2016年10月25日

CDは消える運命か

161025.jpg

最近、音楽を聴くのは、仕事をしながらBGMで流すか、iPhoneで聴くか。
CDを使って音楽を聴くことは、全くしなくなりました。
そもそも、CDプレーヤーが無い。

音楽の購入自体も、iTunesストアでダウンロード。
最後にCDとして購入したのはいつだろう?
もう思い出せないくらい。
きっと5年くらいは買っていないと思われる。

そりゃ〜CDも売れなくなりますよね。
よほど好きなアーティストで、CDを揃えたいと思わない限り、なかなかCDを購入はしなくなるでしょう。
だからこそAKBなどは、CDに特典をつけて売っているのでしょうね。

音楽もApple MUSICのような聴き放題が主流になりつつあります。
そうなると、今度はレンタルにすら行かなくなります。
私自身が、CDレンタルにも、全く行かなくなりました。

以前は、昔懐かしい曲とか、はやりの曲だけど買うほどではないものとか、レンタルで済ませていました。
でも、Apple MUSICにしてからは、レンタルする必要性がなくなりました。
レンタルに行って探す手間も要らずに、いろんなジャンルのいろんな曲が聴ける。

この流れは映画にも出てきています。
Amazonプライムに入ってから、レンタルビデオに行かなくなりました。
レンタルするのなら、Amazonプライムで観れる映画を観るか、それこそネットでレンタルするか。
わざわざ足を運ばなくても、好きな映画がすぐに観れる。
レンタルに行って「レンタル中」ってこともない。

これからも、ますますこの流れは進んでいくのでしょうね。
CDという媒体は、いずれ姿を消してしまうのでしょうか?
またDVDもどうなるかわかりません。
でも、本当に好きなものは、形として残しておきたいという気持ちもある。

映画のレンタルはネットに移行していますが、逆に映画は映画館で観たいと思う。
私も最近は、よく映画館で映画を観ています。
音楽もCDは売れないけど、ライブとかは盛り上がっているのではないでしょうか?
CDは売れなくても、流行る曲は売れるし、好きなアーティストはライブで見たい。
私もできればライブとか行きたい。

音楽業界、映画業界。
これからますます変わっていくでしょうね。
楽しみである反面、これまでの媒体が消えていくのは、やはり寂しさもあります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年10月19日

新たなレインボー

161019.jpg

Apple MUSICで音楽を聴くようになって久しい。
もう1年経ちました。
やはりいろんな音楽を、自由に聴けるのは本当に良いですね。
最新の曲によっては、なかなか出てこないものもありますが、どうしても聴きたいものはiTunesStoreで購入します。

私がよく聴くジャンルの一つに、ハードロックがある。
iTunesもそれを反映して、オススメのアーティストなどを表示してくれる。
1980年代にはやっていたハードロックなど、曲は知っていてもアーティストやタイトルを知らなくて、たまたまその曲に出くわしたりと、思いがけない発見もあって楽しい。

先日、同様にオススメのハードロックを見ていたら、リッチーブラックモアのアルバムが出てきた。
リッチーブラックモアとは、ディープパープルそしてレインボーで活躍したギタリスト。
私が最も影響を受けたギタリストです。
ディープパープルを脱退後にレインボーを結成し、レインボーを解散後は、ディープパープルを再結成。
しかし再び脱退し、その後はブラックモアズ・ナイトというバンドを結成して活動をしていました。

ちなみに私のイラストの「黒猫りっちー君」は、このリッチーブラックモアから命名された、実在した黒猫リッチーをモチーフに誕生したのです。

話を戻して、リッチーブラックモアは新たなバンドを結成し、活動をしていましたが、そのジャンルはハードロックではなかった。
中性的なイメージの音楽、ジャンルで言えばフォークソングに近いのかな?
「ルネッサンス期のフォークソングや民謡にインスパイアされた音楽」と紹介されているが。
ハードロックとはまた違った、魅力的な音楽です。

最近は昔の音楽ばかり聴いていたので、リッチーブラックモアのアルバムが出てきたのはビックリ。
最初は昔の曲を集めたベスト盤だと思いました。でも、リッチーブラックモアの顔が昔の顔と違う。
明らかに今の顔だ。ということは・・・と、曲を聴いてみると、なんと最近のアルバムだった。
それもライブアルバム。

全く知らなかったのだが、またレインボーを結成していた。
でも、メンバーは全く違うメンバーです。
ボーカルもジョーリンターナーじゃないし、ベースもロジャーグローバーじゃない。
リッチーブラックモア以外は、若手のミュージシャンのようです。

それでも、久々にリッチー節のギターリフを聴いて、とても嬉しくなりました。
年に4回ほどですが、ツアーなんかもやっているようです。
どうやら再びハードロックに戻りつつあるみたいですね。

新しいアルバムとかも出すのかな?
これからもちょくちょく情報をキャッチしなくちゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年10月14日

娘たちのPPAP

161014.jpg
【ピコ太郎 YouTubeより https://www.youtube.com/watch?v=0E00Zuayv9Q

只今、金曜ロードショーでは「ルパン三世」シリーズを放送中。
今週はあの名作「カリオストロの城」でした。

金曜ロードショーを楽しみに待っている娘たち。
それまではMUSIC STATIONを見ていた。
その時現れた今旬な歌。
歌と言っていいのか(笑)

PPAP
I have a pen〜♪ i have a apple〜♪
そう、あの独特な世界観を出している、YouTubeで再生回数トップをつき走っているピコ太郎です。

私は知っていましたが、長女は知った様子。
「何これ?」と不思議がっていた。
しかし、以外にも次女は知っていたようで、「あぁ〜これ知ってる〜!!」と叫びました。
どうやら、託児所で男の子たちが真似をしているようです。

そこで、iPhoneでYouTubeを見せました。
すると、二人ともすっかりハマった。
I have a pen〜♪ i have a apple〜♪
whoo! apple pen〜♪
I have a pen〜♪ i have a pineapple〜♪
whoo! pineapple pen〜♪
apple pen pineapple pen〜♪
whoo! pen pineapple apple pen♪

何度も何度も歌いながら覚えます。
長女はさすがに覚えが早い。
英語教室にも通っているので、すぐに覚えられたのでしょう。

しかし、次女にとっては、さすがに難しい。
特に最後は、言えない。
ゆっくりと教えてあげると、言えるのだが、通常の速さで言おうとすると、違う言葉になってしまう。
ペン パイナッポゥ アッポーペンという発音にならなければいけないのだが、どうしても違う。
ペーパー ナットゥー アッポペーになってしまう(笑)

きっと来週託児所に行ったら、ペーパー ナットゥー アッポペー♪と歌うのでしょうね。
長女は完璧に覚えてしまって、「月曜日学校行ったら皆に教えよう」と意気込んでいた。
男の子たちが歌っているのを聞いたらしいが、クラスではまだ話題になっていないようだ。

娘たちが寝静まってから、嫁さんが帰ってきた。
今日は飲み会だったため、遅くに帰宅。
そして、ここでもピコ太郎の話題になる。

嫁さんは全く知らなかったらしく、動画を見せた。
どうも、忘年会の余興でやるらしく、ピコ太郎に似ている医者がいるらしい。
動画を見て「似ているかも」と笑っていた。

きっと今年の忘年会シーズンは、日本中、いや世界中でピコ太郎が出現するのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年10月07日

家族演奏会をしてみたい

161007.jpg

最近、やたらと長女がピアノに夢中になっている。
音が漏れないように、ヘッドホンを付けてピアノを弾いています。
ピアノと言っても、本格的なピアノではなく安い電子ピアノです。
長女が生まれた頃に、安売りしていたやつを買いました。

買った当時は、嫁さんが弾く目的で買いました。
嫁さんは子供の頃、ピアノを習っていて、今でもピアノを弾くことができます。
しかし、実際はピアノを弾く余裕もなく、ピアノは娘たちのおもちゃになっているのです。

そういや私も最近、ギターを弾いていません。
私も嫁さん同様、全くギターを弾く余裕がない。

息子が生まれた頃には、嫁さんがピアノを弾き、私がギターを弾き、息子はリコーダーでも吹かせて、家族音楽会・・・なんて夢を描いていたのですが。
現実は、日々家事に仕事に追われる毎日で、今ではそんなことを夢見ていたことすら忘れています(笑)

長女が今、ピアノに夢中になっているのは、4年生になって学校で音楽会があるからだと思います。
そして、仲良しのお友達がピアノを習っているのも、影響しているのでしょう。

そういや、息子も一時期ギターにはまったが、案の定続きませんでしたね(笑)
春休み中に、私のギターを借りて爪弾いていましたが、夏休みに帰ってきた時には、全くギターに指一本触れていません(^^;)
まぁギターが楽しくなるには、コードをすぐに押さえることができて、スムーズに弾けないとダメですからね。

家族で音楽を楽しむには、私たち夫婦に余裕がないと無理ですね。
そして余裕が出る頃には、きっと子供たちは私たちのところにはいないのでしょう。

楽器を楽しむには、やはりそれだけの余裕がなければ無理です。
仕事が忙しく、仕事が休みの日は、予定がなければ家の掃除。
その掃除すら、最近はまともにできていません。
こんな状態で、音楽会などできるはずもなく(^^;)

芸術の秋。
音楽を楽しむにも最適な季節です。
我が家の音楽会は当分お預けですが、せめて音楽を聴くことを楽しみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年10月04日

懐かしの1980年代ヒット曲

161004.jpg
【画像はmusic.jpニュースから http://music-book.jp/music/news/news/125404

たまたまつけたTV。
懐かしい歌が流れていた。
しかし、歌っているのは別人。
SMAPの中居くんが司会を務める歌番組UTAGEでした。

1980年代の歌を、ピックアップして歌う歌番組でした。
懐かしい歌が次から次へと。
嫁さんも私も、思わず口ずさんでしまう歌ばかり。
それを不思議そうに見ている長女と次女(笑)

1980年代といえば、私が中学から高校、そして社会人へとなった10年間。
まさに青春真っ只中の時代の歌ばかりです。

松田聖子を代表とするアイドルの歌。
歌謡曲から演歌まで、様々な歌が懐かしい。

当時の私は、ギターにはまり、ハードロックに浸透していた。
そのため、当時はテレビから流れてくる曲を、鼻で笑っていた。
「こんな曲なんて音楽じゃねぇ」みたいな、妙に気取ってギターを弾いていた。
でも、当時は本当にそう思っていた。

アイドルの歌なんて、そんなもん、音楽でのなんでもない。
演歌!?そんなしみったれた音楽なんて、聴く耳持たん。
そんな気持ちでガンガンエレキを弾きまくっていました。

しかし、不思議なもので、当時の音楽が流れりゃ〜口ずさむほどに覚えている。
あれだけ、毛嫌いしていたはずの歌も、しっかり覚えている(笑)
何でしょうね?この感覚。

どんだけ毛嫌いしていても、当時は音楽番組などで、バンバン歌が流れていた。
嫌でも耳に入ってきたし、それがずっと残っているのでしょうね。
そして今でも歌えるというのは、それだけメロディーラインが覚えやすいということなのでしょう。

当時は毛嫌いしていた音楽も、今では懐かしい当時の記憶とともに、しっかり耳に残っている。
好き好んで聴くことはなくても、流れてくると懐かしくて口ずさむ。
口ずさめるだけ、しっかりとメロディーが残っているんですよね。

最近、演歌のヒット曲があまり出てきませんね。
昔は「浪花節だよ人生は」みたいな、演歌とポップスが混ざったような歌が多かった。
でも最近はそんな歌、なかなか出てきませんね。

昭和の歌を聴くと落ち着く私たち夫婦。
しばらく至福の時間でした(笑)
あぁ〜やっぱり昭和の人間ですなぁ〜(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:08 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年09月13日

君の名は。

160913.jpg

今日は朝から雨模様。
この雨が、私の午前中の予定を変えてしまいました。

今日の予定はもちろん1日仕事。
それ以外に予定はしていなかった。

しかし、まだ夏休み中の息子には、予定していたものが。
今日は映画を観に行く予定をしていたらしい。
もう中学校の時の同級生は、新学期が始まっているので、一人で行く予定だった。

私の自転車を借りて、イオンモールの中の映画館に行くつもりだった息子。
ところが今日は朝から雨。
それでも、この雨の中、自転車で行こうと思っていたようだ。

雨の中傘さして自転車乗って、事故られたり、風邪でもひかれてはたまりません。
そこで、息子が観たいという映画を私も一緒に観ることにしました。
幸い、本日中に仕上げなくてはいけない仕事は無い。
気分転換も兼ねて、息子が観たいという映画を観ました。

その映画は「君の名は。」。
そう、今話題となっている大ヒット中のアニメ映画です。
次女と一緒にドラえもんやクレヨンしんちゃん観たくらいですから、息子が観るようなアニメなら全然OKです(笑)

朝一番で観るために、次女を託児所に送ったら、すぐに家を出た。
9:20開始の映画です。
ところが、思わぬところで渋滞。
映画館に着いたのは、9:15分。

急いでチケット売り場に並ぶ。
一人で映画を観に来たご婦人の後ろに並ぶ。
ところが、このご婦人が席を決めるのに、なかなか決めきれない。
「どの辺りの席が見易いですか?」などと係りの人に聞いている。

心の中で「そんなどこでも大差無い、早よせ〜〜〜〜」と叫びながら待っていた。
その心の声が聞こえたのか、別の係員が「こちらへどうぞ」と、別のレジに誘導してくれた。
「君の名は、まだいけますか?」と聞くと「現在CM放送中ですので、大丈夫です」との回答。
急いでチケットを買って、ポップコーンとコーラ買って、映画館へ。

まだCM上映中で、私たちが入ってしばらくしてから始まりました。
なんとか滑り込みセーフでした(^^;)

映画の内容は、ネタバレになるので、書きません。
でも、アニメ映画としては、とてもよくできたストーリーだったし、面白かったです。
最初は「ありがちなストーリーかな?」と思って観ていましたが、思わぬ展開にどんどん引き込まれていきました。
これは観る価値がありました。

予定外のスケジュールとなりましたが、良い映画を観れてよかったです。
興味があって、まだ観ていないという方。
ぜひご覧ください。

やっぱり映画館で観る映画は良いですね。
今度は自分の観たい映画を、一人で観に行こうかな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:38 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年08月16日

シン・ゴジラを観てきた

160816.jpg

ようやく観ることができた。
以前から観たかった映画「シン・ゴジラ」を観てきました。
本当は昨日行く予定にしていた。
しかし、来客が入ったりして、結局今日行ってきました。

嫁さんと次女はそれぞれ仕事と託児所。
私も仕事があるが、このタイミングを逃すと、なかなか行く機会がない。
そこで、午前中に息子と長女を連れて映画館へ。

長女は最初「怖いから観たくない」と言っていました。
しかし、一人で留守番するのも嫌なので、結局ついてきた。
昨夜のうちにネットで予約をしていたので、自動券売機でチケットを取り出す。
ポップコーンとコーラを買っていよいよ映画館へ。

詳細な内容を書くとネタバレになってしまうので、ここでは書きません(^^;)
一番に感じたのが、やはり映画館で観ると、迫力が違うということ。
ゴジラの迫力は大きなスクリーンでこそ味わえます。

そして音楽の構成がとても良かった。
監督がエヴァンゲリオンの庵野 秀明氏であるので、映画の中でもあのメロディーが流れる。
もちろん従来のゴジラの音楽も流れ、うまいこと音楽が繋がっていました。

CGとわかっていても、本当にリアルなゴジラ、そして街が破壊される様。
やはり強かったのでしょうね。
ところどころで「怖い」と涙を流していた長女。
しかし、最後までしっかりと観ることができ、最後には慣れていたようです。

久々に映画館で観たい映画を観ることができました。
以前は次女のお付き合いで、ドラえもんとクレヨンしんちゃんでしたから(笑)
やっぱり映画って映画館で観るのが良いですね。

また観たい映画を映画館で観れたら良いな〜。
子供とだと、どうしても子供向けの映画になってしまう。
機会があれば、一人で観たい映画をじっくりと映画館で観たいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年07月29日

やっぱりGODZILLAよりもゴジラが良い

160729.jpg
【映画観た〜〜〜〜〜い】

最近やたらとテレビでゴジラが出てくると思ったら、新しいゴジラの映画が上映されるのですね。
その名も「シン・ゴジラ」。
新ゴジラではなくNewゴジラでもなく、シン・ゴジラという書き方が何か良いです。

監督はエヴァゲイリオンの庵野 秀明氏。
アニメ監督が実写を手がける。しかもそれがゴジラ。
エヴァゲイリオンとは違うゴジラを、どう表現しているのか興味があります。
映画観に行きたいなぁ〜。
でも時間無い(><)

今夜はシン・ゴジラの公開を記念して、テレビではハリウッド版のゴジラをやっていました。
3年前くらいに映画でやっていた記憶があります。
私は観ていませんが、確か息子が友達と観に行ったような。

昨日から長女はお泊まりでお留守です。
嫁さんも帰りが遅いので、今夜は私と次女の二人っきり。
ゴジラを見て怖がるかと思ったが、意外にも「ゴジラ見たい!!」とテレビに釘付けになっていました。

しかし、冒頭からゴジラは出てきません。
私もストーリーに没頭しながら、ゴジラの登場を待ちました。
ようやく出てきたと思ったら、それはゴジラではなくムートーと呼ばれる別の生き物だった。
次女もこの辺りまでは見ていたが、肝心のゴジラが登場する頃には、すっかり夢の中でした(^^;)

ハリウッド版ゴジラは、映像はやはりすごかった。
ただ、ゴジラがやっぱりゴジラらしくない。
なんだろうなぁ〜怪獣というよりも動物っぽい。
まぁゴジラも動物っちゃ動物なんだろうけど(笑)

でもまぁ、そこそこ楽しんで見ることができました。
その前のハリウッド版ゴジラはもっとゴジラらしくなかったですからね。
まるで恐竜だったし(^^;)

やはりゴジラは日本のもの。
そんな意味でもシン・ゴジラは興味があります。
テレビで紹介されている映像だけでも、ものすごい迫力が伝わってくる。
やっぱり映画館で観た方が、臨場感が伝わるでしょうね。

シン・ゴジラは、初期のゴジラに極力近づけているらしい。
そう言われて見れば、顔とか妙に昭和っぽい(笑)
ストーリーとか、全く明かされていないので、映画館で見るのは楽しみでしょうね。
あぁ〜観たいなぁ〜。

ゴジラ。日本が世界に誇る怪獣です。
シン・ゴジラは古き良きゴジラを、再び世界に発信してくれるでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(2) | 音楽/映画

2016年06月08日

頑張る勇気をもらえるドラマ

160608.jpg

ここ数日、寝る前にドラマを観ていた。
日頃、テレビドラマは一切観ない。
しかし、ここ数日は毎日観ていた。
それも布団の中で。

Amazonプライムビデオで、ドラマを観ていたのです。
映画を観ようと思うと、少なくても1時間半は必要。
しかし、ドラマなら50分ほどで、分けて観ることが可能。
そんな軽い気持ちで、プライムビデオで一つのドラマを選択した。

ドラマの名前は「下町ロケット」。
テレビでも話題になったので、私も名前くらいは知っていた。
面白そうだと思っていたので、今回プライムビデオで観てみた。

しかし、どうもテレビでやっていたものと、出演者が違う。
どうやらテレビの前にWOWOWでやっていたドラマのようです。
このドラマのテレビ版が、最近やっていた「下町ロケット」みたいですね。

阿部寛氏が主役だったテレビの下町ロケットに対し、こちらの主役は三上博史氏。
私はテレビの下町ロケットは観ていないので、比べることはできないが、こちらの下町ロケットも良かったです。
観ていてどんどん引きずり込まれました。

下町工場だが、技術はピカイチ。
そんな下町工場の社長たちが、意地を見せます。
日本の技術は、こんな方々の努力で支えられているんだなぁ〜と、感じさせる内容でした。

日本は中小企業の技術力と頑張りで支えられています。
この映画みたいに、今日も頑張っている名もなき英雄たちがいるのですね。
頑張れ技術者たち。

仕事に対する熱意、そして夢を持って真剣に仕事に向き合うと、人の心を動かして、良い方向に変わっていくんだと思います。
それはすべての仕事に対して言えることではないでしょうか。
私も自分の仕事に誇りを持って、そして夢を持って頑張りたいと思いました。

さぁ明日からも、また頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年05月31日

映画もアニメも楽しめる

160531.jpg

ふんぎゃ〜もう5月が終わってしまった(><)
早いよ〜早いよ〜早過ぎるよ〜。
ついこの間まで、ストーブ炊いてた気がするんだが、今ではすっかりTシャツ。
今日も暑くて、窓全開で仕事していました。

さて、Amazonプライム会員になってから、いくつかAmazonビデオで映画を観ました。
なかなか面白い映画もあれば、「う〜んイマイチ」と思うものもあり。
やはり無料で観れる映画は、あまり流行っていない映画なのでしょう。
でも、知らないけど面白い映画もありました。

逆に知っているから面白いと思って観たら、期待はずれなものも。
その代表的だったのがテッド2。
プライムで観れる状態だったので、嫁さんと週末の晩に映画館気取りで観ました。
観終わって二人で「う〜ん・・・」でした。

なんかアメリカンジョークがキツすぎて笑えない。
映画の評価を見ても、同様の意見が多かったです。
期待していただけに、余計に笑えなかったのかも。

逆に全く知らなかったけど、面白かったのが「宇宙人ポール」という映画。
UFOオタクの男二人と宇宙人ポールが繰り広げる、ドタバタ珍道中。
故郷の星へ帰るポールを手助けするUFOオタク二人。
それを追いかけるアメリカ政府。
ストーリーも面白かったけど、宇宙人ポールの表情が良かったです。
本当に生きている宇宙人みたいでした。

映画だけではありません。実はTV番組も観れる。
何気なく観たTVアニメ番組にハマってしまった。
「甲鉄城のカバネリ」というアニメ。
現在シーズン7まで公開されていますが、まだ続きがあると思うので、新しいシーズンが公開されるまで、楽しみに待ちたいと思います。

他にもいろんなアニメが観れるプライム映画。
懐かしい物も見つけてしまいました。
「未来少年コナン」です。
「名探偵コナン」じゃないの?って、若い人なら思うでしょうね。

未来少年コナンは、宮ア駿監督が手がけていたアニメ番組。
世界中が戦争になり、人類が絶滅しかけ、その中で生き延びた人々の物語です。
主人公コナンの活躍が面白いアニメ番組です。
私もすっかりストーリーを忘れてしまったので、また一から観たいと思います。

出てくる主人公のキャラや、設定なんかが、ラピュタを彷彿させます。
ストーリーはナウシカっぽいかな。
他にもいろんなアニメ番組ありそうです。
懐かしい物を見つけたら観てみたいと思います。

週末の晩のささやかな楽しみとして、プライム映画はこれからも利用したいですね。
アニメは毎晩のささやかな楽しみとしよう。
1シーズン20分くらいだし。
映画って良いですね。観ていると自分の何かを制作したくなります。
刺激をもらって、それを仕事にいかしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年05月29日

最近ギターを弾いていない

160529.jpg

疲れた一日だった〜(><)

今朝は町内の公園の整備作業があったので、いつもの剣道の稽古を嫁さんに任せて、私は公園へ。
30名ほどの人が集まって、作業を行ってくれたので、2時間ほどで作業は終わりました。
家に帰って一息つくと、剣道の稽古を終えた娘達が帰って来ました。

午後からはいつものようにお買い物へ。
久々に橿原の方に向かい、アルル(イオンモール)へ行きました。
いつもは大和郡山のイオンモールに行きますが、入っている店が微妙に違うので、時々アルルの方に行きます。

大和郡山イオンに無いお店の一つが楽器屋さんです。
いつもアルルに来るときは、楽器屋さんに来ています。
今日も楽器屋さんに立ち寄りました。

しばらくギターの弦を張り替えていない。
と言うか、しばらくギターを弾いていない(^^;)
最近、気持ちにゆとりがないのか、ギターを手にしていません。

エレキはともかくとして、アコギは時々弾いているのですが、最近はとんと弾いていない。
なので弦も張り替えていません。
いつから張り替えていないのだろう?
半年とまでは言わなくても、もう3ヶ月以上は張り替えていないと思う。

そろそろ張り替え時というのもあって、楽器屋さんに立ち寄って弦だけ買いました。
楽器屋さんに行くと、いろんなギターが目に飛び込んで来ます。
アコギも良いけど、エレキも良い。

私が今弾いているギターは、どちらもかなり古い。
アコギはかれこれ20年以上前の物。
エレキなんて高校生に買った物ですから、30年以上前の物です。

新しいギターにも興味があるけど、ギター弾くゆとりが無い状態です。
でも、いつか買い換えたいですね。
特にエレキは、もう弾くことが困難な状態に近いですから。
いつの日か、新しいギターを買って、また音楽に没頭できる日を夢見て(笑)

お買い物で歩きっぱなし。
くたくたに疲れた一日でしたが、ギターの弦もゲットしたので、またぼちぼち弾き始めたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年05月01日

再び映画館へ

160501.jpg

今日から5月。
日曜日なので、午前中はいつもの剣道の稽古。
しかし、今日は居残りせず、1時間で帰りました。

午後から映画を観る予定があったからです。
毎月1日は、映画の値段がお得になる。
先月も4/1に映画を観ました。

長女が「ちはやふる-上の句-」を観たいと言い出したのがきっかけ。
長女とお母さんで「ちはやふる-上の句-」を。
次女と私で「ドラえもん」を観ました。

今回も長女が「ちはやふる-下の句-」を観たいということで映画館へ。
次女は「クレヨンしんちゃん」を観たいということになった。
前回はほぼ同時刻の上映時間だったので、タイミングよく観れました。
しかし、今回は時間帯が合わない。

「ちはやふる-上の句-」は14時から。
「クレヨンしんちゃん」は16:10から。
おまけに午前中は嫁さんが仕事のため、嫁さんを迎えに行って、急いでお昼ご飯を食べて、映画館へ。

二人が映画を観ている間、私と次女と息子は、本屋さんへ行って時間を潰し、ジョーシンへ行って時間を潰し(笑)
15:40になったら映画館に行って、ネット予約していたチケットを購入。
日曜日だけあって、ものすごい人の数です。

クレヨンしんちゃんの映画の受付が始まったのを確認して、ジュースとポップコーンを買うために並びました。
その時、「ちはやふる-上の句-」を観終わった嫁さんと長女を発見。
手を振りましたが、気づかずに行ってしまった。
しかし、息子が残っていたので、息子と合流したようです。

前回のドラえもんの時と違い、日曜日ということもあって、映画館内も人が多かった。
それでも満席にはなっていませんでした。
肝心の映画、ドラえもんよりは大人も楽しめる感じでしたね。
次女も隣でゲラゲラ笑っていました。

途中でトイレに行くこともなく、しっかり映画を楽しんだ次女です。
私もそれなりに楽しめました。
映画ってやっぱり良いですね。

次は6/1(水)がお得な日。
思いっきり平日です。
家族では無理なので、私一人で楽しんでこようかな(笑)
時には、自分が観たい映画を、一人で楽しむのも良いかもしれません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年04月16日

映画-ぶどうのなみだ-

160416.jpg

週末の夜。
明日は剣道の稽古がお休みなので、ゆっくりと寝ようと思ったが、急用が入った。
いつもと同じような時間帯の起床となる。
しかし、それでも今夜は夜更かしの予定。

というのも、映画を観ることに決めていたのだ。
Amazonのプライム会員のお試し期間中なので、映画が見放題。
何か映画を観ようと嫁さんとMacの前に。

二人で何を観るか選びました。
あいにく最新作や人気作品は、レンタルか販売しかない。
でも逆に言えば、あまり知らない映画を観れるチャンスです。

嫁さんの「邦画の方が良い」との意見で、邦画を探しました。
いろいろ悩んだが、結果「ぶどうのなみだ」という映画に決定。
大泉洋さん主演の映画。
なんとなく以前レンタルして観た「しあわせのパン」に雰囲気が似ている。

---映画の紹介文から---
よろこんだ涙 くるしんだ涙 すべて味わいになるー 北海道・空知。父が遺した小麦畑と葡萄の樹のそばで、兄のアオはワインをつくり、ひとまわり年の離れた弟のロクは、小麦を育てている。アオは“黒いダイヤ”と呼ばれる葡萄“ピノ・ノワール”の醸造に励んでいるが、なかなか理想のワインはできない。そんなある日、キャンピングカーに乗ったひとりの旅人が、突然ふたりの目の前に現れた。エリカと名乗る不思議な輝きを放つ彼女は、アオとロクの静かな生活に新しい風を吹き込んでいく・・・。
--------------------------

舞台は北海道。
大泉洋さんが主演というあたりから、北海道の匂いがプンプンします(笑)
思わず突っ込みたくなる設定はたくさんありますが、比較的楽しんで観ることができました。
観ていたらワイン飲みたくなってきた(笑)

ただただ北海道というだけで、絵になるし、何もかもが憧れる。
あぁ〜〜〜また行きたくなったぞ北海道(叫)

仕事部屋の明かりを落とし、さながらミニ映画館のようにして、お酒とつまみで映画を観る。
これは週末の楽しみがひとつ増えました。
来週はまた別の映画を観ることに決めました。

これまでなかなか映画のレンタルにすら行けなかった我が家。
行ったとしても、子供達の観たいものが中心になる。
結局私たちは観るタイミングを逃してきた。

先日の映画館といい、今回のAmazon映画といい、このところ映画づいている。
もっともっと、たくさんの映画を観たいですね。
最新作もAmazonでレンタルできるので、月に一度くらいはレンタルしても良いな。
もっといっぱい映画観るぞ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年04月13日

昔の音楽を探してみる

160413.jpg

Amazonのプライム会員お試し期間中なので、音楽もAmazon MUSICを試して聴いています。
基本的にApple MUSICと変わらないラインアップの気がしますが、プレイリストがなかなか良い。
気分に合わせて、Amazon MUSICにしたり、Apple MUSICにしています。

時折、昔の音楽を聴いて、その頃の記憶に浸っている。
子供の頃に聴いた曲で、タイトルも何もわからなくても、今はネットで調べるとでてくる。
今日もふと思い出した曲を調べてみた。

確か私が中学の頃に聴いた曲だと思う。
サビの部分しか知らないので、おそらくCMに使われていた曲。
歌いだしが「シャツのボタン〜二つ外しただけで〜」という曲。
確か多岐川裕美さんが歌っていたことだけは記憶していた。

ネットで「シャツのボタン〜二つ外しただけで〜」と入力して調べるとすぐに出てきました。
曲のタイトルは「酸っぱい経験」。
初めてこの曲のタイトルを知りました(笑)
使われていたCMはカゴメ トマト&レモン CM曲だったみたい。
CMの記憶は全くありません(^^;)

曲のタイトルがわかったので、Apple MUSICとAmazon MUSICで検索してみた。
残念ながら、どちらにも多岐川裕美さんの酸っぱい経験はありませんでした。
代わりにPOISONという女性グループがカバーしている曲が、Apple MUSICにあった。
聴いてみたけど、やはり昔の多岐川裕美ヴァージョンの方が良い。
というか、そのイメージが私の頭の中にこびりついている。

なんでこの曲が強く残っているのか?
私にもよくわからないのだが、きっとCMで流れていて耳に残ったのだろう。
そして何よりも、この曲を耳にした時期も関係していると思う。
中学生の頃なので、「シャツのボタン〜二つ外しただけで〜他の人の視線気にしている」という歌詞にも影響を受けたと思われる。

きっとCMもそんな作りだったのかも知れないな。
つまりはエロチックなことで、頭いっぱいの中学男子には、耳にくっついて離れない曲だったのかも(笑)
シャツのボタンを二つ外した胸元を、ず〜っと想像していたのかもしれない(^^;)

他にもCMで記憶に残っている曲は、ラッツ&スターの「め組のひと」。
これはCMも記憶に残っていて、「噂走るよ目」の歌詞に合わせて、振り向いた女性の目がアップになっていた。
女性の表情が、今でいうツンデレっぽかったのが印象深かった。
YouTubeで探したけど、私の記憶に残っているCMは見つからなかった。残念。

昔懐かしい曲とか、もっと探してみたいですね。
不思議なもので、その頃の音楽を聴くと、その時代にタイムスリップします。
残念ながら肉体は戻れないけど、気持ちだけはいつでも戻れる(笑)
たまに、タイムスリップして、昔に戻ってみるのも良いですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年04月11日

Amazonで映画を観る

160411.jpg

先日、息子に頼まれて、Amazonで買い物をした。
寮生活をしている息子にとって、買い物はなかなかできないもの。
息子が必要としていたのは、関数電卓と資格を取るための勉強の本。

どちらもそこらへんで売っているものではない。
息子もそうだが、私も探し回る時間もない。
こんな時は、やはりAmazonを始めとするネット通販が助かる。

息子は寮ではネット使えないので、私がAmazonで調べて、画像をメッセージで送る。
それを見て息子が判断して、即注文、届け先を寮に指定して、先週末にどちらも届いたようです。
やっぱり便利ですよね。

今回注文する時に「プライム会員お試し」と出てきたので、試してみた。
このプライム会員になると、早い物であれば、その日の内に発送される。
つまりは通常の会員よりも、ちょっと優遇されるみたい。
最初はそれだけだと思っていたので、あまり魅力を感じなかったのですが、よくよく調べてみて、MUSICが聴き放題と、映画が見放題なのを知る。

問題は価格だ。これで月額5,000円なんて言われたら止め(笑)
しかし、年会費で3,900円。これならお得だ!!
ひとまず30日間のお試しで使ってみる。

お試し期間でもMUSIC聴き放題だし、映画も見放題!!
しかし、すべての音楽が聴き放題ではないし、すべての映画が見放題ではない。
音楽に関しては、AppleMUSICと似た感じの選曲です。
AppleMUSICに無い楽曲は、Amazonにも無い感じ。

映画に関しては、新作はあまりない。
そして人気作品も少なめ。
やはり人気作品を観るには、レンタルかダウンロード購入しかない。
でも、昔の映画や、子供向けの映画はたくさんある。
特にドラえもんとクレヨンしんちゃんは、豊富に揃っている。

子供が暇を持て余している時に、見せるにはもってこいの気もするが、それで味を占めてもらっても困る(^^;)
「今日だけ見れる」とか理由をつけて見せる方が良いだろうな。
それよりも、自分が観たい。
でも、なかなか映画を観る時間って作れないなぁ〜。
週末の夜に、一人でじっくり観るようにしようかな。

それにしても、便利な世の中になりましたね。
お店に行かなくても映画をレンタルできたりするんですからね。
でも、新作の映画はやっぱり映画館で観たいですね。
頑張って映画観に行ける時間作ろうっと。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年04月01日

次女・初めての映画

160401.jpg

朝から興奮気味の次女。
今日は嫁さんが仕事休みのため、次女も託児所をお休みです。
興奮しているのは休みだから・・・・ではない。
実は夕方から映画を観に行くことになっている。

ことの始まりは長女の言葉。
「ちはやふるの映画観たい」からでした。
映画「ちはやふる」は競技かるたを題材とた、広瀬すずが主演のもの。

なぜ、長女がこの映画を観たいのか?
それは、学校の担任の先生が、百人一首を子供達に教えたため。
授業の最後のちょっとした時間を使って、子供達に百人一首を教え、グループで競技をさせていた。
長女も夢中になっていたので、競技かるたの映画に興味を示したのでしょう。
友達の間でも、この映画の話になっていたようです。

いつも買い物に行くイオンモールの映画館で上映中で、月の初めの日がお得な日なのです。
入場料がいつもより安くなる。
そこに合わせたように、嫁さんの仕事が休み。
ネットで予約を入れて、長女に「ちはやふる」の映画を観せることにしました。

しかし、次女はまだまだこの映画を観ても、面白さはわからない。
かといって、次女は映画無しというわけにもいかない。
そこで、お母さん&長女のコンビで、ちはやふるを観て、私と次女のコンビで、ドラえもんを観ることになりました。
息子も「何か観たい映画無い?」と聞きましたが、「特に無い」とのことで、息子は一人待ち時間・・・と思っていたら、中学の同級生が一緒に行くことになって、二人でモール内をぶらついていたようです。

夕方になって、まずは買い物を済ませ、いよいよ映画館へ。
よくよく考えたら、次女を映画館に連れて来るのは初めてのこと。
初めての映画館に大興奮の次女。
長女も2〜3年ぶりの映画館。
ということは、私も同じく2〜3年ぶりの映画館です(笑)

ちはやふると、ドラえもんの上映時間が違うので、まずはお母さん&長女が先に映画館へ。
次女は待ちきれない様子で、「まだ?ねぇ〜まだ?」と何度も聞いてきます。
ようやく入場可能の時間になり、ポップコーンと飲み物を買っていよいよ中へ。
足取り軽やかに、一番奥のシネマへ。

指定席の番号を確認して、席に座ります。
まだ誰も入ってきていません。
私たちが一番乗りでした。

その後、ポツポツと人が入ってきますが、平日の晩の時間帯とあってか、全部で10名ほどしかいませんでした(^^;)
そしていよいよ映画のスタート。
大音量で怖がらないか心配しましたが、全く動じることなく、映画に夢中になっていました。

映画の直前に、トイレを2回も済ませていたにもかかわらず、ジュースを一気飲みしたせいか、途中で「おしっこ行きたい」と言い出した次女。
仕方なく一度抜け出し、トイレへダッシュ。
急いで戻って続きを観ました。

あっという間の上映時間。
映画を観終わった次女は、またまたトイレへ(笑)
とても楽しかったようで、顔が生き生きとしていました。
初めての映画館を十分楽しめたようです。

映画館を出ると、先に観終わっていたお母さん&長女と、モール内をぶらついていた息子&同級生が待っていました。
最後は皆で晩ご飯を食べて帰りました。
ドラえもんだったけど、久々に私も映画を観れて良かったです(笑)

毎月1日は、料金がお得のようなので、たまには観たい映画を一人で観に行くのも良いかもしれませんね。
仕事中にちょっと抜け出して、一人で映画を観る余裕くらいはほしいものです。
フリーで仕事しているんだから、それくらいの自由行動必要です。
ず〜〜〜〜っと、部屋で仕事続けていると、息詰まりそうです(笑)

長女が観た「ちはやふる」は上の句という、いわゆる前編で、一月後くらいに下の句があるようです。
もうすでに、「下の句を観る」と宣言しています。
次女も味をしめたようで、「次はクレヨンしんちゃん観る」と言っています。
ということは、私の次の映画は「クレヨンしんちゃん」か(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年01月21日

音楽をもっと楽しみたい

160121.jpg
【いつかこのLogicを使いこなしてみたい】

仕事を終えて、子供たちに晩御飯食べさせて、良い子はねんねの時間。
そこから私は自分のやりたいことをやる(笑)
今宵もMotionでムービー制作をやっておりました。
ほぼほぼ完成となりました。

今回は早めに手がけられたので、細部までこだわりながら制作ができています。
最後にこだわったのが音楽でした。
前回は音楽が流せれことを知らずに、音無しで作っていましたが、今回は音楽も入れました。

日本の四季がテーマなので、それぞれの四季の音楽を用意。
MIDI素材の音楽を利用して、自分で音を作りました。
GaregeBandを使えば、自由に音色を変えられます。

春の音楽は「さくら」イラストも桜なので、やはりこの曲が合う。
夏はイラストに七夕を使っているので、曲も同じく「たなばた」にしました。
秋は「もみじ」を使用。もちろんイラストも紅葉。
冬は「雪」。イラストは鶴と雪。

最初は皆、同じ音色で作っていましたが、季節ごとに音色を変えたくて、GaregeBandで音色調整。
「さくら」はやはり琴の音色が合いますね。
四季それぞれの音色に変えたら、より臨場感が出た気がします。

久々にGaregeBandを開きましたが、やっぱり音楽って面白い。
ちょっと音色を変えるだけで、全然違った音楽になりますからね。
音楽ももっとやりたいんだけなぁ〜。
最近はアコギすら弾いていない。

GaregeBandの上級者向けアプリでLogicというアプリがあります。
私も持っているのですが、バージョンが古くて新しいものが欲しいと思っている。
でも、購入したところで、使う時間も無いのが現状。
もう少しお金と時間に余裕が出たら使ってみたい。
いつになるのやら(笑)

絵も描きたい、音楽もやりたい、ムービーも作りたい。って、そもそもやりたいことが多すぎるんですよね。
えぇ自分でもわかっているんです(^^;)
でもやりたいんだから仕方ないですよね。
あとは自分の時間を作って、やれる範囲で楽しみます。

22時〜24時。
この時間帯は、自分の時間として使って行きたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 音楽/映画

2016年01月03日

息子のギター熱

160103.jpg

元日、二日目と、外に出ていたので、今日はずっと家でゴロゴロお正月でした。
息子だけは、友達と遊ぶ約束をしていたようで、1日遊んできたようです。
娘たちは昨日買った物や、いろんなおもちゃで遊んでいました。

嫁さんは家の片付け。
私は自分のサイトの調整をしていました。
仕事が始まると、なかなか自分のサイトまで手が回りません。

そしてもう一つやろうと思っていたこと。
それはギターの弦の張替え。
もう随分と長いこと、ギターの弦を張り替えていない。
おそらく半年くらい張り替えていなかったと思う。

ただし、半年くらいまともにギターを弾いていないのも確か(笑)
なので弦そのものは、そんなに劣化していないと思うのだが、年も明けたことだし新たな弦に張り替えた。
そして張り替えたもう一つの理由。
それが息子です。

帰省してからというもの、なぜかピアノを弾いていた息子。
暇を見つけては電子ピアノにヘッドフォンをつけて弾いていた。
もちろん息子はピアノを弾けない。
ピアノを弾けるようになりたいと思ったのか、暇さえあればピアノを弾いていた。

ところが、大晦日の辺りから、こんどは「ギターって難しいの?」と私に聞いてきた。
私が「まずはコードを覚えることだな」というと、早速私のギターを借りて、コードを覚え始めた。
本人曰く「何か一つ楽器が出来るようになりたい」とのこと。

16歳、ちょうどバンドなどに憧れる年代。
息子も何に感化されたのかわからないが、突然ギターを手にした。
最初はピアノを・・・と思ったのだろうが(笑)

私がギターを弾き始めたのは14歳。
4つ上の姉が、高校で男子生徒が弾く、長渕剛を見て感化された。
私に「あんたも男だったらギターの一つくらい弾け」みたいなことを言われ「やったろうやないかい」みたいなノリで始めたのです(笑)

コードを覚えて、何か一つ曲が弾けるようになるには、やはり2〜3週間は練習が必要。
頭でコードを覚えても、指が覚えていないと、スッとコードチェンジできない。
指でコードを覚えるようになるまで、しばらく時間がかかるでしょう。
しかし、息子は7日には寮に帰ります。

息子のギター熱がいつまで続くのかわかりません。
今度帰省してくる頃には、もうすっかり醒めているかも。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年12月04日

浦島太郎が歌う「海の声」

151204.jpg

仕事をしながらBGMを流す。
仕事に集中する意味でも、音楽を流した方が何かとやりやすい。
最近は、少しでもクリスマス気分を味わおうと、クリスマスのプレイリストから曲を流す。
でも、さすがにずっとクリスマスってのも飽きるので、別の曲を聴いてみる。

AppleMusicを使い始めて、もう4ヶ月ほどになるが、知らない曲がたくさんある。
邦楽も徐々に増えてきているけど、まだまだ足りないですね。
だいぶ増えたけど、まだ完全とは言えない。
この辺りはAppleに頑張ってほしいところです。

しかし、洋楽が何でも聴けちゃのと、様々なジャンルが聴けるのは嬉しい。
時々、全く知らないアーティストを聴いて、気に入ったアーティストを見つけるのも楽しいです。
おそらくAppleMusicに入っていなかったら、聴かなかったであろうアーティストもいる。
なんか宝探しのようで、楽しいですね。

そして今日は嬉しいお知らせが届いた。
Appleからのメール。それはAppleMusicのおすすめ楽曲の案内だった。
そこに待ちわびていたアーティストが。
その名も「浦島太郎」(笑)

そうです浦島太郎です。
現在、auのCMで活躍している桐谷健太さんが演じる浦島太郎。
その浦島太郎がCMで歌っていたを覚えているでしょうか?
海辺でサンシンを弾きながら、乙姫を想って歌ったあの歌。
♪海の〜声が〜聞き〜たくて♪

実はこの歌、フルバージョンで存在していたんです。
YouTubeにはフルバージョンのCMが存在していて、息子がそれを見つけてず〜っと聴いていました。
私もこの曲が好きで、正式なリリースはないのかなぁ〜と思っていた。
作曲者がBEGINなんですよね。
どうりで心に響くわけだ。

しかし、CMが放送されていた頃から、もう随分とたち、私も少し忘れかけていた。
そこに飛び込んできた今回のお知らせ。
まさか本当にリリースされるとは、思っていなかったので、ビックリ&嬉しさで、今日は何度も何度もリピートで聴きました。

しばらく聴いて歌詞をしっかり覚えよう。
そしてできればギターで弾けるようにしたいですね。
正月休みの間にでも、耳コピーしてみようかな。

早速息子にメッセージで送ったが、息子は残念ながら聴けていないようだ。
ファミリー設定でAppleMusicに入っているので、家族ならAppleMusicで聴けるのだが。
寮がwifiが使えないので、それで聴けないのかもしれない。
今度帰省するまでのお楽しみですね(笑)

クリスマスモードですが、しばらく浦島太郎が歌う「海の声」にハマりそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:31 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年10月25日

Apple Musicに邦楽が増えた

151025.jpg

Apple Musicを利用してから、3ヶ月以上が経ちました。
3ヶ月の無料期間が終了し、有料期間へと入りました。
当初邦楽の種類があまりにも少なく、無料期間だけで解除しようかとも思っていた。

でも、洋楽の種類が多いのと、昔の曲がとても豊富なので、それだけでも良いと思い有料で使うことにした。
せっかくなのでファミリー設定でそのまま使うことに。
でも、やっぱり邦楽が少ないのは寂しいと思っていた。

すると先日、ネットの記事で「邦楽の種類が大幅に増えた」との内容を発見。
「えっ!?うそやん!?」と思いながらもiTunesをチェック。
これまでも、新しいアーティストが追加されていないか、こまめにチェックをしていたからです。

iTunesのNewをチェックすると、確かに新しいアーティストが追加されていた。
真っ先に目に入ってきたのは「乃木坂46」(^^;)
いや、確かに邦楽だけど・・・・。と思いながら、他をチェック。
しかし、あまり知らないアーティストが多い。

「なんだ期待はずれか」と思いながら、プレイリストなどを見ていくと、なぜかそこには有名アーティストの名前がちらほら。
そしてそこに「浜田省吾」の名前を発見。
「きっと浜田省吾の楽曲のオルゴールとかだろ」と思いながらクリックしてみた。

すると良い意味で期待を裏切ってくれた。
なんと、新しいアルバムの「旅するソングライター」が。
他のアルバムも表示されている。
ただし、古いアルバムはない。

浜田省吾以外にも、元ちとせなんかも名前が出てきました。
ただ、曲名が表示されるけど、再生されないものも多い。
これは何かの制限がかかっているのか?
それともバグだろうか?

いずれにせよ、邦楽の種類がぐんと増えたのは嬉しい。
そうでなくても、Apple Musicを使う予定だったので、これは嬉しい誤算。
もっといろんなアーティストが加わってくれたら、もっともっと利用者も増えるでしょうね。

しかし、そうなると、ますますCDが売れなくなりそうです。
もう、すでに音楽はCDで買うものではなく、データで聴くものになりました。
そしてその聴く権利を買う時代になった気がしています。

少し寂しい感じもありますが、いろんな音楽を好きなだけ聴けるというのは、本当に嬉しい。
そして、音を楽しむという意味でも、この方が良いのでは・・・とも思う。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:45 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年10月17日

最近出番の無いギター

151017.jpg

なんか忙しすぎて、全くギター弾く時間が無い(><)
たまにはボロロ〜ンと弾き語りしたいのだが、最近は全くギターに触れていません。
たまにギターが鳴るのは、次女がいたずらして鳴らす程度(笑)

アコギすら弾いていないので、エレキなんてもっと弾いていない(^^;)
今年の初めのエレキを復活させたのだが、仕事が忙しくなるにつれ、全く弾けなくなってしまった。
一時期は音楽アプリを使って、楽しんでいたりしたけれど、いまは全くその余裕すらありません。

高校生の頃に毎日エレキを弾きまくっていた。
学校から帰ってきて、夜寝るまで、本当に貪るようにエレキを弾きまくっていました。
今から思えば、よくまぁ飽きずに弾いていたと思います。
でも、それだけ情熱があったんですよね。

好きな曲をエレキで弾けるようになった時の喜び。
それが嬉しくて、毎日毎日エレキを弾いていました。
やはり自分の好きなことに打ち込める時間があるってのは、幸せなことですね。

もし、今の環境で、高校生の頃のような時間の使い方ができたら。
想像しただけで怖いです。
きっと、自分のやりたいことに夢中になっているでしょう。
ギターだけでなく、イラスト描きたいし、写真も撮りに行きたいし。

なんせやりたいことが山のようにある。
全てのことはできないにしても、もう少し自分のやりたいことをやりたい(^^;)
そのためにも、もっと時間の使い方を上手にしないといけない。
どうも日中は仕事に追われて、夜は疲れ切って何もやる気が起きない。

せめて22時以降、自分の時間として使いたい。
作品描いたり、音楽作ったり。
日中の仕事終わると、スイッチが完全に切れているんですよね。
一旦スイッチオフになっても、再びオンできるようにしなくちゃ。

「忙しい」という言葉は「心を亡くす」と書きますからね。
どんなに忙しくても、心を亡くさずに、次につなげていきたい。
自分のやりたいことができてこそ、仕事も頑張れると思うし。

そんなわけで、明日からも頑張ろう。
あっ、明日は日曜だったか(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年07月01日

Apple MUSIC早速使ってみた

150701.jpg

1週間ほど前につぶやいた「Apple MUSIC」。
日本でもサービスが始まったようです。
3ヶ月はお試しができるようなので、早速登録してみました。
お試し期間が過ぎると、定額でのサービスとなります。
せっかくなので、ファミリーで登録。

定額になったとしても、個人設定なら月980円。
ファミリー設定なら、月1480円。
これってとってもお得だと思います。
月々1480円で音楽が聴き放題なわけですから。

さらにファミリー設定なら、6台まで一つのアカウントで有効。
私のアカウントで登録して、嫁さんと息子はファミリー設定で、3人とも音楽聴き放題。
つまりは1人頭500円もかからない。
これで娘たちが聴くようになっても、金額は変わらない。
そうなると、さらに一人頭の金額は下がり、1人頭300円くらいで聴き放題となる。

早速登録して使ってみた。
最初は使い方に少々戸惑ったが、基本はiTunesStoreと似ている。
すぐに慣れて、いろんな音楽を聴いてみた。
まだヒットしないアーティストも多いが、おそらくお試し期間の間に、様子を見ながら増えてくると思う。

昔のアーティストなんかは、比較的多いみたいで、私が好きなハードロックも結構揃っている。
ディープパープルやレインボーは、ほぼ100%に近い状態で、揃っている感じです。
以前から欲しかったけど、購入をためらっていたアルバムなどを早速聴き倒す。
いや〜やっぱりいいなぁ〜。
懐かしい(^o^)

他にも聴きたかったナイトレンジャーなんかも聴いてみた。
ロック・イン・アメリカや、シスタークリスチャンなんて懐かしくて、涙出そうだった。
これが聴き放題だと思うと嬉しいですね。
しかも、ダウンロードもできるみたいで、自分のiTunesにプレイリストとして登録して、ダウンロード可能みたいです。

まだまだ使いこなせていないので、詳細は分かりませんが、それでもやはり聴き放題は嬉しい。
後はもっともっと、アーティストが増えてくれるのを待ちたいと思います。
ひとまずお試しの3ヶ月で。
その後は月1480円で使いたいと思います。

人の知らない音楽たくさんあるので、これから毎日、いろんな音楽聴きながら仕事しようっと(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年06月26日

午後の雨音



今日は朝から梅雨らしい1日でした。
雨がシトシト降る中で、ゆっくりとコーヒーを飲み、仕事に専念するのも良いものです。
こんなシトシト雨の日は、なんとなくクラシックが聴きたくなる。
そう思い、クラシックを聴きながら仕事をしていました。

お昼ご飯を食べた後、ふと雨の風景を撮りたくなり、iPhoneで雨に濡れる植物を動画撮影しました。
雨の雫に濡れる植物って、とても生命力に溢れている感じで好きです。
撮った動画を見ていたら、先ほど聴いていたクラシックと妙に合うような気がしました。

そこで、仕事の息抜きで、ちょっと動画編集をして遊びました。
撮影したiPhone動画を、MacProに取り込み、Final Cut Proに読み込む。
動画の音声は要らないので、音声は消して音楽を乗せました。
聴いていたクラシックの中に、「雨だれの前奏曲」という曲があり、曲のイメージもピッタリだったので、この曲を流す。

タイトルを作り、最後のエンディングも簡単に作る。
簡単に制作して、時間にして30分ほどだろうか。
本当に超短編のムービーができました(笑)

本当はもっとしっかりとした作りの、ちゃんとしたムービーを作りたい。
でも、そんな大作って、そうそう作れない。
いくら頭の中に、イメージがあっても、作らなければ何も生まれない。
それよりは、ふと思いついた時に、簡単でもいいから作ってみる。
今日はそんなノリで作ってみました。

以外とiPhoneだけで、撮影できるものですね。
でも、やっぱり手ぶれが気になります。
iPhoneで手ぶれせずにムービー撮影する方法ってあるのかな?
まさか三脚を使うわけないし。
いや、以外とiPhone用三脚とか売っていたりして(^^;)
今度調べてみよう。

iPhoneで手軽に動画撮って、こうやって簡単なムービー作るのも楽しいものですね。
風景をスケッチするように、思い立った時に、撮影してムービー編集する。
これからも何か思い立ったら撮影して、ムービー編集してみたいと思います。
ムービー制作の仕事って、そんなんにないので、Final Cut Proもそう使わない。
遊び感覚でも良いから、ちょこちょこ使っていきたいと思います。

雨の1日、ふと雨音がクラシックに聴こえて来て、そこから思い立って撮影&編集に至りました。
たまには直感に任せ、気の向くままに何かを作るのも良いものです。
まぁ、仕事の合間でできる範囲ですけどね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年06月23日

AppleMUSICに期待

150623.jpg

Apple Watchが発売されて久しくなるが、いったいどれくらい売れているのだろう?
やはりiPhoneほどではないのかもしれない。
だって、周囲でApple Watch使っている人、見たことありません(^^;)
私自身もそんなに「欲しいぃ〜〜〜」ってことないし。
そりゃ〜興味はありますけどね。

今、アップルで気になっているのが、WatchよりもMUSIC。
その名もAppleMUSIC。
これまでのiTunesとどう違うのか?
よくわからんのだが、どうもAppleMUSICは定額制で、すべての音楽が聴けるみたい。
つまり毎月決まった金額で、すべての音楽が聴き放題ってこと。

問題はその金額なのですが、まだ日本での価格は発表されていません。
音楽がいくらでも聴き放題ってのは、魅力的だけど、やはり価格帯によりますよね。
もう音楽ないと生きていけない。って人や、音楽関係者にしてみれば、とても魅力的なサービス。
でも、そんなに音楽をガンガン聴く人でないと、あまりメリットは感じられないかも。

このAppleMUSICのメンバーシップになると、音楽はすべてiCloudに保管されるらしい。
良く言えば、自分のMacやiPhoneの容量を使わないので、容量のスペースが確保できる。
逆の見方をすれば、自分の手元に音楽が無い。ということになる。
iCloud自体が自分のスペースではあるのだが、やはり手元にあるという感覚ではない。

こうなってくると、ますますCDは売れなくなりますね。
パッケージとしての音楽は、もはや存在しない時代へとなっていくのでしょうか。
あのCDのパッケージをフィルムから開けて、CDをトレイにセットして、初めて聞くワクワク感というのは、もう過去のものとなっているのですね。
もっと前の時代は、レコードジャケットを見てワクワクしてレコードを買い、レコードの針が降りるのをじっと見つめていた。
あのワクワク感はもう二度と味わえませんね。

AppleMUSICは、単に音楽が聴き放題なのだけではなく、ラジオも聴けるみたいです。
ラジオと言っても、そこらへんのAMやFMではなくて、Apple独自のラジオっぽい。
こちらはおそらく英語だけのサービスでしょう。

そしてもう一つの特徴がConnectというサービス。
これは、アーティストとファンをつなぐサービスとされている。
アーティストが発信するコンテンツに、ファンが参加して、様々な情報を共有できるもの。
平たく言えば、TwitterやFacebookのiTunes版といった感じか。
好きなアーティストと繋がることができるのは、ファンにとっては嬉しいですね。
ただ日本でのサービスはどこまでできるのか不明です。

私としては、単に音楽が無限に聴き放題ってのは魅力的。
あとはやはり価格帯によりますね。
250円の曲を、毎月4〜5曲ダウンロードしていたら、毎月音楽に1000円は使っていることになる。
月々1000円くらいなら使ってみても良いかなぁ〜と思う。
現にダウンロードしたいけど、我慢している曲は、山ほどあるのです。

AppleMUSIC。
詳細いつ決まるのかな?
ちょっとワクワクです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:19 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年06月22日

ギター弾けていない

150622.jpg

最近ギター弾いていません。
もうひと月ぐらい弾いてないかも。
毎日暑くて、ギター弾く気にならないのも理由のひとつ。
気分的に乗らないのも理由のひとつ。

しかし、最大の理由は・・・・・弦が切れているのです(^^;)
ギターの弦ってそう簡単に切れるものではない。
その弦が切れてしまっている。
何故か・・・・・。
実は長女が切ってしまった。

長女も次女も、私の部屋に入ってくると、よくギターの弦をポロロンと鳴らすことが多い。
そして弦を巻くペダルをクルクル回して遊んだりする。
おかげでいざ弾こうと思った時に、チューニングがめちゃくちゃということが多い。
その勢いで長女が弦のペダルをぐるぐる回したのだろう。
突然、私の後ろで「ピッキーン!!」と甲高い音がして、振り向くと長女がこわばった顔をしていた。

1弦目(一番細くて高い音を出す弦)をぐるぐる回して、弦を切ってしまった。
思わず「ばっかも〜ん」と怒鳴ったが、怒鳴ったところで何も解決しない。
まぁこれで懲りて、以後同じことはしないでしょう。

ギターの弦が切れたまま、もう2週間以上そのままになっている。
そろそろ弦張り替えて、ギター弾きたいですね。
久しく弾いていないので、弾き語りも久しくしていません。
気分転換の意味でも、時々は音楽やりたいです。

せっかくMacProになったので、音楽制作ソフトも活用したいですね。
GarageBandもLogic Proも最近立ち上げていません。
以前は夜の時間に、遊びで使っていたのですが、最近は夜が起きていられません(^^;)
ワクワク感が足りないのだろうな。

本当はいろんなことやりたいのですが、気持ちが乗ってこない。
なんでもそうですが、楽しめなきゃ〜できない。
今は楽しめていないのでしょうね。

変に「やらなきゃ」と思っても、楽しめないので、楽しめるようになったら、また音楽制作もやってみたいです。
まずはギターの弦、張り替えなきゃ(^^;)
ギター弾き語り再開してからだな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年04月28日

クラシックの面白さ

150428.jpg

今日、たまたま観ていたテレビ番組。
途中からだったのですが、意外と面白かった。
くりーむしちゅーの番組で、確か「世界一受けたい授業」だったかな。
音楽の授業で、葉加瀬太郎が講師になっていた。

その内容はクラシック音楽家の、知られざるエピソードを紹介。
様々な音楽家の素顔を覗く事が出来た気がする。
天才と呼ばれたモーツァルトは、一度聴いた音楽を、楽譜に書けたらしい。
門外不出と言われてた教会のミサを、楽譜にしてしまい、その曲はその事で有名になったとか。
料理店で言えば、食べた料理のレシピを公開されてしまうようなもの(笑)

とにかくモーツァルトはずば抜けた天才だったようで、サヴァン症候群だったのでは?とも考えられているようです。
サヴァン症候群は、一般的に知能は低いのだが、ある一点についてだけ天才としか思えない才能を発揮する人らしい。
モーツァルトが天才と呼ばれたのは、そんな理由があったのですね。

他にも沢山のエピソードがありました。
私が好きなクラシック音楽の一つに「展覧会の絵」という曲があります。
とても崇高な雰囲気の曲で、聴いていると清々しい気持ちになります。
この曲を作ったのが、モデスト・ムソルグスキーです。

しかし、私がいつも聴くのはオーケストラでの展覧会の絵。
ところがこの曲は実はピアノ曲だったようです。
ムソルグスキーがピアノ曲として作ったものを、ボレロで有名なラヴェルがオーケストラのアレンジした。
そのムソルグスキーは、アルコール中毒と言われるくらいの無類の酒好きで、肖像画も鼻が真っ赤でした(笑)
いや〜なんか展覧会の絵のイメージ変わるなぁ〜(^^;)

また、「新世界より」のドボルザークは、実は鉄道マニアだったとか、ショパンは超美形でとてもモテたが、最後は最愛の女性に捨てられ破産してしまったとか。
知られざるエピソードが沢山ありました。
クラシックってどこか敷居が高くて、ましてやその作曲家となると、とても崇高な人という印象がある。
でも、結局は皆1人の人間であり、実にクセのある人達だったのだと思った。
そう思って、またクラシックを聴くと、違う観点で聴けて面白いでしょうね。

最後に紹介されたのは、やはりベートーベン。
有名なエピソードは、耳が聞こえなくなりながらも、音楽を作ったこと。
20代で聞こえ難くなり、30代で難聴になり、40代では全く聞こえなかったと言われている。
そして驚きなのが、有名な第九は、全く耳が聞こえていない状態で、作曲し、それを指揮しながら演奏した。
考えられない事ですよね。

そして葉加瀬太郎の言葉が印象的でした。
耳が聞こえなくて作曲した事も、驚きですが、自分が作った曲を聴く事が出来ない。
それを解っていてもなお、音楽を作ろうとするその情熱が凄いと。
例えるのなら、目が見えなくて絵を描くようなものだと。
確かにそうですよね。
私も絵を描きますが、自分で描いた絵が見えないと考えると、絵を描きたいと思うか?
そんな状態でも音楽を作る事に情熱を注いだベートーベンは、やはり偉大ですね。

最近、クラシックをあまり聴いていませんでしたが、また聴きたくなりました。
その時代の背景や、人間関係、作曲家の人間性など知って聴くと、また違う音が聴こえてきそうな気がします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年04月04日

CDを買わなくなった

150404.jpg

昨日、テレビで昭和の名曲みたいな番組をやっていた。
チラッとしか観なかったので、何の番組だったのか覚えていない。
しかし、懐かしい名曲が次々と流れていました。

そして本日のテレビでも「春の大感謝祭」で、ザ・ベストテンの番組の中からクイズを出していました。
懐かしさを感じたのと、「この頃のテレビはパワーがあったし面白かった」と思いました。
番組を作る側の必死さが伝わっていました。
今のテレビ番組には、その必死さが感じられない。

ザ・ベストテンのような番組は、もう出来ないでしょね。
仮に似たような番組を作ろうと思っても、レコード(CD)の売上げが参考になりません。
私も最近は本当にCDを買わなくなりました。
欲しい曲はiTunesでダウンロードしています。
やるとしたら、ダウンロード売上げベストテンみたいになりますね(笑)

息子も中学に入った頃から、音楽を聴く様になり、クリスマスプレゼントに安いラジカセをプレゼントした。
最初は私の持っているCDを借りて、THE BOOMなんかを聴いていました。
中2の誕生日の時に、iPodnanoをプレゼントしてからは、自分が欲しい曲を求めて来る様になりました。
そこで、時々何かを頑張ったご褒美や、また頑張る事を条件として、曲をダウンロードしてあげました。

息子のためにダウンロードした曲を、私も聴いたりしています。
また逆に私がダウンロードした曲も、息子も聴いています。
先日iPhoneを与えてからは、ファミリー共有で購入した全ての曲は、家族で共有して聴ける様になりました。
便利ですよね〜私のiMacでボタン一つでダウンロード購入した曲は、私と嫁さんと息子のiPhoneですぐに聴く事が出来ます。

時々iTunesストアで懐かしい曲などを検索しています。
先日も、「これは欲しい」と思わず食いついたアルバムがありました。
後日、息子のために曲をひとつダウンロードした時に、自分のご褒美としてダウンロードしました。
「ベスト 80'S ヒッツ60曲:テイク・オン・ミーからヴィーナスまで!」というアルバムです。
1980年代の洋楽のベスト盤ですね。

a〜haのテイク・オン・ミー、バナナラマのヴィーナス、ロス・ロボスのラ・バンバなど、名曲が60曲も入っている。
しかも価格はなんとわずか1050円。
1曲あたりわずか17.5円です。
ダウンロードしてから聴きまくっています。懐かしい曲が当時の思い出を蘇らせます。

他にも検索していると、懐かしい曲が次々と出て来るんですよね。
わざわざCDを探しに歩き回らなくても、こうやって曲を探してダウンロードできる。
CDも売れなくなって来る訳ですよね。

まだまだ欲しい曲は沢山ありますが、息子と同様、私も自分で何か頑張ったご褒美として時々ダウンロードしたいと思います。
レコードからCD、そしてダウンロードへ。
ラジカセからパソコンへ、ウォークマンからiPhoneへ。
媒体も聴くスタイルも代わっています。
でも、やっぱり音楽って良いですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年03月19日

浜田省吾の歌で人生を思う

150319.jpg

先日、久々にスナックでカラオケを歌ったが、その場の雰囲気で歌いたくても歌えない曲もある。
スナックの雰囲気は、演歌が中心だったので、私もなるべくポップな歌は避けた。
でも、本当は違う歌も歌いたい。

私がカラオケでよく歌うのは、THE BOOMの島唄や、BEGINの島人の宝など、沖縄系の歌が多い。
しかし、他にも好きなアーティストとして、浜田省吾や尾崎豊なんかも歌う。
特に浜田省吾は、家でも時々ギターで弾き語りで歌ったりする。
さすがにスナックの雰囲気は、浜田省吾では無かったので、また次の機会にカラオケで歌うとしよう(笑)
それまでは、家でアコギ抱えて弾き語りでガマン(^^;)

浜田省吾の歌はラブバラードも好きだけど、ロックな歌も大好きです。
特にカラオケで歌うと、ものすごくスッキリするのが、「Money」♫
しかし、この曲は本当に入り込んで歌わないといけません。
中途半端に歌うとストレスが溜まります(笑)

でも、やっぱり浜田省吾はバラード系がステキです。
昔からの名曲と言えば「もうひとつの土曜日」です。
好きな娘の前で、この歌を歌った人も多いのではないでしょうか?

この曲の続きとされているのが、「星の指輪」です。
確か浜田省吾自身が、もうひとつの土曜日を聴いていた世代の人が、結婚して子供が出来た頃をイメージして作ったと、どこかで書いていたような記憶があります。

私は、この曲の続きもあるような気がしています。
その曲が「I am a father」。
「星の指輪」が、幼い子供を育てている時期のイメージですが、「I am a father」は少年を育てている感じ。
ヒーローでもスターでもないけど、家族を守って仕事をするお父さんを歌っています。

さらに「I am a father」と同じ時期に「君と歩いた道」という歌を出しています。
こちらは、老いて「もし15の頃に戻ったらどんな人生を歩むだろう?」と、歌い出しますが、やはりもう一度、同じ人生を歩む。
君と歩いた道を、もう一度歩きたいという、夫婦愛を歌った歌。

「もうひとつの土曜日」から、「君と歩いた道」まで、まるで人生の物語のような歌が続いてます。
そしてまた、新たな曲が発売されています。
もうひと月以上前に発売されていて、私も早速ダウンロード購入しました。
映画の挿入歌となっているようで、こちらも子を持つ親として、グッと来る歌です。

ちょうど「I am a father」と「君と歩いた道」の間に入るような歌。
子供たちが立派に成人して、親元を離れて行く様を、歌い上げています。
その歌詞の内容が、今の我が家の状況と似ていて、初めて聴いたとき胸に込み上げるものがありました。
いつまでも子供だと思っていたのが、知らず知らずのうちに大きくなり、背も私達を追い越して行く。
でも、話すとまだまだ子供。
そんな親の気持ちを見事に歌い上げています。

「もうひとつの土曜日」から「夢のつづき」そして「君と歩いた道」まで。
出会いから結婚、子育て、巣立ち、人生の終焉。
続けて聴くと本当に一生の物語のようです。
私はまだまだ物語の途中ですが、こんな歌のような人生を送れたらと、いつも歌を聴きながら思います。

今度カラオケに行く機会があれば、是非この「夢のつづき」も歌ってみたいですね。
でも、この曲はやっぱり弾き語りの方がいいかな。

浜田省吾オフィシャルYouTubeを貼っておきますので、是非見て聴いてください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年02月21日

音楽の移り変わり

150221.png

学童の修了式DVDを制作するにあたって、使用する音楽を今探しています。
毎年の事ですが、12〜3分のムービーの中で、5〜6曲の音楽を使います。
ポップなイメージの曲がメインですが、最後はちょっとしっとりとした曲を使います。
さて、今年はどんな曲にするか。

最後の曲は「卒業」とか「感謝」「別れ」などを感じさせる曲がほしい。
昨年は「さくら/森山直太朗」を使いました。
その前の年は「栄光の架け橋/ゆず」でしたね。
さて今年はどうしようかな?

持っている楽曲から選んでも良いけど、せっかくなので新たに曲を入れても良い。
毎年、1〜2曲はこのDVD制作に合わせて、iTunes Storeからダウンロードしています。
今年も良い曲があれば、数曲ダウンロードしたいと思います。

iTunes Storeで曲を選ぶのは、視聴が出来るので良いですね。
気に入った曲があれば、すぐにダウンロードして使える。
本当に便利です。

結婚式のDVDを作っていた時も、同様に音楽を探したりしていました。
まだiTunes Storeが無かった頃は、レンタルCDを探しに行っていました。
レンタルがあれば良いけど、無い場合もあって、苦労したのを覚えています。
今は殆どの楽曲がiTunes Storeでダウンロード購入出来ます。
手間ひまを考えれば、レンタルしてくるのと、さほど変わらない。

最近はCDで曲を買う事は、ほとんど無くなりました。
ほとんどがiTunes Storeでダウンロード購入しています。
よほど好きなアーティストなら、CDで買いたいけど、今そこまで熱烈に好きなアーティストもいない。
気に入った曲をダウンロードして購入しています。

特に私が購入すると言うよりも、息子に頼まれて購入する場合が多い。
息子が気に入った曲をダウンロード購入して、それを私も聴いている(笑)
時々アニソンだったりして、あまり聴かない曲もあるが、結構私と音楽の志向が似ているので、私も聴いている曲が多い。
そしてこのDVD制作の時に、何曲かダウンロードします。

iTunes Storeでダウンロードして、iMacで音楽を聴く。
このスタイルが定着してしまいました。
そしてそのままiPhoneで音楽を持ち歩いて、外ではiPhoneで聴く。
昔ならCDからテープにダビングして、ウォークマンで聴く・・・・という時代でしたね(笑)
さらにその昔は、レコードでした。
あぁ〜懐かしい(大笑)

音楽も音楽を売る方法も、そして私達が音楽を聴くスタイルも、どんどんと変わって行きます。
気軽に音楽を楽しめる時代になったという点では、良かったと言えますが、その分、じっくりと腰を据えて音楽に聴き入るという事は無くなりました。
たまにはアンプを通して大きなスピーカーで、身体ごと音楽に浸ってみたい。
そんな音響システムは、もはや限られた所でしか味わえないのでしょうね。

音楽が手軽に入手できる環境になり、手軽に聴ける時代。
その分、じっくりと音楽を聴く環境は無くなりつつある。
時代の流れですが、やはりちょっと寂しい感もありますね。

さて、センチメンタルな気分になっている場合ではない。
音楽を選んでDVD制作に取りかからなくては(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年02月20日

風立ちぬを見て

150220.jpg

風立ちぬがテレビで初放送されていたので、子供たちと見ました。
しかし、最初の30分くらいは、帰りが遅くて途中から見た。
さらに、晩ご飯を食べながら見ていたので、詳細がよく解らないまま見ていました(^^;)

何となく全体のストーリーは解ったけど、「何が言いたいのか」というところは、ちょっと解り難かった。
飛行機作りにかける情熱と、病気の労り妻を愛する愛情。
そして妻も病気で床に伏せながらも、愛する夫の仕事を見守る。
男は仕事に生き、女は愛に生きる。
まさしくそんな映画のイメージでした。

これまでのジブリ映画のような、キャラクター的な物は登場しないので、子供にはちょっとつまらない映画かも知れない。
内容も難しいし、理解も出来ない。
大人が楽しむ映画ですね。
また、じっくりと腰を据えて、もう一度見たいと思います。

確か、この映画が公開された時に、「喫煙のシーンが多い」と問題になった事を思い出しました。
本当によくタバコを吸うシーンが出て来ます。
どこでもおかまいなくタバコを吸う。
しかし、これを問題視するのはどうかと思いますね。
そんな時代だったし、タバコを吸う仕草って絵になる。

私はタバコ吸わないし、嫌いですが、タバコ吸う人まで嫌いではない。
タバコに限った事ではないが、映画のシーンで、その時代の大らかさを感じました。
まだまだ貧しい時代で、先行き不透明な時代。
でも、その中で人々は生き生きと生きていたような気がしました。
そして自分の仕事、自分の愛に真っすぐに生きて、潔く散って行った。
何となくそんな時代を描写したかったのかな?とも思いました。

飛行機作りに情熱を捧げた男たち。
そしてそれを影で支えた女たち。
女性が虐げられていたのではない。
女性がしっかり支えてあげたから、男はそれだけの仕事ができる。
それは今の時代でも変わらない事だと思います。

「男性も家事を」「男性も子育てに参加して」
そんな気持ちも解ります。
しかし、それを無理に押し付けると、男は本来の力は発揮できないと思う。
男は仕事に没頭出来てこそ、本来の力が発揮出来る。
映画を見てそんな事を感じました。

家事や子育てが出来ないとしても、その事に感謝する気持ちを男が持っている事が大事。
そして男が仕事に没頭出来る事を、女は誇りと思いその事に感謝出来る事が大事。
互いに感謝し合って生きる事が夫婦円満、家内安全なのだと思う。
現代の共働きでは、なかなか難しいですけどね。
私も家事・子育てしているし、嫁さんもガッツリ働いているし。
ただ、互いに感謝して助け合うという意味では、変わらないと思う。

映画の話から大きくそれてしまいました(^^;)
でも、この映画はそんな事も言いたかったのではないかなぁ〜と勝手解釈しています。
また、腰を据えてじっくりと見たいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 音楽/映画

2015年01月26日

久々にカーズを観た

150126.png

次女が託児所を休んで、1週間近くになる。
予定では明日、病院に行って受診してから、託児所に向かう。
インフルエンザの診察結果が出てからは、全く元気な次女。
まさしく元気な病人で、家の中で体力を持て余していました。

そんな次女の楽しみは、ビデオを見る事のようです。
平日はみんな家にいないので、誰も遊んでくれない。
そんな事は次女も解っているので、「ビデオみた〜い」と私にせがんでくる。
私もビデオ観て大人しくしてくれるなら・・・と、ついついビデオを観ています。

私の傍でPowerMacでビデオ(DVD)を観る次女。
いろんなビデオを観れば良いのに、なぜか同じ物ばかり続けてみたがります。
「それ昨日観たでしょ」と言うのですが、同じ物を観ている。
なんなんでしょうね。

夕方には、私の方からあえて違うビデオを見せました。
見せたビデオは「カーズ」。
PIXAR(今はディズニー)の言わずと知れた名作です。
久々にカーズに、後半は私も思わず見入ってしまっていました(笑)

PIXARの映画はどれも好きなんですが、カーズはその中でも1、2を争う程好きですね。
トイ・ストーリーやモンスターズインク、そしてニモなども好きですが、カーズは特に好きです。
車でありながら、本当に生き物のように感じる動き、そして愛くるしいキャラクター。
特にメーターは大好きです。
そして何よりもストーリーが良いですね。
大切なものは何なのかを考えさせてくれます。

カーズ2も実は数年前に、映画館で息子と長女と三人で観ました。
でもカーズ2はDVDを買っていません。
やっぱりストーリー的には、最初のカーズが好きです。

PIXARの映画はカーズ以降、レミーのおいしいレストランが最後で、それ以降はDVDを買っていない。
個人的にはウォーリーや、カールじいさんの空飛ぶ家なんかも観たい。
そして一昨年だったかな、公開されたモンスターズインクユニバーシティーも観たいです。
最新作で上映中の「ベイマックス」も観たいんですけどね。

次女のお陰で、今日は久々に映画鑑賞となりました。
でも、新しい映画も観たい〜(先日、じんじんは観たけど)
PIXAR作品をもっと観たいです。
今度DVD借りてこようかな〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(2) | 音楽/映画