2020年01月08日

残念な記者会見でした

200108.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

今日は本当に嵐のような1日でした。
朝は雨、雨が止んで晴れてきたと思ったら、次は暴風。
暴風の中、車運転していて、何度もハンドルを取られそうになりました。
気温も上昇して、冬なのに春の嵐みたいでした。

そんな嵐の日本ですが、夜には多くの人がテレビにかじりついていたのでは?
年末に日本から逃亡したゴーン被告が、レバノンで記者会見を開きました。
自身の潔白の表明。
さらには、日本政府の中にも、日産と協力してクーデターを起こした人物がいるとの事で、その人物も公表すると言っていました。

興味津々で記者会見を見ていましたが、途中でアホらしくなって見るのをやめた。
結局は日本の司法の悪口、検察の悪口、日産幹部の悪口。
自身にかけられた疑いを晴らす証拠もなければ、ただただ自己弁護ばかり。
日本政府関係者の名前も出さない。
後でネットニュースなどでも読みましたが、結局は自己弁護と批判だけのようですね。

ダラダラと続く日本批判と自己弁護に、何が言いたいのかサッパリ分からない会見。
その会見も、自分が招待したメディアばかり。
つまりは、自分が好きなようにものを言える舞台での、「自分は潔白」のPR。
日本のメディアは入れていない。

そんな状態で、ゴーン被告に鋭い質問が出るわけもなく、これで身の潔白を表明したと言えるのか?
結局ただただ逃げたかっただけのような印象しか残りません。
本当に身の潔白を表明するのなら、正々堂々検察と戦って、裁判で無罪を勝ち取れば良い話。
逃げ出したと言うことは、罪を認めたのと同じと思われても仕方ありません。

ゴーン被告はレバノンに逃れたことで、自由になったと思っているのでしょうが、日本で逮捕されて裁判もせずに逃げたことは一生付きまといます。
皆が納得できるような身の潔白を表明できたのなら、理解者も増えたと思う。
今日の会見を見る限り、疑惑が深まっただけです。
そして「逃亡者」としての十字架を一生背負って生きなければならないのです。

人は一度逃げ出すと、どんどん逃げる人生になる。
辛かったら逃げたら良いのですから。
辛くても苦しくても戦ってこそ、本当の幸せがあるのだと思います。
最初から戦いもせずに、逃げてばかりでは、本当の幸せは見つかりません。

よく「頑張らなくてもいい」とか「逃げ出してもいい」とか、そんな言葉を聞きます。
精神的に自分を追い詰めてまで頑張らなくてもいい。と言う意味だと思います。
でも、私はあまり好きな言葉ではありません。
この言葉を使うのは、本当に頑張っている人や、戦っている人に向けての言葉だと思います。

どんなに頑張っても、どんなに戦っても、うまくいかない人生もある。
そんな時には、頑張らなくても、逃げ出しても別の道もある。
最初から逃げ出してしまうのは、ただの弱虫です。

ゴーン被告の最大の過ちは、戦わずして逃げたこと。
批判をするのなら、同じ土俵に上がって戦うべきだったのです。
戦わずして土俵の外から批判したって、単なる言い訳にしか聞こえない。

カリスマ経営者として名声を得た人物だけに、本当に残念な会見でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月07日

気になる世界の動き

200107.jpg

新年が明けておめでたい気持ちでしたが、今年は年末から年始にかけて、嫌なニュースが多い。
まずは年末にゴーン被告が日本から逃亡。
レバノンに逃げていたことがわかった。

どんなに自分を正当化しても、逃げたのでは話にならない。
ゴーン被告は、完全に日本を敵に回して、自分の正当性を訴えるつもりのようです。
でも、逃亡した人間の言う事なんて、誰も信じないと思うのですが。

明日レバノンで記者会見を開くそうです。
まぁ自分に都合の良いことしか言わないと思いますが。

それよりも気になるのが、アメリカとイランの対立です。
報復に次ぐ報復で、どんどんエスカレートしています。
このまま軍事衝突にならない事を願うばかりです。

アメリカとイランの対立激化で、影が薄くなりましたが、北朝鮮の動きも気になります。
年末までにアメリカからなんらかの回答があると思っていたのでしょうが、イランとの対立でそれどころでは無くなってきた。
年末年始にかけての北朝鮮の動きも、例年とは異なる動きのようです。
世界がもの凄い勢いで、動き出しているような気がします。

良い方向に動いてくれれば良いのですが、どうもきな臭い方向に動いている。
今年はオリンピックイヤーなので、争い事なく平和な一年であってほしい。
そんな願いとは裏腹に、世界が回っている気がしてならない。

新年早々、嫌なニュースが多いが、しっかり前を向いて行きましょう。
そして明日はお天気が大荒れだと言う事です。
春の嵐のような天気になるとの事なので、皆さん気をつけましょう。

世界は大きく動いているけど、私は私の仕事を頑張るしかないのだ。
明日も頑張るぞ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年12月22日

おいしい話など無い

191222.jpg

ネットニュースで見た記事。
マルチ商法で大学生の被害が増えているという。
大学生だと、時間もあるし、何よりも人脈ネットワークが強い。

友達だったり、同級生やサークル仲間、そのあたりを狙ってマルチ商法が入ってくるのだろう。
それに大学生だと、まだ社会に出ていないので、経験が浅くて相談相手も少ない。
騙しやすい相手なのでしょうね。

マルチ商法。私もなんども誘いを受けました。
不思議と真面目な人間ほど、このマルチ商法にハマる傾向がある気がする。
だからこそ真剣に誘いをかけてくる。
断るのにどれほど苦労したか。

私は昔から「自分が好きな事で稼ぎたい」と思っていた。
だからいくら「儲かる」と言われても、興味が湧かなかった。
それよりも、儲けるために誰かに会って、勧誘をしないといけない事が苦痛だった。

親しい人から勧誘をされると、本当に断りにくい。
でも「自分のやりたい事は違う」という理由と「その時間をもっと違うことに使いたい」との理由で、ことごとく断って来た。
4から5つくらいは勧誘されたことがあるかな?
本当にいろんな商法があるんですよね。

そもそも「良い話がある」ってこと自体おかしい。
人間誰しも「良い話」は自分だけが知っていたいもの。
儲けるのなら自分が儲けたいのが人間。

わざわざ人に話すのは、そうしないと自分が儲からないからである。
それをわかっていれば、マルチ商法の話は乗っからない。
しかし、大学生だと、そんな経験も無いし、割りの良いアルバイト感覚で乗ってしまうのでしょう。

世の中に「おいしい話」などありません。
そのことを、しっかりと子供達に教えておかないといけませんね。
ネット上には「おいしい話」が溢れています。
「簡単なお仕事」「月に100万稼ぐことも可能」みたいな謳い文句が、至る所に溢れています。

ちゃんと自分の出来ることを、しっかりと身につけて、好きなことを仕事にできる。
そんな子供達を育てていかないといけないのだと思います。
やりたい事が見つからないけど、とりあえず大学入って、どこか就職できればOK。
そんな考えだと、こんなマルチ商法に引っかかってしまうのだと思います。

我が子にも、しっかり言って聞かせておかなければ(^^;)

さて、今日は冬至です。
寒さも本格的になって来ました。
先ほどお買い物して、ゆずを買って来ました。
今夜は柚子風呂に入って、キムチ鍋食べて温まります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:09 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年12月07日

野党の皆さんへお願い

191207.jpg

まだやってるの(呆)

もう真冬に突入したと言うのに、永田町は桜で満開です。
いつまでも「桜を見る会」の問題で国会の時間を使っています。
やはり森友や加計学園の時と同じようになりましたね。
これでまた、野党はろくに仕事もしないで、この問題だけを追求して、満足している。

そしてマスコミも、「疑惑が深まった」と連日報道する。
こうやってマスコミがどうでも良い事を、延々と流すから、野党も勘違いするんですよ。
税金の無駄遣いであることは確かだと思う。
だから「来年の桜を見る会は中止」と言う言葉を、総理自ら引き出した時点で、幕引きすればよかったのです。

多額の税金が使われている事に、多くの日本国民は良しと思っていません。
だから、開催費用が膨れ上がっている事実と、総理自らが中止を明言したところで、この問題は終わりです。
この時点では野党の勝利なんです。
ここで終わっていれば、野党の印象も良かった。

しかし、「これでもっと追求できる」と勘違いした。
多くの税金の無駄遣いを指摘して、無駄を省けたのだから、そこで終われば良かったのです。
ところが、もっと攻めることが出来ると、様々なネタを探して来て、国会でそれを問い詰める。
だんだん本質がズレてきて、問題追求している時間こそが税金の無駄遣いになってきている。

だから野党の皆さんは、ネットで「野盗」って揶揄されるんですよ。
指摘すべきは指摘して、ある程度の回答が得られたら、もっと議論すべき問題で国会の時間を使うべきです。
森友問題からずっと繰り返していますが、野党の最終目的が「安倍政権の倒閣」だからダメなんです。

国会議員であれば、日本国のため、日本国民のために働かなくてはいけません。
ところが今は、自分たちのためになっている。
多くの日本国民は、安倍政権の倒閣なんて望んでいません。
仮に倒閣したとして、次は誰が担うのですか?

まさか野党の皆さんが担うのですか?
私たち日本国民は、あの悪夢の民主党政権を忘れてはいません。
自分たちが運営した政権の反省もせずに、現政権を批判だけしても、それは有権者には響きません。

残念ながら、今は安倍内閣以外には、選択肢が無いのです。
野党の皆さん、お願いです。
「政権をとる」なんて夢物語はやめて、もっと真剣に仕事をしてください。
野党の責任はなんなのか?真剣に考えてください。

もっともっと野党がしっかりしていれば、安倍政権の緩みも無くなります。
そして批判だけでなく、自身の政策も打ち出して、政策論争を広げてください。
そうすれば、支持率も上がるし、選択肢も広がります。

現状は安倍政権が強いのではなくて、野党があまりにもだらしないのです。
森友から続く、国会での延々と繰り返す質問に、もううんざりしています。
このまま続けていたら、次の選挙で大敗しますよ。

本当に日本国の国益、日本国民の生活を考えたら、こんな国会運営は行なわないハズです。
ちゃんと仕事をしてください。お願いします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年12月03日

学校と子供と親と地域

191203.jpg

PTA活動をしていると、先生方と話す機会が増える。
私の年齢になると、話が合うのは教頭先生や校長先生になる(笑)
現に小学校の教頭先生は、私よりも二つ年下です(^^;)

私たちが子供の頃には、悪さをしたら先生にビンタされるなんて日常でした。
ビンタやげんこつ、廊下に立たされる、なんせ先生は怒らせると怖い存在でした。
そして家に帰って親に先生に叩かれた事を言えば、「あんたが悪い事するから」と再度叩かれた。

昔は悪い事すれば叩かれたし、親や地域の大人も同様に叱り、時に手を上げた。
しかし、今は少しでも子供に手を出したら、体罰や虐待とみなされてしまう。
そんな環境で育つ子供達は、先生を怖いと思わなくなり、大人を自分と同等に見る。
すべてがそうとは言わないが、大人をなめている子供は多いと思う。

無理に先生や大人を怖いと思わせる必要はない。
ただ、悪さをした時には、真剣に叱り時に怖い存在である事は理解させるべき。
今の子供達にとっては、先生や大人は友達のような感覚なのでしょう。

先生方の話を聞くと、「最近はキレる子が多い」と言います。
突然キレる、突然暴れ出す、そんな子が多い。
そして学校の授業でじっとしていられない。

中には病気である可能性が高い子もいる。
それを親も分かっていれば、解決策はある。
しかし、それを認めない親もいる。

やはり一番は家庭環境なんですよね。
家庭が落ち着いていないと、子供は落ち着きません。
子供にとって、家庭は一番安らげる場所。

本来一番安らいで素の自分を出せる場所。
しかしその場所が緊張の場だったら。
子供は精神的に追い詰められる。
結果、学校でストレスを発散する。

家ではだらしなく、親の言う事も聞かない。
ところが学校の先生に聞くと「とても頑張っています」との返事。
我が家の子供達の特徴です。
外ではちゃんとしているが、家の中ではどうしようもない。

しかしこれが普通なんだと思います。
やはり家庭は落ち着ける場所。
子供と言えど、学校には緊張感を持って行っているのだと思う。
だから家ではリラックスできる。
まぁリラックスも必要だけど、あまりにもだらけていると親の喝が飛びます(笑)

子供の教育は、学校だけの問題ではない。
やはり家庭環境が大事。
そしてその家庭を取り巻く地域環境が大事。
連携が必要なのだと思います。

個人の自由が主張され、和を必要とする公がないがしろにされ、地域の絆が薄れた現代。
地域の再生と教育の見直しが必要だと思う。
一気に解決する方法はない。
少しずつ修正していくしかない。
そしてそれは誰かがやるのではない。
私たち一人一人が考え、自分ができる事をやらなければいけないのだと思う。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年11月25日

SNSと子供の関わり方

191125.jpg

月曜日の朝、最後まで寝ていたのは次女。
普通なら「学校遅刻するぞ」ですが、今日は学校お休み。
先週の土曜参観の代休日です。

半日だったんだから、別に休みにしなくても良いのに。
きっとこれが大半の保護者の心の声です(笑)

休みで午前中は家でゴロゴロしていました。
しかし午後からはやはりお友達と遊んでいました。
それも我が家の駐車場の車の前で。

最近の次女とお友達のブームなのか?
我が家の車の前で、段ボールを敷いて、おままごとをしています。
3人で何やら楽しそうに遊んでいる。
おままごとのようだが、実際にはおままごとかわからない。
何れにしても楽しそうなのは伝わってくる。

家の中でテレビ見たり、ゲームで遊ぶよりは健康的で良いですね。
しかし、これから先、寒くなってきたらちょっと厳しいかも。

TVでは、大阪の小学6年生が行方不明になり、無事帰ってきたニュースが流れている。
何はともあれ無事に親元に帰ってこれた事は良かった。
しかし、今回の事件、単なる誘拐事件と片付けてはいけない。

小学6年生がスマホを持ち、SNSを使っていた事。
そのSNSで誘い出されて、そのままついて行ってしまった。
誘拐と言うよりは、自ら行動を起こしている。

そして犯人のところには、別に15歳の女の子もいた。
この女の子は、どちらかと言うと家出。
自ら家を出て、犯人のところに流れ着いた感が強い。
半年もの間、見つからなかったのは、自ら隠れていたからに他ならない。

今回の事件。
これまでの誘拐事件とは明らかに異なる。
15歳の少女しかり、12歳の少女しかり。
あまりにも行動が軽い。

そして犯人も、本当に軽い気持ちで誘っていたのではないか。
SNSの中で現実とネットの世界が曖昧になり、本当に軽い気持ちで行動に出ているのではないか。
そうでなければ、大阪から栃木まで付いて行く理由がわからない。

連れ出した犯人が確実に悪い。
しかし付いていった12歳の少女にも非がある。
それを許してしまった親にも責任がある。

最近は小学生のうちからスマホを持っている子も多い。
SNSの使い方、危険性、ネットの持つ特異性。
早いうちから子供に教えることが必要なのかも知れません。

我が家の駐車場で無邪気に遊ぶ次女とお友達。
まだスマホなど持っていませんが、早ければ数年の内に持つ可能性がある。
しっかりとスマホの便利さと危険性を、教えて行かないといけない時代なんだなと思いました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年11月22日

GSOMIA破棄はひとまず延期

191122.jpg

いよいよ肩がパンパンになって来た。
マジでマッサージ受けに行きたい。
温泉入りたい。
しかし、まだまだ頑張らなくちゃ。

さて、本日を持って韓国との軍事協定であるGSOMIAが終了する予定でしたが、ギリギリで韓国が協定打ち切りを停止したようです。
ひとまず協定延長というところでしょうか。
しかし、日本が韓国の条件に応じたわけではない。

つまり韓国が勝手に破棄を言い出し、勝手にゴネて勝手に元に戻したって事。
日本側は一切妥協していないが、おそらくアメリカからの圧力も大きかったのでしょうね。
そして国内からの反発も多かったと思う。

しかし、韓国側はきっと良いように言いふらすでしょうね。
「日本が幼稚な態度で固辞したが、我々は大人な対応をした」とか言いそうです。
アメリカや日本に対して、延長してやったと思っているのでしょう。

もう本当にめんどくさい国です。
いっそのことGSONIA破棄でもよかったんじゃないかって思う。
明らかに心は北朝鮮や中国に向いていますからね。

しかし、韓国があるから最前線が韓国になっている。
韓国が中国寄りになったら、一気に防衛戦は日本になりますからね。
それをわかっているから、韓国も横柄な態度取るんでしょう。
そうやって生きて来た民族ですから。

それにしても、今回のGSONIA破棄騒動。
このやり方が何かに似ているなぁ〜と思っていました。
自分から仕掛けておいて、自分から折れる。
しかし自分たちはプライド高く、負けたとは思わない。

そう、吉本新喜劇の池乃めだかのギャグ。

相手に因縁をつけて。
「おう!なんやおめ〜痛いめにあいたいんか?」
「ボッコボコにしたるで、覚悟しろや」
そしてボコボコにやられて地面に這いつくばる。
起き上がって服の埃をはたいて一言。
「今日はこれくらいにしといたるわ」

まさしくこんな感じですよね(笑)
自分たちから喧嘩売っておいて、ボロボロになって、それでも非を認めない。
まるでギャグです。

しかし国家間の問題は、ギャグで済まされないわけでして。
めんどくさい国だけど、これからも付き合いが必要なんですね。
ひとまず破棄は無くなったけど、だからと言って韓国が信用できるわけではありません。
これからも、用心しながら付き合うしかない。

韓国は信用できない国。
そのことを、ここ数年で我々日本人は学びました。
これを子々孫々まで伝えていかなければなりませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:19 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年11月18日

国会議員の仕事とは

191117.jpg
【政権叩きが仕事では無い】

だから野党はダメだって言われるんだ!!

安倍総理主催の「桜を見る会」が槍玉に上がり、野党は「とことん追求する」と鬼の首を取ったように目を輝かせている。
また森友哉加計学園のように、「疑惑が深まった」を繰り返し、延々と国会を停滞させるつもりか?
だから野党はダメなんだ!!

確かに桜を見る会の費用がどんどん膨れ上がっているのは問題。
そして、政治家が自分たちの後援会を呼ぶのもどうかと思う。
だから今回の問題提起はある程度意味があったと思う。

しかしその後のやり方が下手くそ。
この問題を、安倍総理の問題としたい野党。
そもそも、民主党時代にも同じことをやっていた。
自分たちも似た事やっていて、安倍総理を批判する。

「あなた達も与党時代やっていませんでしたか?」
そう問われて、蓮舫議員は「つまらない質問」と切り捨てた。
福山議員は、「私たちは立憲民主党であり民主党では無い」と切り捨てた。

どうせなら、「私たちも同じことをやっていた、だから問題だ」と潔く非を認め、国会議員全体の問題提起とすれば株も上がる。
そして今回の件を問題提起して、国会は国会でやるべき事をやる。
そうすれば、野党の支持率も上がる。
私も支持したくなる。

しかし現状は、何か問題を見つけたら、それをしつこくしつこく国会で取り上げる。
しまいには「疑惑が解明されるまで審議に応じない」と審議拒否。
やらなきゃいけない事、決めなきゃいけない事、山のようにあるハズなんですが。

残念ながら野党の目的は、安倍政権の打倒だけ。
だから安倍政権の足を引っ張ることが、自分たちの仕事だと思っている。
安倍一強と言われるのは、決して安倍総理が強いわけでは無い。
野党がダメ過ぎるのだ。

まともな野党がいないと、どうしたって政権与党は緩みが出る。
今回の桜を見る会も、緩みが出ている証しでしょう。
やはりまともな野党が必要です。

本当に今の野党はダメ過ぎて、失望しかありません。
まだ期待できるのは、維新くらいか。
元民主党の議員や政党は、とにかく批判しかしない。
対案も出さずに、ただただ批判だけ。

桜を見る会で5000万円が使われているのは、税金の無駄遣いかも知れない。
しかし、まともに仕事をせずに、ただただ政権の批判だけをしている野党議員こそ、一番の税金の無駄遣いだと思う。
あなた方の仕事は政権の批判や、足を引っ張ることではありません。
政権与党と真剣に議論して、より良い法案を作り、より良い日本にすることです。

仕事しないのなら辞めてください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年11月16日

また芸能界から薬物で逮捕

191116.jpg
【写真は産経ニュースWeb版より】

iPhoneの画面に、Newsアプリの速報が出たから何か?と思ったら。
女優の沢尻エリカが合成麻薬「MDMA」を所持していたとして逮捕された。
つい先日も、田代まさしが覚醒剤で逮捕された。
また元オリンピック選手が大麻密輸の疑いで逮捕。

薬物が出回っていますね。
少し前は、ピエール瀧が、その前には清原。
チャゲアスの飛鳥、そしてのりピーこと酒井法子。

芸能と薬物って、本当に身近な存在なのでしょうか?
これだけ出てくると、もう「みんなやってるんじゃ!?」って思ってしまいそうです。

沢尻エリカ容疑者に関しては、来年から始まるNHKの大河ドラマに出演が決まっていた。
本人も今年3月の発表会見で「沢尻エリカの集大成をここで」と涙を浮かべて話したようです。
それなのになんで?って思いますよね。

NHK大河ドラマではピエール瀧も出演後に逮捕。
NHKなんか呪われている?
もうすでに撮影は進んでいるだろうから、また撮り直しです。

これだけ多くの芸能人が、薬物で捕まっているのに、それでも手を出す芸能人がいる。
昔から芸能人と薬物の関係はありました。
しかし、最近特に増えている気がします。

芸能人だけに限らず、一般人の間でも蔓延しているようで、本当に困った事です。
使っている人を捕まえるのも大事ですが、やはり大元を絶たないとダメですよね。
きっと暴力団の資金源になっているだろうし、最近は海外とも繋がっているようですし。

外国人の密売人が、多く日本に入り込んでいる。
こんな人たちを摘発するのが先のように思います。
元を絶たなきゃダメですよね。

今回の逮捕で、芋づる式に他の人が出てきそうです。
ダメなものはダメ。厳しく取り締まって欲しいと思います。
そして薬物撲滅に向けて、本気で何か手を打たないといけません。
芸能人が薬物に手を出すと、それは子供達にも悪影響を与える。

自分たちが影響力の大きい存在である事を、もっともっと自覚して欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:51 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年11月15日

経営統合は+になるか?

191115.jpg

先日のニュースでYahooとLINEが経営統合とあったが、正直私はどっちも使っていないのであまり関係ない。
しかし、中にはこのニュースを複雑な気持ちで聞いていた人も多いと思う。
Yahooはともかく、LINEはかなりの人が利用している。
私は利用していないが、「LINEをしていない」と言うと決まって「なんで?」と聞かれます。
それくらいLINEの普及率は高い。

私がLINEをしない理由は、このブログを読んでいる人はご存知のはず。
何もLINEがなくても困ることは無いし、わざわざ使いたいとも思わない。
そこまでいろんな人と繋がっていたいとも思わないし。

話を経営統合に戻します(^^;)
Yahooと言えば大元はSoftBankです。
そのSoftBankは、先日大赤字の決算発表をしました。
そしてLINEも赤字だと聞きます。

つまりはお互い赤字の者同士でくっついたってことですね。
なんか銀行が経営不振で、どんどんくっついて大きくなったのに似ています。
大丈夫なんでしょうかね?

私がLINEを使わない理由の一つが、母体が韓国企業であること。
しかしさらにSoftBankは怖いと思っています。
なぜなら中国のアリババと繋がっているから。
情報がダダ漏れでは無いか?と疑ってしまう。

YahooとLINEが業務提携すれば、個人情報をごっそり中国に持っていかれる可能性もゼロでは無い。
「そんなこと言ったらiPhoneだってアメリカに情報もってかれてるじゃ」って思う人もいるでしょう。
しかし、アメリカは民主主義国家です。
中国は中国共産党の一党独裁国家です。
そしてiPhoneのAppleは、個人情報を国家に売ったりはしません。
GAFA(Google・Amazon・Facebook・Apple)の中で、最もプライバシーに真剣なのがAppleです。

アメリカ企業と中国企業、どちらが信用できますか?ってことですよね。
最も信用できるのは、日本企業に他ならない。
日本企業の中でも、最近は信用できない企業もありますけど、中国企業とは比較になりません。
中国企業のバックには、必ず中国共産党がいるのです。
そんな中国企業と連携しているSoftBankは、とても信用できないと言うのが私の考え。

「考えすぎだ」とか「ちゃんとやってる」と言う意見もあるでしょう。
これはあくまでも私個人の見解ですので、賛同を求める訳ではありません。
事実として言っているのではなく、あくまでも懸念としての話です。

SoftBankは孫正義氏の独裁企業です。
孫氏の考え一つで動いています。
それがプラスになる時もある。
しかし道を誤れば危ういです。

Appleも独裁企業でした。
そうスティーブ・ジョブズが在りし日の頃は。
独裁的なやり方で、次々と新しい商品を生み出していった。
逆に言えば、独裁的だったから成功した。

同じ独裁的ですが、果たしてどうなるのでしょうね。
大赤字からLINEと提携してV字回復できるのか?
それとも共に沈んでいくのか。

ところでPayPayとLINEPayはどうなるの?
もしかしてLINEPayPayPayとか(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:23 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年11月12日

どこまでも疲れる国だ

191112.jpg

もうあまり触れたくないと思うんだけどね。

なんか、あまりにも幼稚すぎて、あまりにも身勝手すぎて。
怒るのを通り越して、最近は哀れにさえ感じる。
お隣韓国の事です。

自分たちでどんどん問題起こしておいて、結局は全部「日本が悪い」で片付ける。
極め付けはGSOMIA破棄。
確かそれを発表したのが8月中旬〜下旬にかけてでしたよね。
北海道の嫁さんの実家でニュース見た記憶がある。

それからずっと引きずって、いよいよ今月の22日で機嫌が切れる。
本当は破棄したくないし、アメリカからも圧力かかっていて、それを全て日本のせいにしたい。
「日本が輸出規制を見直せばGSOMIAを続ける」ですって。
だから、日本は輸出規制なんかしていません。
輸出管理の強化です。

もう日本国民の90%くらいが「もう韓国なんてどうでも良い」と思っているのではないでしょうか。
だって真面目に相手したら、本当に疲れるし、ちょっとでも好意を見せたら図に乗るし。
これって人間付き合いでも同じですよね。
常に上から目線で、人の悪口ばかり言ってきて、なんでも難癖つけて、絶対に自分から謝らない人。
あなたの周りにいませんか?

そんな人って、タテマエでは皆付き合うけど、ホンネでは付き合わない。
そしてどんどん人が離れていきます。
今韓国はまさにそんな状態。

日本は常に一貫した態度で接している。
韓国が変わらない限り、この状態は変わらない。
韓国次第なんですよね。

そろそろ本気で自国の歴史を振り返り、本来の国の姿を受け入れるべきです。
ファンタジーの世界で生きてきて、自分たちは素晴らしいと思い込み、何か不都合なことがあれば、全て日本のせいにして。
反日教育の中で生きて来たから、自分たちは日本よりも優れていると、本気で思っているんのでしょうね。
ちなみに、日本人は「自分たちが優れている」とか「自分たちが一番だ」とか、そんな考えはありません。
中にはそんな人もいるかも知れませんが、日本人は自分の国に誇りを持っているだけ。

他国の事を下に見たり、他民族をバカにしたり、そんな事は考えません。
自分たちの国に誇りを持つと同時に、他国の尊厳も尊重します。
他国に対しても、素晴らしいと思う事は、素直に受け入れてそれを吸収しようとします。

韓国(朝鮮人)はそれが出来ないんですよね。
常に自分たちが一番だと思い込んでいるし、なんでも優劣をつけたがる。
そして日本が絡むこととなると、敵意むき出しで好戦的になる。

本当に付き合いきれない。
もう疲れました。
どうぞ好きにやってくださいな。

GSOMIA破棄まであと10日。
どうなることでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:13 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年11月10日

素晴らしい皇室を護る為に

191110.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

今日は天皇陛下のご即位に伴うパレードでしたね。
昨夜はご即位を祝う「国民祭典」の祝賀式典が執り行われました。
その様子はテレビで観ましたが、嵐の歌を聴き、涙を拭う皇后陛下の雅子さまが印象的でした。

今日のパレードは、お出かけしていたので、リアルタイムでは観れませんでした。
またニュースなどで観ることになると思います。
今日のパレードでも皇后陛下が涙ぐんでいたようですね。

私たち日本国民は、こんな天皇皇后両陛下を持つことができて幸せだと思います。
できれば生でパレードとか見たいけど、それには東京に行かないと無理です。
いつも思うのですが、なんでも東京なので、地方の人間からすると「ずるい」って思う部分もありますよね。
だって、何か大きなイベントや、展示会なんかは全部東京だもん。
興味があっても、東京まで行かないといけないわけですから。

おっと、私の愚痴は置いといて(^^;)
今日のパレードはとても良い天気に恵まれて、最高のお祝いになったことでしょう。
この二千年以上続く、素晴らしい伝統・文化を、私たちは護っていかなければなりません。
世界のどこにも無い、この日本だけの天皇を。

ただ、テレビでやたらと伝えられる「女性天皇・女系天皇」そして「女性宮家」に騙されないように。
一見すると「皇室を護る」というイメージに聞こえますが、実は逆です。
女系天皇を認めたら、今の皇室では無くなってしまいます。

今の皇室は父親をたどっていけば、神武天皇につながります。
それが日本の天皇であることの証なのです。
しかし女系天皇を認めると、父親をたどっても神武天皇にはつながりません。

例えば愛子さまが女性天皇として即位したとする。
愛子さまは天の陛下の娘なので、父親を辿れば神武天皇に結びつきます。
だから愛子さまが天皇陛下になっても問題はない。

しかし、愛子さまがご結婚をされて、生まれてきた子供が天皇になった場合。
父親をたどっても神武天皇にはつながりません。
つまりここで、全く別の王朝ができることになるのです。

これまで二千年以上に渡って、ずっと繋がってきた家系が、全く別の家系になるのです。
この問題を全くメディアも取り上げない。
ただただ、皇室を残せばそれで良いというイメージ作りをしています。

極端な事を言えば、愛子さまが外国人と結婚して、その子が天皇になったら、外国人の天皇という事になる。
天皇はずっと繋がってきたから天皇なのであって、誰でも良いわけではない。
その問題を、全く取り上げないから、アンケートを取ると「女性天皇・女系天皇」を容認するという人が多くなる。

ではどうすれば良いのか?
一番確実なのは、旧宮家の復活。
神武天皇の血を引く、元皇族の方々がおられます。
その方々に、皇族に復帰していただくのが、一番確実。

もちろんこのことも、メディアは全く触れません。
どうもメディアは、日本の天皇を別のものにしたいのかも。
日本のメディアは、外国勢のスパイに支配されているという噂もありますからね。

今日の良き日をお慶する事は、日本国民として、本当に幸せな事だと思う。
しかし、このお慶を残していくために、しっかりと現実を見て対策を考える必要があります。
それは私たち日本国民一人一人が、ちゃんと考えることが大事。

この素晴らしい天皇を護るために、私たちもほんの少し考えて行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:34 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年10月28日

イスラム国の終焉と新たなテロの始まり

191028.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

「イスラム国」
久々にこの名称を聞いた気がする。
一時期は世界的な問題となり、日本人ジャーナリストも犠牲になった。
イラク全土を支配しそうな勢いは、今では影を潜めていた。

そしてついに、イスラム国のバグダーディが殺害された。
正確には米軍の特殊作戦部隊に追い詰められて、自爆したとのこと。
最後は隠れ屋の行き止まりのトンネルで、軍用犬に追われて泣きながら逃げ回った。
そして自爆テロ用のベストを起爆させた。

一時期は世界中を恐れさせたテロリストの長。
でも、やはり自分が追い詰められると弱いんでしょうね。
人間って本来弱い生き物。
だから強がって見せる。
何とも哀れな最後です。

しかしこれでテロが無くなる訳ではありません。
イスラム国が壊滅状態になった事で、居場所を失ったテロリストが世界に散らばります。
これまではイラクやシリアに潜伏していたので、ある意味わかりやすかった。
今後は世界のどこにテロリストが潜伏しているかわからない。

「テロとの戦い」という言葉をよく聞きます。
でも、実際にはテロとは戦えない。
どこにどんなテロリストが潜んでいるか、それはなかなか特定出来ない。
そして一般人とテロリストの区別がなかなか付けられない。

これまで普通に暮らしていたと思っていた人が、ある日突然残忍な事件を起こす。
それはここ日本でも起きている。
言ってみれば、日本にもたくさんのテロリスト予備軍が居ると言える。

以前にも同じような事を呟いたが、テロを無くすには貧困を無くすしかない。
貧困を無くすには、教育の充実が一番の近道。
ちゃんと勉強できて、ちゃんと仕事に就けるようにする。
世界中の人々が、ちゃんと教育を受けて、仕事をして収入を得る事が出来れば、犯罪が激減する。
犯罪が激減すれば、自然とテロリストになる人間も減る。

それでも非道に走る人間はいるだろう。
しかし、大抵の人間は幸せな暮らしを望んでいる。
働ける道があれば、皆働くのです。

今回のバグダーディ殺害のニュースは、イスラム国終焉を告げるニュースでありながら、新たなテロリストが生まれる予告でもある。
負の連鎖は簡単には断ち切れない。
バグダーディ殺害の報復テロが起きる可能性は十分にある。

テロは決して許されない。
しかしテロリストを殺害すれば、それで終わる訳ではない。
何とか負の連鎖を断ち切る事を、世界が考えていかなければならないのだと思う。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:22 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年10月10日

夢へとつながるノーベル化学賞

191010.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

子供達の「夢」に繋がって欲しいですね。

日本からノーベル化学賞が出ました。
リチウムイオン電池を開発した、旭化成名誉フェローの吉野彰氏です。
化学賞は2010年以来、9年ぶりの快挙です。

やはり日本人がノーベル賞を受賞すると嬉しいですね。
それも化学の分野での受賞。
技術大国日本ですが、なかなか化学賞での受賞がなかった。

今回のリチウム電池は、私たちの身の回りに欠かせない技術になっています。
もっとも身近なのが、携帯電話やスマホのバッテーリー。
そしてノートパソコンのバッテリー。

最近は電気自動車のバッテリーや、家庭用の蓄電器なども増えてきました。
ますますこれからの未来に必要とされる技術です。

インタビューの中で、印象的だったのが、化学に興味を持ったきっかけ。
小学校3〜4年生の頃の新任の先生から「ロウソクの科学」という本を紹介された事。
その本を読んで、化学に興味を持った。

インタビューでも、その先生に会っていなかったら、今の私はいない。
サッカー選手になっていたのかも。なんてジョークを言って笑っていました。
本当に一人の先生との出会いが、その後の人生を変えてしまったのです。

子供の頃って、本当にいろんな事に興味を示す。
そして少しでも「面白い」と感じたら、トコトン突き進むのが子供の特徴。
それが次第に夢へと変わっていく。

子供の可能性は無限大です。
だからこそ、いろんな事を体験して、いろんな世界を見て欲しい。
学力も大事だが、「学びたい」と思わせる、興味を持ってもらうことが大事。

ただ単に勉強をして、一流大学に入るのが夢では無い。
自分が何をやりたいのかを、しっかりと自分自身で解って勉強した方が良い。
本来「学ぶ」というのは楽しい事のハズです。

今回の受賞で、多くの子供たちが化学に興味を持ったと思います。
子供達の「夢」に繋がっていく事でしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:18 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年10月07日

日本が変わらなければ世界は変わらない

191007.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

盗人が攻撃して来る。
まさにそんなイメージですね。

北朝鮮の漁船が、日本の排他的水域内で、勝手に商業をしている問題。
大和堆と呼ばれる、豊富な漁場で違法操業を繰り返している。
もう数年前から問題となっている。

これまでも日本は、海上保安庁が巡視して、北朝鮮の船を追っ払っているが、イタチごっこ。
そして今回、北朝鮮の船が、水産庁の船に突っ込んできた。
北朝鮮の漁船は沈没し、日本側が救助活動。

一体いつまでこんな馬鹿げたことを続けるのだろう。
そもそもなんで日本にやって来るのか?
北朝鮮の沿岸は、その漁業権を中国に売ったと言われている。
外貨獲得のために、自分たちの海を、中国に売ってしまった。

そうなれば、漁民は自分たちの海で操業はできない。
ロシアの方に出て行きば、即座に拿捕される。
それなら、見つかっても注意されて追い返されるだけの日本に来る。

簡単な話が・舐められきっているのです。
今回も日本が船を沈めたのでは無くて、向こうからぶつかって来て沈んだ。
でも、見本側はご丁寧に救助活動をして、わざわざ逃している。
そりゃ〜何度でもやって来ます。

何度も同じことをつぶやいてるけど、やはり憲法改正しか無い。
日本にはどんな事したって、攻撃は絶対にして来ない。
それをわかっているから、北朝鮮の漁船はやって来る。
そして拉致被害者も返さない。

ロシアも北方領土を返さないし、韓国も竹島を占拠したまま。
中国も尖閣諸島を狙い、沖縄までも手にしようとしている。
憲法改正して、いつでも日本が攻撃を仕掛けて来るとなれば、相手の態度は激変します。

憲法9条があるから、平和が保たれていると、本気で思っている人たちに言いたい。
日本は平和では無い。
日本国民は拉致され、今だに取り戻せない。
北方領土・竹島を奪われたまま。
さらに尖閣諸島や沖縄まで奪われようとしている。

むしろ憲法9条のおかげで、日本は侵略され続けている。
憲法9条が素晴らしいと言うのなら、むしろそれを周辺諸国に勧めてください。
日本だけが非武装したって、周辺諸国の思うツボです。

野党は相変わらず、憲法改正の議論すら避けている。
やるべきことをやらないで、森友問題や加計学園問題ばかりを続けて来た。
本当に危機的状況にあるのに、全くそれを見ようとしない。
マスコミも同様。

そろそろ「憲法改正したら戦争になる」とか「日本は戦争をした悪い国」と言う、間違った思い込みを捨て去らないといけません。
いくら日本が紳士的に対応したところで、ロシア・北朝鮮・韓国・中国は、横柄な態度でつけ込んでくるだけです。
もう、嫌と言うほどにそれを見せつけられて来た。

日本が変わらないと、この状況は変わらない。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年09月29日

消費税アップと今後の日本

190929.jpg

今日はいつもの日曜日のスケジュール。
午前中は剣道の稽古に付き添い。
午後からはお買い物に出かけました。

いつもなら郡山イオンモールですが、今日は橿原イオンモールアルルへ。
その前にガソリンを入れるために、いつものスタンドへ。
その道中、やたらと車が多い事に気づく。

日曜日なので、車が多いのは当然ですが、いつものよりもやたらと混んでいる。
きっと消費税が上がる前に、みんな買い物に出かけているのだろうと話していた。
そうだ、あと2日で消費税が10%になるんですよね。

しかし、今回の消費税アップは、低減税率が採用されている。
10%にアップする物もあれば、8%のままの物もある。
正直、どれが8%でどれが10%なのかハッキリとわかっていない物もある。

駆け込み需要が期待されているようですが、我が家は全くそんな意識はなく、特にこれと言って買う物は無い。
今日の買い物も、必要なものを買うだけ。
あとは、見て回るだけです(笑)

前回の5%から8%にアップした時は、物凄い駆け込み需要が有った。
でも今回は、そんなに駆け込み需要は感じない。
逆に言えば、消費税率アップ後の冷え込みも少ないと言える。

今でも消費税10%には反対だが、決まった以上は致し方ありません。
駆け込み需要が少ないということは、それだけ後の落ち込みも少ないという事。
景気の落ち込みはあると思うが、前回ほどでは無いかも知れません。

でも、やっぱり10%というのは大きいですよね。
収入がそんなに増えないのに、税金ばかりが上がっていく。
どうしたってみんな「節約モード」に入って行きます。
ここは、やはり景気対策が必要だと思う。

みんながもっと消費できるように、ちゃんとお金が回らなければいけません。
今の日本は、一部の人間だけでお金が回っていて、その他の人々は本当にお金が回っていません。
完全に格差が広がっていると思います。

格差があっても仕方ないと思いますが、もっと普通の人がお金を使える社会にならないとダメです。
生活するだけで精一杯で、それ以外のところにお金を使えないのが現状だと思う。
これでは景気は良くなりません。

国として、もっと大きなビジョンを打ち出して、景気を刺激することが大事ですね。
キャッシュレス化なんて、そんなちっぽけなビジョンじゃ国民は動きません。
それに日本社会にキャシュレスは馴染みません。

一番早いのは、エネルギーの自前化だと思います。
これまでも、何度もつぶやいていますが、日本の近海に眠っているメタンハイドレートを使ったエネルギーの資源化。
加えて、尖閣諸島近海に眠っていると思われる原油の確保。
他にも海底資源に眠っている様々な資源。

日本は資源国家にならないといけません。
資源が自前で用意できれば、一気に電気・ガスの料金は下がります。
電気代が下がれば、様々な部分でコストカットが見込まれる。
一気に景気は沸くでしょう。

しかしそれには、既得権益をぶち破る必要があります。
これはなかなか難しいでしょうね。
なんせ、日本の社会が様々な既得権益でできています。
これを打ち破るのは、至難の技だと思います。

自分のためではなく、国家のため、将来の日本のために、働く人が必要です。
それは、国会議員に限らず、民間の企業にも。
自分の会社が儲かれば良い、自分だけが儲かれば良いという考えではなく、日本全体が強くなるために。
そう考える人々が増えることが、既得権益をぶち破る原動力になると思います。

幕末から明治維新、そして敗戦後の日本には、そういう人がたくさんいたんだと思います。
消費税の話から、大きくそれて話がでっかくなりました。
でも、これからの日本。やはりそんな人々の活躍が必要だと思います。

そして我々普通の庶民も、ただただ文句だけ言うのではなく、ちゃんと考えて日々の生活を送りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年09月26日

ポスト安倍は誰に!?

190926.jpg

久しぶりに政治の話題を。

「安倍一強」と言われて久しい。
気がつけば安倍政権も、もう6年近く続いている。
それまでは1年単位で総理大臣が変わっていた。

そもそも、その1年単位で変わっていた最初の総理が安倍総理だったんですけどね(笑)
安倍総理〜福田総理〜麻生総理〜鳩山総理〜菅総理〜野田総理そして再び安倍総理。
長期政権となっているわけだが、もうしばらく安倍政権は続くでしょうね。
2022年で総裁任期が終わるけど、また自民党内で変更して再選しそうな気がする。

だって代わりがいないんだもの。
ポスト安倍と呼ばれる人たちが、なかなか芽が出てこない。
テレビでは相変わらず、総理候補には小泉進次郎氏の名前。
次は石破氏の名前。

単なる人気取りだけの名前で、総理候補なんて無理です。
石破氏は安倍総理に負け続けて、さらに安倍政権批判を続けた事で、完全に自民党内での支持を失いました。
それでもテレビでは総理候補として持ち上げていますけどね。

小泉氏は大臣になった事で、逆に総理候補から遠のいた気がします。
残念ながら、これまでの実績は無く、人気だけで大臣になったようなもの。
そして大臣になったら、どんな事でも槍玉に上がる。

先日の環境問題の「セクシー発言」も、まさかこんなに話題になるとは思っていなかったでしょう。
良い意味でも悪い意味でも、常に注目されている人ですからね。
これまではなんの責任も無かったので、好き放題発言していたが、大臣となったからには一言一言に責任が伴います。
下手な事を話すと、それが批判の対象になり、人気に陰りが見えてくるかも知れません。

逆に言えば、ここでしっかりと大臣としての実績を残せたら、本当に総理候補に大きく近づきます。
まぁでも難しいだろうな。
私はここで一度、思い切り叩かれた方が良い気がしています。
人間一度くらいは失敗して、とことん落ちて、そこから這い上がってこなければ、強いリーダーシップは発揮出来ません。

安倍総理も、第一次安倍政権で失敗し、とことん落ちてそこから這い上がってきた。
だからこそ強いリーダーシップを発揮出来ている。
野党から言わせたら「独裁」らしいけど(笑)

安倍一強になってしまったのも、野党がだらしないからです。
私も安倍政権の政策に、全て賛成ではありません。
消費税10%は、今でも大反対。
他にも細かな点で、納得いかないところもあります。
もっと野党がしっかりして、ちゃんと対抗策を打ち出して、真面目に仕事してたら・・・。
おっと、野党批判に話が脱線しそうになりました。

小泉氏が本当の意味で、ポスト安倍になるには、まだまだ経験が必要です。
たくさんの実績を積んで、痛い思いもたくさんして、人の心の痛みをわかるようになってから。
最低でもあと10年くらいは、頑張らないといけないでしょう。

今までのように、テレビにチヤホヤされている内は、総理大臣は無理ですね。
私たち有権者も、テレビでチヤホヤされる政治家でなく、ちゃんと仕事をして頑張っている政治家を選びましょう。
それが日本のためです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:38 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年09月20日

巨大化する台風

190920.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

また台風が発生して、この三連休は台風の影響で天気は悪くなりそうです。
コースによっては、日本を縦断する可能性もあるので、注意しておかなくてはいけません。
幸い関東への上陸は無さそうなので、台風15号で甚大な被害を受けた千葉県は、直接の影響は無さそうです。
ただ、雨が降る可能性は高いので、被災した皆さんは、本当に大変だと思います。

昨年の大阪を直撃した台風19号。
そして今回関東を直撃した台風15号。
どちらも甚大な被害をもたらしました。

これまで台風の被害って、雨による水害が多かった。
建物が崩壊したり、車が飛ばされるなんて、みんな想像もしていなかったでしょう。
明らかに台風が巨大化しています。

私の故郷、奄美大島では、風速40m級の台風は結構な頻度で通ります。
私も小学4年生の頃に、家の屋根が飛ばされて、悲惨な思いをした事がある。
でもあの頃の屋根は、今とは違って脆かった。

最近の家の作りはしっかりしているが、それでも屋根が飛ばされる。
さらには高圧電線の鉄塔が倒れる。
電柱やゴルフ練習場の鉄塔が倒れる。
こんな暴風の台風は、やはりこれまでとは違う。

日本は地震大国なので、地震に強い家づくりが進んでいます。
しかし、これからは台風の暴風にも耐えれる家づくりが求められるのかも。
さらには、様々な建築物も、風速70mくらいを想定して、倒れない建築物にしないとダメかも知れませんね。

巨大化する台風。
頻繁に起こるゲリラ豪雨。
いつ起こるかわからない巨大地震。

本当に日本は災害国ですね。
そんな災害の中でも、自分自身で身を守り、生きていかなければならない。
これまでの防災では、もう通用しない自然災害になっています。
国も自治体も、防災を根本から見直す時期かも知れません。

そして私たちも、いつ災害が起きるかわからないという事を、常に心がける事が大事です。
今回の台風も、情報を常に得ながら、注意して三連休を過ごしましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:54 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年09月14日

内閣改造に思う

190914.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

安倍内閣が改造され、テレビでは「小泉進次郎大臣誕生」ばかりが報道されています。
確かに人気が高くて、視聴率も取れるのだと思う。
しかし、これまで政治家としての実績は何も無い。

あまりにも高い人気だけに、ちょっとミスをすると、途端に人気が落ちる可能性はある。
マスコミも人気があれば、持ち上げるが、落ち目になると途端に叩き出しますからね。
果たしでどこまで成果を出せるか?それが今後の小泉純一郎氏の課題ですね。

テレビでは大人気ですが、以外にネットでは批判されているんですよね。
将来の総理候補ともてはやされているが、どこまで本領発揮できるのか?

正反対にネットで評価されているのが、防衛大臣になった河野太郎氏。
外務大臣に成り立ての頃は、不安視される声が多かったが、やはり外務大臣とし毅然な態度をとった事が評価につながっているのでしょう。
特に韓国に対しては、言うべきことをしっかりと言い、妥協を許さない態度がネット民の評価を上げた。

逆に前防衛大臣の岩屋氏は、ネットでは散々な言われ方でした。
韓国の失礼極まりない行動にも、強く発言をせず、韓国に対して下手に出ていた。
だからこそ、韓国も勘違いしていたのでしょう。
レーダー照射問題なんて、本当に許されない事ですが、それでも韓国に対して毅然とした態度を示せませんでした。

韓国にとっては、毅然な態度で接する河野太郎氏が防衛大臣に就任した事は、とても嫌な事でしょうね。
外務大臣に就任した茂木氏も、交渉能力は高いと評価されているので、韓国にとっては嫌な相手でしょう。

そう考えると、今回の内閣改造は、これまでになく期待が高いと言えます。
ただ、小泉進次郎氏のように、未知数の議員も多く、失敗も多いかも知れません。
どこまで失敗をカバーできるかでしょうね。

マスコミと野党は、大臣の失敗を手ぐすね引いて待っているでしょう。
言葉一つ間違っても、大騒ぎして「辞任しろ」って叫びますからね。
ほんと、今の野党って、全く仕事していない。
ただただ批判する事が、自分たちの仕事だと思っている。
なんとも無能です。

今回の内閣改造で、より政権を安定させ、憲法改正の道を開いて欲しいと思います。
北方領土が帰ってこないのも、竹島を取りもどせないのも、尖閣諸島が狙われるのも。
そして拉致被害者を救出できないのも、根っこは全て同じです。
憲法9条を改正できずに、日本は一切の武力行為をできないから。

どんだけ鍛えられ上げた自衛隊がいても、それを使うことを許さない憲法があれば、意味がありません。
日本はどんだけ威嚇しても、ぜったに手出しは出来ないと言うことを、周辺諸国は知っています。
だからこそ、憲法改正を進めようとする安倍政権を嫌います。
野党も同じ。一体どこの国の国会議員だ!と言いたくなります。

これまでの中国・韓国・北朝鮮・ロシアの国々の対応を見てきたら、もういい加減わかるでしょう。
いくら日本が紳士に向き合い、話し合いで解決しようとしても、相手は全く応じません。
応じるフリをして、日本からお金や技術を奪い取ろうとします。
こんな国々を相手にしても、一向に問題は解決しません。

1日も早く憲法改正をして、戦える自衛隊にする必要があります。
戦争をするのではありません。
いざとなれば戦える自衛隊にするのです。
それだけで、どれほどの外交力がつくでしょうか。

ますますおかしくなっていく韓国。
アメリカもどこまで日本を守れるかわかりません。
やはり自分たちの国は、自国で守れなければいけないのです。

憲法改正、頑張って進めて欲しいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:08 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年09月02日

第二の天安門事件になりかねない

190902.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

韓国はますますおかしくなっていますが、中国も風向きが怪しくなって来ましたね。
香港でデモが拡大化しています。
それに対して、警察も武力化し始めている。

バックには確実に中国共産党がいる。
それをわかっているからこそ、デモの人数が増えているのでしょう。
香港の方々は自らのことを「香港人」と言う。
決して中国人とは言わない。

100年もの間、イギリス領として経済発展をして来た香港。
そこで生まれ育った人々は、中国共産党の支配には、絶対にNOを突きつける。
しかし、残念ながら、行政は中国共産党に飲み込まれている。

このまま何も抵抗しなければ、あっという間に中国化されてしまうでしょう。
そうなれば、政府批判も出来ないし、自由な行動はできなくなる。
全ては中国共産党の指示通り。
そんな未来を迎えたくないから、必死の抵抗を見せている。

このままデモが続いて、ますます肥大化すれば、第二の天安門事件になりかねない。
天安門事件は、もう30年前の出来事になる。
当時、民主化を求めた学生を中心としたデモ隊が、天安門広場を埋め尽くした。
普通の市民や学生などの若者たち。

そこへ軍隊が鎮圧に入った。
武器も何も持たない、若者に対して、戦車で突っ込んでいく軍隊。
多数の若者が犠牲になり、自国民に対して武力行使をした中国は、世界中から批判を受けた。

しかし中国共産党自身は、この天安門事件を歴史から葬り去ろうとしている。
中国では「天安門事件」でネット検索をしても、何もヒットしないらしい。
完全にインターネットも監視していて、真実が得られないのが中国なのです。
だからこそ、香港の人々も、中国本土に飲まれることを嫌っている。

今回のデモは、天安門事件の時とよく似ていると言われている。
自由を勝ち取るために、デモに参加したのは、多くの若者だった。
今回も若者が中心となり、今日は中高生が授業をボイコットして、デモに参加したようです。

このまま何もしなければ、本当に中国共産党の支配下に置かれ、自由は奪われてしまう。
そんな危機感がヒシヒシと伝わって来るのでしょうね。
中国本土と違って、香港は自由で、情報も入る。

もし天安門事件と同様のことが起きてしまったら、中国は隠すことは出来ません。
天安門事件の時とは違い、今はネットが普及して、みんながスマホを持ち、SNSで瞬時に世界に配信します。
どんなに中国共産党が、事実を隠そうとしても、それはもはや不可能な事です。

崩れゆく韓国。
そして揺れ動く香港&中国。
それを横目に何かを企んでいるのが、北朝鮮やロシアでしょう。

世界情勢が大きく変わろうとしています。
日本も変わらなければいけません。
自国は自国民で護る。
その強い意思表示が必要になって来ます。

しばらく韓国や中国から目が離せませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年09月01日

AED講習会を受講して

190901.jpg

今日は初めての体験をして来ました。
それは胸骨圧迫(心臓マッサージ)&AED体験。
いつも剣道で使わせていただいている学校の、施設開放委員会が主催して、消防署の方に来ていただきました。

これまで体育館にAEDが設置されていなかったのですが、今年度になってから、設置されました。
それは昨年の秋に稽古中に先生が倒れたことがきっかけになっています。
昨年の11月、稽古中に年配の先生が突然倒れました。

もともと心臓に病を抱えていて、心停止してしまったのです。
急いで他の先生が胸骨圧迫(心臓マッサージ)を始めました。
私は消防へ119番通報。

電話口で「AEDがあると思うので探してください」と言われましたが、体育館を見渡してもAEDは無い。
結局、学校のガラスをぶち破り、学校の中のAEDを他の若い先生が取って来てくれました。
倒れてからAEDを持ってくるまで、おそらく10分以上かかったと思います。

残念ながら倒れた先生を救うことは出来ませんでした。
その後、施設開放委員会の方でも、話をしていただき、私も市PTAやお知り合いの教育委員の方に相談させていただいたり。
いろんなところで、この話をして、なんとか体育館にAEDをつけてもらえないものかと考えていました。

私ごときの話ではなく、きっといろんなところから話があったのだと思います。
今年度に入って、体育館の更衣室の中に、AEDを設置していただきました。

しかし、AEDがあっても、それを使えなくては意味がない。
そしてAEDだけではダメで、やはり胸骨圧迫(心臓マッサージ)と人工呼吸が最も大切とのこと。
そこで、今回の講習が催されることになり、私を含め剣道から数人が参加。
他のクラブからも参加者がおり、全員で20名程度の参加者でした。

私も含め初めての参加の方が多く、慣れない手つきで胸骨圧迫の練習をしました。
そしてAEDの音声指示に従って、操作を行う。
初めて胸骨圧迫(心臓マッサージ)をやってみましたが、とても力がいる。
果たして実際に必要となった時に、今回のようにできるかわからないけど、知らないよりは知っている方が良い。

とても参考になる講習会で、一通り心肺蘇生の手順を学びました。
でも、本当にその場に居合わせたら、できるのか?という不安はあります。
知らないよりは知っている方が良いし、もし下手でも胸骨圧迫(心臓マッサージ)をやって助けることができれば幸い。
そんな場面に出くわさない方が良いけど、昨年の出来事があっただけに、やはり自分にできるのなら知っておきたい。

できれば1年に一度くらいは、講習を受けた方が良いとのこと。
きっと来年も講習があると思うので、その時はまた受けたいと思う。

胸骨圧迫(心臓マッサージ)やAEDを使うことがない方が良い。
でも、そんな場面に自分が立ち会った時、できる範囲のことは出来た方が良い。
そんな思いで本日の講習を終えました。

皆さんも、ぜひ講習を受けるチャンスがあれば、受けていただきたいと思います。
何も知らず何も出来ず、救うことが出来ずに悔しい思いをするよりは、少しでもできることがあって、そのことにより命を救うことが出来たらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:23 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年08月27日

壊れゆく韓国という国

190827.jpg

もうね、呆れて何もいうことはないですね。

北海道帰省中に、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄したとのニュースがありました。
8/2に日本が韓国をホワイト国から外すことが決まって以降、韓国は日本に対して撤回を求めています。
しかし、日本はもちろん撤回などしません。

そもそも、ホワイト国から外れた事で、輸入ができなくなるわけではなく、ちゃんと手続きをすれば問題なく輸入できる。
それなのに、まるで日本が輸出制限をしているような受け取り方をしているのは韓国。
そしてそれが徴用工問題の制裁だと思い込んでいる。

韓国がこれだけ騒ぐのは、日本という国を見下しているからだと思います。
スポーツでも文化でもそうですが、とにかく日本に敵対意識を持って、日本を叩きのめすことだけに全力を注ぐ。
プライドだけはとても高くて、「自分たちは日本よりも上だ」という意識が非常に強い。

ホワイト国から外れた事による輸入の問題ではなく、ホワイト国から日本が外した行為そのものが許されないのだと思う。
日本に対しては、何をやってもどんな無礼を働いても、全く気にもしないけど、自分たちが何かをされたら途端に目の色を変えて批判をする。
人間関係でもいますよね、こんなめんどくさい人。

人の批判や悪口は大好きだけど、自分が批判されたり悪口を言われた途端に、目の色を変えて怒る人。
そんな人はみんな上辺だけの付き合いで、心の底から信用される事はありません。
今の韓国って、まさにそんなめんどくさい人(国)になっていると思います。

だから多くの日本国民が、「もう韓国は相手にしなくても良いのでは?」と思っている気がする。
韓国という国の、本当にめんどくささがわかったと思う。
でも、そうさせてしまったのには、日本にも問題があった。

敗戦後の日本は、とにかく他国に頭を下げ、文句の一つも言わず「遺憾の意」だけでやり過ごして来た。
だからこそ韓国も日本を見下すようになった。
「日本は何をしても起こらない」「日本には何をしても良い」
そんな感情が反日教育と共に育っていったのだろう。

そのなりの果てが、今の韓国です。
やっている事は、完全に就学前のわがまま幼児と同じ。
自分たちは全て正しくて、悪いのは全て日本。
そんな意識がゴリゴリに固まって、引くに引けない状態になっている。

そんな国と、まともに付き合えるわけがありません。
ここで日本が引いたら、ますます韓国はおかしくなって行く。
毅然とした態度で韓国と接し、言うべき事は言うのが大事です。
それが本当の親友というもの。

韓国の中にも、「これはおかしい」と気づいている人もいると思います。
しかしそんな事を口に出せない雰囲気が蔓延しているのでしょう。
ずっと「日本は敵」と反日教育で教わって来た。
自国の歴史も歪曲されたものを教わって来た。

今回の日韓関係悪化をきっかけに、本当の自国の歴史を学んで欲しいと思います。
本当の自分の姿を見て、それを受け入れて、そこから本当の韓国の国づくりが始まると思います。
そしてそれは日本にも言える事。
敗戦後に刷り込まれた「日本は戦争をした悪い国」という思い込みを捨て去らなければなりません。

日本は何のために戦い、敗戦によって何を失ったのか?
我々日本人、日本国の成すべき事は何なのか?
しっかりと考える時期に来ていると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年08月15日

台風通過と74回目の終戦の日

190815.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

大型台風は広島に上陸して、今現在は日本海に抜ける模様です。
おかげさまでこちらは何も被害は無く、とても静かな状態です。
むしろ午前中や昨日の方が、風がありました。

しかし、和歌山や奈良県でも南部の方は、洪水警報や土砂災害警報が出ていました。
大きな被害になって無ければ良いのですが。
台風は突然勢力が落ちたみたいで、暴風域も消えました。
それでもまだまだ油断はできません。
今後も台風情報に注意しましょう。

さて、台風にばかり目が行っていますが、今日は送り盆であり終戦の日です。
74回目の終戦の日を迎えました。
ちなみに「終戦記念日」ではなく終戦の日です。

これまで普通に「終戦記念日」と言っていましたが、敗戦した日を記念日っておかしいですよね。
現在、自民党参議院議員である青山繁晴氏が、議員になる以前から、「敗戦の日」ですと言ってきたので、私も「敗戦の日」もしくは「終戦の日」と言うようにして来ました。

今年はメディアも「終戦の日」と出しているところが多いです。
やはり「終戦記念日」と言う言葉が、おかしいと言う声が出て来ているのでしょうか?
それともたまたま?

よみうりテレビでも「終戦の日」と言っていたし、各新聞も「終戦の日」が多いです。
マスコミ・メディアには疑いの目を持っていますが、これは一つ良い方向だと思います。

そんな74回目の終戦の日に、政府主催の全国戦没者追悼式に天皇、皇后両陛下がご臨席されました。
令和になって初めての終戦の日。
天皇陛下は、上皇陛下が平成27年以降に使われた「深い反省」という言葉を用いた上で「戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べられました。

今の日本があるのは、勇敢に戦ってくださった英霊の方々のおかげです。
二度と戦争は起こしてはなりませんが、あの戦争で戦った英霊の方への感謝を忘れてはなりません。
そして戦争によって失われた、多くの命に祈りを捧げる事が、私たち戦後に生まれた日本人の勤めです。

平和を祈りつつも、その平和を乱そうとする勢力には、毅然として立ち向かう姿勢を見せる事が必要です。
日本を護る強い意志を見せてこそ、本当の平和はあります。

74回目の終戦の日。
あの戦争を振り返り、反省すべきところは反省して、二度と戦争が起きないように、強い日本であるべきだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:05 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年08月07日

自由には責任が伴う

190807.jpg

いや〜ビックリなニュースでした。
小泉進次郎議員と滝川クリステルさんが結婚。
しかも妊娠5ヶ月だそうで。

まずはおめでとうございます。
でも、デキ婚って・・・。
これ、小泉進次郎だから批判されないんですよね。
もし違う政治家だったら、「順番がおかしい」「政治家たるものが」って文句付けられるんだと思います。

つまりはマスコミにとって、持ち上げたい人物かそうでないかの判断。
報道の自由についても同じです。
自分たちが報道したいかそうでないかで自由が決まる。

今問題として取り上げられている「表現の不自由展・その後」。
慰安婦像の設置や、昭和天皇の写真を燃やした内容など、税金を使った展示としてはふさわしくないと、河村市長から県知事に中止の要請があった。
そして予想通り「行政の圧力」とか「脅しに屈した」とか報道されています。

そもそも反日的な内容の展示を、なんで税金を使ってやる必要がある?
そして慰安婦像や天皇の写真を燃やすことが、アートなんですか?
私も絵を描く人間として言いたいが、人が嫌がるものをアートとは思えません。

表現の自由と言うのなら、我々日本人が、朝鮮人のことを題材にした物や、皮肉った内容のものをアートとして出して良いのですよね。
でも、そんな事したら、絶対に「ヘイトだ!!」って騒がれるのが目に見えています。
つまりは反日ならOKでそうでなければヘイトになるって事ですよね。

そしてマスコミは一方的な報道しかしない。
いかにも今回の主催者側が正しくて、圧力を受けた被害者のように報じる。
そもそもなんで慰安婦像がアートなんですか?
そして天皇の写真を燃やす行為がアートなんですか?

どうしても、それを表現の自由だと主張するなら、自費でやれば良い。
なんで税金を使って、日本人が嫌がることをやるのか?
アートだ、表現の自由だと言えば、なんでも許されるのか?

言論の自由とも同じことが言える。
日本人や日本のことをいくら批判したり、見下した表現をしても、それは言論の自由。
ところが朝鮮や朝鮮人のことを、批判したり見下した表現をすれば、それはヘイトになる。

これって今の日韓関係にとてもよく似ています。
いくら日本が冷静に判断して説明しても、韓国は感情的になり敵対心を向けます。
韓国から見ると、日本は格下で、日本には何をいっても、何をやっても許されると思っている。
そして日本が毅然とした態度を取ったら「日本のくせに生意気だ」と言う反応になる。

今回の「表現の不自由展・その後」の主催者や関係者、そしてマスコミの対応。
本当に韓国の反応に似ているんですよね。
とにかく日本が悪くて日本が憎い。
それが全面的に出ている。

韓国の対応には、多くの日本人が呆れています。
正直、もう関わりたくないと思っている。
でも、一部の人間はそれでも日本が悪いと思っているのでしょう。
だからこんな展示ができるのだと思います。

表現に自由には、表現した責任が伴う。
言論の自由にも、発言した責任が伴う。
そして報道の自由にも、報道する責任が伴います。

自分たちの都合で、自由にしたり、逆の場合はヘイトにしてはいけません。
まぁいくら主催者側が被害者ぶっても、マスコミが偏って報道しても、多くの日本人は気づいています。
日本のことを悪く言われて、天皇陛下の写真を焼かれて、喜ぶ日本人はそういませんからね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年08月06日

真の平和とは

190806.jpg

今年も8月6日がやってきました。
広島に原爆が投下された日。
74年を迎え、今年も平和への祈りがささげられました。

日本は敗戦後、とにかく平和を第一に行動してきました。
私たちも平和の大切さを、幼い頃から教え込まれて来ました。
戦争の悲惨さ、戦争の怖さ、もう嫌という程に教え込まれて来た。

そして、私たちが平和を願い、敗戦国として頭を下げていれば、世界は平和になると思っていました。
しかし世界が平和になる事はありませんでした。
私が子供の頃は、冷戦時代と呼ばれ、ソ連とアメリカが常に対峙していました。

ソ連が崩壊後は、中東とアメリカの対峙、湾岸戦争が勃発しました。
その後も様々な紛争が起き、常に世界のどこかで銃弾が飛び交っています。
そして北朝鮮の核保有。中国の海洋進出。

イランとアメリカの睨み合い。
どんどん世界は平和とはかけ離れた方向へと向かっています。

平和を願う事はとても大事です。
しかし、日本だけが平和を願っても、世界の国々が足並みを揃えなければ、平和は永久にやって来ません。
平和を願う日本に向けて、バンバンミサイルを撃ち込む北朝鮮。
その北朝鮮に軍用転換できる物資を横流しした疑いを持たれている韓国。

毎日尖閣諸島に船を送り込んで、自分の領土にしようと狙う中国。
北方領土返還をチラつかせて、日本から技術支援だけを勝ち取ろうとするロシア。
日本を取り巻く環境は、腹黒い国ばかりなのです。
いくら私たちが平和を願っても、周辺の国々は、虎視眈々と日本の技術や資源を狙っている。

平和を願いつつ、いざとなれば戦う姿勢を見せる。
それが真の平和だと思う。
悲しい現実ですが、今の日本の平和は、アメリカ軍が駐在しているからこそ。
憲法で縛られた自衛隊は戦えない。

武器放棄して平和を望むのなら、全ての国が武器放棄しなければ、世界平和は成り立たない。
現実はお互いに銃口を向けながら、睨み合っている状態。
それは本当の平和とは言えないと思う。
しかし、こちらが武器を捨てたら、相手は御構い無しに攻めてくる。
それが現状の世界。

核兵器も通常兵器も、兵器と呼ばれるものは、無いほうが良いに決まっている。
それは誰もが望む本当に平和な世界だと思う。
しかし、現実はそうでは無い。
いくら日本がそれを望んでも、周辺諸国は常に武器を構えて狙っている。

本当の世界平和に向けて、日本はいつでも戦える姿勢を見せることが、今は大事な時だと思う。
戦わないのではなく、日本を護るために、いざとなれば戦う。
そんな日本であるべき。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:54 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年07月29日

反日感情にひた走る韓国

190729.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】(この人が大統領でいる限り日韓関係は改善されないでしょうね)

やはりそうなってしまったか。

悪化する一方の日韓関係。
日本としては当たり前のことをしているに過ぎないが、韓国側はかなり感情的になっている。
やはり輸出管理の強化がかなり痛手となったのか?

しかしそれも日本側が、再三輸出したフッ化水素などの管理を問い合わせているにも関わらず、韓国が無視し続けたのが要因。
そしてずっと続いてきた慰安婦問題も、日韓協定で合意したにも関わらず、政権交代したらひっくり返す。
おまけに徴用工問題も捏造して、日本企業の財産まで差し押さえる。
さらにさらに、自衛隊機にレーダー照射しておきながら、それを逆に日本批判へとすり替える。

言い出したらキリがない。
正直、日本国民は、韓国に対してもう完全に呆れています。

それでも民間の交流は続けようと、日本側の自治体は動いています。
姉妹都市として交流のある自治体は、こんな状況でも交流を行おうとしている。
ところが、韓国側から交流を断ってくる。

我が市も韓国の瑞山市というところと、姉妹都市になっているようです。
平成3年に姉妹都市提携を締結し、職員や中学生らが交流。
明日には市内の中学生8人で構成する派遣団が瑞山市に出発する予定でした。
しかし、瑞山市側から中止を申し出てきた。

2日ほど前のFacebookでも、市長がこの事について投稿していた。
こんな時だからこそ、交流を深めることが大事との見解。
私もその事には賛同できるが、一抹の不安もありました。

今、韓国は感情的になり、今まで以上に反日感情が高ぶっています。
いくら瑞山市の自治体が歓迎しても、それを良く思わない人がいる。
韓国国内では、日本と仲良くするという事自体が、許されないムードになっているのでしょうね。

今回の交流、中止になって良かったと思います。
やはり今の状態で、韓国に出向いて、もしものことがあってからでは遅い。
瑞山市側も中止にしたのは、そんな危険性を感じたからかも知れません。
それとも感情論が先行して「来るな」ってなったのか?
何れにしても、感情的になっている国に、出向かないほうが良いでしょう。

今、韓国では文在寅政権の支持率が上がっているそうです。
反日感情を利用して「日本憎き」と煽っているのでしょう。
まぁ嫌いなら嫌いで良いですけどね。

自分たちが日本に対してやってきた事は、全く触れずに反省もしない。
それも全て日本が悪いと考えて、前向きになろうとしない。
とにかく悪いのは日本で、日本が謝れば仲良くしてやっても良い。
そんな態度ですからね。
どんなに日本人がお人好しでも、ここまでされたら堪忍袋の緒が切れるってもんです。

でも、これって韓国だけに限った事ではない。
敗戦後の日本の対応にも問題あったんですよね。
日本外交は、とにかく文句を言われれば謝って、お金を出してきた。

日本には何を言っても良い。
どうせ日本は自衛隊があっても戦えない。
そう見られている。

だからこそ、韓国は竹島を占領し、ロシアは北方領土を返さない。
北朝鮮は日本人を拉致して、それを外交カードに利用する。
中国は尖閣諸島を我が物にしようと日々領海侵犯を繰り返す。

日本はず〜っと舐められ続けて来たんです。
そろそろ終わりにしましょう。
憲法改正して、戦える自衛隊になったら、明らかにこの国々の対応は変わります。

嫌いでも近隣諸国とは付き合わなければならない。
でも、韓国は付き合いきれませんね。
もうほっておくしかないでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年07月27日

これは弾圧以外の何物でも無い

190727.jpg
【6年前に偶然見つけた自衛隊ブース】

これはどうかと思う。

大丸須磨店で行われる夏休みイベントに、自衛隊のブースが出展予定だったのが、「百貨店は子どもからお年寄りまで利用する。趣旨にそぐわない」と中止の申し入れを受けて、大丸側が中止の決定をした。
大丸側は「諸事情により開催しません」とだけ通達している。
中止の要請をしたのは「新日本婦人の会 兵庫本部」とのこと。

このことを自民党国会議員の佐藤まさひろ氏がツイッターで「残念な出来事」として、ツウィートしていた。
佐藤氏のTwitter
「新日本婦人の会」のサイトを見たが、完全に左寄りの団体で、「憲法9条を守れ」と主張する団体。
バックには日本共産党が付いているようです。
日頃「差別だ」とか「言論の自由」だとか騒いでいるのに、自分たちが気に入らないという事で、圧力をかけてやめさせる。

要は自衛隊が気に入らないから、自分たちの趣旨に合わないから、大丸に文句を言ってやめさせたってことですね。
自分たちだけの考えで、自分たちだけの意見で、全てを決めてしまう思考。
きっと自衛隊のブースを楽しみにしていた方は大勢いたと思います。
中には子供づれで行く予定にしていた方もいたと思う。
我が家も6年ほど前に、買い物に行ったイオンモールで、偶然自衛隊のブース見つけて、子供達も大喜びで車に乗せてもらいました。

なんせ夏休みイベントですからね、主催側も子供づれで家族で来ることを想定していたでしょう。
楽しみにしていた大勢の方の気持ちなんて、これっぽっちも考えずに、自分たちの気持ちだけを優先して中止にさせる。
これは明らかに差別だし、自衛隊を楽しみにしていた方々への冒涜です。

いつも「多様性」とか、「少数意見も聞け」とか言うのに、こんな時は自分たちの意見以外は受け付けない。
まるで独裁国家と同じじゃないですか。
もし仮に、「共産主義は我々の思想に合わないからやめろ」とか、「イベントするな」とか言われたら、どう対応しますか?
それこそ目の色変えて「差別だ!人権侵害だ!!」と噛み付いてくるでしょう。

でも、自分たちの思想に合わないものには、圧力をかけてやめさせる。
それが「新日本婦人の会」なんですね。
まぁ共産主義思考なんですから、自分と違う意見は受け付けないんですよね。
自分たちが絶対に正しくて、反対意見は聞く耳持たない。

こう言う人たちにとっては、差別とか人権とかって、自分のためのものであって、違う思想の人には当てはまらないのでしょうね。
だから平気で差別もすれば、圧力もかける。
何しろ自分たちが絶対に正しくて、間違いがないのだから、考えることをしない。
危ない宗教みたいですね。教祖のいうことは絶対で、間違いは無い。そう思い込んでいる。

主催者側も簡単に中止にしないで欲しかったですね。
ちゃんと主張して戦って欲しかったです。
きっとこれを自分たちの実績として、ますます圧力をかけていきますよ。
圧力に屈したら、相手の思う壺です。

もしこれが逆の立場だったら、すぐにマスコミにリークして、「我々は差別を受けた、圧力を受けた」って騒ぎ立てて、マスコミも大々的に報道して大問題となります。
でも自衛隊や、自衛隊を好きな方々は、そんなことはしません。
まぁ普通の日本人は、そんなことで騒ぎ立てませんからね。

なんか、やり方がお隣の韓国と似ていてやな感じです。
こう言うと、また「人権侵害だ」って言われるでしょうね。

人は皆平等なら、私たちにも言う権利はあります。
私は自衛隊の皆さんに感謝しているし、尊敬しています。
子供達にも、自衛隊の素晴らしさを教えてあげたいです。
展示会があれば、足を運びたいです。

そんな私達の心を踏み滲む行為で許せません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:09 | Comment(2) | 私の思うこと

2019年07月22日

それでも1票を投じるべき

190722.jpg

昨夜の出来事。

次女が私の部屋に来て不満を告げた。
私はこのブログの、つぶやきの最中。
Macの画面に向かっている私の背後から、寂しそうにそして不機嫌に告げた。

「お父さん、テレビどれ観ても面白くないのやってるの」

時間は20時過ぎ。
次女は日曜日の晩なので、「世界の果てまでイッテQ」を観たかったようだ。
ところがどのテレビ局も選挙番組ばかり。
そりゃ〜次女にとっては、面白くない。

「今日は選挙だったからどこも選挙番組だね」と言うと。
「選挙ってなに?」が始まった。
「政治家を選ぶんだよ」と説明しても政治家がわからない。
安倍総理は知っているので、安倍総理みたいな人たちを選ぶってことで納得したようだ(笑)

それにしても、今回の選挙は盛り上がりませんでしたね。
そして投票率も50%行かなかったようで。
「誰に入れても同じ」「どうせ変わらない」
そんな意見が多いようですね。

でも私は思います。
投票しないなら文句言うなと。
投票はしないのに、政治に対して文句を言う。
そんな人が多い気がしてなりません。

政治に文句を言いたいのなら、やはり投票しないといけません。
それをしないで文句だけ言ったって、それこそ何も変わらないですよ。

ただ投票をためらう人の気持ちもわかります。
特に今の現状は、選べる政党が無い。
野党があまりにも体たらくすぎて、自民党がダメならこの党で。と選べる党がない。

10年前に「自民党がダメだから、一度やらせてみよう」と、民主党政権が誕生しました。
当時私は散々ブログでも民主党を批判していました。
絶対に民主党が政権を担ったら、日本はダメになると思っていました。
当時のブログを見れば、かなりの頻度で政治のつぶやきをしています。

それでも当時は、多くの国民が民主党に期待しました。
結果は散々たるもので、私が思っていた以上に、ダメっぷりを発揮した民主党です。
その民主党から再び自民党政権に戻り、安倍政権となって日本は随分と回復しました。

そして民主党はイメージを変えるために民進党と名を変えます。
名前を変えても、中身は一緒。
ついに内部崩壊を起こして、希望の党と立憲民主党に割れる。
さらに希望の党も崩壊して、国民民主党へと名を変える。

でも結局はみんな元民主党なんです。
日本国民は、あの悪夢の民主党政権を忘れていません。
そして元民主党の野党の方々も、あの民主党政権を反省していません。
だから支持率が低い。

確かな野党、信頼できる野党がいて、初めて与党も身が引き締まる。
今の野党では、自民党も安心しきって緩んでいる。
今回の選挙が盛り上がらず、「誰に入れても一緒」と言われるのも、今の政治が招いた結果。
でもその政治家を選んだのも、私たち国民の責任です。

だからこそ選挙に行って、まともな政治家を誕生させないといけないのです。
「変わらない」と嘆くよりも「変えよう」と1票を投じることです。
我が家は先週、息子が帰省した時に、息子を連れて期日前投票を済ませました。

たった1票。でもその1票が集まって民意になるのです。
皆さんは投票しましたか?
もし今回投票しなかったと言う方。
今年中に今度は衆議院総選挙の可能性もあります。
私たちの民意をしっかり反映させましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年07月18日

最悪の放火事件

190718.jpg

意味がわからなかった。
なぜアニメスタジオで爆発?
最初のニュースではわからなかったが、のちに放火だと知った。

京都アニメーションで放火による火災が発生。
多くの従業員が逃げ遅れて死亡している。
現時点のニュースでは33人が死亡と出ています。

最悪の放火事件となった。
犯人は関東在住の41歳の男と言われています。
わざわざ関東から来て、しかもガソリンを購入し、持ってきたバッグには包丁数本とハンマーもあったらしい。
完全なる計画的犯行。

そして警察に取り押さえられた際には、「ぶっ殺す」「パクリやがって」と叫んでいたとか。
犯人はまだ病院で治療中とのことだが、絶対に許せない。
何か恨みでもあったのかも知れないが、もはやこれはテロです。
多くのアニメーターやクリエイターが犠牲になってしまった。

アニメが好きで、この仕事が好きで、この会社で働いていた人がほとんどだと思う。
そんな人たちを、一瞬で死に追いやった。
本当に許せない。

数々のヒットアニメを手がけてきた京都アニメーション。
今回の事件で多くの優秀な人材を失ってしまいました。
再建するには、かなりの時間と労力を必要とします。
なんとか頑張って欲しいけど、生き残った人たちもトラウマでしょうね。

作品を生み出すのって、本当に気持ちが落ち着いていないと出来ません。
こんな事件に巻き込まれてしまうと、とても作品と向き合うことができないと思う。

本当に理不尽な事件が多すぎます。
なんの関係もない人が、事件に巻き込まれて命を落としてしまう。
あまりにも悲しすぎます。

犯人の全てを公表し、犯した罪の大きさの分だけ罰を与えなくてはなりません。
加害者にも人権がある?人権は真っ当に生きている人の権利です。
こんな事する者は人ではない。
厳罰にしてほしい。
そうでもなきゃ、どこに怒りをぶつければ良いかわからない。

一生懸命仕事していて、突然命を奪われる。
考えただけで無念だし悔しい。
被害者のご家族の気持ちになると、胸が押しつぶされそうです。

一刻も早い事件の解明、そして犯人の厳罰を願います。
最後になりましたが、犠牲になってしまった方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年07月16日

料理は店の雰囲気で変わるもの

190716.jpg

「日本人のお客様はお断りしています」
そんなラーメン店があるらしい。
それも日本に(笑)

にわかには信じられなかった。
韓国や中国辺りなら、反日の影響でありそうな話。
しかし日本国内で、その店はあると言う。

沖縄県石垣島にあるラーメン店ですが、日本人観光客のマナーが悪くなってきたので、日本人をお断りにしたらしい。
中国人や韓国人お断りならまだ理解できる。
別に差別しているわけじゃなくて、実際マナー悪い人多いですからね。

店主の話によると、カウンター席8席だけの小さな店で、「一人一杯、麺類の注文をお願いします」「乳児・幼児お断り」の貼り紙を出しているそう。
つまり小さな子連れは入ってはいけないって事になります。
だって小さな子供を連れた家族の場合、夫婦でそれぞれラーメンを頼んで、幼児にはお母さんの分を少し分ける。なんて事はどこの店でもやっている事。

8席しかないから、利益上げるためにも、「一人一杯注文を」と言う気持ちもわかるが。
これはちょっとやり過ぎな気もする。
そしてこれに対して「赤ちゃんにも1杯食わせるのか!」と怒鳴った夫婦もいたと言う。
まぁ怒鳴らないでも、嫌な気持ちにはなりますよね。

他にも「ゴミを持ち帰らないこともある」と言っていますが、それって何も日本人観光客に限ったことじゃない。
それに日本人全員がマナー悪いわけじゃない。
確かにマナーの悪い客はいますよ。
自分が客だと言うのを、変に勘違いして、定員に対して横柄な態度取るバカ。

でも、今回の話は、店の対応が客を怒らせたと言う感じがしてならない。
「一人一杯、麺類の注文をお願いします」「乳児・幼児お断り」なんて張り紙あったら、やっぱ嫌な気がします。
観光客にとって、食事は旅行の中で、とても重要なポイントになる。
食べたいと思って入った店が、「一人一杯、麺類の注文をお願いします」「乳児・幼児お断り」なんて店だったら、一気にテンションも下がる。
そりゃ〜文句の一つも言いたくなる。

それがお店のルールであれば、それは致し方ありません。
ただ今回の「日本人のお客様はお断りしています」は、日本人全体に向けた言葉となってしまった。
「来るな」と言われれば、誰も行かないだろう。
外国人観光客だけ相手にするのなら、そうすれば良い。
誰しもそう思ってしまう。

現に客足が減ってきているらしい。
そりゃ〜自ら「日本人のお客様はお断りしています」と言ってしまった以上どうしようもない。
店主が「マナーが悪い」と言いたい気持ちもわかる。
実際に勘違いしたバカもいる。

しかし、そんなバカとそうでない普通の日本人を、一色たんにして「日本人のお客様はお断りしています」としてしまった事は失敗だと思う。
ほんの数パーセントの悪しき客を排除するために、善良なお客様を切ってしまったのです。

10月から通常営業に戻すと言うが、それまで持つのだろうか?
そして一度出した「日本人のお客様はお断りしています」は、二度と消えない。
人は一度排除されたら、もう二度とそこには近づかない。

商売、特に飲食業は、ただただ食べ物を食べさせるのではない。
いかにお客様に美味しく味わってもらうかだと思う。
それは味だけではない。その場の雰囲気、お店の対応一つで、料理は美味しくも不味くもなる。

どんなに高級な店でも、店員の対応が最低だと「二度と行かない」と思う。
逆にどんなにボロっちくて安価な店でも、店員の対応が良いと料理も美味しく感じる。
そして現代はSNSと言うツールで、一気に評判も広がる。

早々に張り紙外して、気持ちを入れ替えて営業した方が良いと思うのですが。
まぁそれは店主が決める事ですね。
外部からなんやかんや言われる筋合いではないのでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:20 | Comment(0) | 私の思うこと

2019年07月05日

キャッシュレスって必要?

190705.jpg

セブンイレブンが始めたスマホ決済の「7Pay」で、不正が相次いでいる問題。
驚いたことに今では常識的となっている、2段階承認を設定していなかった。
これでは不正を防げるわけがない。

記者会見で、社長が「なぜ2段階承認を行わなかったのか?」と問われ「ニダンカイショウニン???」みたいな反応をしていた。
よくわかっていなかったようだ。
そんな状態でスマホ決済をスタートさせていた。

以前もPayPayで、クレジットカードのセキュリティーコードが、何度でも入力可能になっていて、莫大な被害が出た。
どうもこのキャッシュレスサービスに関して、セキュリティ対策が万全でない。
被害に遭うのはサービスを受ける我々なのです。
金儲けばかりが先行して、大事な安全をすっぽ抜かしている。

そもそも、そんなにキャッシュレスって必要だろうか?
やれ「海外ではキャッシュレスが進んでいる」と言われている。
確かに絵画では、現金よりもキャッシュレスの方が、多いのかも知れない。
特に中国などは、キャッシュレスが当たり前になっているようです。

しかしそれは、そもそも現金の信用性が無いからだと思う。
偽札などが横行して、現金を持っていても、それが本当に価値のある現金なのかわからない。
自国のお金に信用性が無いから、キャッシュレスへと流れていく。

日本の場合は、現金の信頼性が高い。
偽札が出るなんて、そうそう無いし、あったとしてもすぐに見破られる。
キャッシュレスを否定はしないが、なんでもかんでもキャッシュレスって流れはどうかと思う。
ましてや今回のような落とし穴があると。

加えて言えば、キャッシュレスサービスを行っている企業を信頼できるのか?という問題もある。
○○Payというサービスが、続々と出て来ているが、果たしてそのサービスが信頼できるのか?
自分のクレジットや銀行口座を預けるのに、簡単にサービスを利用したくは無い。

特にPayPayやLINEPayは、怖くて使えない。
とても信用できない。
PayPayはSoftBank系、LINEPayは親企業が韓国企業。
あくまでも私の個人的見解ですが、信用できません。

今回の7Payの失態で「やっぱりスマホ決済は不安」と感じた人も多いでしょう。
私は日本ではキャッシュレスは定着しないと思います。
サービスの一つとしては残ると思うが、みんながキャッシュレスって事にはならないと思う。

私はやっぱりニコニコ現金払いが一番です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 私の思うこと