2013年11月20日

復活したMacコーナー

131120.jpg

先日、夕方から買い物に出かけた日。
ジョーシン電機に立ち寄った。
今使っている体温計が、どうも調子悪くて、さっきまで38度の熱だったのに、もう一度計ったら36度。
体温が上げ下げするので、そろそろ買い替える事にした。
息子が生まれた時から使っているので、もう14年以上使っている。
さすがに寿命だと思う。

以前、ジョーシン電機に来た時に、閉店セールやっていたので、まだやっているかも?と淡い期待で来ました。
しかし、とっくに閉店セールは終り、新装オープンとなっていた(^^;)
そりゃそうだ。店だっていつまでも閉店セールやってられない(笑)

目的の体温計を買った後、新装オープンとなった店内を散策していました。
置いてある賞品は変わらないのに、店のイメージが変わるだけで、新しく感じるのは不思議ですよね。
こうやって錯覚に陥って買ってしまうのでしょうね(^^;)

だが、しかし、新装オープンで明らかに新しくなった物があった。
なんとMacコーナーが出来ていたのです。
正確に言えば、Macコーナーが復活したという方が正しい。
以前はMacコーナーあったのですが、前回の改装の時に無くなってしまった。

今、使っているiMacとiPadは、ここのジョーシンMacコーナーで購入した物。
復活したMacコーナーで、すかさずiMacやMacBookなどを触ってみる。
iMacもさらに薄くなり、画面表示が美しい。
MacBookAirは、めっちゃ薄くて軽い。
我が家のPowerBookG4が、まるで化石のようにすら感じる(笑)

新しく発表された物を、実際に触れるのはやはり嬉しい。
もうすぐMacProが発売されると思うけど、さすがにMacProは置かないだろうな。
置いてくれたら、絶対に触りに来るのに(笑)

Macコーナーが復活した事で、これからジョーシン電機に来る機会も増えそうです。
子供達は必ずキッズランド(おもちゃ売り場)に立ち寄るので、私はMacコーナーに入り浸りになりそう(^^;)
MacProなんか置かれた日にゃ〜、半日くらい入り浸りそうです(笑)
また次の改装の時には、消えてしまうかも知れないMacコーナー。
ある内に目一杯活用させて頂きます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | Macintosh

2013年10月23日

驚きのOS無償化

131023.jpg

アップルから新しいiPadが登場しました。
その名も「iPad Air」。
Airが付く製品は他にもありますね。
「MacBook Air」です。

MacBook Airのように、従来のiPadよりも薄く軽くなりました。
私が持っているのが、iPad2ですので、かなり性能もアップしているのでしょうね。
でも、私は今のiPad2で十分です(^^;)

今回の発表の目玉は、このiPad Airだったと思うのですが、私はそれ以外の事で驚きました。
一番驚いたのが、新しいMacOSの発売開始でした。
新しいOSの名は「Mavericks」。
これまで続いて来た、ネコ科の名前は使われなくなりました。
さすがにネタ切れなんでしょうね(笑)

この新しいOSのMavericks。
何が驚いたって、発売開始と言いながら無料提供なんです。
OSが無料ですよ。
これまでなら1,600〜1,800円くらいでした。
この値段でも驚きの値段だった。
だって、数年前までは新しいOSを10,000円〜20,000円くらいで買っていたんですから。
それが無料提供となったのです。

さらに驚きなのが、これまでMacOSに付いて来たiLife(IPhoto・iMove・GaregeBandなど)に加え、iWork(Pages・Numbers・Keynote)までもが付いてくるらしい。
つまりは新しいMacを買うと、もれなくiWorkもセットで付いて来るって事ですね。
Mavericksを入れたらこれにも付いて来るのだろうか?
その辺はテストしていないので解りません。

それにしても、MacOSの無償化には驚きました。
アップルにとっては、OSはMacの中の一部という考えなのでしょうね。
より使いやすいOSにして行くためには、OSにお金を払ってもらうよりも、新しいMacに使ってほしいと言う事でしょう。

Mavericksの無償提供に、思わず心が揺れてアップグレードしたくなりました。
しかし、簡単にアップグレードする訳には行きません。
仕事でMacを使っている以上、アップグレードには慎重に対応しないとエラい事になる。
アップグレードして使えないソフトが出て来たら、そこで仕事がストップしてしまいます。

特にadobe関連のアプリは十分に対応を確認してからアップグレードが必要。
毎回新しいOSになる度に、何らかの不具合情報が上がって来ます。
少なくとも2〜3ヶ月は様子を見て、そこからアップグレードしないといけません。

私が以前、注目していたMacProも発売が発表になりました。
12月から発売開始だそうです。
価格は310,000円から。
モニターを入れると、やはり最低でも400,000円は必要と言う事になりますね。

はぁ〜しばらくは指を加えて見ているしか無いですね(T_T)
宝くじでも当たらないかなぁ〜。
でも、買わなきゃ当たらないか(笑)

夢ばかりは広がりますが、現実は厳しいままです(^^;)
しかし、いずれは新しいMacProと新しいOSで、サクサク仕事こなしたいですね。
その日を夢見て、一生懸命頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | Macintosh

2013年09月25日

電話が繋がらない!?

130925.jpg

お昼前、用事で嫁さんの携帯に電話を入れる。
しかし、やはり仕事中なので出ない。
用件をメールして、連絡が来るのを待った。

お昼ご飯を済ませても、まだ連絡が来ないので、もう一度電話を入れた。
ところが・・・・・。
電話が出来ない(@o@)?
iPhoneで相手先を選んで、通信開始したとたんに落ちる。

最初は嫁さんの方が、電話に出れないから、電源を切っているのかと思った。
しかし、念のために自宅の番号に電話してみたが、同じ現象。
これは明らかにおかしい。
今度は自宅から私の携帯にかけてみた。
私のiPhoneが鳴った。

私の頭の中は???????
一体何がどうなっているんだ????

とにかく解った事は、私のiPhoneは、今電話を受ける事は出来ても、かける事が出来ない。
一瞬「iOS7にアップデートしたバグか!?」と思いました。
しかし、それならば、最初から使えないハズ。
そんな致命的なバグなら、とっくに大問題になっている。

これはauに駆け込まなくてはいけないか?とも思ったが、ちょっとコーヒーでも飲んで落ち着いた。
そしてネットで「iPhoneから電話がかけられない」とググってみた。
するとすぐに私の同じような現象の内容が見つかった。

そこには「モバイルデータ通信に問題あり」と書かれていた。
一般設定の中のモバイルデータ通信を一度OFFにして、電話をするとすぐに戻ったと書いてある。
私も試しにモバイルデータ通信をOFFにして、もう一度嫁さんに電話をかけてみた。

すると・・・・・・・いとも簡単にかかった(-_-;)

嫁さんもお昼休憩だったようで、すぐに電話に出て、用件を済ませる事が出来た。
しかしまぁ〜一瞬焦りました。
スマホなのに電話出来んかったら、何の意味もありませんからね(笑)
とっても便利なスマホですが、便利になりすぎて、多機能になり過ぎて、何かトラブった時はお手上げです。

今回は家の中だったので、すぐにネットで調べる事が出来ました。
もしこれが外出先で、ネットにも繋がらない状況になったら、にっちもさっちもどうにもブルドック♪です。(古)
電話は電話だけの方が、本来は良いのでしょうが、一度便利なスマホに慣れると、そうも行きません。
ガラケーとスマホの二台持ち・・・なんて面倒くさいしね。

何か本体にトラブルが起きても、電話だけはちゃんと繋がる。
そんなスマホを是非開発してほしいです。
災害時など、災害に巻き込まれても、電話だけは出来るスマホがあれば、生命の危機も救えるかも知れませんからね。
日本のメーカーが頑張って作ってくれないかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(2) | Macintosh

2013年09月24日

モニター破損

130924.jpg

昨夜は我が家に一泊した母。
今日は一番上の姉と一緒に、大阪に住む二番目の姉のところへ行きます。
しかし、母も高齢だし電車で行くには、ちょっと厳しい。

そこで私が車で送って行く事になりました。
往復約2時間。
高速を飛ばして、大阪の姉の家まで送り届けて来ました。
姉は仕事で出ていましたが、中学生の息子が居て、出迎えてくれました。

家に帰って来て、仕事部屋に入って「さぁ仕事しよう」と思って、何か異変に気づいた。
いつも仕事をしているiMacの横が妙に見晴らしが良い。
iMacの横にはG5のモニターがあるハズが・・・・。

何と、モニターが横になっている。
眠くなって眠ってしまったのか?
いやいや、そうではない。

実は以前、モニターを支える部分が破損してしまい、応急処置で何とか立たせていた。
しかし、その応急処置が耐えきれなくなってしまったのでしょう。
私が留守の間に倒れてしまったようです。

仕方ないので、改めて応急処置を施しました。
今回は強力接着剤を使って、少し念入りに処置しました。
残念ながら、仕事からはもう引退してしまったG5です。
今では、家族が時々ネットを見る時に使う程度の使用度。
でも、使えるうちはしっかりと使ってあげたいと思います。

そんな訳で、見た目も痛々しい状態ですが、何とか復活したモニター。
最後の最後まで頑張ってくれ。
しかし、これまでは本体が壊れる事があっても、モニターが先に壊れる事なんてありませんでした。
G5って本当に故障しなかったし、今でも全然平気に動いています。
出来る限り、使い続けてあげたいと思います。

でも、やっぱり新しいMacProは欲しいので、何とか購入出来る日を夢見て、仕事頑張ります(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | Macintosh

2013年09月20日

MacでWindows

130920.jpg

ついにiPhone5S&5Cが発売になりました。
キャリア3社揃って発売開始になり、これでiPhoneはどこでも選べる事になりましたね。
ドコモでiPhoneを待ち望んでいた人も多いと思うので、これからiPhone争奪戦が繰り広げられます。
ドコモも離れていったユーザーを再獲得するために、必死になっているようです。

私は新しいiPhoneを横目に、当分は5で辛抱したいと思います。
まずはiOS7を試してみますかね。
しかし、バージョンアップしてまたリセットするハメになったら嫌なので、しばらく時間をおいてからアップしたいと思います。
今、バージョンアップして、動かなくなってau駆け込んでも、絶対にauショップ混んでいるの目に見えていますからね。

どんどんと携帯も進化していく中で、パソコンの世界もどんどん進化しています。
あまりに進化が早くて、私はもう息切れ寸前なくらいです(^^;)
特にWeb関連は、次から次へと新しい技術やサービスが登場しては、消えてゆく。
1年前の常識はすでに非常識になっている事なんでざらですからね。

今も、時代の変化に驚いている真っ最中です。
実は今、MacでWindowsを動かしています。
知っている人は知っていますが、MacはWindowsと同じIntelのチップを使っているので、MacでWindowsを使う事が出来ます。

このMacでWindowsを使うのは、実は初めてではありません。
数年前にも実はやっておりました。
MacにParallels Desktopというアプリケーションを入れて、そこに仮想OSを入れる事で実現していました。
当時はまだ、WindowsXPが主流の頃。
Vistaが評判メッチャ悪くて、Windowsと言えばXPの時代でした。

しかし、時は流れ、今の主流はWindows7になりつつあります。
そしてWindows8の登場に合わせて、XPのサポートが終了決定に。
これでますますWindows7&8が主流になっていきます。

日頃はMacで事足りるし、Windowsを使う必要性なんてありません。
しかし、ホームページの表示の確認の際は、どうしてもWindows環境が必要になる。
MacのSafariでは綺麗に見えても、WinのIEで見るとおかしい・・・って事はよくある事。
それを確認するために、Windowsを用意するには、あまりにも無駄。

そんな訳で、再びMacでWindowsを使おうと調べていました。
昔使っていたParallels Desktopは、古くてもう使えない。
それにParallels Desktopを入れても、WindowsのOSを買わなきゃならない。

ところが調べてみると、無料で出来る事が判明。
VirtualBoxという無料のアプリがある。
そのアプリを入れて、さらにMicrosoftが提供するmodern.IEを使えば、仮想のWindows環境が実現できる。
しかもXPでもVistaでも7でも8でも、自由にインストールして使う事が出来る。

さっそく試してみた。
インストールするのに、いろいろと手間がかかったが、Windowsの7も8も同時に使えるってのは凄い。
これでホームページの表示確認は、問題無く出来る。
後は、MacとWinの間でデータの共有をやる方法を調べよう。

データを共有できれば、いろいろとやれる事がある。
ひとつはファイルメーカーのデータの共有。
私が使っているファイルメーカーはデベロッパーなので、ファイルメーカーで作ったデータベースを、アプリとして書き出せます。
つまりファイルメーカーを持っていない人でも、アプリとしてデータを使う事が出来る。

しかし、難点はMacで書き出したアプリはMacでしか使えない事。
Windowsにファイルメーカーをインストールして、データベースを作れば、Windowsでファイルメーカーを持っていなくてもデータが使える。
昔と比べて、MacとWindowsの互換性も、随分と良くなって来ています。
でも、やっぱり違うところは違う。
その違いは実際に使ってみないと解らない。

そんな訳で、これからは仮想Windowsで違いを確認していきたいと思います。
余談だが、Windows8って使いづらい。
なんでこんなに極端にシステムを変えたのだろうか?
これでは今までのWinユーザーが混乱しても仕方ない。
Microsoftって、本当にユーザーの事を考えているのでしょうか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | Macintosh

2013年09月12日

新しいiPhone出ましたね

130912.jpg

Appleから新しいiPhoneが発表されました。
予想通りiPhone5SとiPhone5C。
見た目にもポップでカラフルなプラスティック筐体の5C。
一方ゴールド・シルバー・グレーと、シックで落ち着いた色合いの5S。
廉価版となる5Cは、いかにも子供や若い世代に受けそうな感じです。
一方の5Sは大人向けという雰囲気。

5Sと5Cの違いは筐体の違いもありますが、カメラの性能や中身も違いそうです。
そして5Sの売りは何と言っても指紋認証でしょう。
これまでパスワードは数値入力でしたが、指紋認証でパスワードを設定できる。
これなら、いちいちパスワード入力しなくて良いですね。
私も子供達が勝手に触らないように、パスコードかけていますがこれが結構面倒。
おまけに子供達に番号を見られないように気をつけないといけない。
指紋認証なら本人以外使えないので、とっても便利です。
ただ眠っている間に、指を使われたらアウトですけどね(笑)

iOSも7になって、とっても魅力的ですが、私はまだ5を購入して一年ですので、今回は見送り〜。
今日はauからお得な割引クーポンがメールで届いて、思わず心が揺れましたが、ぐっと我慢です(-_-;)

しかし、噂だと思われていた「docomoからiPhone」も、やはり現実となりましたね。
docomoユーザーで喜んでいる人も多いでしょうね。
iPhoneが使いたくてdocomoから他キャリアに流れた人も、docomoに戻って来る可能性が高いです。
特にSoftBankに流れたユーザーは、かなりの確立で戻ってくるのではないでしょうか。
あの「つながりやすさNo.1」とか「バリバリバンバン♪」とか、ほとんど詐欺に近いようなCMばかり流して、実際は殆ど改善されていないという事に、腹を立てているユーザーも多いと思います。

さぁこれで3キャリア全ててiPhoneが揃います。
これから熾烈なサービス競争が始まりますね。
ユーザーからすれば嬉しい競争です。

ただ、日本のメーカーにも頑張ってほしいですね。
私は長年のAppleユーザーなので、iPhoneを使っていますが、本当は日本製にこだわりたい。
日本の優れた技術をもっと商品に活かしてほしいです。
日本の弱いところは、技術力は素晴らしいけど、それを詰め込みすぎる点。
多機能=優れた製品とは限らない。

ユーザーの視点に立って、ユーザーの気持ちになって、商品を開発する。
その視点がまだ弱い気がしています。
Appleの強さは製品を作る側でありながら、最も自分たちが一番の使い手でもある事。
そしてその使い方を、どんどんユーザーに提案していく事。

Appleが無ければ、パソコンもスマホもタブレットも、そして音楽配信もiPodも今のような普及は無かったかも知れません。
それだけ世界をリードし、世界を変えて来たのがAppleです。
日本の企業もモノヅクリから、一歩先を見据えた開発をしてほしいですね。
日本人なら絶対に出来ると思うので、期待したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | Macintosh

2013年09月10日

Appleイベントー今度は何かな?ー

130910.png

新しいiPhoneが発表される!?
またまたやって来ました。
Appleのイベント。
今回はiPhone5Sが発表されると見られています。
そしてiPhoneの廉価版が出るとの噂もある。
その名もiPhone5Cだとか。

どこまでが噂でどこからが本当か解りません。
イベント発表は、アメリカ時間で9/10なので、日本時間では11日の明け方になります。
明日朝起きたら、どんなイベントだったのか、確認する事が出来ます。
何が発表されるのか、また楽しみですね。

Appleが以前から出すと噂されている腕時計。
iWatchと言うのかは解りませんが、これは今回は発表は無さそうです。
というか、本当にAppleはiWatchを出すのだろうか?
私には今ひとつ現実味が無い。
iPhoneの時は「絶対に出す」と確信していました。
しかし、iWatchはどうもAppleの本気度が見えない。

そもそも腕時計って、そんなに重要なツールだろうか?
私等は携帯を持つ様になってからは、腕時計を一切しなくなってしまった。
だって携帯見れば時間解るし、そんなに高い腕時計も買えないし(--;)
Appleが腕時計にこだわる理由が見つからないのです。

Appleも本当は手探り状態で、まだ本気で商品化をするか判断している段階ではないでしょうか。
しかし、そんなAppleの先を行こうと、早々とiWatchらしき商品を出したメーカーがいます。
AppleのiPhoneのライバルでもあるサムスンです。
GALAXY Gearというらしいです。

パッと見、あまりよく解らない。
これで一体何が出来るのか?サッパリ見えて来ない。
ようは腕時計をタッチセンサーで操り、機能を充実させただけっぽい。
サムスンは本当に市場の需要を読んで商品化したのか?
ただ単にAppleの先を行こうと、焦って商品化しただけのような気がする。

私が思うにAppleはそんな単純な腕時計は出さないと思う。
そもそも腕時計と言う発想がもう古い。
Appleが出すのは、きっとそう思わせる商品なんだと思う。
それが出来そうにないのなら、AppleはiWatchの商品化はしないでしょう。
なんかサムスン勇み足って感じがするな。

さて、もう後数時間でAppleイベントが始まります。
どんな内容か気になるけど、リアルタイムで見ると眠れないので、明日の朝を楽しみにして、もう寝ます。
それではオヤスミナサイ<(__)>
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | Macintosh

2013年06月12日

私のMac道

今日はめちゃくちゃ風が強かった。
やはり台風の影響なのでしょうね。
暑いので窓を全開にして仕事をしていましたが、もの凄い風で書類が舞う舞う(笑)
しかし、窓を閉めると蒸し暑いので、結局窓を開ける。
これを繰り返した一日でした。

暑さでPower Mac G5もそろそろうなり始めています。
元々熱を発するのがパソコンの宿命です。
暑くなると内部はさらに熱くなり、内蔵されたファンが回り始める。
真夏日の部屋の中は、蒸し風呂状態になるので、そうなるともの凄い勢いでファンが回ります。
本当にプロペラ機が飛んでいるんじゃないかと思うくらい、もの凄い勢いでファンが回る。
そのまま飛んで行きそうな勢いです(笑)

昨日、新しいMacProについてつぶやきましたが、その辺の熱対策はどうなっているのでしょう?
あれだけコンパクトになっているので、熱もたまりやすい気がするのですが。
ホームページで見ると、熱を上部から放出する作りになっているようです。
MacProが今の形になってから、10年以上経つので、技術もしっかり進歩しているのでしょうね。

それにしても、本当に技術の進歩と言うのは凄いですね。
私がMacに初めて触れた頃は、今のような環境はとても信じられません。
まず、個人でパソコンを持つなんて事が信じられない時代でした。

私が初めて自分用にMacを購入したのが、Power Macintosh 6200でした。
130612.jpg
まだフロッピーディスクのドライブが付いていて、CD-Rのドライブがようやく付き始めた頃です。
もちろんモニターはブラウン管。
今のように液晶ではないので、モニターを置くと、一気に場所が狭くなりました。
このPower Macintosh 6200を何年使っただろう?
4〜5年使ったのかな?

次にPower Mac G3を使いました。
130612-2.jpg
初めてのタワー型で、いかにも「プロ仕様」という感じで、嬉しかったのを覚えています。
この頃のパソコンは、みんなこんな色でこんな形をしていましたね。
パソコンにデザインを求めていなかった時代です。

このPower Mac G3も5年くらい使ったかな。
いろんな仕事をして、いろんなデータを作りました。
最後はモニターが完全に点かなくなって、終わったのを今も鮮明に覚えています。

そして今使っている(もうメインではないが)のが、Power Mac G5です。
130612-3.jpg
こうやって見ると、全然変わってしまいましたね。
この間にポリカーボネートのG3やG4があるのですが、私はタイミング悪く使っていません。
外観だけを見ても、これだけ変化してきたMac。
そして今回の新Mac Proで大きく変わりました。

紹介してきた機種は、私が仕事でメインで使った機種です。
実はこれと平行してiMacも今のiMacで4台目です。
元々はメインの機種を仕事用、iMacを家族用と位置づけていましたが、今はiMacが仕事用になっています。
どうしてもメインの機種は買い替えが5年周期くらいになります。
その間に、どんどんOSもCPUもグレードアップされ、どんどん古くなっていきます。

iMacの方が性能的に上の場合があり(今まさにその状態)仕事をiMacで行う事になる。
Power Mac G3からG5に移行する間も、実は1年くらいiMacで仕事をしていました。
今も1年以上、iMacで仕事をしています。
できればこのiMacで仕事をしながら、何とか次の新Mac Proにバトンタッチできるように頑張りたいですね。
130612-4.jpg
時代の変化とともに、Macもこれだけ変化して来ました。
20年前にはとても出来なかった事が、今ではいとも簡単に出来る時代です。

私の仕事はMacと共に歩んで来ました。
Macが無ければ仕事が出来ないと言っても過言では無い。
今年中には発売されるらしい新Mac Pro。
それに向かって一生懸命仕事を頑張ろう(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:32 | Comment(0) | Macintosh

2013年06月11日

新しいMacPro

130611.jpg

アップルが米国時間の6月10日、日本時間では6月11日の深夜2時頃。
開発者イベントの「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を開幕しました。
例年この時期に開催していて、いろんな商品やサービスの発表がされます。
今年もいろんな噂が飛び交っていました。

しかし、確実に解っていたのが、iOSの次期バージョン「iOS7」とMacのOSXの時期バージョンが発表されること。
そしてそのとおりに、iOS7とOSXのOS X Mavericksが発表されました。
iOS7はこれまでのiOSからアイコンがフラットになりました。
一見すると時代を逆戻りしたアイコンに見えますが、やはりそこはアップルです。
洗練されたアイコンデザインと、操作性で見事に新しくて魅力的なiOSに生まれ変わっています。
これまでのiOSとがらりと変わっているので、楽しみな反面、最初は戸惑うかも知れませんね。

MaxOSの時期バージョン「OS X Mavericks」は、名称がネコ科の動物では無くなりました。
これまでTigerやLionなど、ネコ科の動物の名称がついていたOSX。
しかし、もうネコ科の動物がいない。
会場ではその事に触れていて、「それではSea Lion(アザラシ)ではどうか」と、アザラシの顔の入ったOSXアイコンまで用意して笑いを取っていました。
やはりアップルのプレゼンは面白い。

結局ネコ科の名前は使えないので、カリフォルニアの地名をテーマとするリリースになったようです。
初のリリースは、北米で最大級の大波がやって来る土地の名を冠した「OS X Mavericks」。
だから直前に公開したパネルには、大波の写真が入っていたのですね。
デフォルトデスクトップも同じ大波の写真でした。
OS X Mavericksもファインダー機能等が増えて、ますます便利になっていそうです。

他にも沢山の発表がありましたが、私が何と言っても一番ビックリしたのが、時期MacProの発表。
もう10年近く、筐体のデザインは同じで、スペックだけ変更され続けてきたMacPro。
アップルがあまりにも、MacProのバージョンアップを行わない事から、「アップルはMacProを廃止する」という噂まで流れていました。
私もあながちあり得ない事ではないかもしれないと、MacProの消滅を半分覚悟しておりました。

しかし、一年程前から新しいMacProが開発されているという情報が出始めていて、そして今日ついにその姿がベールを脱いだのです。
衝撃的でした。
今までと全く違う、予想もしなかった形のMacProが映し出されていました。
それは黒い筒の形状で、とてもパソコンとは思えない形状。

実にシンプルでスタイリッシュ。
さすがはアップルです。久々に衝撃を受けました。
そして思わず「欲しい〜」と思いました。
しかし、まだ発表されただけで、いつから発売なのか、いくらになるのか?全くその情報はありません。

デザインにも驚かされましたが、もう一つ驚いたのが小ささ。
現状のMacProと一緒に映っている写真は、まるでMacProでは無く、サードパーティ製品か何かのようです。
めちゃくちゃ小さくなっている。
おそらく高さにして25cmほど、幅は16cm程度と思われます。
それでいて、今のMacProの2倍のスピードらしい。

くぅ〜〜〜〜〜欲しい〜〜〜〜〜。
でも、金無いな〜(T_T)
めちゃくちゃ仕事頑張って稼がないといけませんね。
ちくしょう久々にアップルの発表に心躍らされた一日でした。
新しいMacPro買える様に目標たててガンバロウ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:11 | Comment(0) | Macintosh

2013年03月06日

iBook storeで日本の本が販売開始

130306.jpg

AppleからiBookのアップデートが行われた。
それと同時にiBook storeでついに日本語の電子書籍の販売が始まりました。
これまで英語版の書籍は販売されていましたが、日本の本は販売されていませんでした。

まずはアメリカでサービスが先行し、それが軌道に乗ると日本のサービスも開始する。
まぁAppleはアメリカの企業ですので、仕方ないと言えば仕方ない。
しかし、この間に日本では随分と電子書籍サービスが増えました。
言ってみればAppleは後発組になってしまったと言えます。

それでもやはりiBook storeで電子書籍がダウンロードできるのはとても魅力的です。
私も早速、無料の電子書籍をダウンロードして見ました。
良いですね〜。書籍がiPadやiPhoneで見れるのは。

本の内容は様々で、マンガもあれば小説もあります。
おそらく今後はもっと増えて行くのでしょうね。
単なる紙の本をスキャンしたような物ではなく、電子書籍としてのクオリティの高さが伺えます。
これからはますます電子書籍を意識した本が増えて行く気がします。

何せ本を出版するのには莫大なお金がかかる。
私も絵本を出版しているので、その費用については本当に悩みどころです。
しかし、単なる印刷物では無く、ちゃんとISBNのついた書籍として流通する。
そして本屋さんに並ぶ。これが出版の一番のこだわりどころです。

でも、これからはその流れも変わるでしょうね。
本当に必要とする読み物は、本としてほしいけど、単なる情報や一時的な読み物としては電子書籍で十分。
そんな時代になっていると思います。
音楽でも同じ事が言える。

流行の曲や、ちょっと聞いてみたい曲。
そんな曲はCDをわざわざ買わなくても、1曲250円くらいでダウンロード購入できる。
でも、本当に好きなアーティストや、めちゃめちゃ気に入った曲はCDで欲しい。

これからは出版も、まずは電子書籍で行って、売上げが良さそうなら本として出す。
そんな時代になってくるのかも知れません。
なんせ電子書籍なら印刷は必要ない。
出版会社も今後は対応が変わってくると思います。

私が今、一番期待している事。
それはAppleが個人向けにiBook storeへのアップロードを行う事。
今は出版社が出している電子書籍を扱っていますが、今後は個人でも電子書籍の販売が出来る様になるかも知れません。
App storeのアプリは今そんな状態になっています。
これと同様の事が、iBook storeでも行われる可能性は高い。
そうなれば、私の作品集を電子書籍にして、iBook storeで販売する。なんて事も夢ではないかも知れない。
売れるかどうかは別として(笑)

しかしまぁ、どんどん世の中変わって行きますね。
便利な反面、いろいろと覚える事が多過ぎて大変でもあります。
情報が洪水のように溢れる世の中。
自分に必要な情報を仕分ける事が、これからは大切になって来る気がします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:23 | Comment(0) | Macintosh

2013年02月16日

メモリアップとTime Capsule

130216.jpg

昨年末、結局仕事部屋は大掃除が出来ないままで終わってしまった。
そこで今日は仕事部屋の大掃除をする事にしました。
実は、数日前から、時間を見つけては書類の整理等はしていました。
今日は机の上のMac及びその周辺機器のコードを全て外し、綺麗に掃除をしました。
ついでにPowerMacG5も開けて、中のゴミを掃除機で吸い取りました。

そしてiMacの方は、数日前に届いたメモリを追加しました。
買った時の4GBのメモリのままのiMac。
買った時はサブマシンのつもりだったので、メモリを追加していませんでした。

しかし、iMacでの作業が増え、adobeのアプリを全てCS6にしてからは、もうiMacでないと作業出来なくなってしまった。
そうなってくると、今度はメモリが足りない。
このところ、作業スピードが落ちて、イライラが増えていたのです。
特にFinal Cut ProXを立ち上げると、異常に遅くなってしまう。
まぁ映像制作のアプリですから、仕方ないのかも知れませんが。

そこでメモリを追加してMaxの12GB(本当は16GBまで積める)までメモリを増やしました。
最初はそんなにスピードアップする事を期待していませんでした。
iMacそのものが、最もスペックの低いiMacだし、少し早くなる程度だと考えていました。
ところがFinal Cut ProXを立ち上げてみてビックリ。
何ともスムーズに作業が出来る。
これまでの待ち時間は何だったんだ。

Final Cut ProXと連携するMotionも同時に立ち上げてみたが、これもスムーズ。
これまでだと、二つ同時に立ち上げると、めちゃくちゃ時間がかかっていました。
そしてモーションなどの効果を確認するのに、しばらく待たなくてはいけなかったので、作業効率もめちゃくちゃ悪かったのです。
これで随分と作業スピードが上がりそうです。

メモリと一緒に注文した物があります。
それはTime Capsule(タイムカプセル)です。
学校を卒業する時に、校庭に埋めたりしましたよね・・・・。
って、そのタイムカプセルじゃありません。

Time Capsuleは、Macのシステムをそのまま丸ごとバックアップできる装置です。
早い話が外付けハードディスクなんですが、Macと連動して、簡単にバックアップを取ってくれるのです。
最初のバックアップに3日ほどかかりました(^^;)
なんせ500GB程の容量を、全てバックアップするのです。

このTime Capsuleの素晴らしい所は、単にバックアップを取るのではなく、名前のTime Capsuleのとおり過去へと戻れるのです。
よく、データを上書きしてしまったとか、捨ててしまったとか経験ありませんか?
「一週間前のあのデータ」なんて事ありますよね。
普通、一度消えたデータは復活できません。
しかし、このTime Capsuleなら、一週間前に戻ってデータを復活できるのです。
これでもし、iMacが故障しても、システムごとバックアップしているので、データは全て守られます。

メモリを追加して、Time Capsuleも追加して、仕事環境はとても良くなりました。
机の上も掃除して整理したので、こちらも環境は良いです。
後は、それ以外の場所と、プリンター類の配置など、少々考えています。
より仕事がしやすく、また綺麗に保てるように配置等を考えたいと思います。

それにしても、Time Capsuleは凄いですね。
簡単に過去に戻ってデータを復活できるんですから。
私の人生も過去に戻って取り戻せないかなぁ〜(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | Macintosh

2012年12月03日

便利なFaceTime

121203.jpg

【写真はAppleサイトから】

毎晩、嫁さんの仕事が終わると、お迎えコールが入る。
これまでは自宅の電話にかかってくる事が多かったが、最近は携帯にかかってくる。
というのも、iPhoneに変えてから「FaceTime」を使ってテレビ電話が使える様になったから。

電話としてかかってきた場合は私が出ますが、FaceTimeでかかってきたら、子供達を出してあげます。
お母さんの顔が画面に映ると、子供達は揃って「お母さ〜ん」と手を振ります。
そして「お迎え行くね〜」と言うのです。

このFaceTime機能。
iPhone同士なら電話番号で繋がります。
さらにiMacやiPadともApple IDに登録したメルアドで繋がる事が出来ます。

実は昼間に北海道に居る嫁さんの妹から、FaceTimeで私の携帯にかかって来ました。
年賀状をお願いしたいと言う内容でしたが、iMacを最近買い替えたので、FaceTimeを試してみたようです。
最近姉妹で話をしていないとの事だったので、今夜にでも一度FaceTimeで繋げる事を話で電話を切りました。

今日は珍しく嫁さんも早く帰って来たので、早速晩ご飯の後にFaceTimeを繋げてみました。
妹のところはiMac、こちらはiPadから送信してみました。
しかし、なかなか繋がりません。
おそらくiMacへ送信しているので、気がついていないのでしょう。

そこで、携帯で電話をしてiMacに送信している事を伝えました。
そうするとようやく繋がりました。
これまで家の中でiPadとiPhoneで遊び感覚でFaceTimeをしたり、私と嫁さんのiPhone同士でのFaceTimeはありましたが、外との通信は初めてです。

相手の顔が出た瞬間に、家族中がiPadの前に群がりました。
姉妹で話がしたいのに、子供達が我先にiPadの前に顔を出します。
長女は最近歯が抜けたのを見て欲しくて、iPadの前で大きな口を開け、次女は次女で物珍しさに顔を近づけます。
そして息子もその合間をぬって顔を覗かせます。
しばらくは話よりも、子供達の雑談になってしまいました。

ようやく落ち着いて姉妹の会話が始まりました。
お互いの顔を見ながら話すのは、やはり会って話しているような感覚なのでしょうね。
電話で話すよりも、会話が弾んでいる感じがしました。

長女は二つ上の従姉と会いたがっていましたが、残念ながらもう寝てしまっていたようです。
でもFaceTimeで繋がる事が出来たので、これからはちょくちょくFaceTimeで顔を会わすでしょう。
やっぱり相手の顔を見て話すと言うのは、会っている感覚になるので、嬉しいですね。
何よりも嬉しいのが、ネット回線を使って話せるので、電話代がかからないって事です。
これから先はこれが普通の時代になっていくのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年11月02日

アップグレードは慎重に

121102.jpg

ついつい「ポチッ」と押してしまったのだ。

iPhoneを充電しようと、iMacと繋いでいるコードに差し込むと、メッセージが出た。
新しいiOSのアップグレードのお知らせだった。
iTuneとリンクするので、新しいお知らせがあるとメッセージが表示される。

いつもならアップグレードは慎重に行っている。
MacOSもいまだに10.8へのアップグレードを様子見している状態。
しかし、iOSに関してはあまり慎重になっていなかった。
だからついつい押してしまったのだ(^^;)

アップグレードの途中でエラーになって、仕方なく一度キャンセルする。
ところがそこから動かなくなり、初期状態にリセットするボタンしかアクティブにならなくなった。
初期状態に戻すと言う事は、工場出荷時に戻すと言う事。
つまりiPhoneの中のデータは消えてしまうと言う事。
なんとかそれは回避しようと、ボタンを押し続けたり、コードを何度も抜き差ししたりしたが、どうにも対処できず。
さらに止む終えずやった初期状態への作業も、途中でエラーとなり、完全に画面が固まってしまった。

仕方なく動かなくなったiPhoneを持ってauショップに駆け込んだ。
平日のお昼過ぎという事もあり、店内は空いていてすぐに対応してもらえた。
やはり初期状態に戻すしかないようで、致し方なく初期状態に戻してもらった。

しかし、店員の説明によれば、iTuneでバックアップしていれば、元に戻せるとの事。
早速家に帰って繋いでiTuneでバックアップを試してみた。
約30分ほど時間はかかったが、無事元の状態に戻す事が出来ました(^。^;)
いや〜ちょっと焦りました(^^;)

店員によれば、時々アップグレードでトラブルが起きる事はあるとの事。
しかし、今回のトラブルが全てのiPhoneで起きるとは限りません。
iPhone5だけの問題かも知れないし、もしかすると私のiPhoneだけの問題かも知れません。
元々おかしかったのも知れないと思ったのです。

それは、iPhoneを買っていろいろセットアップしてみたものの、なぜか音楽だけが同期できなかった。
写真や着信音などは、iTuneでセットした物が、そのままiPhoneで使えているのに、なぜか音楽だけが取り込めずにいました。
何か設定がおかしいのか?といろいろと試してみたが、やはり音楽だけが同期できない。
特段iPhoneで音楽を聴く事なんてそうそうないので、あまり気にせずほったらかしにしていました。

ところが今回のトラブル後、何故か音楽が取り込めるようになったのです。
元々何かおかしくて、今回のアップグレードで引っかかったのかも知れません。
だからと言って再びアップグレードする勇気はありませんが(^^;)
しばらく様子を見て、落ち着いた頃にアップデートをしようかと思います。

しかし、突然携帯電話が使えなくなると言うのは、やはり不安ですね。
最悪の場合、固定電話で連絡は取れますが、常に持ち歩いている物だけに、突然使えなくなるのはやはり怖い。
わずか小一時間でしたが、使えない間、ヒヤヒヤしていました。
便利になればなるほど、何かトラブったときは手も足も出なくなる。
それが今のデジタルな社会の怖い所です。
とはいえ昔に戻る事もできず(^^;)

便利な物が日頃使えている事は、当たり前ではないのだという事を、認識しながら使わなくてはいけませんね。
そして何かあった時のために、やはりバックアップはとても重要です。
iPhoneをお使いの皆様。
アップグレードは慎重に。
そしてiTuneでのバックアップ取っておいた方が良いですよ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年10月24日

iPad mini登場

121024.png

ついにAppleからiPad miniが登場しました。
iPadが普及し始めた頃から「iPadの小型版」という話題はつきませんでした。
iPadの爆発的ヒットによって、他社からも様々なタブレットが登場し、サイズの小さな物もどんどん発売されました。
言わばiPad miniはようやく登場したと言えるのでしょう。

私はiPadを購入して1年近く経ちますが、やはりiPadの大きさは手頃な大きさとは言えないサイズだと思います。
私が使うには丁度良い大きさなのですが、手帳サイズで欲しいと良く嫁さんが言っていました。
病院等で使うには従来のiPadの大きさはやはり大きいと感じているのです。
ポケットに入るサイズであれば、使いやすい。
確かにiPadは持ち歩くには少々大きいサイズです。

今回AppleがiPad miniを出したのも、やはりそんなニーズがあったからなのでしょう。
おそらく医療関係・学校関係など、企業・団体が多く活用するのではないでしょうか。
そして何より小さく軽くなり、価格も下がったので、女性にも人気が出ると思います。
iPhoneでは使いにくかった部分も、iPad miniによってより使いやすくなるアプリもあります。
女性のバッグからiPad miniが取り出される。そんなシーンも増える事でしょうね。

121024-2.png

もう一つAppleが出した製品で気になったのがiMac。
ぱっと見は今のiMacと変わらない様に見えましたが、見る角度が違うと全然違う事が解る。
厚みが全く違うのです。
とにかく薄い。
最初見た時、iMacでは無く単なるモニターかと思いました。
それくらい薄い。
今私が使っているiMacも十分に薄いと感じていましたが、さらに薄くなっています。

iMacもiPadも1年前に買ったばかりですので、買うつもりも予定もありませんが、それでもついつい目が魅かれてしまいます。
Appleめ、次々と目を魅く商品出しやがって(笑)

でも、私の本命はやはりMac Proです。
今回は何の発表もありませんでしたが、おそらく来年には動きがある物と思います。
何せMac Proはここ2〜3年間、全く動きがありません。
iMacがここまで進化して来ているので、その技術はMac Proにも活かされると信じたいです。
そして新しいMac Proが出たら、いよいよPower Mac G5から卒業したいですね。
それまで必死で働いて予算作っておかなくちゃ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年10月07日

Appleの歩み

121007.jpg

Appleのスティーブジョブズが亡くなってから早や一年が経ちました。
ちょうどiPhone4Sが発表された翌日に亡くなって、本当にショックを受けたのを今も思い出します。
あれから1年経ってiPhone5を、今手にしている訳ですが、未だに信じられない気持ちでいます。

私がMacを使う様になって、かれこれ20年になります。
今の仕事に転職した頃に、グラフィックデザインも手書きからMacへと移行していた頃でした。
必死になってMacの事、DTPの事を勉強したものです。

当時のMacはモニターはブラウン管。
記録媒体はFD。
最初はモノクロモニターでした。

OSも漢字Talkと呼ばれていて、当時のMacOSは安定しなかった。
機能拡張が自由に出来たので、自分なりにカスタマイズする人も多く、やたらとトラブルも多かったのです。
作業中に結構システムが固まり、爆弾マークが出た事から、いつも「バグった」と声があがっていたものでした。

当時のMacは完全にWindows95〜98の勢いに押されて、風前の灯火みたいになっていました。
グラフィックデザインを始めとして、DTPや音楽業界などの専門分野こそ、Macが主流でしたが、一般ビジネスや家庭ではWindowsが当たり前の時代。
そこにスティーブジョブズがAppleに帰って来ました。

そして発売されたのが初代のiMac。
初めてその形を見た時は驚愕でした。
「なんじゃこりゃ〜」って口にしたのを覚えています。
これまでのパソコンのイメージを、根底から覆した丸みを帯びた筐体に、半透明のブルーのツートンカラー。
この初代iMacからAppleは復活の道を進む事になりました。

その後、Macだけに留まらず、iPodを発表し、あっという間にiTuneと共に音楽業界を一新しました。
今でこそiPhoneの陰に隠れてしまいましたが、iPodの功績は計り知れないものがあります。
そしてそれを世に送り出したスティーブジョブズはやはり凄いのだと改めて思います。

その頃から「Appleは電話を出す」という噂が出ていました。
そして噂通りiPhoneが登場したのが、もう5年も前。
iPhone・iPadと立て続けに爆発的に売れた商品を世に送り出し、昨年スティーブジョブズはこの世を去りました。

Macも20年前とは比べ物にならないくらい、進化を遂げでいます。
スティーブジョブズが居なくなった今、Appleはティムクック氏を筆頭に快進撃を続けています。
ただ、先見の目という意味では、スティーブジョブズの右に出る者はそうそういないでしょう。
スティーブジョブズを失ったAppleは、いずれ失速して行きます。
その時に新たなチャレンジが出来るか?それがAppleの最大の課題でしょうね。

守りに入ったらAppleという企業はその輝きを失います。
昔ステョーブジョブズがAppleから追い出された時のように。
Appleは常にチャレンジャーであってほしいと思います。
それが私たちにワクワクする製品を届けてくれる事になるのです。
スティーブジョブズもそれを望んでいる事でしょう。

写真はAppleのサイトで流れているスライドのものです。
スティーブジョブズの功績を短いスライドで紹介しています。
Appleのサイトからご覧下さい。
http://www.apple.com/jp/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年10月04日

ついにiPhone

121004.jpg

iPhone5が出るのを、1年待っていました。
昨年のiPhone4Sがauから発売される事が解った段階で、かなり気持ちが揺れましたが、やはり4Sという事で見送った。
それから1年、ようやくiPhone5が発売。

「iPhone5が出たら機種変しよう」と決めていたので、先々週の土曜日にauに行って予約をしていた。
私が36GBのBlack、嫁さんが36GBのWhite。
もちろん予約なのですぐにはもらえない。
ショップの店員からは、「9月いっぱいはお待ち頂く事になると思います。」と言われていました。

ところが先週の中頃に、嫁さんの分だけ先に入荷された。
やはり黒が人気なのか、白が先に入って来たのです。
私より先に嫁さんがiPhone5を手にする事になり、私がiCloud等の設定を行いました。
まぁ良い予行練習だと思いながら、自分のiPhone5を待っていました。

そしてようやく本日手に入りました。
もう嫁さんのiPhone5を触っているので、別段感動はありませんが、やはり使ってみると便利です。
iPadを昨年から使っているので、基本的な操作はiPadと同じで戸惑う事はありませんでした。
電話機能だけはiPadについていないので(当然だが)電話機能は少し戸惑いがあったかな。
でも基本的にはすぐに使えました。

問題となっている地図はやはり弱いですね。
私はiPadでMapFanのアプリをインストールしているので、iPhoneでもこれが使えます。
きっと地図はこっちを使うと思う。
他にもiPadでインストールしたアプリは、iPhoneへも自動でダウンロードされました。
PagesやKeynote、Numbers等も入ってきて、これでちょっとした作業をiPhoneでも出来ます。

しかし何よりも嬉しいのが、テザリング機能。
iPhone5をモデム機として使う事ができ、外に出た時にiPhone5を通じてiPadがネットにつなげられる。
iPadを購入した時に「ネットはさほど使わない」との考えから、WiFiタイプにしたのですが、やはりネットがつながるとそれはそれで便利です。

私の周りには結構iPhoneユーザーがいて、それもApple製品を使っていない人がほとんど。
つまり私のように、MacユーザーでiPhoneを使っている人はデザイナー関係くらいなもの。
そのiPhoneユーザーが常々言っているのが、「iPhoneって着信音が無いのよね〜」である。
着信音が無いのではなくて、あまり選べないという意味。
これまでの携帯なら「着メロ」などがあり、皆それぞれに好きな着信音を使っていた。

しかしiPhoneには限られた着信音しか無く、確かにデフォルトで使うにはちょっと寂しい。
嫁さんのiPhone5を触っている時に、それを調べていたら自分で着信音を作れる事が解った。
iTunesに着信音の拡張子でファイルを追加して、iPhoneと同期させれば、オリジナル着信音が使える。
しかもGarageBandを使えば、好きな音楽を着メロにも出来る。

さっそく数曲を選び、GaregeBandで30秒程度でフェードアウトするように編集して、GaregeBandから共有書き出しで着信音を選択。
すると勝手にiTunesに着信音として書き出してくれるのです。
あとはiPhoneと同期させるだけ。
ちなみに私の今の着信音は、ビートルズのLady Madonna。
イントロのポップなピアノリズムが着信音としてもGoodです。

iPhoneが登場してから、はや5年。
「いつかは使いたい」と思っていましたが、ようやくそれが現実のものとなりました。
まだまだ便利な機能は沢山あるので、どんどん使っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年09月21日

iPhone5発売開始

120921.jpg

ついにiPhone5が発売されましたね。
今日の日のために、徹夜して並んだ人もいるとか。
私も長年のAppleユーザーですが、並んでまで買うと言うのは、ちょっと解らない(^^;)
誰よりも早く手にしたいのでしょうね。

私は・・・・iPhone5まだ手にしていません。
iPhoneどころか未だに普通の携帯ですからね(笑)
auに行って予約はしましたが、おそらく今月いっぱいは待たなくてはならないでしょうね。
まぁ楽しみは寝て待て・・・と言う事で。

それにしてもiPhone5の予約、ハンパじゃないみたいですね。
Apple自身もかなりの予約数に驚いていたようですし、auもかなり予約が殺到しているようです。
私の様に4Sで様子見て、5で動いた人も多いのでしょうね。

ソフトバンクも本日発売のようですが、ソフトバンクに関しては「大丈夫なのか?」と思う。
なんせ「繋がらない」が代名詞のように言われているソフトバンク。
プラチナバンドのCMでも「つながらない⇒つながる」なんて、自らつながらない事を認めたようなCMやっているし。
プラチナバンドでつながりやすくなったのかと思ったら、実はプラチナバンドはまだまだ先の話らしく、よけいにつながりにくくなったとも聞く。

そのためなのか、最近は眉毛がつながりそうなCMで、プラチナバンドがつながりやすくなる。なんて曖昧なCM流しているし。
つながりそうでつながっていない眉毛のように、プラチナバンドもつながりそうでつながらないのが真実なのか?
私はソフトバンクは使っていないので、その辺はよく解りません。

しかし、今回auで良かったと思ったのが、デザリング対応だと言う事です。
デザリングと言うのは、iPhoneをWiFiルーター的な使い方が出来る事らしい。
例えば私が持っているWiFiのiPad。
家に居るときは家のWiFiでネットにつなげれるが、外にでると使えない。

そこでiPhoneをルーターとして使い、iPadでWiFi接続できるようになると言うもの。
しかも今回のサービスに含まれ、本来は月500円程度のものが、2年間無料で使える。
これは嬉しい。
今まで外に出るとネットが使えなかったiPadが外でもネットにつなぐ事ができる。
ソフトバンクはデザリングは未対応らしく、ユーザーからの問い合わせに急遽来年尾1月から対応する事になったらしい。
それも来年の1月から。

使ってみないと解らないiPhone5+auの組み合わせ。
私のiPhoneデビューもカウントダウン開始かな。
早く来い来いiPhone5。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年09月12日

いよいよiPhone5発表か?

120912.jpg

いよいよAppleのイベントが近づいて来ました。
でるかなぁ〜iPhone5(^o^)
Apple Storeの画面が、恒例の準備中になりました。
アメリカでの12日ですから、日本では13日、明日という事になります。
いつもと同じなら、明け方近くの発表会になるハズ。
さすがに寝ずに待つのは辛いので、明日朝を楽しみにしていよう。
iPadminiの噂もあるので、こちらも楽しみですね。

日本国内でも13日に説明会があるらしいので、詳細はそこで分かるのでしょうね。
iPhone5発表となれば、発売日がいつになるのか?
そしてどのキャリアからの発売なのか?
auとsoftbankはほぼ決まりとして注目はdocomoからの発売があるのかですね。
docomoユーザーの中には、iPhoneの発売を心待ちにしている人もいると思います。

スティーブジョブズ氏がこの世を去って約1年。
iPhoneが世に出た時のジョブズ氏のプレゼンは忘れられません。
そしてあの時の興奮も未だに覚えています。
ジョブズ氏のプレゼンでiPhone5を見る事が出来ないのは寂しいですが、おそらくiPhone5はジョブズ氏の思いが詰まっていると思います。

いずれにせよ明日には全てが分かる。
ワクワクしながら寝たいと思います。
ワクワクし過ぎて眠れないかも(笑)

このワクワクが明日にガッカリに変わらない事を祈りつつ。
今宵は早々と就寝したいと思います。
お休みなさいませm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年09月07日

いよいよカウントダウン

120907.jpg

ついにカウントダウンが始まりましたね。
Appleからイベントの予告が出ました。
いよいよiPhone5の登場です。

通常、Appleのイベントの予告は、何があるのか全く知らされません。
今回もAppleから「これが出ます」とは発表されていません。
しかし、今回はAppleにしては珍しく、とても分かりやすいメッセージを出しています。

イベント開催日の12の陰が5になるという招待状の画像。
これほど分かりやすいメッセージをAppleが出す事はとても珍しい。
誰がどうみてもiPhone5の5であろうと思われる。
いよいよiPhone5の登場。
これでそうでなかったら、いったいこの5は何?って事になる。

噂ではiPhone5は現行機種よりも、若干縦に長くなるようです。
そして液晶画面が大きくなる。
液晶画面が大きくなった分、アイコンが一段増えるようです。
現状で5段並んでいるので、6段並ぶ事になるのか?
いずれにせよ12日(米国時間)には判明します。
日本時間では13日の夜中から明け方にかけての発表になると思う。

iPhoneの他にiPadminiの登場も噂されています。
こちらも興味がありますが、出るとしたらどれくらい小さいのでしょうか?
iPhoneとiPadの中間くらいのサイズになると思うのですが、こちらはまだまだ噂の段階です。
これも12日には判明しますね。

私個人的にはMacの方も新しい発表があると嬉しいのですが。
昔はAppleと言えば「Mac」でした。
しかし、最近ではiPhone・iPadが主力製品になり、Appleと言えばiPhoneになりました。
もう20年近くAppleユーザーである私にとっては、AppleはやはりMacなのです。
そのMacも最近は新しい情報があまりない。

ひと月程前に、OSがLionからMountain Lionになった事くらい。
そしてRetinaディスプレイのMacBookProが出たくらい。
Macも売れ行きのメインはノートブックです。
仕事でMacを使う私としては、やはりMacProの存在が気になる。
しかし、全くと言ってよい程、新しい情報は出て来ません。
それどころか、AppleはMacProシリーズを廃止する?なんて噂が出る程。

iMacの画面が大きくなり、性能も良くなった事から、MacProでなくてもそれなりの仕事はできる様になりました。
現に私も最近はiMacでの作業が増えています。
画面の大きさに多少難があるものの、何とかiMacで仕事をこなせています。

しかし、やはり大きな画面でメインのマシンとしてMacProは使いたい。
いくらiMacが性能が高くなったとは言え、やはりMacProには適いません。
安定して仕事をするのなら、やはりMacProは必要となる。
今回の発表で、MacProに関する情報があるかは分かりませんが、何か少しでも情報があると嬉しいですね。

いよいよ始まったカウントダウン。
楽しみに待ちたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年07月26日

Mountain Lion登場

120726.jpg

MacOSの新しいバージョンが発売開始となりました。
10.8となる「Mountain Lion」がApp Storeからダウンロード可能となりました。
つい数年前まではOSでも2万円前後はしていました。
それが普通だと思っていましたし、それだけの対価がある物と認識していました。
ところが今ではダウンロード販売で1,700円です。
本当に安くなりました。

OSを出すAppleとしても、パッケージを作って、DVDを作って輸送して・・・という手間を考えると、ダウンロードで販売できる方が、ずっと楽ですからね。
その分、グンと値段を下げる事が出来るのでしょう。

MacOSXもバージョン8まで来ましたね。
ずっとネコ科のネーミングで来ましたが、次の10.9でネコ科は終わりかな?
最後は何のネーミングになるのでしょう。

Mac OS X v10.0 Cheetah
Mac OS X v10.1 Puma
Mac OS X v10.2 Jaguar
Mac OS X v10.3 Panther
Mac OS X v10.4 Tiger
Mac OS X v10.5 Leopard
Mac OS X v10.6 Snow Leopard
OS X v10.7 Lion
OS X v10.8 Mountain Lion

これだけ続いて来ましたからね、もう残っていないような気もするんですが・・・。
最後に「Cat」とかだったら大笑いですけどね。

冗談はさておき、今回のMountain Lion。
機能面でもいろいろと便利になってきているようです。
iPhoneやiPadのiOSにイメージが近くなってきるようで、機能面でもiOSの要素がだいぶ取り込まれているようです。
iPhoneやiPadと共有して使うには、やはり便利なOSと言えそうです。

そして今回はやはりfacebookをMacがOSに取り入れた事が大きいですね。
様々な場面から、facebookやTwitterなどに画像をアップしたり出来るようになっています。
便利そうなのと、価格の安さからついつい「欲しい」と思ってしまいますが、ここはぐっと堪えて耐えます。
新しいOSは何かと問題がある可能性がありますからね。
しばらく様子を見て、安定してからバージョンアップしたいと思います。

それに一番の問題は、各アプリケーションがMountain Lionに対応しているか・・・です。
特にAdobe関連のアプリは、仕事で使うので下手にバージョンアップして「使えない」となっては致命的。
おそらくこの1週間くらいで、いろいろとその辺の情報も出てくるでしょう。

OSをバージョンアップさせるとしても、iMacの方だけです。
残念ながらPower Mac G5は、もうバージョンアップすら出来ません。
Intel Macでないため、10.4までしか使えない。
やはりなるべく早くメインのマシンを買い替えないとダメですね。

しばらくはMountain Lionの様子を見守りながら、時期が来たらiMacにインストールしてみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年07月24日

Macがすねた

イチローの突然のトレード発表に、日本だけでなくアメリカもビックリな一日でしたね。
すっかりメジャーの顔になったイチローですが、マリナーズではなかなか優勝するチャンスが無く、今回のトレードはイチロー自身にとっても、とても前向きな結果となったようです。
是非ヤンキースでも素晴らしい活躍をしてほしいと思います。

さて、話は突然変わりますが、夕方にビックリした事。
いつものようにMacに向かって仕事をしていましたが、突然Illustratorが保存出来なくなってしまった。
二年程前のデータを使う必要性が出てきて、データを保存してあるDVDからデータをコピー。
バージョン10のデータだったので、CS3で保存し直そうとすると、エラーが出て保存が出来ない。

過去のデータなので、データが壊れたのか?と思い、試しに新規データを作って保存してみたが・・・・やっぱりダメ。
かなりご老体のPower Mac G5なので、いったん全てのアプリを終了して再起動を実施。
「これで直るだろう」と再び同じ事をしてみたが、やっぱりダメ。
なんだ?いったいどうしたと言うのだ?

最近、いろいろと新しいアプリやOSを試すために、iMacの前に座る時間が増えている。
このつぶやきも最近はiMacでつぶやいているし、半分以上iMacの前に座っているのではなかろうか。
もしかしてG5がすねたのか?と真剣に考えてしまった(笑)

いや〜最近はあまりないけど、昔のMacって本当に気まぐれだったんですよね。
漢字Talk時代のMacは機嫌が悪いと、よく爆弾マークが出て再起動をしていました。
会社勤めだった頃ですから、同僚たちと「今日は調子悪いなぁ〜」って、本気で話していましたからね。
かと思えば、明くる日は何の問題も無く、スムーズに動くって事がありました。

Macって妙に人間っぽい感じがして、本気で「機嫌直してくれよ〜」って声かけたりしていました。
今思えば「機械に語りかけるなんて・・・」と思いますが、あの当時は本気でしたね。
OSXになってからは、そんな事は無くなりましたけどね。
でも、未だにMacは単なる道具では無く、愛すべき道具である事に変わりはありません。
職人が道具を愛しているのと似ているかも知れませんね。

しかし、まさか本気ですねた訳でもなかろう・・・って事で、原因を探る事にしました。
これも昔では考えられなかった事ですが、今はネットで調べるとすぐに対処方法が分かったりします。
Adobeのサイトのコミュニティーで、様々なトラブルの対処法を、ユーザー同士で情報交換したりしていますので、そこで調べる事も出来る。

だが、今回は私のような事例は無さそうな感じ。
そこで、ネットで「IllustratorCS3エラーで保存できない」とググってみました。
すると一発で対処法を紹介したQ&Aを発見。
ライブラリにある、Adobe Illustrator CS3 Settingsをフォルダごと削除すると直りました。
ちなみに場所はここです。

Macintosh HD/ユーザ/<ユーザ名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Illustrator CS3 Settings

もし同様にトラブルがあった場合はこのAdobe Illustrator CS3 Settingsを削除して下さい。
念のためにバックアップは取っておいて下さいね。

Illustratorを再び起動すると、Adobe Illustrator CS3 Settingsフォルダが自動的に作成され、エラーもでなくなりました。
トラブルが発生してから、約30分で解決出来ました。
いや〜ネットって便利ですね。そしてトラブルを報告して頂いた方、ありがとうございます。

これがネットの無かった時代ではそうはいきませんでした。
あらゆる事を考えて、様々な事を行って、それでもどうしても無理な場合は、会社が契約しているサポート会社に問い合わせるしかありませんでした。
それこそいったんトラブルが発生すると、一日仕事が吹っ飛ぶ事なんてよくありました。
特にDTPに移行してすぐの頃はトラブル続きで、本当に試行錯誤の連続でした。
今の様にトラブルの事例情報が、なかなか掴めなかったですからね。

昔はシステム環境のコントロールパネルに追加した機能拡張が、何らかのトラブルを起こしたり、フォントが引っかかってエラーになる事が多かった。
なので、まずは機能拡張を全てオフにして起動する。そしてフォントをデフォルトの状態に戻す。ってのが、Macのトラブル対処の基本のようなものでした。

今回はスムーズに解決できた良かったです。
しかし、なんで突然エラーが起きたのだろう?
何も特別追加した物は無いし、最近は使用頻度も落ちているのに。
イチローのトレードはスムーズに行きましたが、G5とiMacのトレードは難しいようです。
やっぱりすねたのかな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年06月12日

iPhone5はまだか

Appleが新しいMacBookProやiOSなどの新機能を発表しました。
私個人としては、iPhone5やNew iPadを期待したのですが、残念ながらその発表はありませんでした。
iPhone5の発表を待っている人は、私以外にも沢山いるのではないでしょうか。
auからiPhoneが発売されてから、iPhone5が出たら買おうと待ち続けていますが、まだしばらく待たないといけないようですね。

今回は特別目玉と言った商品の発表はありませんでしが、iOSの新機能やMacOS10.8の紹介など、目玉ではないけど様々なバージョンアップがありました。
MacOS10.8は7月からダウンロード販売されるようで、価格は僅か1,700円です。
OSがたったの1,700円だなんて、数年前では考えられない価格です。

以前ならパッケージで18,000円くらいしていました。
それでもWindowsに比べれば安い方です。
それが今ではたったの1,700円です。
信じられないですね。

他の新しい機能で注目したのが、地図機能でした。
「地図なんて今までもあるのに?」と思いますよね。
しかし、今回新たに追加された地図は、これまでの地図とは違います。
これまでは地図はGoogleから提供された物を使っていました。

今回の地図はAppleが独自に開発した物で、その驚きの機能がテレビでも紹介されていました。
地図を開くと、まずは何の変哲も無い平面の地図が開きます。
しかし、その地図の視点を斜めに切り替えると、建物が立体的に表示されるのです。
ビルなどの建物の高さが、リアルに再現されているのです。

そして、これは衛星写真でも同様に立体に表示されていました。
これには驚きです。
AppleはMap機能でGoogleに徹底的に対抗する構えのようです。

そして音声認識機能のSiriも進化し、この地図と組み合わせる事で、iPhoneが音声で動くナビへと変わります。
すでに車メーカーともタイアップする事が決まっているようです。
iPhoneは電話だけでなく、ナビにもなっちゃうんですね。
でも、ナビとして使っている時に、電話がかかってきたらどうするんでしょうね(笑)

いろいろと新機能出ていますが、やはりiPhone5の発表が気になる。
いつになるのかなぁ〜。
秋まで待たないとダメかな。
もう暫く辛抱が続きます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年03月24日

iPhone5はいつ出るか?

携帯に知らないアドレスでメールが届いた。
送り主は東京に住む弟からでした。
久々に東京の弟からメールが来た。
メルアドを変えたらしく、よく見るとアドレスだけで無く、キャリアも変っている。
ドコモからezwebになっているのだ。
つまりはauに変ったと言う事。

弟は昔からドコモだったのですが、何故に突然auに?
これは考えられる事は一つ。
iPhoneにするためにキャリア変更した。
そう思ってメールを返信したら、やはりiPhoneにしたようです。

最近周辺でもiPhoneにしている人。
iPhoneでなくてもスマホにしている人が多い。
私も出来る事ならiPhoneにしたいところですが、やはりiPhone5が出るまでは待ちたいと思います。

でもみんなスマホにしているけど、使いこなせているのだろうか?
正直、私は今の携帯電話すら、十分に使いこなせてはいない。
でも逆にiPhoneなら十分に使いこなす自信があります。
だってMac使ってiPad使っているんですから。
iPhoneは思いっきり活用できる事が十分解っています。

今の携帯の方が全く活用できていないと言えるでしょう。
電話とメール、それくらいしか使っていません。
お財布機能も使っていないし、ワンセグも最初だけ珍しくて見たけど、今は見る事はありません。
iPhoneにはお財布機能も、ワンセグも無いけど、逆に私が使いたい物は山ほどあります。

でも、普通の携帯に慣れていた人は、スマホにして戸惑っているのではなかろうか。
まずスマホはアプリを入れて初めて自分のやりたい事が出来るようになる。
つまりは「自分がスマホで何をやりたいか」が分からないと、単なる電話でしかなくなる。
それが理解出来ないと、「スマホにしたけど何も便利じゃない」って事になってしまいます。

そしてアプリをダウンロードするにも、そのアプリで何が出来るのかを理解しなくてはなりません。
パソコンを使っていて、有る程度アプリに対しての認識があれば良いけど、無い場合は少々頑張らないといけませんね。
その点、子供や若者は順応性が早いので、すぐに対応できるでしょう。
数年後には数字のボタンがついた携帯を、見かける事は難しくなるのかも知れませんね。

私もいつまで数字のボタンがついた携帯を使うか分かりません。
iPhone5が出たら、きっと速効で変えそうな気がします。
いつ出るかなぁ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年03月22日

プチトラブル

一瞬焦った・・・。

仕事をしていてどうもPower Mac G5の調子がおかしいので再起動した。
このところほぼ毎日、その日の仕事に追われるような状況。
今日も急いで作業をしていたのですが、日頃できるはずの事が出来ない。
多くのアプリを立ち上げて、複数の作業をこなしていると、どうしてもMacに負担がかかり、時々調子がおかしくなる。
その場合は再起動して、一旦リセットした状態で作業を開始します。

今日も同様に一旦全ての作業を終了し、データを保存して再起動。
さぁ作業再開・・・と思ったら、何故かillustratorが立ち上がらない。
illustratorのアイコンをクリックしても反応が無い。
illustratorのファイルをダブルクリックしても、これまた反応が無い。

ちなみにillustratorはチラシやポスター等の、一枚物のデータを作る時に使うアプリです。
私の仕事では約8割がillustratorで作っていると言えます。
つまりこのillustratorが使えなくなると、仕事が全く出来なくなる。
アニマルイラストもillustratorで制作しています。

えらいこっちゃ〜。
illustratorが使えなくなると、仕事にならん。
全く原因が解らないが、ひとまずもう一度再起動する事にした。
その前に、万が一の事を考えて、今作業中の全ての仕事をバックアップする事にしました。
illustrator自体の問題であれば、最悪の場合、iMacにデータを移行して作業は出来ます。
しかし、もしPower Mac G5本体に問題があって起動しなくなったら大変です。

外付けハードディスクにデータをバックアップ。
データをバックアップするのに、数分間かかってしまった。
でも、最悪の事態を考えてバックアップを取っておかないと、データが全て消えてしまっては大変です。

バックアップを終えて再び再起動。
起動音の後にモニターが点灯するのですが、なかなか点灯しない。
これは・・・もしかして・・・・やばいかも・・・・。
と思った瞬間、ようやく点灯。
いつも通りの起動になりました。

あぁ〜ビックリした(@@;)
後はillustratorがちゃんと起動するか?
これもなんなくいつも通りに起動しました。
いったい何だったのだろう?
少々の疑問が残るものの、作業を急ぐ方が優先なので、そのまま仕事を再開しました。

久々にプチトラブルが出て、少々焦りました。
このPower Mac G5も、もう7年近く使っています。
そろそろスペック的にも限界に近づいている。
新しいMacProに買い替えたいけど、とてもそんな予算は無い。
iMacと違って本体だけで30万は見ておかないといけないですからね。

もうしばらくPower Mac G5で頑張るしかないのだ。
頑張ってくれよPower Mac G5。
Power Mac G5も私も年々体力無くなっていきますが、まだまだ頑張らないとね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年03月08日

新しいiPad

新しいiPadが発表されました。
iPad3か!?と期待していたのですが、Appleの公表も「新しいiPad」という何とも曖昧な表現。
カタチは全く変っていないのですが、画面の解像度がメチャクチャ綺麗になったようです。
しかし、小型版のiPadや、新しい何かを期待していたので、かなり期待外れの発表でした。

昨年のiPhone4Sと言い、今回の新しいiPadと言い、ちょっと期待外れが続いています。
やはりスティーブジョブズがいなくなったのは、Appleにとってとてつもない大きな穴なんですね。
スティーブジョブズが健在であれば、きっとこんな感じの発表はしなかったのではないか?と思ってしまいます。
今回の発表は言わばマイナーバージョンアップです。
スティーブジョブズなら、今発表せずにしばらく温存させて、iPad3と呼ぶにふさわしいタイミングで発表したと思う。

今回のiPadにはワクワク感はありませんが、画面の綺麗さは飛び抜けているようです。
そして今回の新iPadに合わせて、iPhotoも刷新されたようです。
より簡単により直感的に使えるようになったようです。
私はiPhotoはiMacの方で使うので、iPadには入れていません。
しかし、iPadをメインに使う人であれば、便利かも知れませんね。
価格もとってもリーズナブルだし。

もう一つの目玉と言えるのが、iOSのバージョンアップに伴い、Siriが日本語対応になった事でしょう。
iPhone4Sの時も話題になっていましたが、その時点では日本語に未対応でした。
今回のバージョンアップで日本語対応したと言う事で、音声認識で様々な事が可能になってくると思います。
その内、バーチャルで会話をするアプリとか出てきそうですね。

今回の発表はちょっと期待外れでしたが、今物凄く魅力的なiPadが発表されても、どの道買えませんから(笑)
私はまだまだiPad2を使いこなせていませんし、まだまだ活用方法はあるので、iPad2で出来る事をどんどんやっていこうと思います。
それよりも、最近Macの方が全然バージョンアップがありませんね。
Appleの方も、今はiPadやiPhoneの方に力を注いでいるのでしょう。

また次の発表まで楽しみに・・・と言う事で、今回は締めくくります(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年02月29日

auからiPad発売か!?

以前から噂のあるiPad3の登場。
三月上旬に発表されるとの噂がありましたが、Appleが3月7日に何かの発表を行う事が解りました。
これが噂のiPad3なのかは解りませんが、Apple側からは「見て触ってほしいものがある」とのメッセージだけ発表されているようです。
いつものAppleのやり方ですが、ヒントのような言葉だけ出して、興味を引き付ける方法です。
でも、きっとiPad3なのだと思います。

私はiPad2を買ったばかりなので、iPad3が出ても買う事はありませんが、とても興味はありますね。
噂では一回り小さいサイズも出る!?との情報もあり、嫁さんもとても興味を示しています。
さらに今日は驚きのニュースが飛び込んで来ました。
何とiPad3をKDDIも販売するらしいのです。
iPhoneに続きiPadもauから出る事になるようです。

Appleは発表まで秘密を守る主義ですが、auは比較的情報が漏れやすいようですね。
iPhoneの時も事前に情報が出ましたから、今回もおそらく間違いないでしょう。
と言う事は、やはりiPad3が登場する事は間違いない。

これまではiPadで通信をするとなると、softbankしか選べませんでした。
私のように自宅でWiFiで繋いで、外では繋がらない。
外で繋ぐには別途通信業者と提携しないといけない。
しかし、auから出ればauの回線で使う事が出来る。

私のiPad2は使えないのだろうか?
その辺どうなんでしょうね。
auも正式に発表は出来ないので、いずれにしても3月7日のAppleの発表を待つ事になりますね。

それにしても、Appleも随分と変りました。
以前はAppleと言えばMacと言うのが決まりで、Macを使っているのは少数派故に、Appleの知名度って低かった。
それが今では、iPod・iPhone・iPadの活躍で、リンゴのマークは有名になりました。
昔からのAppleユーザーとしては嬉しい反面、iPhoneやiPadばかりが注目を集めるのは少々寂しい。
やはりAppleの凄さはMacにあると思うのです。
iPadもMacと繋いで初めてその使い方が広がる。

Macの方もiPadのiOSの進化を取入れて、ますます使いやすくなってきています。
MacOSとiOS、良い意味でのライバル関係になっているのでしょうね。
これからますます両OSは刺激し合って進化して行くのでしょう。
3月7日の発表を楽しみに待ちたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年02月24日

もう手放せないiPad

先日、次女に食いちぎられてしまったiPadのタッチペンのゴム先。
二日前にワコムストアのサイトを見てみると、品切れだったゴム先が販売になっていた。
速効で注文して、本日ペン先ゴムが届きました。
食いちぎられていたゴム先は、ボンドでくっつけて使っていたのですが、やはり感度・タッチ感共に悪かった。
ようやくタッチペンが復活しました。
今回は3個入りだったので、まだ2個予備があります。
例え噛みちぎられたとしても、大丈夫です。
まずは噛みちぎられないように、次女の前にタッチペンを出さない事が前提ですね(笑)

iPadもだいぶ使い慣れてきています。
最初はゲームばかりが入っていたアプリですが、その後様々な便利なアプリを入れるために、あまりやらないゲームをどんどん削除していきました。
そうしないと容量が足りなくなるんですよね。
最初は16GBもあれば十分だと思っていたのですが、甘かったです。

iPadは現在、私がメインで使い時々嫁さんや子供が使うといった具合になっています。
しかし、嫁さんは出来れば自分のiPadが欲しいところです。
私がiPadでデータを活用しているのをみて、自分の仕事でも使いたいと思っているようです。
ただ、iPadでは少々大きい。
もう少し小さい画面のiPadがあればなぁ〜と話しています。

3月に新しいiPadが発表されるとの情報もあり、噂では一回り小さめのiPadが出るとの話もあります。
ちょうどiPadとiPhoneの中間くらいのサイズになるのかも知れません。
もし出たら嫁さんはきっと欲しがるでしょうね。

今までノートパソコンが主流だった分野に、iPadを中心としたタブレットが入り込み、様々な使われ方をしています。
私も仕事で私用でと、様々な活用をしています。
アプリ開発もiPadを中心にどんどん進む事でしょう。
ソフトメーカーの巨人であるAdobeやMicrosoftも無視する事は出来なくなっています。
MicrosoftはiPad用のofficeを用意しているらしいし、AdobeもillustratorやInDesignで制作したデータを、iPad上で表示・編集できるアプリを開発しています。
私の仕事でのiPad活用も、ますます広がっていくと思います。

いろいろと面白いけど、ついて行くのも必死です(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年02月22日

時代の変化

昨夜(正確には今朝方)は久しぶりに遅くまで起きていました。
嫁さんの学会発表のスライド作りのためです。
毎年この時期に学会があり、スライド発表をする事が多い。

昔はスライドを作るとなると、それこそひと月くらい前から作り始めていた。
当時はスライドを作るとなると、Powerpointしか無かったので、四苦八苦しながら作ったものです。
どうも私にはPowerPointが使いづらくて、途中からはillustratorで作ったデータを、画像書き出ししてPowerPointに貼り付けるという荒技を使うようになりました。

しかしAppleがKeynoteを出してからは、Keynoteで作るようになりました。
何が良いって、本当に簡単にしかも綺麗に作る事が出来る。
それに価格も安い。
もうKeynoteを使い始めてからは、PowerPointには戻れません。

今回は嫁さんも仕事でドタバタで、スライドの原稿を作る横で、私がその原稿をスライドにしていきました。
時には嫁さん自身でKeynoteで訂正したり。
以前なら考えられなかった事ですね。
本当に直感で作れるので、keynoteは楽です。

スライド発表も昔は「Macはお断り」みたいな時代があったそうです。
スライドを写すパソコンがWindowsのPowerPoinになる。
MacのPowerpointで作ったスライドを再生すると、フォントの違いでレイアウトが崩れる。
またバージョンの違いで再生出来ない。
そんなトラブルが多発したようです。

そのため、Macは受け付けてもらえない時期がありました。
今はノートパソコンが主流になり、自分のパソコンを持ち込んでのスライド発表が多い。
嫁さんもpowerBookを持って行ってスライド発表をしています。
Keynoteで作って、そのままPowerBookでスライド発表がここ数年の定番になっています。
おそらく数年後にはiPadからスライド発表が主流になるでしょうね。

スライド制作一つでもこれだけ大きく変ってきています。
昔では考えられなかった事が、実際に出来るようになってきました。
音楽制作・映像制作・書籍etc。
様々な事が個人レベルで出来るようになってきた時代。
発信する人間にとっては、凄い事が起きている時代です。

10年後に、このつぶやきを振り返ってみると、また面白いでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年02月10日

やはり便利なiPad

iPadを使い始めて2ヶ月以上になります。
やはり便利ですね。
様々なアプリがあり、いろいろダウンロードして使っています。

無料で使えるアプリがたくさんあり、これがまた便利な物が多い。
さらに使い込みたい場合は有料版にアップグレードする。
でも、無料でも充分に使える。
有料版でもこれまでのアプリに比べれば、とてもリーズナブルな価格設定となっています。

先日買ったiPad用のタッチペンも便利です。
グラフィック関連のアプリも入っているのですが、指で描くのはやはり違和感があり以前からぺんを探していました。
最初は普通のタッチペンで使えるのかと思っていました。
昔買ったタブレットのペンで試してみましたが、やはりiPadでは反応しない。
そこで先週京都に行った時に、ビッグカメラでiPad用のタッチペンを見つけ購入しました。

タッチペンう使うと絵を描くのもスムーズに描けます。
今は落書き程度に描いていますが、慣れてきたら本格的に描いてみたいと思います。
シリーズで描いているアニマルシリーズは、Illustratorを使って描いていますので、描くと言うよりも組み立てると言うイメージに近い。
そしてMacでIllustratorを使って描くので、「さぁ描くぞ」と気合うぃを入れて描く事になります。
iPadの場合、外でちょっとした空き時間に落書き程度に描ける。

外でiPadを使ってアニマルシリーズのイメージをラフ描きする事も可能です。
早い話がiPadがスケッチブックになるんですよね。
出かける時にわざわざスケッチブックを持ち出すのは大変ですが、iPadは常に持ち歩いています。
時にスケッチブックになり、時にはカメラ、ビデオカメラに。
そして時にスケジュール帳になり、時にメモになる。
ナビゲーションを使えば地図帳になる。
遊びたい時はゲーム機になります。
まさに万能機なのです。

後はやはりネット接続したいですね。
家ではwifi接続していますが、外では使えない。
新たに接続サービスに入らないといけません。
なるべく安くて安定したサービスがあれば使いたいですね。

アプリも様々な物が、次々と出てきますので、ますます便利な使い方が出来そうです。
もう手放せないですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年01月26日

これは凄い

数日前にAppleからiBook2が発表されていました。
iBook2自身はひとつのアプリで、さほど話題性はありませんが、話題になったのはAppleが教育分野へ踏み込んだ事。
今後教科書をデジタル化していく方向らしい。
日本ではあまりピンと来ませんが、アメリカの高校の教科書はとてつもなく分厚いらしい。
そんな教科書をバッグに詰め込んで持ち歩く学生たちは大変なんだとか。

故スティーブジョブズはそんな学生たちを、重たい教科書から開放してあげたいと言うのが、ひとつの目標だったようです。
iPadの普及に伴い、次はいよいよ教科書のソフトの充実を図っていくのでしょう。
デジタルならではの強みと言うのがあります。
紙では表現出来ない物を、動画や音声を使って補足する事ができる。
使う側にとっても、莫大な情報量をiPadやネットに委ねる事により、大量の紙から開放される。

しかし、紙ならではの親しみというのもあります。
人は古代から書く事によって覚えて来ました。
紙に書いて覚えると言う、長い長い歴史の中で、人は紙を必要として来ました。
ですからいきなり「今日からiPadで勉強してね」と言われても、そう簡単には切り替えられない。
やはりそれぞれの利点を、使う人間が上手に使っていく事が大事なんだと思います。

日本ではどのような流れになるのか解りませんが、いずれ日本にもデジタル教科書の流れは起きるでしょうね。
学校が取入れる前から、もうすでに子供達は家庭や他の場所でiPad等に触れています。
子供は慣れるのが早いので、iPadを使った授業等にも対応できると思います。
デジタルの良さ、アナログの良さ、両方を上手に使って、子供達に学楽しさを教えてほしいですね。

さて、このiBook2の発表に伴い、Appleから密かにひとつのアプリが提供されていました。
私も知らずになにげにAppStoreを覗いていて見つけました。
iBooks Authorというこのアプリ。
最初は単なるiBooksのサブ的アプリかと思っていました。
ところがダウンロードしてみてビックリ。
自分で書籍を作って、iTunes Storeにアップする事が出来るのです。
もちろん販売も可能らしい。

まだダウンロードして少しいじってみた程度ですが、これは正直驚きです。
出版や音楽・映像業界の世界を一変してしまう。
誰でも自分の小説や絵、音楽や短編ムービー等を発表出来てしまうのです。
しかも販売する事も可能。
これは今までの流通・販売システムを根本から覆してしまった。

例えば私が長年夢として抱いてきた「作品集を出す」と言う事も、簡単に出来てしまうのです。
これまでは作品集をレイアウトして、印刷して出版するという流れでした。
しかし、印刷して出版という所で、とてつもない金額が発生してしまう。
そして出版出来たとしても、それが本屋さんに並ぶのは、本当に奇跡に近いのです。

それが、iTunes Storeにアップする事で、多くの人の目に触れる機会が出来る。
それも全くお金がかからない。
こんな夢のような事が実現可能になったのです。

まだ、本当に少し触った程度なので、どこまで使えるのか解りませんが、物凄く期待感のあるアプリです。
それが無料でダウンロード出来るのだから、これまた凄い。
Appleとしてはアプリでお金を得るよりも、アプリを使って多くの人にデータをアップして欲しいのでしょうね。
そして販売利益の一部を得る方が、マーケットも膨らみ将来性が見込めるのでしょう。

もう少し仕事が落ち着いて来て、少し時間に余裕が出てきたら、本格的にこのアプリを使ってみたいと思います。
そして長年の夢であった作品集を作り、iTunesStoreにアップしたいと思います。
そんな日が来たら、またここで案内させて頂きます。
あぁ〜なんかワクワク(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2012年01月06日

MacProの未来は?

新年早々忙しいです。
昨年末に持ち越した仕事があり、仕事初めから全力失踪で頑張っていますが、厳しい現状です(^^;)
クライアントの方々には、新年早々ご迷惑をおかけして申し訳ない気持ちです。

気持ちと時間にゆとりを持って仕事をしている時はあまり感じませんが、焦っている時ほどMacのスピードが遅い事に苛立つ。
気持ちばかりが前に進み、Macの作業処理スピードがついて来ない。
だんだんと焦りイライラしてくると、イメージが沸かなくなり悪循環へと陥ります。
昔は本当によく怒りながら、キーボードを叩きながら八つ当たりしていたものです(笑)

PowerMacG5のスピードに慣れていたのですが、新しいiMacを購入してからと言うもの、スピードの違いを感じるようになりました。
加えて最近G5の安定感も弱まっています。
やはりそろそろメインマシンも買替えを考えていかないといけません。
サブマシンのiMacを購入したばかりなので、すぐには買えませんが、ここ1〜2年の内に何とかしたいですね。

しかし、少し気になる情報を見つけました。
IT関連の情報サイトで、AppleがMacProシリーズを終了させるのでは?との憶測があるようです。
私が使っているG5の後継機種が今のMacProシリーズになっています。
私のようなグラフィック関連の仕事や、映像・音楽等の仕事をする、プロフェッショナル向けの機種です。
それを終了させる可能性があると言うのです。

Mac全体の売上は伸びている中で、MacProの売上は落ちているらしく、Appleも将来性を感じていないのでは?と言われています。
う〜ん、確かに私自身メインマシンは一度買えば確実に5年は使う。
iMacやMacBookのように一般の人が使う機種からすれば、当然買う人は限られて来ますからね。
さらに、最近ではiMacで仕事をする人も増えているようです。
私も今のiMacで十分仕事は出来ると思います。

そうなると私もメインマシンをMacProにこだわる必要性は無い。
確かにMacProの方が安定しているし、故障率も低い。
でも、金額の差を見ると「iMacで十分」と考えるのが普通なのでしょうね。
映像関係等のかなりパワーを要する業界で無い限り、iMacでも十分に仕事になるのだと思います。

私の仕事のような平面グラフィックであれば、今のiMacでも十分に仕事で使えます。
やはりMacProが終了になる可能性もうなずける。
でも、やはりiMacでは役不足ってのもあると思います。
その当たりをAppleがどう考えているのかが気になりますね。

しかし、今の私は目の前の作業をこなす事で精一杯です(笑)
明日も頑張らねば・・・。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh