2020年09月08日

お月見イラストの数々

200908.jpg
【満月をモチーフにしたイラスト】

この1週間ほどで、満月のイラストの注文が続いた。
作品No.097「お月見にゃんこ」が3枚、新作のNo.178「秋風四重奏」のポストカードセットが1点。
そしてこれは作品ではないのですが、「お月見にゃんこ」を見て、こんなシルエットイラストを描いて欲しいとの注文を受けて、オリジナルシルエットイラストを1点。

不思議なもので、注文が入ると立て続けに来る事が多い。
入らないときは全く入らない。
ここ2〜3ヶ月は本当に注文がまばらだった。
ところが先月末に一つ注文が入ると、立て続けに注文が入った。

今回はなぜか「お月見にゃんこ」が人気。
月見のシーズンなので、お月見のイラストが注目されたのだと思うけど、他にも満月のイラストたくさんあるのに、なぜ「お月見にゃんこ」に集中したのか?
やっぱり猫&月がポイントか?

満月をモチーフにしたイラストは、本当にたくさんあります。
数えてみると・・・・
◎023ムーンライトシンフォニー
◎047古都静月(ことしづき)
◎072静北優月(しずきたゆうげつ)
◎096秋風静音(あきかぜしずね)
◎097お月見にゃんこ
◎120竹音静月(たけのねしづき)
◎145奄音恋美月(あまねこいみづき)
◎154青の古城
◎166秋音色の鏡月
◎178秋風四重奏

これ以外にも満月のイラストはあるけど、お月見の時期のイラストとしてはこれくらい。
この中で「お月見にゃんこ」に注文が多かったのは、やはり猫がモチーフだからか?
他のイラストは比較的幻想的なイメージがある。
その中で「お月見にゃんこ」だけが家族的。

自分のイラストを分析してみるのも面白いものですね。
どうしても満月を描くときに、何か神秘的なイメージを持っているので、どうしても幻想的なイラストが多くなる。
今回の新作「秋風四重奏」も神秘的なイメージを前面に出した。
その中で、「お月見にゃんこ」だけは、家庭的でほんわかしたイメージです。

そういえば、アニマルイラストシリーズって、元々は動物の親子や家族を描いていた。
最近はその親子感や家族感が少ない気がします。
ここは一つ原点に戻って、次の作品は家族的なイラストを描いてみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | アート

2020年08月25日

インパクト大のロゴマーク

200825.jpg

大阪万博2025のロゴマークが発表されました。
第一印象「なんじゃこりゃ」でした(笑)
ネット上でも「気持ち悪い」とか「わからない」といった声が多数。

5894件の応募の中から選ばれたらしいが、「他にもっと良い物は無かったの?」と思ってしまった。
最終選考まで残った作品も見たが、不思議なもので、その中で見ると何となく選ばれたのが分かる気もする。
インパクトが全然違う。

他の作品は綺麗にまとまっている。
普通に考えれば、他の作品が選ばれるであろう。
私が選考員なら、他の綺麗にまとまった作品を選んでいたと思う。

しかし、この作品が選ばれたのには、やはりそれだけの理由があったのでしょう。
インパクトという点では、確実に他の作品を寄せ付けない物がある。

このロゴマークは、円や楕円で形状や大きさが異なる細胞のキャラクターをイメージしているらしい。
70年万博のシンボルマークの桜をモチーフにした、愛らしい目のような各細胞が特徴とのこと。
また環状の内側の形状は、大阪府や関西を表している。

また、今回選ばれたデザイナー集団「TEAM INARI(チーム イナリ)」の代表のシマダタモツさんは、1970年の大阪万博に登場した「太陽の塔」に刺激を受け、今回の作品もその頃のインパクトに近づけたいと発案したようです。
そりゃ〜インパクトという意味では完璧ですよね。

最初見た印象は「なんじゃこりゃ」でしたから、インパクトという点では、確かに的を得ています。
しかしこれが選ばれたということは、選考員もそれなりの覚悟を持って選んだのでしょうね。
選考員には建築家の安藤忠雄氏もいて、このロゴマークについて「今までのロゴは左右対称で安定しているが、違った方向を向いて予定調和ではない。大阪らしい楽しさもあり、新しい時代を切り開こうとする意志がある」とのメッセージを出しています。

やはりそこなんですよね。
私も仕事でロゴマークとか作りますが、左右対称であったり、とにかく「綺麗にまとめる」という方向に考えます。
またクライアントもそれを求めていて、いかに美しくまとまっているかがポイントになる。

ところが今回のロゴは、全くまとまっていない。
左右対称でもなく、てんでバラバラ(笑)
しかも色合いも、赤と青という何ともチグハグな組み合わせ。

でも何となく懐かしさを感じる色合い。
なぜだろうと思ったら、昭和の40〜50年代って、この組み合わせが結構あった気がする。
例えばウルトラマンは、赤色にカラータイマーが青。
オモチャとかも赤と青の組み合わせ多かった気がする。
まさしく1970年代の大阪万博の頃の色合いに合わせたのかも知れませんね。

今はまだ「なんじゃこりゃ」だけども、その内だんだんと見慣れてくるでしょう。
奈良のキャラクター「せんと君」も、最初は大不評でしたからね(笑)
今でも可愛いとは思えないけど、キャラクターとして定着しました。

大阪万博まで5年。
その前に、オリンピック開催して欲しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:08 | Comment(0) | アート

2020年03月24日

手作りオリジナルレターセット

200324.jpg
【桜と黒猫りっちー君のオリジナル手作りレターセット】

長女の中学校も、次女の小学校も、卒業式は卒業生&保護者・教員だけで行われました。
中学校は13日に、小学校は19日にそろぞれ行われたようです。
私は小学校の卒業式に、来賓で呼ばれていたのですが、今回の武漢肺炎騒動で来賓は無し。

卒業式は何とかできたようですが、在校生の終業式はやはり無理なようです。
今日は次女の担任の先生が、プリント類など一式を、わざわざ届けに来てくれました。
各家庭に二日間にかけて配って回るみたいです。

最初に私が出て、プリント類など受け取り、説明を受けました。
そして先生が「次女ちゃんいますか?」と聞かれたので、次女を呼びました。
しかしなかなか2階から降りて来ない。
返事はするのになかなか来ない。

先生も忙しいのに、何をグズグズしているのか?と思ったら、どうやら着替えて髪の毛を整えていたようだ。
確かにパジャマで髪の毛も寝起きのママだった(笑)
今までだったらそんな事気にもせず出て来たと思うのだが、次女もちょっと乙女心が付いて来たのか(笑)

久々に先生と会って、ちょっと照れ臭そうな次女。
先生と会うのは、実に1ヶ月ぶり。
次女は2月の末にインフルエンザにかかり、その後学級閉鎖となり、そのまま一斉休校になってしまった。
だから次女のクラスは学級閉鎖中に休校になったので、臨時のお別れ会などもできないままだったのです。

先生にとっても名残惜しかったのでしょうね。
次女に手紙を書いてくれていたようで、プリント類の中にお手紙が入っていました。
もちろん次女は大喜び。クラス全員に書いているのだと思います。
先生も大変です。

お手紙を読んだ次女は、「お返事書きたい」と言い出しました。
しかしあいにく便箋も封筒もありません。
あることにはあるけど、大人用の縦書き便箋や、業務用の封筒ばかり。

便箋は適当に作ることが出来るので、オリジナルで作ってあげる事にしました。
しかし封筒は適当な物がない。
その時ふと思い出した。

昔、無印良品で封筒のテンプレートを買った。
プラスチックの型になっていて、なぞって切って折り曲げると洋型の封筒が作れる。
早速作ってみたら、簡単に出来た。

そこでその型を元に、自分でオリジナルの封筒を作る事にした。
桜の季節なので、桜と黒猫りっちー君で、オリジナル封筒&便箋を作成。
コピー用紙なので、ちょっと封筒は柔らかめだが、それなりの物が作れた。
それを次女に渡すと、大喜びでお手紙を書いていました。

小一時間ほどで、封筒に手紙を入れて持って来たので、学校に送るように住所を書かせました。
ちゃんと切手も貼ったので、明日にでも投函させようと思います。
学校に持っていけば早いけど、それじゃお手紙の意味なくなるので、郵送で。

次女のお手紙発言から、オリジナルレターセットが出来上がりました。
昔は既成の封筒にプリントしたりしていたけど、手作りで封筒作れるのは良いですね。
他のイラストも使ったりして、もっとたくさんのレターセット作ってみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:15 | Comment(0) | アート

2020年03月10日

妖怪アマビエとともに乗り越えよう

200310.jpg

200310-2.jpg
【江戸末期に描かれたアマビエ】

毎日毎日、ニュースは武漢肺炎(新型コロナウイルス)のことばかり。
不要な外出を控えて、じっと我慢の日々ですが、流石に気が滅入ってしまう人もいるだろう。
イベントは無理だけど、2〜3人や家族で飲食くらいは良いと思う。
いやむしろ積極的にやるべきだと思う。

感染のリスクは、換気が悪く大勢の人が集まる場所。
食事をしたり、軽く飲むくらいは、経済を回す意味でも必要なこと。
本当にこの2週間は、経済の落ち込みがすごいと思います。
我々の気持ちを晴らす意味でも、経済を回す意味でも、多少は外出して飲食くらいは必要でしょう。

また観光地へ旅行も良いかも。
今は人が少なくてきっと狙い目。
感染者や濃厚接触者が動いてはいけないけど、そうでない人は動ける範囲で動きましょう。
とにかくクラスター(集団感染)さえなければ、抑え込みは十分可能です。

そんな事を思いながら、ネットニュースを見ていたら、気になる記事が。
【SNSなどでツイート激増「アマビエ」】という記事。
アマビエを最初「アマエビ」と読んでしまい、また「甘エビがウイルスに効く」などとデマが広がったのか?と思った。

しかしアマエビではなくアマビエ。
アマビエは江戸末期に描かれた妖怪らしく、そのアマビエを描いてSNSなどに投稿する人が増えているんだとか。
以下、アマビエの説明をYahooニュースから抜粋。

===<Yahooニュースより抜粋>=======================
■江戸末期に肥後に出現
アマビエは江戸時代末期の弘化3年(1846年)、肥後国(熊本県)に出現した怪異として、当時の新聞である瓦版にその姿が収められている。
この瓦版によると、何やら海に夜ごと光るものがあり、役人が調査に赴くと、奇妙な妖怪が姿を現した。

妖怪は、「私は海中に住む『アマビエ』である」と名乗り、「もし疫病が流行るようなことがあれば、私を描いた絵を人々に見せよ」と告げて、再び海の中に消えたという。
===<抜粋ここまで>==============================

なるほど、疫病が流行った時に、アマビエを描いた絵を人々に見せるので、みんなアマビエを描いて投稿しているのですね。
今回の武漢肺炎がまさしく疫病の流行。
アマビエを描いてみんなに見てもらう。

そこで私も自分なりのアマビエを描きました。
かなりデフォルメしていますが、一応特徴は残しています。
おまじないみたいなものですが、気休めにでもなれば良いかと。

本当に今後の状況は、神のみぞ知るという感じです。
おまじないでも願掛けでも、出来ることはやって、みんなで頑張りましょう。
そして乗り越えたら、経済の回復です。

妖怪アマビエちゃん、武漢肺炎ウイルスをやっつけておくれ!

posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:38 | Comment(0) | アート

2019年02月02日

懐かしのポエム集

190202-1.jpg
【友人と作ったポエム集4部作】

190202-2.jpg
【第4部用に描いたイラストの原版】

暖かい一日でした。
土曜日ということもあり、我が家は朝からまったりモード。
しかし、私は仕事があったので、いつもよりはちょっと遅めの始動でしたが、仕事をスタート。
和菓子屋さんの和菓子撮影のため、撮影セットを広げて、和菓子の撮影をしました。

午前中で撮影を終えたら、午後からは部屋の片付け。
片付けと言うよりも、部屋の模様替えに近い。
ついでに断捨離も行った。

しかしながら、半日で終わるような量では無い。
明日も部屋の片付けしないと、とても終わりそうにありません。
ついでだから、クローゼットの中も断捨離したいと思います。

私の性格は、なかなか物が捨てれない。
「何かに使えそう」とか「まだ使えるな」と思うと、ついつい残してしまう。
そんな物が部屋には溢れているのです。

「いつか使いかも!?」と思っておいていた物は、ずっと使わずに忘れ去られている物ばかり。
これを機に、使わない物は、どんどん捨てて行こうと思います。

でも中にはやっぱり捨てられない物もあります。
そんな中の一つが、昔描いたイラスト。
もうかれこれ30年近く前に描いた物。

正確にはイラストと言うよりも、ポエム集なのです。
昔、友人が詩を書いて、そこに私がイラストを添えたポエム集を作りました。
最初に作った時は、クリスマスパーティーをした時で、集まった人たちにプレゼントとして配りました。

当時は今のようなパソコンも無ければ、プリンターも無い。
そこで、線画で描いたイラストを、必要枚数分だけコピーした。
そこに、1枚ずつ着色するという、とんでもなく気の遠くなる作業をやっていた。
あの頃は、本当に時間もあれば、体力もあったんですね(^^;)

第2作は、少し手を抜いて、カラーコピーを使った。
全部で4つのポエム集を作った。
もちろん製本も自分たちでやった。
本当に暇だったんだなぁ〜と、今となっては思う(笑)

今、あの頃のように時間があったら、いくらでも好きな絵を描いているだろうな。
そして同じようにポエム集を作ろうと思えば、Macで作業して、プリンターで出力して、いくらでも作ることができる。
何ならネット印刷に出して、本格的な物も作ることができる。

残念ながら、私には詩を書く能力が無い。
なのでポエム集は無理かな(笑)
でも、アニマルイラストシリーズは、イラストのコメントがあるので、似たような物にはなる。

そう、作品集を作ろうと思えば、いつでも作れる環境なんですよね。
あの頃の情熱を、また取り戻したいですね。

捨てる物を探っていて、捨てられない物を見つけてしまいました(^^;)
さらに情熱という忘れ物を、見つけたような気持ちです。
何かを形にしたいと思う気持ちって大事ですね。

常にあの頃の情熱を忘れないように、もっともっと頑張りたいと思った1日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | アート

2018年11月24日

笑顔の撮影代

181124.jpg
【展示されていた次女の絵】

昨夜から息子が帰省しています。
ただいま航海実習の真っ只中なのですが、2泊3日で帰って来ています。
実は今、名古屋港に寄港していて、連休の間下船が出来るようです。
その時間を使って帰省しています。

明日の晩には、再び名古屋に戻って航海実習を続けます。
年末になると、今度は神戸港に寄稿して、再び下船。
年末年始は家で過ごすことになりそうです。
その後は、いよいよシンガポールに向けて、出航するようです。

そんな息子と入れ替わりのように、朝早く嫁さんは出て行きました。
学会があるため、愛媛まで1泊2日でお出かけ。
帰ってくるのは、明日の夜遅くなので、息子とは完全に入れ違いです。

今日は子供達と一緒に、市民文化センターへ出かけました。
次女の絵が選ばれて、展示されているのです。
嫁さんが「自分が行けないから」と、息子に代役を頼んでいました。

クラスから2名ほど選ばれているようで、多くの小学校の絵の中に、次女の絵もありました。
遠足で行った海遊館を描いたようで、ジンベイザメやエイなどが描かれていました。
嫁さんに見せるために、iPhoneで絵を撮影。
そして記念に、自分の絵と一緒に次女も撮影。

ところが、何故か不機嫌な顔の次女。
きっと照れ臭かったのだと思います。
「笑って」と言っても、ブスッとした顔のまま。

そこですかさず息子が一言。
「笑ったらアイス」
すると、次女が「本当に!?」と、急に笑顔になりました。
これにはもう呆れ気味でしたが、笑顔のうちに撮影しました(^^;)

その後、他の作品も観て回りました。
もの凄く上手な絵や、発想が面白い絵など、観ていてとても楽しかったです。
習字も展示されていて、字が汚い娘たちにすると、「どうしてこんなに綺麗に書けるのだろう?」と、不思議がっていました(笑)

一通り作品を見て、市民文化センターを後にしました。
すると次女が一言。
「アイスは?」

これに息子が応戦。
「お兄ちゃん財布持って来てない」
「それにアイスって言っただけで、買うとは言ってない。」

確かに「笑ったらアイス」って言っただけです(笑)
仕方ないので、コンビニに寄って、私がアイスを買ってあげました。
もちろん次女だけってわけにもいかないので、全員のアイスを購入。

これを嫁さんに報告すると、「高い写真代だね」と返って来ました。
ホント、笑顔の写真撮るのに、アイス代+コーラで1,000円程度かかりました(笑)
まぁ、これも想い出の一つですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | アート

2018年05月15日

創作活動を続けたい

180515.jpg
【創作活動を支えるファンコミュニティのPIXIV FUNBOX】

皆さんは子供の頃の夢って覚えていますか?
私は小学校の卒業の文集に、将来の夢として「画家になりたい」と書いていたのを覚えています。
中学生の時は、ギターに夢中になっていたので、「ギタリストになりたい」でしたが(笑)

高校生になって、現実を見るようになって、工業高校の電気科からSHARPへと入社しました。
この頃は「夢はユメ現実は違う」と、自分に言い聞かせていたような気がします。
でも、25歳の時に、やっぱり子供の頃の夢が諦めきれなくて、脱サラして今に至っています。

「画家になりたい」という夢とは多少違いますが、似たような仕事をしている。
グラフィックデザイナーとして、仕事をしながら、趣味でイラストを描き、絵本の挿絵なども描かせてもらっている。
そして自分の作品として描いたイラストで、ポストカードなども作り、僅かですが販売もできている。

そう考えると、一応夢を叶えていると言えるかも。
そりゃ〜作品として描いたイラストで食って行ければ、それが一番の夢を叶えたことになる。
しかし、現実はそうはいきません。

昔の画家というのは、名前が売れるまでは、大変な苦労をしながら絵を描いていた。というイメージがあります。
絵を描くために、他に仕事をしながら、絵を描いたりしていた。
私の故郷で絵を描いていた、田中一村も紬関係の仕事をしていました。
それだけ、絵で食っていくということは、とても難しいことなんですよね。

自分の描いた作品が、どんどん売れてくれたなら、絵で食っていくこともできるでしょう。
しかし、現実はそんなことはない。
名前が売れりゃ〜別でしょうが、なかなか難しいですよね。

でも、昔に比べると、自身の作品を見てもらえることは、とてもやりやすくなりました。
やはりインターネットのお陰です。
誰でも気軽に作品を見てもらえるようになりました。

私も自分の作品を、ネットにアップして、いろんな人から感想などをいただいて、作品を描き続けることができました。
最近は、ちょっとペースが落ちていますが、まだまだ作品を描き続けていきたいです。

私のイラストは、自分のサイトにはもちろんですが、イラスト投稿サイトにもアップしています。
pixivというイラスト投稿サイトに、アニマルイラストシリーズをアップしている。
お陰様で、フォロワーも200名くらいはいるみたいです。
pixivはこちら

また、作品販売としてcreemaというショップサイトにも、作品をアップしています。
こちらも200名を超えるフォロワーがいらっしゃいます。
creemaはこちら

さらに今回、pixivから新たな試みのサイトが立ち上がりました。
PIXIV FUNBOXというクリエイター支援サイトです。
気に入ったクリエイターを支援することで、クリエイターが創作活動に集中できるようになる。

私も早速登録をして、支援プランを作ってみました。
手軽に支援できる\150/月から、\300/月と\500/月プラン。
果たして「支援したい」って人がいるのか、わからないけど、私のイラストを好きでいてくれる人がいたら嬉しいです。

お金のために絵を描くわけではない。
でも、創作活動には、やはりお金も必要なのは確か。
それを理解して、僅かでも応援したいというための、PIXIV FUNBOXなのです。

もし、「支援しても良いよ」って方がおられたら、PIXIV FUNBOXを覗いてください。
PIXIV FUNBOXはこちら

以前のように、ひと月2作品は難しいけど、ひと月1作品を目標に、新作を描いていきたいですね。
今月も残り半分ですが、新作頑張って描きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:48 | Comment(0) | アート

2018年05月01日

仕事と作品づくり

180501.jpg
【昨年の6月にこの新作を描いてから描けていません(^^;)】

5月になってしまった。
なんという速さだ(-_-)
一年の1/3が終わってしまった。

今日はゴールデンウィーク中休み。
娘たちは学校で、私と嫁さんも仕事。
息子だけが家でのんびりとしていました。

今年もあっという間に時間が過ぎていきます。
3月までは、本当に仕事に追われまくっていました。
4月に入ってからは、仕事は随分落ち着きました。
振り返ってみると、4月はじっくりと絵本の挿絵に取り組んでいた。

以前もつぶやきましたが、絵本の挿絵の仕事を一つ進行中です。
これまでも、たくさんの絵本の挿絵を描いている。
しかし、これまでは、Illustratorで描いていた。
私が作品として描いている、アニマルイラストと同じ手法で制作していた。

ところが、今回の絵本は手描き風のイラスト。
これまでとは手法が異なる。
不慣れなpainterで描いている。

そのため、時間もかかっている。
これまでのように、たくさんの仕事に追われていたら、きっと描けていなかっただろう。
良いタイミングで、仕事が落ち着いた。
おかげでpainterで描くのも、徐々に慣れてきている。

Illustratorで描き始めた頃もそうでしたが、やはり続けて描かないとダメなんですよね。
やはり感覚が鈍ると、なかなか描けなくなる。
今回は仕事として描いているが、やはり作品としても、painterを使って描きたい。

昔はひと月に2作品というノルマを自分に課していた。
あの頃も忙しかったと思うのだが、なぜ描けていたのか?
やはり気持ちの問題だろう。
頑張ってノルマ復活させよう。

2作品は厳しいかも知れないが、なんとは月に1作品は描きたい。
もう1年近く新作出してないもんなぁ〜(^^;)

5月に入って爽やかな季節。
気持ちも切り替えて頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | アート

2017年09月26日

イラストのPOSTCARD化

170926.jpg
【オフセット印刷のPOSTCARD】

最近、また新作を描くことから遠ざかっています。
なかなか気持ちが向かない。
やはりドタバタとしていると、作品の方にはなかなか気持ちが向かないものです。
仕事ではイラスト描いていても、自分の作品でとなると、なかなかその時間確保が難しい。

そんな気持ちを少しでも、前向きにしようと、POSTCARDの印刷をしました。
これまで描いてきた、アニマルシリーズのイラストは、ほとんどのイラストをPOSTCARDにしています。
ただ、以前のレイアウトは、全面イラストではなく、イラストの下にコメントの入ったレイアウト。
このレイアウトで、たくさんのイラストをPOSTCARDにしています。

しかし、やはりイラスト全面の方が良いと判断して、今は全面イラストのPOSTCARDに切り替えている。
最近はPOSTCARD化もサボっていて、まだ全面イラストのPOSTCARDは数える程度。
オフセット印刷に出すので、当然お金もかかってきますからね。
一気に全面イラストのPOSTCARDに切り替えは難しいので、少しずつ印刷に出すことにしています。

今回は秋のイラストと言うことで、「優秋風月(ゆうしゅうふうげつ)」と「ぶどう畑のりっちー君」の2点を印刷に出しました。
毎回感じることですが、オフセット印刷で仕上がってくると、紙厚もしっかりしていて、一気に「商品」というイメージになるから不思議です。
イラストも全面なので、単にイラストを楽しむこともできるし、宛名面もありますので、ハガキとしても使えます。
イラスト名とイラストのコメントは、宛名面に記しています。

毎月、月末に委託販売先にPOSTCARDを発送するので、今回はこの2作品も出したいと思います。
新作ではないけれど、POSTCARD化できていなかったので、初めてお目見えする商品になります。
少しでも売れてくれると良いなぁ〜。
これから、毎月2点くらいずつでも、全面イラストのPOSTCARDを印刷に出したいですね。

そして、やはり新作も描いて行きたい。
今、アニマルシリーズは150作品。
頑張って200作品は描きたい。

以前は、毎月2作品を自身のノルマとして描いていた。
さすがに今はそれは無理だけど、せめて月に1点か2ヶ月に1点くらいは描きたい。
そしてアニマルシリーズ以外のイラストも、もっともっと描いて行きたいです。

描くだけの環境は揃っています。
IllustratorもPhotoshopも、painterもCLIP STUDIO PAINTもある。
液晶ではないけど、ペンタブレットもある。
あとは描く気力です(^^;)

絵本の仕事もあるけど、他にもイラストの仕事を増やして行きたい。
そのためにも、もっともっと描かなくてはいけません。
気持ちばかりが先走って、身体がついて行っていないのが現状ですね。

まずは仕事をしっかりこなし、私用もしっかりとこなして、少しでも空いた時間で描くことですね。
気力も大事だけど、体力も大事だな〜(笑)

芸術の秋、少しでも気持ちを前向きに、描いて行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | アート

2017年01月31日

作品を描きたい

148雪の宿とりっちー君.jpg
【この作品から2年以上新作描いていない(^_^;)】

1月が終わってしまった(-_-;)
今年も残り11ヶ月となってしまいましたね(笑)
本当に年々、月日が経つのが早くなっているんですけど、なんで?
マジで地球の回転速度が早くなっているんじゃないか?と思ってしまう。

今年も残り11ヶ月しかないので(笑)しっかり計画を立てて、いろんなことをやりたいと思う。
とりわけ、作品を描いていきたい。
最後に作品描いたのいつだっけ?
もう2年以上経つかな?

最後の作品は、「雪の宿とりっちー君」です。
確か、2014年12月の作品展の時に、発表したのが最後。
もう2年以上作品を描いていません。
なんというだらしなさ(-_-;)

その間に、絵本の挿絵は描いているのですが、自分の作品としてのイラストは描けていない。
今も、絵本が3つ同時進行して、イラスト漬けになっている。
しかし、自分の作品としてのイラストは、全く描けていない。
絵本の挿絵のイラストを描いている勢いで、自分の作品も描きたいと思っているのですが。
一つは頭の中で、イメージしているイラストがあるので、頑張って作品にしたいと思っています。

やはり昔のように、ある程度、自分にノルマとして課さないと、なかなか描けないです。
10年くらい前は、月に2作品として、自分にノルマを課し、頑張って描いていました。
しかし、いつの日か描けなくなり、そうなると、なかなか描かなくなるものです。
「時間のできた時に・・・」と思っていると、絶対に時間はできません。

「イラストを描くのも仕事のうち」という気持ちで描かないと、なかなか描けないでしょうね。
実際に、月に2作品描いていた時は、仕事の時間を使って描いていました。
その当時は、今のように仕事が詰まっていなかったとも言えます。
今は、本当にイラストを描く余裕が無い。

しかし、そう言っていると、結局今年も全く作品を描けなくなる。
頑張ってもう一度自分にノルマを課してみようかな。
月に2作品は無理なので、せめて月に1作品。
ネットショップでも、イラストがぼちぼち売れているので、やはり新作はどんどん出していきたい。

1月は終わってしまうが、2月には作品を一つ描きたいです。
頭の中にはイメージがあるので、あとはイラストを描く時間を作ること。
日中はおそらく無理だろうな。仕事詰まっているし。となると、あとは夜の時間です。
夜の時間に描くのは気力がいる。

昔は夜の時間の方が、創作には向いていた。
しかし、最近は日中仕事して、お風呂や晩御飯の用意して、一息ついたらもうダメ。
完全に全てを出し切った感があり、晩御飯食べてソファーに身体を預けたら、もう動けない(笑)
この状態に打ち勝つだけの、創作意欲が出せるかどうかが鍵になる。

でも、作品としてイラスト描くのは楽しい。
描き始めて、調子が出てくると、本当に楽しくて止まらなくなる。
あの感覚を、もう一度味わいたいと思います。
明日から2月。さぁ仕事に作品づくりに頑張るべ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | アート

2016年12月11日

エアフローティングメディア展Vol.12のお知らせ

161211.jpg

時々、こちらで紹介させていただいている「エアフローティングメディア展」。
第12回が12/17(土)・18(日)に開催されます。
詳細は下記よりご覧いただけます。
興味のある方、ぜひお越しください。

http://floating-media.jp/news/afme12/

いつもなら、「私も作品を」・・・と切り出すのですが、今回は残念ながら不参加となっております(^^;)
参加したい気持ちは山々なのですが、いかんせん今回は技術的に無理です。
今回の展示は「デュアル・スペース・マッピング/Dual Space Mapping(DSM)」という、これまで私がやってきた展示とは全く違う内容のものです。

作品を作るには、adobe after Effectsの技術が必要となり、お誘いは受けたのですが今の私には作品を作るだけの技術がありません。
それに今回は通常の作品でも、作る時間は取れなかったと思います。
逆に言えば、自分ができない展示内容で、良かったかもしれません。

今の仕事量では、作品作りの時間は絶対に取れない。
通常の作品展示で、時間がなくて参加できなかったら悔やんでたと思うけど、最初から諦めがつきましたし(笑)
でも、いずれはこの「デュアル・スペース・マッピング/Dual Space Mapping(DSM)」もチャレンジしたいと思っています。
まずはafter Effectsを使いこなさなくちゃ。

できれば私も展示を見に行きたいのですが、時間が取れるかなぁ?
以前、仕事で紹介した人も、また別の人を連れて見に行くといっていたので、できれば時間を合わせて行きたいと思っています。

直接仕事と関連付けは無いけど、この分野でも仕事ができたら嬉しい。
仕事でなくても、自分の作品として、何かを表現できたら楽しいですからね。
楽しむためにも、仕事を頑張らなくちゃいけません。
さぁ来週もしっかり頑張らなくちゃ。

エアフローティングメディア展Vol.12は下記にて開催しております。
【開催日】
12月17日(土)10〜17時
12月18日(日)10〜17時
【場所】
グランフロント大阪ナレッジキャピタル2F The Lab. アクティブスタジオ
http://floating-media.jp/news/afme12/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | アート

2016年09月07日

なかなか作品描けません

148雪の宿とりっちー君.jpg
【これから新作描いていない(^^;)】

ふと思った。
「最近まったく作品を描いていない」

いつからだろう?
「一昨年の今頃だった」(^^;)

いや〜もうホント、まったく作品描くゆとりがありません(T_T)
なんだろうな〜このゆとりの無さ。
一昔前なら、どんなに時間が無くても、作品を描いていた。

それこそ、夜中に描いたり、仕事の合間に描いたりできた。
今は仕事の合間がまず無い。
加えて夜中に描くようなパワーが無い(^^;)

日中仕事をして、夕方にお迎えに行くために、一旦Macの前を離れ、お風呂・晩ご飯と済ませると、もう戻れない。
一昔前なら、そこから夜中まで、自分の時間として、作品描いたりいろいろと試したり、やっていたのですが。
最近はもう、晩ご飯食べ終わると、動けない(笑)

もう9月に入った。
スケジュールを見ても、週末のスケジュールは目白押し。
おそらく仕事もまた押し寄せてくる。
年末に向けて年賀状も準備が必要。

もう明らかに一年のうちで、一番忙しい時期になるのは、目に見えている。
例年を振り返ってみても、一番この時期が忙しい。
一昨年に作品を描いたのは、作品展をやるために、必死で新作のりっちー君を描いた。
その時も一年ぶりくらいの新作だった気がする(^^;)

描きたいものは、本当にいっぱいある。
気力がついて来ない。
いや〜本当に歳とるとダメですね(^^;)

昔のように描くことはできない。
でも、少しずつでも良いから、描いていきたいです。
アニマルシリーズにこだわらなくても良い。
まったく違う作品でも良いので、落書き程度でも良いと思う。

「作品」と肩を張ると、なかなか描けないけど、「落書き」だと思えば、なんでも描ける。
実際落書き程度のものは、いくつか描いた。
そんなものを、少しずつでも描いて、いずれ作品に仕上げたいと思う。

仕事と家庭の両立さえも難しいのに、そこに作品まで加えようとするのだから、尚のこと難しいですね(^^;)
「やらなきゃ」と思ってもできないので、楽しみながらできることをやりたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | アート

2016年09月01日

エア・フローティング・メディア展Vol.11作品紹介

work02seat.jpgwork01seat.jpg

9月になりました。
今日から長女は学校です。
最終日までギリギリ家族旅行だったので、それまでに宿題は当然、学校の準備も終わらせていました。
楽しかった思い出とともに新学期のスタートです。

私も3日間のたまったメールのチェックから始め、仕事を開始しました。
仕事のメールからメルマガまで、様々なメールが溜まっていました。
仕事とプライベートのメールは、携帯に転送がかかるので、チェック済みですが、その他のメールはMacを開いてみないとわからない。
たった3日間でも、50件近いメールが溜まっていた。
もし1週間とか休みだったら、どんだけ溜まっているのでしょうね(^^;)

さて、家族旅行に出かけたのが、日曜の夜遅くでした。
その日曜日までは、エア・フローティング・メディア展Vol.11に参加していたので、本当に過密スケジュールで動いていました。
土曜日もエア・フローティング・メディア展から帰ってきて、夜はサマーフェスタの反省会で飲んでいました。

土日、びっしりスケジュールが詰まっていて、そのまま家族旅行に出かけた。
疲れも溜まっていたのだろう。とにかく深夜の運転は本当に眠かったです。

エア・フローティング・メディア展で出展したパラパラアニメですが、2点ともなかなかの好評だったと思います。
せっかくですので、こちらでも紹介させていただきます。
ただ、立体に見るには、実機で見るしかありません。
このパラパラアニメが、実機だと立体に浮いて見えて、自分でツマミを回すことにより、パラパラアニメが動き出します。

では、作品の紹介です。
ひとつ目は「しろくまパンダ」です。
このアニメは、ずっと頭の中に構想があったものです。

しろくまの耳と目と、腕と足を黒くしたら、パンダになる。
そんなイメージをパラパラアニメで作ってみました。



もうひとつは、私の作品の中ではおなじみの「バナナムーン」です。
こちらは絵本にもなっているので、ストーリーはできています。
ただ、今回はパラパラアニメで、コマ数も60コマほどに限られている。
絵本のようなストーリーはできません。
そこで、簡単な設定にしました。



実際の実機アニメでは、ループ設定になっていますので、最初と最後のコマが繋がって、延々と同じアニメが繰り返されます。
中にはずっとぐるぐるツマミを回しながら、アニメを見続けている子供もいました。
よほど楽しかったのでしょうね。

今回、コンテンツとしては良かったと思いますが、時間がなかったため、シートのデザインまで力が入りませんでした。
次回はシートのデザインにも力を入れて、シートにも立体のパーツを設けたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | アート

2016年08月28日

エア・フローティング・メディア展無事終了

160828.jpg
【POSTCARDもだいぶお持ち帰りいただけました】

二日間のエア・フローティング・メディア展、無事終了しました。

いやぁ〜さすがに疲れました。
二日間、慣れない立ちっぱなしの状態。
お客さんがいない時は椅子に座っていましたが、ほぼ立っている状態ですからね。

常日頃、座りっぱなしで仕事をしている人間ですから、立ちっぱなしはやはり辛いです。
でも、お客さんの反応を見ていると、疲れも吹っ飛ぶんですけどね。
立体映像を見た時の、お客さんの驚きの反応は、やはりいつ見ても嬉しいです。

さらに、自分の作品を気に入っていただけるとなおのこと、嬉しさが倍増します。
今回もポストカードを置かせていただいたのですが、3種類置かせていただいたポストカード、いずれも50枚近くお持ち帰りいただいたようです。
嬉しいですね。

さらに嬉しかったのが、私の作品をえらく気に入っていただいたご婦人が、近くにいたエア・フローティング・メディア委員会の代表に、「素敵なイラストですね」と声をかけ、代表が「作者はこの方です」と、紹介してくださいました。
ポストカードも3種類ともゲットしていて、バナナムーンを見て「絵本みたいですね」とおっしゃいました。

「実は絵本になっているんです」と話すと、大そう驚かれていました。
「ただ、もう絶版になっているので」と伝えると残念そうにしておられました。
そこまでイラストを気に入っていただいて、本当に嬉しかったです。

また、家族連れのお客さんがこられた時に、お父さんがえらくバナナムーンを気に入って、子供たちに「これめっちゃかわいいで」と子供達を呼んでいました。
そして同様にポストカードを3種類ゲットしていて、係りの方に「このイラスト良いですね」と声をかけ、またまた「あちらの方が作者さんです」と紹介されました。

私のイラストは、8〜9割方、女性の方に好まれます。
男性の方でイラストを気に入っていただいたのは、本当に嬉しかったです。

パラパラアニメの方もなかなか好評で、バナナムーンは「かわいい」と言っていただいて、しろくまパンダはとても面白がられていました。
パラパラアニメの内容は、後日こちらで紹介させていただきます。
しばらくお待ちください。

お客さんの入場者数も、最初は伸び悩んでいましたが、徐々に増えていき、終了間際になってどっと人が流れ込んできました。
17時で終了の予定でしたが、人が途切れないため、しばらく延長。
30分ほどオーバーして、ようやく人の流れが途切れたので、クローズとさせていただきました。
今日1日で400名を超える方が、立体パラパラアニメを楽しんでくださいました。

今回で4回目のエア・フローティング・メディア展。
またまた実りある内容となりました。
次回の立体パラパラアニメの時は、シートのデザインももっとこだわりたいと思います。

次は順調にいけば、クリスマスの頃に開催となる。
毎回ギリギリになって作品ができるので、次はもっとゆとりを持ちたいですね。
でも、きっと仕事に追われて、またギリギリなんだろうな(^^;)

本日ご来場いただきました皆様方、本当にありがとうございました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:09 | Comment(0) | アート

2016年08月27日

エアーフローティングメディア展1日目

160827-1.jpg
【エアーフローティングメディア展の入り口】

エアフローティングメディア展Vol.11の初日が終わりました。
いつもより、ややお客さんの数が少なかったようですが、まずまずの来場者数だったようです。
毎回のことですが、来場するお客さんに波があります。
人が入ってくると、次々と入ってくる。

今回も人が入る時と、そうでない時の差が激しかったです。
入らない時は、全く入ってこないのですが、人が増えてくると、次々と入ってくる。
人間の心理として、賑わっていると入って来たくなるのでしょうね。

160827-2.jpg
【今回は大阪デザイン学校の生徒さんも参加されて、大勢の作品が並びました】

たくさん入ってきていただけると嬉しいのですが、そうなると今度は実機の数が限られているため、お客さんに待ってもらう必要が出てくる。
待ってくださるお客様も大勢いますが、中には諦めて出て行ってしまうお客様もおられます。
ほどほどの人数が一番良いのですが、なかなか難しいですね。

毎回のことですが、映像が飛び出して見えた時の、お客さんの反応って良いです。
驚きながら映像を楽しんでいます。
今回は立体パラパラですので、自分で動かすことができます。
大人から子供まで、立体パラパラワールドを楽しんでいました。

私の作品も大勢のお客様に楽しんでいただけたようです。
バナナムーンは「かわいい〜」という声を聞き、しろくまパンダは「おもしろい〜」という声を、よく耳にしました。
目の前でお客さんの反応を見るのは、やはり嬉しいものです。

160827-3.jpg
【バナナムーンのパラパラアニメ】

160827-4.jpg
【しろくまパンダのパラパラアニメ】

明日は日曜日。最終日です。
きっと今日よりも多くのお客さんにきていただけると思います。
明日も頑張りたいと思います。
大阪梅田周辺にご予定のある方、ちょっと足を伸ばして、「立体パラパラワールド」をご覧ください。
たくさんの方のご来場をお待ちしております(^o^)

http://floating-media.jp/news/afme11/
エア・フローティング・メディア展Vol.11
8月27日(土)10〜17時
8月28日(日)10〜17時
グランフロント大阪ナレッジキャピタル2F The Lab. アクティブスタジオ
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | アート

2016年08月26日

エアーフローティング展Vol.11開催

160826.jpg
【今回出展の「バナナムーン」】

さて、いよいよ明日はエアーフローティングメディア展です。
作品もなんとか準備できて、今回も2点出展いたします。
昨年の夏に初参加してから、今回で4回目の参加になります。
あっという間の一年ですね〜。

今回は「立体パラパラワールド」と題して、パラパラアニメでの出展です。
作品データは準備できましたが、実機でどのように見えるのか?また明日現地入りしてからのお楽しみです(^^;)
今回は土日、両日ともにスタッフとして参加いたします。

前回、前々回と、ご来場いただいた方に、ポストカードをお持ち帰りいただいています。
今回も作品に合わせたポストカードを用意しました。
一つは作品そのものでもある「バナナムーン」です。

もう一つの作品には、しろくまとパンダが登場するので、今回はしろくまをモチーフにしたポストカードと、パンダをモチーフにしたポストカードの2種類を用意しました。
バナナムーンと合わせて、合計3点のポストカードをお持ち帰り品としてご用意しています。

先ほど、明日の準備も整いました。
ポストカード3点を持って、会場入りしたいと思います。

これまで二日間とも参加したことはありません。
いずれも1日だけの参加でした。
前回は土曜日だけ。その前は日曜日だけ。
その前も日曜日だけでした。

初めての二日間の参加です。
お客さんの反応もいろいろ楽しみたいと思います。

大阪梅田周辺にご予定のある方、ちょっと足を伸ばして、「立体パラパラワールド」をご覧ください。
たくさんの方のご来場をお待ちしております(^o^)

http://floating-media.jp/news/afme11/
エア・フローティング・メディア展Vol.11
8月27日(土)10~17時
8月28日(日)10~17時
グランフロント大阪ナレッジキャピタル2F The Lab. アクティブスタジオ
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | アート

2016年08月22日

再びアートアクアリウム展へ

160822-1.jpg
【アートアクアリウム展〜大阪・金魚の艶〜&ナイトアクアリウム】

先月の東京出張の際に、誘われて見てきたアートアクアリウム展。
その時の写真をブログで載せたら、それに息子が食いついた。
「自分も見たい」というのである。

実は大阪でも同じくアートアクアリム展が行われていた。
その時は、まだ夏休みに入っていなかったし、何よりも期末テスト前だったので、「テストの結果が良かったら考える」とだけ返事していた。

それが吉と出たのかはわからないが、息子のテストも前回よりも結果は良かったようである。
息子も夏休みに入り、タイミングを見ていたが、なかなか行ける日が無い。
家族揃ってとなると、全く行ける日はなさそうです。

日中は難しいけど、夕方から夜にかけてなら、なんとか動けると思い、嫁さんの夜勤明けを狙って行くことにしました。
ただ、長女は剣道のお友達からお泊まり会に誘われて、どっちに行きたいか聞きました。
「お泊まり会に行く」即答でした(笑)
やっぱり友達とお泊まりするのが、とても楽しいのでしょうね。

そんなわけで、長女以外の家族4人で行くことに。
夕方、いつもよりかなり早めに次女を迎えに行きました。
そして電車で大阪に向かいます。

次女はなぜ電車に乗るのか?イマイチわからない様子でしたが、お出かけと聞いてルンルンでした。
西大寺で難波行きに乗り換えて、鶴橋でJR環状線に乗り換え。
そして京橋で東西線に乗り換えて、新福島駅で下車。
そこから歩くこと、約10分、アートアクアリウムの大きな広告が見えてきました。

堂島リバーフォーラムで開催中のアートアクアリウム展。
会場の広さは、東京よりも広く感じました。
そのためか、東京会場の時のような大混雑はありません。
それでも、金魚の周りには人が集まるので、人をかき分けて進むような感じです。

次女はたくさんの金魚を見て喜んでいました。
いろんな種類の金魚がいて、特にほっぺが大きく膨らんだ金魚が印象に残ったようです。
会場を出た後も、自分のほっぺを横に広げて「こ〜んな金魚さんいたね〜」と話していました。

160822-2.jpg
【次女が驚いていた金魚】

東京会場とは若干作りが違い、残念だったのは東京会場の最後に見た、屏風方の展示がなかったこと。
あれがクライマックスだったので、それを知っている私としては、やはり物足りなさを感じました。
それでも、家族は皆、満足していたようです。

一通り見て、グッズコーナーで長女へのお土産を買うことにしました。
次女とお揃いで、赤い金魚のマスコットを買いました。
お腹の部分に磁石が入っていて、金属部分にピタッと貼り付けることができます。

160822-3.jpg
【リバーサイドの夜景】

外に出るとすっかり陽も暮れて、都会の夜景になっていました。
近くのお店でゆっくりと夕食を食べ、再び電車に揺られて帰って来ました。
まだまだ暑い夏の夜。
たくさんの金魚を見て、涼んで帰って来ました。

9月5日まで開催しています。
興味のある方は是非どうぞ。
http://artaquarium.jp/osaka2016/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | アート

2016年08月19日

エアーフローティングメディア展Vol.11のお知らせ

160819.jpg

気がつけば8月も後半へ。
そして気がつけば、エアーフローティングメディア展が1週間後に。
あぁ〜作品がまだ出来上がっていない(><)

今回のエアーフローティングメディア展は、これまでの動画とは違い、パラパラアニメになります。
ちょうど1年前、初めて参加した時もパラパラアニメでした。
前回、前々回は動画で、Motionを使って動画作成しました。
しかし、今回はパラパラアニメになるので、1コマ1コマIllustratorで作っています。

なんとか作品はできそうですが、毎回のことながら、実機で見てみないと仕上がりはわかりません(^^;)
まぁそれも楽しみのひとつでもあるんですけどね。
自分の作品の最終仕上がりが、エアーフローティングメディア展で実機で見て初めてわかる(笑)

今回は私の代表作である「バナナムーン」をパラパラアニメにしてみました。
バナナムーンはゾウの子供が、三日月をバナナだと思って、お父さんに高く上げてもらって、一生懸命取ろうとしているイラストです。
このイラストから物語を展開させて、絵本のバナナムーンも生まれました。

その絵本のバナナムーンで、ARTBOXの絵本新人賞を受賞しました。
今回は絵本の内容とは若干違いますが、パラパラアニメでバナナムーンを表現しています。

そしてもう一つ作品を仕上げました。
こちらは、以前からアニメにしてみたかったもの。
今回のエアーフローティングメディア展が、パラパラアニメだったので、「これは良いチャンス」と思って作ってみました。

こちらはシロクマとパンダが登場します。
内容はエアーフローティングメディア展が終了してから、また公開したいと思います。
お時間のある方は、ぜひエアーフローティングメディア展に足を運んでいただけると嬉しいです。

今回は8/27(土)・28(日)の両日行われます。
場所はいつも通り、大阪梅田のグランフロントです。
詳細はエアーフローティングメディア展のサイトをご覧ください。
http://floating-media.jp/news/afme11/

さて、作品はほぼできたが、残りのデータを仕上げなくてはいけません。
納期は明日までです。ガンバロウ(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | アート

2016年07月28日

図書館から借りた本

160728.jpg

先々週の日曜日。
皆で図書館に行って本を借りた。

私も久々に本を借りたのだが、全く目を通す時間もなく。
気がつけば返却日が迫っている。
アマゾンで購入した本、青山繁晴氏の「壊れた地球儀の直し方」も読めていないし(^^;)

壊れた地球儀の直し方は、先週東京に行った時に、新幹線の中でゆっくり読もうと思って持って行った。
しかし、お弁当食べて読み始めたら、急激に眠くなって結局寝てしまった(笑)
帰りの新幹線では最初から読む気力も無く、やっぱり寝てしまいました(^^;)

図書館で私が借りた本は、「北欧の挿絵とおとぎ話の世界」「浮世絵入門」の2冊。
次女は絵本の「ぐりとぐら」。確か家にもあったと思うのだが。
さらになぜか「少年剣道 基本げいこ」という本を借りていた(笑)
しかし、借りただけで全く見ていない次女(^^;)

私も次女のことは笑えず、全く読めていない。
「北欧の挿絵とおとぎ話の世界」は、とても世界観があって、じっくりと読みたいと思って借りた。
対比するような形で、「浮世絵入門」も借りました。
北欧と日本、全く違う世界観を見てみたいと思ったのです。

しかし、全く読むことが出来ないまま、今日まで来ています。
今週の日曜日には返却しなくてはなりません。
少しでも見ておきたいと、今夜ページを開きましたが、とたんに眠くなってしまいました(^^;)
あぁ〜やっぱり疲れが溜まっているのかなぁ〜。

少しでも・・・と思い、たまたま開いたページ。
北欧らしい絵だけれど、なんか日本っぽいなぁ〜特に波の表現が浮世絵っぽい。と思って説明を読む。
すると、やはり日本の浮世絵が影響している絵らしい。
カイ・ニールセンというデンマークのイラストレーターが描いた挿絵ですが、日本の影響を受けているみたいですね。

たまたま借りた本が、北欧の挿絵の本と、浮世絵の本。
全く対比したイメージで借りたのですが、実は繋がっていたということにビックリ。
日本の画家なども、西洋から大きな影響を受けたように、西洋の画家やイラストレーターも、日本の浮世絵などの文化に、影響を受けているのですね。

そう考えると、やっぱり世界って繋がっているのだなぁ〜と思います。
返却日まで残り少ない時間ですが、少しでも目を通してから返却したいと思います。

次女にも剣道の本を見せなきゃ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | アート

2016年07月25日

アートアクアリウム2016

160725-1.jpg

先週の東京出張の際。
初めてお会いした同郷の方に、「お時間あれば一緒に見に行きませんか?」と、お誘いを受けたアートアクアリウム2016。
様々なアクリルの器に、金魚を泳がせて、独特の世界観を演出していました。

平日の真昼間なので、すんなり入れるものと思ったら、これがとんでもない人。
整理券をもらうのに並んで、その後整理券を渡して、入場券を買うのにまた行列。
そして入場券を買って中に入ると、もう行列というレベルではない。
会場が人だらけで身動きを取るのも一苦労(^^;)

そんな中、作品の前に少しずつ近づいて、作品を見る。
暗転された会場内に、アクリルの器で泳ぐ金魚が涼しげに映る。
作品ごとにいろんな種類の金魚がいて、見たこともないような金魚もいました。

さらに奥の方に進むと、一気に開けて巨大な水槽が登場。
水槽というよりは、巨大な金魚鉢というべきか。
形も金魚鉢をイメージした感じです。

160725-2.jpg

その中に無数の金魚が泳いでいて、ライティングで色が変わるたびに、その表情も変わる。
ブルーのライティングでは涼しげなイメージですが、一転してレッドのライティングになると、妖艶さを漂わす。
同じ金魚でありながら、ライティング一つでこんなにも、表情が変わるものなんですね。

他にも蓮の花を形取った水槽や、多種多様な金魚など、独特の世界観が漂う会場内。
そしてひときわ人だかりができている場所へ。
たくさんの人々の前には、屏風の形をした水槽が。
もちろんそこには、たくさんの金魚が泳いでいます。

しばらくすると、屏風に何かが映し出されました。
川の流れを表現した水墨画。
鳥が飛ぶ様子や、魚が泳ぐ様子。
さながら動く水墨画。

160725-3.jpg

面白いと思ったのは、例えば木の水墨画が映し出されると、金魚がさながら木々の花に見える。
他の絵でも、金魚が邪魔になるのではなく、むしろ絵の中の素材としてみれる。
金魚が大きな屏風の模様として、表現されているような印象を受けました。

とっても良い刺激になりました。
私一人だったら、こんなイベントをやっていることも知らなかったし、場所もわからなかった。
お誘いいただいて、本当に嬉しかったです。

東京って、こんなイベントいっぱいあるんですよね。
やっぱり刺激を受けるには、東京が一番なんでしょうね。
奈良の片田舎の、しかも自宅で閉じこもって仕事をしていると、どうしても刺激が足りません。
たまには東京に出て、刺激を受けて、自分の仕事や作品にいかしていきたいです。

さて、次東京に行けるのはいつか?
できれば半年に一回くらいは行きたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | アート

2016年05月22日

3Dトリックアートの世界

160522.jpg
【芸術仕事人集団アートライフのサイト】
http://www.artlife.co.jp

久々に奈良デザイン協会の定例会に参加してきました。
ならデザインカフェの参加も、約1年ほどご無沙汰(デザインカフェ自体が開催できていないので)しています。
デザイン協会の定例会も、本当に久しぶりの参加でした。

久々に顔を合わせた方、初めての方もあり、少々緊張した雰囲気での定例会でした。
昨年度は大きな事業もなく、今年度も継続して活動をしていること以外に、特に事業は決まっていません。
なかなか活動をするのは、難しいものですね。

私自身も含め、会員の多くは仕事をしながらの参加になります。
なかなか活動をしたくても、動きが取れないですね。
時間もお金もかけずに、気軽にできる活動があれば良いのですが。
なかなか定例会にも参加できない私は、半分幽霊会員みたいになっています(笑)
これからも顔を忘れられない程度には、定例会に参加して、自分ができる範囲のことをできればと思っています。

本日は定例会の後に、外部の方を招いてのレクチャーがありました。
神戸デザイン協会会員の方で、芸術仕事集団 アートライフ社長の岡田神一氏。
最近よく目にする「3Dトリックアート」などを手がける会社の社長さんです。

会社を立ち上げた経緯から、これまでの様々な実績などを見させていただきました。
USJの仕事などもされていて、ものすごい経歴なのですが、ご本人はとっても気さくで親しみやすい方でした。
お話を聞いていて感じたのが、「仕事を楽しんでいる」ということ。
逆に言えば楽しくないことはやらない。

確かに数々の作品を見ていると、本当にワクワクする作品ばかり。
仕事ではあるけれど、自身も楽しんでクライアントを喜ばせている。
理想的な仕事だなぁ〜と思いました。

私自身の仕事も、クライアントを喜ばせる仕事ではある。
しかし、どこまで自分が楽しめているか?と問われると「う〜ん」と考え込んでしまいますね(^^;)
半分は楽しんでいるけれど、半分は仕事と割りきってやっている感が否めない。
仕事の内容にもよりますね。

3Dトリックアートは本当に凄くて、ぜひ本物を見てみたいと思いました。
そして私自身3Dトリックアートを描いてみたい。
これは以前から思っていたことです。
大きな3Dトリックアートは無理としても、小さな作品くらいなら作れるかもしれない。

ただ、3Dトリックアートの描き方が全くわからないんですよね。
お別れする前に立ち話で、岡田氏にも聞いてみたのですが、どうやら計算式みたいなものがあるようです。
そりゃ〜どうでしょうね。ちゃんとこの位置でこの高さから見たらこう見える。という計算があってこその3Dトリックアートです。
どうやるのか調べてみよう(^o^)

とっても貴重なお話と作品を拝見させていただいて、とても良い刺激になりました。
仕事を頑張るのは当然ですが、やはり作品を描かないとダメですね。
「気力が無い」などと言っている場合ではありません(笑)
今日のレクチャーでとてもエネルギーをいただきました。

やはり忙しくても、外に出て人と会うべきですね。
岡田様、お忙しい中ありがとうございました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | アート

2016年05月07日

エア・フローティング・メディア展初日終わりました

160507-1.jpg

160507-2.jpg

エア・フローティング・メディア展Vol.10の初日が終わりました。
ご来場いただいた皆様方、ありがとうございました。
今日1日で300名以上の方が、ご来場いただいたようです。

毎回のことですが、初めて空中映像を見た方の反応って、とても良いです。
今回もビックリする方、カードを裏返してみたりして、どうなっているのか興味津々の方。
中には来場されたおじいさんが、空中映像を見て感動。
まだ、会場に入っていなかったおばあさんを、小走りで呼びに行き「これ凄いで〜見てみ〜!!」と連れてこられました。
やや興奮気味におばあさんに説明している姿が、とても嬉しかったです。

今回は2作品、出展させていただきました。
蛍の灯火と夏色花火。
私的にはどちらも好きですが、お客さんの反応を見ていると、やはり夏色花火の方が受けが良かった。
「おぉ〜花火が上がった!!」と興奮気味に見ているお客さんもいて、反応がとても嬉しかったです。

毎回、自分のイラストを使って、四苦八苦しながら映像を作っています。
だからこそ、映像が仕上がり、自分の目で空中映像を見たときの喜びは大きい。
さらに、それを見たお客さんが、驚いたり楽しんだりするのを、目の前で見れるのは、本当に嬉しいです。

今回、日曜日が剣道の試合と重なってしまったため、明日は会場に出向けません。
おそらく日曜日の方が、来場者が多い。
もっと多くのお客さんの反応を見たかったのですが、ちょっと残念です。

明日は10時から17時まで開催しています。
お時間のある方、ぜひご来場ください。

http://floating-media.jp/site/AFME10/

開催期間:2016年5月7日(土)12〜17時
     2016年5月8日(日)10〜17時
開催場所:グランフロント大阪ナレッジキャピタル2F
     The Lab. アクティブスタジオ
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | アート

2016年05月06日

明日からエア・フローティング・メディア展vol.10

160506.jpg
【今回はこの2点のポストカードをプレゼント】

ゴールデンウィーク明け。
世間はまだまだゴールデンウィークのところもあるようですが(^^;)
今日から長女は学校、次女は託児所、嫁さんは仕事となりました。
私も今日から仕事再開。

しかし、明日には長女は休み、嫁さんも休みなので、次女も休み。
おまけに息子は8日までず〜っと休み(^^;)
私も明日はお仕事はお休みとさせていただきます。

明日はエア・フローティング・メディア展に参加して来ます。
12時から17時まで、現場にいる予定です。
お時間のある方、ぜひお越し頂けると嬉しいです。

前回のVol.9の時は、クリスマスシーズンだったので、クリスマステーマでの参加でした。
その時に、ポストカードを用意して、来場者へプレゼントとしてお持ち帰りいただきました。
今回もテーマに使用したイラストのポストカードを持参したいと思います。

蛍の灯火と夏色花火の2種類を、それぞれ80枚持参する予定です。
前回は初日で結構無くなってしまったので、今回は各80枚用意しました。
前回何枚用意したか忘れましたが、さほど多くなかったような気がします。
もしかすると80枚でも足りないかも知れませんが、残念ながらそれ以上はポストカードが無いのです(^^;)
ポストカードは無くなった時点で終了とさせていただきます。

前回、そして初めて参加した前々回と、お客様の反応を楽しみました。
今回も楽しみながら、参加できればと思っています。
自分の作品が、どのように見えるのか、実機で確かめます。
明日、楽しみです(^o^)

エア・フローティング・メディア展vol.10に興味のある方は、ぜひお越しください。
お待ちしております。
http://floating-media.jp/site/AFME10/

開催期間:2016年5月7日(土)12〜17時
     2016年5月8日(日)10〜17時
開催場所:グランフロント大阪ナレッジキャピタル2F
     The Lab. アクティブスタジオ
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(0) | アート

2016年04月26日

東京オリンピックエンブレム決定

160426.jpg
【写真は毎日新聞Web版から】

東京オリンピックのエンブレムが決定しましたね。
パクリ疑惑から、7ヶ月を経てようやく決定。
私としては、選ばれて欲しいと思っていたデザインだったので、とても良かったです。

4つの案を見た時、最も目を引いたのが採用されたA案でした。
他のデザインが似たような色合いの中、シックな色と渋いデザインが目を引いたのだと思います。
でも、様々なアンケートでは、別の案が人気だったようですね。

最終的に選考メンバーが選んだのがA案。
「別のデザインが良かった」という人もいるでしょうが、これでようやくエンブレムが決まりました。
これから様々なものに、このエンブレムが使われていきます。
徐々に東京オリンピックが盛り上がっていくと良いですね。

次の問題は、やはり国立競技場かな(^^;)
聖火台が無いって、あまりにも初歩的なミスだけど、なんとか日本の技術と知恵を絞って、問題をクリアして欲しいですね。

話をエンブレムに戻します(笑)
今回のエンブレムのデザインを手がけた方は、アーティストの野老朝雄さん。
野老と書いて「ところ」と読むのはビックリでした(^^;)

江戸時代に広まった「市松模様」をモチーフに、デザインされた今回のエンブレム。
形の異なる3種類の四角形を、組み合わせることで、国・文化・思想などのそれぞれの違いを表現しているようです。
野老氏のデザインのテーマが「繋がる」ということで、形の違う3種類の四角形が、繋がってエンブレムの形になっている。

これまでも、いろんなデザインを手がけているようで、ファッション関係から建築関係まで、実に様々な作品を手がけている。
「繋がる」をテーマにしているだけあり、幾何学模様のようなパターンが、中で回転しても、またちゃんと繋がるという、なんとも不思議なデザインです。
一体どうやって作っているんだろう?
これ、イラストレーターのパターンで欲しいです(^^;)

改めて「デザインとは何か」を考えさせられました。
私なんてまだまだ勉強不足ですね(-_-;)
もっともっと頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:17 | Comment(0) | アート

2016年04月25日

エア・フローティング・メディア展のお知らせ

160425.jpg

先日もちょっとご紹介しましたが、5月7日(土)・8日(日)と、エア・フローティング・メディア展Vol.10が開催されます。
私もまた作品出品いたします。
本日はそのデータ入稿日で、なんとか2作品を入稿しました。

今回は10回記念ということで、それにちなんだ動画にしています。
題材として使ったイラストは、蛍の灯火と夏色花火。
蛍の灯火は、蛍が舞う様子を動画で、夏色花火は、そのまま花火の動画となっています。

021蛍の灯火.jpg
【蛍の灯火】
蛍の灯火はMotionの機能を使って、蛍の舞うイメージを作っています。
BGMも流して幻想的な雰囲気にしました。
30秒ほどの短い動画ですが、空中映像でみるとどうなるのか?エア・フローティング・メディア展で確認したいと思います。

118夏色花火.jpg
【夏色花火】
夏色花火は、最初はMotionの機能を使って花火を作りましたが、どうもしっくりとこない。
そこで、もともとのイラストから静止画で花火を持ってきて、それを動画っぽくして再現してみた。
思いの外、こっちの方が良かったので、途中で切り替えました。
以外とリアルな花火っぽく見えます。
こちらもエア・フローティング・メディア展で空中映像の出来栄えを確認したいと思います。

このエア・フローティング・メディア展は、実機で空中映像を見ないと、実際の仕上がりがわからない。
だから作者自身もエア・フローティング・メディア展に出向かないといけません(笑)
私は今回もスタッフとして参加したいと考えています。

ただ、今回は8日(日)が、剣道の試合と重なっています。
また、晩には自治会の会議もある。
8日(日)はちょっと無理なので、7日(土)に参加したいと思っています。
お時間のある方、近くに立ち寄る予定のある方、ちょっと足を延ばして覗いていただけると嬉しいです。
詳細はエア・フローティング・メディア展のサイトをご覧ください。
皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

http://floating-media.jp/site/AFME10/

開催期間:2016年5月7日(土)12〜17時
     2016年5月8日(日)10〜17時
開催場所:グランフロント大阪ナレッジキャピタル2F
     The Lab. アクティブスタジオ
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | アート

2016年04月20日

今回もエアーフローティングメディア展に参加します

160420.jpg
【今回予定の2作品】

来月の7日(土)・8日(日)に、エアーフローティングメディア展が開催されます。
今回で10回目になるらしく、私は8回目から参加しています。
10回目になる今回も参加すべく、今、作品を準備中です。

初めてエアーフローティングメディア展に参加したのが、昨年の夏でした。
その時がVol.8、その後クリスマス前にVol.9に参加。
そして2月にはインドネシアで行われたエアーフローティングメディア展にも作品だけ参加しました。

エアーフローティングメディア展に参加する度に、作品を出しているのですが、その度に動画編集を行っています。
初めて参加したVol.8はパラパラアニメだったので、動画にはしていませんが、Vol.9以降は動画編集です。
Vol.9はFinal Cut Proを使用していますが、インドネシア展ではMotionを使いました。

そして今回もMotionで制作しています。
短い映像編集にはMotionの方が適している。
Final Cut Proは、長編動画の方が向いていますね。

Final Cut Proは、必ず一年に一度は使っていました。
それは学童の修了式に、一年間の思い出をDVDにする依頼が、毎年あるからです。
時々、結婚式のスライド制作も入ることがありますが、ここ数年は全くありません。
なので1年に1度の割合で、Final Cut Proは使います。

Final Cut Proは、これまでも結婚式や思い出のDVD制作などに、度々使っているので、大まかですが使い方はわかっています。
しかし、Motionは全く使っていなかったので、前回のインドネシア展で本格的に使いました。
まだまだ使い慣れていないので、今回も前回の時のことを思い出しながら使っています。

エアーフローティングメディア展は、年に3〜4回の割合で行われています。
その都度、作品を制作するので、Motionを使って覚えるには良いチャンスです。
まだまだ使い慣れていないMotionですが、もっともっと使いこなして、いろんな作品を作ってみたいと思います。

エアーフローティングメディア展用だけでなく、自分のイラストを使って作品を作ってみたいと思います。
これは、もうず〜〜〜っと以前から考えていること。
どうやれば作れるのか、悩んでいましたが、Motionを使えば思い通りのことができそうです。
自分のイラスト作品を、静止画から動画にリメイクするような感じをイメージしています。

やりたいことは山ほどあるのですが、相変わらず、なかなかできないのが現状。
Motionの勉強も兼ねて、また作品作りとして、少しずつでもできればと思っています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | アート

2016年03月24日

イラストの中の隠しアイテム

138お家へ帰ろう.jpg

先日、久しぶりにネットショップから注文が入りました。
それもなぜかカレンダー。
もう3月もそろそろ終わりだというのに、なぜかカレンダーの注文が入ったのか?

ご注文いただいたお客様のコメントには、気に入ったカレンダーが見つからず、結局数字だけのカレンダーを使っているとのこと。
そこで見つけた私のカレンダーを気に入っていただいて、ご購入に至りました。

そして同時に別の方から、イラストの注文が入りました。
不思議なことに、ひとつ注文が入ると、立て続きに注文が入ります。
お客様がお客様を呼ぶのか?注文が続くことが多いのです。
今回も、このカレンダーを皮切りに、イラスト、ポストカードと、4人のお客様がご購入いただいています。
本当に不思議な現象です。

ご注文いただいたイラストは、「お家へ帰ろう」というイラスト。
このイラストは、一番人気です。
他のイラストは、売れていても2〜3枚ですが、このイラストは8枚ほど売れています。
売れていると言っても、この程度ですけどね(^^;)

それでも一番人気のこのイラスト。
私自身も好きなイラストのひとつです。
以前も、このブログでつぶやいたと思うのですが、このイラストは私が住んでいる街をイメージしたものです。
ちょうど託児所のお迎えから帰ってきて、家に向かう道のイメージをイラスト化したもの。

「お家に帰ろう」というタイトルも、私自身がお家に帰る時のイメージです。
だからこそ共感していただけるのかもしれません。
今回ご購入いただいたお客様も、とても気に入って喜んでいただけたようです。

このイラスト、実は隠しアイテム的な部分があります。
ポストカードでは解らないと思いますが、A4イラストならかすかに解るかもしれません。
道の両脇に並ぶ家々。
その右奥の家の中に、シルエットがあります。

拡大したものを見てみましょう。
家の窓の明かりに、シルエットが描かれています。
よ〜く見ると、お父さんが赤ちゃんを抱き上げているシルエットなのです。

160324-1.jpg

160324-2.jpg

仕事から家に帰ってきて、赤ちゃんを抱き上げる。
家に帰る喜びは、待っている家族がいること。
それを表現したくて、この隠しアイテム的なシルエットを入れました。
そして家族の温もりをイメージして、その家族感を猫の親子で表現した。

このイラストも含め、私のイラストをご購入いただいたお客様に、家族の温もりを含め、ささやかでも幸せがあることを祈りたいと思います。
そして私自身も、もっともっと喜んでいただけるイラストを描いていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | アート

2016年03月06日

インドネシア出展の作品を見てきた(笑)

160306.jpg

今日は大阪までお出かけしました。

午前中はいつも通り剣道の稽古でしたが、今日は居残りをやめて1時間で終了。
お昼前には家族で電車に乗り込んでいました。
行き先は梅田・グランフロント大阪。

先日インドネシアで行われた、エア・フローティング・メディア展。
エア・フローティング・メディア委員会の方から、「なわてん in GFO」というイベントの一角で、インドネシアで展示した内容を行います。との連絡があった。
自分で制作した動画ですが、実機で見ていなかったので、見に行くことにしました。

日曜日なので、家族揃ってお出かけです。
娘たちは電車でお出かけするのが、嬉しいようで、特に次女はルンルンでした。
梅田について、まずは腹ごしらえ。
しっかりお昼ご飯を食べてから「なわてん in GFO」に向かいました。

なわてん in GFOというのは大阪電気通信大学総合情報学部が主催するイベント。
そこにエア・フローティング・メディア展も参加した形です。
会場には大阪電気通信大学の学生が、卒業制作・卒業研究の発表として制作したものが展示されていました。
ゲームがあったり、映画の上映などもやっていました。

160306-1.jpg

その一角に、エア・フローティング・メディアコーナーがありました。
自分の制作したデータを、ようやく実機で見ることができました。
やはり実機で見てみないと、どんな風に見えるのかわかりません。
実際に実機で見て納得できました。

長女は昨年夏に、私と一緒にエア・フローティング・メディア展に行ったことがあるので、知っていますが、他の家族は知りません。
私の作品も含め、初めて見る映像に興味津々でした。

160306-2.jpg

他にもゲームなどに夢中の子供達。
いろいろと楽しんで会場を後にしました。
せっかく梅田まで来たので、東急ハンズに寄って帰りました。
いつも思うことですが、東急ハンズに来ると、いろんな物が欲しくなります。
今日は欲しい気持ちをぐっとこらえて、見るだけで帰ってきました(笑)

お正月に行った以来の梅田でした。
子供達も楽しめたようで、満足して帰ってきました。
エア・フローティング・メディア展は次回の予定が決まっています。
5/7(土)・8(日)に開催されます。
また作品作りに励んで参加したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | アート

2016年02月24日

電子額縁の時代が来る?

160224.jpg
【写真はCNET Japanサイトから転載】

先日、ネットで見かけた情報。
いつかこんな時代が来ると思っていただけに、ちょっと嬉しくなりました。
私が見た情報はCNET JapanというIT関連の情報サイト。

最新の情報などを見るために、時々チェックしています。
今回見た情報はこちら
http://japan.cnet.com/news/business/35078340/

そこに載っていた記事の出だしがこちらです。

==CNET Japanより転用=====
KDDIは2月22日、インキュベーションプログラム「KDDI ∞ Labo」の第9期デモデイを開催した。第9期プログラムには6チームが参加し、最優秀賞には世界中のイラストや写真を売買して、電子ペーパーを生かしたIoT端末に表示する「uusia」が選ばれた。
=====転用終わり=======

KDDIが主催するプログラムのようですが、ここで最優秀賞を獲得したのが、uusia(ウーシア)というサービス。
このサービスは、世界中のイラストや写真を売買できるサービス(まだ始まってはいませんが)。
イラスト売買のサービスなら、もうすでに沢山のサービスがある。
PCの壁紙やスマホの壁紙など、無料のものから有料のものまで、沢山のサービスがあります。

しかし、このuusiaはイラストの売買とともに、そのイラストを表示する専用の額縁を販売する。
ユーザーはイラストや写真をPC・スマホの壁紙やポスターとして購入し、気分に合わせて専用の額縁に表示することができる。
つまりは電子アルバムみたいなもの。デジタル額縁とでも言おうか。

以前から思っていたんですよね。
音楽や映画はダウンロード販売が主流になり、いつでも好きな時に好きな音楽が聴ける。
iTunes StoreでダウンロードしてiPhoneで音楽を聴くのが普通になっている。

でも、イラストや写真のダウンロード販売って、あまり商売として成り立っていない。
uusiaみたいなサービスが出てきてほしいと思っていました。
イラストや写真をダウンロード購入して、好きな気分で自由に額縁に反映させる。
額縁の値段にもよるけど、好きなイラストや写真を、自由に飾れるとしたら嬉しい。
iTunesでもイラスト販売取り扱ってくれないかな(^^;)

そして私のイラストも販売してみたい。
ひとまずuusiaは近々開始されるようなので、またチェックしてみよう。
そしてチャンスがあれば、私のイラストも販売してみたい。
世界に向けて販売ができれば、とても嬉しいですよね。

uusiaが日本で展開されるのか、それとも海外が先なのかわかりません。
また情報をチェックしておきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | アート

2016年02月04日

インドネシアでエア・フローティング・メディア展

160204-1.jpg
【現地でのエア・フローティング・メディア展ポスター】

160204-2.jpg
【田部氏が作成したポスター】

昨年末にエア・フローティング・メディア展Vol.9に参加しました。
その時に「次回の展示会にも参加できますか?」と聞かれた。
気軽に「はい」と答えたのですが、実はこれまでのエア・フローティング・メディア展とは、少し趣が違っていた。
話を聞くと、次回は日本国内では無い。
開催場所は、なんとインドネシア。

奈良デザイン協会でもご一緒していて、エア・フローティング・メディア展でもご一緒している田部氏のお知り合いがインドネシアに居て、そこでデザインディスカッションみたいなことをする計画がある。
そこにエア・フローティング・メディア展を絡めたいと企画していたようです。
そこで出展する作家を募っていた。

インドネシアでの開催ですので、「日本らしさ」をテーマにしたということです。
ドタバタの年末には何もできなかったので、年明け早々から映像制作に取り掛かった。
いろいろと考えていたけど、やはりシンプルに日本を表現しようと思いました。

どんな反応があるのか、全く想像もできませんが、自分の思う日本らしさを、自分のイラストで素直に映像にした。
前回、音が鳴らせることも分かったので、今回は音楽も入れて。

本日、私たちの作品を持って、田部氏がインドネシアに飛びました。
「一緒に行かない!?」とお誘いを受けましたが、とてもインドネシアまでは行けません(^^;)
お伴できず申し訳ないですが、作品がお伴しますので、よろしくお願いしますm(__)m

さて、どんな展示会になるのか?
現地ではディスカッションも行われるみたいで、日本代表として話もするみたいです。
田部さん、頑張ってください。

今回制作した映像をアップしましたので、良かったらご覧ください。
マジカルポストカードというもので、図柄の入ったポストカードを機械の上に乗せると、映像が浮かび上がってくるというものです。
今回はポストカードも一緒にした状態で、動画をアップしてみました。
こんなイメージになります。

http://www.ds-island.jp/movie/afm-3.mp4

立体的に浮かび上がるイメージは、実機で無いとわかりません。
ですから、今回は私自身、どんな感じで映像が浮かび上がっているのかわかりません。
また実機で観れる機会があれば、動画を撮りたいと思います。
インドネシアでの反応、どんな感じなのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | アート

2016年01月20日

Motionで映像化

160120.jpg
【制作中のMotionの画面】

相変わらず仕事は忙しいが、年末の頃に比べると、程よい忙しさですね。
年末の頃は、自分でも何をやったか覚えていないような状態で、走っていた感があります。
忙しいのはありがたいことですが、やはり気持ちにゆとりはほしいもの。

年明け早々から、エアー・フローティング・メディア展に出展するための、作品を制作している。
気持ちにゆとりが無ければ、作品も手がけられない。
今回は休みの日に、しっかりと腰を据えて作業ができたので、順調に作業ができています。

そこで今回はちょっと欲が出て、Final Cut Proではなく、Motionで作ってみました。
実は一度Final Cut Proで作ったのですが、Motionで試したところ、色々とやれること、やりたいことが出てきて、結局一からMotionで作っています。
一からと言っても素材は同じものなので、そんなに時間はかからない。

これまでもMotionを使ってみようと思っていましたが、ちょっと使っては忘れてしまって・・・を繰り返してきた。
今回、ひとつの作品をつくるメインアプリとして活用したので、ようやくMotionの機能を把握できた気がする。
やはり何かをつくるきっかけとして使うと覚えが早い。

さらに今回は本もフル活用した。
もう随分前に購入していたMotionの本。
なんども目を通しているが、なかなか頭に残らない。

今回は、自分が表現したい作品で使い、その表現をどのようにしたらできるのかを、探りながら使っている。
そうすると、やはり覚えが早い。
そして本もじっくりと目を通している。

長女の剣道の稽古の付き添い時間を利用しています(笑)
2時間あるので、じっくりと本に目を通し、「これ試してみよう」と思うことがあれば、それを帰ってからMotionで試してみる。
そしてそれを作品に生かす。

逆にMotionを使いながら、疑問に思っていたことなどを、本の中で解決策を見つける。
実作業のデジタルと、アナログの本との行き来で、うまいこと繋がっている感があります。
作品はほぼほぼ完成に近いけど、期限内まで試せることを試しながら、最良の状態で提出したいと思います。

そしてこれを機に、自分のイラストをどんどん映像化して行きたい。
欲を言えば、音楽も作りたい。そして音楽とイラストを合わせて映像化。
これがやりたくて、ずっと温めているのですが、ようやく映像の方はつかめてきた。
音楽の方は、まだまだ難しいですね(^^;)

いろいろ試してみたいことがたくさんある。
仕事に追われるのではなく、仕事をしっかりこなして、自分の時間を作りたい。
そして、やりたいことをどんどん手がけたいです。
手がけたことを仕事にできれば、さらに良いですね。って、結局仕事じゃん(^^;)

でも、自分のやりたいことが、そのまま仕事になれば、それはもう最高ですよね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | アート