で住所の解る方には、勝手ながらDMを送らせて頂きました。
もしお時間ありましたら、足を運んで頂けると嬉しいです。
そして感想・ご意見など頂戴できればさらに嬉しいです。

芸術の秋なので、私もいろんな芸術に触れたいのですが・・・・。
今月は仕事が超ハードスケジュールで、芸術に触れるどころか、自分の目標の月2作品も微妙です。(今から言い訳)
明日から約2週間の間に、どれだけの方の目に自分の作品が触れるのか。そしてどんな風に見られるのか。
ドキドキ・ワクワクですね。遠い奈良の地から、一人でも多くの方に見て頂けるよう、願いたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年09月09日

自由工作が選ばれた(笑)

昨日のこと、夕方に電話がなり出てみると、息子の学校の担任の先生からでした。
「学校で何か問題でもあったのか?」とビックリして聞いていると、夏休みの宿題の自由工作の作品で、息子の作品をクラスの代表として、市の「科学作品展」に出展します。という内容でした。

へ?家の息子の作品が・・・・・思わず心の中でつぶやいてしまいました。
クラスから2名出展するらしく、息子ともう一人の子の作品が展示されるらしいです。
夏休みの自由工作といっても、子供一人ではとても難しいので、正直親が多少手伝わないと出来ません。
わが家も息子に「あーしてこーして」と教えながら、何とか作らせました。
見た目にもしょぼい物だったので、あんなのが出展されるの?って思いましたが、やはり子供が作ったというのがいいのでしょうね。

実は北海道に帰省している間に、自由工作をしようと思っていましたが、結局出来ませんでした。
正確に言うと出来たのですが、息子の自由工作ではなく、おじいちゃんの自由工作になってしまったのです(笑)
北海道に行く時に乗ったフェリーを作りたいと言って、木で作らせようとしましたが、ノコギリ等を使うのがやはり難しく、おじいちゃんが説明しながら教えて行くうちに、最終的にはおじいちゃんが作ってしまいました(笑)

フェリーは息子とおじいちゃんの思い出の制作物として、大事にとっておいて、夏休みギリギリに今回の自由工作を仕上げたのでした。
本当に簡単な物なのですが、それでも小学一年生にしてみたら結構難しい物なんですね。
でき上がった物は何とも言えない手作り感がにじみ出ていました。

本日と明日の二日間、展示が行われているので早速、本日見学してきました。
市内の小学校の生徒の作品が、ずらりと並んでいました。
小学1年生から6年生まで、実にさまざまな作品が並んでいます。
その中に、家の息子の作品も並んでいました。

他の作品を見て回る内に、ふと気付いたことが・・・・・。
似たような作品が多いのです。わが家もそうなんですが、きっと何かの本を見て作っているのだと思います。
手作り工作のような本が有り、そこで見たような内容の物も沢山ありました。
そしてビックリしたのは、小学高学年になると、電池とモーターを組み合わせた物が多いことです。
どこまで自分の力でやっているのか解りませんが、「こんなの小学高学年でも無理だろう」って思える物もあり、きっと親の手が加えられているのだろうな〜と想像しながら見ていました。
まぁ、わが家も同様に、私の手も加わっていますからね(笑)

でも、本当にいろいろな作品があり、見ていてとても楽しかったです。
来年はどんな物を作るのか、解りませんが、来年はもっと早めに作らせたいと思います。

060909.jpg
息子の作品 スペースロケット
ペットボトル2リットルを輪切りにして、竹串に通し、そこにストローで作ったロケットを押し込み、ペットボトルの反動で飛ぶ仕組みです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年09月08日

出版記念展のお知らせ

ちょっとお知らせです。
昨年私が受賞した「ART BOX絵本新人賞」の、今年の受賞者が決まり、刊行に向けての出版記念展が開催されます。
そして今までの歴代受賞作家選抜展も同時に行われることになり、お恥ずかしながら私も作品を出展させて頂くことになりました。

060908.jpg
■開催期間 2006年9月18日(月)〜9月29日(金)
■時間 11:00〜18:30(最終日15:00まで)土・日休廊
■場所 ART BOX GALLERY(地図参照)http://www.artbox-int.co.jp/map.html

昨年出版された私の絵本「バナナムーン」をご覧頂けることはもちろんですが、イラスト作品も4点出展できるとのことで、次の4点を出展することに致しました。

060423-1.jpg
1)バナナムーン A3サイズ

060616-2.jpg
2)パンダの星 A4サイズ

060722.jpg
3)星空デコレーション A4サイズ

060819-2.jpg
4)三日月ベッドで夢の中 A4サイズ

それからもしかすると、まだ手作り段階の絵本「クジラのゆめ」もご覧頂けるかも知れません。
一応手作りの絵本を、出展作品と送ることを担当の方には了解を得ていますが、ギャラリーに置いて頂けるかは、ART BOXさんの判断次第になりますので、あまり期待しない方がいいかも知れません(^^;)

ギャラリーの方が土日がお休みですので、時間が限られてしまいますが、お時間のある方、足を運んで頂けると嬉しいです。
展示作品の販売も行いますので、気に入った作品があればご購入頂けると、ますます嬉しいです。
私も上京して作品とともに、いろんな方とお会いしたいのですが、ちょっと行けそうにありません。
せめて作品だけでも多くの方にお会いして、少しでも多くの方に喜んで頂ければ幸いです。
DMをご希望の方はislandサイトから、「DM希望」とメール頂ければ送らせて頂きます。
数に限りがありますので、足りなくなったらゴメンナサイ(そんなに来るわけないか^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年07月08日

販売店訪問&手塚治虫記念館

今日は宝塚の方に行ってきました。
一番の目的は、私POSTCARDを販売して頂いている、河西喜昇堂さんのところにご挨拶に行くことでした。

POSTCARDを販売し始めて、もう2年近くになります。
テスト販売として始める前に、一度お邪魔したきり行ってなかったので、家族とドライブがてら顔を出してきました。

到着してお店に入ると、入ってすぐのところに私のPOSTCARDが、ひとつのコーナーとして置いてあります。
私が想像していた以上に、とても目立つところに設置してあり、凄く嬉しく思いました。
お店の方といろいろお話しましたが、お店の中で一番回転率が良く、看板商品になっているとのことで、本当に嬉しかったです。

お客さんの反応やリクエストなど、お店の方からいろいろ聞くことが出来て、とても貴重な情報を頂きました。
次回からの出荷分に活用していきたいと思います。

この河西喜昇堂さんのお店は、宝塚歌劇団のすぐ近くにあり、とってもオシャレな町並みの中にあります。
お客様の大半が宝塚歌劇団を見に来たお客様のようで、やはり女性客が圧倒的に多いようです。
私のPOSTCARDもリピーターが多いようで、宝塚歌劇団を見に来た方が、リピーターになっているようでした。

今回は家族で来ていたので、近くにある「手塚治虫記念館」によって行くことにしました。
手塚治虫さんって宝塚の出身だったのですね。知りませんでした。
記念館には手塚治虫氏の生い立ちの写真から、小学校時代に描いたマンガ、そしてプロとして描いた数々の作品が展示されていました。
やっぱり後世に名を残す人って違いますね。凄いです。

鉄腕アトム・ブラックジャック・三ツ目が通る・ジャングル大帝レオ・火の鳥・リボンの騎士etc数え上げたらきりがないくらい、作品の数々が並んでいます。
他にも知らない作品が本当に多数有り、いったいこの人は生涯にどれだけの作品を描いたのだろう?と驚きと尊敬のまなざしで見ていました。

建物は地下一階、上2階の合計3階建になっていて、一番上はグッズ売り場やマンガが読めるスペースもありました。
そして地下には、アニメーションの体験スペースがあり、自分で紙に描いたマンガをスタッフの方が読み込んで、簡単なアニメーションを体験することができます。
息子も訳がわからないまま、言われるまま席に座り紙を手渡されました。
「何でも好きな物を描いてね」というスタッフの言葉に、逆に何を描いていいのか戸惑う息子。
私が「ロボット描いてごらん」と言うとようやく真っ白な紙にロボットを描き始めました。
1枚目に描いて、2枚目の紙を上からかぶせ、下からのライトの光で透けたところを、なぞりながら動かしたい部分を変えて描きます。

スタッフの方に取り込んで頂いて、自分の描いたロボットが画面に出てきて、簡単ながらも動いていることに息子は大喜び。
私達が子供の頃に、教科書の隅っこに描いたぱらぱらマンガの原形ですね。
きっと息子もその内に教科書の隅っこに、ぱらぱらマンガを描くのでしょうね。

久々の遠出で、ちょっと運転疲れしましたが、とても貴重な情報を得て、そして手塚治虫記念館でパワーを貰って帰って来ました。
今日の収穫を明日からの作品作りにいかしていきたいと思います。

060708.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年06月26日

グッズを増やしたい

毎月、ポストカードの委託販売をお願いしている、河西喜昇堂さんに先日電話を入れた。
来月分のポストカードを発送する旨の連絡です。
今月は先月のような売り上げは無さそうですが、先月があまりに良過ぎたので普通くらいのようです。
何しろ先月は目標にしていた納品の半分以上を売り上げることが出来ました。
本当にお買い求め頂く方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。

もう2年近く販売させて頂いていますが、未だに市販のはがき用紙にプリントした物ですので、そろそろオフセット印刷に移行したいと考え、先日「バナナムーン」と「クジラの夢」をオフセット印刷に出しました。
やはり良いですね〜色の鮮やかさはプリント出力ほどではありませんが、何より紙が厚くしっかりしているので、高級感があります。
今後、徐々にオフセット印刷に切り替えていきたいと思います。

しかし、やはり問題は大量印刷と金額(^^;)
大量に印刷しないと1枚あたりのコストが高くなりますし、大量に印刷した分だけ売っていかないといけません。
いろいろと他にもポストカードを売って頂けそうなところを探しているのですが、やはり個人を相手にしてくれるところは少ないですね。
まぁ〜めげずに頑張っていきたいです。

でも一つ嬉しい話がありました。
先月、河西喜昇堂さんでポストカードと共に、バナナムーンのレターセットを試しに置かせて頂きました。
islandサイトのShopではネット販売していますが、実際の店舗では出したことがありません。
こちらもプリント出力による、手作り感のレターセットなので、どんな反応があるか試しに置いて頂きました。
あえて値段を言わずに、お店の方に判断して頂いて置いて頂いたところ、1セットご購入頂けたようなのです。それも私がネット販売している価格よりも高く売れたらしいのです。
う〜ご購入頂いた方、本当にありがとうございますm(__)m

お店の方と、いろいろお話をさせて頂きましたが、やはりっちー君の人気が高いそうなので、りっちー君のレターセットも作って欲しいと言われました。
また、りっちー君の犬バージョンがあるといいとも言われました。
犬好きな人から「りっちー君のような犬の絵が欲しい」と言われるらしいのです。

このアニマルイラストのポストカードは、私が好きで描いたイラストをポストカードにしていますが、お客様のニーズに合わせて、私自身がキャラクターを描いていくのも必要なことだなぁ〜と感じました。
レターセットは他のお客様からも、違うシリーズが欲しいと言われていますし、レターセットに限らず、いろんな物をグッズ化していきたいです。

今までもTシャツやマグカップ、時計などいろんな物を作ってみました。
どれも手作りの域を出ませんが、少しずつ商品化に向けて頑張っていきたいと思います。
まずはポストカードの売れ行き、そして委託販売店を増やすこと、そしてお客様のニーズに合うグッズを作れていけたらいいなぁ〜と思います。
もし、お店をされている方、もしくはお店のお知り合いの方、置いて頂けそうなお店をご存知の方、おられましたら連絡頂けると嬉しいですm(__)m

060626-1.jpg

060626-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | アート

2006年06月02日

盗作疑惑問題に思う

今テレビでも騒がれている盗作問題。
そう、芸術選奨で文部科学大臣賞を受賞した、洋画家の和田義彦氏の問題です。
質は違えど同じ絵を描く人間として、とても驚きと不快感を持って見ています。

当初、この問題が取り上げられた時、「似た構図やレイアウトの絵は有りうるよな」と、思っておりました。
しかしイタリア人画家のアルベルト・スギ氏の絵と、和田氏の絵を並べて見た時、「これを盗作と言わず何と言うのだろう」とあっけにとられました。
構図が似ているというレベルではなく、明らかに同じ絵でしかありません。しかも1点じゃなく、30点ほど同じ絵があるという、何故にこんなことをしてしまったのでしょうか。

和田氏の言い分としては、同じ構図同じモチーフで絵を描いても、画材や画家の筆運びで違う絵になる。と言うのですが、あまりにも苦しい言い訳にしか聞こえません。
絵を描くというのは、見たものをそのまま描くのではなく、そこに描く者の思い、メッセージが込められています。
例え同じ風景を見て絵を描いたとしても、自ずと違う絵になってくるはずです。
しかし今回の盗作問題は、あまりにも絵が同じ過ぎます。

和田氏がアルベルト・スギ氏の絵を参考にして描いたことを、予め発表していたのならまだしも、完全に自分のオリジナル作品として発表しています。
いくら画材が違い、多少の色合いが違おうが、素人が見ても同じ絵であることは一目瞭然です。
音楽で例えるのなら、楽譜を見てギターのパートをピアノで演奏し、他のパートも多少変えてテンポやキーを変えて、オリジナル曲として発表しているのと同じことです。

何故和田氏がこのようなことをしたのか解りません。
自分の作品として発表することに恥じらいや戸惑いはなかったのでしょうか?
確かに作品を真似ることはとても勉強になり、それ自体は悪いことではありません。
しかしそれを自分の作品として発表するのは、完全な盗作行為です。

絵を描くのって、真っ白な状態からイメージして、自分の好きなように空間を作り出していけるのが楽しいことだと思うのですが、和田氏はそうじゃなかったのでしょうか。
自分の非を認め反省し、今後は本当の意味での自分の作品を描いてほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年05月31日

POSTCARDの売れ行き

今月も今日で終わりです。明日からは6月なんですね。ホント速いですね。
毎月月末になると、カレンダーのダウンロードデータのアップに追われますが、もう一つ急ぐのがPOSTCARDの発送です。
現在販売して頂いている「株式会社河西喜昇堂」さんにPOSTCARDを発送するのが月末です。

月末といってもギリギリでは困るので、なるべく早めに送るようにしていますが、やはりどうしても29・30当たりに届けるのが精いっぱいのことが多いです。
毎月送る日に「本日発送します」と電話を入れるのですが、今月は29日の月曜日に発送しました。
電話を入れると「あぁ〜良かったです。今月は早めに送って下さいってお願いしようかと思っていたところです。」と言われました。
聞くと売れ行きが良いようで、品薄になってきていたようです。いや〜嬉しいことです。

販売をお願いしてから、もう1年半になります。
最初は売れるか解らないので、テスト販売的に置かせて頂いていたのですが、こんなに長い間販売させて頂いているなんて本当に嬉しいことです。
月によって波があるのですが、今まで売れた時は180枚程売れた時もありました。
逆に売れなかった月は40枚くらいの時もあります。宝塚駅の通りなので、やはり宝塚歌劇の公演が少ない時には客足も減り、売り上げも下がる傾向にあるようです。

今日、売れ残りのPOSTCARDを送り届けて頂いたのですが、売り上げ数を見てビックリ。
何と今までの最高売り上げを上回る212枚という数でした。
やった〜ついに納品の半分以上の売り上げ枚数が出ました。
毎月400枚納品して、大体三分の一程売れて、残りは返却されていました。
今回はついに半分以上が売れたのです。本当に嬉しいですね。
お買い求め頂いた方々、そしてリピーターとしてお買い求め頂いている方々、本当にありがとうございます。

お店の方も精力的に販売して頂いて、毎回送り返して頂く伝票に、コメントを書いて下さっています。
今回のコメントに「りっちー君かなり人気者です」と書かれていました。
時々別注でりっちー君のPOSTCARDを購入される方もいるようで、「他のバージョンもお願いします。」と書かれていました。
りっちー君シリーズは、今まで5作品ありますが、まだまだいろんなバージョンを描く予定です。

まだまだ描きたい動物も風景も沢山あります。
どんどん描いて、またりっちー君もどんどんシリーズを増やしていきたいですね。
そしてそろそろPOSTCARDもオフセット印刷に切り替えていきたいです。
一気に全部は無理なので、少しずつ切り替えていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2006年05月26日

ぱ〜ぷるに掲載

奈良県在住の方ならご存じかと思いますが、奈良の情報誌「ぱ〜ぷる」ってありますよね。
そのぱぱ〜ぷるに、私のイラスト「バナナムーン」が掲載されました。
ぱ〜ぷるの中に「アートのじかん」というページがあり、毎回奈良のアーティストの紹介をしています。
昨年の秋くらいに応募していたのですが、ようやく順番が回ってきたようです。
奈良で活動しているアーティストって沢山いるんですね。

しかし待った甲斐があり、今回はぱ〜ぷる100号という記念すべき号に掲載されました。
やっぱり自分のイラストが、誌面に載るのって嬉しいですね。
奈良県以外の方はご覧戴けませんが、奈良県在住の方、ぱ〜ぷるを見たら是非「アートの時間」のページ見てくださいね。17ページです。

こうやって印刷された本の一ページにイラストが載っていると、やっぱり作品集を出してみたくなりますね。
現在描いているアニマルイラストは、先日描いたもので67作品です。
頑張って100作品描いて、それを作品集にしてみたいですね。作品だけで100ページあるってことですからね。
残り33作品です。ひと月2作品描いたとして、一年で24作品、約1年半ですね。
それまでに出版費用ためておかねば(^^;)

060525-1.jpg

060525-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2006年04月23日

出版記念展始まる

現在、東京・銀座にある「ARTBOXギャラリー」にて、illustrator's Fileの出版記念展が開催されています。
私のイラストもこのillustrator's Fileに掲載し、この記念展にも出展させて頂いています。
会期が前半・後半に分かれていて、私は後半なので明日から展示させて頂きます。

会期は4/24(月)〜4/29(土)まで、時間は11:00〜18:30(29日は15:00まで)です。
入場無料ですので、お時間のある方は足を運んで頂ければ幸いです。
私はイラスト「バナナムーン」と「春の香り陽」の2点を出展し、どちらも販売も行っています。
また、作者プロフィールのファイルも展示していますので、私の素顔を見たいという勇気のある方は是非どうぞ(笑)

ファイルの中には昨年同様、ポストカードのプレゼントも入っていますので、お一人様一枚限りですが、お好きな物をお持ち帰り頂けます。
一応15種類程の物を2枚ずつ入れましたが、早い者勝ちです。(早々無くならないと思いますけど^^;)

昨年は記念パーティにも足を運んだのですが、今回は残念ながら上京できませんでした。
せめて私の作品だけでも、多くの方とお会いできることを願っております。
もし、足を運んで頂いた方がおられましたら、また感想など教えて頂けると嬉しいです。

詳細はこちら
案内 http://www.artbox-int.co.jp/gallery/
地図 http://www.artbox-int.co.jp/map.html

060410-2.jpg

060423-1.jpg>

060423-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2006年04月10日

illustrator's File掲載

昨年に引き続き、今年もARTBOXのNew illustrator's Fileが出版され、私のイラストも掲載しています。
そろそろ本屋さんにも置いている頃だろうか?
しかし、大きめの書店で、しかもアート関連の本を扱っているところでないと見つけられないかも。
もし本屋さんで見かけたら、手に取ってめくってみて下さいね。
私は360・361ページに掲載されています。

060410-2.jpg

今年も出版を記念して「出版記念展」が開催されます。
こちらにも出展致しますので、関東方面の方、お近くの方、たまたまその期間に関東方面にお越しの方、お時間ありましたら出版記念展にお越し頂けると嬉しいです。

昨年は出版記念パーティに出席して、いろんな方とお会いできたのですが、今年は残念ながら上京できそうにありません。
せめて作品だけでも・・・・と思い出展を希望致しました。
前期と後期に別れており、私は後期の4月24日(月)〜4月29日(土)に出展致します。
時間は11:00〜18:30です。(29日の最終日は15:00まで)

A3サイズの作品2点と、作品ファイルを出展致します。
昨年同様POSTCARDのプレゼントも行う予定にしています。(お一人様一枚ずつお持ち帰り頂けます。ただし無くなり次第終了。早い者勝ちです^^;)
DMご希望の方はislandサイトのメールフォームから「DM希望」と連絡下さい。DMを送らせて頂きます。
http://www3.kcn.ne.jp/%7Eisland/
060410-1.jpg

さてぼちぼち出展用の準備をしなくては。
はぁ〜〜東京行きたかったなぁ〜〜(TT)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年03月08日

そろそろ出版!?

昨年の今ごろに、ARTBOXさんから出版された「illustrator's File」という、イラストレーターを紹介する本に掲載させて頂きました。
そして今年もまた出版されます。私も数多くのイラストレーターの方々に紛れて、お邪魔させて頂くことになっております。
出版はもう少し先だと思いますが、もし本屋さんなどで見かけたら、手に取って見てくださいね。

さて、昨年はそのillustrator's Fileの出版記念展で、作品を出展させて頂き、出版記念パーティーにも足を運びました。
お陰で今までネットでしかお会いしたことが無い方々と、実際にお会いすることができ、また出版記念パーティーで素敵なアーティスト仲間ができました。
今年も是非・・・・と思っていたのですが、誠に残念ながらスケジュールが合わず、出版記念パーティーには行けません。
楽しみにしていたのですが、本当に残念です(T_T)
出版記念展には作品2点と、作品ファイルを出展する予定ですので、お近くの方は足を運んで頂ければ幸いです。

しかし昨年も同様に思ったのですが、多くのイラストレーターの方々の作品に混じって、私の作品なんかが載っていていいのか・・・って思ってしまいます。
好きでここまで描いてきましたが、まだ「イラストレーター」と名乗るには何か照れがありますね。
グラフィックデザインをず〜っとやって来たので、どうしても「グラフィックデザインしながらイラストも描いてます」と、おまけのような表現になってしまいます。
でもサイトは完全にイラストがメインになってきてますけどね(笑)

私自身はデザインもイラストも絵本も、何でもできることはやっていきたいと思っています。
まぁ全部好きでやっていることなので、どれか一つに絞る必要もないと思います。
今年は出版記念展パーティーには出席できませんが、出版されるillustrator's Fileを見て、たくさんのイラストレーターの作品に刺激を受けたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2006年02月21日

新作進まず

なかなか思うように進みません。
現在新作を制作中です。頭の中ではイメージできていて、とんとんと進めたいのですが、データが思うようについてきてくれません。

今回は春のイラストを制作しているのすが、細部にこだわり過ぎているためか、データがかなり重くなっています。
illustratorで表現するには無理がきているのかも知れません。
動作も遅いし保存も時間がかかる。
調子よく進んでいる時に限って、突然アプリが落ちるし(T_T)

今までも細部にこだわって描いてきたイラストありますが、こんなにデータ重くはならなかったと思うのですが。
う〜ん、何だろうな?どうもここんとこデータに嫌われているかな(笑)
デジタルで絵を描くのって、便利な反面、こんな風にイメージ通りに制作が進まないとイライラしてしまいます。
アナログで描く場合は、調子がのってくるとどんどん筆が進むのですが、デジタルは時として今回のようなことが起こります。

今まで描いた作品も、なかなか思うように筆が進まず・・・いや、Macが動かず苦労した物もあります。
今回は今までの中で一番手間取っているかも知れません。途中にシステムぶっ飛び事件もあったし。
現段階でようやく6〜7割出来た状態です。
明日〜明後日には何とか完成させたいと思っているのですが・・・・。
あと一点も頭の中ではイメージ出来ているので、早く取り掛かりたいのです。

さてあともう少し頑張りますかね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年12月18日

インターナショナル ランプワークフェスタへ

今日は神戸へと出かけて来ました。
本当は午前中の時間帯に出かけるつもりが・・・・・昨夜の飲み過ぎで起きたのがお昼(@o@;)
お昼過ぎに家を出て、高速飛ばして、何とか一時間弱で到着しました。

向かった先は六甲アイランドの神戸ファッションマート。
ここで開催されている「インターナショナル ランプワークフェスタ」へ行くためです。
実は私の中学校時代の同級生が、鹿児島でとんぼ玉の作家をしていまして、現在このインターナショナル ランプワークに出展しているのです。

5年前の同窓会以来会っていないのですが、お互いネットを通じていろいろと情報交換していましたので、今回は是非・・・と思い足を運びました。
まず会場に入って驚いたのが、出展している方の多さと、作品のレベルの高さ。
私はとんぼ玉やランプワークは全くの無知ですが、どれもこれも「どうやったらこんな物が創れるのだろう?」と思える作品ばかりでした。

ところで私の同級生はどこじゃぁ〜〜〜と見渡すも、あまりに人が多いのでさっぱり解りません。
すると嫁さんが、出展者のリストが載っている会場図を見つけ、ようやく場所を確認。
久々の再会でしたが、何故か久々の感じがしない(笑)
やはりネットでお互いの情報などを解っているので、そんな気がしないのかも知れないですね。
でも、やっぱり実際に会って話しすると嬉しいものです。

お互いの近況のことや、同窓会の事などいろいろ話しました。
お客さんも沢山来られるので、あまり邪魔にならない程度で、久々の再会を楽しんできました。
そして改めて、彼女の創るとんぼ玉の凄さに感動して帰りました。
興味のある方は、是非サイトに足を運んでみて下さいね。
http://www4.ocn.ne.jp/%7Ebiitama/

その後、夕食をとるために、久しぶりにハーバーランドのモザイクへと向かいました。
ちょうどクリスマスの時期です。モザイクに向かう道の両わきの街路樹全てに、電飾が飾られていて、まるで光のアーチを走っているようでした。
そしてモザイクの中も、もうクリスマス一色です。
中でもブルーのクリスマスツリーがあって、とてもキレイでした。
風が冷たく本当に寒い中でしたが、大勢の人がこのクリスマスツリーの前で記念撮影していました。

夕食を食べて、ウインドウショッピングを楽しんで、帰ろうとしましたが、子供が「観覧車に乗りたい」ということで、観覧車に乗ってから帰ることにしました。
観覧車の中から、神戸の夜景を楽しんで、子供も私達も満足して帰ってきました。
帰る途中、高速の乗り口から、ちょうどルミナリエの会場が見えて、とてもキレイでした。
後続車がいなかったので、ゆっくりと走りながら、遠めにルミナリエも楽しむことができました。

大寒波の中で本当に寒い一日でしたが、同級生と久々に再会して、彼女の作品を見てその頑張りに私もパワーをもらいました。
寒さも吹き飛ばすほどの、暖かい気持ちと情熱を貰い、そしてモザイクではクリスマスを間近に、家族連れやカップルの幸せそうな雰囲気の中、私達も寒さも忘れて楽しむことができました。

051218-1.jpg
同級生の作品の数々

051218-2.jpg
みごとなとんぼ玉

051218-3.jpg
いったいどうすればこんな玉が創れるのだろう?

051218-4.jpg
記念撮影 右から同級生の「とんぼ玉 美玉舎の るりさん」中央が私。左がご一緒されていた「シャンソン娘。さん」

051218-5.jpg
モザイクのクリスマスツリー
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2005年12月09日

イラストを振り返ってみて

う〜ん、やばいなぁ〜。
月2作品の目標、今月はまだ全然手がつけられません(^^;)
頭の中にイメージがあって、早く形にしたいのですが、なかなか時間がとれません。

ただでさえ慌ただしい師走ですからね。なるべく前半の内に描きたいのですが・・・・。
週末あたりに時間をとって描いてみようかな。
そろそろ大掃除もやり始めないと、暮れになってからでは手が回りません。

私が現在描いている、アニマルシリーズは本格的に描き始めてから、ちょうど丸2年になります。
独立して間も無い頃で、自分の作風をどのような表現にするか悩んでいた時期でした。
ネットでいろんな方のサイトを見て回って、参考にしていた時、偶然見つけたページにくぎ付けになりました。
一年くらい前のつぶやきでも書いたことがあるのですが、梅川紀美子さんというイラストレーターの方です。
そのイラストを見た時に「自分の描きたいイラスト」とダブって見えた気がしました。

それからと言うもの、ちょこちょこサイトを覗いては、刺激を貰っていきました。
そしてその頃に描いたのが「雪だるまハウス」でした。自分の気持ちに正直に、素直な表現で描きたいように描いたのです。
ちょうど今頃の時期でしたから、描いた絵を家に飾っていたのですが、我が家でクリスマスパーティーをすることになり、嫁さんの後輩達が遊びに来た時でした。
その中の一人が、この「雪だるまハウス」を見て「この絵どうしたんですか?」と聞いてきたので、「え?いや描いたんだけど」と言うと、凄く驚いて「え〜欲しいぃ〜」と言ったのです。
その時は社交辞令だと思っていたのですが、後日再び嫁さんに「絵が欲しい」と伝えてきたのでした。

私も嬉しくてつい、その絵をプレゼントしました。
そして「他にももっと見たい」という要望に応えて、いろいろと描き始めたのです。
私の代表作的な存在になっている「バナナムーン」も、その方の「ゾウのイラストが欲しい」というリクエストから生まれた作品です。
どんどん描いて、ホームページでもどんどんアップする内に、少しずつ意見や感想を頂くようになりました。

絵を描くのは、誰かの為では無いのですが、やはり見てくれる人がいる。楽しみにしてくれる人がいる。と思うと、絵を描くパワーは全然違ってきます。
この2年間で、これだけの作品を描き続けてこれたのも、周りで、そしてネットで、私の絵を応援してくれた皆様のお陰だと思います。

そんな訳で、今月の目標も頑張って達成させたいと思っています。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

最後になりましたが、私がとっても刺激を受けた「梅川紀美子さん」のサイトも、是非覗いてみて下さい。
とっても暖かくて、そして懐しい感じのするイラストです。
http://www.umenyan.com/index.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | アート

2005年11月14日

若き才能

私は自分のサイトの他に、同級生とコミュニケーションをはかるためのサイトも管理しています。
遠く離れた同級生と、それぞれコミュニケーションがはかれることで、故郷の奄美大島の状況や、東京の同級生の近況等も解ったりして、とても楽しく管理しています。

私の絵本の出版が決まった時も、皆とても喜んでくれて、いろいろと宣伝してくれたりしていました。
そして二週間ほど前のことなのですが、「娘が県立図書館主催の創作童話コンクールで最優秀賞を受賞した」という書き込みがありました。
新聞に掲載されていたようで、当の本人は知らされていなかったようで、親子共々ビックリしたようです。
しかし、とてもHappyな話題に、私も含め、皆が受賞を心から喜んでいました。

そして、そこに別の同級生が、私がその文章に絵をつけて絵本にできたら・・・。みたいな書き込みをしていたので、私も「面白そうだから出来たらやってみたいね」と返事をしました。
当の受賞の母親同級生は、嬉しいやら恥ずかしいやらで、照れている様子でした。
「機会があれば、是非その原稿見せてね〜」と、言っていたのですが、本日POSTに届いていました。

早速読ませてもらいましたが、予想以上の出来にビックリ。
中学3年生が書いたとは思えない、とてもよく出来たストーリーでした。
同級生は同封された手紙に「絵にするのは難しいと思う」と書いてありましたが、私は文章を読みながら、頭の中にイメージがどんどん広がっていきました。
文章読んでイメージがすぐに広がるというのは、やはり文章がとても良いという証拠だと思います。

けっこうボリュームがありますので、文章半分・絵半分くらいで、構成するといい感じの本にできるかも知れません。
いつか形にしてみたいと思います。
まだまだ、自分の絵本が出来ていないので、ちょっと先の話しになると思いますが、それまでにじっくり自分の頭の中で、絵を煮詰めていきたいと思います。

それにしても、この娘さんには、これからも頑張ってほしいですね。
賞を受賞して終わりではなく、どんどん新しい作品にチャレンジしてほしいと思います。
若き才能にちょっとビックリし、刺激され、私も頑張ろうとエネルギーをもらった一日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年11月07日

落ち葉のオブジェ

寒暖の差が激しくなってきて、街の木々も色づき始めました。
すっかり晩秋になりましたね。
それでも今日は比較的暖かい一日でした。

本日は嫁さんが休みのため、子供も託児所お休みしていました。
しばらくは家でおとなしく遊んでいたのですが、やはり体力を持て余していたのでしょう。
3時頃から外に遊びに行きたくてウズウズしていました。
仕方ないので、私の仕事が一段落してから、自転車転がして近くの公園までお散歩。
そしてお決まりのようにキャッチボール・・・・と、言ってもまだまだ転がっているボールを取るのが精一杯の我が子でしたが、それなりに一生懸命取っていました。

ふと公園の回りを見渡すと、すでに紅葉が始まっていて、かなりの落ち葉が地面のキャンバスを染めていました。
キャッチボールが終わると、今度は子供と二人で落ち葉拾いです。
形の綺麗な葉っぱ、面白い葉っぱ、色の綺麗な葉っぱ。いろいろ集めて自転車のカゴに入れて帰りました。
別に何をしようと決めて拾った訳ではなく、何となく拾ってそのまま持ち帰ってきました。

しかし、そのままゴミにしてしまうのも可愛そうなので、拾ってきた落ち葉の中からチョイスして、フォトスタンドの中に入れて飾ることにしました。
一つはウッドフレームのフォトスタンドに、白バックの紙に落ち葉が映えるように。
もう一つは、透明アクリルのフォトスタンドに、落ち葉が引き立つように、黒の和紙をちぎって挟みました。

それにしても、落ち葉って本当にいろんな形や、いろんな色があって見ているだけでも楽しいですね。
しばらく玄関に飾って深まりゆく秋を堪能したいと思います。

051107.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | アート

2005年10月23日

学園祭に行ってきた

今日はちょっとお出かけしてきました。それも行き先は学校です。
学校は学校でも奈良芸術短期大学の学園祭に行って来ました。

実は印刷会社勤務時代の、後輩デザイナーがこの学校の出身で、尚且つ現在この学校の臨時の職員なのです。
「学園祭があるので遊びに来ませんか」ということで、家族揃ってお出かけして来ました。

着いたのがお昼過ぎていたので、まずは腹ごしらえ。
いろんな模擬店があったので、いろいろ食べました。

その後は、後輩の案内で各学科の作品展示へと足を運びました。
日本画や映像学科、そして私の仕事に最も近い、グラフィックデザインとイラストレーター学科。
グラフィックデザインは、仕事柄最も気になる物だったので、一つ一つゆっくりと見て回りました。

それぞれに課題があるようで、環境問題や子供の教育問題、動物愛護問題等を、ポスターでいろいろと表現していました。
「なるほど、こんな表現があるか」と思ったり、「もうちょっとこんな風に表現したらいいのに」と、ちょっと意地悪な見方をしたり・・・でも、皆一生懸命取り組んでいるのが伝わってきて、未来のグラフィックデザイナー達の躍動感を感じました。

そしてイラストレーター学科では、個性的なイラストやアニメーション、そして絵本も展示されていて、とても興味深く拝見して来ました。
コンピュータグラフィック作品から、水彩画まで多種多様な作品が沢山並んでいて、とてもいい刺激になりました。

絵本もいくつかあって、なかなか面白い物もありました。
入り口でアンケート用紙を渡されたので、おせっかいにも「こんな風にしたらもっと面白いかも」と絵本の感想を書いて入れてきました。

私は高校までも奄美で過ごし、このような芸術学校が近隣に無かったことと、家が貧しかったこともあり、高校卒業後は働くのが当然と思っていました。
卒業後就職して、お金の為働く内に「仕事のやりがい・夢」という事を考えるようになり、結局途中で進路変更して現在の仕事に繋がっています。

本来はこのような芸術学校を卒業して、学んだことをベースに仕事でさらにレベルアップしていくのでしょうが、私にはこのような学歴が全くありません。
よく「どんな学校に通ったのですか?」と聞かれるのですが、その度に「いえどこも通っていないんです」と申し訳なく答えています。
何も学歴が全てでは無いのですが、やはり若い内にこのような事を、学べる環境というのは本当に羨ましいと思いました。

毎年、このような学校から、多くのクリエイターの卵が誕生して、日本のクリエイト業界を活性化させているのでしょうね。
私も若いクリエイターの方々のパワーをもらって、自分の作品創りに活かしていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年07月09日

Tシャツ案

現在Tシャツを頼まれていて、ようやく制作にとりかかっている。
以前見つけた新しいタイプのアイロンプリントが、どれくらいの耐久性があるのか試すためにも、Tシャツを余分に注文し、子供の分も作ることにしました。

以前も子供の分を2〜3枚作って、使用しているのですが、何せ子供のTシャツですから、汚れが早く何度も洗濯をするうちに、アイロンシートが割れてきて、今ではかなりボロボロの状態です。
それでも着させておりますけどネ(^^;)

いつもネットでTシャツを注文するのですが、久々に注文をするためにアクセスすると、Tシャツの販売と合わせて、Tシャツプリントの注文も開始していました。
シルクスクリーン印刷なので、現在制作しているようなフルカラーのTシャツは作れませんが、1色のTシャツを作るなら結構お得かも知れません。
そう考えて、試しにバナナムーンの1色バージョンTシャツを考えてみました。
やはりカラーのイラストを、1色で表現するとなると、いろいろ考えてレイアウトをしなくてはならないですね。
色で表現するのではなく、線で表現しなくてはならないので、かなり難しいです。

今回のTシャツは、今までとおりアイロンプリントで、フルカラーのTシャツにしますが、今後この1色デザインも増やしてみたいです。
シルクスクリーン印刷なので、洗濯による劣化が少ないし、大量に制作すればコスト的にもお得です。
大量に制作して残るのも問題ですけどね(^^;)

でも、多少コスト高でも、一度この1色Tシャツ作ってみたいですね。
どんな仕上りなのか、どれくらいの耐久性なのか見てみたいです。

※1枚目は1色用デザイン、2枚目はアイロンプリント用カラーデザイン

050709-1.jpg

050709-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | アート

2005年06月13日

実物がやはり良い!

先日、islandの常連さんである「_^.^_咲さん」のところで、カウントプレゼントのニアピン賞をゲットしました。
今までも何度かチャレンジしていましたが、どういうわけかいつもニアピンで、涙をのんでいたのですが、今回はそのニアピンでも商品をつけて頂いて、ニアピン賞ゲットとなりました。

これで3連続ニアピンだったのではないかな。
今回のニアピン賞は、私のために設定して頂いたようなものだ(笑)

そして本日、商品のコースターが届きました(^o^)
エコクラフトという物で作ってあるのですが、これがまた細かい作業で作られています。
エコバンドとよばれる物を、編むように組み合わせて形を作っているのですが、どうなっているのか、目で追ううちに阿弥陀クジみたいになって、訳わからないことになってしまいました(笑)
早速使わせて頂いています。_^.^_咲さん、ありがとうございますm(__)m

しかし今回感じたことは、「実物を見るのはいいことだ」ということですね。
_^.^_咲さんの作品は、ネット上ではず〜〜〜っと見てきましたが、実物を見たのは初めてでした。モニタに映し出される作品からでは解らない、「温もり・繊細さ」が伝わってきて、しばらく手に取って眺めていました。

今回の私の作品展でも、お越し頂いた方から同様の意見を頂きました。
Webで見るのと、あきらかに色合いが違い、「やっぱり生で見れて良かった〜」と皆さんがおっしゃって下さいました。

インターネットの普及で、どんなに遠くの方とも、コミュニケーションがとれたり、お互いの作品を見ることができるようになり、とても便利になりました。
しかし、やはり「生」が一番です。
実際にお会いして話すこともそうですし、実物の作品を拝見することも、やはり「生」で、自分の目で見て感じるのが一番ですね。

私は常々、ネットを通して、沢山の方の作品を拝見し、刺激を受け自分の作品制作への意欲へ繋げています。
機会があれば、そんな方々の作品を、生で見てみたいと、今回特に感じました。

最後に、もう一度お礼を。
_^.^_咲さん、素敵な素敵なコースターを、ありがとうございました。
私のために設けて頂いたような「ニアピン賞」。やはり私がゲットしました(笑)
大切に使わせて頂きます。これからもよろしくお願い致します。
_^.^_咲さんの作品を、まだご覧になった事がない方、とっても素敵な手づくり作品が満載です。一度ご覧下さい。(リンクページに載っています)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年06月05日

「一日だけの作品展」無事終了

無事終了しました〜(@o@)
昨夜は疲れ切って、つぶやくことも出来ず寝てしまいました。
得意のズルつぶやきしてます(^^;)

お越し頂いた方々、本当にありがとうございました。
たった一日だけの作品展に、50名程お越し頂きました。
家族連れや、ご夫婦の方は、代表で記名されている方がおられるので、実際は60名以上になると思います。
本当に大勢の方にお越し頂いて、感謝しても感謝しても足りないくらいでした。

ネット関係でお越し頂いた方が、約半数でした。
殆どの方が、初対面だったのですが、全くそんな雰囲気も無い和やかなひとときでした。

皆さん口々に「やっぱり実物はいいですね〜ネットで見るより綺麗です」とおっしゃって頂いて、とても嬉しかったです。
しかし、やはり一番人気は「バナナムーン」でしたね。
絵本の刊行が決定したこともあり、皆さんオリジナルのバナナムーン絵本を、じっくりと見て下さいました。

1Fがカフェになっていますので、皆さんお食事をしたり、お茶をしたりと、お店の中はオフ会・同窓会みたいな状態でした。
お店の方も一日大勢のお客さんで、てんてこ舞いだったようです(笑)

たった一日でしたが、本当に大勢の方にお越し頂いて、作品をご覧頂き、POSTCARDもご購入頂いて、楽しく会話して、本当に素晴らしい一日でした。
お客様の入りに波があって、超満員の時と、実に静かな時があり、ゆっくりとお話できない方もあり、申し訳ございませんでした。

また、次の作品展に向けて頑張っていきたいと思います。
お越し頂いた方々、残念ながらお越し頂けなかった方々、そして遠方よりエールを贈って下さった方々。本当にありがとうございました。
そして、祝花・差し入れ・お土産等、多数頂戴致しました。誠にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

今回の素晴らしい出会いを大切に、これからの活動のエネルギーとして頑張ります。
今度とも、変わらぬお付合いの程、よろしくお願い致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年06月04日

いよいよ明日です

はぁ〜、ようやく搬入して、一応レイアウト完了してきた(@@;)
予想以上に時間かかってしまいました。
明日朝、再度見直して、若干レイアウト修正せねば・・・。

当初は、スカスカになるかと予想していましたが、そうでもなかったです。って言うか、各イラストのコンセプトボード作ったので、逆にツメツメになってしまいました(^^;)
壁一面イラストだらけ〜みたいになってしまいました。

家族みんなで準備していたのですが、子供は途中で飽きてきて、下のカフェに勝手に降りて、いつの間にかお客さんと話をして、仲良くなっていました。
おまけに独楽夢館に置いてある、今回の「一日だけの作品展」のDMを見せて、「これお父さんがやるねん、今上で準備してんねん」と言って営業してました(笑)

私たちが帰ろうとした時、そのお客さんが「見せてもらえませんか?」とおっしゃって、覗いて帰りました。
独楽夢館じたいの閉店時間でしたので、ゆっくり見てもらえませんでしたが、とても喜んで頂きました。
「明日も時間があればお越し下さい」ということで、プロフィールだけお渡ししました。

いよいよ明日です。
当初は「オフ会みたいな軽〜いノリで〜」なんて思っていたのですが、「やるからにはしっかりやりたい」と思い、何とか準備して来ました。
やるだけのことはやったので、後は明日、お越し頂ける皆さんに、少しでも楽しんで、喜んで頂けるように、頑張るだけです。

それでは、明日お越し頂ける方。お待ちしております。
気をつけてお越し下さいませ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年05月28日

作品展準備中

ただいま、作品展の準備に向けて追い込み中です。
今回は一人で行いますので、会場が広く使える反面、広過ぎてスカスカになってしまいそう(^^;)
なにせ作品の数は、決まった数しかないし、どう見せるかがポイントになってきますね。

何とか来て頂ける方々に、少しでも楽しんで頂けるようなレイアウトを考えているのですが、予算&時間の都合で出来る範囲が限られてしまいます。
ご来場頂く方々、そんな訳で、あまり期待しないで下さいね〜(今の内から言い訳してます(笑))

今回はpencil-artさんからの助言で、作品をひとつ大判ポスターで出力することにしました。
以前からやってみたかったことの一つだったんですが、今回やるかちょっと迷っていたんですよね。pencil-artさんに後押しして頂く形で、実現に向けて進んでおります。

他にもいろいろ考えたのですが、やはり時間的に厳しいので、普通に作品展示する形になりそうです。
残りの作品は、自分でプリントしますので、A3サイズとA4サイズが数点になる予定です。

ポストカードはアニマルシリーズ全種類揃えます。
後はバナナムーンの絵本のオリジナル展示と、クジラの夢の絵本の展示&販売を予定しています。

しかし、今回大量にPOSTCARDプリントしていますが、やはりそろそろ自前でプリントするには、限界が来ていますね。
合計すると1,000枚以上プリントしていますから、かなりの労力使っています。
以前から印刷による大量生産を考えているのですが、こちらもなかなか実現できずにいます。

コスト的にも品質的にも、印刷機で大量印刷した方がいいのですが、そうなると本当に大量に印刷しなくてはなりません。
現在の販売状態では、大量に印刷して、大量に在庫を抱えることになってしまいます。
どこか、POSTCARDを販売して頂けるところを、あといくつか探さなくてはいけませんね。

残り1週間を切りましたので、ラストスパートで準備を頑張りたいと思います。
皆さん、最後まで出来ることを考えながら、準備を頑張りますので、お越し頂ける方は、あまり期待をせずに、軽い気持ちでお越し頂けると嬉しいです(^^;)
頑張りま〜す。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年05月23日

ペーパークラフト第2弾

昨日の日曜日のことなんですが、私は一日子供のペーパークラフト作りに、時間をとられてしまいました。
以前から消防車を作ってくれと、頼まれていて、休みの日に作る約束をしていたのです。

最初は2〜3時間もあれば、仕上るだろうと思っていました。
しかし、子供が作って欲しいと希望したのは、消防車の中でもはしご車。
ペーパークラフトのデータを見て、その複雑さに目まいがしました(@@;)

それでも3〜4時間あれば、仕上るだろうと思い作り始めたのですが、これがメチャクチャ大変。
以前作った電車や車・SL等は、プロの方が作ったぺーパクラフトで、切り込みの線や、折り曲げの線など、一目みれば解る作りでした。
しかし、今回のこの消防車のぺーパクラフトは、ネット上で見つけた物で、どうやら消防署職員が作っているようなのです。

ですから、作り方がいまひとつ把握しづらい上、出来上がりのイメージが無いので、どのパーツがどこにつくのかが全く解らない。
取り合えずパーツを切って揃えては、ひとつひとつ合わせてみながら作る作業の繰り返し。
気がつけば、丸々一日かかってしまいました。つ、疲れた〜、もう二度と作らないぞ〜(T_T)

ペーパークラフトを作りながら、ふと昔のことを思い出していました。
私が小学4年生の頃、テレビで見ていた「マジンガーZ」のおもちゃがありました。超合金ロボのマジンガーZで、近所の子供も持っていて、欲しくて欲しくてたまらなかったのですが、何分家がスーパー貧乏だったので、天地がひっくり返っても買ってもらえることはありませんでした。

どうしてもマジンガーZのロボットが欲しかった私がとった行動は・・・自分で作るという手段でした。
もちろん超合金ロボのような、金属の物は作れません。
厚紙を切って、ノリやホチキスを使って、形を作っていき、黒のマジックと赤のマジックで色を塗りました。
紙で作ったロボットでしたが、でき上がった時、とてもカッコよく見えて、自分で作っていながら感動したのを、今でも覚えています。

私が手先が器用になったのは、このスーパー貧乏のお陰だと思っています。
おもちゃを買ってもらった記憶は、皆無に等しく、自分が欲しい物は常に手づくりしていました。

そんな事を思い出しながら、ペーパークラフトを作っていて、本当は子供自身に作らせるのが一番いい。と思いましたが、大人でも作るのに四苦八苦しますので、絶対に無理です。
本当は子供にいろいろ作る楽しみを教えてあげたいのですが、現代はどこへ行ってもおもちゃが目に入り、子供はそれを欲しがります。

我が家では、なるべくおもちゃは買い与えないようにしています。
時々は買い与えますが、なんでもかんでも買うことは絶対にしません。
買い与えたら、いくらでも欲しがりますし、戦隊ヒーロー物などは、番組が終わればすぐに飽きてしまいますからね。

トミカやプラレール等の、流行りで終わらない物は、時々買い与えていますが、極力自分で作る楽しみを伝えたいと思っています。
以前に車のペーパークラフトを作らせたことがあるのですが、やはりまだ難しくて、上手に出来ずにすねてしまいました。
少しずつ、子供の成長に合わせて、いろいろと手づくりできる物を、一緒に作れたらいいな〜と思っています。

今回は、私一人の手づくり作業になってしまい、しかもメチャ時間がかかり大変でした。
正直、はしご車はもうゴメンです(確か前のSLの時も同じこと言ってた)

050523-1.jpg

050523-2.jpg

050523-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年05月16日

扱い上手な妻と子です

「一日だけの作品展」の告示をしてから、初めての方が「行かせて頂きます」とメールして下さったり、掲示板に書込み頂いて、オフ会みたいな軽〜〜〜〜い気持ちでやるつもりでしたが、何だか緊張してきました(^^;)

お越し頂くからには、ちょっとでも見ごたえのある作品展にしたいので、今から無い頭を使っていろいろ考えています。
しかし、時間が無いのでやれる事は限られていますので、出来る範囲で精一杯やりたいと思っています。

今日は嫁さんが休みで、子供も託児所お休みしていました。
朝からちょこちょこ私の邪魔をしに来ては、私がイライラして爆発する少し前に、サァーっと部屋を出ていきます。
最近は、子供の方が私の顔色を伺いながら、私にちょっかい出してくるので、私は不発弾状態です(笑)

嫁さんは朝から家事に追われていたのですが、仕事部屋にやってきて「お願いがあります」と言ってきた。
何のお願いかと思いきや、食卓の横の壁が寂しいので絵を飾りたいから、何か描いて欲しいというのです。

今あるイラストではイメージに合わないので、もっとシンプルなポスター風な物が欲しいということでした。
仕事柄、その辺のイラストは慣れているので、それならば・・・ということで、ひとつ描いて渡しました。

嫁さん的にも、まぁまぁ満足しているようでしたが、その後に一言。
「じゃぁ〜これから毎月違う絵にしてネ」・・・や、やられた(-_-;)
最初からそれが狙いだったな。

こんな風に、island家では、私をうまいこと手なずけている妻子です(笑)
子供は子供で、私にペーパークラフトの、パトカーや消防車を作ってもらうために、「今度お休みの時に、時間があったら作ってネ」と頼みます。

妻子にうまいこと乗せられて、ついつい作ってしまうのですが、まぁ私も好きでやっていることなので、喜んでくれるならいいでしょう。

写真は今回描いたポスターです。
周りはとても写せる状態じゃないので、一部分だけ撮影(笑)
たまにはこんなイラストも面白いですね。

050516-1.jpg

050516-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年04月24日

紙で出来た物

今日は日曜日、お天気も良く、みんなお休みということで、お出かけしたいところでしたが、残念ながらそうもいきません。
私は庭の草むしり。このところの暖かさで、一気に雑草が生えてきた。
嫁さんは部屋の中の掃除。そして子供は私と一緒に庭に出て、私の手伝いをするのかと思ったら、一生懸命虫探し(^^;)

やれダンゴムシがいただの、ミミズがいただの、カエルがいただの、トカゲがいただの・・・と次から次へと見つけていきます。
更にはまたもや蛇を発見。しかも昨日見つけた蛇と全く同じサイズ、同じ種類。
もしかしたら、この辺に蛇の産卵場所があって、孵化した蛇がうろついているのかも知れません。

昨日同様、ビニール袋に入れて置いておき、夕方に山に逃がしにいくつもりでしたが、気がつくとビニール袋から逃げ出していたようで、夕方にはいなくなっていました。
今年は蛇を見つける割合が高いのかもしれないですね。

そんなこんなで一日が終わりかけた夕方。子供が突然「電車作って〜」と言ってきた。
数日前から、休みの日にペーパークラフトのSLを作る約束をしていたのを思い出したらしい。私としては忘れていて欲しかったのだが・・・・(-_-;)

このペーパークラフト、ARTBOXのイラストレーターズファイル出版記念パーティで、お知り合いになった造形作家の千葉さんの、サイトでダウンロードすることが出来るのです。
ダウンロードした物を、ちょっと厚めの紙にプリントアウトして、キレイに切って糊で貼ると、紙で車やら電車ができ上がるのです。

今回作った物は、千葉さんの制作された物ではありませんでしたが、JRのサイトからダウンロードすることが出来ました。
数日前に作りかけたのですが、時間がかかり、仕事が詰まっていたので、「休みの日に作る」と約束して、放置していたのでした。

しかし子供が覚えていたので、仕方なくまた作り始めることにしました。
最初は「1〜2時間もあれば出来るだろう」と思っていたのですが、パーツが結構多いのと、構造が複雑なのと重なり、結構時間がかかってしまいました。

もう子供は完成する前に寝てしまいました。私も肩がパンパンです。
ただでさえ、昼間の草むしりで疲れていると言うのに、さらに追い討ちをかけてしまった。
も、もうしばらくは作らないからなぁ〜(@@)
作るならもっと簡単な車とかにしてくれ〜SLはご勘弁を〜

しかし、紙でここまでの物を作る、いや作れるように設計し、展開図にしてしまうというのは、いったいどんな頭しているのでしょう。凄いとしか言葉がありません。
興味のある方は、一度千葉さんのページをご覧下さいね。面白いですよ〜。

050424-1.jpg

050424-2.jpg

050424-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年04月14日

記念展お礼

私が奄美に帰省している間に、ARTBOXさんから荷物が届いていた。
中身は記念展の時に展示してあった作品ファイル。
ファイルの最後の部分に、POSTCARDを入れて「お1人様一枚お持ち帰り下さい」と記しておいたのだが、結構枚数が減っていて嬉しかったです。

今回、同級生や知人・友人にDMを発送していたが、たくさんの人が足を運んでくれたようで、本当に感謝しています。
イラストレーターズファイル出版記念展に足を運んで頂き、誠にありがとうございました。改めましてお礼申し上げます。

今回私の作品が売れたのですが、私の絵を購入してくれたのも同級生でした。
ARTBOXさんから返却されたファイルと一緒に、完売報告の書類が入っており、名前を見ると同級生の名前でした。
本日お礼の電話を入れましたが、じつに久しぶりの会話でした。
彼と最後に会ったのは、もうかれこれ10年以上前になると思います。

同じ町内で、家も数十メートルしか離れていないのですが、なかなか連絡を取り合っていないのと、帰る時期が合わないのとで、長いこと顔を合わせていません。
今回の記念展にも、29日に来てくれたのですが、私が帰った次の日で会えませんでした。

私の絵を見て、一目で気に入って3点とも買い上げてくれたらしいです。
早速家の中に飾ってあるようで、自分の絵が、同級生の家に飾られていると思うと、何とも嬉しいような恥ずかしいような、不思議な感覚です。

電話で話していて、彼自身も動物が大好きで、いろいろ動物を飼っているらしいです。
これからも、もっといろんな動物を描いて欲しいと頼まれました。もちろん動物シリーズは、今後も様々な動物を、様々なシーンで描いていきたいと思っています。

今回、同級生や知人・友人をはじめ、ネットでお知り合いになった方々、そしてARTBOXさんのパーティでお知り合いになった方々。
たくさんの方々から、エネルギーを戴いた気がします。
改めてお礼を申し上げるとともに、今後も頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

さぁ、次はいよいよ「バナナムーン絵本」の出版準備ですね。
本日ARTBOXさんから、最終の修正内容が届きました。
早急に修正してデータを送りたいと思います。いよいよ動き出しました。私も楽しみです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2005年04月07日

明日で終了です

明日でARTBOXさんの、イラストレーターズファイル出版記念展が終わりです。
初日に_^.^_咲さん、。角。さん、けろぴさん、ドールさんに足を運んで頂いて、その後も私の同級生や友人が足を運んでくれたようで、メールや電話で連絡を貰いました。

中には私がずっと東京にいると思っていた同級生もいて、会えないことをとても残念がっていました。
私自身も東京にいて、同級生や友人に会いたかったですが、また次回の楽しみにしたいと思います。

今回、私の作品は展示&販売も行ったのですが、東京から帰ってきた日(3/29)に、ARTBOXさんから「3点とも完売致しました」というメールが届きました。
どなたがお買い求め頂いたのか、そこまでは解りませんでしたが、私の作品を気に入って購入して頂けたことが、物凄く嬉しかったです。

また、本日も、久しく会っていない横浜の友人から電話があり、「今日ギャラリーに行って見てきた」とのことでした。
そして、その中で作品ファイルの中にあった絵で気に入ったものがあったので、結婚した妹にプレゼントしたいから売ってほしい。と言われました。

友人なので、義理も多少あるでしょうが、私の絵をプレゼントとして選んでくれたのが、すごく嬉しかったです。
そして、お互いなかなか連絡をとらないのですが、久々に話をして懐しく、温かい気持ちになれました。

今回は出版記念展ということで、たくさんの作家の一人として出品し、販売をさせて頂きましたが、何年後になるか解りませんが、近い将来是非東京でも個展を開きたいと思います。
その時は、ずっとギャラリーにいることができるでしょう。そんな日がいつ来るだろうか。
現実は厳しいかもしれませんが、頑張って実現したいと思います。

明日で今回の出版記念展は終わりですので、お時間のある方は、是非足を運んで頂けると嬉しいです。
私の作品は売れましたが(展示はしています)、作品ファイルの中に、お持ち帰り用のPOSTCARDが入っていますので、是非持って帰って頂きたいと思います。(こちらも残っている保証はありませんけど)

明日、記念展終了のお礼と挨拶を申し上げる予定でしたが、明日より4日間、奄美に帰省しておりますので、一日早く挨拶申し上げます。
ありがとうございました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート