2018年06月05日

今年のWWDC

180605.jpg

毎年、この時期になると、AppleのWorldwide Developers Conference(WWDC)が開催される。
そして「今年はどんな発表があるのか?」と楽しみにしている。
この時期が近づくと、様々な噂が飛び交い、否応にも期待感が膨らむ。

ところが今年は、妙に静かだった。
噂の類もあまり見かけない。
そのため、私自身も忘れかけていた(笑)

今朝、ネットニュースを見て「そうだったWWDCあったんだ」と思い出したくらい(^^;)
でも、発表の中身見ても、やはり期待していたようなものではなかった。
最初からハード関係は何も発表は無いと言われていた。

主な内容は、iOSとwatchOSそしてmacOSの新しいOSの発表。
あとはARやら技術的な内容でした。

iOSでは、絵文字が進化して、自分の顔を似顔絵的な絵文字にできるサービスが追加。
これってGALAXYのCMでも、似たようなものがありましたね。
みんなやることは一緒ってことでしょうか。

そしてFaceTime(ビデオ通話)が、これまでは1対1だったのが、グループで会話できるようになりました。
最大32名(だったかな)でビデオ通話ができるらしい。
と言っても、そんなにたくさんで通話したら、わけわからん状態になると思うけど(笑)
まぁ、ビデオ会議とか、遠く離れた家族同士の会話とかには良さそうです。

macOSも色々と便利な機能が追加されそうです。
そう言えば、私のMacProも、まだ一つ前のOSのままでした。
そろそろバージョンアップして、次のバージョンに備えなくては。

しかし、どんどん新しい技術が加わり、どんどん変わっていきますね。
でも、なんだろう?やっぱり昔のようなワクワク感がない。
やはりAppleはスティーブ・ジョブズを失ってから、守りに入っている気がする。
初代iMacが登場した時のような、初めてiPhoneが世に姿を見せた時のような。
あんなワクワク感は、もうAppleには期待できないのかも知れない。

今回のWWDCの中身を見て、ちょっとそんな寂しさも感じた。
ただ単にハードウェアの発表がなかったからかも知れませんが(^^;)
そして私が今、Appleのハードウェアで、特に欲しいが無いからかも。

秋にはまた、新しいiPhoneなどの発表があります。
新しいのが出たら、また「欲しい〜」って言っていると思いますけどね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(0) | Macintosh

2018年01月10日

メモリ追加で仕事もさらにアップ

180110.jpg
【メモリ追加でちょっとスピードアップ】

昨年末に注文していた、MacPro用のメモリがようやく届いた。
年内に届くと思っていたのですが、年明けになってしまった。
お正月休みに、余裕を持ってメモリ追加作業をしようと思っていた。
しかし届いたのは今日。

仕事が落ち着いてから作業をしようかと思ったが、いつ落ち着くのかわからないので本日作業。
思っていた以上に、簡単に装着出来たので、15分もかからずに作業完了できました。
これまでは4GB×3=12GBでした。
今回4GBを追加したので、16GBとなりました。

メモリアップでめっちゃスピードアップ・・・とまではいかないまでも、若干ですが早くなった感じです。
これで仕事もはかどるかな。
予算にゆとりがあれば、大きめのメモリを積みたいのですが、そうなると全てのメモリを交換しないといけない。

メモリスロットは4つあって、全て同じGBのメモリでないといけません。
4GB×3+8GBという使い方はできないのです。
16GB×4がベストなんですが、そうなるとメモリだけで120,000円くらいかかってしまう。
ちょっと無理ですね。

今回、Amazonでメモリを買おうと思っていたのですが、20,000円くらいしたので、躊躇していた。
ところが秋葉原館で見たら、10,000円以下であったので即買いしました。
メモリのメーカーが違うけど、ちゃんと動いているので良しとします(笑)

これまで以上に快適な環境になりました。
仕事の方もますます力を入れて頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | Macintosh

2017年11月14日

MacBookPro購入

171114.jpg
【MacPro(後)とMacBookPro(手前)】

以前からずっと検討していたのですが、ついにMacBookProを購入しました。
さすがに現金では買えないので、appleローンです(><)
ようやくMacProのローンが終わったのに、またもやですね。
まぁ仕事で使うので致し方ない。

先々月、MacProの調子が悪かった時、本当にサブマシンガ欲しかった。
一応iMacがあるのだが、古すぎてもう仕事では使えない(TT)
MacProと同等か、少し下の機種が欲しかったのです。

今回購入したのは、MacBookPro15インチの、Touch BarとTouch ID仕様で、2.8GHzプロセッサ256GBストレージ。
これを256GBから512GBにアップして注文しました。
私が使用するアプリだけでも、結構な容量を食ってしまう。
AdobeのCreative Cloudのアプリを入れたいので、ストレージは倍にした。

今日はお昼過ぎにMacBookProが届いてから、ずっと設定に追われました。
ようやく全てのアプリがインストールできて、これで仕事もできる環境になりました。
あとフォントくらいかな。

私も仕事で使うけど、実は嫁さんも時々仕事で使う。
今はiPadでやっているけど、やはり作業能力が悪く、以前からMacBookを希望していた。
そして何よりも発表のスライドで使いたいようです。

これまでも、学会などの発表があるたびに、後輩のMacBookを借りて発表をしていた。
年に1〜2回のことだが、やはり自前のMacBookが欲しいところ。
私も検討していたが、嫁さんは嫁さんで必要に迫られていた。

そして私がMacBookを欲しかったもう一つの理由。
それは外で仕事ができるということ。
特に剣道の稽古の付き添いの時に、作業ができるのは非常に助かる。

仕事が詰んでいる時などは、付き添いの時間に仕事をしたい。
ちょっとでも進めることができれば、全く仕事の捗り具合は違う。
それに剣道関係など、他の作業などもできる。

最初はMacBookAirでも良いかと思ったのですが、やはり仕事でも使うとなると、MacBookProの方が良い。
そして13インチよりは15インチが良い。
となると、結局この機種に収まった。

やっぱりTouch BarとTouch ID仕様は良いですね。
ログインの時などは、iPhoneみたいに指でタッチすればログインできます。
いちいちキーボード叩かなくて良いので楽です。
Touch Barも使い勝手良いですね。

さて、新しい環境が整ったので、さらに仕事を頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:45 | Comment(0) | Macintosh

2017年10月03日

ようやくMacPro復活

171003.jpg
【予想に反して早々に戻ってきたMacPro】

ようやく完全復活!!

ずっと調子悪いまま、仕事に使っていたMacPro。
ひと月以上、調子悪いながらも、使い続けていました。
最近は、いつフリーズしても良いように、こまめにセーブする癖がついていた。

しかし、ようやく解放されたようだ。
日曜日に修理に出したMacProが、本日修理を終えて戻ってきた。
なんというスピード。
最低でも3日くらいはかかると覚悟していたのだが。

いや〜普通に使えるってのが、こんなにもありがたいこととは(笑)
人間の健康と同じで、調子悪くなってから、日頃普通で動けることの有り難さがわかる。
これで全力で仕事ができる。

なんせ、このひと月、フリーズの嵐の中で仕事をしていた。
どれだけ仕事の効率が悪かったか。
そして原因が確定できないものだから、OSを入れ替えたり、色々と試しながらのひと月でした。
最終的にはハード的なトラブルということで、再度修理に出すことになったけど、やはり仕事が止まるのが問題だった。

最悪の場合は、今週いっぱい修理にかかることも覚悟していた。
しばらくはiMacで作業をしようと、昨日からiMacを動かしていた。
早々と戻ってきてくれて、助かりました。

アップルサポートにも何度も何度も電話した。
色々とサポートしてもらったが、機械的なトラブルの可能性が固まるまで、時間を要しました。
時間を取られてしまったことは確かだが、良い勉強にもなった。
それにOSも最新のものにアップする良き機会になりました。

スムーズに動いてくれるMacProに感謝ですね。
これが普通なんだろうけど、普通じゃない状態だったから、とても有り難いです。
故障の要因はビデオカードだったようで、ビデオカードを交換してもらったようです。
前回の修理の時も、ビデオカード交換してもらったのですが、その内の一つが壊れていたのでしょうか?

ようやく復活したMacPro。
明日から、これまでの遅れを取り戻すべく、ガンガン仕事進めます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | Macintosh

2017年10月01日

再び修理へ

171001.jpg
【元気になって戻ってこい(笑)】

結局、再び修理へ出す事になりました。

夏期休暇中に修理に出したMacPro。
以前の不具合は、突然画面が一瞬消えること。
そして、時々ですが、スリープしたまま復帰できないこと。

購入してしばらくしてから、起きていた現象ですが、さほど仕事に差し支えが無かったのでそのまま使っていた。
しかし、やはり気持ちの良い物ではなく、なんとか現象が改善するならと、前回修理に出した。

結果から言うと、画面が突然一瞬だけ消えるのは、直っていない。
ただ現象そのものは、減っている。
ところがそれ以上の問題が、突然のフリーズです。

修理から戻って来てから、ずっとフリーズが続いている。
作業をしていて、突然フリーズ。
これではさすがに仕事にならない。

OSの再インストール、HDDの初期化、関連しそうなアプリの排除。
考えられる事は全て試して来ました。
アップルサポートとも、何度電話をしたことか。

最終的にハード的なトラブルの可能性が大ということで、再び修理に出す事になった。
しかし、問題はMacProを修理に出している間の仕事です。
修理期間は3〜5営業日と言われている。
つまりは1週間ほど、仕事が出来無くなってしまう。

それでも、このまま使い続けても、仕事に差し支えが出ているので、やはり修理に出さざるを得ない。
状況はますます悪化している感じもするので、思い切って修理にだすことにした。
幸い、古いiMacがまだ動いているし、作業環境は遅いけど、何とか仕事もできそうです。

8月25日に修理から戻って来て、ひと月以上、フリーズに悩まされて来ました。
来週一週間は、iMacで何とか仕事をこなして、MacProが元気になって戻ってきたら、仕事のペースを上げたいと思います。
Macが無ければ、何も出来ないのが私の仕事(^^;)
早く元気になって戻って来ますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | Macintosh

2017年09月13日

新たなるiPhone登場

170913.jpg
【全面ディスプレイのiPhone X登場】

やはり出ましたか。
以前から噂されていた、全面ディスプレイのiPhoneが発表されました。
iPhone8がその全面ディスプレイかと思ったら、iPhone8はこれまでのデザインで、全面ディスプレイのiPhoneはiPhone X(テン)として発表されました。
これは、iPhoneが登場して10周年になることから、iPhone Xとしての発表だったようです。

全面ディスプレイになったことで、ホームボタンも無くなりました。
ではどうやって画面を立ち上げるのか?
これまでは、ホームボタンを押すと、ロックが解除されていました。
しかし、これからは、顔認証でロックが解除されるようです。

指紋認証は開かないことも結構ある。
特にお風呂上がりなどは、なかなか認識しないので、結局数字を打ち込むことも多い。
これからは、顔認識でロックが解除されるなんて、なんともクールです。

もう一つ驚いたのが、充電方法。
これまでは、充電ケーブルをつないで充電していました。
しかし、これからはワイヤレスで充電できる。

AirPowerマットという物が登場しました。
このAirPowerマットに、iPhoneを置くだけで充電できるようです。
なんという驚き。置いただけで充電できるなんて。

この全く新しいiPhone X。
ものすごく興味があるし、使ってみたいけど、我が家は昨年iPhone7plusに機種変したばかり。
1年は待たなくてはいけません。

息子も物凄く興味を示していて、「欲しい〜」と言っていました。
しかし、息子も今年の3月にiPhonePlusに機種変しています。
後2年くらい待たなくてはいけません(笑)

まぁ来年、そして再来年には、さらに進化したiPhoneが出ていることでしょう。
それを楽しみに待つしかないですね。
しかし、このiPhone Xを持っている人がいたら、やはり羨ましい目でみることでしょうね(^^;)

どんどん進化するスマホの世界。
次はどんな進化が待っているのでしょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | Macintosh

2017年09月09日

Macの調子その後

170909.jpg

仕事が詰まってきているのに、相変わらずMacの調子は絶不調です。
何度かAppleサポートに電話をして、考えられることを試してきましたが、解決に至らず。
やはり機械的な問題のような気がしています。

結局、再度修理に出すことになりそうなのですが、仕事を止めるわけにもいかないので、次の3連休を使って修理に出したいと思います。
いやはや、仕事が忙しい時に、Macがこの調子では仕事はかどりません。
これから年末に向けて、さらに忙しくなるのが、目に見えているので、今のうちに修理に出したいと思います。

前回修理に出した時は、仕事に差し支えがあるような状態ではなかった。
一瞬モニターが消えるとか、スリープ状態から復帰しないとか、その程度でした。
だから、私も気になりつつも、ずっと仕事で使っていた。

しかし、修理されて戻ったはずのMacが、今度は頻繁にフリーズする。
これでは仕事ができません。
これまでそんなことはなかったのに、突然フリーズするようになったのは、やはり機械的な原因だと思われる。

何度も何度も、初期化してクリーンインストールして、試してみたが、結果は同じ。
「調子良いな」と思っていても、必ずフリーズが起きる。
一度フリーズが起きると、リスタートしてもすぐにフリーズする。
これを2〜3度繰り返していくと、ようやく落ち着く。

再び仕事に集中して、調子に乗り始めた頃に、またまたフリーズ。
リスタートすると、またフリーズして、これを繰り返す。
全く仕事になりません(T_T)

しかし、あと1週間はこの状態で仕事しなくてはならない。
こまめにデータをセーブしながら、なんとか仕事をこなしたいと思います。

気になったのは、実はフリーズではないかも?と思えること。
一度、ログイン直後にフリーズしたことがある。
就寝直前だったので、そのままほっておいて寝た。
翌朝みると、ログインできていた。
フリーズも解除されていたのです。

そして今日も、Illustratorで作業中にフリーズ。
他にやることがあったので、そのまま放置して30分ほどして戻ってみると、フリーズは解除されていた。
実はフリーズだと思っていたのは、処理にものすごく時間がかかっているのかもしれない。

しかし、だからと言って、いつ終わるかわからない処理を、ず〜〜〜〜〜っと待ってはいられない。
いつもフリーズした時は、カーソルがレインボーカーソルになって、ぐるぐる回る。
一切の処理を付け付けなくなり、ひたすらカーソルだけが回っている。

もしシステムの問題なら、初期化しても同じ状態が起きることはおかしい。
なんらかのデータが問題を起こしているのなら、フリーズから復帰することもおかしい。
やはりこれは機械的なトラブルだと思う。
Appleに修理に出す時には、この辺のこともコメントに入れておきたいと思う。

このつぶやきも、ブログ上で入力していると、フリーズした時に入力した内容が全て飛ぶ。
そのため、先にテキストエディットを使って文字を入れている。
書き終わったら、ブログに文字を流し込む作業を、ずっと続けています。

Macが無ければ、全く仕事ができないのが現状。
来週末には、もう一度修理に出して、今度こそ絶好調になって戻ってほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | Macintosh

2017年08月27日

再びMacメンテナンス

170827.jpg
【アップルサポート助かります】

北海道から帰って来た日に、修理に出していたMacProも帰ってきた。
正確には、21日の月曜日には戻って来たようです。
私が北海道にいる間、何度も不在通知が入っていた模様。

早速翌日から仕事に取り掛かる。
ところが、突然フリーズする現象がたびたび起きる。
前回、修理に出した「画面が突然一瞬だけ消える」という現象は起きていないけど、別の症状に悩まされた。

ひとまず考えられる対策を施す。
しかし一向に改善されない。
昨日はひとまず、フリーズしたら再起動を繰り返しながら、なんとか仕事をした。

しかし、この状態で本格的な仕事は、とてもじゃないができない。
今日も昼から、Macと向き合って色々と考えられることをやってみるがダメ。
そこで、再びアップルサポートへ電話。

修理に出した経緯や、その後のフリーズする状況を説明する。
そしてサポートの電話に従って、色々と対策を施します。
セーフモードで立ち上げてみたり、ディスクの診断プログラムを実行したり。

しかしいずれも効果無し。
そこでOSの再インストールを試みる。
OSの再インストールには時間がかかるため、一旦電話を切り、インストール後再び電話。
電話の度に担当者が変わるので、受付番号を発行してもらい、症状のデータを共有化してもらった。

OSの再インストールが終わり、状況を確認するために、操作を行う。
しかし、あえなくフリーズ(T_T)
再度アップルサポートへ電話。

次の手段は、ハードディスクを初期化して、OSの再インストール。
こちらも時間がかかるため、OSのインストール後電話をかける。
電話の度に、担当者が変わるが、状況は引き継いでいるので安心です。

そしてOSの再インストール完了後に、バックアップからデータを復元。
ここまで来たら、もう最後の段階。
後はデータが復元されるのを待つだけです。

3時間ほどかかって、ようやくデータも復元。
これで全ての作業が終わった。
もしこれでもフリーズが頻繁に起きるようなら、個々のデータに問題がある可能性があります。
そうなったら、何が原因なのか、探るにはとても時間がかかる。

ひとまず、順調に行ったようなので、様子を見ながら探りたいと思います。
さて、明日から本格的に仕事再開です。
夏期休暇も終わったし、ガンバロウ!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | Macintosh

2017年06月20日

ようやく原因判明

170620.jpg

今、仕事で使っているのは、MacProです。
それまではiMacで仕事をしていました。
しかし、そのiMacも2010年に購入したもの。

さすがに古めのiMacで仕事をするのは辛くて、2年前についにMacProを購入しました。
一括では買えないので2年ローンで(^^;)
ようやくローンが終わりました(^o^)
やっぱりモノを買うのは、一括ニコニコ現金払いが理想ですね。

さて、MacProを買ってから、ずっとある症状に悩まされてきました。
それは、突然モニタが消えること。
消えるって言っても、ほんの一瞬。

瞬きするように、ほんの一瞬だけモニタが消えるのです。
これは購入して、1〜2ヶ月くらいから始まった。
最初は特に気にしていなかったのだが、起きる時は頻繁に起きる。

集中して仕事をしている時に、これが起きるとドキッとしてしまうんですよね。
ただ、頻繁にと言っても波がある。
起きない時は起きない。
そして忘れた頃にやってくる。

困ったことに、時々起きるのが、スリープ解除の時に、モニタが点かないこと。
これも毎回ではなく、起きる時には頻繁に起きる。
しかし、何事もない時には何も起きない。

仕事に支障をきたしているわけでもないので、気になりながらも使い続けてきた。
ネットで同じ症状がないか、知らべていたが、あまり情報はない。
MacBookProで似た症状の情報はあるが、MacProはあまりない。

そんな時、たまたま同じ症状の情報を見つけた。
そのサイトには、GPUが原因で画面が表示されなかったり、Macがフリーズする不具合がある。と書かれていて、Mac Pro(Late 2013)が対象機種と書いてある。
私のMacは・・・と、調べてみると、ドンピシャLate 2013だった。

これは問い合わせてみる必要があると思い、Appleに電話で問い合わせた。
ダメで元々、何か対策があればラッキー。とくらいにしか考えていなかった。
保証期間はとっくに過ぎているし、有料保証にも入っていない。
修理が必要な場合は、修理代を出す覚悟でした。

オペレーターに繋がり、症状を伝え、自分が見たサイトの情報を伝える。
最初は初歩的な確認や、考えられる対処法など、モニタ共有で確認する。
しかし、何も問題がないことがわかると、さらに専門のオペレーターに代わることになった。

専門のオペレーターからも、PRAMクリアや電源コードを抜いて入れ直すなど、私がネットで調べて対処した内容を説明される。
全て試した上でダメだったことを伝えると、やはりGPUの不具合の可能性を指摘された。
そして、無償で部品交換をしていただけることになった。

ただ問題が。
修理に出すとなると、こちらから配送して、Appleで修理して送り返すのに、1週間はみておかなくてはならない。
毎日仕事でフルに使っているので、とても1週間は無理。

そこで、私が夏季休暇を取るタイミングで修理依頼をすることにした。
まだ2ヶ月先の話だが、それでも対応できることのこと。
私が「2ヶ月先でも大丈夫ですか?」と尋ねると、「それまでの期間、この状態で申し訳ありません」と、丁寧に陳謝されました。

最初のオペレーターも、その後の専門の方も、とても丁寧で親切に対応していただきました。
有償での修理を考えていただけに、とても嬉しい誤算でした。
修理期間まで、まだまだ先なので、時々モニタが消える症状に、ドキッとしながら仕事を続けなくてはなりません。
しかし、2年間それで使って来ましたからね(^^;)
スリープ状態からモニタが復帰せずに、ヒヤヒヤしながら対処したことも何度もありました。

ローンも終わったので、ようやく「私のMac」という意識です。
修理出すまで、もうちょっと頑張って欲しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | Macintosh

2017年06月06日

Appe WWDC2017

170606.jpg
【衝撃の真っ黒くろすけiMac】

毎年、この時期はAppleのWWDCがあり、今年も新たな発表がありました。

iOS11の発表、新しいmacOSの発表。
新しいiPadProの発表。
新しいMacBookっそしてMacBookProの発表。

さらに新シリーズのiMacの発表。
しかし驚いたのはiMacProが発表されたこと。
これまでiMacの位置付けは、どちらかと言うとパーソナル。
Proが使うという前提では無かった。

iMacProが発表されたということは、iMacがビジネスでも必要とされているということか。
確かに簡単な仕事であれば、iMacでも十分に対応できる。
よほど映像や3Dグラフィックスなどの、特殊なもので無い限り、iMacで十分なのだ。

Pro仕様を前面に打ち出したいためか、全面黒のiMacとして登場した。
本体だけじゃない、キーボードもマウスも黒なのだ。
これはさすがに・・・・渋い(@o@)

そして値段もベラボーに高い。
おそらく50万くらいしそうです(^^;)
その分だけ、スペックもMaxなのでしょう。
なんせ至上最強のMacと謳っていますから。

そうなるとMacProの存在はどうなっていくのだろう?
私はやはりiMacProよりもMacProの方が良い。
今回はMacProについては、何も発表が無かったので、ちょっと気がかりです。

他にも気になったのが、新しいiPadProの仕様。
なんとiPadなのに、ファイルが扱えるようになり、フォルダも存在するようになる。
Macと同じように、ドッグが扱えるようになり、ドラッグ&ドロップが使えるようになる。
こうなると、ますますiPadとMacの境界線が無くなってくる。

MacBookProも刷新され、さらに値段が下がったようです。
昨年秋にMacBookProが出たばかりなのに、新しく出てさらに安くなった。
きっとMacBookProを買った人は「なんでや〜」と叫んでいることでしょう。
私がもし買っていたら発狂していたかもしれない(笑)

最後に出てきたのは、噂されていたSiri対応のスマートスピーカー。
単なるスピーカーではなく、いろいろなことができるようです。
詳細はCNETJapanより引用。

以下CNETJapanより引用
https://japan.cnet.com/article/35102333/

音声対応アシスタントのSiriで各種操作ができる家庭用スマートスピーカ。「Hey Siri」と呼びかけると、ニュースや天気予報の確認、メッセージ送信、スマートホームのコントロールなど、さまざまな操作が音声で実行できる。音声は6個のマイクを使って拾い、部屋の反対側から声をかけても、大きな音で音楽を鳴らしている状態でも、音声操作が可能という。

 Appleワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントのPhilip Schiller氏は、「『iPod』でポータブル音楽を再発明したAppleだが、今度のHomePodは、家中で音楽をワイヤレス配信して楽しむ方法を再発明する」とHomePodを説明し、ホームミュージックスピーカと呼んだ。当然、音楽配信サービス「Apple Music」と連携する。特に音質を追究しており、部屋の真ん中やコーナー、棚など置かれた場所に合わせて「完璧なリスニング体験」を提供できるとしている。

<引用ここまで>

日本の発売はまだ未定のようですが、いずれ日本でも発売となるのでしょう。
その頃には、いろんな使い方がわかってくると思います。

個人的にはiMacProが衝撃的だったけど、iMacに50万は無理だなぁ〜。
新しいmacOSは使ってみたいけど、バージョンアップはちょっと怖いんだよなぁ〜。
結局、買った時のYosemite(10.10)のままだもんなぁ(^^;)
新しいOSは安定するまで様子見た方が良いので、しばらくはこのままで。
そう言いながら、また次のOSまでそのままで行くのでしょうね(笑)

新しいMacBookProもほしいけど、今は液晶ペンタブが一番ほしい(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | Macintosh

2017年03月04日

adobe illustrator誕生30周年

170304.png

私は仕事でず〜っとMacを使っています。
初めてMacに触れたのが、確か27歳ごろだったと思います。
ちょうどアナログからDTPへと移行の時期で、必死に勉強して覚えたのを思い出します。

そしてそのMacと同じように使い続けているのがadobe illustrator(アドビ イラストレーター)です。
つまり私のMac歴=illustrator歴でもあります。
私の仕事はMac&illustratorで成り立っていると言っても過言ではありません。

そのillustratorが30周年を迎えたそうです。
私が使い続けて、およそ23〜4年なので、私が使い出す6〜7年前に誕生したことになります。
私が最初に使ったillustratorのバージョンは、illustrator5だったと思う。

まだ、プレビュー画面で作業ができなくて、ある程度作業をしてプレビューで確認する状態でした。
線画で作って行って、プレビューでカラーを確認する。
そんな作業でillustratorを使っていました。
その後、すぐにプレビュー画面での作業ができるようになった。

最初はもちろん印刷会社の仕事場で使っていたillustrator。
フリーになったのをきっかけに、自分用のillustratorを購入した。
その頃にはCSシリーズになっていました。

illustratorといえば、パッケージはずっとヴィーナスの誕生でした。
アイコンもヴィーナスで、それがillustratorの証みたいなものでした。
しかし、CSシリーズからヴィーナスは姿を消し、CCシリーズになってからは、シンプルなアイコンに変わった。

パッケージやアイコン、そして起動画面だけを見ても、30年間のillustratorの歩みがわかる。
その30年間のうち、20年以上を私も歩んできたことになります。
そしてこれからも、illustratorのお世話になることでしょう。

一体これまで、illustratorで幾つの物を生み出してきただろうか?
仕事のデータは計り知れない数のデータを作ってきた。
そして、自分の作品だけでもアニマルシリーズの145作品はillustratorで作っている。
もちろんこれからも、illustratorで作品を描いていきたい。

私の作品の中のキャラクターである、「黒猫りっちー君」もillustratorがなければ誕生していない。
そしてオリジナル絵本の「バナナムーン」や「くじらのゆめ」も誕生していない。
さらに、仕事で受けている絵本の数々も、illustratorがなければできていません。

そう考えると、本当にillustratorのおかげで、たくさんの仕事をして、たくさんの作品を生み出してきました。
これからもillustratorは進化を続けることでしょう。
そう考えるだけで、ワクワクしてきます。
Mac&illustratorで、これからもいろんな仕事をして、いろんな作品を描いていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | Macintosh

2017年02月19日

iPad Air2届く

170219.jpg

日曜日だが、今日は剣道の稽古には付き添わず。
私だけが家に残りました。

今日は自治会の新旧役員の親睦会があるため、剣道の付き添いには嫁さんにお願いしました。
そして、午後からは剣道の行事があるため、私以外は皆そこへ。
私は親睦会で昼食を済ませて、家に帰ってきたのは13時半ごろ。

そこへ大阪の姉がやってきました。
二人でいろいろ話しているところ「ピンポ〜ん」とチャイムが鳴った。
家族が帰ってきたのかと思ったら宅配便でした。

そしてその中身は、昨日ネットで注文したiPad。
先日つぶやいた古くなったiPad。
やはりもう使えないということで、新しいiPadを購入する決断をしました。

思いたったら吉日ということで、昨日アップルストアでiPadAir2を注文しました。
注文サイトで見ると、お届け期間は7〜10日間でした。
早めの方が良いと思って昨日注文したのだが、なんと翌日に届いたのです。

早速届いたので、古いiPadのデータを新しいiPadにバックアップしました。
長女の進研ゼミのアプリもようやく復活した。
そうこうしている内に家族が帰ってくる。

姉と嫁さんと私と話している間に、長女は早速進研ゼミを開始。
これで遅れていた分を取り戻してほしいものですね。
私もこれまで使えなかったiPadが、これで十分使えます。
仕事でも使えたらどんどん使っていきたいと思います。

古いiPadのカバーをそのまま使えるかな?と思っていたのですが、残念ながら寸法が違った。
また、新しいカバーも買わなきゃいけないな。
そして新しいiPad購入費分の仕事を頑張らなきゃ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:55 | Comment(0) | Macintosh

2017年02月17日

ご老体のiPad

170217.jpg
【当時は最新式だったのだけれど・・・】

もう限界か?

人間にも限界があるけれど、機械にも限界はあるもので。
どうやら私のiPadが限界を迎えたようです。
どんなに充電しても、バッテリーが20%に達しません。

私のiPadは2011年11月に購入したiPad2です。
当時は最新式でしたが、もう5年半も経つと化石に近い状態(^^;)
かろうじて動いていたのですが、ここしばらくは充電ができない状態が続いています。

私自身は、もう全くと言っていいほど、iPadを使う機会は無くなっていました。
仕事で使うには、あまりにも遅いし、仕事で使うようなアプリは全て外していました。
最近はSkypeと長女が勉強のために使っている状態でした。

バッテリーさえ復活できれば、まだ使えるか?と思い、調べてみたがバッテリー交換だと24,000円ほどかかる。
結構な値段だ。アップルストアで見ると、一番安いiPadmini2なら29,800円からある。それなら買った方が得である。

長女が進研ゼミをやっていて、iPadのアプリで学習できるタイプなので、iPadは必需品となっていた。
まだまだ使えると思っていた矢先のことだっただけに、どうするか悩みどころです。
購入するにしても、iPadmini2だと、やはり画面は小さいしスペックも弱い。
本当はipadPro&Apple pencilが欲しいところだが、それだと10〜12万円は見ておかなければならない。

中間をとってiPadAirにするか。
それなら50,000円前後。
それでも痛い出費だ(><)
長女の勉強がストップした状態なので、早めに決断しないといけません。

まぁMacのデスクトップでも、5年すれば買い替えの時期になる。
iMacもiPadと同じ日に買っているので、こちらも限界に近い。
ましてやiPadは5年も使えば、もう十分なのかも知れませんね。

iPhoneなんて2年ごとに買い換えているし、iPadも同じようにauで契約した方が得なのかも知れない。
ちょっと検討してみるか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | Macintosh

2017年01月10日

バックアップは大事

170110.jpg
「ぱっと見どちらがiPhone7Plusかわからない(^^;)」

新しいiPhoneになったものの、バックアップがうまくできていなかったため、何かと不便な状態です。
困るのは、連絡帳がバックアップできていなかったこと。
全てではないが、新しく登録したものが、反映されていない。
故に電話がかかってくると、誰なのか解らない(^^;)

今日も3件ほど仕事の電話があったが、出るまで誰かわからないのは、やはり不安です。
これまで電話が鳴ると、画面に名前が出ていたので、すっかりそれになれてしまった。
昔の黒電話時代なんて、電話に出るまで、相手が誰かわからなかった。
それが当たり前だったのですが、携帯になってからは、不安ですね。

ひとまず、手作業で連絡帳に登録されていない、新しいアドレスを、iPhone6Plusを見ながら確認していく。
そして漏れていたら、「連絡帳を送信」を押して、AirDropでiPhone7Plusに送る。
iPhone7Plusで受信したら、自動的に連絡帳に入る。
これを繰り返して、なんとか連絡帳はデータを移動できた。
同じ要領でメモ帳のデータも移した。

作業をしている間、右手にiPhone6Plusを持ち、左手にiPhone7Plusを持つ。
正直ぱっと見どっちがどっちかわからなくなる。
壁紙が違うので、なんとなくわかるが、画面がスリープして真っ暗になったら、一瞬「あれ?どっちだっけ?」と裏返して確認していた(^^;)

そんな時、突然携帯がなった。
仕事の電話です。
ややこしいことに、どちらも電話が鳴るのです。

思わずいつもの癖で、iPhone6Plusで電話を受けてしまった。
すぐに間違えたことに気づき、iPhone7Plusで受けるが、なぜか聞こえない。
なんとiPhone6Plusで通話になっていた。
どうやらiPhone7Plusで電波を受信して、それをiPhone6Plusで受けてしまったようだ(^^;)

なんというややこしさ。
早くデータを移行して、iPhone6Plusは初期化してauに戻さなきゃ。
少しずつ、iPhone6Plusと同じ状態に戻っているiPhone7Plus。
本当は全てのデータをバックアップしていたはず。
なぜかバックアップ復元中にエラーになった。

おそらくだが、昨年の夏にデータが飛んでしまったのが原因かと思う。
外付けHDDがぶっ飛んで、データ復旧でなんとか元に戻った。
しかし、100%ではなく、復旧できなかったデータもある。
写真や仕事のデータなども、一部破損してしまった。

iTunesのデータも外付HDDに入っていたので、この時にバックアップが破損していたのでしょう。
バックアップは確実に取りたいけど、バックアップのHDDがぶっ飛んでしまったら、どうしようもないですね。
最近のMacはHDDではなく、フラッシュストレージなので、データが飛ぶ危険性は減っています。
ただ、フラッシュストレージはまだ容量が少なく、MacProも256GBしかない。
データはほとんど外付けHDDに入れないと、いけないのが現状です。

とりあえず、iPhoneのデータ移行はほぼ完了した。
次の機種変更は早くても2年後。
それまでに、しっかりバックアップしておこう(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | Macintosh

2017年01月09日

iPhone7plusへ

170109.jpg

今朝は何の予定もなかったので、朝はゆっくり目の起床でした。
久々にたっぷり寝ました(^o^)
今日は成人の日。
facebookなどでは、多くの方の成人のタイムラインがあり、こちらまで嬉しくなりました。

我が家はまだ成人を迎える子供はいませんが、3年後には息子が成人を迎えることになります。
つい最近まで、ランドセルを背負って学校に行っていた気がするのですが、そんな日が、あっという間に来るのでしょうね。

その息子も、今日は帰寮の日。
年末年始と、たっぷり家でくつろいで、明日から学校。
帰りたくない気分たっぷりでしたが、夕方には家族全員で鳥羽までドライブ。
無事に送り届けて帰って来ました。
明日からまた、気持ちを引き締めて頑張ってほしいと思います。

今日は何も予定していなかったのですが、突然auに行くことになりました。
iPhoneを7plusに機種変更するためです。
本当はもっと早くに機種変更したかったのですが、なんせ忙しすぎて、行く暇すら無かった(^^;)
今日は何も予定が無かったのと、最近嫁さんのiPhoneの調子が悪いので、思い切って機種変更に行きました。

私はジェットブラックで、嫁さんはブラック。どちらもiPhone7plusです。
店員さんは、嫁さんはピンクかゴールドと思っていたようです。
女性はやっぱりピンクかゴールドが多いのでしょうね。
どちらもブラックなので、表向きにおいておくと見分けがつきません(笑)
早くケースを買って、どちらのものかわかるようにしなくては(^^;)

iPhoneが新しくなったので、設定もまた一からやり直しです。
本当はバックアップから復元できたハズなのですが。
嫁さんはバックアップ取っていいなかったので、一から設定しています。
しかし、私はiTunes経由でバックアップ済み。

ところが、なぜか復元中にエラーが出て、バックアップができなかった。
それでも、iCloudで共有していた連絡先やカレンダーなどの情報は戻った。
そしてsafariのお気に入りも戻ったし、メールもauのサーバからダウンロードできた。
問題はアプリ。またダウンロードをしなくてはいけない。

まぁ、ぼちぼち設定していきましょう。
facebookやgooglemapなど、頻繁に使うものはひとまずダウンロード&設定しました。
残りはぼちぼち設定していきます。

iPhone7plusになって、最初に感じたのは画面の明るさと、音の良さ。
音はめっちゃ良くなっています。
そしてディスプレイのタッチが指圧に対応しているのが、やはり不思議な感覚ですね。
慣れるまでちょっと時間かかりそうです。

さて、明日から子供たちも学校。
私はようやく日常に戻れます。
iPhoneの設定もあるけど、仕事モード全開で頑張らなくちゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | Macintosh

2016年12月23日

初めてのMac

161223.jpg
【久しぶりにアップルストア心斎橋店へ】

昨日の長距離ドライブの疲れも取れないまま、今日は大阪へ車を走らせる。
大教会の月次祭だったので、家族で参拝に行って来ました。
大阪の姉や叔母、会長さんと会って、今年最後の挨拶をしてきました。

いつもならそのまま帰路に着くが、今日はそのまま大阪市内へ。
目的地はアップルストア心斎橋店。
久しぶりのアップルストアです。
特に心斎橋店に来るのはいつぶりだろう?

今日の目的は、MacBookAirを購入するため。
私が使うためのものではない。
嫁さんが使うためのものでもない。
実は息子が以前から欲しがっていて、本日購入を決めたのです。

息子は生まれた時から、Macが目の前にある環境で育ち、幼い頃からMacを触ってきた。
時々、私のMacを借りて調べ物をしたり、ゲームをしたりしていた。
中学生の頃は、勝手に触って、何度も怒られたりした。

高専に入り、寮に入ったことで、自分のMacが欲しくなったのでしょう。
同級生には自分のノートPC(もちろんWindows)を持っている子もいて、自分も欲しいと思っていたようです。
「欲しけりゃ自分で買え!」
これが我が家の鉄則(笑)

そこで息子は1年生の夏休みにアルバイトをしていました。
そのお金を使ってMacを買う予定にしていました。
しかし、私たちはそこに条件をつけました。
まず「今の成績のままではダメ」そして絶対に留年しないこと。

その効果が有ったのか、無事2年生に進級でき、前回の試験では成績も少しアップしました。
そして今回も順位は少し上がりました。
目標としていたところまでは届かなかったものの、息子なりに頑張っていることは確かです。

来年は3年生になり、クラスも航海コースと機関コースに分かれます。
息子は航海コースを希望していて、様々な専門知識を学んでいくことになる。
勉強にも役立つことを期待して、今回のMacBookAir購入を決めた。

アップルストアは物凄い人だかり。
以前来た頃は、まだiPhoneも出ていなかった頃だったと思う。
その頃は人がまばらだったイメージなので、あまりの人の数に圧倒されてしまった。

店員にMacBookAirを購入したいことを伝え、順番待ち。
30分ほどして、担当の人がきて、色々と説明を始める。
息子が初めてMacを買うということで、丁寧に説明して最後はセットアップまでお手伝い。

ついに初めてのMyMacを手に入れた息子。
家に帰ってから、色々とセッティングをしていました。
これからますます頑張ってくれ。
成績が下がったら、速攻取り上げることを条件にした(笑)

しかし、アップルストは凄い人でした。
やはりiPhoneやAppleウォッチが人を呼んでいるのでしょう。
私たちも待っている間に、新しく出たMacBookProやiPadなどを触っていました。
MacBookProのタッチパネル。予想以上に良かったです。
思わず私も嫁さんも「欲しいなぁ〜」と口にしていました。

今我が家にあるノートパソコンは、PowerBookG4とさらに古いPowerBookG3です(笑)
正直仕事では全く使えません。
新しいMacBookが欲しいのは確かなのです。
来年は頑張ってMacBookPro買いたいなぁ〜。

そしてiPadPro+Applepencilも良かった。
絵を描くのには最高の組み合わせですね。
こちらも欲しくなりました。
息子じゃないけど、目標設定して、ご褒美で買いたいな(笑)

久々のアップルストア。
やはり実機を触ると欲しくなるものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | Macintosh

2016年09月26日

OSのバージョンアップ

160926.jpg

iPhone7が発表されてから二十日ほど経ちます。
もうGETした方も多いのでしょうね。
私もそのうち機種変しようかと考えています。

発表当時は「期待はずれ」との声もありましたが、いざ発売されると順調に売れているようですね。
日本ではやはり防水とお財布機能が加わったのが大きいのでしょうか?

まだiPhone7にするには、ちょっと様子見ですが、一足早くiOS10だけはインストールしました。
日頃はバージョンアップには慎重ですが、iOS10の不具合などあまり見かけなかったので、インストールしてみた。
今のところ特にバグらしきものは感じません。

iOS10になって一番最初に気づいたのが「ホーム」の存在。
お家のアイコンが登録されていて、試しに開いてみましたが、何も起こりません。
それもそのはずです。Homekitに対応した電化製品がなければ、このホームアプリも機能を発揮しない。
これからHomekit対応の電化製品が増えてきて、我が家もそれを使うようになったら、きっと大いに使うのでしょう。
他にも細々とした点が変更になっているようですが、徐々に確認していきたいと思います。

iPhoneだけでなく、MacのOSも新しくなってダウンロードが可能になっています。
しかし、こちらは当分様子見です。
今回からMacOSXではなく、macOSという名称に変わりました。
第一弾がmacOS Sierraです。

今回の目玉は、なんと言っても「Siri」でしょうね。
これまでiPhoneのSiriに向かって話しかけていたものが、これからはMacでもSiriが使えるようになりました。
Macに向かって「◯◯調べて」などと話すと、Macが答えてくれるのです。
便利になりましたね〜。

こんなOSが無償で入手できるのですから、本来ならすぐにでもGetしたいもの。
しかし、うかつに手を出さないようにしています。

OSが無償化になってからというもの、バグが多く報告されており、うかつにアップグレードすると、痛い目にあう可能性がある。
そのため、しばらく様子を見て、改善されてからアップグレードをしたいと思っている。
しかし、前回のOS El Capitanはずっと評判が良くなくて、結局その前のYosemiteのままです。

今回のmacOS Sierraも評判が悪ければ、入れないかもしれません。
なんせ仕事で使っているので、下手にバージョンアップして動かなくなっては困る。
iMacでお試しで入れてみても良いけど、iMacが2011の機種なので、ハード的にかなりきついかもしれません。

いずれにせよ、しばらく様子をみてから考えたいと思います。
iPhone7は欲しいけど、まだまだ在庫不足のようだし、こちらも慌てず落ち着いてから機種変しようっと。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(0) | Macintosh

2016年09月08日

iPhone7登場!!

160908.jpg

新しいiPhoneが発表されました。
iPhone7の登場です。

iPhoneを使っている私としては、気になるところ。
しかもiPhone6Plusに機種変して2年になるし。
でも予想していたよりも、小規模な変革に終わった感は否めない。

噂では「全面液晶のiPhoneになる」などと言われていましたが、どうもデザイン刷新はiPhone8になりそうな予感。
これまでのサイクルで行くと、7の翌年に7Sが出て、その次に8が登場か?
それとも、7Sで思い切りデザイン刷新してくるか?

今回の7の登場には、「やや期待はずれ」の声も多い。
私自身もちょっと期待していたよりも魅力に欠ける。
一番の注目はイヤホンがワイヤレスになったことくらいか。

そして日本向けのサービスとして、おサイフケータイにも対応するようです。
これからはiPhoneでコンビニの買い物したり、電車乗ったりできるということですね。
まぁ私は使わないと思いますけど(^^;)

ワイヤレスイヤホンは、ちょっと気になるなぁ〜。
イヤホンのコードって、以外と邪魔なんですよね。
首にまとわり付くのが、ホント嫌なので、ワイヤレスはちょっと嬉しい。

ただ、確実に無くしてしまいそう(^^;)
あれだけ小さいと、カバンの隅っこに隠れてしまったり、ポケットに入れて間違えて洗濯しそうです。
嬉しいのはイヤホンでそのまま通話ができること。
これって片方の耳だけ使えば、そのまま運転中の通話に使える。

今も車の中に、ハンドフリーのイヤホン置いているけど、イマイチ使いづらくて使う度にイライラしている。
このワイヤレスイヤホンなら、面倒な設定も要らないし、快適に使えそうですね。

機種変するかどうかは、auの発表をみて、様子をみてからにしよう。
あまりに機種変のコスパが悪かったら、もう1年、もしかしたら2年待つかも(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | Macintosh

2016年08月24日

Apple偽メールにご注意

160824.jpg

仕事に追われていると携帯が鳴った。

忙しい時に限って電話って鳴りますよね(笑)
「誰や!」って画面見たら、デザインの師匠T氏からだった。
何事もなかったかのように、一度深呼吸してから電話に出た(^^;)

「Appleからメールが来たんだけど、ちょっと気になって」と切り出すT氏。
MacのことやDTPのことなど、何かわからないことがあると、私に相談してくる。
これは一緒に仕事をしていた当時、DTPに移行したての頃からの、変わらぬ付き合いです(^^;)

Appleから来たというメールが、「Apple IDがロックされている」というもの。
私もT氏もMacを使っているので、Apple IDは当然ある。
しかし、私のようにクラウドを使ったり、iTunesやAppstoreで音楽やアプリをダウンロードするのなら、頻繁にIDを使うが、T氏は古いMacを使っており、IDを使うようなことはほぼない。

だからIDが使われていないという意味で、ロックがかかっているのか?とも一瞬思った。
しかし、電話だけだと内容がよくわからない。
そこで届いたメールを転送してもらった。
だが、届いたメールは文字化けで全く読めない。

う〜ん、どうも怪しさを感じる。
そこで、すかさず「Apple ID ロック」でググってみた。
するとやはり出てきた。

今回、Appleから来たというメールの内容が次のようなもの。
========================
こんにちは クライアント、
私たちはあなたのApple ID情報の一部が欠落しているか、誤っていることをお知らせしたいと思います。
私たちはあなたのアカウントを引き続き使用するためにあなたのApple IDの情報を確認する必要があります。下のリンクをクリックしてアカウント情報を確認してください。
私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合、アカウントがロックされます。

Apple チーム
========================

これが頻繁に出回っている偽メールらしい。
T氏の元に届いたメールも、全く同じ内容でした。
リンク先が貼ってあり、これをクリックすると、いかにもAppleらしいサイトに飛び、そこで銀行口座や暗証番号などを書き込む内容になっているとか。

T氏にも偽物メールであることを指摘した。
そもそも「何かおかしい」と感じたから、T氏も私に相談してきた。
何もなくて良かったです。

しかしまぁ、あの手この手で人を騙そうとする人がいるんですね。
Macユーザーの方、くれぐれもご注意ください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(0) | Macintosh

2016年07月05日

たまにはMacの掃除も

160705.jpg
【導入から1年、初めてカバーを外してみた】

緊急事態から一夜明けて、とりあえず冷静に考えることにした。
死にかけているHDD(ハードディスク)から、データを救出するには、やはりデータ復旧サービスの方が賢明かと思われる。
数千円のソフトで復旧をやろうかと思ったが、物理的な障害の場合は復旧の確率性が下がる。

今回の場合、明らかに物理的な障害なので、下手にやるよりはプロに任せることにした。
とは言っても、いくらかかるのかは診断してみないとわからない。
診断の結果の金額によって、復旧するか否かを決めたいと思います。
本日、復旧サービスにHDDを送ったので、明日には連絡が来ると思います。

とりあえず、今進行中の仕事は、もう一度データを作り直すしかありません。
はぁ〜もう一回同じ作業をすることになるとは・・・(T_T)
まぁ仕方ありませんね。まだMacが使えなくなるよりはマシです。

そのMacもちょっと調子が悪いので、この緊急事態ついでに掃除をすることにした。
よくよく考えたら、MacProを導入して1年になるが、まだ一度も中身を開けて掃除したこと無かった(^^;)
外見だけ見たら、そんなに汚れてもいないし、埃を被っているわけでも無い。
「そんなに汚れていないだろう」
そう思いながら、カバーを取り外してみた。

予想通り、そんなに埃を被っているわけでも無い。
ところがエアーダストで、空気を送り込んでみると、中から大量の埃が。
もう埃というレベルでは無い。真っ黒い綿帽子とでも言うべきか(^^;)
こんな埃どこに入っていたんだ・・・。って感じでした。

これでは調子が悪くなってもおかしくない。
これからはこまめにカバーを外して掃除をしよう(^^;)

本日は急ぎのチラシの仕事を済ませ、もう一つはデータが飛んでしまった学校の広報誌。
晩に校正戻りがあったので、夜な夜なデータ作り直しをしています。
なんとか写真のデータなどは、残しておいたPDFデータが使えたので、思いの外スムーズに作業できています。

もう一件、データが飛んでしまった仕事があるので、こちらも明日、データを作り直します。
仕事以外にも、データが飛んでしまったものがあるので、こちらも時間をみて作り直しが必要です。
デジタルって便利ですけど、データが飛んでしまったら、終わりですね。
便利になればなるほど、何かあった時に困ります。

緊急事態であることに変わりはありませんが、とりあえず落ち着きを取り戻しました。
ひとまず、今進行中の仕事に専念します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | Macintosh

2016年07月04日

非常事態

160704.jpg
【泣きたい、いや泣いてます】

やばい。非常にやばい(><)

仕事で使用している外付けHDDが死にかけている。
日中どうもMacの動きが変だと思っていたら、外付けHDDが原因だったようだ。
どうにもこうにも動かないので、Macのシステム不良だとばかり思っていた。

大問題なのは、MacProの内臓フラッシュストレージが、容量が少ないために、ほとんどのデータを外付けHDDに入れていたこと。
仕事のデータはもちろん、写真のデータも全て外付けHDD内。

さらに大問題なのは、TimeMachineがどうも外付けHDDのデータまでバックアップしていなかった模様。
やばい、大変やばい。仕事のデータが・・・・。

データ復旧サービスを探してみたけど、やはりHDD復旧となると、かなりの金額になる。
バイト数と復旧の難しさとで金額が決まるみたいだけど、下手したら20万越え(@@)
いや、そんな大金無理やし(TT)

ネットで調べていたら、データ復旧できるソフトもあるらしい。
ただし、HDDに物理的なトラブルがあると、無理な場合もあるとか。
データ復旧サービスに出したいところだけど、データ容量確実に2TB超えている。
絶対にべらぼうな金額を要求されそう。

とりあえず明日、同じ容量の外付けHDD買ってきて、作業ができる環境を整えよう。
そしてデータ復旧できるところを探しましょう。
もし値段がべらぼうに高くなるようなら、一か八かソフトで復旧試してみよう。
それもお金かかるけど、数千円で購入できるし。

もし、失敗してデータが飛んだら・・・データは諦めて、また作り直すしかありません。
しかし、痛いのが写真のデータです。
去年のデータまでは、iMacの方に残っているけど、それ以降の写真が消えたらおしまい。
最悪、iPhoneに同期されて入っているデータがあるけど、それもゴールデンウィークの辺りから。

今夜は徹夜覚悟で、何か良い対策がないか調べてみよう。
とほほ、なんでこんな忙しい時に限って・・・(泣)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | Macintosh

2016年06月14日

AppleのWWDC

160614.jpg

AppleのWWDC(Worldwide Developers Conference)が開催されました。

毎年の恒例行事ですが、今年はハードフェアの情報がなく、ソフトフェアの発表が中心でした。
新しいiPhoneの情報や、MacBookなどの噂がありましたが、結局ソフトフェアの内容で終わりました。
iOS10の発表や、新しいMacOSの発表など。

ハードフェアの発表がないので、地味な感はありますが、期待感の持てる内容もありました。
iOSで言えば、Homeアプリの登場。
Homeは、スマートフォンで家電などを制御するためのもの。

電気のオン/オフから、電動ブラインドやシャッターまで、スマホひとつで操作が可能。
さらにSiriを使って「GoodNight」と言えば、照明が落ちブラインドが降りる。
「GoodMorning」と言えば、ブラインドが上がり、照明が明るくなる。
スマートフォン対応と言われるHomeKit対応製品がなければ意味はありませんが(笑)

他にもPhotos(写真)の機能が刷新されている。
Memoriesという機能が加わり、写真を分類したり、家族の思い出をマイクロムービーにすることができる。
ムービーの長さを選んだり、音楽のイメージを選んだりすることで、懐かしい思い出を短編映画のようにしてくれる。
これまでのスライドショー機能が、よりパワフルになったイメージですね。

他にもいろんな機能が加えられているが、面白いと思ったのが、iMessageの機能アップ。
これまでテキストメッセージ、写真、音声のメッセージのやりとりができたが、その見せ方にも多様性が加わった。
テキストや写真などに、エフェクトをかけて、より面白く伝えることができるようになった。
さらにスタンプまで登場する。
これはもはやLINEに対抗する機能と言っても良い。

ネット上でも、LINEは使いたくないけど、これなら使ってみたい。という声も出ている。
私もLINEは使っておらず、iMessageを多用している。
今回発表された機能は、面白半分で使ってみたい気もする。

そしてこのiMessageを、Androidにも対応させるとの噂も出ています。
そうなれば、ますますLINEのライバルアプリとなります。
まぁあくまで噂ですので、わかりませんが。

しかし、驚いたのが絵文字って世界共通語なんですね。
Emojiと紹介されていてビックリしました。

他にもMacOSも新しくなり、ついにMacでもSiriが使えるようになるようです。
新しいOSの名前は「macOS Sierra」。
今回からMacOSはOSXの表記が消えました。
iOS、tvOS、watchOSに合わせて、macOSという表記になるようです。

最後にもうひとつ気になったのが、プログラミング言語「Swift」学習用アプリ「Swift Playgrounds」の発表。
これはアプリを作るプログラミング言語の「Swift」を勉強できるアプリ。
iPadで、遊びながらプログラムを学べるようです。
以前からアプリ制作にも興味があるのですが、なんせプログラミングって聞くだけで、頭の中がスリープしてしまう(笑)
遊び半分で楽しみながら学べたら、子供でもプログラミングに興味を示しそうです。

いずれにせよ、すべてのものは秋にならないと、正式に使えるようにはなりません。
楽しみに待ちたいと思います。
そして秋になれば、また新しいiPhoneが出てくるのでしょうね。

今のiPhone6Plusも秋で2年になる。
新しいの出たら変えようかなぁ〜(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | Macintosh

2016年06月04日

OSの無償化は正しいのか?

160604.jpg

久々にMacのお話を(笑)

私はもう20年以上、Macintoshを使っています。
OSの名称が「漢字Talk」の時代からですから。
漢字Talk?それ何?って思う人も多いでしょう。
MacのOSがX(10)になってからでも、もう10年以上経ちますかね。

20年もMacを使っていると、本当に別物になっていると言っても良いです。
昔のMacの外観もOSも、今ではすっかり変わりました。
今では液晶モニターが当たり前ですが、昔はブラウン管でした。
さらにカラーではなく、モノクロが主流でした。

さすがに、私が自分のMacを手に入れた時は、カラーのモニターでしたが、それでも奥行きのある大きなモニターでした。
場所を取るのなんのって、モニターだけで机を占領していました。
それがいまではすっかり薄くなって、本当にスマートになりました。

OSもどんどん変化して、どんどん便利になっています。
そして何よりもOSの変化が大きいのは、無料化されたこと。
OSの10.8を最後にOSは無償化されました。

それまでは新しいOSを使うには、OSのパッケージを買うか、有料のダウンロードでバージョンアップするのが常識でした。
それが今ではApp Storeから無償でダウンロードできる。
でも、私は最新のOSを使っていません。

Macの最新OSはEl Capitan(エル・キャピタン)ですが、その前のYosemite(ヨセミテ)のままです。
昨年の今頃に、MacProにして、その時のOSがYosemiteだったので、そのまま使っています。
どうしても新しいOSにバージョンアップする気が進みません。

それは、App StoreでのEl Capitanへの評価が、あまりにも酷評なため。
MacProは仕事でバリバリ使っているので、OSをバージョンアップして、何かあっては困ります。
それに、Yosemiteのままでも十分に使えている。
無理にバージョンアップする緊急性もない。

そのうち、新しいOSに上げようかと考えているのですが、なかなかOSの安定性が出てこない。
そうこう言っている内に、また新しいOSの発表があると思われる。
今回のEl Capitanの酷評を受けて、新しいOSが改善されていたら、様子を見て一気にそっちにバージョンアップするかもしれない。

OSが無償化されたのは、とても嬉しいのだが、その分OSの安定性は落ちている気がする。
Maverick、Yosemite、El Capitanと出るたびに、評価が悪くなっている。
やはり無償化したことで、OS開発にも労力が入らなくなっているのではないか。

本当は安価で提供して、しっかりとしたOSを作ってほしい。
無償は嬉しいけど、昔から「タダより高いものはない」という言葉もあるように、無償のものに最高の品質を求めるのは、筋違いだと思う。

ひと昔前は、OSだけで1〜2万円はしていた。
でも、その金額分だけの対価はあったと思う。
そりゃ〜無償でも高品質のOSを出してくれたら、Macユーザーとしては嬉しい。
でもやっぱり無償では、開発にも力が入らないと思うのですが。

そろそろ新しいOSの話が聞こえてきても良さそうな時期。
次のOSはどうなるのか?
また楽しみにしながら、待ちたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | Macintosh

2016年02月06日

プチトラブル

160206.png

ちと焦った。

土曜日だが、仕事が入っているため、朝からMacに向かっていた。
今日中に済ませておきたい案件。
しかし、今日は夕方から剣道の稽古があるので、4時くらいまでしか仕事はできない。
少々急ぎ気味で仕事をしていました。

時々休憩を兼ねて、メールをチェックしたり、facebookをチェックしたり。
そんなことをしながらも、ほぼ順調に仕事は進んでいた。

ところが、facebookをチェックした後、Safariが反応しなくなる。
強制終了かけても、なぜか終了されない。
致し方なく、仕事を中断して、Macを再起動した。

起動音がなって再起動。
ところがなぜかモニターが点かない。
モニターが点かないのか、それともMacが起動できていないのか?
起動音はするが、全くモニターに表示されない。

え?何?もしかして壊れたの??
やや焦りながらも、隣のiMacで似たような症状がないか、Appleのサイトでチェック。
しかし、似た傾向はない。

モニターが原因なのか、それともMac本体なのか、原因がわからない。
それでもとりあえず、モニターの取説を開いてみた。
そこに「モニターが映らなくなった時」として、PRAMクリアの説明が書いてあった。

PRAMクリアはMacが調子悪くなった時の対処法として、昔からある基本的な対応です。
ダメ元でひとまずPRAMクリアをしてみた。
起動音がなった後、command+option+P+Rを押したままにする。
すると再度起動音がなるので、起動音を2回繰り返した後で、手を離す。

祈るような気持ちでモニターを見つめていると、リンゴマークが姿を現した。
どうやらPRAMクリアで復活したようだ(^^;)
あぁ〜焦った。修理ださないといけないかと思いました。

OS9時代までなら、トラブルの原因はコントロールパネルの機能拡張が原因の場合が多かった。
ある程度、自分で考えてトラブル回避できました。
しかしOSXになってからは、全くトラブルの原因がわからない。
今回はPRAMクリアで復活できたけど、他の対処法なんかさっぱりわかりません。

以前のiMacのトラブルで、懲りたのでバックアップは取っている。
それでも、やはりトラブルは嫌ですね。
なんとか復旧して、仕事を再開して、時間内に終えることができました。
あぁ〜焦った(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | Macintosh

2016年01月30日

懐かしのMacシステム

160130.jpg

気がつけば1月がもう終わります。
昨年末の忙しさから比べたら、少しはマシになったのですが、それでもあっという間にひと月が終わりました。
こりゃ〜今年も一瞬で終わりそうな気がします(^^;)

少し仕事が落ち着いたこともあり、午前中は最近お知り合いになった印刷屋さんへ向かいました。
昨年末に、これまた日頃お世話になっている、別の印刷屋さんの方から紹介いただいた方。
実は家がすぐ近くで、印刷工場も同じ校区内です。

お仕事をいただいて、データのやり取りをするようになり、「一度来てほしい」という話になりました。
というのも、使っているMacが古くて、今の情報も含めて教えてほしいとのことでした。
ご夫婦で営んでいる印刷会社で、規模は小さいですが、もう30年以上頑張って続けておられます。

ご主人が営業して、奥さんがデータを作っています。
そのため、説明をするのは奥さんになる。
口頭で説明するだけでは、うまく伝わらないと思い、iMacを持っていって実際の状況を見てもらいました。

印刷屋さんの環境はPowerMacG4でシステム環境はOS9のまま。
思わず「懐かしい〜」と叫びそうになりました。
もう15年くらい前のシステムのままです。

ご自身でデータを作ったりするだけなら、このシステムでもなんとかなる。
しかし、今回の私との仕事データのやりとりもそうですが、データのやりとりをすると、問題が起きてくる。
あまりにもシステムに違いがありすぎて、データが開かなかったり、不具合が起きてくる。

そこで最新の状態を見てもらい、さらにシステムを入れ替えると、どれくらい必要か説明しました。
ただ、Macを触っている奥さんは、新しい環境になって、やっていけるか不安なようです。
それはそうですよね。今まで馴染んでいたシステムの方が使い易い。
私なんぞは新しいもの好きなので、どんどん新しい物を取り入れます。
しかし、そうでなければ、極力仕事環境は変えたく無いもの。

今回お邪魔して、いろいろと説明をさせていただきました。
今後、二人で相談してどうするか決めることと思います。
久々に古いシステムのMacを見て、懐かしく感じたのと同時に、そのシステムすら新しいと感じていた時代があったことを、思い出しました。
私もそれだけ長く、この仕事に携わってきたと言えます。

Macを知ってかれこれ20年以上。
最初に購入したMacはプリンターなど入れたら、全部で100万くらいしたものでした。
それでもロースペックなMacです。
私が今使っているようなMacだと、下手すりゃ200万・300万って時代だった。
本当に世界が変わったと思います。

私もまだ当分はこのお仕事を続けます。いや、できれば生涯現役でいたい。
歳を取っても、おじいちゃんになっても、最新のMacにワクワクしながら、仕事できたら良いですね。
20年間で大きく変わったMac。
これから20年後、どうなっているのでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | Macintosh

2015年10月09日

怪しげなメール

151009.jpg
【一見するとAppleからのメールに見えるが】

先日、Appleから突然メールが届いて、Appleサポートに電話したことをつぶやきました。
すると、今日また別のメールが届いた。
しかし、今回は突然迷惑メールとして処理された。

見てのとおり、一見するとAppleの公式メールに見える。
ところが宛先のApp store supportのアドレスを見てみると「fubary@geocities.com」と表示された。
そしてすべて英文で届いた。
内容を翻訳してみると、つまりは削除されたアドレスを持っているから、詳しくはこちらを見てね。
そんな感じだろうか。

もちろんクリックなどしていない。
そもそも、geocitiesって確かヤフーのサービスかなんかだったと思う。
そんなアドレスから、Appleのメールが来ること自体おかしい。

きっとAppleのアドレスが漏れているのでしょうね。
Appleのアドレスには、これまでもいろんなスパムメールが届いている。
どれもこれも英文ばかりで、すべて迷惑メールに自動的に振り分けられる。
あまり日常的に使っていないので、あまり気にしてはいなかった。

しかし、今回のように、Appleを装ったメールが届くと嫌ですね。
明らかに怪しいと思いますが、いかにもそれらしく装っている。
きっと不慣れな人なら、届いた画面だけ見て、Appleマークがあると、信じてしまうかもしれない。
Macユーザーは少ないと思いますが、ご注意くださいね。

iPhoneユーザーが多くなっていることから、Macユーザーも増加傾向にある気がする。
これまではあまり影響のなかったウイルス関連も、Macを狙ったものが増えていると聞く。
気をつけないといけませんね。

Windowsほどでないにしても、ウイルスが出回っている以上、対策を講じないといけません。
昔はノートンのアンチウイルスとか使っていましたが、最近は全く使っていない。
とりあえず、無料で使える対策ソフトを入れていますが、いずれノートンアンチウイルスも入れないといけないかなぁ〜。
仕事で使っている以上、対策が必要ですからね。

まずは怪しいメールは開かない、クリックしないことですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:00 | Comment(0) | Macintosh

2015年10月02日

Appleサポートを活用

151002.jpg

昨日のこと。
突然Appleからメールが届いた。
最初は新しいiPhoneのお誘いメールかと思って開いたが、どうも内容が違う。
「メールアドレスを確認します」という表題で届いたメール。

内容は次の通り。
-------------------------------
◯◯◯◯様、
お客様は最近、Apple ID に ◯△◯△@icloud.com を新しい修復用メールアドレスとして追加されました。このメールアドレスがお客様所有のものであることを確認するために、下記のリンクをクリックしてご利用の Apple ID とパスワードでサインインしてください。
今すぐ確認 >
このメールが送信された理由
Apple では、メールアドレスが Apple ID に追加された場合は常に確認をお願いしています。メールアドレスは確認なしでは使用できません。
お客様がこの変更を行っていない場合、または他者が無断でアカウントにアクセスしようとしていると考えられる場合は、My Apple ID でパスワードをリセットできます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
Apple サポート
-------------------------------

正直意味が解らなかった。
修復用メールアドレスなんて、登録した覚えがない。
でも、◯△◯△@icloud.comのアドレスには覚えがある。
@以降は@icloud.comじゃなくて@mac.comであるが。

もう5〜6年前に登録したことがある。
しかし、このアドレスはエイリアスメールとして登録した。
元々のアドレスはずっと変わらず使っている。
このエイリアスメールは、本当のアドレスを知らせたくない時に、仮アドレスとして使えるもの。

5〜6年前に登録して、暫くは使ったけど、もう何年も使っていない。
そのアドレスに突然メールが届いたのだ。
しかも「◯◯◯◯様」の名前は、私とは全く違う名前。
これは一体どういうことか?
もしかしてApple IDを乗っ取られた?

いろいろと調べてみたが、全く解らないので最後の手段で、Appleに問い合わせることにした。
Appleのサイトからサポートページを開く。
一番下にある「お問い合わせ」を開くと、Apple のエキスパートによるサポートが受けれる。
「こちらから」をクリックして、名前とシリアル番号と電話番号を入力。
暫くすると登録した携帯の番号に、Appleから電話がかかってきた。

事情を説明して調べてもらう。
しかし、特に問題はないとの回答。
担当者からさらに詳しいエキスパートに変わるとのことで、一旦電話を切る。

数分して、再び電話がなり、別のエキスパートスタッフが対応した。
ここでちょいとした裏技を使用。
私のMacの画面を、Appleスタッフが見ることができる様に、スタッフの指示に従い、アプリをダウンロード。
そして画面の共有ができた。

私の画面を向こうでも見ながら、いろいろと原因を探る。
考えられる要因としては、やはりエイリアスメールを使っていたこと。
しかし、そのアドレスは全く使っていないし、何よりも私以外の名前でメールが届くことがおかしい。
スタッフの方が調べてくれたのですが、どうもそのお名前の方は、このアドレスを登録しているらしい。

ここからは憶測になりますが、きっとその方はたまたまそのアドレスで登録をしたのだと思われます。
偶然にも私が作ったエイリアスアドレスと同じアドレスで。
そこでメールが私の方に届いた。

スタッフ曰く、特に問題はないが、先方にアドレスを削除したり変更を促すことはできないとのこと。
そりゃ〜そうですよね。
まぁ乗っ取りとかではないので安心したけど、もう使っていないエイリアスメールなので、アドレスそのものを削除しました。
ついでにApple IDのパスワードもずっと変えていなかったので、新しく変更しました。

これまでAppleのサポートを使ったことはありませんでした。
だいたい自分で解決して来たし、ネットでググると、そこそこ解決策が見つかる。
でも、今回はお手上げ状態だったし、何よりもID乗っ取りとかだったら嫌なので、サポートを活用しました。
丁寧に対応してもらって助かりました。

これからも解らないことがあれば、ネットでググって、それでも解らなければ、またサポートを頼りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | Macintosh

2015年09月10日

iPad Proが出た

150910.jpg

やはり噂通りでした。

AppleからiPad Proが出ると噂されていましたが、噂通り大きなiPadが発表されました。
大きいだけなら単なる「画面が大きいiPad」といった感じですが、iPad Proと一緒に発表された「Apple Pencil」がiPad Proの魅力を引き立てます。

今回、iPad Proを発表したのは、Apple Pencilとセットでなければ意味がなかったと思います。
それくらいApple Pencilは重要な意味を持ちます。
これまでAppleからタッチペンのデバイスは出ていなかった。
私もiPadで描く時は、ワコムのタッチペンを使っていました。

でも、タッチペンって先がゴム状で正直描きづらかった。
だから最初こそ面白がって描いたけど、描きづらさから次第に描かなくなりました。
単純な落書き程度のイラストなら十分ですが、しっかり描き込もうと思うと、従来のタッチペンでは不満がたまります。

これまでデジタルで直接ディスプレイに描き込むとしたら、iPadか液晶タブレットしか無い。
液晶タブレットのものは、安くても10万円ほど。
よほどイラストで飯を食っている人でなければ、なかなか購入はできない。
そこにiPadが登場してきたので、当初は「iPadで絵が描ける」と喜んでいた。

しかし、いざ描いてみると、タッチペンの貧弱さ、そして画面の小ささで描けない。
おそらくそんなユーザーの不満の声が、Appleにも届いていたのであろう。
今回発表されたiPad Pro + Apple Pencilは、私が待ち焦がれていたものです。
あぁ〜〜〜〜〜〜またまた物欲が(^^;)

これまではタッチペンと言えばワコムというくらい、他にはあまり選ぶ余地がなかった。
一昨年、adobeがタッチペンを発表し、もの凄く惹かれたが、今回のApple Pencilはそれを上回る。
ペンの圧力で、線の太さが変わったり、ペンの傾きで描く線に濃淡ができる。
よりアナログの鉛筆や筆に近い入力デバイスとなっている。

これは、やはりどちらもAppleが作るからこそ、できることなのでしょうね。
iPadとApple Pencilとの微妙なさじ加減がある気がしています。

発売は11月かららしいです。
欲しいです。メッチャ欲しいです。
でも買えません(T_T)

iPadとApple Pencil両方合わせたら、10万くらいは見ておかないとダメでしょう。
私のiPad2も購入してから4〜5年になります。
今では北海道とSkypeをするのが、主な使い道になっています。
時々剣道の付き添いの時間に、adobe Campでカンプ作成に使ったりしますが。
もしiPad Proを買ったら、一気に使い道を無くすでしょうね。
まぁ当分買えないので、そんな心配は無用ですが(笑)

そうそう、iPhoneも6Sになりました。
普通の人はこっちの方がニュースでしょうね(笑)
なんでも3D Touchという、指の圧力を感知する機能が加わったようです。
これにより、例えば届いたメールを軽く押し続けることで、メールを開かずに内容の一部を見れる。
さらに押すとメールが開く。といった使い方ができるようです。

どんどん便利になっていきますね。
そしてどんどん技術が進歩していきますね。
iPhone6Sに買い換える人も多いのでしょうね。
私は来年まで持ち越しです。
iPhone7が出た時、考えます。

Appleの発表がある度に、毎回物欲と戦わなければなりません。
戦うと言っても買うお金も無いので、戦いにすらならないのが現実ですが(笑)
あぁ〜それにしても、iPad Pro + Apple Pencilが欲しい〜(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | Macintosh

2015年07月23日

たまにはデスクトップの写真を眺めてみよう

150723.jpg

毎日向き合っているMacの画面。
私の仕事はMacが無ければ何もできない。
すべてのアプリはMacの中。
毎日Macとにらめっこしているのです(笑)

MacProになってから、モニターの画面も以前のiMacより一回り大きくなった。
画面が大きくなると、作業領域も増えるので作業はやりやすくなる。
そして多くのアプリを立ち上げることになる。

必ず起動しているのが、メールとSafari(ネットブラウザ)。
そして仕事で多用するIllustratorとPhotoshop。
最低限でもこの4つは必ず立ち上がっている。
他にもファイルメーカーやiTunes、写真、カレンダー、AcrobatにInDesign、Dreamweaver・・・etc。
多い時になると10〜15くらいのアプリを立ち上げている時もある。

そうなると、デスクトップはアプリの画面で埋め尽くされる。
そうでなくても、Finderでフォルダをたくさん開いている。
つまりモニターの画面は、なんらかの作業画面になっているのです。
この状態で、ふと気付いた。

「そういえばMacProを購入してから、一度もデスクトップを変えていない。」
デフォルトのヨセミテの画面のままだった(^^;)
各アプリの画面を非表示にして、改めてデスクトップを眺めた。
やっぱり綺麗ですね〜。
今回は空の写真に変更しました。

毎日Macとにらめっこしていても、デスクトップは全く見ていなかった。
机でいえば、書類の山が散らばっていて、机の表面が見えない状態。
たまにはデスクトップ眺めて、気分転換にデスクトップ(壁紙)変えたいものです。

スクリーンセーバーも全く設定していなかった。
スクリーンセーバーといえば、昔流行りましたね。
Macの画面が水槽になるアクア・・・なんだったっけ(笑)
アクアゾーンだったかな?
熱帯魚が泳ぐのが新鮮でした。
今でもあるのだろうか?

ググってみたら、もう販売はしていなさそうです。
昔のようにスクリーンセーバーにお金かける人なんて、今はいないのでしょうね。
私もスクリーンセーバー自体、設定もしていなかったし、壁紙すらデフォルトのままだし(^^;)
でも時々はデスクトップの写真眺めて、壁紙変更くらいはしよう。
それくらいのゆとりは無いとダメだな。

画面も大きくなって、何よりも綺麗になった。
時々はデスクトップを覗くようにしたいと思います。
ってか、実際の机の上も、綺麗にしないとなぁ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | Macintosh

2015年07月11日

初めてアルバムにしてみた

150711.jpg

Macで写真を管理するようになって久しい。
もう10年くらいは、Macで写真を管理していると思う。
ゆえに我が家の子供達の成長写真は、全てMacの中です。
昔みたいに「アルバムを開いて・・・」ということはない。

しかし、写真管理ソフトであるiPhotoの時から、アルバム機能は備えられていた。
むしろデジタルになったからこそ、アルバム機能が必要になって来る。
数多くある写真をまとめる意味でのアルバムが必要になってくるのです。

でも、そのアルバムを実際の写真としての実物のアルバムにすることはなかった。
その機能はあったのです。
アルバムとして、写真を配置して、好きな台詞を選んで注文すれば、アルバムとして仕上がってくるサービスが、iPhotoの時から備わっていた。
しかし、使うことなく今まで来ていました。

しかし、今回、そのアルバムサービスを使う必要性が出てきた。
嫁さんの職場での送別会の写真をアルバムにしたいと相談を持ちかけられた。
持ちかけられたというよりは、嫁さんが頼まれて私に放り投げたと言った方が良い(^^;)
送別会の時に撮った写真をデータで持ってきて、それを私のMacProに取り込み、アルバムとして写真を選択する。

それくらいは、これまでもやってきたので、別になんともなかったが、今回はアルバムに仕上げなくてはなたない。
初めて使うアルバムサービス。
正直、どのような仕上がりかわからない。
それでも、他のサービスを使うよりは、簡単にできるのでやってみた。

注文した際には、発送まで10日ほどかかるような表記だった。
「けっこう時間かかるんだな」と思いながらも、特に納期が決まっているわけでもないので注文した。
ところが1週間もしないうちに完成したアルバムが届いた。
あまりの早さにびっくり。
そして品質もそこそこ良い。

アルバムが届く間に、私の方はスライドショーで書き出したDVDを作る予定にしていたので、慌てて今日作った。
こちらもスライドショーの機能があるので、それを使って簡単に作れる。
あとは、iDVDに読み込んでDVDに焼いて、カバーのイメージを作ったりしなければならない。
まぁ、これは今までも何度もやっているので、すぐにできる作業です。

それにしても、このアルバムはやはり良い。
こんな感じで形に残せるのは良いし、プレゼントとしても良いですね。
みんなで旅行に行った時の写真をアルバムにしてプレゼントするのも良い。
私の場合は、これを使って作品集にしても良いと思いました。
買ってくれる人がいるか分りませんが(^_^;)

子供の成長記録として、アルバムにして子供の誕生日プレゼントにするのも良い。
また家族旅行などの写真を、記念としてアルバムにするのも良いですね。
使い方はいろいろと広がりそうです。
これまでも興味はありましたが、正直、仕上がりがわからなかったので、今回は良いタイミングでした。

アルバムを贈られる方も喜んでいただけるのではないかな。
あとはDVDも作らなきゃ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | Macintosh

2015年06月17日

変わりゆく仕事環境

150617.jpg

MacProを使い出して、ひと月経った。
心配していた仕事環境も、今の所何も問題はない。
やはり不安定なiMacで仕事をするよりは、安心感があって良い。

MacProに変わってから、一番の驚きは、やはり静かさである。
PowerMacG5は、ファンの音が凄かった。
特に暑くなってくると、ファンの回りが早くなり、まるで飛行機のプロペラにように音がしていた(笑)
まぁ11年前の機種でしたから、致し方無かったのですが。

MacProの静けさは、本当に動いているのだろうか?と思うほど。
なんせハードディスクがないので、データを書き込む時や、回転している時のカリカリという音がしない。
時々音がするが、それは外付けハードディスクの音。本当に静かです。
サイズも小さいので、まるで机の上にゴミ箱が置かれているみたい(笑)
おそらく普通の人なら、これがパソコンだとは思わないでしょうね(^^;)

環境が新しくなったのを待っていたかのように、アプリの方も一斉にバージョンアップされました。
AdobeのCreative Cloudが2015年版になった。
ほぼ、すべてのアプリがバージョンアップされました。

昔では考えられない環境です。
Adobeのほぼすべてのアプリが使えて、さらにバージョンアップができる。
ひと月5000円の使用料を高いと見るか、安いと見るか。
私のように仕事道具として使っている人間からすれば、妥当な料金かもしれない。
できればもう少し安くしてもらえたら嬉しけど(^^;)
しかし、一般の人にとっては、なかなか手の届くところではないのかも知れません。
まぁAdobeのアプリって、完全にプロ仕様の物ですからね。

Creative Cloudはますます便利になってきていて、モバイルアプリの強化が著しくなっています。
モバイルアプリで撮影した写真を、画像としてデスクトップアプリで使える環境が整っている。
iPhoneで撮った写真の色彩を、カラーデータとしてillustratorで活かすなんて事もできる。
そしてiPhoneで撮った画像をillustratorでベクターデータに変換したり。
今後、ますますモバイルアプリと、デスクトップアプリの連携が進むことでしょうね。

私の理想としては、illustratorで作ったデータを、iPadなどで表示したり、簡単な修正ができるようにしてほしい。
クライアントとの打ち合わせに行った時に、illustratorのデータを編集できれば、その場でイメージを見ながら確認ができる。
ノートパソコンを持ち歩くには重いし、何よりもノートパソコンにillustratorを入れないといけない。
あくまでも表示&簡単な修正だけなので、iPadで十分に対応できる。
そのためのiPad用illustratorアプリがほしいですね。

クリエイターは場所を選ばず、どこでも作業がしたい。
外にいる時に「あっ、あのデータがほしい」と思っても、それはデスクトップの前に座らなければできない。
せっかくのCreative Cloudですから、その辺を解消してほしいですね。
現時点でもデータはcloudで管理できますが、アプリの対応がまだ不十分です。

しかし、その辺はAdobeも十分考えていることでしょう。
近い将来、私が描いている環境も実現されることと思います。
楽しみですね。

それにしても時代は変わりました。
10年前はこんな環境は、SFの世界のようなイメージでした。
10年後、さらに変わっているのでしょうね。
でも、創造して産みだすのは人間です。
私ももっともっと、いろんな物を生み出したいです。

生み出すには、それなりのエネルギーが必要です。
今はちょっとエネルギー不足かな(^^;)
ちょっと充電しなければ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | Macintosh