2006年02月19日

トラブル発生

昨日「Macにもウイルスが〜」って書いたのに・・・そのMacがシステムダウンしてしまった(T_T)
えらいことになっております。
PowerMacG5に保存していたデータが、すべてぶっ飛んでしまいました。

かろうじて現在進行中の仕事と、寸前までやっていた仕事。
そして私のアニマルイラストシリーズのデータは、バックアップをとっていましたが、他のデータがバックアップがとれていなくて、今頭の中が真っ白です。
朝からAppleに電話で問い合わせて、いろいろ対処方をやりましたが、どれもこれもうまくいかず。
あきらめるしかなさそうです。

私が制作したデータは、もう一度作り直せばいい話ですが、問題は写真のデータです。
それも家族の写真のデータ。撮り直すこともできません。
以前バックアップをとっていたのが、2003年の7月です。そこから約2年半の家族の写真が消えてしまいました。
あぁ〜〜〜〜なんてことでしょう。
記憶から消え去るわけではないのですが、やはり悲しいですよね。
自分たちの写真だけならいいんですが、やはり子供の写真は痛いです。

日ごろからバックアップを・・・・と思っていたのですが、あまりにもバックアップすべき物が多すぎて、全部の物をバックアップできないのが現状なんですよね。
今回もとりあえず仕事のデータを第一に考えていましたから、家族の写真が犠牲になってしまいました。
デジタルって便利ですけど、こんな時にどうにもなりませんね。

他にも細々としたデータが飛んでしまったので、また一から作り直し、入力し直しです。
今回の件で懲りたのでバックアップ用の外付けHD買うことにしよう。
皆さんもバックアップこまめにしてくださいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(7) | TrackBack(0) | Macintosh

2006年02月02日

iLife06その後

最近しばらく寒さがゆるんでいましたが、また週末当りから寒波がやってくるようですね。
私も今日は鼻水が出てきて、身体がなんとな〜く気だるい感じで「やばいな」と感じたので薬飲みました。
インフルエンザなら発熱すると思いますので、たんなる風邪の前兆だと思います。
これ以上悪くならないように、しっかりとケアしておかなくては。

さて話しは変わって、先日のつぶやきで「iLife06入荷」というものをつぶやきました。
正直何の事かさっぱり解らない人の方が多かったのではないかな。と思っています。
このアプリケーションは、Macintoshにバンドルされているアプリケーションなので、MacユーザーでしかもOSX(10以降)を使っている方しか解らないと思います。

まぁ、Windowsで言うとOfficeみたいなものですね。
でも内容は全く異なります。Officeが会社で使うソフトとして開発されているのに対し、iLifeは完全に家庭内で使うことを前提に開発されています。
個人がパソコンを使っていろいろと楽しむためのツールとして開発されています。
最も知られているアプリケーションがiTunesだと思いますが、他にもデジカメの写真を取り込んで管理・閲覧・プリントなどをできる「iPhoto」。
ビデオカメラからデータを取り込んで、簡単に編集できる「iMovie」。そしてそれら音楽や写真・ビデオを組み合わせてDVD鑑賞できるようにする「iDVD」。
さらには簡単に作曲が出来る「GaregeBand」、そして今回加わった、簡単にWebページが作れる「iWeb」。

前回つぶやいた時には、まだサラッと見ただけだったので詳しいことは解りませんでしたが、ここ数日いろいろ試してみてだいぶ解ってきました。
iWebに関しては初めて登場したアプリケーションなので、まだ解らない部分がありますが、ブログのページとPodcastが簡単にできるのが面白そうです。
そしてGaregeBandでは、最初からPodcast用のデータを録音できるようになっているので、Garegebandで録音してiWebで簡単にPodcastできそうです。
しかし私の場合、Podcastにできそうなコンテンツが無いので、どのような形で使えるか解りません(^^;)

ただ新しいiLifeを使って、いろんな事ができそうで頭の中はおもちゃ箱をひっくり返したような、そんなワクワク感に駆られています。
今あるコンテンツにiLifeを使った新しいコンテンツなども加えていけたらいいなぁ〜と思っています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2006年01月28日

iLife06入荷

本日、発注していたアプリケーションが届いた。
iLife06とMaster Money というアプリケーション。
iLife06は、Appleが出しているアプリケーションセットで、iPhoto 6・iMoveie HD 6・iDVD 6・GaregeBand 3に今回から新しく加わったiWebというアプリケーションが入っている。

毎年年明けにバージョンアップされて発売されるのですが、今回のバージョンアップはかなり良い感じですね。
ビックリしたのが、iPhotoにカレンダー機能がついたこと。
お気に入りの写真を放り込むだけで、簡単にカレンダーが作れます。そしてそのカレンダー情報は、iCalという同じくAppleのアプリケーションとリンクしているので、記念日などを入れることが可能なんです。
制作したカレンダーはそのまま発注すれば、カレンダーとしてでき上がってくるようです。
まだ試していませんが、そのままプリントも出来るようなので、手作りカレンダーも簡単にできそうです。

他のアプリケーションも便利な機能がかなり追加されているようです。
GaregeBandにはPodcastレコーディング機能がついたようで、録音した内容を簡単にPodcastにできるみたいです。
そして新しいアプリケーションのiWebも、簡単にPodcastやBlogに対応しているようです。
このiWebは簡単にWebページが作成できるアプリケーションで、難しい知識が無くても、簡単にページが作れてしまうようです。
まだちょっとしか触っていないので、どの程度のページが作れて、どの程度利用価値があるのか解りませんが、今後いろいろ試してみたいと思います。

iLife06の他に購入したMaster Moneyというアプリケーションは、お金の管理用アプリケーションです。
お金の管理というと単なる家計簿ソフトみたいに聞こえますが、このアプリケーションは家計簿ソフトの域を超えています。
.Mac会員だと定価より安く購入できるので、始めに体験版を使ってみて、かなり使えそうだったので購入しました。
今までいろんな家計簿ソフトを試してきて、どれも長続きせず、途中で諦めていたのですが、このMaster Moneyはかなり良い感じです。
家の家計簿としても使えますが、私の仕事の経理としても重宝しそうです。

ユーザー登録しようと思って、サイトを見てみたら意外なアプリケーションを見つけました。
今「英語を何とかするチャンスです」とCMで流れている「英語漬け」のアプリケーションを開発・販売している会社だったんですね。
こちらも体験版があったのでダウンロードしてみました。う〜ん、私には英語何ともならないようです(^^;)
でも面白いですね。しばらく体験版で遊んでみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2006年01月11日

Intel Macが登場

MacがついにIntel Macになった〜。
「Intel入ってる」のキャッチコピーでも有名なIntelですが、Macintoshはモトローラ製のプロセッサ、そしてIBMのPowerPCプロセッサを採用していましたが、昨年夏にIntelプロセッサを採用することを発表。
当初は2006年の夏ごろまでにIntel Macを発表と言っていたのが、なんと半年も前倒しで本日よりIntelチップのiMacが発売されています。

この新型iMac、従来のiMacに比べて2〜3倍のスピードだそうです。
さらに新しいノートブックも発表されていて、こちらは何と従来のPowerBookに比べ、4〜5倍のスピードって・・・一体どれくらい速いんだ(@@)

昨年夏にPowerBookを購入した私としては、何とも悔しいやら悲しいやら。
PowerBookを購入する時点で、Intel Macが出ることは解っていましたが、どうしても仕事に使うので早急に必要でした。
解っていて購入しているので、そんなにショックは受けないだろうと思っていましたが、従来の4〜5倍のスピードと聞くとやはりショックですね(^^;)
どんなに快適に動くのか、一度AppleStoreに行って触ってみようっと。

iMacとノートブックがIntel製に切り替わったので、近い内にデスクトップもIntel製に変わるのだろうな。
名称は何てなるのだろう?ノーツブックはPowerBookからMacBookに変わったけど、デスクトップはPowerMacから何になるんだろう。まさかIntelMacでは無いよね(笑)

他にもGaregeBand・iPhoto・iMove・iDVDが入ったパッケージのiLifeが05から06にバージョンアップになりました。
各アプリケーションもそれぞれに機能追加されているようですが、今回から新しくiWebというアプリケーションが加わったようです。
何でもオシャレなデザインのホームページを、用意されたテンプレートを使って簡単に作成できるアプリケーションのようです。
面白いのがブログとPodcastに対応している点、自分でブログのページを作れるってことなんでしょうか。
Podcastも音声ファイルを簡単に扱える仕組みになっているんでしょうね。

MacもiLifeやiWorkのアプリケーションも欲しいけど、今の物で十分事足りているので、眺めるだけにしておきます(笑)
iLifeとiWorkくらいは、また時期を見て購入するかも知れませんけどね。
もしIntel Macを購入した方、購入予定の方おられましたら、感想など聞かせて下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年10月13日

またiPod出た〜

ついこの間「iPod nano」についてつぶやいたばかりなのに・・・またまた出ました。新しいiPod。
今回のiPodは、何とビデオ再生対応。ついにここまで来ましたか。
iPod発表に合わせて、iTunesも6にバージョンアップされ、iTunes Music Storeでは各ミュージシャンのビデオクリップが発売されているようです。

私がiPod Photoを購入してから、まだ2ヵ月程。
購入した時点では、iPod Photoが発表されてから、かなり日が経っていましたが、それでも最近のiPodの進化は早いです。
iPod nanoは特に心揺らぎませんでしたが、今回のiPodはちょっと悔しかったです。
だって〜私が買ったiPod Photoと同じ値段ですよ。それでビデオ再生が出来るんですよ〜。
と言うことは、テレビに繋げばテレビでビデオが見れるということなんでしょうね。

しかし、コピープロテクトのかかったDVDとかは、iPodに入れることは出来ないのでしょうね。
そうなると今度はiTunes Music StoreからiTunes Movie Storeに変化していくのでしょうか。
音楽のダウンロード販売から、次は映画のダウンロード販売ですかね。十分有りうるな。

今回iPodと一緒に、新しいiMacも発表されていました。
iPodは知っていても、iMacは知らないって人多いでしょうね。以前はApple=Macでしたが、今やApple=iPodになっていますからね。
新しいiMacは、外見上は今までのiMac G5と同じですが、中身が一新されています。
附属のリモコンでiTunesやiPhoto、iMovie等を操作できます。このインターフェイスがとってもクールです。
興味の有る方は、ちょっと覗いてみて下さい。
http://www.apple.com/jp/imac/

どんどん新しい技術で新しい商品が開発されて、ますます便利になっていきます。
でも、使いこなさなければ無用で終わってしまうんですよね。
ただ、iPodにしてもMacにしても、私は楽しみながら使っています。
いくら素晴らしい技術が詰め込まれていても、使う人が楽しみながら使えなくては意味がないんですよね。
その点ではiPodもMacもとても力を入れていると思います。ほとんど説明書読まなくても、感覚で使えるし。(トラブルとややこしい場合あるが)

新しいiPodとiMac、凄く興味を持った商品ですが、買う予定はありません。
あ、間違えた。買うお金はありません(笑)

051013.gif
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年10月06日

新しい事務所

今日は私のデザインの師匠「T氏」の事務所に出かけておりました。
今月から事務所オープンして、お祝いを兼ねて行って来たのですが、一番の目的はMacのメンテナンスでした(笑)

数日前から様々なトラブルで、何度も電話がかかっていたのですが、もう自分の手に負えなくなってしまい、SOSが来たと言う訳です。
最初は「すぐに修復できるだろう」と思って行きましたが、なかなか原因が解りません。
時間だけが過ぎて行き、どんどん焦りが出てきました。

10/1のつぶやきでも、同じことを書きましたが、私はMacOSXをメインのOSとして使い、仕事も殆どがOSXでこなしています。
しかし、T氏の環境はOS9がメインなのです。ここ2年くらい、まともにOS9を使っていないので、完全に頭から記憶が消えていました。
何度も何度もシステムを調整して、「あぁ〜そうだそうだった」と思い出しながら、いろいろとやってようやくトラブル解決できました。

その後、OSXの説明やいろんな話しをしている内に、すっかり陽も傾き気がつけば夕方の5時半です。
いい加減帰らないといけないので、事務所を後にしました。
何か久々にOS9を調整していたら疲れました(笑)
忘れてしまった物を、思い出しながら設定するのって大変ですね。

それにしても綺麗な事務所でした。
建物も綺麗な建物で、4階建ての一番上の部屋でした。そんなに広くはありませんが、営業の方と二人で仕事をするので、広さ的には十分です。
部屋にはT氏の書いた、書き文字等が飾られていて、とてもオシャレな雰囲気です。
嫁さんと子供も一緒にお邪魔したのですが、嫁さんと「我が家(私の仕事場)とは偉い違いだな」と顔を見合わせていました。

私の仕事場は、今かなり散らかりまくっています(笑)
そろそろ片づけないといけないのですが、人間ってその環境に慣れると、それに馴染んじゃうもんなんですよね。
今ちょっと仕事が詰まっているので、一段落したら一気に掃除しなきゃ(と言いつつ気がつきゃ年末大掃除の気もする)
皆さん、仕事場は綺麗にしましょうね(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年10月01日

ちと焦った(^^;)

このつぶやき読んで戴いている方で、Macを使っている方手を上げて〜。
え〜っと、1、2、3、4・・・やっぱり数える程しかいませんね(笑)

冗談はさておき、私はMacを使い始めて、かれこれ12〜3年になります。
ちょうどDTPが広まり始めた頃から使い出しましたので、漢字トーク7ぐらいでしょうか。(お〜懐しい)
その頃はDTPもまだ珍しい状態で、様々なトラブルに見舞われながら、必死に勉強していろんな事を覚えました。

最近Macを使い始めた方は、おそらくMacOSXが見慣れた状態だと思います。
美しいグラフィックアイコンに、ドッグ、そしてドッグに収納される時の、グニュ〜って動きにビックリした人もいるかもしれないですね。
私もOS9からOSXに移行した時に、まず画面の美しさにビックリしました。
最初は戸惑いながら使っていましたが、その内慣れて、今ではOSXしか使っていません。

ただ、DTPは未だにOS9が主流で動いています。
ですから、時々OS9用のアプリケーションを使う事があります。その時にはOSXの中にあるclassic(疑似的OS9)という環境を使います。
それでも、OS9環境を離れて2年以上になるので、もうOS9の環境を忘れかけています。

先日、私のデザイナーの師匠のK氏から電話がありました。
Macのトラブルで教えてほしいとのことでした。今までもよくトラブルがあると、電話がかかってきていたのですが、この時は久々でした。
そして状況を説明してもらうのですが、K氏はまだOS9環境なのです。私はOS9の記憶を必死に思い起こしながら、状況を把握し考えられる対策を話すのですが、正直かなり忘れています。

しかしだからと言って、OSXのトラブルに慣れているか?と言うと、そうでもないんですよね(^^;)
OS9の時代には、簡単にシステムに機能を拡張でき、そのために様々なトラブルも発生しました。
でも、何かトラブルが起きれば、ひとまず機能拡張をOFFにして、原因のファイルを突き止めることができました。
ところが、OSXは簡単にシステムに機能拡張できないようになっていて、原因が解らない場合が多いのです。
そして何よりも、システムが安定しているので、トラブルが起こる頻度が少ないのです。

一度トラブルと、もうパニックに近い状態になってしまいます。
現在使っているPowerMacG5は、使い始めて1年4ヵ月経ちますが、トラブルらしいトラブルはまだありません。
そしてもう3年以上使っている、iMacG4も殆どトラブルはありません。
だから逆にトラブった時が恐いのです。

そして本日、ちょっとしたトラブルがありました。
PowerMacG5に入れたCD-Rが出てこなくなったのです。デスクトップにあるCD-Rアイコンを、ごみ箱にドラッグするも、出てきません。アイコンは消えるのですが、ウンともスンともCD-Rが出てこないのです。
イジェクトボタンを押しても無反応。仕方なく再起動して、再度現れたアイコンをごみ箱にドラッグするも同じ。
以前の古いMacなら、CD-Rの挿入口に強制イジェクト用のピン穴があるのですが、PowerMacG5にはありません。
散々悩んでいたのですが、ふとCD-Rの蓋を手で押し下げてみました。(G5のCD-Rの蓋はシャッターのようになっていて、イジェクトボタンを押すと、蓋が下に降りてCD-Rトレイが出てきます。)
するとトレイの横に小さなピン穴を発見。「これだ!!」とすかさずピンを挿し込むと、ようやくCDが出てきてくれました。

日頃何もトラブルなく使えていることは、とてもいいことなんですが、やはり突然トラブルと弱いですね。
OS9環境は忘れ、OSX環境は安定しているがゆえに、トラブル慣れしていない。
自分の環境でトラブルのはやっぱり嫌ですが、どんな時にどう対応すれば良いのか、有る低度勉強しておかなくてはいけないなぁ〜と思った瞬間でした。

最初に手を上げた数少ないMacユーザーの方々(笑)
周囲に同じMacユーザーがいないので、何かトラブった時に不安ではないですか?
そんな時にこそネットを使って、情報を交換していきましょうね。(ネットが使える範囲でのトラブルに限りますが)
Appleのサポートページには、ユーザー同士が様々なトラブルの情報を共有しているページもありますので、コチラも参考にしてみて下さいね。
トラブらないのが一番いいんですけどね。
http://discussions.info.apple.co.jp/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年09月08日

iPod vs ウォークマン

一ヵ月程前にiPodを購入しましたが、本日またもや新しいiPodが出たようです。
その名も「iPod nano」。写真見てビックリしました。メチャクチャ薄い。
鉛筆程の薄さで、約7mmらしいです。

そのコンパクトボディに、約1,000曲入れることが出来るわけですから、技術の進歩って凄いですね。
私はiPod Photoを購入したので、この新しいiPodはそんなに欲しいとは思いませんが、これからiPodを買おうと思っていた人には、また新たに選択肢が増えて悩むところかも知れませんね。
2GBが\21,800で500曲ほど入り、4GBが¥27,800で1,000曲ほど入るようです。
色も白と黒があり、黒いiPodもカッコいいですね。

時を同じくしてライバルであるソニーも「ウォークマン」を出しました。
こちらは「ウォークマンAシリーズ」のラインアップのうち、HDDタイプが20Gバイトの「NW-A3000」が\35,000程と6Gバイトの「NW-A1000」が\30,000程。発売日は11月19日らしい。
フラッシュメモリタイプも出ていて2Gバイトの「NW-A608」\32,000程、1Gバイトの「NW-A607」が\27,000程、512Mバイトの「NW-A605」が\22,000程のようです。こちらも発売日は11月19日らしい。

AppleのiPodをかなり意識して、ソニーも対抗馬のウォークマンを発表しましたが、やはりデザイン面ではAppleの勝ちですね。
ソニーはどうしてあのメカっぽさが抜けないのでしょうか。メカっぽさが好きな人にはたまらないのかも知れませんが、私はやはりAppleのシンプルでスマートなデザインが好きです。
発売日もAppleのiPodが本日からなのに対し、ウォークマンの11月19日はあまりにも遅過ぎますね。

私はiPod購入したばかりなので、購入意識はありませんが、今後iPodかウォークマンご購入予定の方は、是非参考にしてみて下さい。
iPodはコチラから
http://www.apple.com/jp/ipodnano/
ウォークマンはコチラ
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200509/05-0908/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年09月04日

新しいMacが仲間入り

ついに購入しました。PowerBookG4 12-inch SuperDrive。
いつかは買わなくてはいかないのは解っていたのですが、先立つモノ(金)が無くて、二の足踏んでました。
だからと言って、先立つモノが出来たわけでもないのですが、後払いということで購入を決めました。

仕事上でどうしても外で仕事をする場合や、講師の仕事が入った場合など、他にも嫁さんがたま〜に学会発表等で使うことがあり、以前使っていたPowerBookG3が壊れたからは、知人のPowerBookG4を借りていました。
しかし、そんなに頻繁に借りることも悪いし、現に今借りっぱなしになっていて、とても申し訳ない状態だったのです。
本人は「使ってないからいいですよ」と言ってくれますが、やはりここは自分たちが使う物だから、ちゃんと購入しておこうということで踏み切りました。
さぁ〜今まで以上に仕事頑張っていかなきゃ(怖)

我が家で一番新しいMacになるので、OSも最新の10.4(Tiger)が入っています。
一見今までの10.3(panther)とさほど変わりませんが、細かな点でいろいろ変わっているようです。
まだまだ使いこなせていないので、何がどういいかは解りませんが、ボチボチ使いこなしていきたいと思います。

しかしパソコンってどんどん進化していきますね。
数年前まで考えられなかった事が出来るようになっています。
そして数年前まで同じことをやろうと思うと、数百万くらいの投資をしないと出来なかったことが、今は数万円でできるようになってきたり、表現したい者にとってはとても恵まれた環境になってきていると思います。
だからこそ逆に、自分の頭の中でどれだけイマジネーションを膨らませることができるかが、勝負になってくるのかも知れないですね。

とにかく我が家に新しいMacが仲間入りしましたので、しっかり活躍してもらい、そしてしっかり使いこなして仕事をしていきたいと思います。
一番小さなPowerBookにしたので、持ち運びにも楽です。これなら旅行にも持っていけるかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年08月31日

iPod Photo大活躍

早いものでもう8月も終わりです。
一年の三分の二が過ぎてしまいました。
これから先、9月10月とどんどん加速して、11月に入ると一気に年末モードになっていくんですよね。
毎年早めに年賀状のサンプルを作ろうと思いながら、いつもギリギリになってしまいます。
今年こそ早めにやらなくては・・・・(^^;)

さて、本日の本題。
先程まで北海道で撮影した写真の整理をしていたのですが、今回は思ったほど写真撮っていません。
理由としては、デジカメが調子悪いのがひとつ。そして今まではパソコンを持って行っていたので、デジカメのデータをパソコンに移していましたが、今回はノートパソコンが故障でこれも出来なかったため、あまり撮影していませんでした。

それでも90枚程は撮影していますので、全く撮影していないわけではありません。
今回は私のデジカメの他に、嫁さんのデジカメも併用して、風景撮影は私のカメラで、家族写真は嫁さんのカメラで・・・という風に使い分けていました。
今回はノートパソコンが無かったのですが、実は強い見方がありました。それは先程購入した「iPod Photo」です。
実はこのiPod Photo、音楽が聴けるのはもちろんのこと、Macに取り込んである写真を転送することができるのです。
さらにはそこに音楽を選んでスライドショーで表示でき、テレビに繋いで見ることができます。

今回、家族の写真を取り込んで、北海道で見せました。
日頃見ていない写真だったので、とても喜んでもらいました。
そしてもうひとつ私がこの「iPod Photo」を購入する決め手になったのが、デジカメのデータを取り込めることです。
今までノートパソコンに取り込んでいたものが、この小さなiPodで代用できることになったのです。

しかしひとつ残念なことが判明。私のデジカメは古過ぎてiPodが対応しておらず、取り込むことができませんでした。
嫁さんのカメラは対応していましたので、データがいっぱいになるとiPodに移し、データを空にしてまた撮影していました。
もちろんiPodからMacにデータを移行できるので、一時的なデータ保存用として大活躍してくれました。

更には、車のFMラジオと同調させて、iPodに入れている音楽を流すことができ、移動中の車の中で音楽をたっぷり聞くことができました。
そして飛行機の中でもイヤホンで好きな音楽を聴いていました。
今回の北海道帰省では、iPod Photoが大活躍でした。
ひとつ残念だったのは、デジカメから取り込んだ画像は、テレビで表示できないことでした。
これがクリアできれば、旅行に行って日中撮りまくった写真をiPod Photoに移して、テレビを繋いで皆で見る。ということが可能になります。
是非、今後の課題としてAppleにはこの課題をクリアして欲しいですね。

でも、本当に今回の北海道帰省はiPod Photoが大活躍でした。
もうこれからは、重たいノートパソコンを持ち歩かなくても、iPod photoがあれば大丈夫です。
しかしデジカメが対応していないし、デジカメ自体がかなり調子悪いので、デジカメ買替えも考えていかなくてはなりません。
ノートパソコンも、時々必要になるので、やっぱり購入検討していかないと・・・・。
う〜ん、宝くじでも当てないと無理かな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年08月06日

ついにiPod

つ、ついに買ってしまいました〜iPod p(>▽<)q
iPod Photoの60GBを購入しました。やっとと言うか、ついにと言うか、とうとうと言うか(^^;)
ず〜〜っと昔から欲しかったのですが、ほぼ一日家の中で仕事をしていて、音楽もMacを使って聞いているので、iPod買っても使わないかなぁ〜と思い、躊躇していました。

しかし、iPod Photoになって、液晶がカラーになり写真が取り込めるようになったので、デジカメの写真ストックとして使いたいと思いました。
今まで奄美や北海道に帰る時は、ノートパソコンを持っていって、そこにデジカメのデータを移していました。
しかしその為だけにノートパソコンを持ち歩くのも辛いです。iPod Photoにデータが移せれば、メチャクチャ楽ちんです。
今までのiPod同様、音楽も聴けますから、旅行のお供には持ってこいですね。

買ってきて、まずは充電しているので、まだ使い始めていませんが、嬉しくってニヤけてしまいそうです。
とりあえずは本体のみ買いました。また日を改めて、車中で聞くためのオプション、そしてデジカメと接続するためのオプション等、買おうと思います。
これで私もiPodユーザーだ(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年05月26日

スライド制作

久しぶりに、ズルつぶやきでしています。
昨夜は嫁さんの学会発表の、スライド制作で夜中遅くまで作業していて、つぶやくことができませんでした。

今までも何度かスライド制作はしており、慣れていたので手間取りはしなかったのですが、何せページ数が35ページですから、簡単には終わりません(^_^;)
夜中遅〜〜〜くまでかかって、何とか形になりました。

スライドと言っても、パソコンからプロジェクターに繋いで行うので、一般企業で言うと「プレゼンテーション」と同じ形式ですね。
プレゼンといえば、皆さん当然使うのが「PowerPoint」だと思います。
私も最初は使っていました。しかし、今は使っていません。正確には最終ファイル形式はPowerPointにしますが、基はillustratorで作っています。

何故そんな面倒くさいことをするのか?と言いますと、PowerPointで作ると、どうしても「デザイン性」に落ちるのです。
まず一番の問題が「フォント」です。私はMacを使って作りますので、たとえPowerPointのMac版で、美しいフォントを使って作ったとしても、Windowsで開いた時には、MS明朝やMSゴシックに変わってしまいます。そして下手すると、文字のプロポーショナルの関係で、文字がはみ出したりして、レイアウトがボロボロになります。

そこで、illustrotarを使い、いつも仕事でデザインするのと同じ要領で、レイアウトを行った上で、画像書き出ししてPowerPointに画像として貼っていくのです。
この方法なら画像ですので、Macで開こうがWinで開こうが、PowerPointさえあれば問題なく使えます。

私自身が、DTP講座などで講師をする時に、同様にプレゼンすることがあるのですが、その時はまた別の方法を使います。
Mac版PowerPointとも言える「Keynote」というソフトを使います。
このソフトはハッキリ言って、メチャクチャ使いやすく、さらにデザイン性が最高です。このソフトを使ってからは、PowerPoint全く使わなくなりました。

本当はこのKeynoteで、嫁さんのスライドも作ってノートパソコン持参で、発表をさせたかったのですが、何せ我が家のPowerBookは古くて、さらに数日前に故障が判明(;_;)
今回は、昔の方法に戻り、illustratorで作りました。

たかがスライドだから、そんなにデザイン性がどうのこうのって言わなくても・・・・と、思いの方もおられるかも知れませんが、綺麗にまとめ上げられた物と、そうでない物とは、やはり「見よう」という意識に差が出てきます。

今度発表する時は、Keynoteで作ってやりたいけど、そうなったらPowerBook新しくしないと無理だろうな。
誰か私にPowerBookG4恵んでくれません(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年05月21日

かなしいとき〜♪

今日は嫁さんが仕事休みで、子供もお休み、朝から何かとちょっかい出してきます。
そしていつもなら、お母ちゃんと子供共有のiMacで、DVD見たりネットのゲームしたりするのですが、お母ちゃんが学会発表寸前で、今日は朝からiMac占領。

子供は戦隊ヒーローのHPや、ドラえもんのHPのゲームをやりたくて、ウズウズしています。
あまりに五月蝿いので、すぐに飽きるだろうと思い、私の使っているPowerMac G5をしばらく使わせました。

すぐに飽きると予想していたのですが、1時間経っても一向に離れる雰囲気ではありません。
このままでは、ず〜っと使いそうなので、ノートパソコンのPowerBookG3を使わせようと、引っ張り出してきました。
我が家には、この3台のMacがあるのですが、PowerBookは一番古くて、使用頻度も少なくしばらく使わずに置いていました。

これでようやく仕事が出来る・・・・と思い、PowerBookの電源をON。
・・・・・・・・しかし、何も起きない???
あれ?おかしいな??もう一度、電源ON。
・・・・・・・・やっぱり、何も起きない。

コンセントはちゃんと入れたし、繋がっているし・・・・あれ?
まさか壊れたのか、ガッビ〜〜〜〜ン(T_T)
その後いろいろ試すが、まったく何も反応も無し、あまりにも長いこと使ってなかったので、すねてしまったのだろうか。

このPowerBookは、買ってからもう5年くらい経つので、そろそろ買い替え時期ではあるのだが・・・・買えないよ〜(@o@)
頼むよ〜PowerBook起きてくれ〜。
しかし、その後PowerBookが再び、「ジャーン!!」という起動音を聞かせてくれることはありませんでした。

原因は解りませんが、コンセントケーブルの不良かも知れません。
とりあえず、一度修理に出して、修理費用の見積とるしかないですね。
はぁ〜、参った。実は他にも調子悪い機器があるんですよね。
それは、以前壊れて修理に出したデジカメ。以前は電源スイッチ部分が「ポロリ」と取れてしまったのですが、今回はフラッシュがたけません。
ストロボ設定にすると、シャッターが押せなくなってしまうのです。

このデジカメも、もう5年ほど使っています。
こちらも買い替え時ではあるのですが・・・・買えないよう(@o@)
PowerBookは、30万ほど、デジカメも一眼レフのタイプは、安くても10万から。

何でこう立て続けに調子悪くなるんだぁ〜
取り合えず、PowerBookは修理見積り。デジカメはストロボ無しで使うしかないか(T_T)
もうこれ以上、調子悪い機器出ないでくれよ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年03月23日

Macのススメ

ご存知の方も多いかも知れませんが、私はず〜〜〜っとMac(Macintosh)を使っています。
Windowsも使ったことはありますが、買ったことはありません。正直買いたいとは思いません。
こんな書き方をすると、Windowsユーザーに反感をかうかも知れませんが、使いにくいし愛着がわきません。

たかだかパソコンなんだから作業が出来ればいい。という意見の方も大勢いると思いますが、私の場合、仕事で毎日毎日それも一日の半分くらい使っている場合も多いのです。
ですから、「作業ができればいい」という気にはなれません。

そもそも私がMacを使い始めたのは、グラフィックデザインの仕事を始めて2〜3年後のことでした。
今まで、紙に手書きで描いて、色は頭の中でイメージして仕上げていく作業が、Macを使うことにより、思いのままに作業し色を着けていけることに、物凄く感動したことでした。

当時、印刷業界はDTP(デスクトップ・パブリッシング)と呼ばれる、パソコンを使って作業をするスタイルに移行していました。
初めて触ったMacも、当時勤めていた会社が、DTP化に向けて導入したMacでした。

自分の頭の中にイメージしたものを、illustratorやPhotoshopを使って、自由自在に制作できることに、物凄い喜びを覚え、無我夢中で勉強したものでした。

最初はMacでしか使えなかったillustratorやPhotoshopも、時代の流れと共に、Windows版も出始め、Macでなくても同じようなことをWindowsでもできるようになりました。
Macに比べてWinのマシンは、価格的に安い物が多く、コスト面で考えると、当然Winマシンの方が有利でした。
それが理由で、MacからWinに切り替えた人もいると思います。

しかし、私にとっては、Windowsではダメなのです。
おそらくグラフィックデザイナーや、クリエイターと呼ばれる方々は、大半がMacを使っていると思います。
それは、単にデザイン性がいいからというだけでなく、デザイナーやクリエイターが仕事の道具として使うからだと思うのです。

プロの料理人が包丁にこだわり、大工が道具にこだわるように、デザイナー・クリエイターにとって、Macは道具なんです。
Windowsも道具になりますが、使い勝手がよくないのです。Macのように直感で使えない。

私はよくいろんな人から「パソコンを買いたいけど、MacとWindowsとどっちがいいの?」と聞かれることがあります。
その時必ず聞き返すのが「パソコンで何がしたいの?」です。
単にインターネットやメールをするだけとか、会社でやる仕事を家でもやる、と言うのなら迷わずWindowsをオススメします。
しかし、パソコンでいろいろとやりたい。仕事に使うのではなく、何か楽しみたい。と言うのなら、絶対にMacがオススメです。

いろいろと私の思っていることを書きましたが、決してWindowsを否定しているわけではありません。
パソコンを買おうと思った時に、「パソコン=Windows」という意識しかなく、Macという選択肢が抜けている人がとても多いのです。

パソコンを買おうと思っている方、一度Macというモノがどんなモノなのか、よ〜く触ってみてから決めてみてもいいと思いますよ。
それから決して私は、Appleの回し者ではございません(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2005年01月12日

Macworld SF 2005

ぬおぉ〜〜〜〜、昨夜「私が欲しい物」なんてつぶやいていたのに・・・・・。
Appleめ、やってくれおるわい。また欲しい物が増えたやないかい。
今までもiPod欲しいって思っていたけど、今回のiPod Shuffleと、iLife'05とiWork'05はかなり欲しいな。
欲を言えば、Final Cut ExpressHDも欲しい。う〜ん困ったぞ。

こうやって、1万前後の物を数点買うと、気がつきゃ5万くらい使ってしまって、結局大きな買い物は諦める形になるんですよね。
でもやっぱり欲しいなぁ〜。

ここ見ている人で、Macを使っている人って、結構いると思うんですが、iLife持っている人いるんでしょうか?
まずOSXを使っているのが前提になってしまうので、その時点で減ってしまう可能性ありますね。
最近Macを買った人なら、最初からOSに組み込まれているので、iPhotoやiTunes使っている場合もあると思いますが。

結構便利なんですよね。特にiTunesとiPhotoはもう必需品に近いですね。
音楽聴くのはiTunesでじゃんじゃん聴いていますし、デジカメ繋げば自動的にiPhoto起動して、ボタンひとつで写真データ取りこめますからね。

iMovieはあまり使っていませんが、iDVDは結構使いますね。
Final Cut Expressで作ったMovieを、iDVDに取り込んでDVD-Rに焼けば、そのままDVDプレイヤーで再生できますからね。

今回のiLife'05で、各アプリケーションともに、いろいろと機能アップしているようなので、やはり欲しいところですね。値段も8,190円と手ごろだし。

iWork'05もプレゼンソフトのKeynoteがバージョンアップされたのと、Pagesというワープロソフトがセットになっているようです。
Windowsで言うなら、PowerPointとWordのパッケージというところでしょうか。
Pagesは初めて登場するソフトなので、その評価は未知数ですが、Keynoteは私自身かなり気に入っているので、今回のバージョンアップはとても嬉しいです。
仕事として使う機会は少ないのですが、とても使いやすく、テーマのデザインも美しいので、Keynoteを使ってからはPowerPointは全く使わなくなりました。
ただひとつ残念だったのが、Keynoteで作ったファイルをWindowsやKeynoteの入っていないMacで再生する場合。
QuickTimeかPowerPointかPDFで書き出すしか方法がありませんでした。
QuickTimeだと、Movieとしてそのまま流すだけなので、インタラクティブ性がなく、プレゼンテーションとしては使えません。
PowerPointに書き出すと、Keynoteで用意されている機能は全て使えなくなってしまい、せっかくデザインに凝って作っても、ただのプレゼンテーションになってしまいます。
PDFに書き出した場合も同様のことが言えます。

しかし今回のバージョンアップで、Macromedia Flashファイルとして書き出せるので、インタラクティブ性がかなり期待出来そうです。
そう考えると、う〜んやっぱりこれも欲しい。
でも、もう少し待って、各誌の評価等見てから決めよう。

あ〜〜〜欲しい物だらけになってしまったぞ〜。
年末ジャンボでも当たってりゃね(^^;)

ちと今日はかなり専門的なつぶやきになってしまいました。
大半の方には???な内容だったと思います。スミマセンm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2004年05月03日

新たな環境

昨夜はつぶやけずに寝てしまいました。
と言うか、1日の晩も呑んでいて、2日の朝につぶやいていました。
東京から弟が来ていて、呑んでいてつぶやけませんでした。

実は今日も友人たちが来ていて、先ほどまで呑んでいました。
呑んでばかりやないか!!という声が聞こえてきそうですが・・・・(^^;)
今日は頑張ってつぶやいてから寝なくちゃ。

昨日つぶやく予定だったのですが、酒呑んでパソコンの前に座ったまま、寝ておりました(^^;)
昨日つぶやく予定だった内容ですが、本日つぶやきます。ご了承くださいませ。

昨日、ついに念願のPowerMacG5を購入しました。
ニコニコ現金払いにしたくて、ずっと頑張っていたのですが、さすがにiMacでは無理が出てきたのと、嫁さんが仕事で使いたくてもiMacが使えない(私が独占している)ので、一時金を払って、残りのお金を年末に支払う形で購入しました。

今までの環境から一変しましたので、スピードといい画面の広さといい、驚きの連続です。
これでジャンジャン仕事できますね。仕事お待ちしております(^o^)ってここで営業してどうするねん。

しかし、時代の移り変わりはホントに早いですね。
iMacを購入したときは「なんという早さだ!!」と感動し、その当時使っていたG3が、色あせてしまったものですが、そのiMacが色あせてしまうほどG5はすごいです。

私がMacを使うようになってから、10年になりますが、その間にどんどんパソコンの性能はよくなり、値段も下がってきました。
10年前にはこんな環境が手に入るなんて想像もできませんでしたからね。

ようやくセットアップが終わり、ボチボチ使い始めていますが、まだまだ本領発揮していないと思います。
休みが明けて、仕事をどんどんやり始めたら、G5の素晴らしさに改めて感動することでしょう。

でも、今日は酒入っているので、もう寝ます(^^;)
オヤスミナサイm(__)mZzzz
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2004年03月24日

FDからDVDへ

昨日からまたウイルスメールが届いている。
3件ほど拡張子がpifの、添付ファイルで送られてくる。
また新たなウイルスが広まっているのだろうか?

自然界のウイルスは、暖くなって湿度が上がってくると、衰えてきます。早い話が、冬の終わりと共にウイルスもお別れするのですが、デジタルのウイルスは、そんなこと関係ありませんからね。
全くいい加減にしてほしいものですナ┐(`х)┌

しかし、出回っているウイルスメールは、Macには無関係な物なので、感染する恐れがないのは不幸中の幸いです。
Macを標的にしたウイルスって殆ど無いと思うのですが、昔々に一度広まって大騒ぎしたことを思い出しました。

ウイルスの名前はもう忘れましたが、その頃はまだ今ほどネットが普及しておらず、感染の元はCD-RやFDでした。
特にFDでの感染による広がりが多く、会社のMacに取引先から来たFDを入れたところ、ノートンのアンチウイルスで、ウイルスが検出され大騒ぎしたのを覚えています。

あれから5年以上の月日が経ちましたが、Macのウイルスは話しに聞いたことがありません。(私が知らないだけかも知れませんが)

しかし、ふと思ったのだが、あの頃はFDが大活躍していたんですよね。でも今はFDなんていつから使ってないだろう?
だいたいiMacにはFDドライブ無いし。FD程度のデータはネットでやりとりするから要らない。ってAppleの考えで付いてないんですよね(^^;)
まぁ、実際確かにネットで送って、FDは全然使っておりません。
いざ必要と言う時のために、外付けFDドライブありますが、全く使っていません。

最近はデータの移動はMO、もしくはCD-R。バックアップはDVD-RW、保存はCD-R&DVD-Rになりました。
最近のブロードバンド化に伴い、ネットでの扱うデータ量が増えたこともあり、MOも以前より使用頻度が落ちました。

時代の変化ですね。5年前の状況と比べると、物凄い進歩です。
あの頃は、GBなんてデータを扱うなんて、想像も出来ませんでした。
ましてやDVDを使うなんてことは、夢のまた夢でしたからね。
それが今では、バックアップやデータの保存にDVDを使い、iDVDを使って手軽にDVD-Videoも作れるようになりました。

近いうちに、子供が赤ちゃんの頃から録り貯めた、ビデオをDVD化したいと考えているのですが、iMacではちょっと荷が重いので、G5を買えた時には実行したいと思います。

そういや、iMacの方のバックアップ作業を最近していないな。
仕事が一段落したら、バックアップしなくちゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2004年02月06日

またまたGareageBand

前々日にも書いた、作曲できるアプリケーション「GareadeBand」について再び。
前回書いた時には気づかなかったのだが、このアプリケーション、なんと録音も出来た。
外部マイク入力で音を入れてHDレコーディングすることが可能なのだ。

今までパソコンに録音する時には、録音用のアプリケーションを使って録音していたが、それはただ録音するだけ。
何が言いたいのかというと、このGareageBandは音楽を再生しながら、歌声を録音することができるのです。
片方のトラックで音楽を再生しながら、もう片方のトラックで歌声を録音していく。
おまけにヴォーカル用のエフェクト機能まであって、エコーやディストーションを加えたりできる。

音楽CDのデータを取り込むことができるので、試しにやってみた。
平井堅の大きな古時計のカラオケヴァージョンを取り込み、再生しながら、自分の歌声を録音する。
面白いほど簡単に出来ました。面白いので、子供に唄わせて録音してみました。
子供は歌詞を覚えていないので、私が耳元で唄いそれを子供は聴きながら唄ったのです。

歌い出しの前に、「これ何の音楽?」とか間奏途中で「上手やろ」とか話している声も入り、自信なさそうに小さな声で唄ったり、突然大きな声で唄ったりして、何とか唄い終わりました。

あまりに出来上がりが面白いので、CD-Rに焼いて、仕事終わりのお母ちゃんを迎えに行った車の中で聞かせました。
これにはお母ちゃんも大爆笑。仕事疲れも吹っ飛びました。

これはますます、オリジナル曲のCD化が現実可能になってきました。
でも、音を作っていかなくてはならないので、当分先の話ですけどね。
しばらくは、カラオケのような遊び方できそうです。
ご自分のカラオケCD作りたい方、是非デザイン工房アイランドの簡易スタジオをご利用下さい(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2004年02月04日

作曲家になれちゃいます

本日注文していたアプリケーションが届いた。
Appleから発売された「iLife04」というアプリケーションなのだが、5800円で5種類のアプリケーションが入っている。
iPhoto・iTunes・iMovie・iDVDに関してはバージョンアップなので、それほど必要性は感じていなかったのだが、今回加わったGarageBandというアプリケーションが欲しくて注文した。
以前のひとり言でも「欲しい〜」と叫んでいたので、ず〜と読んでいる方は「あぁあれか!!」とお思いになるかも知れません。

このGaregeBandというアプリケーションが、何故欲しかったのかというと、簡単に作曲ができるのです。
私は中学生の頃から、ずっと趣味でギターを弾いていて、何度かバンドもやったことがあります。そして、一時期オリジナル曲を作ろうと、作曲をしたこともあります。
しかし、所詮ギターしか弾けません。頭の中にピアノの旋律のイメージや、ドラムのリズムパターンのイメージがあっても、それを音にする手段がないのです。

ピアノを弾ける人間に「こんな感じのイメージ」と口頭で伝えるのですが、伝わるわけがありません。
そして何よりの一番の弱点が「譜面を書けない」というところにありました。一音一音ピアノのイメージをギターで拾っていっても、それを譜面にするのはとてつもない作業です。

そんな中Macを使うようになり、MIDI音源とMIDIアプリケーションを使って、音楽を作れる事を知り、チャレンジしたこともありました。
Macで譜面を作って、それを好みの音で再生できるので、かなりイメージに近い曲を作れそうな感じでした。
しかし、この作業も一音一音?を入力しなければなりません。ピアノのパートを入力し、ベースを入力し、ドラム・・・と、気の遠くなる作業でした。結局途中で断念してしまいました。

今回のGaregeBandは、あらかじめいろんなジャンルの、いろんなイメージの音のループが入っていて、それをトラック上に貼り付けていくだけの、簡単な作業です。
10分もあれば、それらしい雰囲気の曲ができちゃいます。

ただ、それではただの素材集の張り合わせですが、GaregeBandのいいところは、貼り付けた素材集を編集して、自分のイメージする音に変えていけるところです。
ですから、おおまかに近いイメージのループを選んで、トラックに読み込み、自分のイメージに近いものに作り直せます。

本当に簡単ですが、音もリアルで、なかなか本物っぽいアプリケーションです。さらにでき上がった曲を、一発でiTunesに書き出すことができるので、それをCD-Rに焼いて音楽CDも作れます。
昔作曲した物や、これからいろいろ作って、今度は曲もオリジナルの完全オリジナルCDを作ってみたいですね?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2003年12月13日

告別式!?

ついにこの日がやってきました。
昨夜からめちゃくちゃ調子の悪かった、G3のモニター。
本日その生涯を全うしました。
最後の叫びにも似た、ジジジジジッ、プチッという音と共に二度とその輝きを取り戻してはくれませんでした。
思えばこの5年間、故障らしい故障もなく、仕事をこなしてくれました。安らかに眠りたまえ、ア〜メン・・・・・。
などと、感傷に浸っている場合ではなかった(^^;)
年賀状の仕事や、DTP関連は全てG3で行っていたので、データを移さなければいけない。
パソコン本体は生きているが、モニターが全く見えないので操作できない。そこでiMacからG3に接続して、必要と思われるデータを全てバックアップした。
当分の間はサブマシンのiMacで仕事するしかないですな(T_T)
サブマシンといってもG3よりも、性能は高いので仕事するには支障ないのですが、iMacのモニターは15インチなので、作業領域が狭いのが難点。
何とかお金ためてPower Mac G5を買えるように頑張らなきゃ〜。先は永いけど(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2003年12月12日

そろそろ寿命!?

今現在使っているメインパソコンのPowerMacG3は、購入してかれこれ5年になる。
今まで故障らしい故障も無く、無事に仕事をこなしてくれている。
しかし、DTP(デスクトップパブリッシング=要は印刷物の仕事)はなんとかG3で出来ているが、それ以外のことに関しては、サブマシンのiMacを使っている。
ハッキリ言ってiMacの方が、性能がいいのである。う〜ん悲しい現実(T_T)
まぁ、こんな状態で2つのパソコンを使い分けながら、やっているんですが、そろそろ真剣にG3がやばいかも知れない。
とは言っても本体の方は元気でして、問題はモニターの方。
最近よくモニターがリセットされたような現象が起きる。突然「プチッ」と音がして、電源を入れ直したように画面が一瞬落ちるのである。
そしてここ数日、さらに現象が進んで、画面が一瞬落ちる現象が連続して起きるようになった。音にすると「プチップチップチップチップチップチップチップチップチップチッ」といった感じである。
ハッキリ言って恐い。前触れも無く突然起きるので、ビックリしてしばらく画面とにらめっこするしか無いのである。
さらに本日、もっと深刻な状態になっている。この「プチッ」となる現象。今までは1日に5〜6回程度だったのが、先程から数十秒に1回の割合で起きている。
こんなんじゃ、とても仕事にならない。
う〜ん困ったな。どうしよう(T_T)
とりあえず、今夜一晩ゆっくり寝かせてあげて、明日もう一度様子を見てみよう。
それでも変らないようだともうダメかも知れませんね。
そうなりゃ〜iMacで全てやるしかないか。はぁ〜、G5が欲しい〜。
まじで宝くじ当たってくれ〜
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2003年11月27日

子供とパソコン

今日、ネットの検索で探し物をしていたら、偶然ドラえもんのゲームが出来るサイトを見つけた。
ゲームの内容は、やはり子供向けであったが、我が子に見せたら喜ぶと思い、お気に入りに登録した。
そして、子供が帰ってきて、夕食・お風呂を済ませサイトを見せてあげたところ、思っていたとおり大喜び。
同じゲームを何度も繰り返し遊んでいました。(というか、このひとり言書いてる側で、まだやっています(^^;)早よ寝ろよ)
しかし、子供ちゅーのはホントに覚えるのが早いですね。
我が子は1歳の頃から、私のまねをしてパソコン触っていましたから、4歳となった今は、勝手に電源立ち上げて、ブラウザー立ち上げて、お気に入りのゲームやっていたりします。
そのうち親よりも操作を覚えて「お父ちゃん違うよ、こうだよ!!」なんて指導されるんじゃないかと、今から心配しています。
最近ひらがなを覚えるのに興味を持ってきているので、今度キーボードで入力させてみようかなと企んでいます。
しかし、パソコンに頼りすぎると良くないので、なるべく鉛筆を握らせ、字を書いて、絵を描いて、アナログとデジタルの両方をやらせようと思っています。
何しろ「お絵描きする〜」と言って、パソコンの前に座って、タブレットとタブレットペンを引っ張り出してくるのですから・・・・(^^;)
おまけにペインターで塗り塗りした後、ショートカットで「全て選択→削除」まで覚えて操作しています。ハッキリ言って子供らしくねぇ〜。子供はやっぱり、鉛筆やクレヨンで紙いっぱいに描くもんだ。
託児所では当然クレヨンで塗り塗りしていると思うのですが、家でもなるべくやらせたいと思っています。
ドラえもんのゲームやってみたい方は↓で見てください。(子供むけですが)
http://dora-world.com/top.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2003年10月18日

Windowsユーザーの皆様へ

私が日頃パソコンで音楽を聴いている、iTunes(アイチューン)というソフトが、windowsでも利用可能になった。
音楽CDを入れて再生するのはもちろんだが、ボタンひとつでMP3に変換してパソコンに取り込める。
さらには取り込んだ音楽を、自由にセレクトして、これまたボタンひとつでCD-Rに焼くことが可能なのです。(注 windows版を試したことないので、ドライブが対応しているか解りませんが)
おそらく、windowsでも同じようなソフトはたくさんあると思いますが、とても簡単に操作できるので、一度試してみることをお奨めします。
それと、MP3プレーヤーとして、爆発的に売れているiPodと音楽データをシンクロできる点も嬉しいですね。
パソコンにiTunesで取り込んだ曲を、iPodに落とし込んで持ち運べます。
私もiPod欲しいのですが、まだちょっと手が出ません。その内買いたいと思っているんですが。
米国では、iTunesからネット経由で曲を購入する、iTunes Music Storeというのがあって、簡単に曲を購入できるみたいです。(こちらも爆発的に売れているらしい)
日本での展開は、音楽著作権のからみでどうなるかわかりませんが、是非とも実現して欲しいですね。
興味のある方は、是非一度下記サイトからダウンロードしてみてください。(10/21(火)よりダウンロード開始です)
http://www.apple.co.jp/

031018-1.jpg

031018-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2003年08月05日

ビデオ編集

以前(正確には7/9)に怒りのひとり言で、ビデオ編集ソフトの開発中止の事についてつぶやいたが、今回は嬉しいニュースだ。
Adobeが開発を中止した、Premiereユーザーを対象に、AppleがFinal Cut Expressに無償で乗り換えることができるキャンペーンを始めたのだ。
やった〜、もう迷うことなく応募しよう。だって無償ですからね。
PremiereのインストールCDを送ると、代わりにFinal Cut ExpressのインストールCDを送ってくるらしい。
当分Final Cut Expressを使って、慣れてきたらFinal Cut Proへのアップグレードを考えよう。(お金も無いし)
しかし、世の中どんどん進歩しますね。私がMac使い始めた頃は、ビデオ編集なんてとんでもない話で、そんな機械やソフト揃えようもんなら、数百万っていう世界だったのに・・・。
いまや、iMacで簡単にビデオカメラから取り込み、ある程度の編集ならiMovieで出来て、さらにiDVDでDVDビデオに仕上げることが出来るんですからネ。
ビデオカメラの値段入れたとしても、35万円程で可能だということになります。昔数百万円使って機材揃えた人からすると、「あの投資は何だったんだ」って感じでしょうね。
あ、でも、本格的にビデオ編集するなら、それなりのソフトとパワーのあるマシンが必要なんで、100万くらいは必要かも知れませんけどね。
でも、一般の人間が気軽にビデオ編集できるのは、嬉しいことです。
あとはビデオ編集するための、時間が必要かな。(これが一番大変だったりして)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2003年07月09日

怒り爆発

ちょっと専門的な話だが、DTV(デスクトップ・ビデオ)のアプリケーションに、アドビシステムズのPremiere(プレミア)という物がある。
ビデオや写真を取り込んで、編集できるアプリケーションなのだが、専門知識がなくてもある程度使えて、かなり凝った事が出来るので、私も愛用していた。
ところが、この度このPremiereのMac版が開発中止になってしまった。理由はAppleがFinalCutProという、DTVアプリケーションを開発し、販売しているため。
ようはMacを使っている人は、FinalCutProに切り替えるか、Windows版のPremiereを使えって事ですな。なめとんのか(▽▽#)
こっちは高い金だして、バージョンアップしてるんだぞ。そっちの都合だけで勝手に開発中止するな。そりゃ〜確かにMacユーザーは少なくて、さらにAppleがライバルアプリケーション出して、さらにユーザーは減ったかも知れない。でも、それでも「やっぱりPremiereの方が使いやすいや」と思わせるような努力をしてもいいんじゃありませんか?
昨年末に6.5にバージョンアップして、MacOS Xにも対応したものの、やたらと動きが重いし、どうも不安定、よく落ちる。しかも、全く改善する様子も見えない・・・と思ったら、今回の開発中止。金返せちゅうねん(▽▽#)
せっかくDTVも、もっと勉強していこうと思っているのに、やる気なくしてもうた。真剣にFinalCutに乗り換え検討しようかな。でも、値段高いからFinalCut expressで様子みようかな。どっちにしても金いるけど(;_;)
AppleがPremiereからの乗り換えキャンペーンとかして、安く販売してくれないかな。
今日はかなり怒りモードのひとり言になってしまった。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2003年05月21日

再びパソコン話し

掲示板にも書き込みされているが、友人のパソコンが起動しなくなったらしい。
私や友人が使っているパソコンは、Macintosh(通称マック←ハンバーガーではない)グラフィックデザイナーや、DTP、映像関係などのクリエイターは大半がマックユーザーである。
一昔前まではMacはよく落ちる(確かによくフリーズした)と言われていたが、OSがX(10)になってからは、システムがフリーズするということは、殆ど無くなった。
しかし、その反面、万が一フリーズした時の対処方が解らない。OS9までは何かトラブルがあっても、おおよそ原因が分かった。OS7時代から蓄積されてきたノウハウがあったので、マックユーザーと呼ばれる人間は、大抵自分で何とかしていた。
だが、OSXは別物である。確かにシステムは昔から比べると、比較にならない程安定している。そして何よりも、画面表示やアイコン等のデザインが美しい。
私もとても気に入っているし嬉しい。が、昔のノウハウが全くと言っていいほど通用しない。もしトラブったらお手上げである。
何しろOSのベースはUNIX。パソコン専門の人にはわかるだろうが、グラフィックやりたくてMac使っている私にとっちゃ〜UNIX?美味いんか?ってな具合である。
しかし、「わからん」とばかりは言ってられんな。災いはいつ来るかわからないから、トラブった時の対処法ぐらいは勉強しておこう。(ちなみに画像は使っているiMac)

030521.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2003年05月17日

パソコンの話

最近仕事で使っているパソコンが調子悪い。
昨年末から調子悪くなりながらも、何とか今までもっている。
しかしこのところ、何かおかしい。何とは言い切れないのだが、何かがおかしい。
時折ぶ〜〜〜〜んという音がなったり、使っているアプリケーションがいきなり落ちる(-_-#)
もう4年前に買ったパソコンだからなぁ〜。かなりご老体なのは確かだ。
とりあえず今日は定期検診をする事にした。パソコンのお医者さん(ノートンユーティリティ)で検診。「重大な問題がありました」とメッセージが出たが、ノートン先生に解決してもらい、ひとまず検診を無事終えた。
明日からは、少しは元気になるかな?でも今年中には買い換えたいなぁ〜。無理かなぁ〜。
最悪メインのパソコン死んだら、サブのiMacで仕事するしかないか。でもサブの方が、性能は上だったりする。情けない(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh