2009年09月18日

待受け画面使ってみて〜

最近政治ネタが多く、自分自身でもちょっと悲観的になっているので、今日はちょっと話題を変えて・・・。

皆さん携帯電話をお持ちだと思いますが、待受け画面って何を使っていますか?
家族の写真、ペットの写真、好きなタレントの写真、好きな花の写真等。
中には「携帯買ってそのままの設定のまま」って人もいるでしょうね(笑)

私はやはり自分のイラストを待受けにする事が多いです。
以前は携帯のオリジナル待受けを使ったり、子供の写真を使ったりしていましたが、最近はもっぱら自作のイラストを使っています。

【オリジナルイラスト待受けの一例】

090918.jpg

以前はイラストのデータを、携帯の待受け用に縮小して、自分のホームページのサーバーにアップして、そこに携帯でアクセスして・・・・と、とても手間ひまのかかる事をして待受け画面に設定していました。
カメラでイラストを撮る方法もあるのですが、どうしても反射したりゆがんだり、また色味が微妙に違ったりと、うまくいきません。
何よりも他の人にも使ってほしいので、誰もが使える待受け設定にしたかったのです。

最初の頃は携帯画面のサイズに合わせて、3種類くらいの画像データを作って、ホームページにアップしたりしていましたが、これがかなりの手間ひまを要します。
最初は頑張って作るのですが、その内やらなくなり、終いには設定方法等を忘れてしまいます(^^;)
そんなわけでなかなか携帯待受けのデータって、用意する事が難しかったのですよね。

でも、今は壁紙.comの写真部で、イラストをアップすれば、それがパソコン用の壁紙としても、携帯の待受けとしても使えるので、とても便利です。
ちょうど今は初秋ということで、私のイラストも結構秋のイラストがダウンロードされているようです。
一番人気は「お月見にゃんこ」のようですね。900を越えるダウンロード数のようです。

もし、私のイラストを「携帯待受けにしたい」という方がおられましたら、壁紙.com写真部をクリック(profileの下にあります)して、お好きなイラストをダウンロードして下さい。
画面サイズを選ぶ設定がありますので、そこでパソコンの場合はPCを、携帯の場合は携帯を選んで、さらに詳細のサイズを選んで下さい。
※QRコード読み込みが必要になります。QRコードを読めない携帯の場合は、データを保存するをクリックして、いったんPCに保存します。それをメールで自身の携帯に送って使って下さい。

090918-2.png

090918-3.png

090918-4.png

ダウンロードした全ての人が、パソコン壁紙や携帯待受けに、今現在使っているとは言えないと思いますが、それでも何人かは使っている可能性があるわけです。
見ず知らずの人のパソコンや携帯の画面が、私のイラストで飾られていると思うと、本当に嬉しくなりますね。
新作が出来た時点で、自分のホームページにアップした後は、壁紙.comの方にもアップしていきますので、どんどんご活用頂ければと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2009年09月09日

夕焼け空を眺めて

自宅前から夕暮れの街並みを撮影

090909.jpg

すっかり秋ですね〜。一気に涼しくなりました。
今日は日中でもクーラーを入れずに、窓を開けて過ごす事ができました。
今年は残暑が厳しく無くて嬉しいですが、夏も夏らしく無かったのでちょっと寂しい感じもします。

夕暮れどき部屋から夕焼け空を見て、あまりにも綺麗なグラデーションだったので、カメラを持って家の前の道路に出ました。
夕焼け空に街並みがシルエットに映えて、いつも見ている風景が全く違う風景に思えて、思わず写真に撮りました。
秋の夕焼け空って何となく寂しくて、それでいて優しくて切ない感じがします。

私は夕焼けが好きで、これまでも何度も撮っていますが、季節によって場所によって夕焼けって違いますよね。
私が好きなのは、やはり故郷奄美での夏の夕焼けです。
情熱的な赤から漆黒の空に続くグラデーション。
そして彼方に浮かぶ入道雲。本当にダイナミックで生命力を感じさせてくれます。

こちらは奄美の夕焼け

090909-2.jpg

でも、北海道で見る夕焼けもやはり好きでした。
広い大地に沈み行く太陽と、それを覆うような果てしない空。
北海道で見る夕焼けは、人間のちっぽけさを改めて感じさせてくれます。

こちらは北海道の夕焼け

090909-3.jpg

自分でも何故夕焼けが好きなのか解りません。
ただ、刻一刻と変わっていく色合いを眺めながら、風に吹かれていたいだけかも知れません。
時間帯で言えば帰宅時間帯。
主婦の時間で言えば、ちょうど晩ご飯を作っている時間帯。
普通はドタバタとしている時間帯ですが、そんな時間にゆっくりと色が変わり行く景色を見つめる。
それだけで贅沢な時間だと思います。

できれば、他の場所でも夕焼けを撮ってみたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2009年07月14日

実験的写真撮影

最近カメラをいじる事が増えた。
今のデジカメ「Canon EOS kiss Digital X」にしてから、かれこれ2年になるが、未だにオートの設定で写真を撮り続けている。
子供達の写真を撮るのならオートで十分だし、ポートレートモードで撮ればそこそこの写真が撮れます。

しかしオートで撮ると、カメラ側で明るさを調整するため、自分のイメージしていた明るさで無い場合もあり、微妙に雰囲気が変わってきます。
そこで、今、マニュアルで撮影した場合の実験を兼ねて、ふと気になった時にカメラを手に取り片っ端から撮影しています。

今日は夕暮れどきの空の色が綺麗だったので、室内からマニュアルで撮ってみました。
それがこの写真です。
090714-1.jpg

室内からの撮影ですので、窓の格子が写っていますが、それはそれでまた面白い気もします。
夕暮れどきのグラデーションが何とも言えない色をしていたので、思わずカメラを出して撮りました。
シルエットの電柱の形が結構絵になりますね。

そして家族が寝静まった夜に、仕事部屋に戻ってきた時に気付いた光景。
明りを点けずにいると、パソコン周辺機器のLEDランプの微かな明りで、奇妙な光景に感じました。
早速カメラを三脚に固定して、ISO感度を1600まで上げて撮影。
090714-2.jpg

コンセントタップのスイッチのオレンジの明りが、背面に広がり、まるで夕焼けのような雰囲気を醸し出しています。
そしてMacのモニター電源部分の白い明りが、周辺のキーボード等を照し、何とも言えない不思議な雰囲気の写真になりました。
日頃気付かない風景。人間の目では見えない風景が、カメラの目を通す事によって見えてくるものですね。

そして、ふと窓を見るとお月さまが綺麗に見えました。
今日は半月ですが、それでも晴れているためか、とても綺麗にお月さまが見えます。
月の写真はこれまでも撮ってみた事がありますが、今回は視点を変えて、部屋から眺める月を撮ってみました。
こちらもISOを1600まで上げて、三脚に固定しての撮影です。
090714-3.jpg

人間の目では黒い空にしか見えませんが、カメラで撮ると何とも言えない色合いの空ですね。
散らかった仕事部屋から撮影していますが、見せたくない所は全てシルエットになっているので、とても面白い写真になりました。

これからは夏本番。
夏の風物詩や夏の風景、目に映る景色を1枚でも多く、写真に撮れたらなぁ〜と思います。
そして、今後も実験を兼ねて、いろんな撮り方で写真を撮ってみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2009年06月05日

撮影三昧の一日

6月に入り田んぼにも水が張り出されました。
いよいよ梅雨の季節が始まりますね。
ジトジトと鬱陶しい季節ですが、これも暑い夏に向けての恵みの季節です。
今日はそんな梅雨のような一日でした。

しとしとと降り続く雨。
庭の花たちも雨の滴にしっとりと濡れて、花から葉から茎からと全身で恵みの雨を受入れているように見えました。
お昼にしとしとと雨が降る中、ふらっとカメラを持って外に出てみました。

玄関先に咲いているラベンダーの花。
庭に咲いている花々。
皆、雨の滴を全身にまとい、雨の恵みに喜んでいるように感じました。
お日様を浴びた植物の彩りも好きですが、雨に濡れてさらに色味が濃くなった植物も大好きです。
しとしと雨の中、しばしカメラを抱えて撮影会を行いました。

090605-1.jpg

090605-2.jpg

しっとりと濡れた花や緑の葉。
とても綺麗ですよね。

そんなしとしと雨も夕方には上がってきて、今度は夕焼け空が始まりました。
雨が上がった空の夕焼けは、これまでのしとしと雨とは対照的で、情熱のようにみなぎる彩りでした。
これまたカメラを抱えて撮影会をする事に。
ちょっと変わった視点で撮ってみようと思い、夕焼けで染まったお隣の家の壁を背景にして、部屋に掛けてある風鈴を撮ってみました。

090605-3.jpg

さらには夕焼け全体を撮りたくて、カメラを抱えて外へと飛び出しました。
ちょうど張ったばかりの田んぼの水が、鏡のように夕日を映し出し、いつもとは違った風景を演出してくれています。
民家の不ぞろいの屋根の形が、面白いシルエットを作り出して、ちょっとした影絵のような雰囲気でした。

090605-4.jpg

090605-5.jpg

最近カメラを手に取る事が少なくて、写真もあまり撮っていませんでした。
でも、身近な所にも写真に撮ると別の風景になる物が沢山あります。
写真は数多くシャッターを切らないと上達はしません。
写真のプロでは無いので、そこまで本腰は入れられませんが、自分で納得のできる写真を撮れるようにはなりたいですね。
もっともっとシャッターを切って、自分の写真の撮り方を確立していきたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2009年06月01日

壁紙・待受けサービス

なかなか新作が描けないまま、ついに6月に入りました。
もう5ヶ月近く新作が描けていない事になります。
そろそろ復帰しないといけませんね(^^;)

サイトの方もほったらかしになってしまって、全く更新が出来ていない状態です。
いい加減リニューアルしないといけない状態になってきました。
今年は頑張ってリニューアルしたいと思います。

さて、サイトの方で「壁紙ダウンロード」を行っているのですが、この度別のサービスでもダウンロード出来るように登録してみました。
「壁紙ドットコム」という壁紙サイトがあるのですが、その中に「写真部」というカテゴリーがあり、登録すれば誰でも写真をアップして壁紙として登録できるのです。
もちろん無料ですし、壁紙をダウンロードするのも無料です。

「写真部」という名称の通り、自分で撮った写真をアップする目的のサイトなのですが、カテゴリにイラストもあったので、思い切って登録してみました。
登録すると思いの外、ダウンロードして頂いているようで、私のイラストがパソコンの壁紙になっていると思うと、やはり嬉しいですね。

壁紙だけの目的なら、自分のサイトだけでやっていても良いのですが、私がこだわったのは携帯の待受けとしても使いたいと思ったからでした。
携帯用のサイトも設けてはいるのですが、こちらもほったらかしの状態です(^^;)
パソコンの場合もそうですが、特に携帯の場合は機種によって画面の大きさが異なるので、何種類も画像サイズを用意しなくてはいけません。
作業としてとてもとても大変な作業で、さすがに時間的に余裕が無くなってくると、対応ができなくなってきました。

そこでサイトに登録して、パソコン壁紙・携帯待受け画面として使って頂こうと考えたのです。
まだ自分のサイトの壁紙はそのままの状態ですが、正直私のサイトのアクセスと「写真部」サイトのアクセスでは比べ物になりません。
私のサイトではあくまでも、私個人の仕事や作品の情報を提供し、それ以外に使えるサービスは外部でリンクして使っていこうと思います。

今はイラストしかアップしていませんが、その内写真もアップしていけたらと思います。
そのためには写真ももう少し勉強が必要です(^^;)
何しろ「写真部」というだけあって、写真が趣味という方やプロ級の方々が写真をアップしています。
私の写真など恥ずかしくてアップできないのです(笑)

興味のある方は一度覗いて頂いて、壁紙・待受けダウンロードして頂けると嬉しいです。
【壁紙ドットコム/写真部 islandの部屋】
http://www.kabegami.com/shashin-bu/C00301/show/id/9659/not/1
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2009年04月09日

月夜桜

今日もポカポカ陽気の春らしいお天気でした。
桜の花も満開で気持ち良いですね〜。
昨夜は遅くまで夜桜宴会してたので、結局夜桜の写真は撮れませんでしたが、今日はリベンジで写真を撮ろうと考えていました。

夕方から学童の話し合いが、市役所であったので、そちらに顔を出し終了した時間が7時半頃。
ふと空を見ると真ん丸のお月さまが顔を覗かせています。
これはもう写真を撮りに行くしかありません。
車にはすでにカメラ道具一式積み込んであったので、早速桜スポットに車を走らせました。

昨夜の桜スポットは、お花見場所なので人が多く写真は撮りづらいため、別の場所に向かいました。
河川敷のちょっとした広場になっている場所で、写真を撮る事にしたのですが、そこにも花見客が来ていて、バーベキュー等しながら飲んでいました。

私は端っこの方で三脚を立てて、ファインダー越しに桜と月が重なるポイントを探します。
月の上がり具合もちょうどいい感じで、桜と月がいい感じで重なり合います。
しかし、その位置で写真を撮るには、カメラはかなり下のアングルから撮らないといけません。
私は身体を縮めるようにしながら、カメラのファインダーを覗きシャッターを押しました。

一応三脚を使っているのですが、何せ安物の半分壊れたような三脚で、シャッタースピードが遅いためやはりブレてしまいます。
それでもめげずに何枚か写真を撮りました。
なかなか頭でイメージしているような写真は撮れませんでした。
やはり夜桜を撮るのは難しいですね。
おまえけに月とセットで撮ろうと言うのですから、それは益々難しくなります。

来年はもっと良い三脚を用意して、機材ももう少しレベルアップさせたいです。
まぁ何よりも腕がアップしないとダメですけどね(笑)
下手くそなりに楽しみながら撮りました。

090409.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2009年01月22日

illustratorで描くイラスト講座

以前からずっともう一つブログを立上げる事を検討していました。
「毎日つぶやいてもつぶやき足らないのか?」と思った方。違います(笑)
つぶやくのはこのブログだけで十分・・・・と言うか精一杯ですので、もうひとつのブログは違う目的で立上げました。

以前からやりたかった事。
それはillustratorを使ってイラストを描く方法を、ブログで紹介したかったのです。
私がずっとかき続けているイラストは、illustratorというソフトを使って描いています。
本来はグラフィックデザインでチラシやポスターをデザインレイアウトするためのソフトですので、「絵を描く」というニュアンスとは少し違います。

アナログで絵を描いていて、そのままの感覚でパソコンで絵を描くのなら、ペンタブレットを使ってPainterかPhotoshopを使います。
私も一時期同じ方法で描いていましたが、やはり使い慣れたillustratorが一番しっくりと来ました。
それからはずっとillustratorで描いているのです。

ただ、最初はillustratorで描くと、いかにも「デジタルで描きました」という硬いイメージが拭えなくて、そこからアナログ感を出すための試行錯誤が始まりました。
そして次々と描きながら現在に至るわけです。
よく「illustratorで描いている」と言うとビックリされる方がおられます。
私自身アナログ感を追及し、空気感・質感・温度感を何とか出せないか・・・と、ずっと試行錯誤を繰り返しているので、徐々にアナログ感を表現出来てきているのかも知れません。

「illustratorに興味があるけど難しい」とか「どうやって描くのか分からない」等の声を聞くので、私が試行錯誤して得たノウハウを少しでも伝えることが出来ればいいなぁ〜と思い、新しいブログを立上げることにしました。
このつぶやきのように、毎日続ける事はできませんが、せめて月に2〜3回は投稿して、illustratorで描くイラストの魅力を伝えることが出来ればと思います。

絵を描かない人も「へ〜こうやって描くんだ」と言うような気持ちで見て頂ければ幸いです。
初回は季節柄、雪の描きかたをアップしました。
これから様々な描きかたを、少しずつですが披露できればと思います。
新しいブログは↓です。
http://fukuhara-illust.sblo.jp/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2008年12月12日

illustratorで描くイラスト

なかなか新作描いている時間がありません(T_T)
先月お休みしただけに、今月は描きたいのですが、なかなか前に進みません。
私のイラストの場合、デジタルイラストなので、「筆が進まない」と言うよりは「マウスが進まない」という表現が正しいのかも知れません。
「イラストを描く」と言うよりも「イラストを作る」というイメージのほうが近い感じです。

私が絵を描くソフトはillustratorというソフト。
パソコンで絵を描こうと思った人なら一度は耳にしたことがあるかと思います。
私にとっては、もう15年くらい使っているソフトなので、道具というよりも「右腕」的な存在かも知れません。
今描いているイラストをillustratorを使わずに描けと言われても、絶対に描けないでしょう。

パソコンで絵を描いている人の多くは、Photoshopやペインター等のペイント系のソフトを使っていると思います。
またWindowsの方は、フリーのソフトが沢山出ているので、それを使って描いている人も多いでしょうね。
私もPhotoshop・ペインターどちらも持っていますが、あまり絵を描く事には使いません。

ペイント系のソフトは、アナログで絵を描くのと同じ感覚で、そのままブラシを使って画面上にペイントしていきます。
最近はペンタブレットが安価で出ているので、ペンタブを使う人は多いでしょう。
私も一時期ペンタブを使って、ペインターで絵を描いたことがありましたが、私にはやはりillustratorが合っています。

グラフィックデザインの仕事をしている性質上、レイアウトするという概念が強く、先程も書いたように「絵を描く」というより「絵をレイアウトして作る」というイメージが強いのです。
ですから、一度配置した物を動かしたり、配色を変えたりしながら、絵全体の雰囲気を整えていく作業が必要になってくる。
そうなるとペイント系のソフトでは対応できなく、どうしてもillustratorで描くのが一番落ち着くんですよね。

illustratorで絵を描くと、良くも悪くもデジタルらしさが全面に出てきます。
使い始めの頃はそれが綺麗でillustratorで描き始めたのですが、徐々にアナログ感が欲しねってきました。
illustratorで空気感、温度、質感といった、デジタルで表現しづらい事をやりたくなって現在に至ります。

よく「どうやってillustratorで描くんですか?」と聞かれることがあるのですが、一言では説明できません。
以前から考えている事ですが、別ブログを立上げて、そこでillustratorで絵を描くポイント等を紹介できたらなぁ〜と考えています。
例えば、光が差してきているようなグラデーションをどうやって描くのか、また霧のかかったイメージをどうやって描くのか。
そんなワンポイント的な事をブログで紹介できたらなぁ〜と考えています。
なかなか時間がなくて出来ていませんが(^^;)

来年は是非立上げたいですね。
そしてそのブログを見て、一人でもillustratorで絵を描く人が増えてくれたら嬉しいです。
そのまえに、今月のイラストを頑張らなくては(汗)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2008年12月01日

自然はアーティスト

日常の生活の中で、ふと目に留まる風景がある。
もしかすると、何も感じずに見過ごしてしまうかも知れない風景。
一昨日の土曜日と、今日と、そんな風景をカメラにおさめてみた。
自然ってやはり一番のアートだと思った。

まずは一昨日撮った写真。

081201-1.jpg

娘と家の近くを散歩している時に撮った写真です。
近くに小さな神社があり、そこに行って娘にドングリを拾わせている時に、ふと見上げた空。
青空と白い雲の手前に、木の枝と葉っぱがシルエットになっていたのですが、葉っぱが見事に虫に食われて穴だらけなのです。
しかし、それが空の青と雲の白を引き立て、かつ自らも見事なまでにアートしている感じに見えました。
思わずカメラを構えてシャッターを切りました。

そして本日撮った写真。

081201-2.jpg

見事な晴天の一日でしたが、夕方になっても天気の良いままで、息子を迎えに行く前に外に出て見上げた空が、あまりに美しくて思わず家に戻ってカメラを構えました。
夕焼け空から紺色の夜に染まるグラデーションの空に、まるで絵に描いたような壊れそうな三日月。
そして三日月の斜め上空には、一番星、おそらく金星でしょう。そしてその上にも小さく輝く星。
お互いを気遣うような、見事なまでの配置のバランスに夢中でシャッターを切っていました。

自然って本当にアーティストですよね。
またいつステキなアートを見せてくれるか分からない自然。
思い立った時にシャッターを切れるように、なるべくカメラを持ち歩きたいと思った日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | アート

2008年11月20日

ブログが繋いだ人

先日のつぶやきで、私のポストカード委託販売店のひとつである「ポストカードやさん くるみ」さんのことを紹介させて頂きました。
そして本日、ポストカードやさん くるみさんから一通のハガキの便りが届きました。
いつもどおりの商品受取のお便りだと思っていましたが、中にはとっても嬉しい文面が綴られておりました。

何でも先日私がつぶやいたブログを読んで、Ryujiさんという20才くらいの青年の方が、がくるみさんを探し当てててやってきたらしいのです。
自分の描いたイラストをポストカード化して、委託販売のカード10枚を持って精力的に活動しようと、くるみさんを探し当てて来たようです。

その時に、携帯で私のブログをくるみさんにお見せしたようで、ブログで紹介している事にとても喜んで下さったようです。
私としては、自分のポストカードを販売して頂いている、とてもとても感謝しているお店のひとつですから、当然のつもりで紹介していたのですが、逆にそれを喜んで頂けると恐縮です(^^;)

そして私のブログがRyujiさんを動かし、くるみにつなげて下さったと、喜びの言葉が記されていました。
これは私もとても嬉しいですね。
私が日々つぶやいている、こんなつまらないブログを見て下さる方がいて、そこから人と人が繋がったのですから。
これまで点と点だったものが、私のブログをきっかけに線で繋がった瞬間です。

頂戴したお便りは、そのRyujiさんのポストカードで送られて来ました。
せっかくですので、ここで紹介させて頂きたいと思います。
Ryujiさん勝手に紹介してゴメンナサイ。

081120.jpg

とても幻想的な絵ですよね。
宇宙の広がりに聖なる母、そして天使の子どもと言う感じでしょうか。
子どもの合わせた手は、小さなハートになっています。
私の勝手な想像ですが、小さな生命の誕生と未知数の宇宙の生命が、かけ離れているようで実は同じ時限の世界である・・・ようなイメージを受けました。
他にどんな絵があるのか、是非見て見たいですね。

ポストカードやさん くるみさんに行かれると、Ryujiさんの絵をもっと見る事ができると思います。
あっ、もちろん私のイラストも見て下さいね(笑)
今日は私の知らないところで、私のブログをきっかけに出会いがあった事が分かった、とても嬉しい日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(3) | TrackBack(0) | アート

2008年11月02日

作品展示しています

11月に入りましたね〜。
年末モードにまっしぐら・・・という感じになってきました。
ね、年賀状が・・・・(汗)
ここんとこ突然仕事が忙しくなって、年賀状デザインが全く手付かずになってしまいました。

まぁ忙しいってことは、とても良い事ではあるのですが、時間をうまく使わないとただ忙しいだけで終ってしまいます。
時間を有効に使って、仕事をスムーズにこなして行きたいと思います。

最近頂いた仕事の関係で、実は作品を出展させて頂く機会ができました。
講演会のチラシを頼まれていたのですが、その方のお知り合いで黒滝村の方がいて、ちょうど11月2日〜9日の間に、奈良県在住のアーティストの作品展を開催されるのです。
私がイラスト制作をしている事を知り、是非参加されては・・・・と声をかけて頂きました。

数日前に作品2点をお渡しして、本日より展示されていることと思います。
私も観に行きたいのですが、ちょっと行けそうにありません。
1人でも多くの方の目に触れて頂ければなぁ〜と思います。
今回の出展は2作品だけなので、私の代表的な作品の「バナナムーン」と、全く異なるタッチの作品である「深愛樹(しんあいじゅ)」を出しました。
全くイメージの違う作品なので、観た人の反応が見てみたいです。

こんな感じのイメージですかね。
081102.jpg

もし黒滝村周辺の方、または期間中、黒滝村に行く用事のある方がおられましたら、一度足を運んで頂ければ幸いです。
場所は奈良県黒滝村のこもれびホールです。
奈良県吉野郡黒滝村大字寺戸395
0747-62-2280
【地図】
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2008年06月12日

気まぐれ撮影会

今日は嫁さんが「早めに仕事終わらせる!」と宣言していた。
しかし、そんな日に限って遅い事があるので、あまりあてにはしていない(笑)
ところが今日は本当に早めに終わらせたようで、携帯に着信履歴があった。
慌てて折り返し電話を入れたが、留守番電話になり出ない。
何度かけても留守番電話のまま。

ちょうど息子を迎え、娘を迎え、本部参拝を済ませた後だったので、そのまま病院の近くの公園で待つ事にした。
何度か電話しているので、着信を見たら電話してくるハズである。

公園にはゾウさんのすべり台があるので、私達は勝手に「ゾウさん公園」と呼んでいるが、正式な呼び名は知らない。
そもそも公園と呼んでいいのかすら不明だ(笑)

人工の池があり、鯉がいるのと、すべり台もあるので、子供と夕暮れのひとときを過ごすにはちょうど良い場所ではある。
久々に足を踏み入れると、池の回りには菖蒲の花が咲いていました。
カメラを持ってきていたので、早速写真を撮っておきました。

娘は早速すべり台を見つけると、スタスタと登り、シュ〜っと滑ってきました。
さほど高さのないすべり台なので、娘にはちょうど良い遊具です。
息子は池の回りをあっちこっちと動き回り、水の中に手を入れては何かを捕まえようとしています(^^;)

30分ほど待っていましたが、一向に電話が来ないので、しびれを切らして病院の方に電話を入れました。
私が電話に出なかったので、嫁さんはもう一仕事していたらしい。
公園で待っている事を伝えると、すぐに帰るとの事だったので、しばらく待つ事にしました。

ちょうど陽が落ちかける時間帯で、空の色が刻一刻と変わっていきます。
病院に入院している患者さんのような方が、時折パジャマ姿で現れたり、近所の方が餌を持って鯉にあげたり、散歩の途中のおじいちゃんがベンチに腰かけて涼んでいたりと、人それぞれのひとときを過ごしているようでした。

毎日、この時間帯は家に帰って、ドタバタとしている時間帯です。
しかし、こんなにもゆったりと時が流れ、そしてゆったりと空の色が変わっていく時間なのだなぁ〜と、人の動きや空の色を見て思いました。
時にはこんな時間の過ごし方も必要ですね。
時は金なりと申します。時間は二度と戻ってはこないので、大切に有効に使わなくてはいけません。
でも、時には忙しく追われるだけでなく、時の経過を感じ取ってそれを楽しむことも必要なのだと思いました。

平凡な夕暮れの時間帯。
でも、平凡だからこそ幸せを感じることが出来るのだと思います。
嫁さんが現れると、娘も息子も嫁さんのところに走って行きました。
これもまた、平凡だけれど幸せな光景です。

夕暮れどきでちょっと暗かったのですが、撮った菖蒲の写真アップしてみますね。

080612-1.jpg

080612-2.jpg

080612-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2008年06月02日

せんとくんvsまんとくん

奈良の知名度を一気にあげてくれた立役者(笑)
せんとくんの刺客がついに決ったようです。
その名も・・・・・・・・・・・・

まんとくん
080602-2.png


う〜ん、やっぱりインパクト弱い(^^;)
キャラクターもインパクト弱いけど、ネーミングもインパクト弱い。
と言うか、せんとくんのインパクトが強過ぎた(笑)
良くも悪くも、あの何とも言えないキャラは強烈過ぎました(笑)

以前もせんとくんの刺客として、1次審査で選ばれた30のキャラを見ましたが、インパクトに欠けて期待外れとつぶやきました。
やはりちょっとインパクト弱いですよね。
確かにせんとくんよりは可愛いと思いますが、ただ可愛いだけの気もします。
平城京遷都1300年のイメージに合うか・・・・?と考えると、少し首をかしげてしまいます。

キャラクターって本当に難しいものだと思います。
私も考えるとしたらかなり悩むでしょうね。
でも意外にシンプルな物が良かったりするんですよね。

そんな訳で、私も試しに考えてみました。
奈良と言えば・・・・・大仏。
そんな安直なイメージで、大仏さんをそのままキャラに。
適当に作ってみたので微調整は出来ていませんね(笑)
080602.png

本当にキャラクターって難しいです。

でも、今回選ばれた「まんとくん」は、どのような活躍の場があるのでしょうか?
あくまでも正式キャラクターは「せんとくん」な訳で、どのような扱いになるのかが疑問です。

しばらくは「せんとくん」vs「まんとくん」で、火花を散らすのでしょうか?
マスコミもどこまで取り上げてくれるのか。
ただ単に騒ぎ立てるだけならやめて欲しい気もしますけどね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(5) | TrackBack(0) | アート

2008年05月20日

せんと君に刺客!?

気持ち悪い!!

可愛くない!!

仏陀に角とは不謹慎だ!!

こんな声が日本中から寄せられたあのキャラクター。
そうです。以前話題沸騰だった(もうすでに過去形:笑)せんと君ですが、ついに刺客が現れるようです。

奈良のクリエイター達が集まって発足した「クリエイターズ会議・奈良」が、応募していたキャラクター。
なんと600点もの応募があったようです。
私も・・・・と思っていたのですが、公募やっていること知らず、気がつきゃ〜終わってました(^^;)
まぁ〜知っていても、仕事忙しくてちょっと無理だったと思いますけどね。

今、600点の応募の中から、一次審査で選ばれた30点がWeb上で見る事ができます。
Webでも投票を受け付けているようで、私も見てみました。
が・・・・・・・・ちょっと期待外れ(^^;)
う〜〜〜〜〜ん、これが600点に中から選ばれた30点かぁ〜〜〜〜。
というのが正直な感想でした。

正直、せんと君はかわいくありませんが、やはりキャラクターとしての完成度という点では、せんと君はしっかり作り込まれていました。
今回の応募は一般応募なので、完成度はやはり低い物が多いです。
でも「プロだろうな」と思える作品もあり、一般受けしそうな物も多数あります。
ただ、私の心に響くキャラクターは残念ながらありませんでした。
「じゃぁ〜おまえが作ってみろよ〜〜〜〜!!」って声がアチコチから聞こえてきそうなので、これ以上は言いません(^^;)

キャラクターってやっぱり難しいんですよね。
ただ単に可愛いだけではダメだし、ちゃんとコンセプトに添って作らないといけないし。
特に今回は遷都1300年という、特別難しいテーマですからね。

皆さんもご覧になってWeb投票してみますか?
私は投票していませんけど、ご覧になって気に入ったキャラクターがあれば、是非投票して下さい。
http://creators-yamato.net/vote/kiyoki.cgi

しかし気になるのは、これで決ったキャラクターって、どこかで活躍する場があるのだろうか?
せんと君の刺客として、一時期はマスコミに取り上げられるかも知れませんが、そのまま忘れ去られていきそうな気もしないでもない。
まぁ、せんと君自身も忘れ去られてしまいそうな気もしますけどね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | アート

2008年04月17日

ストレートなネーミング

以前にもつぶやきの話題に取り上げた「平城遷都1300年」のキャラクターの名前が決ったらしい。
その名も・・・・・・・・せんとくん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あのぉ〜〜〜〜〜そのまんまなんですけど(^^;)

これなら別に公募しなくても良かったんじゃないのかな(笑)
キャラクターといいネーミングといい、どうしてこうもパッとしないのでしょうね。
話題にはなっていますが、どうも奈良県のマイナスイメージを促進しているようで、奈良県に住む者としては何となく情けなくなります。

この「せんとくん」。キャラクター発表から「かわいくない」「気持ち悪い」などの酷評で、一気に話題となりました。
市民から撤回を求める声もありましたが、奈良県としてはそのままGOで通しました。
まぁ、すでに決ったことなので、後戻りは出来ないでしょうね。
今更キャラクター考案者に「白紙撤回しますのでお金返して下さい」とも言えませんしね。

しかし、奈良県のデザイナー達が集まって、独自のキャラクターを選出しようという動きがあるようです。
近いうちにサイトも立上げて、一般公募等でキャラクターを募るようです。
私も応募してみようかな〜(^o^)

それにしてもこの「せんとくん」。前途多難のスタートですね。
だいぶ見慣れてはきたものの、やっぱり違和感があります。
これの気ぐるみって、絶対に怖いと思う。
テレビでCGの「せんとくん」も紹介されていたけど、正直怖かった(^^;)

やっぱり最初から一般公募で公開してほしかったですね。
もう後の祭りですけどね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2008年04月14日

二つのiPod

先々週、入院していた姉のお見舞いに行っていた時の事。
絶対に息子が退屈するであろう・・・・と予想して、iPodを持って行っていた。
iPodには簡単なゲームも入っていて、音楽も聴けるので、それで何とか退屈しのぎになるだろうと思っていたのです。
そして案の定、息子はiPodのゲームに夢中になっていました。

東京から弟が来た時は、弟のiPodまで借りてゲームをしていました。
私のiPodよりも弟のiPodn方が新しい物で、ムービーも見れるiPodだったので、息子はそっちの方が気に入って使っていました。

すると姉が「それって音楽聴けるやつちゃうの?」と聞いてきました。
姉はこの手のデジタル製品には全く疎くて、iPodという名前は聞いた事があっても、実物を手にするのは初めてだったようです。
入院生活で退屈していたので、私のiPodを貸してあげることにしました。
最初は弟が「新しいiPod touchを買う予定だから、自分の物をあげるよ。」と言っていたのですが、弟のiPodに入っている音楽は殆どが洋楽。
一方私のiPodには洋楽・邦楽・民謡(島唄)・クラシック・フォーク、さらにはNHKみんなのうたまで入っているのです(笑)

姉としては、私のiPodに入っている音楽の方が、自分には合っているということで、結局私のiPodを渡すことにしました。
そして弟のiPodを私が譲り受け、私のiPodを姉に譲り渡すことにしたのです。
しかし、弟は帰りの新幹線で音楽を聴きたいということで、自分のiPodは持って帰り、新しいiPod touchを買ったら送ってもらうことにしていました。

そのため、我が家にはしばらくiPodが無い日が続いたのです。
私は別にiPodが無くても、全く困ることは無く、何の不自由も無かったのですが、寂しがったのが息子でした。
お見舞いに行っていた間、ずっとiPodでゲームしたり音楽聴いたりしていて、すっかりiPodの虜になっていたのです。

「ねえ〜iPodいつ来るの?」と、私に訊ねますが、それは私の弟次第です。
よほどiPodが忘れられないのか、学童でiPodを作ってきてしまいました。
厚紙で型を作り、色を塗り、セロテープで周りを固定しています。
もちろんこれで音楽が聴けるわけでは無いのですが、息子はとても満足したようで「見て〜オレのiPod!」と自慢気に見せてくれました。

そして先日、ようやく弟からiPodが送られてきました。
ところが、息子の熱はすっかり冷めてしまったようで、届いたiPodを触ろうとはしませんでした。
きっとその内、また触り始めたら、狂ったようにゲームしたり音楽聴いたりするのかも知れませんけどね。

しかし、息子の作ったiPod。
なかなか上手に作っていて感心しました。
ちゃんとスクロールホールの、再生マークや早送り・巻き戻しマークも描いてありました。
さすがに上部のMENUボタンは、覚えていなかったのか、訳の解らない字でごまかすように描いてありましたけどね(笑)
この二つのiPod。どっちもカッコいいと思う私は、やっぱり親バカですね(笑)

080414-1.jpg
本物のiPod

080414-2.jpg
息子作のiPod
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2008年04月02日

桜撮影の日

ちょっと仕事が一段落して、春も戻ってきたので、今日は午後から夕方にかけて小一時間ほど桜を撮ってきました。
他にも撮影したい場所があったのですが、時間も無かったのでとりあえず一ヶ所で撮影。
平日の夕方にも関わらず、私が撮影している間にも何人も桜を見に来たり、写真を撮ったりしていました。

満開の桜ってやっぱりいいですね〜。
何故日本人はこんなにも桜に魅了されるのでしょうか?
本当に日本人の心の花という感じがします。

天気が曇りで写真にコントラストが出ませんでしたが、逆に言うと色飛びを起さずに、淡い色合いも出たのではないかなぁ〜と思います。
デジタルカメラを昨年の夏に買い替えて、初めての桜撮影です。
上手く撮れるか解らなかったのですが、とり合えず無我夢中で撮影していました。

撮影した中から10枚選んでアップしたいと思います。
お時間のある方、覗いて頂けると嬉しいです。
http://gallery.mac.com/sf_island#100096
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2008年03月12日

話題沸騰のキャラクター

最近何かと奈良の話題が結構ありますね。
ツチノコ騒動に続いて、今度は平城遷都1300年祭のキャラクター騒動です。
キャラクターが決ったのですが・・・・・・・・・「かわいくない」との批判が殺到している様子。
確かに私も見た瞬間「なんじゃこりゃ!」って思った(^^;)

080312.jpg

何でも21人のコンペの中から選ばれた作品のようで、500万円で買い取ったらしいです。
こ、これで500万円(@o@)
何で一般公募にしなかったんでしょうか?
一般公募にすれば、もっと沢山の作品が集まり、いろんなキャラクターが出てきたと思うのですが・・・。

確かに最初から的を絞って、プロに依頼して質の高い物を選ぶのも手ですが、それで選ばれたのがこのキャラクター。
キャラクターって多くの人に愛されるべき存在なのに、「かわいくない」との批判が相次いでいるのは、キャラクターとしてどうなんでしょう?
かわいいだけがキャラクターではありませんが、このキャラは・・・・・う〜ん想像できない(^^;)

私も同じような仕事をする人間として、何故このキャラクターが選ばれたのか、とても興味がありますね。
他のキャラクターがどんな物だったのか解りませんが、選んだ人たちは、このキャラクターが平城遷都1300年祭を大いに盛り上げてくれると確信したのでしょう。
でもねぇ〜これが着ぐるみで目の前に現れたら、ちょっと怖い気もするんですが。

様々な感性があって、様々なキャラクターがあるので、このキャラクターに対して否定はしません。
決ったことですから今更変更できないですし、余計な手間とお金がかかってしまいます。
でも、一つ思うことは、平城遷都1300年祭を盛り上げていくのなら、せめて一般公募にするとか、奈良県内の小中学生から応募をしてほしかったです。
奇抜なアイデアや、子供ならではの感性の作品が、沢山集まったと思います。
そして授業の一貫としてキャラクターを考え、制作させることで、地元への愛情・誇りというものを育むことができたと思うのですが。

そして今回のコンペ方式であったとしても、せめて全ての作品を一般公開させて、その中から県民の方々に選ばせて欲しかったですね。
何だか奈良県民の知らないところで、密室でキャラクターのコンペが開催されて、密室で数人の意見で選ばれたという感じがして、とても嫌な気持ちです。

いくら平城遷都1300年祭と銘打って盛り上げようとしても、肝心の奈良県民の意見や声を聞かなくては、盛り上がるハズもありません。
今回のキャラクター、名前がまだ決っていないようで、こちらの方は一般公募していたようです。
まぁ、今回の「かわいくない」騒動で、有る意味注目は集まりましたが、一過性のものですね。
2010年まで持つわけないし、やっぱり地元の盛り上がりが大切なんだが、奈良県民としては・・・・・盛り上がってないなぁ〜(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | アート

2008年02月26日

ちょっと悪ふざけ(^^;)

息子はよくiMacでDVDを観る。
時にはクレヨンしんちゃん。
時にはトムとジェリー。
また時にはゴジラ。

先週の土曜日も私が仕事をしている横で、ゴジラvsメカゴジラを観ていた。
そして途中で思い立ったかのように部屋を出ていき、自分の部屋へ。
手に持っていたのはゴジラとメカゴジラの人形。
そしてDVDの内容に合わせて、自分もゴジラとメカゴジラを持って戦わせているのです。

まぁ私も子供の頃は、ウルトラマンの人形と怪獣を戦わせていた記憶がありますから(-.-)
親子と言えばそれまでなんですがねぇ〜。
仕事している傍で「ビシッ!」「ドッカ〜ン!」「グシャ〜ン!」ってやられたらね・・・・集中でけん(^^;)
昨日は娘までお兄ちゃんの真似して戦わせていたし・・・(笑)

そんな訳で、未だにiMacの前にゴジラとメカゴジラ、さらにはミニカーがいくつか散らばっている状態です。
まるでゴジラが暴れて車がグシャグシャになったような状態で、ゴジラとメカゴジラ、ミニカーが散乱している有り様。

ふと見ると、ミニカーの中にヘリコプターも紛れていました。
「これをゴジラに持たせたらリアリティ出るかな!?」と、ふと思い立ち、気がつけばすでに実行していました(笑)
ちょうどよい大きさで、ヘリコプターがゴジラに捕まっているようなポーズができました。
こうなってくると私の悪い癖が出てきます。
「もっとリアリティを出そう!!」と、メカゴジラを傍に立たせ、戦っているようにして、デジカメで撮影。
背景が寂しいので、ゴジラvsメカゴジラのDVDのワンシーンをストップさせて、iMacのモニターを背景として撮影。
撮れた画像を今度はPhotoshopを使って画像調整。
出来た画像がコレ(笑)

080226.jpg

子供たちのこと言ってられませんね(笑)
思い立ってやり始めると、ついつい凝ってしまうのが悪い癖ですね。
息子に見せたら「ボクも撮る!!」って言うの目に見えているので、絶対に見せないようにしよう(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2008年02月12日

私のイラストが出来るまで

本日はちょっと専門的なお話を。

先日新作を描き終えましたが、早いものでアニマルシリーズのイラストも、109作品になりました。
初期の頃に描いていた作品から比べると、かなり表現手法が変わってきていることに、自分でもビックリすることがあります。

私が描いているアニマルシリーズは、全てillustratorというソフトを使って描いています。
illustrator10で欠き続けて、もう5年くらいはなるでしょうか。
illustratorと言われても普通は「何?」と思うでしょう。
一般の方はソフトを使うとしても、WordやExcel等が一般的で、どんなソフトか解らないと思います。
グラフィックデザインやDTP等に関わっている方は必須ソフトですし、パソコンで絵を描かれる方は「使ったこと無いけど知っている」という方も多いと思います。

どんなソフトか例えて言うと、真っ白な紙の上にペンで点を付け、次の点を付けると、その間に線が引かれるのです。
その動作を繰り返すことで、自由に図形を作ることが出来るのです。
特徴的なのは、一度引いた線を後から自由に変形できることです。
もちろん色も自由に着けれますし、線の色やグラデーションも可能です。
慣れるまではとっつきにくいソフトかも知れませんが、慣れるとこれほど自由で、後から修正ができる便利なソフトはありません。

しかし、illustratorで描いたイラストはどうしても、堅く冷たいイメージになりがちです。
私も最初は「illustratorで描くのだから仕方がない」と半ば言い分けじみた感じで描いていました。
でも、これだけ多機能なソフトなのだから、いろいろやってみるとアナログっぽく表現できるかも知れないと思い、様々な機能を試しながら作品を描いてきました。
私の作品を、ずっと見続けている方は(少ないと思うけど 笑)その変化等に気づいておられると思います。

一見すると滑らかなグラデーションや、エアブラシのように見える霧なども、実は点と線で作った図形にぼかし機能等を駆使して表現しているのです。
簡単に言うと様々な図形の組み合わせで、私のイラストは出来ています。
ですから「イラストを描く」というよりは、「イラストを組み立てる」という表現の方が合っているかも知れませんね。
ちなみに新作の「夢咲き卯月」の画面を載せてみます。

080212-5.jpg

青やらピンクやらの線が沢山見えると思いますが、これが図形の形を表しています。
その図形に色を付け、時には色を重ねたり、ぼかしたり、様々な機能を使い表現しているのです。
桜の部分はさすがに図形が密集しているのが解ると思います。桜の花びら一つ一つの図形の集まりですから、当然これだけ密集したデータになるのです。

デジタルでアナログらしさを。
ここ数年、ずっと求め続けているテーマです。
でも、やはり本物のアナログには及びません。
しかし、アナログっぽいデジタルという、私独自の世界観が出来ている気もします。
まだまだ、いろんな手法が有るはずです。
そう思って、ふと思い立ったことを試してみました。

鉛筆のような線画で色を付けてみようと思ったのです。
まずは鉛筆のような筆跡のデータを作り、それで適当に絵を描きます。
お遊びで娘の似顔絵を描いてみました。

080212-1.jpg

どうですか?線画っぽく見えませんか?
さらにベタの色の部分にムラを出すために、色の濃淡を表現します。

080212-2.jpg

ちょっとアナログ感が増した感じがしませんか?
さらに、色の部分ににじみ効果を出すために、ぼかし設定を加えます。

080212-3.jpg

さらにアナログ感が増した感じがしませんか?
こんな感じでアナログっぽいデジタルが出来てきます。
ちなみに図形の状態を見てみるとこんな感じです。

080212-4.jpg

全て点と線で出来ているので、後から拡大縮小、移動、修正がいくらでも可能です。
これがこのillustratorの最大の強みで、私にとっては魅力でもあります。

興味の無い人には退屈な話だったかも知れませんね(^^;)
まぁ、こんな感じで毎回イラストを描いているのです。
今後は娘の似顔絵のような、落書き的な作品もアップしていくのも面白いかも知れませんね。
落書きしている余裕があれば・・・・の話ですけど(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2008年02月04日

これからのデジタルアート

以前、ネットで読んだコラムの話なんですが。

最近、デジタルフォトフレームなるものが、ひそかに注目を集めているようです。
フォトフレームが液晶になっているもので、好きな写真や絵を、デジタルで表示させる物なのです。
「ついにこんな時代が来たか!」と、コラムを読んでいて思いました。

私は好きでイラストを描き続けていますが、デジタルで絵を描いていると、「原画」という意識が存在しなくなります。
手描きの場合は、原画があり、それを複製して印刷等するのですが、デジタルの場合、制作したデータが原画に近い物になりますが、簡単にコピーできますので、原画というようなイメージになりません。

デジタルでイラストを描くと、二次的な応用がいくつでも出来てきます。
だいぶ前から、自分の描いたイラストで、パソコンのデスクトップの壁紙や、携帯の待受け画面等も作り、ダウンロードできるようにしていました。
その頃から、液晶のコストが下がれば、壁に液晶のついたフレームを飾り、そこに写真や絵のデータを入れて鑑賞できるような時代が来るだろうな。と思っていました。

そしてついにその時代がやってきたのです。
まだまだ価格は高いのですが、今後の液晶の開発に伴って、価格は下がってくるでしょう。
私も自分のイラストをフレームに入れて、家の中で飾っていますが、ついつい同じイラストが入ったままになっています。
現に未だにクリスマスのイラストのままです(^^;)
はやく変えなきゃ(笑)

デジタルフォトフレームを使えば、データで好きなイラストを幾つか入れておき、その都度表示するデータを変える事ができます。
また、機種によってはスライドシューに対応した物もあります。
テレビも大型で薄型の時代になっていく中で、デジタルフォトフレームも、同様の経過をたどることでしょうね。

家の壁にデジタルフォトフレームを飾り、季節や気分に合わせて、好きなイラストや写真を表示できたら素敵ですよね。
懸念材料としては消費電力です。
エコの時代ですから、無駄に表示しておくのではなく、太陽光発電の技術等を活かして、必要な時に表示して、無駄な電力を使わない製品を増やしてほしいと思います。

私の思っていた時代がやって来た感があるのですが、今後はさらに進んでいくのではないでしょうか。
あくまでも私の考える予想ですが。
デジタルフォトフレームの普及に伴い、デジタルデータの売り上げが伸び始める。
今まで額に入っていた絵や写真が、デジタルフォトフレームとセットでデータとして販売されるようになる。
それに伴い、デジタルデータの流通が動き始める。
デジタルフォトフレームもネット対応になり、インターネットを介してデータを表示できるようになる。
iTunesや着うたのような、写真や絵のダウンロードサービスが始まる。

半分は「そうなって欲しいな」という、私の願いも入っていますが(笑)
音楽がこれだけデジタル化が進み、販売方法もダウンロード化が進んでいるのに、写真や絵がいつまでも紙媒体にとどまる事自体が有り得ない事だと思います。

私の未来予想図、単なる予想だけで終わるのか、現実の物となるのか?
楽しみながら見守っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート

2008年01月09日

今年も描き続けます

すっかり正月気分も抜けて、仕事はすっかり日常ペースになりました。
今年も目標の「月2作品」を頑張っていきたいと思います。
そろそろ新作の構想にとりかかりたいと思っています。
今年はなるべくギリギリにならないように、早い段階で構想を練っていきたいと思います。

委託販売して頂いている「河西喜昇堂」さんでも、新作の売れ行きはやはり良いようで、中には毎月来られて新作を買って下さるお客様もいるようです。
リピーター増えてくれると嬉しいですね。
それだけに毎月新しい作品を届けることが、私の目標からノルマになりつつあります。
良い意味でプレッシャーになっています。

今年は昨年以上にイラストを沢山描きたいですね。
そしてこれまでとは、少し違う雰囲気のイラストにもチャレンジ出来たらと思います。

以前にpixivという、絵を描く人、見る人のコミュニティに登録しましたが、本当に沢山の人が登録していて、いろんな絵を見る事ができます。
とても刺激になりますね。
私の絵を気に入って下さる方もいて、その時はそれがとても励みになります。
自分の絵の世界を広げる意味でも、違う人の絵の世界を見るのは、とても大切な事だと思います。

もっといろんな表現を、もっといろんな色彩で、より想いを込めて絵にできたらいいなぁ〜と想う今日この頃です。
そのためには、じっくりと構想を練り、制作に時間をかける環境が必要なのですが、これは自分で作るしかありませんね。
これが一番の問題です(笑)
若い頃は深夜の2時くらいまで、普通に起きて制作に励みましたが、最近はその時間まで起きていると、朝が辛いです(^^;)

今年はもっと時間をうまく使って、仕事とイラストを頑張っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2007年12月26日

ペット情報誌に掲載

一ヶ月半ほど前の事だったと思います。
私のイラストを雑誌で紹介したいと、突然電話がかかってきました。
最初は何かの広告の案内かな!?と疑って聞いていたのですが、どうやら違ったようです(^^;)
ペット専門誌で「Anifa(アニファ)」という雑誌があるようで、そこのグッズコーナーで私のイラストを紹介したいとの事でした。

ちょうどプレーリードッグのコーナーのようで、私のプレーリードッグをモチーフにした作品の「なごみ陽の朝」を紹介したいとの事でした。
どうやら楽天ショップの方で見たようです。

その後メールで画像や原稿を送り、今月上旬にFAXで誌面レイアウト見本が届き、校正後OKを出しました。
そして本日がそのアニファ2月号の発売日でした。
本屋さんに行って実物を見てみようと思ったのですが、私が行った本屋さんには置いていませんでした。
う〜ん残念(T_T)
大きな本屋さんに行かないと手に入らないのかな?

もしこのアニファを購読している方がおられましたら、探してみて下さいね。
これを見て少しでも、私のイラストに興味を持ってくれる人がいたら嬉しいですね。

071226.jpg
Anifa(アニファ)2月号
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2007年12月18日

ありがとうございました

東京・銀座のミレージャギャラリーで開催していた、グループ展「Very Merry Christmas!!!」が無事終了しました。
足を運んで下さった方々、本当にありがとうございました。

本日、展示してあった作品が、私の手元に戻ってきました。
きっと沢山の方々と見つめ合ったことでしょう。
私は行けずに残念でしたが、作品達が多くの方々とお会いできたことだと思います。

ポストカードも10枚ほど売れたようで、ご購入下さった方、ありがとうございます。
また、めっせ〜じ帳にメッセージを残して下さった方々、ありがとうございます。
直接お会いできれば、もっといろんな話を出来たのでしょうね。
そう考えると、やっぱりその場に居れなかったのは残念です。

ミレージャギャラリーさんでは、度々グループ展の企画を行っているようですので、機会があれば、また是非参加したいと思います。
そして次回は是非、上京して在廊できるようにしたいと思います。
さらにもっと大きな目標としては、東京で個展ですね。
物凄く費用かかるけど(^^;)頑張って達成したいですね。

最後にミレージャギャラリーさんから送って頂いた、展示の様子の写真をアップ致します。
足を運んで下さった方は思い出しながら、残念ながら行けなかった方は、雰囲気だけでもお楽しみ下さい。
071218-1.jpg

071218-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2007年12月11日

明日からグループ展開催

いよいよ明日からグループ展「Very Merry Christmas!!!」が始まります。
関東方面の方でお時間のある方は、覗いて頂けると嬉しいです。
クリスマスのイラストA3サイズを5点、A4サイズを5点、そしてポストカードも18点ほど送っています。
イラストもポストカードも販売も行いますので、気に入った物があればなお嬉しいです。

今回は銀座のミレージャギャラリーさんから、グループ展への参加のお誘いを受けての出展になりました。
私も実際のギャラリーがどんな雰囲気か解らない状態ですので、もしご覧になって頂いた方がおられましたら、雰囲気やご意見・ご感想など頂けると嬉しいです。
おっと、・・・・ギャラリーにはめっせ〜じ帳も置いてありますので、どんどんメッセージ・ご意見・ご感想・御指摘など、気軽にお書き下さい。

過去に行ったグループ展・個展は、どちらも大阪・奈良と、関西方面での作品展でした。
また、自分たちで企画しているので、宣伝も少なく殆どが知り合いへの案内だけでした。
今回は10名のグループ展で、ミレージャギャラリーさんが主催しているので、結構人は集まるのではないかな?と期待しているんですが。
何より銀座ですからね〜。自分が行けない事が一番の心残りです。

私の分まで作品達に、ひとりでも多くの方と向かい合って頂きたいと願っています。
沢山の方との出会いがあることを、遠く奈良の地から願いたいと思います。

今回の展示作品はこちらです。
【Snow Light Tree】
【サンタになったりっちー君】
【森のクリスマス】
【オーロラクリスマス】
【わいわいハウスでチュ〜】
【黒猫サンタのりっちー君】
【バナナムーンクリスマス】
【Happy Christmas】
【エンジェルライト】
【トゥインクルXmas】

ミレージャギャラリーさんのサイトはこちら
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2007年11月13日

グループ展DM到着

昨日、グループ展のDMが届きました。
今回私が参加するグループ展は「Very Merry Christmas!!!」というものです。
私を含め10名のアーティストが、それぞれに個性豊かな作品を展示します。
関東方面の方、お時間ありましたら是非、足を運んで頂けると嬉しいです。

残念ながら私は在廊しておりませんが、私の作品が一人でも多くの方にお会いできることを楽しみにしています。
DMをスキャンしましたので、こちらでアップしたいと思います。
071113-1.jpg

071113-2.jpg

また展示場となるミレージャギャラリーさんのホームページもありますので、そちらも見て頂ければ解りやすいと思います。
http://www.mireyagallery.com/

久しぶりの作品展で、今からワクワクしているのですが、そろそろ作品の準備を始めていかないといけません。
ますます忙しくなってきそうです。

グループ展開催中は作品の販売も可能なようですし、POSTCARDも販売して頂けるようです。
売れるかどうかは別として(笑)一応販売可能な状態にしておきたいと思います。

近ければ私も在廊するんですが、今回は同窓会で東京に行った後なので、尚更厳しいですね。
今後、同様に作品展を関東方面で行う機会があれば、その時は是非在廊してみたいと思います。
さぁ、作品の選別・準備に取り掛かっていきますかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2007年10月29日

グループ展に参加します

今年の目標の一つとして、作品展を開催することがあったのですが、残念ながら個展という形での作品展は難しくなってきました。
期待してお待ちしていた方々(そんなにいないと思うけど)申し訳ございません。
もう少し力を蓄えて、来年に向けて頑張ります。

来年には是非、関西中心で個展orグループ展を行いたいと思います。
で、関東方面の方、お知らせです。

実は2ヶ月ほど前に、銀座にあるギャラリーの方からメールを頂戴しました。
ARTBOXのイラストレータファイルで私の作品を見て、イラストを気に入って頂いたようです。
「12月にグループ展を開催する予定なので参加して頂けませんか?」とのお誘いでした。
クリスマスをテーマにしたグループ展で、10名ほどのアーティストが参加する予定です。
12/12(水)〜17(月)「Very Merry Christmas!」展 という作品展になります。
また詳細解ったらこちらで案内していきます。

銀座で作品展をするのは、私の目標の一つでもあるのですが、グループ展という形ででもとりあえず出来るのは嬉しいことですね。
今回はクリスマスがテーマですので、展示する作品はクリスマス作品がメインになると思います。
POSTCARDの販売も行ってもらえるようですので、POSTCARDも幾つか用意したいと思っています。

私が行けたらいいのですが、ちょっと難しいと思うので、せめて作品だけでも多くの方に見て頂けたらと思います。
またギリギリでドタバタしそうなので、そろそろ準備の方に取りかかっていかないといけませんね(^^;)
DMが出来たらまた案内させて頂きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(5) | TrackBack(0) | アート

2007年10月13日

オリジナル時計を作ってみる

今日は土曜日。
息子は学校お休みです・・・にも関わらず、朝一番に起きていました。
理由は朝の6時半からやってる「ゲゲゲの鬼太郎」を見るためでした。
子供って本当にこんな楽しみなら早起きするんですね。
平日は「学校だよ!!」って叩き起こされているのに(^^;)

そんな息子ですが、今日の午前中は言われた通りに宿題をして、部屋の片づけをちゃんとしていました。
それが終わったらDVDを見てもいいという約束だったので、頑張れたのでしょうね。
宿題も片づけも終わって、私の部屋に入ってきてiMacでDVDを見ようとしたのですが、私が作っている物を見て、息子の気持ちが変わったようです。

それは今依頼されているオリジナル時計。
以前、サイトのカウプレとして、私のイラストでオリジナル時計を作ってプレゼントしたことがあるのですが、その時計の注文を頂いたのです。
注文と言っても、市販の安い時計を買ってきて、文字盤の部分をはがして、私のイラストに張り替えるだけなんですけどね(^^;)

しかし息子にしてみたら、それが凄いことに思えたようで、「ボクも時計作りたい!!」と、突然DVD観賞から時計作りへと興味が変わったのでした。
ちょうど時計を買う時に、家用にも・・・・と、一つ買っていたのです。
息子の部屋の時計が壊れてしまって、新しく時計が必要だったので、ちょうど良かったのです。

最初は私のイラストを入れて作るつもりでしたが、息子に「自分で描いてみる!?」と聞くと「うん!!自分で描く!!」と乗り気だったので、スケッチブックに好きな絵を描かせました。
描いた絵はドラえもん。しかし妙な顔のドラえもんです。
描いた本人も「変な顔になった!!」と笑っていましたが、なかなか面白い表情なので、そのまま使うことにしました。

しかし息子が描いたのは線画です。
そこでスキャニングして、画像として取り込み、さらにペインターというお絵書きソフトで、息子に色を塗らせました。
以前も使った事があるので、息子もためらわずにタブレットで色を塗っていました。
でき上がった画像を、今度は私の方でillustratorに貼り付けて、文字盤等を付加えプリント。
印刷された物を時計に貼り付けました。
息子はでき上がったオリジナル時計に、嬉しくて嬉しくて何度も何度も手に取って見ていました。

綺麗に作るのもいいですが、自分の描いた絵で時計を作らせるのも、またいいですね。
早速明日にでも息子の部屋に取り付けたいと思います。

071013-1.jpg
以前にも作った「バナナムーン時計」

071013-2.jpg
息子が描いた「ドラえもん」時計
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2007年10月10日

秋の風景撮影(彼岸花と稲穂)

めっきり秋らしくなりましたね。
気温もグンと下がってきて、一気にお鍋の美味しい季節になりました。
つい先日まで「暑い〜!」って唸っていたのがウソのようです(笑)

この時期になると、田んぼのあぜ道に、燃えるような赤い彼岸花が花を咲かせます。
毎年決ってお彼岸の時期になると咲くから不思議ですよね。
桜はその年の気候によって、開花時期が変わるのに、彼岸花はお彼岸の頃になると咲くんですよね。
やっぱりちょっと不気味な花ですよね(^^;)

でも、近づいて見てみると、彼岸花って物凄くアーティスティックな花なんですよね。
この時季、稲穂の金色と彼岸花の紅色が、とても綺麗に映えています。
いつか写真に撮ろうと思いながら、なかなか撮る時間が作れず、気がつけば稲刈りも始まっていました。
先日の日曜日に、子供たちと散歩しながら撮ろうと、カメラを持って歩いたのですが、娘から目が離せないので、ゆっくりと撮る事は不可能でした。
天気も悪かったし、日曜日は撮影を諦めていました。

今日は天気も上々で、お昼のちょこっと手が空いた時間に、カメラ抱えて近くの田んぼまで歩いて撮影してきました。
田んぼのあぜ道に、一列に並んで咲く彼岸花が、まるで行列でも作っているよでした。
秋晴れの爽やかな青に、金色がかった稲穂の緑、それにまるでアクセントをつけるような彼岸花の紅。
30分ほど、秋風に吹かれながら撮影を楽しみました。

色づく秋、夏から冬へと向かう間の季節だけあって、その彩りは刻一刻と変わっていきます。
田んぼの稲刈りが終われば、緑が消え薄褐色の土の色一色に変わります。
今度は木々が色づく紅葉の時季に移り変わっていきますね。
移り行く秋の景色。一枚でも多くカメラにおさめられたらなぁ〜と思います。

071010-1.jpg

071010-2.jpg

071010-3.jpg

071010-4.jpg

071010-5.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2007年10月03日

イラストがいっぱい

以前にネットニュースで「イラスト好きな人同士のコミュニティ」と題して、pixivというサイトがあることを知りました。
今最も加入者が多いコミュニティサイトのmixiの、目的を絞った感じといったところでしょうか。
一応登録をしておいたのですが、しばらく何もせずほっておいたままになっていました。

一昨日にようやく、アニマルイラストシリーズのイラストを、全部アップしておいたのですが、このサイトの面白いところは、閲覧した人がイラストに点数をつけることができることです。
自分の気に入ったイラストをお気に入りに設定したり、10段階で評価したり、そのイラストにコメントを残す事もできます。
私のイラストにもいくつかコメントが付いているようです。そして評価も付き始めています。

今までは描いたイラストを自分のサイトにアップして、そしてここでもアップし、同様にmixiでも日記として公開することで、イラストの紹介を行ってきました。
イラストを見て頂いた方が、その感想をコメントして下さるので、それが次の作品への意欲に繋がっています。
でも、きっとイラストを見ても、コメントまではなかなか出来ない方もおられると思います。
そんな方にとっては、この10段階で評価ができるというのは面白いですね。
これもまた「どんなイラストが評価されているのか」という点で、なかなか参考になります。

pixivはすでに登録者が10000人を超えたようで、やっぱりみんな作品発表の場を求めているのですね。
見た感じではイラストというよりも、アニメの方が圧倒的に多い感じです。
俗に言う「萌え〜(もう古いか)」的なイラストが多いです。
そんな中で私のイラストはちょっと浮いた存在なのかも知れません。

しかし様々なイラストがあるので、他の人のイラストを見ているだけでも、結構刺激になり切磋琢磨できて良い気がします。
自分の作風を見つめ直す意味でも、他の人の作品を見るのはとても参考になります。
イラスト描いていて「私も・・・」と思う方、イラストをアップするには、登録が必要ですが試してみてはいかがですか。
http://www.pixiv.net/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2007年07月02日

イラストの感想

本日委託販売して頂いている河西喜昇堂さんから、売れ残りのポストカードが返ってきました。
毎月「どれくらい売れたのだろう?」と、不安半分、楽しみ半分で箱を開きます。
今回は142枚の売り上げでした。まぁまぁですかね。

河西喜昇堂さんで委託販売を始めさせて頂いて、かれこれ3年近くになります。
今年の秋で丸3年になるのですから、もうそんなになるんだとビックリしています。
お陰様で毎月100〜200枚程売れています。そしてリピーターが多いのが特長のようです。
「毎月楽しみに買いに来られるお客様もいますよ」と聞くと、やはり忙しくても新作を描いて届けたい気持ちになるんですよね。
本当に嬉しいことですし、イラストを描く原動力になっています。

今回は初めて「ご意見・ご感想」の紙が入っていました。
以前に「購入される方やご覧頂いた方に、何か要望があれば書いて頂きたい。」と思い、ポストカードと共に置かせて頂いていました。
私もすっかり存在を忘れていましたが、初めてのメッセージでとても嬉しかったです。
ホームページで紹介可という欄にチェックして頂いているので紹介させて頂きます。

【ご意見・ご感想】
こんにちは。新作の「真夏の雪灯」がとても気に入りました。
夜の闇の色がとても美しいです。
静かな小川のせせらぎの音が聞こえて来そうです。
ウサギの親子もとても可愛いですね!

Hayaさん(大阪府・池田市)から頂きました。

Hayaさんは時々コメント頂いたり、mixiでもコメント頂いたりしています。
いつもありがとうございます。

やはり自分のイラストに関して感想を頂けるのは本当に嬉しいですね。
誰かのために描く訳ではありませんが、自分自身が好きで描くイラストが、誰かの目に触れその人の心を和ませることができるとしたら、本当に幸せなことだと思います。
これからも楽しみながら描いていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート