2018年05月24日

日朝交渉決裂

180524.jpg

駆け引き失敗ですな。

米朝首脳会談まで、2週間ちょっとというところで、トランプ大統領が会談中止を発表しました。
会談を直前に、突然強気に出た北朝鮮の対応に、アメリカが待ったをかけたのでしょう。
北朝鮮からすれば、アメリカがある程度譲渡すると思っていたのでしょうね。

アメリカの会談の条件は、核を放棄すること。
これは北朝鮮が絶対に飲めない条件であることは、以前からわかっていました。
それでも会談を行うとすれば、アメリカがかなり譲渡する形になる。

アメリカはリビア方式を譲ろうとはしませんでした。
リビアのように、完全に核放棄をしてから、北朝鮮への制裁を緩めていく。
しかし、北朝鮮は段階的に核を手放すことを条件に、まずは制裁解除を求めていた。

このままアメリカが会談に臨むとなると、北朝鮮の条件を飲んで会談することになる。
以前のアメリカなら、その対応もあったかも知れない。
これまでも、何度もアメリカは北朝鮮に騙されてきた。

しかしトランプ大統領には、やはり通用しなかったようですね。
トランプ大統領は、良くも悪くもビジネスマン。
取引の駆け引きがうまい。

本日、トランプ大統領から送られた書簡には、「いつの日か会えることを楽しみにしている」や「もしあなたの考えが変われば、私に電話をするか、手紙を送って欲しい」という、前向きな言葉が記されている。
しかし同時に、「アメリカの核兵器は強力だ。コレが使われない事を神に祈る。」という意味深な言葉も入っている。
まさしく笑顔を見せながら、後ろに軍事オプションをちらつかせている。

中国を取り込んで、アメリカを丸め込もうと企んだ北朝鮮の計画は、失敗と終わりました。
ただし、水面下では今後も米朝の交渉が続くでしょう。
今後、北朝鮮の出方次第によっては、一気に軍事衝突の可能性も出てきました。

あの見せかけの南北融和演出から一転。
今度は一気に緊張が高まる可能性もあります。

現状のままで米朝会談が行われるよりは、もっと北朝鮮を追い詰めてから、米朝会談に持って行った方が良い。
残念ながら、現状の北朝鮮が続けば、それは北朝鮮の国民にとっても悲劇だ。
そして我が日本にとっても、核の脅威が続くことになる。
さらに拉致事件の解決が、また遠のいてしまうことになってしまう。

やはり一番良いのは、金正恩体制の崩壊だと思う。
あれだけ粛清をしていれば、心から忠誠を誓う人間なんていない。
親族だけだろう。
なんとか金正恩の体制を変えられないのだろうか?

自身と親族の身の安全を保障して、どこかに亡命させる。
その上で、国連の管理の元で暫定政権を発足。
徐々に南北間の交流を深め、ゆっくりと統一。

難しいかなぁ〜。
なんせ朝鮮半島ですからね。

さてさて、一体この後どうなるのやら。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年05月23日

問われるリーダーの資質

180523.jpg

日大のアメフト問題で、テレビは大盛り上がりですね。
加害者である選手が、ある意味潔く非を認めて記者会見した後の、監督とコーチの会見。
やはり曖昧な答えと、保身に走っていることを、伺わせる会見でした。

ただ、選手の言っていることが、100%正しくて、監督&コーチは100%嘘。と見るのはどうだろうか?
この辺がマスコミのいつもの手で、正義と悪を印象付けて、徹底的に悪を叩きのめす。
まるで自分たちが正義の味方のようなふりをして、とことん叩くのがマスコミのやり方。

だから記者会見の記者の言葉も、どこか横柄だし、態度もでかい。
自分たちは会社に守られながら、テレビに映されることも、ほとんどない。
言わば安全地帯から、罵声を浴びせているようにしか聞こえません。

マスコミの問題は、いつものことなので、この辺で(笑)
何も日大アメフトの監督&コーチを擁護しているわけではない。
加害者選手が危険タックルをした責任は、監督&コーチにあります。

スポーツ界では、監督という立場は絶対的な存在。
その監督次第で、成績も大きく変わります。
監督の言うことは絶対だし、歯向かうことも許されない。
そんな雰囲気のチームなんて、日本中数えきれないくらいあるでしょう。

会社に例えるとワンマン経営です。
それが良き結果を生む場合もある。
しかし、今回のように、一つ間違えると、思いもよらぬ結果を生む。

国家で言えば独裁国家。
まさにお隣の国が、その独裁国家です。
トップが黒といえば、白いものでも黒になる。
日大アメフト部も独裁チームだったのかも知れません。

リーダーとはどうあるべきか?
トップのあり方とは?
まさに現代日本のあり方を問われている気がします。

トップダウンの指示で、チームが一致団結して動く。
それがスポーツでも会社でも、強くて成功するチームだと思う。
しかし、トップが間違っていても、それに物申せぬ状態では、いずれ崩壊する。

選手の意見をよく聞く。
会社であれば、社員の話をよく聞く。
それを吸い上げて、動きやすい環境を作るのが、リーダー、トップの役割だと思う。

長年、トップに座っていると、声も届かなくなるのでしょうね。
だからこそ、任期を設けて体質改善を図らなければならない。
それができなかったから、監督の声は神の声、みたいになってしまったのでしょうね。

問われるリーダーの資質。
今回の日大アメフト部の失敗を、単に批判して終わらせるのではなく、それぞれが日常の中で考えていく教材にしなくてはならない。
こんなスポーツチームや会社は、日本中星の数ほどあると思う。

日大アメフト部が特別異常だったわけではない。
どこにでも起こり得ることなんだと自覚しないといけません。
私はリーダーでもトップでもない。
ただ、今回の件から感じるのは、やはり相手の立場に立って考えることの大切さだと思う。

初心の心忘るべからず。
トップに立てば尚更、成功すればするほど、その心を思い出さなくてはいけないのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年05月21日

どう伝えるか

180521.jpg

先日の土曜日に、市のPTA会議に出席した。
新旧の入れ替わりの会議で、私は新たな役員として入ったわけだが、広報委員長に抜擢されていた。
私の前の委員長のお仕事が、印刷会社勤務、私はグラフィックデザイナー。
仕事の内容を見て、そこに割り当てているようです。

私自身、全く違う委員長をやるよりは、広報の方がやりやすいし、やりがいがあります。
自身の学校の広報誌も制作しているので、市のPTAの方も好きなようにやらせてもらおうと思っています。

学校のPTAの方も、会長となって、やりたいようにやり始めています。
連絡用にメール配信を始め、備忘録と広報の意味合いを兼ねて、Facebookページを立ち上げました。
PTA役員の皆さんにも、たくさんの写真を撮ってもらうようにお願いしました。
写真として残しておけば、忘れてしまったことも、写真で思い出せます。

昨年からPTAに参加して、常に感じていることがある。
それは「PTA役員になって初めて活動がわかる」ということです。
これまではPTAがどんな活動をしているのか、全くと言っていいほど分からなかった。
運動会やマラソン大会など、学校行事で、PTAの方々が動いているのを見る程度。
その中身については、ブラックボックスと言って良い(笑)

私も入ってみて初めて活動内容を理解できた。
PTAをやった人たちは、皆一応に「大変だったけどやりがいがあった」と言います。
しかし、そのことがなかなか伝わりません。
だからこそ、PTA役員になるのが不安なのだと思います。

どんな活動なのか?どんなことをやっているのか。
それがわかれば、不安も和らぎます。
そして、楽しそうに活動をしている様子が、写真などで少しでも伝われば、PTAに対する理解も深まる。

市PTAの広報委員長になったこともあり、今後「どう伝えるか」を考えていきたいと思っています。
学校の広報誌は各学期末、市PTAの広報誌は2月ごろに年に一度だけ発行。
市PTAの広報誌は、B4版の両面カラー。内容は1年間の行事の報告。
学校の広報紙も学校行事の報告がメイン。

これだけでは、なかなかPTA活動の様子は伝わらない。
どう伝えていくか?これが大事になってくると思います。
じっくり考えたいが、時間は1年しかありません。
1年で結果を残さなければならない。
何も仕事ではないので、結果を残す必要はない。
でも、やるからには結果を残したい。

1年てあっという間です。
悔いの残らないように、活動を頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年05月14日

ようやく逮捕へ

180514.jpg

ついに事件が動きました。
新潟県で起きた小2女児殺害事件。
先ほど、近所に住む23歳の男が、死体遺棄容疑の疑いで逮捕状が出された。
殺害に関しても、供述をほのめかしているようです。

やっぱり近所に住む人間の犯行だったのですね。
警察が捜査をしている合間をかいくぐって、遺体を遺棄できたのは、警察の動きを見ていたからでしょう。
それだけ近くに居たということになります。

ようやく事件が解決に向かいそうです。
これで住民の方々も一安心だと思います。
しかし、亡くなった大桃珠生ちゃんは帰ってきません。
本当に許せない事件で、本当にやるせないです。

私が親だったら、気が狂ってしまうかも知れない。
きっと犯人を見つけたら、仇を取ろうとするでしょう。
それだけ親にとっては、子供はかけがえのない存在なのです。

以前から不審者情報があったと言われていますが、それは何も今回の場所に限ったことではないと思う。
私も市の安全メールに登録しているので、ちょくちょく不審者情報が届く。
幸いにも、娘たちが通う校区では、あまり不審者情報はない。
しかし、ちょっと隣の校区に入れば、結構な不審者情報がある。

青パトの関係で、3ヶ月に一度くらい、警察で会議がある。
その時も、様々な犯罪情報を教えてもらうが、やはり不審者情報は後を絶たない。
特にこれから暑くなってくると、ますますそういう人物が増えてくるらしい。

最近思うのだが、防犯灯とセットで、監視カメラをつけてみてはどうだろうか。
カメラがあることをわかっていれば、かなりの犯罪防止になる。
現に防犯カメラのある家には、空き巣は入りにくハズ。

財政難の自治体が多いので、なかなか簡単なとこではないと思うが、監視カメラは最も防犯に役立つと思う。
「監視社会だ」と批判する人もいるだろうが、人の目だけではカバーできないところは、監視カメラでカバーするしかない。
そもそも監視カメラが気になる人は、自分自身にやましい気持ちがあるからではないのか?
何も悪いことをしていなければ、カメラに撮られていようが、堂々とできる。

ドライブレコーダーなども普及して、カメラの性能も良くなり、値段も下がってきている。
ここは是非、国が率先して進めて欲しいです。

新潟の事件は、まだ詳細がわからない。
しかし、逮捕状が出たということは、警察はかなりの証拠を掴んでいるということ。
もう二度と、こんな事件は起きて欲しくない。

治安の良い日本で、幼い命が奪われるたびに、やるせない気持ちになる。
犯罪者を生み出さない社会を作るには、長い年月が必要。
応急処置としては、やはり監視カメラが有効でしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:35 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年05月12日

米朝会談ついに決まる

180512.jpg

米朝首脳会談の日時と場所が決まった。
6月12日シンガポール。
ちょうどひと月後です。

当初、有力視されていた韓国板門店。
しかし、現実的な場所に落ち着いた。
板門店で開催すれば、あの南北会談と同じようになる。

つまりは単なるパフォーマンスだけで、何も中身のない会談になりかねない。
そんなことはアメリカが絶対に許さない。
でもトランプ大統領は、板門店でやりたがっていたみたい。
トランプ大統領も、パフォーマンスは大好きですからね。

板門店でパフォーマンス見せて、アメリカ国内で受けを良くしたかったのでしょう。
そして願わくばノーベル平和賞でも取りたかったにでしょう。
しかし、トランプ大統領を取り巻く実務者たちが、それを許さなかったのでしょうね。

あの上辺だけで中身のない、南北首脳会談を受けて、ノーベル平和賞には、文在寅大統領と金正恩氏の名前が上がっているらしい。
そしてトランプ大統領も、そこに乗っかりたいのでしょうね。
だから板門店にこだわった。

さて、残りひと月で、どれくらいの交渉が進むのでしょうか。
北朝鮮は自国内で囚われの身となっている、韓国系アメリカ人の3人を釈放した。
これもかなりアメリカにアピールしている証拠。

アメリカにアピールしつつ、バックにいる中国にも、再び金正恩氏が訪中している。
よほどアメリカが怖いのでしょう。
中国の後ろ盾が欲しくて必死です。

我が国日本も、指をくわえて見ているわけにはいきません。
米朝会談の結果次第で、どのように転ぶかわからない。
もし交渉分裂したら、次は軍事的オプションが発動するかもしれない。

これからのひと月間。
世界が大きく変わるきっかけになるかもしれません。
両国の動きに注意していきましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:59 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年05月09日

幼い命を守るには

180509.jpg

またもや幼い命が奪われてしまった。

新潟県で起きた女児殺害事件。
帰宅前の小学2年生の女の子を、連れ去った後、首を絞めて殺害。
事故に見せかけるために、線路に遺体を遺棄したと見られる。

この手の事件が起きる度に、犯人に対する憎悪がこみ上げる。
まだ犯人は捕まっていない。
以前から不審者情報があったとのことで、幼い子供を狙った犯罪の可能性が高い。

しかし、この事件、どうにも納得できない点がある。
なぜ自宅近くの線路に遺体を遺棄したのか?
遺棄された時刻は、午後10時20分〜30分ごろの、わずか10分間程度の時間と見られている。

警察が行方不明と判断して、動き始めたのは、夕方から。
この時間には、警察の動きも激しかったはず。
それなのに、自宅近くに遺体を遺棄するという、大胆な行動。

犯人心理からすれば、なるべく遠くに遺棄しそうなもの。
普通であれば。
きっと普通ではないのでしょうね。
事故に見せかけるためにも、自宅近くの線路が良いと判断したのでしょう。

こんなにも大胆な犯行にもかかわらず、目撃情報が無いというのが不思議です。
防犯カメラなどにも、それらしき人物は写っていないのか?
住宅街で、防犯カメラもないような路地。
なかなか映像がないのでしょうね。

しかし、まだ可能性はあります。
最近はドライブレコーダーが搭載された車が多い。
もしかすると、犯人が女児に接触した時、車が通っている可能性もある。
ドライブレコーダーに記録が残されている可能性もあります。
警察はその辺りを調べているのだろうか?

一日も早く犯人を捕まえて欲しい。
このような事件が起きる度に、悲しくなる。
いつから日本の社会は、子供を守れない社会になってしまったのか?

子供達に防犯の知識を教えることは大事だと思う。
いつも学校で配られる「イカのおすし」も大切だと思う。
しかし、根本が変わらない限り、この手の事件は無くならない。

まずは犯罪者を生み出さない社会。
それには、一にも二にも、やはり教育だと思う。
勉強だけではない、学校生活を通しての、他人を思いやる心を育む教育。
そして何よりも大切なのが、家庭教育。

前年ながら、子供に教育できない親が増えている気がする。
我が家だって、教育できているか?と聞かれて、胸を張って答えられない。
ただ、子供達が間違ったことをした時は、全力で叱る。
そして家族揃って楽しむ時は、目一杯楽しむ。
それで良いのだと思う。
家庭が普通であれば、幼い子供の命を狙うような、異常な犯罪者は育たないと思う。
当たり前の家庭が減ってきているのだろうか?

もう一つは地域社会の崩壊。
地域のつながりがないと、どこの子だか、誰の子だかわからない。
私もPTAの会長をしているが、それでもどこの子だか、誰の子だかわからない。
地域がつながりを持って、地域が大きな家族のようになれば、大きな防犯力になる。

私が子供の頃に育った奄美の環境は、まさしく町全体が大きな家族のようなものだった。
だから、町に知らない人が来たら、すぐに目立って「誰だろう?」となる。
しかし、今は地域のつながりも減り、ご近所さんすらわからないって人も多いと思う。

私の住む町も、他所から移り住んだ人が多く、地域のつながりが薄い。
しかし、若い世代が増えて来て、お母さん同士のコミュニケーションなどは強まっている気がする。
車を走らせていても、家の前で子供達が集まっていると、お母さん同士も集まっている。
これが一番の防犯になっているんですよね。

今回犠牲になってしまった女児。
我が家の次女と同じ、小学2年生です。
学校も楽しく、一番可愛い年頃です。
そんな子供の命を奪うなんて、本当に許せません。

一日も早い逮捕を。
そして、厳罰を科して欲しいと、切に願います。

最後になりましたが、大桃珠生ちゃんのご冥福を、心よりお祈りいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年05月02日

美しい奄美の自然を守れ

180502.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から 美しい瀬戸内町西古見】

以前もつぶやいたことがあるのですが、私の故郷、奄美大島で問題となっていること。
それは大型クルーズ船を受け入れるための港を作ろうとしていることです。
以前つぶやいた時は、龍郷町という奄美北部の地域でした。

私も含め、島内外で反対運動が起こり、この件は立ち消えとなりました。
しかし今度は、奄美南部の瀬戸内町西古見という小さな村落に、この大型クルーズ船誘致の話題が持ち上がっています。
人口わずか35人のところに、なぜ大型クルーズ船?

このクルーズ船には、中国人観光客が7000人ほど乗ってやってきます。
人口35人の集落に7000人の中国人です。
誰がどう考えてもおかしな計画。

この話題が持ち上がった頃は、ネットでの反対運動のみでした。
私も反対運動のために、Facebookでシェアしたり、反対の表明をWebで送ったりしました。
しかし、ネットだけではやはり弱い。

ところが産経新聞が、この問題を取り上げました。
しかも上と下に分けて、2回の記事になっている。
詳細を知りたい方は、ぜひ産経新聞の記事をご覧ください。

「中国にのみ込まれる」大型クルーズ船寄港計画の裏に…

中国大型クルーズ船寄港計画と奄美・自衛隊拠点の不気味な合致

私の故郷奄美大島は、本当に自然が豊かで手付かずの自然が多く残る島です。
最初の龍郷町も、今回の瀬戸内町も、計画に上がった場所は、美しい自然が残されている場所。
なんでそこを開発する必要があるのか?
全く意味不明です。

観光客誘致と言うのなら、別の方法で誘致すれば良い。
ちゃんと港も空港もあるのだから。
わざわざ中国人観光客を受け入れるためだけに、美しい自然を破壊して、大型クルーズ船を寄港させる意味がわかりません。

これには中国共産党がバックにいること、そして、その金を摑まされている島の人間がいる気がしてなりません。
残念ながら、国の防衛よりも、自らの懐の方が大事な人はいる。
それは一般人だけでなく、国会議員の中にもたくさんいる気がしてならない。

確かに奄美大島は裕福な島では無い。
若者は一度は島を離れ、都会へと仕事を求めて旅立ちます。
私も本当は島に帰りたい。
でも、島で生活をするのは、やはり大変なことなのです。

大型クルーズ船の問題は、金をちらつかせているようで、本当に腹立たしいです。
でも、多くの島んちゅは、そんな金よりも、美しい奄美の自然を守ることを選びます。
だからこそ、龍郷町の時も反対運動が起きた。
今回も跳ね返してくれることを信じています。

皆さんも反対運動にご協力お願いいたします。
こちらから
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:51 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年04月28日

偽りだらけのトップ会談

180428.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

テレビや新聞では、やたらと南北朝鮮のトップ会談を取り上げています。
確かにトップ同士が会談を行うのは久しい。
金正恩体制になってからは初めてのこと。

更に言えば、北朝鮮のトップが韓国に立ち入るのは初。
否応にも盛り上がるのは致し方ないのだろう。
しかし、これもやはり北朝鮮の演出でしかない。
結局は時間稼ぎと、続く米朝会談を、少しでも有利に進めたいため。

非核化という言葉は出てきても、具体的な時期や内容などはまるでない。
さらには北朝鮮の非核化とは言っていない。
朝鮮半島の非核化というごまかしの言葉を使っている。

北朝鮮の考えていることは、絶対に核を手放さないということ。
朝鮮半島の非核化と言うことは、韓国にいる米軍に向けている。
つまりはアメリカ軍が韓国から撤退すること。
それをやれば、我が国も非核化をする。と言い訳をするのだろう。

しかし、韓国だけでなく、日本のメディアも、まるで北朝鮮が積極的に核を放棄するような雰囲気で報じている。
一体何回、いや何十回北朝鮮に騙されたらわかるのだろう?
絶対に核は手放さない。そんなことは誰が見てもわかること。

今回の会談を受けて、朝鮮半島の統一に期待が膨らんでいるようです。
韓国国内や、日本にいる在日にも、期待感が高まっているとか。
いや、どうやったって統一は無理でしょう?
まるで水と油、どうやって一つにするのでしょう?

金正恩を将軍様と讃えて、韓国国民が北朝鮮に飲み込まれますか?
それとも、金正恩があっさり身を引いて、民主主義の国家になりますか?
どちらも100%有り得ないことです。
それなのに、なぜ期待感が高まる?

全くこの民族は理解に苦しみます。
まぁ向こうも同様に、日本人を理解できないと思っているでしょうけどね。

朝鮮半島のことは、同じ民族同士で好きにやってもらって結構です。
ただね、結局上手く行かなくなると、最終的には日本に助けを求めてくるでしょ。
それが先の日韓合意だったんじゃないですか?
自分たちから助けを求めておきながら、戦争に負けたらすぐに掌返し。

日本の統治時代に、インフラや教育など、散々日本がお金をつぎ込んだのに、「植民地にされた」と恨み節。
しまいには賠償せよ!保証せよ!と脅しをかける。
そんな民族、一切信用できません。

まるですぐに平和がやってきて、統一されるような雰囲気です。
本当に平和ボケしているのですね。

今回のトップ会談、北朝鮮は「してやったり」と笑いが止まらないことでしょう。
さぁこれが米朝会談にどう影響するか?
吉と出るかきょうとでるか?

アメリカまで騙されないと思いますが、注視して行かないといけないことは確かです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:27 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年04月24日

国民をバカにするのもいい加減にしろ

180424.jpg
【半年で元に戻るんですね】

へ?またくっつくの?

昨年の選挙前に、民進党がバラバラになり、希望の党へと一気に流れ込んだ。
そして希望の党から拒否られた者が、立憲民主党となったのは、記憶に新しい。
新しいも何も、まだ一年経ってないんじゃ無いの?
確か去年の10月だよね。

まだ半年しか経っていないのに、また希望の党と民進党が一つになるそうです。
名称が国民民主党。
もうね、呆れて開いた口が塞がりませんわ。

希望の党に入れた有権者は、大半が怒っていると思いますよ。
民進党じゃダメだから、希望の党に入ったんじゃないんですか?
新しい党で、新しい政治をするために、希望の党に入党したんでしょ。

結局は看板を変えて、昔の民主党の状態に戻って、相変わらずの烏合の衆になるわけですね。
有権者を馬鹿にするのも、大概にしろと言いたいです。
政策のために一致するんじゃなくて、自分たちが政治家でいたいから、数集めで集まる。
軽々しく「国民」って言葉を使わないでいただきたい。

野党の皆さんは、政権批判をするときに、必ず「国民の声を聞け」と言います。
しかし、あなた方は国民の支持を得られなかったから、野党になっているんでしょ。
何を勘違いして、国民の代表みたいな顔しているんですか。
本当にいい加減にしろ!!って言いたいです。

ただただ批判ばかりで、政策の批判ができず、自分たちも対案が出せないものだから、結局スキャンダルに頼る。
週刊誌や新聞のネタで騒ぎ立て、国会に出てこない。
仕事しないのなら、国会議員辞めろ。

本当に一番の税金の無駄遣いは、野党議員だと最近つくづく思う。
政権の足を引っ張って、国益を損ねることばかりをやっている。
だから自衛隊から「国民の敵」って言われるんですよ。
正確には「国益にためになっていない」と言われたらしいけど。

本当のことを言われると、ムキになってすぐにマスコミに垂れ流す。
マスコミも問題発言として、大々的に報道する。
今のセクハラ問題も同じ。
野党議員にもセクハラして、雲隠れした議員がいましたよね。
でも辞任もしていないし、責任も取っていません。

今の野党やマスコミは、ただただ反安倍というだけで、まとまっていると思います。
正しいか正しくないかではなく、安倍政権の足を引っ張ることだけを考えている。
それが野党やマスコミの仕事になっているんですよね。

あなた方の行い、日本国民はちゃんと見ていますよ。
特にテレビをあまり見ない、ネット中心の若い世代は。
60代以上の人は、テレビや新聞からの情報だけの人が多いので、信じているでしょう。
支持率調査も、固定電話でやっているのだから、年代が高くなるは目に見えています。
当然、テレビや新聞を信じて、安倍政権に批判的になるでしょうね。

今やネットで様々な情報が得られます。
テレビで報道しなくても、政治の状況は、皆よくわかっています。
だからいくら「国民民主党」って名乗っても、騙されませんよ。

仕事ができない人に限って、誰かを貶めようとするものです。
本当に仕事ができるのなら、政策で堂々と戦っていますからね。
野党の皆さん、次の選挙、楽しみですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:18 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年04月20日

アホらしい(-_-)

180420.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

本当にアホらしくなってきた。

今テレビでは、セクハラ疑惑で大盛り上がりしています。
セクハラはいけません。そんなことはハッキリしている。
しかし、あまりにも一方的なセクハラ疑惑。

財務省事務次官が、女性記者に対して、セクハラを行なったとされている。
しかしその証拠たるものが、事務次官の音声のみ。
それだけで、もうセクハラと決めつけた報道に、あまりにも????となっています。

そして財務省が「被害者は名乗り出てほしい」と言ったことにも批判が噴出。
確かに配慮の足りない呼びかけだったとは思う。
しかし、どこの誰なのかもわからない被害者の言い分だけ。
週刊誌の情報だけで、調べようにも調べられないのも事実。

事務次官の音声のみで、女性の言葉はなく文字のみ。
こんな証拠だけで、完全にセクハラだと決めつけ、いつものマスコミ&野党がタッグを組んで、盛り上がっています。
セクハラ被害を受けたと言っていますが、どこまでのセクハラだったのか?
言葉だけなのか、実際に体を触られたりしたのか?
そんなことも全くわかっていない。

疑いの本の一握りを、まるで真実のごとくに報道を繰り返すメディア。
それに乗っかって政権批判に利用する野党。
見ていてバカバカしくて呆れています。

安倍総理が訪米して、トランプ大統領と首脳会談を行いました。
米朝会談が行われると言われている前の、とてもとても大事な首脳会談です。
情報では安倍総理の拉致問題解決に、トランプ大統領も賛同したとされています。
これって本当にすごいニュースです。
今までアメリカ大統領が、拉致問題解決に意欲を示したでしょうか?

しかし、マスコミは全く報じず、連日セクハラが〜と叫び続けています。
結局辞任した事務次官ですが、本人はセクハラを否定し、裁判でも争う姿勢を見せています。
これはマスコミにとっては誤算だったでしょうね。
裁判で争ったら、事務次官が勝利する可能性は高いです。

野党はこれまでも、森友文書問題、加計の首相案件問題、そして自衛隊の日報問題など、次々と問題をでっち上げて政権の足を引っ張っています。
それが仕事だと思っているのだから、もう救いようがありません。
週刊誌や新聞のネタを材料に、政権批判をするのなら、何も国会議員でなくてもできます。
だからあなた方野党は必要ありません。

セクハラ問題を利用して、自分たちのパフォーマンスをアピールするのに必死です。
以前、ハリウッド映画界で、過去のセクハラが大問題となって、女優たちが黒の服を着て講義をしました。
それを真似て、野党の女性議員たちが、黒の服を着てMe Tooと書いたプラカードを持って、財務省に押しかけました。
そこで警備員ともみ合いになったようです。

え〜と失礼ですが、言わせていただきますね。
Me Tooってあなたたちもセクハラを受けたのですか?
正直言って、とても気持ち悪いです。

もう呆れて開いた口が塞がらない。
こんなことやって、国民の支持が得られると思っているのでしょうか?
本当に逆効果ですよ。

そして野党は国会審議を拒否するという暴挙に出ました。
つまりは自分たちから「私たちは仕事ができない無能者たちです」と言ったに等しい。
政策が何も無いから、スキャンダル報道に乗っかって、ただただ政権批判をして騒ぐ。
自分たちは頑張っていると見せかけるための、パフォーマンスに終始する。

総理は解散総選挙を考えていると言われています。
支持率が低下していると言われているが、その支持率もあてにならない。
そのことを、総理自身がよくわかっているのでしょう。

いつまでもマスコミと野党の馬鹿騒ぎに付き合っていられません。
やらなきゃいけないことが、山のようにある。
それを邪魔する野党は、解散総選挙をしてことごとく振い落さなければいけません。

本当に今の国会の状況と、マスコミの報道を見ていると、堕ちるところまで堕ちたと言わざるを得ない。
多くの国民は本当にうんざりしていますよ。
それをわからない、野党とマスコミは、もう潰れる道しか残っていないのかもしれません。

本当に呆れて、開いた口がふさがりません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年04月12日

もううんざりだ

180412.jpg

暗黒国会。

まさにその言葉がふさわしい国会になっている。
明けても暮れても「森友・加計・森友・加計」。
延々と繰り返しています。

「日本の政治はここまで堕ちたのか」と嘆いている現状。
私も含め「もううんざりだ」「もっと国益に叶う議論をしてくれ」と思っている人は多いはず。
本当にいったいいつまでこんな国会を続けるつもりだろうか。

野党から、政策に関しての批判や質問を聞いたことがない。
何かスキャンダルを見つけてきては、その点で騒ぎ立てて終わっている。
当然議論しないのだから、法案などは与党が出したものが、そのまま通る形になる。

結果、野党側は「議論が足りない」と言い出す。
議論しなかったのは自分たちなのに、さも与党側が議論を避けた印象を作ろうとする。
そして最後は、採決を邪魔して「強行採決だ」と騒ぐ。

もうね、本当にうんざりです。
こんな人たちが、私たちを代表する国会議員なんですから。
こんなんじゃ、誰も「政治家になりたい」なんて思いませんよ。

最近の野党の態度を見ていると、国会議員と言うよりも人としてどうなの?って思う態度が目につく。
総理を嘘つき呼ばわりしたり、総理の答弁中に大声でヤジを飛ばす。
ちょっと前に、総理に対して「謙虚さが足りない」などと言ってませんでした?
「人のこと言える立場か」って言いたくなります。

しかし、メディアは野党の言い分を、まるで正しいように報じます。
だから野党はさらに勘違いして、勝手に国民の代表気取りになるのでしょう。
立憲民主党の枝の代表が、安倍総理に「総理が嘘つきだってことを、多くの国民が知っています」と言いました。
私は枝野氏に言いたい。「いい加減にしろ!森友・加計よりも、まともな政策論争しろ!」と、多くの国民は思っています。

森友の公文書偽造問題で、佐川氏を証人喚問しても、結果何も出てこなかった時、野党はこう言いました。
「新たな疑惑が出てくることをマスコミに期待している」
そして出てきたのが、今回の加計の問題。
朝日新聞が疑惑のネタを探してきて、それを報じる。
それを野党側がガンガン国会で追及する。
これをずっと繰り返している。

一日3億円とも言われている国会の費用。
どれだけ国会で無駄な時間を使い、どれだけ無駄な税金を垂れ流して来たのか。
本当にいい加減にしろ!!
一番の税金の無駄遣いは、お前たち野党だ!!

最近は、自民党の中からも足を引っ張ろうとする気配がある。
次の総裁選を狙い、あわよくばと思う人がいるのだろう。

本当に安倍政権が、日本の国益を損ね、日本のためにならない政権なら、批判して変わっても良い。
しかし、外交や経済など、概ね結果を出している。
課題も山積みだが、それを邪魔しているのが、国会という何ともお粗末な状態。

本当に日本のことを思う国会議員なら、もっと議論をしている。
自分の立場ばかり考えるから、マスコミの報道にあっち向いたりこっち向いたりするのだ。
そんな人は国会議員をやる資格はない。

ますます安倍政権を叩くマスコミ&野党。
その裏には憲法改正が近づいているという危機感だろう。
マスコミも野党も、なんとかして憲法改正を拒みたいのです。

きっと議論を避け続け、与党が改憲案を出して来ても「議論が足りない」と言い出すのでしょう。
何とか憲法改正を先送りにして、安倍政権が退陣するまで引っ張りたい。
安倍政権でなくなれば、憲法改正が無くなる可能性もある。
それがマスコミ&野党の一番の狙いでしょうね。

憲法改正が実現しなかったら、喜ぶのは誰でしょうか?
自衛隊が戦えない自衛隊でいる方が、都合の良い国はどこでしょうか?
本当にいったいどこを見て政治をしているのか?

「いい加減にしろ!!」
これが多くの国民の声だと思いますよ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年04月05日

人命救助と伝統は別

180405.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

これは対応まずいでしょ。

京都府舞鶴市で行われた、大相撲春巡業で、舞鶴市長が倒れた。
その際に、場内に居合わせた看護師が、とっさの判断で土俵に上がり心臓マッサージを行なった。
他にも二人ほど、女性が駆けつけている。
おそらく医療関係者だと思われる。

その時に、「女性は土俵から降りてください」とのアナウンス。
これが今、大きな問題として取り上げられている。
そりゃそうだ。人命がかかっている時に、女人禁制も何もない。

映像で見る限り、市長が倒れた時に、周りにいた男性陣は何もできずにうろたえるのみ。
だからこそ、場内にいた看護師が飛んできたのだと思う。
救急隊員が駆けつけるまで、応急処置ができるか否かで、生死を分けることになる。

誰が考えても、看護師が土俵の上で、応急処置を行うことを阻止する理由はない。
しかし、「女性の方は土俵から降りてください」とアナウンスがあった。
これは土俵が神聖な場所で、女性が土俵に上がることを禁止している伝統があるから。

平常時であればそれで良い。
伝統をしっかり守り、女性が土俵に上がることを禁じれば良い。
しかし、今回は緊急時。人の命がかかっている。
そんな時に「女性は土俵から降りてください」とよく言えたものだ。

最近の相撲界はおかしい。
日馬富士の暴行事件から続く、相撲協会の納得のいかない対応。
貴乃花親方にも、厳しすぎる対応だと思う。

自分たちの考えを改めなくてはいけないのに、変えようとする者を拒んでいるように見える。
貴乃花親方の対応にも問題はあったと思う。
だからこそ貴乃花親方が気に入らなかったのでしょうね。
今回の降格は、完全に見せしめとしか思えない。

そんな相撲界に起こった今回の件。
誰が考えても、人命救助を最優先するためには、女性が土俵に上がっても致し方ないと考えるのが普通。
その普通が通用しないほど、相撲界の考えはおかしくなっているのか?

幸い、市長は手術を受けて、命に別条は無いようです。
もし、あのアナウンスで、看護師の女性が心臓マッサージを辞めて、土俵を降りていたら。
もしかすると命は助からなかったかもしれない。
そうなってしまったら、大変なことになっていたでしょう。
下手したら救命の邪魔をしたと受け止められかねません。

伝統を守ることはとても大事です。
これからも女人禁制は続けていくべきだと思います。
しかし、緊急時には臨機応変に対応しましょう。
まぁ、今回のようなことは、早々起きることでは無いと思いますが。

こんなことが土俵の上で起きること自体が、神様からのメッセージなのかもしれません。
相撲協会も、考えを改める時期に、来ているのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年03月28日

激変する世界情勢と内しか見ない日本

180328.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

世界が動き始めています。
北朝鮮は米朝首脳会談に向けて、やはり中国の後ろ盾を確かなものにしたいようですね。
そして中国も、自分たちの存在感を強めるために、金正恩を受け入れました。

これまで散々、中国のメンツを潰して来た北朝鮮。
しかし、さすがに米朝首脳会談でビビってしまったのでしょう。
中国に行くことによって、「中国は我々の味方だ」「後ろには中国がいますよ」と、アメリカに見せつけたかったのでしょうね。

来月には韓国との南北首脳会談、そして再来月には米朝首脳会談が開かれる可能性がある。
東アジア情勢が、激動の時を迎えているのに、日本国内は森友、もりとも、モリトモ・・・。
何を考えているのでしょうか?
海外から見たら、「日本は一体何をしているのだ?」と、不思議に思うでしょうね。

大切な国会の時間を使って、「総理の関与があったのかも知れない」と疑惑だけを追求する探偵ごっこを繰り返しています。
それも1年以上の時間をかけて。
どれだけ莫大な税金を、この国会に使って来たのでしょうか?
本当にとんでもない国益を損ねていると思います。

ロシアではプーチン大統領が、大統領選挙で大勝し、2024年までプーチン体制が続く。
不正だらけの選挙で勝利したプーチン大統領は、ますます権力を強めます。
おそらく死ぬまで大統領の座を譲らないつもりでしょう。

そして中国でも、習近平体制が延々と続くことが決まりました。
これまで10年任期と決められていた憲法を、習近平体制維持のために撤廃しました。
つまりはこちらも、死ぬまで習近平が国家主席となる。

早い話、ロシアと中国は北朝鮮と同じ、完全なる独裁国家を目指している。
独裁者が国を牛耳れば、ほぼ確実に国は崩壊に向かう。
キューバのようにうまく行った例もあるが、やはり独裁者の資質による。
プーチン大統領や習近平が、独裁者となって大人しくなるだろうか?
全く逆で、どんどん覇権を広げようとするでしょう。

近い将来、中国は沖縄を手始めに、日本に触手を伸ばす。
そしてロシアも北方領土を手始めに、さらに日本に侵食してくるでしょう。
この二国の体制がいつまで持つか?にもよりますが。

世界が大きく変わろうとしているこの時に、日本国内を見ていると、本当に情けなくなります。
日本の政治家は何をやっておるのだ(怒)
いや、安倍政権はまだまともに動こうとしている。
憲法改正もその一つ。

問題は安倍政権をとにかく倒したい野党とマスコミ。
ここ一年の動きを見ていると、本当に日本をダメにするのが目的にしか見えない。
無駄な時間とお金を国会で使ったことに対して、告発することはできないのだろうか?
我々の血税を、疑惑や思い込みだけで、それだけ国会で無駄に使ったか。

本当にいい加減にしてもらいたい。
森友・加計問題で、費やした時間を計算して、野党を告発したい気分です。

世界は大きく動いているのです。
くだらないことに時間を使わないで、ちゃんと政治家としての仕事をしてください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年03月27日

日本をダメにしたい野党とマスコミ

180327.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

テレビで騒いでいる「森友文書書換え問題」のキーマンである、佐川氏が証人喚問に立ちました。
野党は何としてでも、安倍総理の関与に持って行きたい。
そんな思惑が思いっきり見えてきた証人喚問でした。

結果から言えば、安倍総理の指示も、昭恵夫人の指示も、麻生財務大臣の指示も無い。
つまりは外部からの指示ではないということが証言されました。
しかし、これでは野党は気に入らない。
何としてでも、安倍総理、最悪でも昭恵夫人の関与を引き出したい。

執拗に質問を繰り返しますが、「刑事訴追の恐れがあるので」と答弁を控えた。
これは最初からわかっていたこと。
それなのに、野党は自分たちの思い通りの答弁が得られないからと「これでは証人喚問の意味がない」と怒り出す。

いやいや、誰でも予想していたことでしょうに。
もうね何でしょうね。野党ってのはただ単に駄々っ子になってしまったのか。
「外部からの圧力はなかった」と、はっきりと答弁しているのだから、この点は正しいと見るべき。
これで嘘をついていれば、刑事訴追になる。

答弁を差し控えたのは、誰の指示で書き換えたのか?という点。
野党はここに安倍総理の名前を引き出したいのだろう。
しかし外部からの圧力はなかった。という時点で、安倍総理が改ざんの指示をするはずがない。

やはり考えられるのは、佐川氏が昨年の国会答弁で、「国会議員の関与はありません」と答弁したことの影響だろう。
実際には決裁文書に、国会議員の名前が出てくる。
そして昭恵夫人の名前も出てくる。

国会答弁の内容に合わせるために、決裁文書を改ざんしたと見るのが普通。
つまりは佐川氏の立場を守るために、部下が改ざんをした。
その改ざんを佐川氏がいつ知ったのか?佐川氏が指示をしたのか?
そこが一番の問題である。

問われるとしたら、麻生財務大臣の監督責任。
ただ、これで大臣の首が飛ぶようであれば、官僚の不始末でいくらでも大臣の首が飛ぶことになる。
まさに官僚の自爆テロみたいなことが、安易にできるようになってしまう。

思い通りの結果が得られなかった野党。
次はどう出てくるのでしょうか?
自分たちの思い通りの結果が得られなかったから「ますます疑惑が深まった」とほざいています。
一体どこまで無駄な時間を使えば気がすむのでしょうか。

本当に今の野党って、政権の足を引っ張り、何もできなくするのが目的になっています。
つまりは日本が何もできないようにするのが、野党の仕事になっている。
それって早い話が、日本の国益を損ねるってことですよね。
野党は日本がダメになるように動くのが仕事だと思っているようです。

朝鮮半島情勢に絡む防衛問題、そして重大な拉致問題。
経済やエネルギーの問題、働き方改革、少子化問題、待機児童問題。
まだまだ課題がたくさんあり、やらなければならないことが、山のようにある。
昨年からず〜っと、森友・加計と無駄な時間と莫大なお金を、国会で浪費しました。
もう、いい加減にしてもらわないと、本当に日本がダメになります。

あ、そうか、それが野党とマスコミの目的だった。
だからこれからも続けるんですよね。
ますます疑惑が深まった。次は昭恵夫人の証人喚問が必要だと叫ぶのでしょう。

みなさん騙されないようにしましょう。
日本をダメにしたい野党とマスコミの、印象操作に乗っかってはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年03月22日

今やるべきことは何か

180322.jpg
【最初から結論ありきの報道にうんざりです】

予想していた通り、財務省の公文書書き換え問題が、政治問題として扱われ続けています。
メディアの報道と、野党の言い分を聞いていると、もう無茶苦茶すぎて失笑してしまう。
完全に「安倍総理の責任」という結果に持っていきたい。というのが見え見えです。
最初から結果ありきで報道し、結果ありきで野党が追及をしています。

事実に基づいて、その上で責任を求めるのならわかります。
「そうだろう」「そうに違いない」という妄想だけで、話を進めるのはやめていただきたい。
本当にメディアも野党も、最初から決めつけて話を進めすぎです。

財務省が公文書を書き換えたのは事実です。
しかし、そこに「官邸の指示があったはず」とか「官邸に忖度したはず」とか、まるでそれが事実のように話すのはどう?
明らかに「そうであってほしい」という希望的観測で話していますよね。

最初から「悪いのは安倍総理」「悪いのは自民党」というレッテルばりで、報道も野党もこの問題を扱っています。
これって完全に言いがかりですよね。
疑わしいからそうに違いない。
そんな思い込みだけで、問題を大きくしてどうするのでしょうか。

昨年から今年にかけての、メディアと野党がタッグを組んでの、安倍政権批判は凄まじいです。
政策の不備を指摘して批判するのなら、全く異論はありません。
日韓合意は未だに安倍政権の失策だと思いますし、北方領土問題のロシアへの対応も、私は賛成できません。

そんな政策論で批判するのなら大歓迎です。
そうでなくて、森友問題や加計学園問題は、「安倍総理が関わっていたに違いない」という、思い込みだけで国会を空転させています。
森友学園の土地代が、安倍総理の一言で大きく値引きされたのなら問題です。
しかし、そんな事実は無い。昭恵夫人が「良い土地なので進めてください」と言ったと言うのも、籠池氏がそう話しているだけ。

仮に本当に言ったとしても、それは森友学園に気を使って「良いと思いますよ」と同意したに過ぎない。
それを籠池氏がどう利用したか?そちらの方が問題なのです。
昭恵夫人の名前を財務省に持ちかけて、圧力をかけたとしたら、籠池氏がかけたのであって、昭恵夫人がかけたわけでは無い。
そこの議論は全くなく、ただ単に、改ざん前の公文書には昭恵夫人の名前が載っていた。
しかし、改ざんされて消された。とばかり報道して、野党もそこばかりを強調する。

テレビしか観ない人は、昭恵夫人が積極的に財務省に働きかけたと思うだろう。
そしてそれをかばう安倍総理は、なんとなく嫌だ。指示できない。となる。
野党もメディアもこれを狙っているのは確実。
少しでも支持率を下げて、倒閣運動に持っていきたいのだ。

自民党の内部も、支持率が下がれば、「次は俺が」と思っている政治家はわんさかといる。
メディアの報道や、それに踊らされる世論の目ばかりを、気にしている議員は大勢いる。
だからメディアは必死で安倍批判を繰り返す。

しかし、ネットを駆使して、多方面から情報を得ている人は知っている。
なぜ、メディアがここまで安倍批判を繰り返すのか。
そこには憲法改正が待ち構えているから。

なんとしてでも憲法改正を阻止、もしくは骨抜きの改正にしたいのです。
憲法九条を、できることなら触らせない。
今のままの、動けない自衛隊のままで、終わらせたいのです。

国会だって議論しないといけないことは山のようにある。
5月には米朝首脳会談が実現するかも知れない。
どう動くか全くわかりません。
下手すれば軍事行動に出るかも知れない。

どちらに転んだとしても、この時が最後の拉致被害者救出のチャンスです。
それを何もせずに見送るつもりでしょうか?
国会で拉致の「ら」の字でも出たでしょうか?
ず〜っと森友・加計ばかり、ようやく終わったと思ったら、再び森友復活。

財務省の書き換え問題は大問題です。
しかし、それはそれとして、対策本部など立ち上げて、そこでやるべきこと。
政権批判の材料にしている場合では無い。
本当にいい加減にしてもらいたい。

野党の皆さん、あなた方の望みはなんですか?
安倍政権を打倒して、自分たちが政権を握りたいだけですか?
政権を握って何をするのですか?

問題は常に目の前にあり、日本国にとって重要な問題ばかりです。
それを見ずに、揚げ足取りばかり。
本当にいい加減にしてもらいたい。
あなた方に議員の資格などありません。

そしてメディアも、報道としての責任を果たしてください。
偏向報道ばかりで、いずれ誰も信用しなくなりますよ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年03月12日

また日本をダメにするのか

180312.jpg

あぁ〜これでまた、国会が空転するのですね。
無駄な時間を延々と使って、国会にかける大切な大切な、私たちの税金をドブに捨てるのですね。

財務省の文章書き換え問題は、ハッキリ言って大問題です。
これは官僚の信頼を損ねる犯罪と言えるでっしょう。
そこはしっかりと問題として受け止め、改革していくべきところ。

しかし、それが安倍政権の問題として取り扱われる。
昨年のあの森友問題が、再び再燃するのです。
野党はどこまでもどこまでも、しつこくこの問題を安倍政権の問題として騒ぐでしょう。

森友問題とはなんだったのか?
結局は籠池氏が勝手に安倍総理の名前を使って、学校を立ち上げようとしていた問題。
昭恵夫人を名誉校長にして、それを利用していた。

官僚の側も籠池氏から、いろんな政治家の名前を出されて、それに対応していたのでしょう。
野党側は、安倍総理が国有地の払い下げに関与したと思いたいのでしょうね。
そして、それは籠池氏が、勝手に名前を出しただけでも、安倍総理の関与と言いたいのでしょう。
無茶苦茶な話ですよ。勝手に名前を使われても、それでも責任があると言われたら、どうしろと言うのでしょう。

何度も言いますが、文章書き換えは大問題です。
これは本当に、官僚の体質改善のために、考えるべき大問題です。
しかし、それと政治は別問題。
政治家は、まず目の前の問題を解決すべきです。

まずは国会を空転させないこと。
予算をしっかり立てること。
そして、何よりも朝鮮半島問題を、しっかり協議すること。

米朝会談が実現する見通しとなった今、日本はアメリカと今まで以上に協力して、北朝鮮の非核化に向けて足並みを揃えなければいけません。
会談の結果次第では、軍事衝突に発展する可能性も十分にある。
その時日本はどう動くのか?拉致被害者をどう救出するのか?
それこそが、今一番の課題です。

何とかして安倍政権の足を引っ張って、引きずり下ろすことしか頭にない野党を見ていると、本当に情けなくなります。
誰かの批判をする時だけは、目が輝いて顔が生き生きとしています。
今まさに「よしチャンスだ!!」と意気込んでいるのでしょうね。

ハッキリ言わせてもらう。
野党の皆さんの行いは、日本の国益を大きく損ねています。
昨年もずっと森友と加計問題で、大切な国会の時間を使い、莫大な金額を無駄にしてきました。
決めなくてはいけないこと、協議しなくてはならないこと、山のようにあるのに。

もう一度言います。
官僚の問題は大問題です。
ハッキリ言って、官僚の質も落ちていると思います。
政治家の質はもっとですけど。

どちらも言えるのは、国のために動いているのではなく、保身で動いていると言うこと。
政治家も官僚も、我が身一番で動くから、ほころびが出てくる。
野党の追及だって、結局は自分たちが注目されるからやっている。
本当に国のことを一番に考えたら、対案を出して政策で論争するハズです。

もういい加減にしてください。
ちゃんと政治家としての仕事をしてください。
また、今年もくだらない問題を、大問題として持ち上げて、メディアと一緒になって騒ぐのですか?
そしてメディアもまた、油に火を注ぐのでしょうか?

本当にいい加減にしていただきたい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年03月09日

ついにアメリカが動く

180309.jpg

昨夜つぶやいた北朝鮮の問題。
ついにアメリカが対話に乗り出しました。
アメリカが対話に応じたら、日本にとっては最悪のシナリオです。

北朝鮮は絶対に核を放棄しません。
どうやってアメリカを騙して、核保有国として認めてもらうか。
それしか頭にないのです。

韓国との対話で、非核化を口にしました。
しかし、それは必ずしも核を放棄するという意味ではないでしょう。
核開発の凍結と言って、また時間稼ぎをする可能性が大です。

アメリカトランプ大統領が、どこまで真剣に核放棄を迫れるのか?
北朝鮮の口だけの外交に、騙されてしまえば、本当に最悪のシナリオになりかねない。
もし金正恩氏が「核を放棄する」と約束したとしても、それをどこまで信用できるでしょうか?

これまでも何度も核開発をやめたふりをして、時間稼ぎをして来たのです。
北朝鮮が必要としているのは、制裁解除。そして願わくば支援。
良い子になったふりをして、裏で核開発を続ける。
それをアメリカがどこまで見抜けるか?

ただ、希望の光が全くないわけではない。
トランプ大統領は、会談まで制裁を続けると話しています。
つまりは会談しても、話がまとまらなければ、そのまま制裁を続ける。
北朝鮮の口だけ外交に惑わされなければ、今度は逆に北朝鮮にとって、最悪のシナリオになります。

話がまとまらず、もし喧嘩別れのような事態になったら。
アメリカの軍事攻撃も十分に有り得る。

日本はアメリカが北朝鮮の戦略に乗らないように、しっかりと釘を刺す必要があります。
安倍総理は早速来月渡米して、トランプ大統領と会談するようです。
日米でしっかりと話し合い、方向性をまとめておいて欲しいですね。

いよいよ大きく動き始めました。
拉致被害者救出も、これが最後のチャンスになることでしょう。
良き展開になることを、念じずにはいられません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:06 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年03月08日

騙され続ける韓国

180308.jpg

完全に北朝鮮の思惑通りですね。
韓国はいったい何やってんだか。

オリンピック直前から、突然始まった、北朝鮮の微笑み外交。
完全に作り笑いなのはわかっているのに、その作り笑いにすら大喜びする韓国政府。
無理やり作った融和ムードは、その信頼性を確保するために、無理やりな南北首脳会談へと続く。

今回、韓国が送った大使に、金正恩氏が最大限のもてなしをして、南北首脳会談が実現することとなった。
北朝鮮はこれまで、頑なに中止を求めていた、米韓合同軍事訓練を、あっさりと了承した。
そして驚くことに、核の放棄まで匂わせている。

しかし、これが現実は時間稼ぎに過ぎないことを、日本は分かっているし、アメリカもわかっている。
困ったことに、全くわかっていないのが韓国。

今まで何度この手に騙されてきたのか。
北朝鮮の発する言葉は、その場しのぎの外交手段でしかない。
約束をしても、それを破るのが、北朝鮮の外交方法です。

今回の北朝鮮の言葉を、信じている人が一体どれだけいるのか?
これまでの北朝鮮のやり方をわかっているので、ほとんどの人が「また何か言っている」という風に捉えているでしょう。
結局わかっていないのは韓国だけ。

いやもしかすると、わかっていて話に乗っかっているのかもしれない。
その場しのぎの融和ムードを、自分たちの実績にしたいだけかも。
これまでも、北朝鮮と融和ムードで、失敗しているにも関わらず。
結局は「今良ければそれで良い」という考えなのかもしれません。

大統領として、北朝鮮と首脳会談をしたという、実績が欲しいだけかも。
問題は、この融和ムードがアメリカを巻き沿いにしないか?ということ。
もし、アメリカがこのムードに流されて、北朝鮮と話し合いに着けば、それは北朝鮮を核保有国として認めることになる。
これは日本にとっては最悪の結末。

一方の北朝鮮も思惑通りだが、本当に筋書き通りに行くか?
北朝鮮が話し合いに応じる姿勢を見せているのは、やはり制裁が効いているからだと思う。
とにかく韓国と仲良くして、少しでも制裁を逃れたい。
やはりギリギリの外交を行っている。

誰も戦争は望んでいないので、本当に話し合いで決着がつけば、それが望ましい。
しかし、その中身が、北朝鮮を喜ばせるだけのものになっては意味がない。
そうなれば、日本も核武装せざるを得ない状況になる。

どうなって行くのか?
注視していかなければいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年03月05日

働き方を考える

180305.jpg

気がつきゃ3月入ってるし(--;)

なんか、年明けてから、ず〜っと走りっぱなしって感じです。
一度だけ休憩したのが、奄美に帰省した3日間かな。
それ以外は、ずっと仕事に追われている感じ。
おそらく年度末、すなわち今月いっぱいはこんな感じでしょうね。

時間が足りなくなってくると、夜の時間も日曜も仕事の時間になります。
フリーで仕事している以上は、どうしようもないですね。
今、働き方改革なんて言っているけど、国が働き方を決めること自体おかしな話だと思う。
企業側でどんどん改革して行けば良いのだ。

そして働く側の意識改革も必要だと思う。
「時給いくらか?」と考えている時点で、時間に決められた働き方になります。
全ての仕事がそうではないけど、やはり能力に合わせた給料ってのが必要でしょうね。

私の仕事なんて、時給で換算したら、絶対に最低限の賃金だと思う(--;)
時間かかって必死になって仕事したって、もらえる金額は僅かです。
やりがいがあってやっている仕事だけど、きっと普通のサラリーマンから見たら「そんな仕事やってらんね〜」ってなるでしょうね。

楽な仕事なんてないと思う。
でも、やはりやったらやった分だけ、頑張った分だけ欲しいと思うのが人間。
必死になって頑張って、僅かな給料しかもらえなかったら、やる気も起きなくなりますよね。

日本の会社って、良くも悪くも家族的な要素が多いと思う。
同じ会社の中で、ガンガン仕事できる人もいれば、なかなか思うように仕事が進まない人もいる。
しかし、会社としてあげた利益を、みんなで分け合うのが日本の会社だったのだと思う。

うまく行っている時は、この家族的会社は強いと思う。
一致団結して絆も強い。
しかし、それぞれ個人が、己の利益だけを追求し始めるともろくなる。

働くってなんだろう?
お金を儲けることが働くことだろうか?
常々私は、働くというのは、社会に自分の時間を差し出すことだと思っている。
自分のできることで、社会に貢献することが働き。

お金というのは、働いた感謝の気持ちの報酬。
だから金額が高くても安くても、そこには感謝の気持ちが入っている。
ただ、同じ感謝なら、やはり高い方が嬉しいというのは確かです(笑)

より多く感謝してもらえるには、やはり自分自身が向上するしかない。
働き方改革と言うのなら、本来働く人々が、意識を変えていくことが一番だと思う。
そして企業側も、働く人がより輝ける会社づくりが必要。
国はそのサポートをする程度で良いと思う。

何事もまず現場から変えていかなければ、何も変わらない。
「働かされている」と言う意識だと、いくら国が動いても同じでしょうね。

さて、私も意識改革しなければ。
肉体的にはとっくに疲れがきているけど、精神的にも疲れている気がする。
もう一踏ん張り頑張って、ちょっと仕事落ち着いたら、リフレッシュしたい。
そして気持ちを改めて、再び走り出したいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年02月23日

迷惑国家中国

180223.jpg

相変わらず寒いですが、だいぶマシになって来ましたね。
例年の寒さになってきました。
ほんの少しですが、春が近づいている感じです。

奄美にから帰ってきて、以前よりも寒さがマシなのが嬉しいです。
もう初夏に近いほどの気温の奄美からすれば、まだまだ極寒のような気温ですが(笑)
寒さが緩むと、気持ちも明るくなりますね。

さて、ほんのひと時の奄美でのくつろぎでしたが、今奄美では二つの問題を抱えています。
一つは全く報道されませんが、東シナ海で起きた中国船とイラン船の衝突事故。
この事故により、イラン船のタンカーから油が流出した。

その油は奄美にも漂着しているようで、18日の日曜日には、奄美市が呼びかけていろんな海岸でボランティア活動が行われていたようです。
海中生物には、影響はないとのことですが、油が漂着したら海岸は汚染されます。

そのためなのでしょうか?
奄美でアオサ(青海苔)を買おうと思ったら、全く売っていませんでした。
やはり汚れてしまって、採れないのでしょうね。

事故当時、イラン側は日本に救助要請をした。
しかし、中国側が対応は中国でやると、日本の救助活動を断ったようだ。
もし、日本が救助活動に参加していたら、被害は最小限に止まったと思う。
海洋汚染を起こすために、わざと断ったのでは?と疑ってしまう。

そしてもう一つの問題が、大型クルーズ船寄港誘致問題。
以前、このブログでも紹介したことがある。
豪華客船のクルーザーを奄美に寄港させる計画の話。

以前紹介した龍郷の芦徳は、反対運動のおかげで、計画は中止された。
しかし、今度は瀬戸内町の小さな集落・西古見集落で、同じ計画が進行しているらしい。
小さな集落で、ほぼお年寄りが中心の集落。

前回の芦徳も同じだが、自然を破壊して、中国の富裕層を受け入れる計画。
目先だけの利益にとらわれて、大切な奄美の自然を台無しにしてしまう。
当然反対運動が広がり、ネットでも反対の声を上がった。
私も反対運動に署名しました。

奄美は決して裕福な島ではありません。
島民は、皆ささやかな生活を送っています。
そんなところに、札束を見せつけて、大型クルーズの誘致を持ちかける。
まさしく札束で頬を叩いているのと同じ。

住民からすれば、集落が活気付くことを期待している人もいるだろう。
しかし、そこは慎重に考えて欲しい。
来るのは中国人客のみ。
一斉にやってきて、静かな集落を大勢で騒ぎ立て、あっという間に去っていく。
多少のお金も落としていくだろうが、それ以上に被害の方が大きいと思う。

タンカーの事故も、この大型クルーズの話も、どっちも中国がらみ。
本当にやめて欲しい。

尖閣諸島だけでなく、沖縄も虎視眈々と狙っている中国。
実は奄美諸島まで、中国のものにしようと思っているのだろう。
南シナ海を手中に収め、東シナ海も全て自分のものにしたいと思っている。

大型クルーズの話も、裏には必ず中国共産党がいると思います。
国家ぐるみで話を持ちかけているのでしょう。
絶対に阻止しないといけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年02月09日

今ひとつ盛り上がらないオリンピック

180209.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

平昌オリンピックが始まりました。
なんか今ひとつ盛り上がりに欠けますね。
やっぱり北朝鮮と韓国の融和ムード演出で、白けきってしまったのかな〜。

日本選手には、大いに期待したいところですが、全体的にパッとしませんね。
きっと日本選手がメダル獲得し始めると、盛り上がってくるのかな。
メダル獲得を期待されている選手が、たくさんいるので、頑張って欲しいですね。

ただ、韓国が開催国というのが、どうも心配なところです。
なんせこれまでも、オリンピックで判定に不満があると、駄々をこねたり不謹慎な態度をとったりと、スポーツ精神に反した国ですからね。
今度は自国開催とあって、好き放題やりそうな気がしてなりません。
審判員を買収したり、IOCに賄賂渡したり。

考え過ぎかもしれませんが、これまでの韓国を見ていると、やりそうな気がしてならない。
オリンピックを政治利用しちゃっていますしね。
韓国の選手に有利になりそうなことを、国ぐるみでやりそうな気がする(^^;)

そしてもう一つ心配なのが、応援団です。
日本からも応援団が行っていると思いますが、必ず難癖つけられそうな気がします。
日本選手を応援するために、応援に行っていると思うですが、日本人というだけで、目の敵にされそう。
日本人ってだけで、敵対意識むき出しにしますからね。

ずっと反日教育続けてきた結果ですね。
とにかく日本人=悪として教えられているみたいだから、くれぐれも注意して欲しいと思います。
さすがに応援している最中に、何かされることはないと思うけど、街中とか出歩くのは注意が必要かもしれませんね。

さらに心配なのが、やはり北朝鮮ですね。
融和ムードを演出していますが、しっかり前日に軍事パレードやっています。
オリンピック期間中に、また何かやらかすかもしれません。
例えば核実験。オリンピックのどさくさに紛れて、やらかしかねない。

本当に朝鮮半島って、ややこしいところです。
日本としては、あまり関わりたくないのが本音ですね。
それでも隣国なので、何らかの関わりが必要。
もう最低限の関わりだけで、あとは無視が一番かも。

あまり他国のことを、とやかく言いたくはないですが、言われるだけのことをやってきている国ですからね。
せめてオリンピックだけは、真っ当に行って、無事に終わらせて欲しいと願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:46 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年02月06日

早急な事故原因究明を

180206.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から http://www.sankei.com/politics/news/180206/plt1802060043-n1.html

佐賀で起きた、自衛隊ヘリコプター墜落事故。
信じられない事故ですが、起きてしまった事故。
事故の原因は、ヘリコプターのプロペラが外れてしまったことによる墜落のようです。

しかし、なぜプロペラが外れたのか?
整備点検後のテスト飛行中に起きたことから、整備不良や部品そのものの不良が考えられる。
事故の原因は今後の調査で明らかになるでしょう。

今回、最悪の事態で、民家に墜落した。
小学生の女の子が怪我をしたが、命に別状はなかったのが、不幸中の幸いでした。

本来、自衛隊の機体が緊急事態となった場合、必ず民家を避ける。
しかし、今回は全く制御不能になったのでしょう。
そのまままっしぐらに落ちてしまった感じです。

今回の事故を受け、メディアは事故の詳細を伝えています。
自衛隊に対する批判的な報道は、今のところ確認していない。
しかし、これが10年以上前だったら、とことん叩かれていたと思う。

今回は、100%自衛隊側に非がある。
それでも、自衛隊を叩く報道は無い。
むしろ、このところの朝鮮半島情勢で、自衛隊員にストレスがあるのでは?との擁護するほど。

昔なら、「自衛隊はいらない」と叫ぶ人々の声を反映して、共産党や社民党あたりが騒いでいたはず。
それにメディアが輪をかけて、ガンガン叩いていたでしょう。
実際に、自衛隊の船と漁船が衝突した事故などは、とことん自衛隊を叩いていた記憶がある。

流れが変わったのは、東日本大震災でしょう。
自衛隊の頑張る姿に、日本国民が改めて自衛隊のことを評価した。
そのためメディアも、自衛隊を叩きにくくなったのでしょう。

加えて、近年の中国の横暴な行い。
さらに北朝鮮のミサイル・核の驚異。
自衛隊の必要性を、多くの日本国民が理解し、自衛隊を応援している。
だからメディアも、自衛隊をうかつに叩けない。

しかし、今回の事故は、しっかり原因を突き止め、再発防止に勤めなければならない。
本来、日本国民を護る自衛隊が、日本国民に危険を与えてはならない。

防衛費が増えていると言うが、これまでがあまりにも少なかった。
少ない防衛費が、事故を招く要因の一つでもあるのでは?とも思う。
しっかり予算を当てて、しっかりと日本を護っていただきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年01月30日

儲かる話は無い

180130.jpg

教えてくれよ〜
やっぱ、知らないんじゃ!

兄さんが知らないはずないだろう・・・

じゃぁ教えてくれよ〜なんでビットコインはコインチェックが良いんだよ・・・・
やっぱ、知らないんじゃ!

兄さんが知らないはずないだろう・・・

じゃぁ教えてくれよ〜なんでビットコインはコインチェックが良いんだよ・・・・

--------------以上、最近見かけなくなったCMでした

よくわからないCMでしたが、ただ単に出川哲朗のキャラだけで注目されたCMでした。
そもそも仮想通貨自体が、あまりよく知らない。
ビットコインは以前から知っていましたが、なぜここに来て急にCMをするまでになったのか?

目に見えない通貨が、価値を持つ。
そんなこと自体が、とても信用できない。
でも、世界は仮想通貨の流れにあるようですね。

今回のコインチェックの事件は、顧客の仮想通貨が被害にあったらしい。
何者かがセキュリティをすり抜けて、サーバに入り込み、顧客の数字を奪った?
仮想通貨だから、実害がわかりにく。

貯まっていたポイントを、奪われたようなものだろうか?
仮想通貨そのものを、否定する気はない。
しかし、よくよくわからないのに、仮想通貨に手を出して、今回の事件に巻き込まれた人も多いだろう。
芸人にも被害者がいるみたいですね。

「仮想通貨をすれば儲かる」という感覚で、やっていた人が多いんじゃないかな?
株感覚なのかな?と思ったりしています。
投資家が投資するのならわかるけど、普通の人がのめり込むものではないですね。

実は知人からも「ビットコインのお得な情報がある」とfacebookのメッセージで連絡をもらったが断った。
この事件が発覚する前でした。
私は「これをやれば儲かる」とか「これを使うとフィードバックが返ってくる」とか、そんな類の話は一切乗りません。
これは昔から徹底して来ました。

いろんなものが巷でありました。
確かに物は良いのかもしれない。
しかし、自分がそれを売って、利益を得るのは全く違う。
いろんな人からお誘いを受けました。
いろんな話がありました。
しかし、全てお断りしています。

私は自分のできることで、社会貢献して、それがお金となると思っています。
古臭い考えなのかもしれません。
でも、お金って儲けるものではなくて、感謝の心で巡り回ってくるものだと思います。
だから安易に「儲かる」という言葉は好きではないのです。

仮想通貨の世界は、これからも広がりを見せると思います。
使うには便利なのかもしれません。
ただ、リスクやデメリットがあることも、しっかり把握して使いたいですよね。

私は・・・ニコニコ現金払いが一番だなぁ〜(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:31 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年01月20日

問題だらけの平昌オリンピック

180120.jpg

冬季オリンピックが近づいています。
準備不足や、チケット売上不振など、問題が指摘されていた平昌オリンピック。
しかし、ここに来てさらに問題が深刻化。

北朝鮮が参加を表明した途端、前のめりになった韓国政府。
北朝鮮の思惑通りに、全てのことが進んでいます。
平昌オリンピックじゃなく、平壌オリンピックだ!と言われているほど。

政治とスポーツを一緒にしてはいけない。
その意味からも北朝鮮が参加するのは、問題はないと思う。
しかし、北朝鮮の参加によって、韓国が様々な要件を丸呑みしているのが大問題。

明らかに北朝鮮の思惑は、時間稼ぎであることは目に見えている。
平和の祭典である、オリンピックを利用して、核開発の時間を稼いでいる。
上部だけの南北融和を演出して、少しでも時間を稼ぎたい。

韓国がわにも思惑がある。
北朝鮮との緊迫した状態でオリンピックを迎えると、もしものことを考えると、来場者が減ってしまう。
嘘でも南北融和を演出して、オリンピックの期間だけは、何も起こらないことを強調したい。

北朝鮮が参加することは問題ない。
しかし、南北で統一したチームを作るのは別問題。
女子アイスホッケーチームを、南北合同チームにするらしいが、突然合同チームを作ってうまく行くはずがない。
そもそもこれまで必死で頑張って来た、韓国チームの選手からすれば、いい迷惑だと思う。

これまでも何度か、南北合同チームというのが、作られた経緯があるが、いずれもトラブルを招いている。
今回も必ずトラブルと思う。

自らオリンピックを盛り上げられない韓国。
そこに目をつけて、利用する北朝鮮。
今回のオリンピックは、変な意味での注目が集まりそうです。

日本からも期待される多くの選手が参加します。
1番の願いは、無事に競技できて、無事に戻って来ること。
その上で、良い成績を残してくれたら嬉しいです。

本当にどうなるのかな、平昌オリンピック。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年01月17日

震災を振り返り

180117.jpg

もう23年になりました。
阪神・淡路大震災から23年の月日が流れた。
今ではあの大震災が嘘のように、完全に復興している神戸。
時々神戸に行くこともあるが、その度に「あの状態からよく復興したなぁ〜」と思います。

一昨年、自治会の日帰り旅行で、神戸の震災センターへ行きました。
当時の写真や、震災で破壊された現物など、地震の怖さを本当に感じました。
当時は生まれていなかった子供たちも、本当にすごい地震であったことを理解していました。
もっとゆっくりと回りたかったのですが、団体行動で時間がなかったので、また機会があれば行って見たいと思います。

阪神・淡路大震災の後も、東日本大震災や熊本地震など、私たちの国は常に地震と向かい合ってきました。
いつどこで大きな地震が起きてもおかしくない。それが日本です。
美しい自然に恵まれた日本ですが、自然が豊かであるからこそ、自然の脅威にさらされることも多い。
私たち日本人は、常に自然の恵みに感謝し、自然の脅威を恐れて生きて来たのだと思います。

近年言われ続けている「南海沖トラフ地震」に加えて、最近は北海道の釧路沖での大地震が懸念されています。
どちらも30年以内に起きる可能性が高いと言われている。
海底で起きる地震はどうしても津波の被害が大きくなります。
先の東日本大震災も、やはり津波が甚大な被害をもたらしました。

THUNAMIという言葉が世界標準語になる程、日本は津波による被害を、幾度となく耐えて来たのだと思います。
地震に対しては、建設技術で耐震がかなり進んでいる。
しかし、津波に対しては対策のしようがありません。

押し寄せてくる波というよりは、海全体が移動してくるイメージです。
そのエネルギーは半端なものではありません。
それは東日本大震災の時の津波の映像を見れば、誰もがわかること。

防波堤を高く作ったり、防風林を植えたりして、昔の人も津波に対する防御をして来た。
しかし、それをはるかに上回ったのが、東日本大震災の津波でした。
自然の脅威に、私たち人間の知恵は、いとも簡単に流されてしまう。

津波に対しては、今の所は「逃げる」という方法しかありません。
そのためにも、日頃から避難場所やルートなどを確認しておくことが大事です。
奈良は津波の心配はありませんけどね。

23年経って、阪神・淡路大震災を知らない世代も増えています。
大震災を振り返って、自分の身の回りのことについて、考える機会にしたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | 私の思うこと

2018年01月09日

一生に一度の慶の日を汚した罪は重い

180109.jpg

昨日は成人の日で、このニュースは息子を送っていく道中で知りました。
あまりにも無責任で非道です。
人生で一度きりの成人式だと言うのに。

着付けや晴着貸し出しの「はれのひ」が、成人式の日に雲隠れ。
当日になって、晴着が届かなかったり、スタッフが不在で着付けができないトラブルが多発。
1〜2年前から予約していたにも関わらず、結局成人式にも出席できなかった新成人も多数いた模様。

一生に一度の成人式。
男性はともかく、女性にとっては晴着姿で祝う大事な時。
大金をつぎ込んで予約したのに、雲隠れなんて、あまりにも非道です。
晴着を着けることができず、式にも参加せず帰宅した新成人と親のことを考えると、悲しみと怒りが湧いてくる。

報道によると、どうも業績が悪くなっていたようで、従業員の給料も滞っていたらしい。
よくもまぁ、そんな状態で予約を受けて、そのまま雲隠れできたものですね。
予約していただいたお客様の気持ちを考えたことはないのでしょうか?

せめて2〜3日前にでも、お客様に知らせてあげるだけでも、対応が違っていた。
当日になって、着付け会場に行って、そこで初めて知らされたら、もうどうにもなりません。
本当にこの業者は悪質だと思います。

そんな中でも、他の業者が手を差し伸べて、なんとか晴着を着れた新成人もいた。
不届きが業者がいる一方で、困っている人をなんとかしてあげようと考える業者もいる。
この差は一体なんなのだろう?
やはり「はれのひ」は、お金儲けのことしか考えていなかったのでしょうね。

これは詐欺罪として捜査してほしいです。
二度とこんな悪質業者が生まれないように。
徹底的に取り締まって、被害金額を返却させるべきです。

そして行政の方も対応してほしい。
今回成人式に参加できなかった新成人に、もう一度成人式をしてあげてほしい。
被害にあった新成人とその親に罪はない。
こんな時こそ、行政が手を差し伸べてほしい。

企業とタイアップして、晴着や着付けをしてあげてほしい。
ひと月遅れでも良いから、もう一度成人式をしてあげることはできないのだろうか?
せっかく大人の仲間入りをする新成人に、このまま嫌な大人の犠牲になったままで良いのだろうか?
なんとか手を差し伸べてほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(2) | 私の思うこと

2017年12月23日

元号は要らない?

171223.jpg
【元号は時代を映す鏡】

今日は天皇誕生日で祝日。
朝からまったりモードですが、嫁さんだけは仕事で出て行きました。
私たちもお昼前には、大教会の月次祭のために大阪まで出かけました。

12月23日の天皇誕生日は、今年で最後となることが決まりました。
平成30年4月30日をもって、今上陛下が譲位されることが決まったためです。
ちなみにマスコミは「退位」と報道していますが、厳密には「譲位」です。
天皇陛下自らも「譲位」と述べています。

今後12月23日が別の休日になるのか、それとも平日に戻すのか、政府は検討をしているようです。
いよいよ平成という時代も、幕を閉じるのですね。
昭和天皇が崩御されて、平成が始まった時代。
私はすでに社会人となっていました。

元号が変わり、昭和から平成になって、最初は戸惑ったことを覚えています。
平成1年とは書かず、平成元年と書いたものでした。
そして再び元号が変わる時が来る。

生きている内に、2回も元号が変わる時を迎えるというのは、貴重な体験だと思います。
昭和という時代が終わった時、新しい平成という時代が始まった。
平成が馴染んで行くほど、昭和が「良き古き時代」として映し出された。
次の元号が何になるのか?楽しみに待ちたいですね。

この元号について、一部の人からは「必要ない」との意見もあるようです。
西暦を使えば済む話で、元号と二つあるとややこしい。という意見のようです。
確かに西暦と元号と、二つあればややこしいのは確か。
しかし、それだけの理由で、元号を要らないと言い切れますか?

元号は日本独自の時代の象徴です。
それを「ややこしい」という理由だけで、要らないと言うのは、日本そのものを否定しているようにしか思えません。
昭和という時代、平成という時代。それぞれにその時代のカラーがあり、思い出があるのです。
新たな天皇陛下の即位によって、新しい時代が始まる。

私は昭和生まれなので、大正や明治の時代は知らない。
でも、明治維新とか大正ロマンとか、そんな言葉でその時代をイメージする。
私たちの先人が、どのように時代を築き上げてきたのか?を想像します。
それには元号の役割が大きい。

時間というのは流れ続け、区切ることはできません。
西暦だと、いつの時代かを区切ることは難しい。
1960年代とか70年代とか、10年単位での区切りしかない。
でも元号であれば、その時代を区切ることができます。
その時代を象徴するのが元号であると、私は思います。

平成という時代が終わりを迎えようとしています。
今上陛下は84歳になられました。
退位されても、ますます元気で過ごしていただきたいです。
これまで公務で多忙な日々を送ってこられました。
これからは、ご自身のために、時間を使っていただきたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年12月19日

自分にできることを

171219.jpg
【自分たちの町は自分たちの手で】

連日寒いです。今年の冬は本当に寒そうだ。
今からこの寒さ、真冬になったらどれだけ寒くなるのだろう?

今年も残すところ2週間を切ってしまった。
あぁ〜急がなくては、仕事が・・・・。

仕事以外のことでも急がなくてはならないことが。
自治会の時期役員の選出。
これが予想以上に難航している。

そりゃ〜ね〜誰だってやりたがらないと思います。
私だって好き好んで今まで役員やっていたわけじゃない。
できれば誰かやってくれるのなら、やっていただきたいのが本音。

でも誰かがやらなきゃいけないのだし、私ができることがあるなら・・・って気持ちで、これまでやって来ました。
約6年間、自治会に関わらせていただいて、今は役員とPTA副会長と二つの役目を担っています。
(他にも学童の理事もあるけど)
来年はPTA会長なので、できれば自治会の方は退任をと考えている。

そのためには後任を作らなくてはなりません。
私の後を頑張っていただける方を探しておりました。
以前から、様々な行事に顔を出してくれる若い方がいた。
行事だけでなく、清掃作業や自治会館の引越しにも、積極的に協力してくれた方。

先日、電話で役員をお願いさせていただいた。
断られても仕方ない覚悟で電話したが、「私ができることがあれば」と引き受けていただいた。
他の役の後任が断られ続けて、難航している中での承諾、本当に嬉しかったです。

何よりも嬉しかったのは、二つ返事で気軽に受けたのではなく、「私みたいな若い者が務まるでしょうか?」と謙虚になりながら、「私で良いのであれば」と、前向きに引き受けたこと。
おそらく不安も大きいと思います。その分、私もバックアップ、サポートをしっかりとしていきたいと思います。

これまでいろんな組織作りに関わって来ました。
その経験から、今回の方を適任だと思っていました。
それは積極的に自治会に参加するけど、決して出しゃばらない。

私の経験上、簡単に役を引き受けて、最初はものすごく期待した人に限って、後々務まらないことが多い。
自我が強く、私が・・・と前に出る人は、どうしても和を作れない。
そして見返りを求めることが多くなる。
「これだけやったのだから」「少しは感謝してくれ」という気持ちが強くなるようです。

誰だって頑張ったら、その分認めて欲しいという気持ちはある。
しかし、自治会の役を頑張っても、褒めてくれる人なんていません。
むしろ批判の方が聞こえて来ます。
でも、口に出さなくても、感謝している人は大勢いると思う。
それを考えずに、感謝を求めたりすると、やってられなくなる。

だから謙虚に前向きになれる人が良い。
今回後任に考えた方は、積極的に参加するが、自ら前には出てこない。
きっと良い役員になっていただけると思います。

しかし他の役が決まっておりません。
一番の難航は会長。下手すると会長は留任の可能性もある。
できれば会長も代わって欲しいのだが、なかなか引き受けていただける方がいません。

私たちの住む町。私たちの手で守っていかなくてはいけません。
そのためにも、自治会も自分たちの手で、作り上げていかなくてはならない。
「誰かがやってくれるだろう」「自分は関係ない」ではないのです。
なかなか決まらないけど、他の役も頑張って後任を探そう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年12月18日

マスコミ報道は井戸端会議

171218.jpg

毎日寒いです。この寒さって1〜2月の頃の寒さです。
真冬の寒さがずっと続いている感じですね。
毎日ストーブガンガン焚いていても、それでも寒い。
灯油の消費が早くて仕方ありません。

毎日寒いのですが、毎日続いているのが、大相撲の問題です。
マスコミの興味は、大相撲協会と貴乃花親方の溝に移行しています。
この問題、いつまで続けるつもりなんでしょうか?
もう見ていてウンザリします。

正直、テレビを見ていて、この話題が出てくると消します。
どうでも良いことを、テレビであ〜でもないこ〜でもないと、いつまでもいつまでもやっている。
本当に近年のマスコミって、質が落ちていますよね。
この問題って、そこまで大々的に取り上げて、いつまでも続けることでしょうか?

もっともっと取り上げなくてはならない問題が、山ほどあると思うのですが。
今年はモリカケ問題も、ずっとずっと続けてやって来ました。
マスコミが騒げば、それを利用して野党が追及をする。
野党が追及をすれば、それをまたマスコミが取り上げる。
今年一年、この負の連鎖的な出来レースを見せられ続けて来た感があります。

今のマスコミって、町内会の井戸端会議を見ているように見えます。
「知ってる?聞いた話じゃ〇〇さんって不倫しているらしいよ」
これがマスコミの報道だと。
「関係者の話によると、〇〇さんの不倫が発覚しました。」
と言う風になる。

マスコミがよく使う「関係者の話」。
これって井戸端会議で「聞いた話」と同じですよね。
つまりは自分で確かめたのでなくて、誰かから聞いた話です。
関係者って言葉で、いかにも信憑性があるように聞こえますが、結果は同じ「聞いた話」です。

今の大相撲の話題でも、「関係者の話によると・・・」と言う言葉が出てくる。
そして皆憶測で話を進める。
もういい加減なこと言うのやめませんか。
仮にも公共の電波を使って放送している。
憶測や思い込みで放送しないでいただきたい。

さらにたちが悪いのが、思い込みで報道しておいて、訂正をしないこと。
モリカケ問題でも、散々「安倍総理が関わっているに違いない」と、思い込みで連日報道をした。
しかし、安倍総理が関わっている事実はない。
それでも全く訂正はしない。

自分たちが間違っていても、そこはスルー。
まるで無かったことのように、全く無視するのがマスコミのやり方。
しかし、他人のミスは絶対に許さない。

個人でもいますよねこんな人。
周りに人の悪口ばかり言って回る人。
しかし、自分の悪いところは見えていない。
まるで自分が正義のように、他人の悪口を吐き散らす人。

そんな人と今のマスコミって同じように見えます。
何か報道するときに、必ず誰かの責任を追及する。
まるで自分たちが正義であるかのごとく。
しかし、自分たちのミスは絶対に認めない。

こんなマスコミの報道を、視聴者は冷めた目で見ていると思います。
ネットで別の情報を得ることもできるので、マスコミの報道がおかしいことに、多くの人が気づいています。
気づいていないのは、マスコミだけじゃないでしょうか。

貴乃花親方がマスコミの前で一切口を開かない。
このことが、マスコミの信ぴょう性を物語っていると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年12月12日

批判すべきは北朝鮮

171212.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

今年の漢字が「北」と発表されました。
なんか意外でしたね。そしてあまり嬉しくないです。
「北」の漢字には、北朝鮮以外にも、話題になった清宮選手、そして大谷選手が北海道日本ハムってこともあるらしい。
ちょっとムリやりの感も否めない。

嬉しくない漢字ですが、やはり今年は北朝鮮に翻弄された一年であったことは確かです。
ずっとミサイルと核実験で、振り回されていました。
そして最近は木造船の漂流が増えている。

アメリカとの軍事衝突も、その可能性が高まっている。
すぐ隣で暴発を続ける国があるのは、やはり大問題です。
しかし、最近は北朝鮮問題よりも、大相撲の方が問題らしいですね。
少なくともマスコミにとっては。

お隣で核実験を繰り返し、実質核保有をしている北朝鮮。
核弾頭をミサイルに搭載して、他国を脅すことで、自国を成り立たせようとしている。
それに備えようと日本は様々な取り組みを行っている。
しかし、毎回思うことですが、憲法が今のままでは、結局何もできない。

日本は世界で唯一の核被爆国です。
だからこそ核の恐ろしさを知っているし、核を望んでいない。
しかし、世界は核を持ち、それを自国の強みにしようとしている。
現実、核を持てば、世界の核保有国と話ができる。
だからこそ、インドもパキスタンも核を持った。

そして北朝鮮が核開発を辞めないのも、核保有国として認めてもらうため。
核を持てば、世界が認めてくれることを、北朝鮮はよくわかっています。
だからこそ、どれだけ圧力をかけても、自国民が飢え死にしても核を手放さない。

ノーベル平和賞を受賞したICANは、核廃絶を訴えています。
核兵器の無い世界。それは理想として素晴らしいことです。
しかし、現実を見れば、それは夢物語であることは容易に理解できる。

単に「核無き世界を・・・」と訴えても、それは宗教と変わらない。
訴えることは大事だが、やはり現実を見ないと事は進まない。
世界は核のバランスで成り立っているのです。

アメリカやロシアが核を減らしたいと思っていても、中国が減らさなければ、バランス的に難しい。
そこに北朝鮮までもが、核を持とうとしているのです。
そう簡単に核を減らす事は出来ないのが現状です。

カナダ在住の被爆者、サーロー節子さんが日本政府の対応を批判しました。
被爆者という立場から、日本が核兵器禁止条約に反対したことを批判するのはわからないでも無い。
しかし、一方でやはり現実を見ないといけないと思います。
北朝鮮が核開発を続ける中で、日本としての立場がある。

批判をするのなら、まずは世界の声を聞かず、核開発を推し進める北朝鮮を批判すべき。
北朝鮮が核開発を辞めた上で、日本政府に対して提言をするべきです。
日本政府だけを批判するのは筋違いだと思いました。
しかもご自身はカナダに在住しています。

今現在も、北朝鮮のミサイル危機にさらされている日本。
その危機感は、遠いカナダにいてはわからないでしょう。
日本は再び核の脅威にさらされている。

どうして「平和」を高々と叫ぶ人々って、中国や北朝鮮は批判しないのでしょうか?
なぜかいつも日本を批判しますよね。
結局、言っても言い返さない日本を批判しているようにしか見えません。

今年の漢字になった「北」。
来年になって、この北朝鮮問題が終わっていてほしいものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 私の思うこと

2017年11月29日

再び挑発が始まった

171129.jpg

2ヶ月以上大人しくしていましたが、やっぱりやりました。
北朝鮮がまたまたミサイルを発射。
しかし、今回は前回や前々回と違い、日本を飛び越えては行きませんでした。

ロフテッドと呼ばれる、ほぼ真上に打ち上げる方法で、これまでの最高高度に達したと言われています。
これをそのまま真横に飛ばせば、アメリカ本土に届く距離。
つまり、アメリカに向けて飛ばせば、確実にアメリカの反撃があるので、真上に飛ばしたと言う事。
しかも真夜中の3時に発射すると言う、なんとも姑息な。

日本を越えてアメリカに向けると、下手すればアメリカからの反撃がある。
ロフテッド方式は、以前もやっているので、これならアメリカを刺激しないと考えたのでしょう。
アメリカにビビりまくっているのが、よくわかります。

自国民が飢えに苦しんでいるのに、核やミサイルにつぎ込む大金で、少しは自国民に食べさせてほしいものです。
自分だけはブクブクと太っていますが、一般国民は飢えに苦しんでいます。
先日、韓国に亡命した軍人も、胃の中にはトウモロコシしか無かったらしい。
代わりに寄生虫がうじゃうじゃいたとか。

軍人はまだ、食べ物に恵まれている方だと思われていたが、軍人さえも食べることができていない。
一般国民はもっと食べることができていないと言うことです。
だから無理して日本の排他的水域に入ってきて、漁をするのでしょう。
そして船が故障して、そのまま流される。

本当に矛盾している国ですよね。
一人の独裁者によって、すべてが決められ、独裁者だけが裕福な暮らしをして、国民は飢えに苦しむ。
普通の国ならば、暴動が起きたり、クーデターが起きそうなものですが、それすらできないくらい、独裁が出来上がっている国なのです。
もう国とは言えないレベルだと思います。

今回のミサイル発射が直接アメリカの軍事行動に結びつくことはないでしょう。
しかし、アメリカを刺激したことに変わりはありません。
ますます緊張が高まっています。

アメリカと北朝鮮の動きから目をそらさずに注視しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 私の思うこと