banner.jpg

2021年11月29日

厄介な隣国

20211129.jpg

日本国内では、コロナが落ち着きを見せていますが、海外では変異株が増えて来ています。
今回の変異株「オミクロン」は、空気感染の可能性も言われています。
また従来のワクチンが効かない可能性もあるとか。

せっかく感染の波が収まった日本で、この変異株が入ってきたら、再び感染拡大の恐れがあります。
2回のワクチン接種をした人でも、感染していると言われています。
一体いつまでコロナに振り回されるのでしょうね。
つくづくWHOの初動の対応のまずさが残念でなりません。

新型コロナウイルスの発生元である中国は、WHOの受け入れを拒否して、初期のデータを隠しています。
WHOの受け入れを可能にしたのは、感染が広まって1年経ってから。
あらゆるデータを隠した上での受け入れであることは、明らかです。

中国としては、なんとか「中国が発生源」という事実を隠したいのでしょう。
可能であれば、他国から持ち込まれたものとしたいのです。
だから一時期、「アメリカ軍が持ち込んだ」と宣伝していたのでしょう。

中国共産党は、「嘘であっても強引に進めれば真実にできる」と考えています。
だから香港も武力で封じ込め、次は台湾を狙っています。
台湾を手中に収めたら、次は沖縄でしょう。
最終的には、日本を乗っ取る計画です。

こんな野望に満ちた政権が運営する国を、いつまでも相手にしていてはいけません。
経済的には結びつきが深いけど、そこはうまく影響力を減らしていくべきです。
中国共産党の最終目的は、世界制覇です。
中国が世界を牛耳ることが目的なのです。

中国共産党の批判をすれば、すぐに行方不明になる国。
最近も女子テニス選手が、不倫を暴露して、一時期消息不明になりました。
最近「元気にしています」と、わざとらしい映像を出していますが、裏で中国共産党が手を回しているのは明らかです。

こんな自由の無い国が、世界を制覇したらどうなるでしょう。
まさしく独裁者の世界です。
自由は奪われ、少しでも批判したら、すぐに牢獄行きです。

来年の北京冬季オリンピックを成功させるため、中国は必死のアピールを続けています。
しかし、ウイグルの人権問題などで、世界的には政治的ボイコットが進んでいます。
選手は参加させても、政治的には参加しない方向。
日本もぜひボイコットして欲しいですが、どうも今の政権を見ていると、不安要素が多いです。

昔は「経済的に豊かになれば、中国も自由な国になる」と思われていました。
しかし、結果的には、どんどん不自由な国になっています。
経済が発展していた時は、不自由でも豊かになれば、国民は黙っていました。
でも、経済が傾きかけると、国民は不満が溜まります。

日本がいかに自由で開かれた国であるか、本当によくわかります。
中国という厄介な隣国を持つ、我々日本人は、そろそろ平和ボケから目覚めないといけない時期です。
台湾有司は意外と近いかもしれません。

そして次は沖縄、日本です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(2) | 私の思うこと

2021年11月09日

失敗をやり直せない人は幸せになれない

20211109.jpg

無責任な人間ほど生き残る。
そんなことで良いのだろうか?

今年7月の、東京都議選中に無免許運転で人身事故を起こした、木下富美子氏がようやく都議会に出席した。
書類送検されたことで、都議会からも2度の辞職勧告が出ているにもかかわらず、これまで議員を続けています。
しかし、議会には出席せず、3ヶ月間雲隠れの状態。

ようやく出てきて辞職するのかと思ったら、まさかの「辞職しません」宣言。
普通の感覚なら、とっくに責任感じて辞職しています。
それなのに「やめないでほしいと言う声もある」として、議員活動を続けるそうです。

全く責任など感じていないのでしょうね。
本人は、休んでいる間に受け取った報酬は、全て寄付したと言っていますが、それも信用できないと思います。
寄付するくらいなら、潔く辞職して、今後の報酬を受け取らないのが筋。
要は議員としての報酬が欲しいのでしょう。

一体なんのために、都議会議員に立候補したのか?
結局は自分のお金欲しさだと言っているようなものです。
無免許で人身事故を起こし、責任を取らずに逃げ回っている人間を、一体誰が信用するのでしょうか?
潔く自分の過ちを認め、もう一度やり直してこそ、周りの人から信頼を得ることができる。

この人には、目先のお金しか見えていないのでしょうね。
このまま都議会議員を続けていけば、任期中は報酬を得ることが出来ます。
しかし、その分、人としての信頼はどんどん減っていきます。

人としての信頼よりも、目先のお金の方が大事だと思っているのでしょう。
だから絶対に議員辞職をしないのだと思います。
今後も議員として活動を続けていきたいのであれば、無くした信用を回復させることが大事。
もう一度やり直すために、普通は辞職して、もう一度信頼を得るための努力をします。

人間は失敗する生き物です。
でも、その失敗から多くを学び、失敗を次にいかすから、成長ができる。
失敗を繰り返し、成長する姿があるから、その人は信頼される。
信頼があって初めて議員として活動できる。

木下氏にはそんな考えはないのでしょうね。
とにかく議員報酬がほしい。
そのように見えて仕方ありません。

このまま議員を続けて、任期中の報酬を受け取ることが、最大の目標だと思います。
信用も信頼も全くない議員に、なんの活動ができると言うのでしょうか?
もはや都民のためではなく、自分のための議員活動でしかない。

目先のお金欲しさに、責任を放棄すれば、信用は失われ2度と戻っては来ません。
一時的なお金のために、自分の人生を捨てるような行為だと思います。
木下氏には「お金=幸せ」の方程式しか見えていないのでしょう。

失敗してもやり直せない人は、幸せにはなれないと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年11月07日

ジェンダーフリーって必要ですか?

20211107.jpg

11月に入ると、一気に年末の雰囲気が高まってくる。
街にはクリスマスツリーが出始め、ショッピングをすればクリスマスグッズが売り場を網羅している。
いよいよ今年も終わりが見えて来ましたね。
なんて早いんだ。

この時期になると「紅白歌合戦の出場者」ってのが話題になります。
今年はまだ発表されていませんが、その前に司会者が決まりました。
女優の川口春奈さんと、俳優の大泉洋さん、そして局アナの和久田麻由子さん。

例年であれば、紅組司会の川口さん、白組司会のおおイズにさん。と紹介される。
しかし今年は、紅組・白組の司会を廃止し、3人で司会らしい。
なんでもジェンダー意識の高まりの影響を受けて・・・ですと。

そんなら「紅白歌合戦」そのものが問題じゃないの?
ジェンダーフリーって言うんなら、紅白に分かる必要もないし、単に「歌合戦」にしたら・・・。
なんだか馬鹿らしく感じます。

ジェンダーフリーって言うけど、そもそも男と女がいて、それは同じには扱えない。
確かに身体は男でも、心は女、またその逆の方も存在する。
そんな方々に配慮は必要だけど、男女の差を無くすことになんの意味があるのだろう?

日本には昔から「日本男子」「大和撫子」という言葉がある。
男は男らしく、女は女性らしく。
ジェンダーフリーの概念からすれば、これは差別に当たるらしい。
そう生きられない方にとっては、苦痛になるからだとか。

確かにそれを強制はできない。
しかし、大半の男女は、男性として女性として、普通に生きている。
男は男らしく、女は女性らしく、そして互いに異性として惹かれ合う。
そんな当たり前のことを、否定されているように感じる。

子を持つ親であれば、誰だって男の子にはたくましい男に。
女の子にはおしとやかな女性に。と願うものである。
そうならないこともあるが、それを受け入れるのもまた親の愛。

男女差を無くすことが、まるで平等のように言われているが、はたしてそうだろうか?
よく耳にするのは、日本は国会議員の女性の割合が低いから、男女平等の意識が低いと言う話。
「半分は女性にしろ」と言う声もあるが、それって逆に女性に対して失礼じゃないだろうか?

男であれ女であれ、本当に実力のある人は、トップに立って仕事をしている。
男だから女だから。と言うことで、トップになっているわけではない。
つまりは男であっても、女であっても、能力のある人であれば、国会議員になれる。
「女性の割合を増やせ」と言うのは、裏を返せば「女は能力的に低いから、その分の席を確保しろ」と言っているようなもの。
それこそ女性差別だと思うのですが。

最近は女性の社長も多いし、学校の校長先生も女性が増えています。
能力ある女性は、どんどん活躍している。
国会議員に女性が少ないのは、これまで男性社会だったことが大きな要因だと思います。
おそらくこれから増えてくるでしょう。

最近思うのですが、「差別だ」と叫ぶ方々が、逆に差別を作っているような気がします。
女性差別だと言いながら、なぜかレディースデーには反対しません。
同じ会食で、男性は高額、女性は低額もしくは無料でも、全く差別だと叫びません。
要は女性に有利なことは差別ではない。

それどころか「男性への差別だ」と言ったら「男のくせに」って言われるのでしょうね。
つまりは男の権利をよこせ、女の権利は守る。と言うことなのでしょう。
でも、これを叫んでいる人って、ごく一部の人たちです。
多くの女性はそんな風に思っていないと思うのですが・・・。

世の女性の皆様、いかがですか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:08 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年10月24日

防衛問題も選挙の争点であるべき

20211024.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

日本は今、総選挙の真っ只中。
そんな時に、中国とロシアの艦艇10隻が、なんと津軽海峡を通り抜け、日本をぐるっと周り大隅海峡も通って行った。
まるで「自分たちの海だ」と言わんばかりに。

津軽海峡は北海道と青森から領海があり、その隙間は公海になっているので、基本的にはどの国の船が通っても良いとされているらしい。
しかし、あえて艦艇で通って行くと言うのは、完全に日本をなめ切った態度。
しかも選挙中なので、日本は対応が取りづらい。

最近、中国がますます暴走しています。
香港の自由を奪い、次は台湾を狙っている。
そして台湾の次は、尖閣・沖縄を狙っているのは明白。

中国の目的は、日本を自分たちの配下に置き、太平洋を我が物にしたいと言うこと。
10年くらい前なら「そんなことあるわけない」と思っていた人もいるだろう。
しかし今の中国を見れば、野心が表にあらわれている。
今回の行動も、ロシアと手を組んで、日本の出方を見たのだろう。

これが他国であれば、大問題として、中国・ロシアに猛抗議する。
しかしそこは平和ボケの日本。
せいぜい「遺憾の意」で終わる。
それを中国もロシアも知っている。

仮に逆の立場で、日本とアメリカの艦艇が、中国領海のスレスレを通って行ったら、大激怒するであろう。
自分たちがやられるのは嫌だけど、相手にはやるのが中国政府。
世界の覇権を握るのが、中国共産党の目的ですから、当然と言えば当然です。

今、選挙の真っ只中ですが、この中国の脅威を訴えている候補者がどれだけいるでしょうか?
私たちの領土・領海を脅かす、中国・ロシアに対して、何も言わない政党が多すぎます。
自民党の一部の議員は、厳しい姿勢を見せますが、自民党全体となると、途端にトーンダウンする。
それは自民党の中に、親中派の議員が大勢いるから。

そして連立を組んでいる公明党も、中国に対しては弱腰。
これでは、中国が何をしたって、日本の政治は何も言えない。
敗戦後、ず〜っとこんな政治が続いて来ました。

そもそも日本の外交は「謝罪外交」と言われ、常に頭を下げる外交を続けて来ました。
特に中国・韓国に対しては、頭を下げ続け、謝罪を繰り返してきた。
その結果が今の中国や韓国の態度に出ています。

もういい加減、戦後から脱却しなくてはいけない。
敗戦後、日本が防衛をアメリカ任せにしてきた中で、中国・韓国・ロシアは虎視眈々と2本を狙ってきた。
私たち日本人は、自国を自分たちの手で護る気持ちを持たなくては行けません。

選挙で一票を投じるときは、そのことも頭の片隅に入れておきましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:18 | Comment(2) | 私の思うこと

2021年10月11日

北朝鮮の代弁をする日本の国会議員

20211011.jpg

この発言は許されない。

立憲民主党の生方幸夫議員が、拉致問題について話した内容が、問題となっている。
自身の会合で、拉致問題に関して話した内容が、あまりにも酷くて、本当に日本の国会議員なのか?と耳を疑う。

まず、日本人なら誰でもが知っているであろう横田めぐみさんを、「何だったか、ちいさな女の子。高校生か中学生か」と名前すら覚えていない。
横から「横田めぐみさん」とフォローされ、ようやくその名前を出した。

そして「 (横田めぐみさんが) 生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も同じだ」と言い、「拉致被害者というのは今はもう居ないと、とらえられている。政治家はみんな、そう思っている」と発言した。
さらに、西暦2004年に北朝鮮が「横田めぐみさんの遺骨」として日本に渡した遺骨について、日本政府が別人の偽の遺骨と鑑定したことを「遺骨からDNAを取り出して鑑定し、それが横田さんであるのかないのかというような技術力は日本は持っていなかった」と発言した。

また、「亡くなったとする根拠は何か」と聞かれると、「客観的情勢から考えると、生きていたら帰すでしょう。帰さない理由はありません。生きているのだったら何かに使いたい。一度も使ったことがないですからね。残念ながら亡くなってしまっているから使いようがないんですよ」と話した。

なんでしょう?これが日本の国会議員の発言ですか?
まるで北朝鮮の代弁者のようです。
この発言がTwitterをはじめとするSNSで広がり、拉致被害者家族会からの抗議を受けて、本人が謝罪しました。
それもTwitterで、たった3行で。

これが自民党の議員だったら、あっという間にテレビや新聞で大騒ぎ。
野党が「辞任せよ」とまくりたてることでしょう。
しかし野党(維新を除く)だと、Twitterの謝罪だけで済まされる不思議。
以前、維新だった丸山穂高議員が、北方領土で酒によって「戦争で取り返す」と発言した時は、徹底的に叩かれました。

丸山穂高議員は酒に酔っての発言です。
酒に酔ってみっともない姿を晒すのも問題だとは思う。
しかし、今回はシラフです。
つまり失言ではなく、本人のしっかりとした意思なのです。

この生方幸夫議員は、日本よりも北朝鮮の言っていることの方が正しいと思っているのでしょう。
もしかすると裏で北朝鮮と繋がっている可能性もあります。
しかし、この人を選んだのも国民です。

総選挙が迫り来る中での今回の発言。
発言そのものは9月上旬だったようだが、ここに来て情報が出てきたのはなぜ?
誰かが意図的に流したと思うが、これは世に出さなくてはならないと思う。
あまりにも酷い発言です。

私たちは選挙で「誰を選ぶのか」をよく考えなくてはいけません。
その人がどんな人なのか?しっかりと見なくてはいけません。
本当に日本のことを考え、日本の未来を見据えている人を選びましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年10月04日

岸田内閣誕生と解散総選挙

20211004.jpg
【選挙のあり方を変えていこう】

正式に岸田内閣総理大臣が誕生しました。
岸田内閣の顔ぶれも揃いました。
いよいよ新しい内閣でのスタートです。

しかし、内閣誕生して10日ほどで解散です。
任期満了に伴い、衆議院は解散して、総選挙が行われます。
菅政権の支持率では戦えないと見ていた自民党ですが、岸田政権になってどうなるか?

「期待する」と言う人もいれば「期待できない」って人もいると思う。
私個人としては、「期待したい」ってとこですかね。
組閣の顔ぶれを見ると、新しい人の顔が多いだけに、期待できる部分と逆に不安要素もある。
今回の組閣は「解散して選挙に勝ったらこの顔ぶれで仕事します」って意思表示でしょうね。

対する野党はどうか?
また批判ばかりをしているようです。
もう野党の批判合戦にはうんざりします。
もっと政策で戦ってほしい。

森友問題、加計学園問題、桜を見る会問題を再追求するらしいです。
そして夫婦別姓の実現を目指すらしいです。
国民の多くはそんなこと求めていません。
今一番に求められているのは、コロナ対策と経済の立て直しです。

今回の自民党総裁選は、お互いの政策をぶつけ合うことで、候補者の考えがとてもよく見えました。
総選挙でもぜひ、お互いの党首の政策論争をしてほしいと思います。
国民はそれを見て判断することが出来ます。

加えて必要なのは、自分の選挙区の候補者が、どんな考えを持っているのかを、よく知ることだと思います。
最近では、ホームページを持っていない候補者なんていないでしょう。
ホームページでその候補者の考えを知ることが大事です。

できれば今までの選挙みたいに、選挙カーで「○○をよろしくお願いします」って走り回るのじゃなくて、候補者の討論会を開いてほしい。
そしてそれをZoomやYouTubeなどのオンラインシステムで、誰でも視聴できるようにしてほしい。
オンラインであれば、視聴者が質問もできる。

自民党だからとか、自民党じゃないからとか、単に党で選ぶのではなくて、「その人」を選ぶ選挙であってほしい。
私もこれまでの経験上、候補者がどんな人物か判断して投票するのは難しかった。
私の選挙区は衆議院選挙は「高市氏」で決まりだけど、参議院とか地方選挙の場合などは、なかなかその人の考えまでは見えてこない。

今までのように、ポスターやパンフレットだけで、その人の考えはわかりません。
選挙カーで走り回って、声を連呼されてもうるさいだけです。
街頭演説もしているのでしょうが、わざわざ出向いていくことは出来ません。
ぜひこれからの選挙は、オンラインでの討論会を行ってほしい。

私たちの将来を決める衆議院選挙です。
しっかりと候補者の考えを知って、「この人に」と思える人に投票しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年10月03日

失われつつある日本の四季

20211003.jpg
【変わらない奄美の風景だが海の中は変わっている】

10月に入ったと言うのに、まだまだ日中は夏日です。
朝晩はかなり涼しくなりましたけどね。
10月入っているのに、まだクーラー点けて仕事しています。

まだしばらくは、30℃近くまで気温は上がりそうです。
きっと10月後半から、いきなり涼しくなって、突然冬に向かうのでしょうね。
確か昨年もそんな感じでした。

日本の四季が狂い始めている気がします。
春と秋が短い。
まるで私の故郷の奄美大島の気候です。

奄美大島は、10月頃までは完全に夏です。
そして11月頃から、突然冬になります。
また、4月頃から暑い日が増え始め、5月には梅雨に入り夏が始まります。

奄美大島は亜熱帯地域。
日本本土は温帯地域です。
やはり地球温暖化の影響でしょうか。
日本本土が亜熱帯地域になっている感じがします。

よく南で釣れる魚が、本土でも釣れ始めていると聞きます。
魚も海水温度の上昇に合わせて、北へ北へと移動しているのかも。
その内、南の海にしかいない熱帯魚が、本土でも生息するかもしれません。

現に、私が子供の頃に、よく釣っていた魚が、奄美の海から姿を消しました。
まだ残っているのかもしれませんが、帰省した際に釣りをしても、全く釣れない。
奄美の方言で「ガラ」と呼んでいた。正式名称は「カスミアジ」らしい。
子供の頃、釣りをすれば、釣れる魚の9割はこの「ガラ」だった。

大群で泳いでいて、大群の群れに当たると、入れ食い状態になった。
釣れる時には50匹以上釣っていた。
それも竹竿で(笑)

銀色の身体が、海の中で反射して、キラキラ光っていたのを、今でも思い出します。
大群で泳いでいると、海の中がキラキラしていて、その中に釣り糸を垂らすのが、ワクワクしたものでした。
そのガラが、今ではほとんど釣れなくなった。
きっと海水温の上昇とともに、北の方に移動してしまったのでしょう。

私たちが子供の頃と比べると、確実に気象が変わって来ている。
これが地球温暖化によるものなのか?それとも別の要因があるのか?
私たちが「脱炭酸」を頑張って、元に戻るものなのか?
脱炭素は良いけど、日本だけが頑張っても、他国が追随しなければ意味がない。

日本の四季が失われつつあるのは、寂しいですが、短い秋を少しでも楽しみたいですね。
できれば紅葉狩りにでも行って、温泉にでも入れたら最高なんですが。
頑張って時間を作ってみようかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年09月29日

岸田新総裁誕生

20210929.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

自民党の新しい総裁が決まりました。
つまりは新しい総理大臣が決まったと言うこと。

岸田新総裁が誕生しました。
おおよその予想通りと言えるでしょう。
党員・党友では河野氏がリードするが、議員票で岸田氏に逆転されるとみられていた。

結果は第1回目の投票で、以下の通り。
河野氏 議員票:86・党員票:169・合計255票
岸田氏 議員票:146・党員票:110・合計256票
高市氏 議員票:114・党員票:74・合計188票
野田氏 議員票:34・党員票:29・合計63票

1位が岸田氏で2位が河野氏。
どちらも過半数に達しなかったため、1位と2位の決選投票となった。
私としては、高市氏を応援していただけに、ちょっと残念でした。

しかし、議員票を114集めたのは大きかったと思う。
逆に党員票が伸び悩んだ。
やはり知名度がまだまだだと言うことです。

2回目の決選投票では、高市氏の票は岸田氏に流れると予測されていました。
そしてその通りで、2回目の結果は下記の通り。
河野氏 議員票:131・地方票:39・合計160票
岸田氏 議員票:249・党員票:8・合計257票

議員票で大きく差をつけた岸田氏が勝利しました。
しかし地方票は、やはり河野氏が圧倒的。
1回目の投票でも一番の数を集めました。

これはやはり石破氏と小泉氏の影響なのでしょう。
つまりはマスコミの「国民に人気」というキャンペーンに乗った感じですよね。
私にはなんで石破氏が人気があるのかわかりません。
本当に人気あるんでしょうか?
マスコミがそうやって盛り上げているだけじゃないですか?

小泉氏にしても、石破氏にしても、知名度があると言うだけで、知名度=人気になっていると思います。
その知名度に党員票・地方票が集まったのでしょう。
今回、河野氏の政策に賛同して地方票が集まったんじゃなくて、知名度のある石破氏や小泉氏がいるから。と言う理由なんでしょう。

その証として、ネットでのアンケートでは、ダントツで高市氏がトップでした。
その理由は、政策が一番しっかりしていたから。
加えて高市氏の討論が実に素晴らしかったから。

ネット上では高市氏が残れなかったことを、惜しむ声が多数あるが、岸田内閣の中で要職についてもらって、次は総理大臣に。と推す声が多い。
共に戦い、決選投票では、岸田氏に投票した高市氏を、岸田総理大臣も要職に就けるでしょう。

議員表では奮闘した高市氏だが、地方票では河野氏にダブルスコア以上の差をあけられた。
そして決選投票でも河野氏39に対して、岸田氏は8。
この地方票の動きには、ネット上でも嘆きが起きていた。
結局は自民党員がマスコミに踊らされている。

中には、「ネットで騒いでいたって変わらないから自民党員になる」と言う書き込みもチラホラ。
今回のネットでも高市ブームは、これまで政治に無関心だった層を、自民党員に引き込む可能性があります。
ネットでヤイヤイ騒いだって現状は変わらない。
ならば自分が党員になって政治を動かす。
そんな人が増えるかも知れません。

私も党員になろうかな。
やっぱり政治を動かすのは、私たち日本国民ですからね。
岸田総裁のスタート、岸田総理大臣の誕生。
どんな組閣が組まれるのか、期待しながら待ちたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:38 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年09月27日

当事者意識を持って

20210927.jpg

感染者の数が、随分と減って来ています。
東京も150人台まで減って来ている。
奈良県も、このところ20〜30人台で推移しています。

我が市も、出ても数名、ほとんど5人以下で落ち着いています。
ようやく第5波の終わりが見えてきた感じですね。
このまま収束に向かってほしいと、誰もが願っていることと思います。

昨年3月ごろから感染が広まり、約1年半、私たちは新型コロナウイルスと戦っています。
長期的な戦いは、精神を消耗する。
「一体いつまで続くのか?」と、気持ちが沈みがちになる。
私は家族がいるので、頑張れるけど、一人暮らしの方や身内がいない方にとっては、本当に辛い日々だと思います。

このコロナ禍で感じたことがあります。
それは人間の心の弱さ。
人は弱いと、さらに弱いものを攻撃する。
反撃できない相手を見つけて、自分の不満をぶちまける。

そんな人間の負の部分を、たくさん見せられた気がしています。
感染対策の最も重要なことは「自分が感染しない」ことです。
国や自治体の対応はその次。

コロナ禍の中で、政府や自治体への不満や批判をたくさん見聞きして来ました。
批判する気持ちもわかるし、批判されるようなこともあったと思う。
しかし、批判だけしても何も変わらない。

菅政権がコロナ対応で失敗して、支持お率が下がったと言われています。
確かにコロナ対策は後手後手だったと思う。
しかし一方で、ワクチン接種は本当にうまく行っている。
その結果が、今なんだと思います。

ワクチンがスムーズに接種されたことは、菅政権の功績であると思う。
でも、誰もそのことは評価しない。(あくまでもテレビや新聞メディア)
批判するだけが、自分たちの仕事と思っているのかもしれません。
まるで野党と同じです。

このコロナ禍で「批判だけの人」って、実に多く見受けられた気がします。
テレビでもネットでも、とにかく批判だけをして、自分が勝った気持ちになっている。
批判だけなら誰だって出来ます。
批判するなら、代替案が必要です。
特に政治の場合は。

今の野党が支持を得られないのは、まさに「批判だけ」に見えるところ。
自分たちが政権を取ったら「こんな政策で日本を強くします」って気持ちが全く見えない。
ただただ批判だけして、政権支持率が下がるのを期待している。

これは政治の世界だけではないと思う。
私がこれまで関わってきた、学童や自治会、PTAなどでも同じだと思う。
何につけても批判だけの人っているもので。
おそらくどの世界にも、一定多数いるのでしょうね。

批判だけを繰り返す人って、おそらく当事者意識が無いのでしょうね。
今起きている問題について、誰かの責任で、自分には関係ない。
そんな意識が働くのでしょう。
でも、自分にとって不利益が生じてくると、責任を追求して誰かを批判する。

感染対策も、まずは一人一人が注意することが前提です。
感染が広がっているのを、国や自治体の責任にして、批判を繰り返す。
批判するなとは言いません。私だって批判したい部分はある。
でも、その前に「自分は何ができるのか?」を考え行動することが大前提であると思います。

まずは「自分が感染しない」「家族を感染させない」「感染リスクを極力避ける」。
一人一人が意識して行動をすることが、一番大切なこと。
長引く自粛生活で、精神的にも参っている人が多いと思う。
感染者が減って来て、緊急事態宣言も解除される見通しです。

誰かを攻撃しても、何も解決しません。
批判を繰り返しても、そこからは何も生まれません。
私たちは日本国民であり、コロナ禍の中で当事者です。
一人一人が、責任を持って行動しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年09月09日

自民党総裁選は三つ巴か?

20210909.jpg
【初心表明のような記者会見でした】
こちらからYouTubeで観れます

自民党総裁選が本格化して来ました。
岸田氏に続いて、高市氏が正式に出馬を表明しました。
そして明日にも河野氏が出馬を決めるとも言われています。

石破氏はまだ迷っているようですね。
今回は出馬をやめて、河野氏の支援に回るとも言われています。
しかし河野氏からすれば、それはありがた迷惑(笑)

そもそも河野氏支持の人は、石破氏は受け入れられない。
逆効果になると思われる。
石破陣営としては、河野氏について、河野総裁が誕生したら、ポストをもらうつもりでしょう。

麻生派の河野氏ですが、肝心の麻生副総理からは見放されている感がある。
そして二階派も誰を推すのか見えてこない。
細田派も麻生派も、どの派閥もガッチリと推す人が決まっていない感が強い。
唯一決まっているのは岸田派だけ。

しかし今回の総裁選は、派閥票だけでは勝てない。
党員・党友の票が、議員票と同等ある。
つまりは議員票も、党員票も満遍なく集めないと、勝てないと言うことになる。

無派閥の高市氏は、一見不利に見える。
マスコミの報道でも、高市氏は最下位の表記。
しかし安倍前総理が支持しているのは、やはり大きい。
自民党の保守派は、高市氏を推す人が多いと思われる。

もし、岸田・高市・河野の三つ巴となったら、まさしく接戦かもしれません。
派閥票の岸田氏、党員票に期待の河野氏、安倍前総理指示の高市氏。
ネットのアンケートでは、当初河野氏と高市氏が拮抗していた。
しかし、最近では高市氏が優位になっているとの情報も。

昨日の高市氏の出馬表明の記者会見を見ました。
印象としては「まるで初心表明」でした。
しっかりとした政策、自分自身の考えがしっかりとまとまっている。
そして記者からの質問にも、テキパキと答え、時折笑顔も忘れない。

ネット上では「早くも女性総理大臣のオーラ」と高評価。
中国・韓国・北朝鮮に対しても、厳しい姿勢で臨むと見られている。
だからこそ、マスコミは評価を下げようと必死になっています。

正式に出馬のメンバーが決まったら、ぜひテレビで政策討論を行ってほしい。
きっと差が出ると思います。
それを見て、党員の方の票が動くでしょう。
党員の票を多く集めた方に、議員の票も流れる可能性が大。

さてさて、どうなるやら。
私個人としては、ぜひ第100代目総理大臣は、女性初の高市総理大臣であってほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:04 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年09月03日

次の総理大臣は誰に?

20210903.jpg

政治の世界は一寸先は闇。
突如の菅総理の不出馬表明で、自民党内はもちろん、政界が大揺れした。
これで自民党総裁選は確実に行われることになりました。

一気に「次の総理は誰?」という話題に。
これまでの立候補表明者は、前回も立候補した岸田さんと、初めての女性総理を目指す高市さん。
そこに菅総理が立候補をしないことで、河野大臣が名乗りをあげた。

さらに、「出ない」と言っていた石破氏も「状況が変わった」と、前向きな発言。
おそらく出るでしょうね。

今のところ岸田さんが有力と見られている。
だが河野さんが出るとなると、風向きは変わる。
そして高市さんは、20人の推薦人を集められるかが鍵。
本人はかなり自信を見せています。

石破さんが出た場合、地方票は集められると思うが、議員票は期待できない。
それよりも石破さんんは推薦人20名確保が厳しい。
自分の派閥は20名いませんからね。

派閥で言えば、一番強いのは岸田さん。
次が河野さんか。
高市さんは無派閥なので、派閥選挙になると厳しい。

安倍前総理とも価値観が近い高市さんは、元々安倍前総理に出馬を要請していた。
しかし安倍前総理が首を縦に、振らなかったことから、自らの出馬を決めた。
もしあべさんが高市さんを応援することになれば、これまた状況は変わる。

自民党も昔と違って、かなり派閥の締め付けも弱くなっている。
特に若手議員には、派閥の縛りは効かない。

ネット上では河野さんと高市さんが人気が高い。
以前であればダントツで河野さんだったが、ワクチン確保の遅れなどが影響して、最近は高市さんの方が人気かも。
テレビは相変わらず石破さん推しですね。
私にはなぜこの人が人気なのか?さっぱり理解できません。

自民党総裁選は、おそらく岸田・河野・高市・石破の戦いになるでしょう。
高市・石破の両人は、推薦人確保が鍵となります。

私個人としては、高市さんに総理大臣になってほしい。
国家観や政策など、最もしっかりとしていると思います。
それにもし実現すれば、初の女性総理となります。

日頃は「初の女性総理は?」と騒ぎ立てるマスコミですが、今回は高市さんを完全無視しています。
おそらく総理大臣になってほしくないのでしょう。
もし高市総理大臣が実現したとしても、徹底的にネガティブキャンペーンやるでしょうね。

さてさて、果たしてどうなるか。
不謹慎ですが、楽しみながら見守りたいと思います。
日本の将来を左右する総裁選です。
自民党員の皆様、責任を持って1票を入れましょう。

最後になりましたが、菅総理お疲れ様でした。
コロナ対策は後手後手の印象でしたが、他にはやるべきことをたくさんやってくれました。
如何せんメッセージ力が弱かったのが残念でしたが、この1年菅政権で良かったと思います。
お疲れ様でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年09月01日

政治は私たちの判断で変わる

20210901.jpg

今日から9月です。
9月は敬老の日や秋分の日があります。
学校行事も運動会やら、秋の遠足やらと、本来であれば行事続き。
しかし、今の状況は行事もかなり厳しいですね。

奈良県は本日222名の感染者です。
一体どこまで増えるのか?
東京は減って来ているようですが、本当は検査が追いついていないだけかも。

なかなか第5波の先行きが見通せない中、永田町は騒がしくなっています。
菅総理の総裁任期が切れることから、総裁選が話題となっています。
しかし、ここに来て「解散総選挙」という声が上がって来ました。

要は総裁選をやらずに、解散総選挙をやってしまえば、そのまま総理大臣を続けることができます。
しかし今、解散総選挙やったら、自民党はかなり議席を減らすでしょうね。
その危機感が無いのか?それとも二階幹事長に踊らされているのか?

長引くコロナ禍と、政治のリーダーシップが見えないことで、政権支持率は低迷しています。
このタイミングで解散総選挙やったら、確実に自民党は大幅に議席を減らします。
かと言って、野党が支持できるか?と言えば、全く支持できない。
そもそも、野党がだらしなさすぎるから、政権与党の自民党の気が緩む。

解散総選挙というバルーンを上げたら、党内からも党外からも批判の声が上がった。
慌てて菅総理は「今は解散総選挙をできる状態じゃない」と火消し発言を行いました。
このまま総裁選へ突き進むのか、それともどんでん返しで解散するのか?
政治の世界は一寸先は闇と言います。何が起きるかわかりません。

しかしいつも思うのは、国のことを思って動いている政治家ってどれくらいいるのでしょう。
皆口では「国民のために」と言いますが、やっていることは全く国民のためになっていないのでは?
頭の中は国民のことよりも、自分を支持してくれる一部の国民でしょう。
つまりは選挙のことしか頭に無い。

いかに目立って次の選挙で勝つか。
そればっかり考えている気がしています。
目立てばそれだけ認知度が上がる。
つまりは票が入りやすくなる。

だからタレント議員が多くなるんですよね。
知名度だけで当選して、大した仕事をしていない。
野党に至っては、ただただ批判を繰り返すだけ。

自民党の中にも、野党の中にも、本当に国のためを思って動いている議員はいると思います。
しかし、そんな議員は目立ちません。
そもそも議員の仕事って、目立つようなものじゃない。
水面下で動くのがほとんどだと思います。
つまりはあまり表面に出てこない。

今の政治を見ていると、いかに目立って注目を浴びるか?が議員の目的になっている。
国会でいかにパフォーマンスをして、目立って名前を売るか。
そればかり考えているように見えます。
これでは政治が良くなるわけありませんし、国も良くなるわけがありません。

しかし、そんな議員を選んでいるのも、私たち国民なんですよね。
だから「政治が悪い」というのなら、まずは私たちがもっと政治に興味を示して、ちゃんと選挙で投票をしないといけません。
私たち日本国民が、「政治は政治家がするもの」と、政治を自分たちから遠ざけてきた結果が、今の情けない政治の状態だと思います。

私たちは政治の当事者なんです。
文句を言う前に、選挙で投票をしましょう。
そして投票をする際には、しっかり候補者の考えを調べましょう。
今はどの候補者も、ホームページやSNSで情報を発信しています。
どんな人物なのか、しっかり判断することが大事です。

自民党の総裁選が行われるのか、はたまた解散総選挙に打って出るのか?
まだまだ二転三転しそうです。
私としては、ちゃんと総裁選をやってほしい。
ちゃんと選ばれた総裁のもとで、総選挙を戦うべきだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:40 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年08月22日

24時間テレビに思うこと

20210822.jpg

今年も無観客で24時間テレビやっていましたね。
今年はオンラインでの募金で、4億以上の募金が集まったみたいです。
コロナ禍で、経済も苦しい中、これだけの募金が集まるのは、やはり日本人の気質なんでしょうか?

チャリティー番組。良いことだとは思うのですが、いつも思うことがある。
チャリティーならタレントはノーギャラなのか?
残念ながらギャラは発生していると思う。

本当のチャリティーなら、タレントもノーギャラで行ってはどうか?
さまざまな費用がかかる部分を、全て募金に回せないのか?
テレビで全国に募金を呼びかけておいて、その呼びかける人はお金をもらっている。
そこがどうにも納得いかない部分です。

そしてもう一つ思うところ。
今年であれば、4億以上の募金が集まった。
それを、どこにどれだけ使ったのか?
来年の24時間テレビで、しっかりと公表して欲しい。
また、実際に募金で助かった事例などを紹介する方が、24時間テレビの今後にも良いと思う。

海外などのチャリティー番組では、出演者はノーギャラ、ノーCMってのがあるようです。
それが日本では出来ないのはなぜ?
高いギャラをもらって「募金をお願いします」と呼びかけるのも、タレント自身辛くないのだろうか?

第1回目の司会者だった大竹しのぶさんが、24時間テレビ後の「行列のできる法律相談所」でも話していました。
24時間テレビで「募金をお願いします」と訴えていて、翌日タクシーに乗るのもためらった。と。
そのお金を募金に回した方が良いのでは?と思った。と。

ネットの情報では、出演者のギャラとして。
メインパーソナリティー 5000万円
総合司会者 500万円
マラソンランナー 1000万円
その他の出演者 100万円ほど
とあります。
参考サイト https://mori08.com/24tv-tukaimichi/

結構な金額です。
マラソンで1000万貰えるのなら、私も走ります(笑)

やっていることは良いことだと思うので、もっと透明性を出して欲しいです。
そうすれば、もっと善意のお金は集まると思う。
透明性がないから、「何に使われているわからない」とか「全部出演者のギャラに使われているんじゃ?」とか、疑われてしまうんだと思います。

2年連続で無観客で行われた24時間テレビ。
来年はどうでしょうね?
なんとかコロナ落ち着いて、これまでと同じような形で開催できることを望みます。

ほんと、いいかげんコロナ終われ(怒)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(2) | 私の思うこと

2021年08月18日

願うだけでは平和は成り立たない

20210818.jpg

世界の不安要素が、また一つ増えてしまった。

アフガニスタンでタリバンが首都カブールを制圧しました。
そして大統領が国外へ逃亡し、あっさりと政権を引き渡してしまった。
こんなにも簡単に国が変わってしますんですね。

タリバン政権は、元々アフガニスタンを制圧していた。
2001年、アメリカの9.11同時多発テロが起こります。
その主犯者とされる、ウサマ・ヴィンラディンを匿っているとして、アメリカがタリバンを攻撃した。

その後、20年間に渡り、アメリカ支援のもとで、アフガニスタン政府が国を築いてきた。
しかしタリバンもずっと抵抗を続けて来た中で、徹底的なことが決まる。
それがアメリカ軍の撤退。

一気に息を吹き返したタリバンが、どんどん勢力を強めて、あっという間に制圧した。
軍事力の撤退が、国のあり方すらも変えてしまう。
それがよくわかった。

タリバン政権は、今のところ融和なイメージを見せている。
しかし、本心は昔と変わらないだろう。
そもそも兵器による恐怖で支配してきたタリバン政権。
民主的になれるわけがない。

しかし、大統領が逃げ出し、国を放棄した以上、今アフガニスタンの窓口はタリバン。
世界がこれからアフガニスタンとどうやって対峙するかが鍵になる。
同じく独裁政権である中国は、巧みに利用するでしょう。
ロシアも反アメリカとして、アフガニスタンを利用すると思う。

今回の一番の原因は、アメリカ軍の撤退。
しかしアメリカも、これ以上アフガニスタンを守ることに勢力をかけられない。
アメリカは残念ながら、もう世界の警察ではなくなっている。
本当はアフガニスタンを守るのは、自国民であり、アメリカ軍ではない。

アフガニスタン政府が、もっとしっかりして、「自分の国は自国民軍隊で守る」という強い意志が育っていれば、今回のようにはならなかった。
結局はアメリカ頼みで、アメリカが守って初めて、自国の平和が守られていた。

同じことを日本に置き換えてみよう。
我が国は軍隊を持っていません。
自衛隊は軍隊のようであって、軍隊ではありません。
なんせ戦うことを禁じられています。

日本には沖縄を中心として、多くのアメリカ軍基地が存在します。
もし仮に、アメリカが日本から軍の撤退を決めたら。
まさかアフガニスタンのように、いきなりテロ組織が国を制圧することはない。
そしていきなり自衛隊がクーデターを起こして、新政府を立ち上げるなんてこともないでしょう。

一番の危機。それはやはり中国です。
中国にとって、今もっとも邪魔なのが、沖縄を中心としたアメリカ軍の存在です。
アメリカさえいなければ、楽々と台湾に侵攻し、尖閣諸島を奪い、沖縄に手を伸ばす。
沖縄を手に入れたら、あとは日本本土です。

「まさかそんな・・・」と思う方もいるでしょう。
しかし、それこそが中国共産党の目的です。
いずれは太平洋を、東はアメリカ、西は中国で管理するのが中国の目的。
日本は自分たちの国の一部だと考えています。

私たち日本国は、戦わずして中国の一部になるのです。
憲法9条を世界平和憲法とおっしゃる方々には、それが理想の形なのかも知れませんね。
私は絶対嫌ですね。戦ってでも今の日本国を護りたいです。

自衛隊は憲法9条がある限り戦えません。
もし、アメリカ軍が撤退して、中国解放軍がやって来ても、何もすることが出来ないのです。
だから憲法改正に対して、異常なまでに反応をする。
憲法9条を改正したら、日本は侵略戦争を始める。そう言いふらすのです。

誰だって戦争は嫌です。
戦争は起こしてはなりません。
でも、戦わずして自由を奪われても良いのでしょうか?
今回のアフガニスタンは、まさしく戦わずして、国を放棄し自由が奪われている。

対岸の火事ではない。
我が国日本もその危機に晒されていることを、感じなくてはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年08月07日

最後の感染の波となってほしい

20210807.jpg

オリンピックが盛り上がっている裏で、ウイルスたちも盛り上がっているのか?
第5波の感染は、これまででもっとも高い感染になっています。
東京ではついに5,000人を超えました。
大阪でも1,000人越え、奈良県も100人を超えました。

我が市でも、感染者は出ていますが、数名程度です。
前回の第4波の時は、10名を超える時が多々ありましたが、今回は落ち着いてるように見えます。
これってやはりワクチンが進んでいるからなのでしょうね。

全国的に見ても、感染者は若い世代が中心。
まだワクチンが接種できていない世代が、感染の中心になっています。
やはり早くワクチン接種を進めるしか、感染を抑える術はありません。

そして3回目のワクチン接種の必要性が言われています。
海外では、2回接種を終えたのに、再び感染が広がっています。
ワクチンの効果が薄れてきて、感染が広がっているのでしょうか?

「まだ続くのか」と気持ちが滅入りそうになりますが、希望も出て来ています。
シオノギ製薬が年内を目標に、治療薬を開発できそうらしいのです。
治療薬ができれば、一気にインフルエンザ並みの病気になる。

これ以上、緊急事態宣言を繰り返し、自粛を促し、人龍を抑えていたら、経済が崩壊してしまいます。
もう崩壊しているところもあると思います。
特に飲食店や、旅行関係は大打撃を受けています。
店を閉めた飲食表や、旅館・ホテルも多いと思います。

せめて今年いっぱいの辛抱で終わってほしい。
来年は明るい兆しの元、新年を迎えたいです。

オリンピックも、もうすぐ終わります。
賛否が分かれる中で行われたオリンピック。
私は元々賛成でした。
開催して良かったと思います。

今回の感染拡大が、オリンピック開催が要因と、決めつけたい人もいるでしょう。
しかし、仮にオリンピックを開催していなくても、同じくらいの感染だったと思います。
夏休みに入っていて、若者は動いています。
その若者を中心に感染が広がっている。

これからお盆の時期。
帰省する人もいると思います。
人の動きは、昨年よりは明らかに増えるでしょう。
お盆の頃をピークと考えると、その2週間後、8月末くらいが、感染者のピークか?

できれば、これが最後の感染の波であってほしい。
仮にまだ波があったとしても、小さな波であってほしい。
そして今年中に終わらせたい。

何もかもがコロナに振り回されている。
ワクチン接種と治療薬。希望も見えて来ている。
あと少し、もう少し、頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年07月21日

小山田氏の辞任に思う

20210721.jpg

今日も暑かった(@@;)

夜は剣道の稽古。
次女を乗せて、他校の小学校の体育館へ。
今日は当番だったので、早めに行って体育館を開ける。
まるでサウナ(@@;)

急いで窓を開けて、扇風機を出して空気の入れ替えをしました。
そんな暑い中でも、子供たちは頑張って稽古に励んでいました。

さて、オリンピックがいよいよ始まります。
様々な問題が発生しながら進んでいますが、開会式を目の当たりにして、またもやドタバタ劇が。
東京オリンピック・パラリンピックの開会式で楽曲の作曲を担当していた、小山田圭吾氏が辞任した。
本人の辞任だけでなく、楽曲も使わないと言います。

いや、間に合うんか?
今更変更って、作り直している時間は無い。
それとも元々ある曲を使うのか?

小山田氏はフリッパーズ・ギターのメンバーとしてデビューし、後にコーネリアスとして活動。
その音楽性を買われて、今回の楽曲の作曲担当についた。
せっかく出来上がった楽曲を、使わないと言うのももったいないと思う。

小山田氏の辞任は、過去に雑誌のインタビュー記事で、いじめをしたことを自慢げに語っていたことが理由。
それが批判の的となり、辞任せざる得なくなったのでしょう。
その記事を読んだわけでは無いので、どんな内容なのかはわからない。
きっと今回批判の声を上げた人たちも、雑誌のインタビュー記事までは読んでいないと思う。

いじめは絶対にいけません。
でも、子供の頃にいじめに近いことを、やった人は大勢いると思います。
今回批判している人たちの中にも、似たようなことをやった人はいるのでは?
本人は遊びの一環みたいなつもりでも、される相手にとっては、それはいじめ。
今回の小山田氏は、その相手が障害者だったと言うのも、大きな批判の対象になったと思う。

過去に過ちがあったから、今頑張っている人を認めない。
今回の件は、そんな風に聞こえる。
確かに小山田氏は過去に過ちを犯している。
それを雑誌のインタビューで話していることから、過ちと認識していないかも知れない。

ただ、音楽活動で実績を残している。
だからこそ、今回も楽曲を依頼された。
例え一つでも何か過ちがあれば、その人を認めないような社会になってきている。

過去に何の曇りもなく、完璧な人間なんているのでしょうか?
人間なんて、様々な過ちを犯して、それを反省して成長していく生き物です。
どうも「完璧じゃないとダメ」みたいな風潮がして、とても息苦しさを感じます。

私の持論ですが、多少口が悪かったり、女癖が悪かったり、そんな人でもちゃんと仕事が出来て、社会のためになっているのなら、それで良いと思います。
その人の人間性は好きになれなくても、その人が仕事が出来て、社会のためになっているのなら、それは認めるべきです。

政治家も「言葉が悪い」と叩かれることがありますが、私は言葉使いよりも成果を出してくれる方が望ましいと思う。
誠実でクリーンで何も出来ない政治家よりも、多少口が悪くてもしっかり成果を出してくれる政治家を選ぶ。
オバマ元大統領は、クリーンなイメージで、言葉も上手かった。
でも、それらしい結果は残していない。
一方、前大統領のトランプ氏は、そりゃ〜言葉は汚かった。でも結果を残したから、人気があったのだと思う。

今回の小山田氏を批判する気持ちはわかります。
私も「障害者をいじめていた」と聞いたら、正直腹が立ちます。
しかし、小山田氏の実績や実力とは、切り離して考えるべきだと思います。
今回の楽曲作曲のために、かなりの時間を使って頑張ってきたと思います。

過去の過ちを引っ張り出してきて、今の努力を踏み躙るのは、ちょっと酷だなと私は思います。
きっとこれからも、粗探しをして、誰かを引き摺り下ろそうとする動きは加速するでしょうね。

あなたは完璧な人間ですか?
過去に一点の曇りもなく生きてきましたか?
そんな人間しか活躍できない社会は、本当に素晴らしい社会でしょうか?

今回の件で、いろいろと考えさせられました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年06月23日

オリンピックが近づいてきた

20210623.jpg

いよいよオリンピック開催まで、ひと月ちょっととなりました。
しかし、ここに来て、再び東京の感染者が上昇傾向にあります。
第5波の予兆なのか?
ワクチン接種がどこまで拡大を抑えられるのか?

緊急事態宣言が明けたこともあり、人の流れは確実に増えていくでしょう。
「オリンピックやってる場合じゃない」という声も多く聞く。
しかしオリンピックを中止にしたからと言って、コロナウイルスの感染拡大が止まるわけではない。

私個人の考えとしては、オリンピックは開催しても良いと思う。
ただ、観客を入れるのは、どうかな?と思う。
無観客でも良かったのではないかと思っています。
確かに選手のモチベーションからすれば、観客の歓声は大きな力になる。

観客を入れる方向で進んでいるので、感染対策をきっちりとして、オリンピック観戦者からクラスターが発生しないように注意してほしい。
あとは海外から来るマスコミ関係者ですよね。
粛々とオリンピックを伝えて、外に出歩かないでほしいけど、まぁ無理だろうな。
日本人なら、従うかもしれないけど、外国人は従わない気がする。
きっと夜の街に繰り出す気がします。

オリンピックを開催するリスクは大いにある。
しかし、それでもリスクを抑えつつやる意味はあると思います。
よく「オリンピックは開催するのに、学校の行事は中止っておかしい」って声をネットで見かけます。
確かに世界的なイベントのオリンピックをやって、小さなコミュニティの学校行事は中止っておかしいです。

本当は学校でも、リスクを抑えつつ行事をやったら良いと思います。
しかし学校という場所は、一つでもリスクがあれば、それを避ける。
そして保護者の声もバラバラです。
リスクを抑えつつ行事をやってほしい保護者。
とにかく感染が怖いから、全ての行事を中止にしてほしい保護者。

PTAの行事でも様々な声が届きます。
その全ての声に応えることは不可能です。
声を受け入れつつ、PTAで判断して開催したり、中止にしたりするしかありません。
学校の判断は教育委員会になる。
教育委員会としては、リスクは極力避けたい。
学校行事が中止になるのは、致し方ないところですね。

オリンピックは政府が判断して、開催に向かっています。
そもそも中止する予定はなかったとは思いますが。
まぁ政治的な思惑の匂いもプンプンしますが、やると決めた以上は、しっかり対策をとってやってほしい。
そして何よりも、振り回されている選手のみなさんが、しっかり集中して競技できる環境にしてほしいです。

コロナ禍で感じるのは、とかく批判ばかりする人が増えたこと。
なんに対しても批判、批判、批判。
これだけ自粛が続けば、批判もしたくなるとは思いますけどね。
批判だけなら誰でもできます。
まずは自分が何をできるのかを考え、行動することが大事だと思います。

自粛疲れで心にも余裕がないのも確かなんですよね。
とにかく今は、ワクチン接種を急ぐこと。
私たちにできることは、感染対策を徹底して、ちゃんとワクチン接種を受けることだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年06月02日

単なる事故で終わらせてはいけない

20210602.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

息子が帰ってきた頃に、瀬戸内海で船舶事故があった。
日本の船と外国船が衝突し、日本の船が沈んだ。
最初は漁船かなんかの小さな船が沈んだのかと思ったら、車などを輸出するような大きな船でビックリしました。

そんな大きな船が沈むなんて、どんな衝突だったのか?と思っていたら、真横からぶつけられたようですね。
その証拠に外国船の船首は大きく破損しています。
どんなに大きな船でも、真横からぶつけられたら、ひとたまりもありません。

今回の事故で、船長と若き機関士の3名が行方不明になり、内22歳の機関士一人が遺体で発見されました。
船長ともう一人の若き機関士は、残念ながら発見出来ないまま、捜索が打ち切られました。
おそらく機関室に閉じ込められたままなのでしょう。
本当に残念です。心からご冥福をお祈りいたします。

機関士が亡くなられてのは、おそらく機関室で働いていて、最後まで船を動かそうとしていたのだと推測します。
そして船長は、まさしく最後まで船を守り、おそらく船員全員の脱出を試みていたのだと思います。

息子の仕事が、まさしく同様の船乗りです。
今回の事故のことを話した時に、実はこの船のことを知っていました。
北海道に寄港した時に、いつも近くに停泊していたそうです。
すぐ近くで見ていた船だけに、今回の事故は他人事と思えないようです。

息子に話を聞くと、やはりヒヤッとした事は多々あるようです。
そしてその多くは外国船籍。
特に中国船・韓国船は気をつけているらしい。
今回も中国船がいきなり後退してきて、危うくぶつかりそうになったんだとか。
聞けばルールを守らないと言う。

今回の事故。外国船と報道されているけど、船体にはしっかりハングル文字が書かれている。
乗組員も大半が韓国人、残りはベトナム人らしい。
そして日本船の横っ腹にぶつかっている事から、息子曰く「多分見てなかったと思う」と。
普通なら横っ腹に当たるなんてありえませんからね。

数年前にも自衛隊の船と、韓国籍のタンカーがぶつかった事故がありました。
この時には、メディアは一斉に自衛隊の批判を始めた。
ところが事故の詳細がわかり始め、韓国籍の船がルールを守っていなかったことがわかると、突然トーンダウン。
話題にもしなくなりました。

今回の事故で船長と若き機関士2名の命が奪われてしまいました。
なんでもっと事故の詳細をメディアは報道しないのでしょうか?
もしこれが逆の立場だったら、きっと大騒ぎして、責任追及をしていると想像できます。

日本のメディアって、日本が被害者の場合には黙認ですよね。
そして日本が加害者の側になると、大騒ぎをする。
特に中国・韓国が絡んでくると、途端に静かになります。

息子が船に乗って仕事をするまでに、5年半商船学校に通い、実習もたくさん受けて、ようやく航海士の一歩を踏み出した。
同様に機関士になるために、たくさん勉強をして船を動かしていたはず。
一人の航海士、一人の機関士を育てるために、多くの時間と多くの人が携わっています。
そして船長になるには、たくさんの実績と経験を積み、ようやく一人の船長が誕生します。

そんな大切な人材を、たった一瞬の不注意で失ってしまう。
それに対して、何も責任を問わないのはどうなの?って思ってしまう。
おそらく船舶会社は責任追及をしていると思う。
しかし、国として、もっと責任を追及できないものか?

大切な日本人の命が失われてしまったのです。
それも未来ある若き命。
二度と今回のような事故が起きないためにも、日本政府は韓国に対して物申して欲しい。
何も言わないから、日本に対しては、何をやっても良いと勘違いしているのだと思います。

もう戻ってこない若き命。
同じ船乗りの息子を持つ親として、親の気持ちを思うと、胸が張り裂けそうです。
いくら日本人が真面目に働いていても、我が物顔でルールを無視して入ってこられたら、事故は防げない。

今回の事故を、単なる船舶事故で終わらせてはいけないと思う。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(2) | 私の思うこと

2021年05月24日

正直者が報われる社会であるべき

20210524.jpg
【毎日届くアマゾンを装ったメール】

毎日たくさんのメールが届く。
仕事のメールはもちろんですが、プライベートなメールもある。
そして最も多いのがメルマガ。

AdobeやAppleなどの仕事で使うアプリのメルマガはもちろん、買い物をした際のメルマガなどもある。
ほとんどはチラッと見て閉じてしまうが、時々お得な情報や、注目すべき内容があったりする。
だからメルマガをストップはしない。

一日に届くメールの中で、25%程度の割合を占めているのが迷惑メール。
そしてそのほとんどが、メルマガ登録したアドレスに届いている。
私は仕事用、プライベート用、メルマガ用などと、アドレスを使い分けています。
これはレンタルサーバーを使って、独自ドメインを持っているから出来る事。

迷惑メールで多いのが、やはりフィッシング詐欺系のメール。
毎日のように届くのが、アマゾンや楽天を装ったメール。
そして銀行やクレジットカード会社を装ったメール。
ほとんどが「アカウントがロックされました」とか「第三者による不正なログインを検出しました」とか、不安を煽る内容。

必ず確認用のURLが貼り付けてある。
そこをクリックすると、本物ソックリのサイトに飛び、そこでIDやパスワードを入力させられる。
この手のメールが止まらないって事は、引っかかってしまう人がいて、それなりの効果を上げているって事なんでしょうね。

いつも思うのですが、この手の詐欺、サーバー情報を辿って捕まえられないのでしょうか?
これだけITが進んでいるのに、この手の犯罪って野放しに近い気がしています。
この手口が無くならないって事は、それだけ成功して金を得ていると考えられる。
やっぱり日本ってITが遅れているんでしょうね。

警察にもサイバー部隊なるものはあるんでしょうけど、警察だけではどうしようもないと思う。
もっと民間人を利用して、サイバー犯罪を抑え込む必要があると思います。
今でも村の消防団や警ら団があると思いますが、サイバーも同様の組織を作ったら良いと思う。
村や町単位では難しいと思うから、警察庁で民間人を受け入れて、サイバー犯罪に対抗できる組織を作って欲しい。

日本がITで出遅れているのは、やはり国や自治体がIT化に遅れているから。
新しい物やシステムを受け入れることを、拒み続けた結果だと思う。
「前例が無い」という理由と「リスクがある」という理由で、従来のシステムにしがみついてきた結果です。
日本の古き悪しき部分だと思います。

今回のコロナ禍で、教育の現場は否応無しにIT化が進んでいます。
子供一人に1台の端末が配られて、子供達は勉強の中でITに接して行きます。
これまでなかなか進まなかった事が、「コロナ」という外敵によって、一気に変わって行きました。
日本って、中からはなかなか変われないけど、外圧が加わると急変する。
幕末がまさにそうでしたからね。

日本が変わる良きチャンスだと思います。
これまでの常識にとらわれず、どんどん変わっていってほしいと思います。
そして、詐欺を働くような輩をあぶり出してほしい。
正直者が馬鹿をみる。そんな世の中ではいけません。

いつも思うんですよね。
それだけの時間とスキルがあるんだったら、真面目に働けよと。
人様からだまし取った金で幸せにはなりません。

人様のために貢献して、その感謝としての代償がお金です。
正直者が報われる。そんな社会にして行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年05月20日

報道する必要があるのか?

20210520.jpg

今日も雨、そして明日も雨。
よく降りますね。今週はずっと雨です。
土曜日はようやく晴れそうですので、久しぶりにお日様を拝みましょう。

ずっと天気が悪いと、少し気分も沈みがちになりますよね。
やっぱりお日様の力ってすごいですね。

コロナ感染者もピークアウトしたっぽいので、このまま下がり続けて欲しいです。
そしてその間に、ワクチン接種のスピードを速めて、なんとか抑え込みたいですよね。
東京と大阪で、自衛隊による摂取も始まったので、少し期待が持てます。

しかし、その取り組みを妨げるようなことが。
それもマスコミの手によって行われました。
毎日新聞と朝日新聞がそれを報じました。

何でも同社の記者が、防衛省が用意したワクチン予約システムで、架空の予約を行なった。
システムに不備がないかチェックする目的だったと説明している。
結果としては、架空の予約が出来てしまった。
つまりはデタラメな予約番号でも、予約が出来てしまうということ。

確かにこれはシステムとしては問題がある。
しかし、それならば、防衛省に「架空での予約が出来てしまう」と報告すれば良い。
問題なのは、それを大々的に報道してしまっていること。
報道することで、それを真似た愉快犯が出てくる。
そんなこともわからないのだろうか?

確かに完璧なシステムを作るのが、本来は求められる。
しかし、今回は突然決まったことで、時間が全くない。
さらに防衛省には、個人を特定するデータもない。
完璧なシステムを作っていたら、おそらくどんなに早くても3ヶ月はかかるだろう。

仮に完璧なシステムを作るのに、時間をかけていたら「対応が遅い」と批判されただろう。
そして今回のように、急いで作ったら「システムが悪い」と批判をする。
つまりマスコミは、どちらにしても政権批判をする材料を探しているだけ。

確かに対応遅いですよ。
それでも、ようやく自衛隊を使って、ワクチン接種のスピードを上げる対策を出した。
そのシステムに不備があったとしても、そこは防衛省に報告だけで良い話。
なぜそれを報じる必要があるのか。

ネット上では「せっかくシステムの不備を指摘したんだから、逆に感謝すべき」とか「これが普通の会社ならバグ報告で喜ばれる」とか、防衛省を批判する声もある。
しかし、それは商売として作り出したシステムでの話。
お客様が使うシステムに不備があれば、会社はその指摘を受けて改善する。商売なんだから当たり前。

でも今回は商売じゃない。
1日でも早くワクチン接種を始めるためのシステムです。
そこに不備があったとしても、注意喚起で済ませるべき。

仮に商売でのシステム不備だとしても、それを報道されたら、その会社は怒ると思います。
もし私が使っているシステムで、買い物をして、架空の買い物ができて好き放題できたとしましょう。
いくらでも架空の人物に成り済ませて、好きなだけ買い物ができた。
そのことを、会社に報告するのではなく、新聞社に持ち込んだ。
そして新聞社がそれを報道する。

何が起きるか?
システムの不備を使って、好き放題する人が出てきます。
それをやられて、「ありがとうございます」という会社があるだろうか?

1日でも早くワクチンを打って、1日でも早くコロナの終息を国民は願っている。
それなのに、足を引っ張ることばかりするマスコミ。
本当にいい加減にして欲しいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:55 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年05月16日

オリンピック中止の同調圧力

20210516.jpg

東京オリンピックまで、残り2ヶ月程度となりました。
緊急事態宣言が出されている中で、本当に開催できるのか?というのが、素朴な疑問だと思います。
しかし「五輪開催反対」と言うのはちょっと違うと私は思います。

なんとなく今の雰囲気では「五輪よりも命が大事」と言うスローガンみたいなものが一人歩きしている。
コロナ感染の拡大を抑え込むことは大事です。
しかしオリンピックを開催したら、感染が増えるのでしょうか?
リスクはあると思います。

でもそのリスクを最低限に抑え込むことを考えて、開催できる形を模索するのが今は必要なはず。
なんとなく「開催か中止か」の二択みたいな雰囲気で私はすごく嫌です。
「今の状態では厳しい」と言う言葉も、そのまま「開催反対」の意見にされて、国民の大半が反対していると言う風潮にされている気がします。

国民の大半は、オリンピックの開催を楽しみにしていました。
もちろん私も楽しみにしていました。
昨年の今の時期には、延期が決定し、致し方ないと多くの人が思ったはず。
今年は開催できると期待したにも関わらず、感染が治るどころか拡大している。

オリンピックどころじゃない。そんな意見も理解できます。
でも、何も考えずに「中止」と言うのではなく、開催できる方法を考えることが大事だと思います。
最後の最後まで頑張った結果、やむなく中止にするなら仕方ない。
なんか今の雰囲気は、最初から中止ありきで、開催を声に出すのすら勇気がいる。
同調圧力のような雰囲気を感じます。

プロ野球やJリーグなどのスポーツは、観客数を限定したり、無観客で対応したりして開催できています。
それならば、オリンピックもやり方を考えれば、開催できるのではないか?
そう考えるのすらダメのような雰囲気が漂っている。
終いにはアスリートに中止の声を求める動きまで。

ただ、東京都も政府も、ハッキリとしたビジョンを打ち出せないでいるのも大問題です。
そろそろビジョンを打ち出して、開催に向けた意気込みを見せないと、このまま世間の声という曖昧なものによって、中止に追い込まれます。
元オリンピック委員会会長の森氏が、辞任に追い込まれたように。

コロナ禍で動きが取れないのは確かです。
学校行事やPTA活動も、動きが取れない。
しかし、感染対策をしっかりして、開催出来るのであれば、開催した方が良い。

結局は誰も責任を取りたくないんですよね。
保身だらけの政治だから、何も決めれない、何も動かない。
そして大問題なのは、保身の人間がトップになる、日本の社会の構図です。
上の顔色伺っている人間が、可愛がられて組織のトップに上り詰める。
だから最終責任を取れない。

「最後は私が責任をとる」
そう言い切れるトップ、今の日本にどれだけいるのだろう?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年04月24日

学校へ行こう

20210424.jpg

中学生と小学生の娘を持つ親として。
またPTAに関わる人間として、やはりこれは気になる。

最近ネットを騒がせている中学生がいる。
YouTuberの「ゆたぼん」さん。
今年度から中学生。
しかし、本人は中学校には行かないと明言しています。

そもそも小学生の段階で、学校へは行かなくなっており、YouTuberとして活動を続けている。
そしてこれが一番の問題だと思うのですが、親がそれを認めている。
いわゆる「不登校」なら理解できます。
しかし、不登校ではなく、学校へ行く必要性を感じていないのが問題。

なぜ学校に行かなくなったのか?
最初は宿題を忘れて、先生に叱られた事が始まりのようです。
そして、クラスメイトが先生の言うことを聞いているのが、まるで言うことを聞くロボットのように見えたとのこと。

子供の頃というのは、とても多感なので、いろんな感じ方をする。
それを親や大人が受け入れつつ、別の感じ方があることも教えてあげる。
そうやっていろんな事を学び、人間力が育っていく。

学校はただ勉強を学ぶ場所ではない。
クラスメイトとの同世代とのコミュニケーションで、勉強以外の人間力を培っていく。
特に小学校高学年から、中学生にかけては、思春期でもあり様々な葛藤の中で生きていく。
それを不必要と切り捨てるのは、やはり問題だと思います。

「人の家の教育に口を出すな」と言われればそれまでです。
ちゃんと家で勉強して、立派な大人になれると、そう思っているのでしょう。
ご本人や親がそう思うのなら、別にそれで良いと思います。

しかし問題は、それをYouTubeで拡散してしまっている事です。
「学校なんて行く必要がない」とメッセージを出しているのです。
さらにそれでYouTubeの収入を得ている。

学校に行かなくても、ちゃんと勉強して立派な大人になっている人はいると思います。
でもそれは「学校に行きたくても行けなかった」というベースがあり、そこから努力した上での結果だと思います。
学校は勉強と人間力を育てる場です。
勉強は家でも出来るけど、人間力は学校でしか育ちません。

どれだけ勉強が出来て、頭が切れても、人とのコミュニケーションができなければ、社会の中では生きて行けません。
一生YouTuberとして、家の中に閉じこもって生きていくというのなら、それで良いでしょう。
しかし、いずれ社会に出て、人と関わり社会の中で生きて行かなくてはなりません。

その時に人とのコミュニケーションが出来なかったら、いくら頭が良くても仕事は出来ません。
社会の仕事と言うのは、必ず誰かと関わっているのです。
自分一人で全て完結する仕事なんてありません。

そもそも仕事と言うのは、誰かの役に立つ事を、自分の労力で奉仕する事。
その奉仕した結果がお金となって、自分のところに回ってくる。
お金が先ではありません。先に奉仕です。お金は後なんです。

誰かのために動くと言うことは、人を想うと言うことです。
人を想うと言うことは、その人の気持ちになると言うこと。
それは学校のクラスメイトや友達、そして先生方といろんな体験を重ねて、初めて学べること。
学校に行かず、家で教科書や参考書をいくら隅々まで勉強しても、絶対に学べません。

「人の家の教育に口を出すな」と言われればそれまでです。
しかし「学校なんて必要ない」と言うメッセージは、とても迷惑です。
学校は人間力を学ぶ場です。人との関わりを学んで、人と協力して生きる力を学ぶのです。

人は独りでは生きて行けないのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年04月13日

福島の魚を食べたい

20210413.jpg

政府がようやく決断してくれました。
福島第一原発の処理水を海洋放出することを決定しました。
東日本大震災での原発事故以来、汚染水を処理した処理水は、タンクに貯め続けていて、もうこれ以上は溜めきれない。
処理水は自然界に放出しても問題ないレベル。IAEA(国際原子力機関)も認めているし、世界中で海洋に放出している。

しかし、なぜか福島の処理水だけは、「海洋放出してはならぬ」という妙な圧力がある。
一番懸念されるのは、福島の魚が売れなくなると言う風評被害です。
本当に汚染水を垂れ流すのなら、「福島の魚は危険」と言われても仕方ない。
科学的にも世界的にも問題ないレベルの処理水を、放出することがなぜか問題視される。

業業関係者からすれば、やはり不安はあるだろう。
どれだけ科学的に「問題なし」と言われても、お客さんから「福島の魚は嫌だ」と言われれば、どうしようもない。
一番の問題はやはり風評被害です。

ところが、今回の処理水放出に、業業組合から懸念の声が上がった。
気持ちはわかります。でも、それって自分で自分の首を絞める行為。
自分達から風評被害を招いている。

政府の説明不足もあると思います。
業業関係者に、もっと丁寧に説明し、安全性をもっとアピールしなくてはいけない。
こう言うところは日本政府って下手ですよね。

今回の決定に、もっとも反発したのが中国と韓国。
まぁ予想通りというか、定番といっても良いですね(笑)
あの国々は、とにかく日本が良い方向に進むことには、必ず反対します。
自分達は日本の処理水の何倍ものトリチウムを含む処理水を放出しておいて、なぜか日本の処理水だけは「危険」とみなす。
要は「日本は悪い国」と決めつけているんですよね。

そしておそらくその流れに乗っかるのが、野党の方々でありマスコミ。
「本当に福島の魚は安全なのか?」なんて煽って、風評被害を巻き起こします。
自分達で風評被害を巻き起こして、「福島の方々は風評被害に苦しんでいます」なんてことを言う。
自分達で放火しておいて、自分達で消防士を演じるのです。

一昔前ならその手で通用したでしょう。
しかし、インターネットが普及し、SNSが広まった現代では、もはや通用しません。
マスコミのマッチポンプは見抜かれています。

まぁその辺はマスコミもわかっているので、今回はそこまで騒がないかな?
中国・韓国が騒いでいるので、そこから支援を受けている団体や国会議員が騒ぐ可能性は大ですけどね。
ホント、日本が良くなる方向に進むのが、どうしても嫌な団体や国会議員が多すぎて困ります。
多くの日本国民は、正しい情報さえわかれば、正しい判断をします。
しかし、日本を嫌いな団体や国会議員の声が大きく、マスコミをそれを取り上げる。
結果それが日本国民の声みたいに扱われる。

必ず風評被害を巻き起こそうとする動きは出てきます。
私たちにできる事は、福島の魚を喜んで食べる事。
「福島の魚を応援フェア」なんて全国のスーパーでやってくれたら喜んで買います。

頑張ろう福島!!負けるな日本!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年04月09日

広がる感染

20210409.jpg

感染が広がっています。
奈良県で驚異の95名、我が市でも17名の感染者が出ました。
このままでは、奈良県にもマンボウそして、緊急事態宣言が出てしまうかも知れません。

感染は、やはり若い人を中心に広がっているようですね。
そこから家庭内感染、職場感染と広がっているのでしょう。
変異株による感染力の強さも、感染拡大の大きな要因かも知れません。

車で駅前を通ると、居酒屋の前にマスクもせずに集まっている若者や、店内が見えるバーのような店で、集まって飲んでいる若者を見受けます。
そりゃ〜広がるはずです。
若者が飲みたくなる気持ちもわかる。
我々だってこれだけ我慢を続けていたら「時にはパァ〜っと」ってやりたくなる。

我慢を続けて、もう1年になるんですからね。
そりゃ〜誰だって我慢の限界に来ていると思います。
でも、そこをぐっと堪えるしかないんですよね。

「コロナが落ち着いたら飲もう」そう言い続けて1年。
この我慢はいつまで続くのか?
ワクチン接種が始まって、少しの希望は見えているが、そのワクチン接種も遅れ気味。
私たち一般人が接種するのは、今年中には無理じゃなかろうか。

そう考えると、今年もやっぱり我慢の年になりそうです。
ゴールデンウィークも自粛。
夏休みも自粛。
そしてクリスマスや年末年始も自粛でしょうか。

そんな中で進んでいるオリンピック。
賛否両論あります。
でも、私はやった方が良いと思う。

予定していたようなオリンピックは出来ません。
世界中から観客を呼び込んで、盛大に盛り上げるのは無理です。
でも、選手だけは来ていただいて、競技をしてもらうだけでも良いと思う。
シンプルなオリンピック・パラリンピックの開催で良いと思うのです。
ド派手な演出なんて無くても良い。

私たちの生活も、すべて我慢するのでは無く、そんな中でも楽しみを見つける。
この先、ずっとこんな生活が続くわけではありません。
長い人生の中で、自由を制限された貴重な時間になる。
だからこそ、これまでの自由がどれだけ恵まれていたかわかる。

今まさに正念場です。
このまま拡大するか、なんとか抑え込めるか。
一人一人が注意して感染を防ぐしかありません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年04月04日

男女平等は新たな差別を生む?

20210404.jpg

日本は世界の中でも「男尊女卑」の国らしいです。
世界中の国のランキングでも、120位くらいで、中国や韓国よりも下らしい。
ものすごく低いですね。

特に指摘されているのが、国会議員や地方自治の女性の割合が低い事。
確かに男性の方が圧倒的に多い事は事実ですが、それが男尊女卑になるのでしょうか?
女性がトップに立てないと言うのならわかりますが、そうではない。
日本人の女性は、やはり男を支える役割の人が多いと言うのが現状ではないでしょうか?

頑張ってトップに立っている女性はたくさんいます。
要はそこまで目指しているか、そうでないかの違いだと思います。
ただ、女性は結婚すると、妊娠・出産そして子育てと言う、男性では出来ない大切な役割があります。
こればかりは「代わって俺が出産する」なんてわけにはいきません(笑)
そもそも男には出産の苦しみは耐えられないと言われています。

女性が結婚後も、もっと働きやすい環境を作る事はとても大事だと思います。
さらに言えば、結婚をしても変わらずに働ける環境作りが大切になって来ます。
しかし現状は保育所不足などの問題で、働きたくても働けない女性も多い。
女性がもっと積極的に働ける社会づくりは、これからの急務だと思います。

ただ、それが男尊女卑だと言われると、それは大いに違うと思う。
日本人女性の多くは、専業主婦を望んでいると言われています。
結婚して家を守り、家族のために家事をする。
理想ではあるが、経済的に働かなくてはならないのが現状。
そこに先ほどの、働きにくい環境である事が問題となっている。

先の森元総理の女性蔑視発言も、事の本質は女性蔑視ではなく、古き昭和の男のジョークなんだと思います。
それが言葉の一部を切り取られて、女性蔑視発言に祭り立てられました。
マスコミの常套手段です。

「女性蔑視だ」「女性差別だ」と言われれば、反論しづらい。
擁護する声を出せば「差別主義者だ」「レイシストだ」と罵倒される。
でも逆の立場ならどうでしょうか?
女性が男性のことを皮肉った発言をしたら。
全く問題になんかなりませんよね。

「オヤジ臭い」とか「ハゲオヤジ」とか言われても、男性の方は笑って誤魔化すのがほとんどです。
でも、実際はとても傷ついていると思います。
仮に男性の方が「傷ついた」「パワハラだ」と訴えても「男のくせに」「女々しい奴」と言われるのがオチです。
女性が男性を皮肉っても、全く問題にならないけど、逆だと大問題になる。

男女平等だと言うのなら、レディースデーとか男性への差別では無いですか?
同じパーティーで、女性は無料で男性だけ大金を支払う。なんてのは男性差別では無いのですか?
女性も危険な仕事したり、力仕事も男性と同じようにしてはどうでしょうか。

なんでも「男女平等」と叫ばれていますが、そもそも完全な男女平等なんてあり得ません。
出産の話のように、そもそも男性では出来ないことがある。
男性には男性の役割が、女性には女性の役割があります。
昔の日本は、男が外で働き、女が家庭を守る。
それがスタンダードでした。

しかし今は、共働きが普通です。
その中で、夫婦揃って家族を育てていく。
そこに「男だから女だから」と言う考えは不要。
ともに協力しあって頑張っていくしか無いのです。

女性が家事の大半をこなす家庭もあれば、役割を決めて行っている家庭もある。
そこはそれぞれの家庭で決めていけば良い。
男女平等だからと、家事を必ず分担する必要はありません。
大切なのは協力し合って、互いに感謝の心を持つことです。

男には男の、女には女の、それぞれの特性があります。
それを互いに認めあい、尊重しあい、協力することで社会は成り立っています。
「差別だ〜」と叫ぶことで、逆に差別が広がっている気がするのは私だけでしょうか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年04月01日

明るい未来を信じて

20210401.jpg

今日から4月です。
カレンダーをまた1枚めくりました。

そういえば4月1日ってエイプリルフールです。
例年であれば、様々なウソ(ジョーク)が流れてくるもの。
SNSの広告や、時にはテレビCMでもエイプリルフールで盛り上がった時もあった。

しかし、流石に今はエイプリルフールどころじゃない。
そんなジョーク流している余裕もなければ、受け取る方も余裕はない。
下手に流して「エイプリルフールでした」とやったら、きっと総袋叩きにあう気がする。
それくらい、今のご時世はピリピリしている気がします。

大阪も急激に感染拡大しているし、奈良県もまた増えて来ています。
そして私たちの市でも、増えて来ている。
明らかに第4波に入ったと言えるでしょうね。
こんな時に「エイプリルフールです」なんてやってられない。

現在の感染拡大は、明らかに変異株。
感染力が高いと言われているので、一気に広がっているのでしょう。
ワクチン接種もなかなか進まないようですし、もうしばらく我慢の日々が続きそう。

しかし、流石に我慢の限界が来ているのも事実だと思います。
桜が咲いたらお花見したいし、気候も良くなって外に出たい。
時には外食して、時にはお酒も飲んで語りたい。
それを我慢していても、なかなか感染は収まらない。

「自分が我慢しているのに、どこかで飲んで騒いでいる奴がいる。だから感染が広がるんだ。」
ついついそんなネガティブな気持ちになりがち。
だから誰かを攻撃したくなる。
そんな負の連鎖が続いている気がします。

なるべく前向きに、なるべくポジティブに。
私自身、常に自分に言い聞かせている。
しかし、やはり現実が厳しいと、ついついネガティブ思考になりがち。

エイプリルフールでなくても、ジョークを笑い飛ばせる。
早くそんな日が来て欲しい。
今はジョークすら批判の対象になるような雰囲気が漂っている。

本来人間って弱い生き物です。
一人では生きていけない。
その中でのコロナ禍です。

人は弱くなると、自分より弱い人を探す。
そして批判することで、自分が優位に立ちたくなる。
心を強く持ちましょう。
人に優しくするには、自分が強くなければいけません。

本当に難しい事だと思います。
しかし明けない夜はない。
いつまでも続く嵐はない。

夜明けを信じて、明るい未来を信じて、前を向くしかありません。
厳しい現状を受け入れつつ、そこで何ができるのかを考えましょう。
いつの日か「うっそだよ〜ん」って笑い合える日を信じて。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:43 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年03月22日

スパイ天国日本

20210322.jpg

LINEの情報漏洩が明らかになってから、総務省や各自治体でのLINE利用廃止が相次いでいます。
そもそもなんでLINEでサービス提供しようと思ったのだろうか?
昔から「LINEの親会社は韓国企業だから情報を抜かれる」と指摘はあった。
しかし、それはまるで陰謀論のように扱われ、何の根拠も無しに「大丈夫」とされてきた。

個人で使うのなら、そこまで気にしなくても良いと思うが、やはり自治体や国が使うのなら、しっかりセキュリティを考えてほしい。
個人情報を預かる側が、こんな状態では、日本の個人情報は世界中にばらまかれていると思った方が良い。
個人情報保護法が出来ても、それは日本国内で厳しくしているだけで、海外に情報を抜かれることを、全く想定していない。

小学校の分団で、連絡網を作る時に、笑えたことを思い出す。
PTA役員からスタートして、連絡するために電話番号を聞く。
そうして10名くらいの連絡網が出来上がる。
しかし、最終的に配布する連絡網には、電話番号は空白で配られる。

個人情報なので、載せることが出来ないと、学校側は説明する。
なので、各自で聞いて入れてくださいと。
それじゃ、何のために連絡網作るの?
学校に限らず、こんなことは多々ある。

連絡網で電話番号が漏れる。
それって連絡網を使う保護者が漏らさない限り、第三者に漏れることはありません。
リスクとして考えたら、かなりリスクは低い。
それでも「個人情報なので」と、厳しく扱われる。

一方でLINEをはじめとしたSNSでは、個人情報が飛び交う。
FaceBookやinstagramでは実名で、顔を出して個人情報を世界中に発信する。
TikTokでは自身の動画を世界中に発信する。

そのデータはSNS会社のサーバに保管される。
そのことをどれだけの人が意識しているだろうか?
一企業が個人情報データを集めていることになるのです。
これはSNSだけに限らない。
今はあらゆるアプリなどがあり、そこで個人情報は集められる。

すでにインターネット&スマホの普及で、個人情報は国内に収まらず、世界中で飛び交っています。
それなのに、PTA内や町内会レベルの、紙媒体に載せる個人情報には厳しい。
笑わずには要られません。

残念ながら、日本人の個人情報は、すでに海外に漏れていると考えるべきでしょう。
今回のLINEに限らず、あらゆる手段で情報を抜かれていると思います。
日本にはスパイ防止法がありません。
だから日本国内では、多くのスパイが活動して、様々な情報を持ち出していると言われています。

企業の技術や、国防に関わる機密情報。
個人情報はもちろんのこと、様々な情報が日本から盗まれているのです。
私たち日本人は、スパイなんて映画の中だけの話だと思いがち。
しかし、実際には、様々な情報がスパイによって盗まれる。

今回のLINEのように、一企業からデータが流出することを、あらかじめ想定していない。
そこが日本人の平和ボケの象徴だと思う。
盗める状況がそこにあれば、遠慮なく情報を盗む。
それが世界標準であり、世界はそんなに甘くない。

インターネット・スマホ・SNS。
とても便利で、今更利用しないなんてことは出来ません。
私の場合、無くなったら仕事が出来なくなる。
また、活用することで、人の繋がりやコミュニケーションが生まれる。

何でもそうですが、使い方次第です。
便利だけど、その分リスクがある。
そのことを分かった上で、使う必要があります。

そして、国や自治体には、もっとリスクを考えてほしい。
さらに言えば、一企業のサービスに頼るのではなく、国が管理して情報が漏れないアプリなどを開発してほしいものです。
GIGAスクールも、Googleに全てのデータを持って行かれます。
もしGoogleが莫大な金額で、情報を中国に売り渡したら。
絶対にそんなことはない!!とは言い切れません。

ITCに関しては、本当に遅れている日本。
今回のLINEの件を機に、情報漏洩のリスクを考え、国内で管理できるシステムを考えてほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(2) | 私の思うこと

2021年03月19日

米中対決の行方

20210319.jpg

アメリカと中国が批判合戦です。

今日のニュースでは、これでもちきりでしたね。
アメリカが新政権になってから、初めての中国との外交会談で、中国の痛いところを突きました。
ウイグルやチベット、そして香港や台湾について言及したのです。

ウイグルではウイグル人が不当な扱いを受けていて、世界で問題視されています。
チベットはもう10年以上前から問題視されている。
台湾に至っては、長年中国と睨み合い、香港はご存知の通り。

中国に関しては、みんな「おかしい」と分かっている。
しかし批判しようとしない。
だからさらに図に乗って、世界を牛耳ろうと動いている。

これまでは中国の市場が欲しくて、どの国も中国と仲良くしてきた。
そして中国に工場を作ることで、安い製品を作ってきた。
だが、もはや市場は中国から離れ始め、工場も東南アジアにシフトしている。

加えて今回のコロナ。
誰がどう見ても、発生は武漢。
しかし初動の段階で、WHOの調査を拒否し、世界をパンデミックにした。
1年経ってようやく調査を受け入れたが、そんなもん今更何がわかる。

世界がワクチン不足になると、今度は中国製のワクチンを世界中にばら撒こうとしている。
自分たちで火をつけておいて、自分たちで火消しに回る滑稽さ。
それでも世界は中国をなかなか批判できなかった。

それはやはり経済の弱みだろう。
しかしコロナが世界を変えたと思う。
オーストラリアも中国と対峙し、今回のアメリカの対応。
もう世界は中国のわがままに付き合いきれなくなってきていると思う。

日本もそろそろ中国への忖度をやめてほしい。
しかし、日本は政界も経済界も、中国にベッタリ。
なんせ政権与党の幹事長があの人ですからね。

ここまで中国の批判を書きましたが、問題は中国人ではない。
諸悪の根源は中国共産党です。
この一党独裁が続く限り、中国は変わりません。

今回のアメリカと中国のぶつかり合い、どのようになっていくのか?
世界が見ていると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年03月18日

LINEの危険性

20210318.jpg

何を今更。
それが最初の印象です。

LINEの情報が、中国企業の技術者が閲覧できる状態にあったことが報じられました。
そしてトーク内の写真やデータは、韓国のサーバーにあることも。

だから?
そんなこと、以前から指摘されていたことでしょ?
何を今更。

私はずっとLINEは使わないで来ていました。
しかし、昨年末にどうしても必要になり、ついに始めました。
PTAも倫理法人会も、そして仕事でもLINEでのやり取りが通常。
私一人が使わないことで、他の方の手間暇をかけてしまう。
やむなく使用を開始したのです。

確実にデータは韓国のサーバに送られるので、LINEでは必要最低限の情報しか出しません。
もちろん個人情報なんて書き込みません。
LINEに限らず、SNSを無料で使うということは、必ずデータが抜かれているということです。
それを分かった上で、使う必要があります。

個人がLINEを使うことには、個人情報だけ気を付ければ良い。
しかし自治体や国までもが、LINEを使ってサービスを行う。
これって本当に危機管理がなさ過ぎると思う。

学校のGIGAスクールで、Googleのサービスを使うことですら、子供達の情報がGoogleに集約されることの心配がある。
ましてや韓国や中国なんて、全く信用にならない。
LINEの会社は日本だから。そんな気持ちでサービスを提供しているのかも知れないが、今後どうしていくのだろう?
きっと「のど元過ぎれば熱さ忘れる」で、何も無かったようにサービスを続けるのでしょうね。

できればこの機会に、日本政府が舵取りして、純国産のメッセージアプリ、そしてGIGAスクールに使えるシステムを構築して欲しい。
日本は本当にIT部門では後進国です。

LINEの危険性がニュースになっても、みんな変わらずLINEでやり取りしています。
もちろん私もやり取りしています。
LINEだけに限らず、SNSは「誰かに見られている」ということを頭に置いて使いましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:21 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年02月23日

祝!天長節

20210223.jpg

今日は今上陛下の61回目のお誕生日でした。
おめでとうございます。

しかし、昨年に引き続き、コロナの影響で一般参賀は中止となりました。
令和元年は5月1日より。
よって令和元年2月23日は平日。

令和2年(昨年)はコロナウイルスが蔓延し始めて中止。
そして令和3年(今年)も中止となりました。
天皇に即位してから、一度もお祝いが出来ていない事になります。
そりゃ〜国民は心からお祝いしています。
しかし、形の上でのお祝いが出来ないのは、本当に残念です。
来年こそは国民が集まって、天皇陛下のお誕生日をお祝い出来ることを信じます。

ワクチン接種も始まり、感染拡大も収まりつつある。
なんとかこのまま終息に向かって欲しいものです。
まだまだ油断は出来ませんが、希望の光が少しずつ大きくなっている気はします。

タイトルに「祝!天長節」と書きましたが、一般的には「天皇誕生日」です。
天長節という言葉に馴染みのない方もいらっしゃると思います。
私も10年ほど前までは知りませんでした(笑)

天長節について調べてみました。
<以下「コトバンク」より抜粋>

天皇の誕生日を祝った祝日。その起源は中国の唐代、748年(天宝7)にさかのぼり、玄宗皇帝が老子の「天地長久」の語に基づいて創始した。天地とともに天子の寿命の限りないことを希(ねが)うという意味で、日本では775年(宝亀6)光仁(こうにん)天皇が詔(みことのり)して、自らの誕生日を祝したという記録がある。1868年(明治1)古代の例に倣って復活し、73年紀元節とともに国家の祝日となった。当日宮中では祭儀と宴会が行われた。第二次世界大戦後は「天皇誕生日」と改称された。

<抜粋ここまで>

イメージとしては昔から天長節なのかと思ったら、明治時代に復活して国家の祝日になったんですね。
紀元節も同じですから、明治時代にかなり築き上げられた感じです。
明治時代は欧米諸国に対抗するために、軍事力を上げ、国民の意識を一つにまとめるために、天皇の存在も絶対化していったのかもしれません。

日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦と、勝ち進んだ日本。
大東亜戦争(太平洋戦争)でアメリカに敗北するまで、日本は強国として恐れられた。
アメリカは二度と日本が立ち向かわないように、憲法を作り替え、軍隊を解体し、天皇を象徴として、天長節を天皇誕生日に変えたのでしょうね。

再び明治時代に戻る必要は無いけど、せめて自分の国は自国の軍隊で守れるようになって欲しいものです。
日々尖閣諸島が、中国船に領海侵犯されて、日本の領土に危機が迫っていることを思うと、そろそろ現憲法では限界だと感じます。

話が天長節から憲法に外れてしまいました。
何れにせよ、日本という国がまとまっているのは、天皇陛下という存在があってこそです。
今年は盛大にお祝いすることは叶いませんでしたが、来年こそは盛大にお祝いしたいものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:17 | Comment(0) | 私の思うこと

2021年02月11日

日本始まりの日

20210211.jpg

今日は建国記念日。
日本本来の呼び方であれば「紀元節」です。
しかし敗戦後は「建国記念日」となり、私も大人になるまで「紀元節」という呼び方は知りませんでした。

今年は皇紀(日本の紀元を、日本書紀にしるす神武天皇即位の年を元年として起算したもの。)2681年です。
つまり2681年に神武天皇が、今の橿原神宮で即位した日なのです。

2681年ですよ。西暦よりも長い年月、日本はずっと天皇と共に歩んで来ました。
これって世界に類を見ない凄いことです。
でも、学校ではそんな事、全然教えません。
だから私も全然知りませんでした。

敗戦後、日本人は自分の国に誇りを持ってはいけない教育をされて来た。
だから本気で日本を嫌いな子供が出来てくる。
はい、私も実はそうでした。
日本といく国は最低な国だと、ずっと思っていました。

それは、敗戦後「日本は戦争をした悪い国」と教えられて来たからです。
日本はアジアの国々を侵略して、多大なる迷惑をかけたと本気で信じていました。
だから自分の国を好きにはなれなかったし、欧米やアメリカに憧れたものでした。

しかし、それは自分の国の、本当の歴史を知らないからなんですよね。
歴史は知っていても、それは単発的な事。
神武天皇からずっと続く、歴史の長い国であることを教えない。
さらに言えば、日本神話から繋がっていることも、全く教えない。

私は日本の歴史は、日本神話から教えるべきだと思います。
そこから日本の歴史は始まり、神武天皇から国としての歴史がある。
そのことを教えないから、我が子のように「天皇陛下と総理大臣はどっちが偉いの?」なんて質問される(笑)

子供達に日本神話を教え、日本という国の誕生を教える必要があると思う。
建国記念日と言っても、いつどのように建国したのかわからない。
そして自分の国に誇りを持てない。

ぜひ教育に取り入れて欲しいですね。
紀元節の日に、ふと思ったことでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:08 | Comment(0) | 私の思うこと
banner.jpg