2016年04月09日

お仕事の紹介-ステンドグラス展DM-

160409.jpg

入学式のシーズンですね。
桜はギリギリ持っているといった感じですが、だいぶ葉桜になっているものもありますね。
やはり卒業・入学には、桜が似合います。

さて、桜の咲くこの時期に、毎年恒例の仕事があります。
恒例と言っても、まだ4年ほど続いているだけですが(^^;)
恒例となりつつあると言った方が良いですね。

ステンドグラス展のDM制作のお仕事。
塚田邦彦さんという、ステンドグラス作家さんの作品展です。
実はご近所さんなのです。
歩いて1〜2分の距離です(笑)

私が自治会の役で、生涯学習推進員をやった時に、同じく隣の自治会の役をされており、知り合いになりました。
私は以前から、ステンドグラスをされていることを知っていました。
学校の親子体験の授業参観の時にも、ステンドグラスの体験の講師として来ており、息子がまだ小学生の時に、一緒に体験をしました。

共に生涯学習推進員をやっている時に、私の仕事の内容を聞いて「DM作ってよ」という話になり、このお仕事がスタートしました。
最初は他の方に写真を撮ってもらい、そのデータを私が受け取りDMを作りました。
しかし、次の年からは、写真も私が撮るようになりました。

ステンドグラスの特徴を出すために、暗いところでの撮影が望ましい。
撮影は毎回夜間に行います。
今回も20時〜21時にかけて、撮影を行いました。

ステンドグラスの後ろにライトが仕掛けてあるので、そのライトの光だけで撮影を行います。
なんとも幻想的な写真が出来上がる。
今回はヴァイオリンをモチーフに、そのヴァイオリンから伸びるラインが、そのまま五線譜のイメージになっています。

この五線譜のラインを生かしたいと思い撮影を行いました。
ちょうどライトから影が映し出される。
この影を生かして空間を作り出したいと思いました。

写真撮影が終わり、どの写真を使うか、相談して決めたら次の日からDMの制作です。
制作と言っても、ほぼ写真撮影でDMの8割がたはできています。
写真に添えるコピーは、塚田氏が考えて「叙情詩」となりました。

ただ、それだけでは何か物足りない。
そこで私は勝手にサブコピーを考えました。
「叙情詩」の言葉の意味と、ヴァイオリンの要素を掛け合わせ。
生まれてきたコピーが、「音のないメロディ」でした。

本日、印刷が仕上がってきて、出来上がったDMとサービスで作ったポスターを納品しました。
とても喜んでいただきました。
やはり、この仕事をしていて、嬉しいのは喜んでいただけることですね。

作品展は4月24日(日)〜4月30日(土)で開催されます。
DMの通信面を載せておきます。
興味のある方は、足を運んでいただけると嬉しいです。

160409-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 仕事

2016年04月08日

解説本が消えていく?

160408.jpg
【Adobeのアプリ解説が見れるアドビのCREATIVE CLOUD 道場】

私は基本、新しいもの好きです。
新しい商品とか見るとワクワクします。
これは仕事においても同じ。
昔から、新しいソフトが出ると、試したくて試したくて、ウズウズしていました。

しかし、昔のソフトはそう簡単には入手できませんでした。
特に仕事で使うようなソフトは、高額なものが多く、個人で入手はほぼ不可能。
まだ印刷会社で勤務していた時は、会社で購入したソフトを使えた。
フリーになってからは、新しいソフトは使えないに等しかった。

だが時代は変わりました。
昔は◯万円もするソフトのパッケージ版を買い、DVDでインストールするのが主流。
しかし、今はクラウドでダウンロード。
Adobeに関しては、月額制でほぼすべてのアプリが使える。

昔であれば、興味のあるものは、お試し版で試す程度でした。
今は、興味があれば、即ダウンロードして使えます。
Adobe以外のアプリも、本当に安くなりました。
物凄い時代になったものです。

このクラウドの時代になってからだろうか。
妙に解説本が減った気がする。
昔は新しいバージョンが出ると、ほぼ同時に解説本が本屋を賑わせていた。
ところが、最近は本屋に行っても解説本が無い。

先日も、Adobe Animate CCを試しに使おうと思い、本を探した。
それも本屋さんではなくて、Amazonで。
本屋さんになくても、Amazonには絶対あると思った。
しかし、探せど探せどAnimate CCの解説本が出てこない。

Amazonで見つからないということは、そもそも解説本が無いってことなのか?
AnimateはFlashの継承アプリ。つまりほぼFlashと同じ作り。
Flashが分かっていれば使えると言える。
しかし、やはり解説本はほしいところ。

結局見つからず、ネットで情報を拾って、なんとか試しに使えた。
昔はFlashの解説本とか、山のようにあったのに。
もう解説本も売れない時代になってしまったのだろうか?

本屋さんに行くと、illustratorやPhotoshopの解説本はある。
王道のアプリなので、まだまだ解説本はあるのだろう。
しかし、Adobeが次々と出してくる、新しいアプリの解説本はなかなか出てこない。
きっと出す側も迷っているのかもしれない。
なんせ次々と新しいアプリが出てきては消えている。

Adobeもユーザーの声を取り入れながら、どんどんアプリの内容を変えていっている。
クラウドの時代になり、アプリの変更や提供方法が簡易になり、動きやすくなったと言えるのでしょう。
これはユーザーにとってもありがたいこと。
しかし、解説本を作ろうと思うと、とてもタイミングが難しいのだと思う。

「このアプリは面白い」と思って解説本を書いても、しばらくすると、別のアプリに吸収されてしまうケースも多い。
現にAnimateは元々Edge AnimateというアプリがFlashと統合されたもの。
Edge Reflowというアプリもあったが、その特徴はそのままMuseに取り込まれた。
解説本を出す側も、見極めて出さないと、すぐにアプリが無くなってしまう危険性がある。

そして、Adobe側では、アプリの使い方をネットで公開している。
これも解説本が出てこない要因かもしれない。

新しいソフトを覚えようとして、解説本を開きながら、Macに向かっていた日々。
そんな時代はもうとっくに終わりを迎えているのかもしれない。
これからますます便利になっていくであろう。
でも、やっぱり解説本が無くなるのは寂しいな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | 仕事

2016年04月07日

お仕事の紹介-コレクションタイヤ-さん

shadowlogo_L.jpg

今日はお仕事のご紹介。

以前にもつぶやきましたが、打ち合わせで東大阪に車を走らせました。
その後、ロゴの作成から、看板・名刺とお仕事を頂いています。
そして、メインであるサイトの修正も、現在取り掛かっている。

コレクションタイヤというタイヤ専門店。
今年の2月始めに、知人を通してご紹介いただいた。
まずはロゴを作成し、そのロゴを使って、サイトのイメージも変えている最中です。
いずれはリニューアルの予定ですが、今はひとまずプチリニューアル中。

一昨日も事故渋滞に巻き込まれながら、打ち合わせに行ってきたのですが、看板が出来上がっていたので、写真に撮って来ました。
やはり自分がデザインしたものが、形になって見えるのって嬉しいですね。
160407.jpg

打ち合わせでは、いろいろと踏み込んだ話ができてとても良かったです。
私自身、お仕事をさせていただく時は、「パートナー」という認識でお仕事をさせていただきます。
しかし、中には「下請け」としか見られないクライアントさんもおられます。
実際お金を出すのだから、元請け・下請けという意識はあって当然です。

でも、下請けでは、言われたことをやるだけ。
私は自分の仕事として、こちらから提案をしたり、意見を言う場合も多い。
しかし、それはクライアントが望んでいるか否かで変わる。

今回打ち合わせをして、逆に「どんどん意見をください」と言われました。
こんなありがたい言葉はありません。
私も仕事をする以上は、より良いものを作るために、自分自身の考えを伝えたい。
そして、自分がお客様の目線で、サイト作りなどに関わりたいと思っています。

さて、この「コレクションタイヤ」さん。
輸入タイヤをメインとして扱っています。
タイヤって、結構な値段するし、タイヤ交換したら、1本10,000〜20,000円くらいかかります。

私も昨年の夏、丸々4本タイヤ交換して、70,000円くらいかかりました。
でも輸入タイヤって、とても安いのです。
下手すりゃ〜4本買っても、通常の1本分くらいで買えちゃいます。

タイヤって確実に消耗品ですからね。
今度タイヤ交換する時は、私もコレクションタイヤさんで検討してみよう(^o^)
「タイヤ欲しい!!」という方は、一度コレクションタイヤさんで探してみてくださいね。
http://www.slcparts.com
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 仕事

2016年03月30日

ややこしや〜(笑)

160330.jpg

ここ数日間、寝不足が続いています。
昨夜は午前3時就寝、その前は4時就寝でした(++)
急ぎの仕事が入っているため、どうしても深夜にまで作業が及ぶ。
しかし、そのお陰で、随分と作業は進みました。

ありがたいのは、仕事が重なっていないこと。
昨年末のように、仕事が幾つも重なると、もうヘトヘトになってしまう。
今月は前半が紙媒体の仕事メインで、後半がWeb関連の仕事メインでした。

今回のお仕事は、以前東大阪まで出向いてお話しさせていただいたクライアントさんです。
最初はサイトのリニューアルと思っていましたが、よくよく話をしていくと、既存のサービスを使ったサイトのイメチェンでした。
自社のサイトの他に、ショップページが幾つかあり、そのイメージを変更する必要があったわけです。

ショップ名を変更していたので、まずはそのロゴ制作から。
続けて看板制作、名刺制作、さらにバナー制作と進む中で、ショップページのイメージチェンジをしていました。
しかし、これが思いの外大変でした。

使っているショップが、MakeShopというサービスと、楽天、ヤフーショップ、ヤフオクとある。
それぞれに使い方が違う。
まずはそのサービスの扱い方、仕組みを理解しないといけません。

通常ならHTMLファイルを開いて、作業を行えば良いのですが、HTMLファイルが無い。
各サービスの中でブラウザを使って、HTMLを変更するしか無いのです。
そのため、CSSがどこにあるのか?画像はどこにアップされているのか?
いろんなところを探し、関連性を確認する作業から始まりました。

おまけに、各サービスによって、やり方が違う。
もう一時期は頭の中パニック状態でした(笑)
ようやく全体的な構図が理解出来てきて、なんとかショップ内のイメージも、徐々に変更出来てきています。
ややこしいのが、ブラウザによって対応したりしていなかったりすること。

私はMacを使っているので、基本的にブラウザはSafariです。
しかし、Safariでは対応がおかしい場合もあるので、FireFoxとChromeを併用しながら、作業を進めました。
HTMLで作業をしないといけないので、HTMLコードをコピーしてDreamweaverへ。
Dreamweverで作業して、再びHTMLコードをブラウザを使ってペースト。
いや〜ややこしや、ややこしや(笑)
久しぶりにHTMLコードをたくさん見ました(@o@)

なんとか全体像を把握し、各ショップの使い方もわかってきました。
でも、きっとひと月もすれば、忘れてしまうと思う。
作業が落ち着いたら、扱い方のマニュアルを作ろうと思っています。
本当にややこしい。

基本的にこの手のサービスって、HTMLを使えない人でも、扱えるものになっている。
そのような作り方であれば、きっと誰でも変更を出来たでしょう。
しかし、作られたページは完全にカスタマイズされたもの。
こうなると、Webの知識がないと、変更は出来ません。

おまけに各ショップの扱い方も理解していないといけない。
これが逆にハードルを上げてしまっています(^^;)
ショップのイメージ変更は、まだまだ細いところがあるので、引き続き作業を続けて行きたいと思います。
それにしても、ややこしやややこしや(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | 仕事

2016年03月16日

広報誌のお仕事

160316.jpg

本日ひとつの仕事を納品した。

小学校の広報誌なんですが、長女の学校の広報誌です。
自分の子供がお世話になっている学校の広報誌を、仕事として受けさせていただいています(^^;)
もうかれこれ5年くらい続いている。

最初は息子が6年生になる時に、たまたまPTAの広報係に知り合いがいたことでした。
その頃、広報誌はまだ昔ながらの手法で制作していたようで、制作を依頼することを検討していたようです。
「誰か知り合いにデザインできる人はいないか?」と聞かれ、学童の関係で私の仕事内容を知っていた知人が、私の名を挙げたことが始まりでした。

昔ながらの手法での制作というのは、台紙に文字やイラストを貼っていく版下作業です。
今でこそ全てMacで作業できる時代ですが、昔は台紙に写植の文字を貼り、写真はコピーした物を貼って、製版屋さんで製版したものです。
しかし、いつまでもそんな作業を続けられるわけもなく、印刷屋の方からもデータで欲しいと言われていたようです。

5年前に私が引き受けてからは、全てデータで完了しています。
当たり前と言えば当たり前なのですが、それを素人の手でやることはできません。
昔の制作方法なら、なんとか作ることもできましたが、今では完全データ化が基本です。
そのうちワードから印刷できる時代が来るかも知れませんが。

そんな広報誌ですが、いつもはモノクロで制作&印刷です。
しかし、今回は特別にカラーでした。
それは記念すべき100号だったから。

いつもならモノクロの写真が、今回はカラーです。
やっぱり写真が入る印刷物は、カラーが良いですね。
子供達の表情も、より輝いて見えます。

今回は3学期の発行ですので、卒業生がメインになっています。
卒業生全員の顔写真が入る。
いつもならモノクロの写真ですが、今回だけはカラーです。
今年の卒業生はラッキーです。

これまでモノクロしか見てこなかった広報誌。
カラーで見ると、また違ったイメージです。
このまま次回からもカラーで制作できたら良いのですが。
予算が合わないと無理でしょうね(^^;)

さて、ようやく抱えていた仕事が、ひとつずつ完了している。
年度末はどうしても仕事が重なりますね。
ひとつ納品できて、ホッとしていますが、まだ他の仕事があります。
明日からも気合いれて頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 仕事

2016年03月08日

お仕事一つ完了(^o^)

160308.jpg

本日、依頼されていた、学童保育所開設20周年の記念誌を納品してきました。

昨年末にお話をいただいて、年明けに打ち合わせ。
打ち合わせと言っても、内容を聞いて、あとはほぼお任せの状態。
ひとまず原稿を揃えてもらい、その後、必要な物を写真に撮り、2月頭に初校。

何度か校正をして、先月末に印刷に出しました。
今回は部数が100部と少なかったので、オンデマンド印刷ですが、それでも十分な仕上がりで、学童保育所の先生方も喜んでいただけました。

私は市の学童保育所をまとめる、学童保育所連絡協議会の理事もしているので、20周年記念式典にも出席します。
自分で記念誌を制作しながら、来賓として記念誌を受け取るという、なんともややこしい立場にいます(笑)
今回は理事としてではなく、いちデザイナーとして仕事を依頼していただいたので、それはそれ、これはこれで出席したいと思います。

私が保護者会会長をした学童とは別の学童保育所からの依頼。
実は一昨年の作品展に、この学童保育所の先生が来てくださっているのです。
私の仕事内容を知っていたので、記念誌を依頼されたのだと思います。
仕上がりをとても喜んでいただいて、私も本当に嬉しくなりました。

とりあえず、一つ仕事が完了して、ほっとしているところです。
しかし、まだ学童からの依頼が残っています。
これは、毎年恒例の修了式のDVD制作。
ここは私が保護者会会長をした学童。

8割方出来ていますが、本日ようやく残りの作業ができました。
明日、最終の仕上げをして、明後日確認のために見てもらいたいと思います。
そしてOKをいただいたら、40枚ほどDVDにしないといけません。
毎年この時期はこの作業をやっています(^^;)

そしてちょうど重なって、学校の広報誌の仕事もあるのです。
こちらもタイトなスケジュールで進んでいます。
明日には最終OKになる予定。

学校・学童関係の仕事で、予定ビッシリのこの時期。
もちろんそれ以外にも、仕事はあります。
忙しいのはありがたいことですね。

日中は仕事。夜は作品作りに時間を使いたいものです。
ショップ用のアイテムも考えなくては。
明日もいろいろとスケジュールが詰まっています。
さぁ明日も頑張るぞ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 仕事

2016年02月22日

阪奈道路を抜けて東大阪へ

160222.jpg

今日は車を走らせて東大阪へ。

まだ確実な仕事とは言えませんが、仕事になる可能性のある案件の打ち合わせへ。
走り慣れない道を、ナビに従って走りました。
余裕を見て1時間半前に家を出ましたが、余裕を見て正解でした。

阪奈道路までは順調に走りましたが、東大阪に入ると、やはり車が多い。
結局、10分前に会社前に到着しました。

小一時間近く、打ち合わせをさせていただきました。
おそらくお仕事のお手伝いを、させていただくことになるかと思います。
ご紹介いただいたN氏に感謝です。

久しぶりに阪奈道路を走りました。
自分の車で走るのは、もしかすると初めてかも知れない。
誰かの車に乗せてもらったことや、生駒山上までは車で来たことがある。
しかし、自分で運転して東大阪まで出てくるのは、おそらく初めて。

阪奈道路ってもの凄く曲がりくねった道のイメージでしたが、走ってみて「あれ?こんなんだったっけ?」
と若干拍子抜けでした。
きっと頭のなかでイメージが出来上がっていたんでしょうね。
確かに曲がりくねってはいるけど、名阪国道を走り慣れているので、あっという間に走り抜けた感じでした。

阪奈道路を上がっていくと、大阪が一望できます。
車を止めて写真取れる場所があれば・・・と思ったのですが、あいにくどこにもない。
写真はストリートビューで見た大阪平野。
きっと生駒山上まで行くと、綺麗に見えるのでしょうけどね。
生駒山上から見る大阪の夜景は、本当に綺麗です。
若かりし頃に、車を連ねて、皆で夜景を見に行ったこともありました。

そんなことを思い出しながら、阪奈道路を走って帰ってきました(笑)
たまにはドライブがてらに、走るのも良いものですね。
そして、また夜景を見に、生駒山上へ行ってみたいものですね。
今度は家族と(笑)

仕事の話もうまく進んでくれると良いな。
そのためにも頑張らないといけません。
まだまだ寒さは続くけど、熱い気持ちで頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 仕事

2016年02月17日

学童記念誌と写真撮影

160217-1.jpg
「伊射奈岐神社」

現在進めている仕事のひとつ。
学童保育所の記念誌があります。

私の息子が通っていた学童ではなく、別の学童保育所ですが、20周年の記念誌制作の依頼を受けています。
私が学童保育の会長をしていたことや、現在は連絡協議会の理事を務めている関係で、他の学童の方々とも顔を合わせる機会があります。
しかし、今回依頼を受けたのは、指導員の先生が私の作品展に来て頂いた点が大きい。

本来、記念冊子を作る場合は、保護者と指導員が手分けして制作するのがほとんど。
今回は、私がこのような仕事をしていることを、作品展にお越しいただいた先生が知っていたこと。
そして私のイラストも気に入って頂いていることが大きかったようです。

ただ、予算がほとんどないので、本来の金額ではとても制作できません。
私自身、お世話になってきた学童保育ですので、ほぼ、半額に近い金額で受けさせていただきました。
でも、半額だからと言って、仕事内容は半額にはできません。
やることはしっかりやらないと(笑)

学童内の写真はありますが、周辺の写真はないとのことで、天気の良い日を見て、写真を撮っていました。
ここの学童保育は、スタート当時、神社の社務所をお借りして運営を始めたようです。
そこで、神社の写真、社務所の写真、そして周辺の風景の撮影を先週の木曜日に行いました。
そうです、建国記念日の日。まさに撮影日和の最高のお天気でした。

先週の土曜日には、学童内の子供たちの作品の撮影。
そして、今日、三度学童へお邪魔して、ラフを見せてきました。
指導員の先生と共に、保護者会の会長も同席して、校正をしていただきました。

160217-2.jpg
「弓月岳と呼ばれる山並み」

この地は、遠い昔、万葉集にも詠われた地です。
その万葉集に出てくる「弓月」という言葉を、そのまま学童のクラブ名にしています。
記念誌にもそのことを載せていますが、ここで保護者会の会長さんが「万葉集の歌も載せたい」と提案。
さらに「歌碑があれば写真がほしい」と話が弾んだ。

調べてみると、すぐ近くの崇神天皇陵あたりにあることが判明。
そこで、三人で歌碑を探しに出ました。
まずは崇神天皇陵へ。しかし、どこにも見当たらない。
事務所で尋ねるが、事務所の人も詳しく知らない(^^;)
ただ、山の辺の道あたりにあるとの情報を得た。

そこで指導員の先生が、何かを思い出す。
いつも学童の子供たちと、みかん狩りに歩く道端に、歌碑があった気がする。というのです。
崇神天皇陵をかすめるように続く、坂道の途中にありました。

160217-3.jpg
「万葉集の歌碑」

写真を撮って振り返ると、大和盆地が見渡せます。
その向こうには二上山と葛城山・金剛山。
少し小高い丘になっているので、とても見晴らしが良い。
夕方になると、二上山に沈む夕日を撮影くる人で賑わうらしい。
確かに最高のロケーション。
今度私も撮影に来たいと思いました。

そして桜の木もあります。
きっと春になると、桜が咲いて花々も咲いて綺麗でしょう。
さらに、眼下には田んぼが広がっている。
田植えの季節には、また美しい田んぼの景色が広がっていると思う。

これは素晴らしい撮影ポイントです。
タイミングを見て、時々撮影に来たいと思います。

160217-4.jpg
「大和盆地を一望」

さて、記念誌の方も八割くらいできてきました。
最後の仕上げをして、来週には校了そして印刷手配したいです。
学童関係では、毎年制作しているDVDもあります。
こちらは私がお世話になった学童保育です。
またまたFinalCutProで制作します。

どちらも3月中旬が納期。
その頃には桜も咲き始めるかな。
一足早く、春の気分を味わいながら、仕事を頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 仕事

2016年02月09日

FlashからAnimateへ

160209.jpg
【新しくなったAnimateの画面】

仕事をしていると、adobe Creative Cloudからお知らせが入る。
アプリのアップデートの知らせだ。
時々アプリのアップデートがある。

今回は待ちに待っていたアップデートでした。
3つのアプリのアップデートでしたが、以前から待っていたのがMuseのアップデート。
Museとはサイト制作のアプリなのですが、Dreamweaverとは違うアプリ。

Dreamweaverは、HTMLの知識がある程度必要ですが、Museは全く必要ない。
あればなお良いが、無くてもサイトが作れちゃうアプリなんです。
私も長年、Dreamweaverを使っていますが、最近は簡単なサイトはMuseで作っています。

そのMuseのバージョンアップがようやく来た。
なぜ待っていたのかというと、レスポンシブに対応したのだ(^o^)
レシポンシブトは画面のサイズによって、見え方を変えることができる技術。
900pxの画面で見たときと、350pxの画面で見たときに、レイアウトを変えて表示するという技術。
つまりはパソコンの画面で見たときと、スマホの画面で見たときに、見え方が違うようにできるということ。

最近はパソコンよりもスマホからのアクセスの方が多いサイトも増えている。
パソコンの画面ようにレイアウトしたものを、スマホで見たら、文字が小さすぎて見づらい。
そんなサイトってありませんか?
それはスマホ用のページを作っていないからなんですよね。

今回のMuseではこのレスポンシブに対応したので、パソコンの画面用、タブレットの画面用、そしてスマホの画面用と、一つのデータでレイアウトを用意することができる。
これまでは、それぞれの表示用のサイトを用意しなければなりませんでした。
つまりはデータを複数作らなければならなかった。

早速バージョンアップして試しています。
レスポンシブは便利ですが、それに慣れるまでしばらくかかりそう。
まずは自分のサイトでいろいろ試しながら、慣れてきたら仕事に生かしたいと思います。

そしてもう一つ気になるアプリのバージョンアップがあった。
その名はAnimate CC。以前から Edge Animate CCというアプリがあったが、それとは違うようです。
このアプリ実はFlashの後継アプリ。Flashの名称が変わったのです。
Flashと言えば、一時期ネットの世界を牛耳ったと言っても過言ではない。
しかし、最近はFlashを使ったサイトは敬遠がちになっている。

Flashのサイトにおける役割は変わってきているのでしょうね。
Adobeもそれを痛感していて、Animate CCとして生まれ変わらせたのでしょう。
こちらも早速開いてみた。でも、何が変わったのか、正直解らない(^^;)
最近はFlashそのものが、つかっていなかったので、変化に気付けない(笑)
でも、何となくEdge Animate CCの要素を大きく取り入れた感がある。

Flashもここ数年、随分と変わってきたのだと思う。
私が必死に勉強していた頃からすれば、様変わりしていた。
でも、ここ数年、まともに触っていないので、その変化が解らない(^^;)
Flashも生まれ変わったので、私ももう一度勉強し直したいと思います。

レスポンシブに対応したMuse。
そして名称も変わり、生まれ変わったAnimate。
どんどん進化していく仕事環境。
私もついて行くのに必死です(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | 仕事

2016年01月05日

エンジン始動

160105.jpg

今日から仕事始め。
最初の仕事は・・・歯医者でした(^^;)
予約が今日の10時半だったので、まずは歯医者さんに。

新年早々、キュィィィ〜〜〜〜〜ンってやられました(>_<)
あぁ〜やっぱり歯医者って嫌だ〜(笑)
いつもなら予約で行っても、1時間くらい待ち時間があるけど、今日は新年早々だからか、5分も待たずに呼ばれた。
早く呼ばれて嬉しい反面、嫌な時間が早く始まった。
しかも、今日は空いているからなのか、いつもより治療の時間が長い。
先生もゆっくりと治療をしている気がしました(><)

仕事始めでいきなり仕事が入ってくるわけではないので、年末からやっている仕事の後処理や、依頼されている仕事の見積もりなど、やれることからスタート。
そしてやらなければいけないのは、仕事部屋の片付け(^^;)
結局大掃除できなかったので、仕事部屋が乱雑なままです。
まだ時間のあるこの時期に、やれることをやってしまおう。

次女は今日から託児所が始まったので、ルンルンで託児所に行きました。
先生にも「あけましておめでとうございます」と挨拶できていました。
長女は明後日から学校。
息子は明々後日から。

私も仕事始めとしているけど、子供達の学校が始まらないと、本格的な始動はできません。
年末年始でかなり身体と心を休めたので、一気にエンジンはかかりませんね。
徐々に慣らしながら本来の仕事のペースに持っていきたいと思います。

毎年仕事始めはゆっくりとスタートします。
徐々に慣らして、そのうちまた「忙しい〜(@o@)」ってなるだろうから、今のうちにやれることをやっておきましょう。
仕事部屋の片付けから、できればデータの整理まで、やらなくちゃいけないことは山ほどある。
のんびりスタートでも、気持ちは急いています(^^;)

そうだ、仕事ではないけど、今月末には自治会の総会もあるので、その準備にも時間を取られる。
実は仕事以外でもやらなくてはいけないことが、たくさんあるので、やはり気持ちは急いてくる。
さぁお正月気分ももう終わり。
徐々にエンジン温めて走り出しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | 仕事

2015年12月27日

仕事と作品づくり

151227.jpg

今年最後の日曜日となりました。
残すところあと4日。
いやはや本当に一年は早い。

私は明日で仕事納めにしたいと思っております。
でも、最終は明後日の明朝に、市場の写真を撮るのが最後になると思いますが。
従来の仕事は明日で納めとしたいですね。

今年は本当に忙しくさせていただきました。
特に夏以降は、一息つく暇もないほどの忙しさでした。
振り返ってみても、あっという間でした。
そしてこなした仕事の数を見ても、「よくこんなに仕事してたな」と思うほどです。

忙しいのはありがたいことです。
しかし、やはり自分の時間も必要だと思う。
今年は作品が全くと言って良いほど描けていない。
やはり新作を手がけるゆとりもほしい。

昔は一月に二作品描くことを、自分の中で義務付けていた。
どんなに忙しくても、作品を産み出す時間を取っていました。
今はそれができていません。
もちろん仕事は大事だし、クライアントあっての仕事です。
しかし、寝る間も惜しんで仕事するのは、やはりちょっと違うと思う。
贅沢なことですが、仕事は仕事で、しっかりと時間内に終わらせたい。

来年はしっかりとON・OFFの切り替えをしたいですね。
そして作品づくりも仕事と同じくらいの気持ちでやりたいです。
どうしても、「作品づくり=遊び」という感覚があって、優先順位からいくと、1)仕事、2)家事・子育、3)その他の用事、4)作品づくり という順位になっている気がする。

これじゃぁ〜作品なんて産まれてきませんよね。
私の中で「気が向いたら」という気持ちがあるのがバレバレです(笑)
そんな中でも、夏とクリスマスに参加した「エア・フローティング・メディア展」では、忙しい中でもなんとか作品を仕上げました。
もともとある作品を動画にしただけですが、それでもそれなりの時間はかかっています。

ちゃんとやる目標があれば、それに向けて時間を作れる。
昨年のように作品展をやると決めたら、それに向けての新作も描いた。
今年は残念ながら作品展をやることはできませんでした。
来年はぜひ実現したいと思います。

さて、今年も残り4日。
大掃除も頑張らないといけません。
まずはしっかり仕事を終わらせて、大掃除を頑張って、新しい年を迎える準備をしたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 仕事

2015年12月13日

仕事の日曜日

151213.jpg

いつもの日曜日。
しかし、今日はいつもとは違う日曜日でした。

まず、嫁さんが仕事で朝から送って行きました。
病院の前に差し掛かると、何やら三角コーンなどを配置する人々が。
今日は奈良マラソンの日。病院の前もコースになっているので、もうすぐ交通規制がかかる。

嫁さんを送って帰ってきたら、いつも通り長女と次女を連れて剣道へ。
しかし、ここも今日はいつもと違う。
今日は長女を道場に降ろしたら、次女を連れて帰ってきた。

今日は通常の稽古の後、練習試合のために生駒へと向かう。
当初は次女を連れて私も行く予定にしていた。
しかし、仕事が詰まりに詰まってきたので、急遽日曜日だが仕事をすることにした。
長女は他のお母さん方にお願いして、嫁さんが作ってくれた弁当を持たせた。

時々、日曜日も仕事をすることがある。
しかし、家族が全員いると、作業効率は落ちる。
娘たちが騒ぐ声を聞くだけで、思考回路がストップしてしまうのだ。

だが、今日はとても静か。
次女もお姉ちゃんがいないので、一人で黙々とビデオを観ていた。
時折「ビデオ終わった」と、仕事部屋にやってきて、違うビデオの再生を私に依頼する。
ビデオといってもテレビ番組を録画したものなので、HDDの中身を再生する。
次女はやり方がわからないので、その都度私に依頼しにくるのです(笑)

お昼ご飯を食べて、再びビデオを見始めた次女。
私も再び仕事部屋へ。
しかし、1時間以上経っても次女が仕事部屋へ上がって来ない。
もうとっくに再生は終わっているハズ。

リビングに降りてみると、気持ち良さそうに寝ていました(笑)
風邪ひかないように布団を被せて、再び仕事へと戻りました。
BGMを流しながら仕事に打ち込む。
なぜかいつもの仕事時間よりも集中して作業ができた。

夕方5時半ごろにリビングに降りたが、まだ次女は寝ていた。
私が入ってきた物音でようやく目覚めました。
もうすっかり外は暗くなっている。
次女の口から「お姉ちゃんは?お母さんは?」と声が出た。

さすがに不安になって来たのでしょう。
私が「もうすぐ帰ってくるよ」と言うと安心したのか、再びテレビを見始めました(笑)
そうこうしている内に、嫁さんからお迎えコール。
続けて、長女を乗せてくれている剣道のお母さんからも連絡が。

これまで大人しかった次女が、お姉ちゃんと一緒になると、水を得た魚のように急に元気になりました。
やっぱり姉妹が楽しいのでしょうね。

お陰で私も仕事が随分とはかどりました。
いや〜ホント助かりました。
長女を連れて行ってくださったお母さん方に感謝感謝です。

いつもよりも仕事がはかどった気がして、なんでだろう?と考えたら、電話などが一切なかった。
平日であれば、仕事関係の電話がなって、作業を中断したり、別件で振り回されることも多い。
しかし、当然ながら、今日はまったく電話もなく、ずっと集中して仕事ができました。

12月ももう半分です。
いよいよ大詰めになってきました。
明日から1週間が勝負ですね。

今日仕事に集中できた流れで、明日からも乗って行きたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 仕事

2015年12月09日

サイトのご紹介

151209.jpg

今日はお仕事のお話を。

9月ごろからサイト制作のお話があり、サイト企画から始めて、先月ようやくサイトが完成しました。
写真撮影をしたり、サイトオープンのキャンペーンチラシを作ったりと、いろいろ手がけて、ようやく完成しました。
現在、ホームページOPEN記念として、特別価格のキャンペーンを実施中ですが、反応も上々のようで一安心です。

お仕事をさせていただいたのは、表具店さん。
中西流泉堂表具店さんというお店です。
平たく言うと、障子や襖、そして掛け軸や額装などを手がけるお店です。

サイト制作はもちろんですが、チラシなどの制作でも、あまり手がけたことの無い業種です。
私自身が、どのような業務内容なのかわからない状態からのスタートでした。
実際に店舗にお邪魔して、写真を撮らせていただき、その中からデザインのイメージを固めて行きました。

写真撮影で難しかったのが、額装の撮影でした。
額はガラスが入っているため、必ず反射します。
ストロボなんか焚けば絶対アウト(^^;)
部屋を暗くして、ガラスに反射した物が極力映らないようにして、ISO感度をMAXまで上げて撮影しました。
それでも細かく見ると、写り込みがあります。
最後はPhotoshopで画像修正。

サイト制作は、和のイメージを基本にデザインしました。
そしてサイトデザインに合わせて、チラシ、パンフレット、名刺を制作。
トータルでデザイン出来るので、イメージが統一しやすいですね。

151209-2.jpg

さらにfacebookページも立ち上げて、使い方も説明させていただきました。
ご自身もfacebookをされているので、すぐに使えるようになるでしょう。
情報の拡散という意味では、facebookページは使わないと損です。

サイトとSNSをうまく活用して、今後の仕事の発展に生かしてほしいと思います。
この他にも3つサイト制作があり、1つは先日何とか完成しました。
残り2つを今年中に完成させなければいけません(^^;)

自身のサイトもほったらかしになっていて、何とかしないといけないのですが。
さて、気合を入れて頑張るか。

中西流泉堂さんのサイトはこちらから
http://www.n-ryusendo.com
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 仕事

2015年11月17日

ようやく年賀状サンプル完成

151117-1.jpg

151117-2.jpg

ふぃ〜(><)
ようやく年賀状サンプルができました。
とっくに年賀状ハガキは発売されているのに(^^;)

毎年のことですが、いつもギリギリです。
なんとかサンプルできたので、プリントアウトして送らないといけません。
来年こそはもっと早くから手掛けよう・・・って毎年言っているな(^^;)

年々、このサンプルからの注文は減少しています。
そもそも、ネットで注文入ることは稀ですので、基本は身内や知人からの注文が殆どです。
以前は結構いろんな人から注文をいただきましたが、やはり最近は年賀状自体が出さない人多いのでしょうね。
また、年賀状の受注システムが、多様化しているので、そちらを使う人が多いと思う。

まぁ、そんな中でも、注文してくださる方がいる以上は、ちゃんとサンプルを作っていかなければ。
でも、こんなにドタバタしながら制作していてもダメですね。
やっぱり、もっと腰据えて、半年くらい前から取り掛からないと。
年賀状の本出しているところなんかは、1年前から動いていますからね。
深く反省して、来年に生かそう(ホンマか)

今年は嫁さんの身内で不幸ごとがあったので、家族での年賀状は喪中になります。
喪中ハガキもようやく制作して、印刷に出したところです(^^;)
なので、家族用の年賀状は作らなくても良い。
あとは仕事のようの年賀状ですね。
これは、もう年末ギリギリにならないとできないと思います(^^;)

仕事がまだまだ詰まっている状態。
今年いっぱいはこのままの状態でしょう。
まだやらないといけないことあるので、そちらも頑張ろう。

そうそう、カレンダーもようやくデータができたので、こちらも印刷の手配をしないといけません。
まぁ、そんなに売れないと思うけど、またShopにあげたいと思います。
予約注文として、12月頭ごろからお届けできるように頑張ります。

年賀状に興味のある方は、下記からpdfデータがご覧いただけます。
よろしければご覧ください。

http://www.ds-island.jp/data/nenga/sampleAs.pdf
http://www.ds-island.jp/data/nenga/sampleBs.pdf
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | 仕事

2015年11月12日

再び撮影へ

151112-1.jpg

ようやく体調が戻りつつある。
しかし、まだ肩や腰は痛みが残っている。
こんな時はゆっくりと仕事をしたいが、今日は日曜日に雨で撮影できなかった写真を撮りに、クライアントの元へ。

前回は外の写真が撮れなかったし、店内の写真も陽が入り込むのと、そうでないのとでは写真の仕上がりが違う。
やはり狙い通り、陽が差し込むと、店内は良い雰囲気になりました。
店内の写真を撮り、続けて外の写真を撮る。
さらに畑の写真も。

このクライアントさんは、農家をしながらお店を営んでいるのです。
その畑の写真も撮らせていただきました。
珍しい野菜ばかりで、写真を撮るにも説明を聞きながらの撮影でした。
また、正式にホームページがオープンしたら、ご紹介させていただきます。

151112-2.jpg
撮影で1時間半ほど、その後は、周辺の観光案内のページ用の写真を撮って回りました。
まずは石上神宮へ。
ここは、いつも剣道の試合でお世話になっているので、写真は結構撮っています。
ただ、剣道の試合の写真なので、今日は石上神宮だけの写真をパシャ。

次は天理参考館。
こちらでは様々な資料が展示されています。
駐車場に車を止めて、正門前で撮影。

151112-3.jpg
続けて天理教教会本部。
こちらも毎日参拝に来ていますが、写真を撮ることはありません。
黒門も含めて撮りたかったので、遠くからパシャ。

151112-4.jpg
駐車場に戻る時に、銀杏並木が綺麗だったので、こちらも撮りました。
本当はもっと良いポイントがあるのですが、今日は目的が違います。
次の撮影場所に向かうために駐車場へと戻りました。

151112-5.jpg
次の場所は、車で少し移動しないといけません。
そこは黒塚古墳。
結構有名な場所ですよね。

151112-7.jpg
数年前に「卑弥呼の墓ではないか」と騒がれました。
残念ながら古墳の発掘現場は、もう見れません。
古墳の上部に登ると、墓の内部を示した標示物があるだけです。
しかし、すぐ隣の資料館には、その墓の内部を再現した実物大のレプリカがあるので、雰囲気だけでも味わえます。

151112-6.jpg
そして出土した三角縁神獣鏡も沢山展示されていました。
平日の真昼間ということもあり、私が入った時は、お客さんはゼロで、係員のおじさんも暇そうにしていました(笑)
私が入ってしばらくしてから、一組のお客さんが来ましたが、平日の昼間って来る人は少ないのでしょうね。
入館無料ですので、近くにお立ち寄りの際は、ぜひどうぞ(笑)

お天気も良くて、もっといろんなところに写真を撮りに行きたかったけど、帰って仕事をしないといけません。
後ろ髪を引かれる思いで、家路に着きました。
もうそろ紅葉も終わりに近づいている感じです。
あっという間に年末になりそうです(-_-;)
急いで仕事終わらせにゃ(^_^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 仕事

2015年11月10日

パンク状態

151110.jpg

いかん。
やらないといけないこと。やりたいこと。
山ほどあるのに、全く何もできない。
仕事の量が半端ない(><)

おまけにこの数日間、体調がめっちゃ悪い。
身体中だるいし、腰も痛い。
身体が悲鳴を上げている感じです。

どんどん体力がなくなっているのがわかる。
昔は仕事が詰んでいても、それを乗り越えるだけのエネルギーがあった。
しかし、今は気力だけでなんとかやっている感じです。

一番大きいのは、仕事と子育てと、両立しながらやらないといけないことですよね。
これはどこのご家庭でも同じですが、仕事をしながら家事をして、子育てをする。
いや、ほんとこれって疲れます。

特に私の場合は、子供の迎えで一旦仕事をオフにする。
そして夜の時間に、再び気持ちをオンにするが、これが最近は疲れる。
今日も急ぎの案件が入ったため、子供達をお風呂に入れて、晩御飯作って食べさせて、そこから仕事モードに入った。

娘二人だけで食卓で晩御飯を食べている。
いつもなら、ワイワイおしゃべりしながら食べるので、私に「早く食べなさい」と注意される。
しかし、今夜は静かだ。
その静寂が私に無言の圧力をかける。

しばらくして、次女が仕事部屋に入ってきた。
歯磨きをしていたようで、私に仕上げ歯磨きをして欲しかったようです。
「おねえちゃんは?」と聞くと「もう寝た」との答え。
次女にも寝るように伝え、素直にお布団に入って行きました。

ダメだな〜。
全く気持ちにも時間にもゆとりがありません。
仕事が忙しいことは、とても有難いことです。
なんとか日中の時間内で、仕事をクリアしたい。
でも、完全にキャパオーバーしているので、夜の時間も仕事しないと間に合わない。

仕事が詰まってくると、私の気持ちにもゆとりがなくなってくる。
子供達の些細な行動にも、ついイライラして、なんでもないことなのに、子供達を怒ったりする。
結局自分の不甲斐なさを、子供達に押し付けている結果になっている。

なんとかこの忙しさを通常の忙しさに戻したい。
そして体調を元に戻さなくては。
体調が良くないと、何もかもうまくいきません。

頑張るしかないですよね。
ひと段落したら、温泉でも入ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 仕事

2015年11月08日

雨の日の撮影

151108.jpg

久しぶりに雨の日曜日でした。
しばらく天気が良い秋晴れの日が続いたので、しっとりとした雨の日曜日でしたね。
たまには雨も良いものです。

しかし、本音を言うと、今日は晴れて欲しかった。
実は、仕事で写真撮影の予定だったのです。
ホームページ用の店舗の写真を撮る予定でしたが、この雨ではやはり厳しい。

とりあえず店舗に行き、店内など撮らせていただきました。
しかし、やはり晴れていないと、撮れない写真が多い。
そこで、改めて後日晴れの日に撮ることにしました。

そして、もう一店舗、これまたホームページ用の写真の撮影に。
こちらは店内がメインですので、写真を撮らせていただきました。
しかし、撮った写真の半分は猫の写真(笑)

店舗入り口のレジのところに、猫が鎮座していて、まるで招き猫のようになっています。
この猫を撮りながら、猫のバックに店舗の写真が来るようにしたりしながら、写真を撮りました。
またホームページが開設されたら、改めて紹介したいと思います。

雨のため、外の写真が撮れない。
本当はもっといろんな写真を撮る予定でしたが、後日にして撮れるところだけ撮りました。
それにしても、もうすっかり紅葉が始まっていますね。

先日家族で遊びに行った時には、まだ紅葉が進んでいない気がしていましたが、この数日間で随分と色づいた気がします。
できれば、この紅葉が続いている内に、再撮影したいですね。

ホームページ作成に伴う写真撮影は、これで3店舗目。
まだもう一店舗撮影があると思います。
プロのカメラマンではありませんが、自分がイメージした写真を自分で撮れるのは、やはり強みであると思います。

ホームページを作るにしても、やはりイメージ的な写真が必要になる。
その写真を自分で撮れるのは、とても効率が良いのです。
ただ、天気だけはどうしようもない(笑)

今回は天気に恵まれなかったので、また後日撮影に行きます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 仕事

2015年11月04日

様々なサイトの更新

151104.jpg
【なかなか更新管理ができない剣道のサイト】

現在、Webサイトの仕事を4つも抱えています(^^;)
なんとか少しずつ形にしているのですが、さすがに4つも同時進行だと大変です。
大変ですが、形になった時の喜びも大きいので、大変だけど頑張ります(^^;)

Webサイトといえば、仕事で管理しているサイトは、更新や管理ができています。
しかし、自分のサイトは・・・・と見直すと、もうほったらかし(笑)
どうしても仕事として管理させてもらっているサイトがメインになるので、自分の分はほったらかしになってしまう。

さらに言えば、仕事ではないけど管理しているサイトも、なかなか更新ができません。
剣道のサイトがまさにそれに当てはまる。
今年の5月頃に正式にオープンしたのですが、いかんせん仕事の合間に管理しているような状態なので、なかなか更新ができません。

情報を常に管理できるように、いろいろと考えているのですが、その考えていることを形にするのが、また時間がかかる(^^;)
Webの知識がなくても、パソコンやスマホから、情報を更新できる体制にしたいと考えているのですが、なかなか難しいですね。

さらにほったらかしになっているのが、自治会のサイトです。
こちらは作っただけで、あとは更新ができていない。
こちらも、できれば誰でも更新できるようにしたいのですが。

よくサイト制作の相談を持ちかけられた時に、「自分たちで更新したい」という声を聞きます。
その気持ちはよくわかる。自分たちで更新すれば、更新費用もかからない。
しかし、いざその実情を見ると、とても更新できない場合が多い。

以前もブログを使って、更新情報をサイトに反映させることを提案した。
ところが、そのブログだけでも一苦労。
写真を撮ってそれを載せるだけでも、なかなかうまくいきません。
結局、これまで通り、更新費用を出して更新することになりました。
更新費用って言ったって、本当に微々たる金額なんですが(-_-;)

これは私たちの仕事に限ったことじゃない。
プロがやっている仕事って、いとも簡単にやっているように見えるので、「自分でやればその費用が浮く」と考えがちです。
実際自分でやって、費用を浮かすことに成功している人もいるでしょう。

しかし、現実は簡単そうにやっているように見えるけど、それぞれに技術や知識、そして経験が必要になる。
写真一つでも、撮影の仕方、そして明るさや色味の調整。トリミングや配置のレイアウト。
それを考えて作業をするというのは、簡単なようで簡単ではない。
だからこそプロとしての仕事になる。

最近はサイトを持たずに、Facebookページやブログを、自身のサイトとして活用している場合もある。
また、無料でサイトを作れるサービスもあり、それを活用している人もいる。
しかし、これらには一長一短があり、何か独自性をもたせたいと思った時には、対応ができない。
そして何かオプションをつけようと思えば、そこに料金が発生する。

サイトの世界もどんどん変わって行きますね。
正直、ついていくのに必死ですが、変わるということは、そこにチャンスもあると思う。
自分が今まで培ってきた経験を生かし、新しいものを取り入れ、自分の納得のいくサイト作りができればと思います。

まずは仕事として抱えている、新規制作のサイトが第一です。
大変だけど、頑張るしかありません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 仕事

2015年10月28日

作風を広げたい

151028.jpg
【昔描いた落書き(筆で描いたところにPhotoshopで色付け)ちなみに幼い頃の息子の似顔絵です 笑】

先週末から、母が来たり親族が集まったりで、何かと忙しかった。
週明けには宇都宮〜東京と、超過密スケジュール。
そして帰ってきたら、仕事が山のように詰んでいる。
マジでやばいぞ(^^;)

早速フル回転で仕事していますが、今週はちと地獄かも(笑)
特に明日は朝からフル回転で頑張らないといけません。
忙しいのは良いことだけど・・・・身体はひとつしかない。
まぁ愚痴っても仕方ない。頑張るしかないですね。

最近はWeb系の仕事が多く、グラフィック系の仕事が少なめです。
特にイラスト系の仕事は、このところほとんどありません。
やっぱりさみしいですね。たまにはイラストの仕事したいけど、今はマジで手一杯です(^^;)

昨日、東京で文芸社さんに寄らせていただきました。
私自身、絵本の仕事はもっとやりたい。
しかし、今のタッチだけでは、やはり限界がある。

絵本を希望する著者の方は、やはり手描き風の柔らかいタッチを好むことが多い。
私の描いているイラストは、Illustratorを使って仕上げているので、どうしても固い。
そこはアナログ感を追い求めて、いろいろと工夫をしているが、やはり水彩画のような柔らかなイメージは無理がある。

以前、別の担当者の方から「手描き風のタッチはできませんか?」と、問い合わせをいただいたことがある。
Illustratorではなく、フォトショップ系のペイントアプリを使えば描くことはできる。
しかし、その当時もメチャクチャ忙しくて、結局サンプルを描けないまま、たち消えてしまった。

作風を広げる意味でも、もっと違うタッチの絵も描きたいと思っています。
やはり絵を描く仕事がやりたい。
もちろん今のグラフィックの仕事も、Webの仕事もやりたいです。
どちらもバランス良く仕事できると良いのになぁ〜って、単なるわがままですね(^^;)

まずは、今抱えているWebの莫大な仕事を完成させなければ。
ここはちょっと老いゆく身体に鞭打って頑張るべ〜。
東京一泊の疲れも取れていないけど、死に物狂いで頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 仕事

2015年10月08日

進化する仕事環境

151008.jpg

長年Apple & Adobeの組み合わせで仕事をしている。
一時期はApple & Adobe & Macromediaという組み合わせもあった。
しかし、MacromediaがAdobeに吸収されたことで、Apple & Adobeになりました。

Appleはいわずと知れたMacです。
最近はiPhoneやiPadの方が有名ですね。
私の仕事はMac無しではできません。

AppleだけでなくAdobeが無いと何もできない。
つまりApple & Adobeの組み合わせが無いと、仕事ができないのです。
これは私だけに限ったことではなく、世界中のクリエイターに言えることだと思う。
Apple & AdobeじゃなくてMicrosoft & Adobeのクリエイターもいますが。

何れにしてもAdobeは今、世界中のクリエイターの総元締めになっている。
IllustratorやPhotoshop、Web系ではdreamweaverなど。
DTPからWeb、映像関係まで、Adobeのアプリを使わなければ、仕事にならない。

そのAdobeが今回発表を行った。
様々なアプリのバージョンアップを行ったのです。
その中に、びっくりした内容があった。
アプリではないのですが、とてもびっくりした内容。

Adobeがcrowdでサービスの提供を始めてから、Adobeのフォントが使えるようになった。
これまではフォントを購入してインストールしなければならなかった。
しかし、crowdで使いたいフォントを選べば、自由にフォントが使える。

サービス開始時はほぼ100%英語フォントだけでした。
その後、わずかですが日本語フォントも使えるようになった。
ところが今回、モリサワのフォントが使えるようになった。
全てではないが、主要フォントに、幾つかのフォントも加わり、自由にモリサワのフォントが使える。

DTP関係者やグラフィックデザイン関係者にしかわからない話かもしれませんが(笑)
モリサワというのは、昔まだ写植時代(昔は文字を打って印画紙に出力する仕事があった)から、フォントを出している会社。
DTPの波に乗って、一気にその勢力を広げました。
モリサワの書体(フォント)がなければ、仕事にはならないと言っても過言ではなかった。

今でもDTPでは標準フォントと言っても良い。
そのモリサワがAdobeと連携してフォントを提供する。
ものすごい時代になったものです。
だってDTP初期の頃は、モリサワのフォント1書体だけで、数万円したものです。
全部揃えたら100万円くらいは必要な時代もあった。
それがcrowdのサービスとして提供される時代になるとは。

今回のアプリバージョンアップの内容で、一番嬉しかったのがMuseです。
MuseはIllustratorのような感覚で、Webサイトを作り上げることができるアプリ。
WebといえばDreamweaverが基本ですが、Museを使うとレイアウトが早くできる。
私も今、MuseとDreamweaverの両方を使い分けて仕事をしています。

そのMuseで欲しかった機能が、今回のバージョンアップで追加された。
画面のサイズに合わせて表示内容を変えるレスポンシブ。
つまりPCで見る場合と、スマホで見る場合にレイアウトを変える機能。

これまでは、PC用にレイアウトを作成し、スマホ用にもレイアウトを作成しなければならなかった。
つまりデータが二つ必要になる。
更新作業を行う場合は、PC画面を作業をして、同じことをスマホ画面でも行う。

ところがレスポンシブ機能が加われば、一つのデータで表示を変えることが可能になる。
データは一つなので、更新作業も一つで済む。
実はこのレスポンシブ機能は、別のアプリであるReflowで実現されていた。
しかし、このアプリはまだβ版で、その後の動きがなかった。

これはもしかして、MuseとReflowが合体するのでは。と、以前から期待をしていた。
そしてAdobeのアンケートにも「MuseとReflowが合体したような機能がほしい」と答えたりしていました。
きっと私以外にも同じように思うクリエイターがたくさんいたんだと思います。
だからこそ、今回のMuseのバージョンアップになったのでしょう。

モリサワのフォントは早速使い始めています。
Museはまだバージョンアップの案内が来ていませんので、しばらく楽しみに待ちたいと思います。
他にもいろんなアプリが加わったり、機能が追加されているみたいです。
楽しみが増えるけど、その分、使い方を勉強しなければ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | 仕事

2015年09月08日

忙しいことは良いことだけど

150908.jpg

今日は高速道路に乗って大阪まで。
仕事の打ち合わせに行ってきました。

高速に乗るのは珍しいことではありませんが、仕事の打ち合わせで大阪に車で行くのは珍しいです。
大阪に打ち合わせに行くのは、電車で行く場合が多い。
しかし、今回は大阪でも東大阪。
ネットで調べてみたら、電車だととても不便なことがわかったので、車で行くことにしました。

今回のお仕事は初めてお仕事をさせていただくところ。
精一杯頑張って喜んでいただける仕事をしたいと思います。
台風が近づいている中で、あいにくのお天気でしたが、久しぶりに西名阪〜近畿道を走りました。

今、このお仕事を含めて、看板のデザイン、そしてホームページの作成2点と、仕事がかなり詰まっています。
看板の方は、デザインラフはできているので、OKが出れば終わりになる。
しかし、ホームページ2点はこれからかからなくてはならない。
そして今回のパンフレット。

どの仕事も急がないといけないものばかりで、シルバーウィークまでの間、仕事にかなり追われそうです。
仕事があるのはありがたいことですので、バランス良く三つの仕事をクリアして行きたいと思います。

仕事もそうですが、作品の方も頑張らないといけません。
できれば今年も作品展をやりたいと思っているのですが、今の調子だとギリギリでできるかどうか?といった感じです。
作品展だけでなく、ショップの充実もやらなければならない。
Tシャツのデザインとかも、待ってくれている人もいて、申し訳ない状態です。

仕事と作品と、どちらもバランス良くやっていきたいのですが、どうしても仕事に追われると何もできなくなる。
自分のサイトもどんどん更新して行きたいのですが、しばらく放置状態になっています(^^;)
仕事もきっちりやりながら、作品も方もしっかりやりたい。
難しいですが、その気持ちだけは捨てないで行きたいと思います。

そうそう、年賀状も手がけていかないと、あっという間に年末になる。
あっ、カレンダーも考えないくては・・・。
ますます忙しくなりそうな気配(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(0) | 仕事

2015年08月17日

変わりゆくweb制作環境

150817.jpg

久しぶりに仕事でサイト構築をしている。
単にサイトデザイン&構築だけなら良いけど、ちょっとプログラムを入れて、ネットショップ的なことが必要。
プログラムもフリーのものを使って・・・・というわけにもいかないので、プログラムを外注したりしている。
いや〜やっぱ難しいですね(^^;)
なんとか進めていますが、慣れない作業で頭がてんやわんやです(笑)

webの環境って、本当にどんどん変わっていくので、ついていくのに必死です。
一生懸命勉強していたら、いつの間にかその技術は古くなって使わなくなったり。
次から次へと新しい技術や言葉が出てくるので、全てを把握するのは不可能に近いです。

基本Dreamweaverを使ってサイト構築をするのだが、最近はMuseも取り入れている。
MuseとはIllustratorやInDesignのように、見た目でレイアウトをして、コードを書かずにWebサイトが作れてしまうアプリ。
adobeがグラフィックデザイナー向けに出したアプリです。
まさしく私のような人間にぴったりのアプリなのです。

以前はIllustratorでラフを作り、それに合わせてDreamweaverで制作をしていた。
簡単な作りのサイトなら、Museでも十分に作れる。
実際、islandのサイトはMuseで作っている。
しかし、今回のようにプログラムを入れて、複雑なサイトの場合は、やはりMuseだけでは無理がある。

現在、大まかな部分はMuseで制作し、細かな部分はDreamweaverで制作するという、やや無茶な作業を行っています。
でもそれが実は一番作業効率が良かったりもする(^^;)
見せる部分はMuseで、プログラムを動かす部分はDreamweaverで。
なんとか8割近くまで仕上がっているので、あともう少し頑張ろう。

adobeのweb制作環境は、今岐路に立っているような気がする。
Dreamweaverが主軸であることに変わりはないが、それ以外のアプリで、今後のadobeの進むべき道が分かれているような気がする。
以前から注目しているアプリにEdge Reflowというものがあるのですが、ずっとプレビュー版のままで、なかなかメジャーアプリになってくれません。

このアプリはPCで表示するデータと、タブレットやスマホなどで表示するデータを、一つのファイルで構築できるアプリです。
PC用、スマホ用、とデータを分けて作るのではなく、一つのファイルで表示に合わせた見せ方を作れる。
もの凄く期待してアップデートを待っているのですが、なかなかメジャーになってくれません。

一方のMuseは、最初は陳腐なイメージでしたが、バンバンアップデートを重ねて、実用可能なレベルまできました。
まだまだ使えない部分もありますが、大掛かりなサイトでなければ、十分に活用できると思います。
私としては、このEdge Reflowの機能を、Museに取り入れてくれたら、もっと使えると期待しているのですが。
それぞれアプリ開発チームが違うので、一つになるには壁があるのかもしれません。
でも、実現できたら、本当にもの凄く便利だと思います。
adobeさん、ぜひ実用化してください。

Edge Reflowの動きが止まっているのが、逆に何か大きな動きの前触れのような気もしています。
制作サイドとしては、より便利により使いやすくなったアプリが登場してくれるのを期待します。
昔からすれば、本当に便利になったアプリ群。
でも、まだまだ便利になると思うし、Webを取り巻く環境は日々進化しています。
アプリもそれに合わせて、どんどんアップデートされていくでしょうね。

あぁ〜やっぱりついていくのに必死だ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 仕事

2015年07月22日

Creative Cloudの便利な点と困った点

150722.jpg

ちょいと専門的な話ですが。

私は仕事でMacを使っていますが、仕事で使うアプリはほぼ100%に近い確率でadobeです。
なんせ仕事の60%はIllustrator、そして残りの40%でPhotoshop、InDesign、Dreamweaverなどを使っている。
基本チラシなどのグラフィック系が多いので、Illustrator&Photoshopがメインとなります。

以前は古いバージョンのアプリを、ずっと使い続けていました。
しかし、Creative Cloudにしてからは、常に新しいバージョンが使えるので、最新のバージョンのアプリを活用しています。
どんどん便利になっていくので、本当に助かります。

ただ、最近困ったことが。
以前なら、アプリの解説本を買おうと、本屋さんに行けば、どれを選べば良いのか迷うほどの解説本があった。
しかし、最近解説本がすっかり減った気がしてならない。
私が行く本屋さんだけなのか?
いや、そんなことは無い。ネットで検索しても少ない。

IllustratorやPhotoshopなどの王道アプリは、まだまだ解説本が多い。
しかし、Web系の解説本はめっきり減っている気がする。
先日もDreamweaverの本を、本屋さんで探したけど、本当に少なかった。
最近バージョンアップされてcc2015になったので、新しいのは出ていないかと探したが、cc2014のものしか無かった。
まだバージョンアップされて間もないので致し方ないと思うが、問題はその種類。
本当に2つか3つあれば良い方。
選ぶ余地が無いほど、解説本が無い。

Dreamweaverだけでは無い。Flashも数が少ない。
ひと昔前は、Flashの解説本が山ほどあったのに。
FlashはHTML5の登場とともに、少しずつその座を奪われつつある。
それも関係しているのかもしれませんね。

まだ解説本があるアプリは良い。
全く解説本が無いアプリもある。
以前はバージョンアップされるまで、結構期間があった。
その間に、たくさんの解説本が出ていた。

しかし、最近は確実に1年に一度はメジャーアップされる。
解説本を出すのには、当然解説本を書く人が、アプリを熟知していないといけない。
それから本にするための原稿を用意して、制作して印刷して・・・となると、少なくとも半年はかかる。
本を出した直後に、またバージョンアップとなる。

adobeのサイトで、使い方などの説明や、動画での機能紹介があるが、やはり一番使いやすいのは本である。
デジタルなことを覚えたいのに、一番に使いたいのが、アナログである紙というこの矛盾(^^;)
やっぱり勉強するのは、紙が一番良いのです。
解説本出ないかな〜。
もう一度ネットで探してみるか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 仕事

2015年06月12日

アプリケーションの変化

150612.jpg

今日はかなり専門的なお話を。

先日、デザインの師匠宅へお邪魔し、いろいろと話をした。
facebookページのご紹介もしましたが、師匠はグラフィイクデザイナーでもあり、字を書く「書きびと」でもある。
筆文字で書かれた文字は、スキャンニングしてMacに取り込み、それをillustratorで編集して、文字をレイアウトする。
店舗の看板や商品のラベルなど、このようにレイアウトして仕上げていく。

illustratorはベジェ曲線と呼ばれる点と点を線で繋ぐ、ベクトルデータで形を表現するドロー系アプリケーションです。
一方のPhotoshopはビットマップのペイント系アプリケーション。
筆で色を塗るのがPhotoshopなら、illustratorは台紙の上に、紙を切って貼っていく貼り絵に近い。
貼り付けた紙は、自由に動かせ、大きさも形も変更が可能。

私たちグラフィックデザイナーにとって、illustratorはまさしく三種の神器の一つなのです。
残りはやはりPhotoshop。もう一つはなんだろう?
今なら強いて言えばinDesignかな。

昔は書き文字など、スキャニングした手書きの物は、画像として扱うか、illustratorで使えるようにパス変換する必要があった。
それだけのための「ストリームライン」というアプリケーションがありました。
このアプリの名前を知っていたら、かなり古くからのグラフィックデザイナーかDTP関係者です(笑)

スキャナーで読み取ったビットマップ画像を、illustratorで使えるパスのベクトルデータに変換するアプリ。
これがなければillustratorでは手書き文字は使えないと言っても過言ではなかった。
だから昔はストリームラインも三種の神器の一つと言えたかもしれない。

しかし、いつからかストリームラインは姿を消しました。
使っている人はまだ使っている。
実は私の師匠も使っていた。

今はもう、そのアプリすら存在していません。
何故か?illustratorの機能の中に、ビットマップデータをベクトルデータに変換する機能の盛り込まれているのです。
つまり、ストリームラインがillustratorに取り込まれた形になっている。
先日、それを師匠に説明したら、びっくらこいておりました(笑)

私と師匠がMac&illustratorで仕事をするようになったのは、同じ会社で勤めていた時。
ちょうどDTPの波が押し寄せていた頃で、当時勤めていた印刷会社もMac導入を決めた時期でした。
その頃のMacOSのバージョンは「漢字Talk7」だったと思います。
illustratorのバージョンは、確か3.2だったと思う。

まだillustratorは線画でしか編集作業ができなくて、作業の結果を見るには、いちいちプレビュー画面で確認する必要がありました。
illustratorのバージョンが5になって、プレビュー画面で作業ができるようになり、物凄くびっくりして喜んで作業したのを今でも覚えています。

その当時はストリームラインは必須のアプリケーションでした。
まさしくillustrator・Photoshop・streamLineがDTPの三種の神器であったと言えます。
illustratorを初めて使ったのが、バージョン3.2。
今のバージョンは・・・確かillustratorCC2014なのでバージョンで言うと18です。

かれこれ20年以上、Mac&illustratorを使って仕事をしている。
そしてその間に、Macもillustratorを含むadobe製品も、様変わりしてきた。
でも、やっている仕事は変わらないなぁ〜(^^;)
結局、考えるのは人だし、使うのも人。
どんどん便利になり、高機能になっていくけど、それを使う人間の裁量次第なんですよね。

いくらアプリが使えたって、その機能を使って何を生み出せるかが大事です。
20年以上経って、Macもillustratorもめちゃくちゃ進化した。
果たして私はどうなんだろう(^^;)
最近、何かを生み出すワクワク感が薄くなっている気がする。
20年前の私なら「すっげ〜こんな事できるの」って、無我夢中でいろんな物作り出していたと思う。

原点に戻って「創り出す喜び」を、もう一度思い出したいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 仕事

2015年06月09日

デザインの師匠宅へ

kakimoji.jpg

久しぶりに車を大阪方面へ走らせた。
そして久しぶりに、私のデザインの師匠のところへお邪魔してきました。
私のデザインの師匠は、高井 剛氏。
今まではT氏と書いていたが、今回facebookにも登録し、facebookページも立ち上げたので、もう実名で紹介します。

高井氏との出会いは、もう20年以上前になる。
私が26歳の頃からのお付き合いです。
脱サラしてグラッフィクデザイナーを目指して、入った印刷会社に居たのが高井氏。
そこで3年間、高井氏の元で、デザインを学ばせていただきました。

その後、お互いに違う会社に移り、幾つかの職場を経て、それぞれフリーとなりました。
今は時々電話でやり取りをする程度ですが、ずっとお付き合いを続けています。
昨年末の作品展にも来ていただいて、今回はその時以来の再会となりました。
しかし、仕事場(実家)にお邪魔するのは、もう3〜4年ぶりだと思います。

今回お邪魔したのは、私の使っていたPowerMacG5を譲るため。
まだPowerMacG4をメインに使っておられるので、少しでもバージョンアップを図るために、PowerMacG5を使っていただくことにしました。
設定などはすぐに済んだので、あとはアプリの説明などをして、その後せっかくなので、facebookに登録手続きを行いました。

高井氏はグラフィックデザイナーでもあるが、書きびと(手書き文字)でもある。
これまでも様々な店舗や商品の文字を書いている。
しかし、それを発信する情報がなく、ネットで目にすることは皆無。
これではもったいないと、以前からfacebookページの活用を勧めていた。

だが、facebookをやるにも、パソコンが古すぎてできていなかったのです。
今回PowerMacG5にすることによって、facebookにも登録ができ、続けてfacebookページも立ち上げました。
これで少しは書き文字の宣伝ができます。
実は私も剣道の旗を作るにあたって、今回文字をお願いしています。
とても素晴らしい文字を書いていただいて、強そうな剣道クラブの旗に仕上がりそうです。
こちらはまた後ほどの機会に紹介させていただきます。

高井氏の文字は、力強さもありながら、しなやかさもあり、店舗や商品などにとても合います。
facebookページができたので、私も紹介しながら、仕事として繋げて行けたらと思っています。
そしていずれはホームページを立ち上げたいですね。

また、私の作品と、高井氏の書き文字で、コラボをやれたらと思っています。
お互いの得意分野を活かして、作品や仕事に繋げて行けたらと思います。
facebookページの方も、少しずつ情報を増やしていきます。
書き文字に興味のある方。
文字を書いてほしい方。
一度、facebookページをご覧ください。

https://www.facebook.com/mojitei
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | 仕事

2015年06月03日

作品から仕事へ

065雨のプロローグ.jpg

気がつけば6月になっていました(^^;)
今年もあっという間に半年が過ぎ去ろうとしています。
いや〜本当に年々、月日の経過が早くなっている。
地球の自転速度、マジで速くなっているんじゃないの(笑)

そろそろ田んぼのシーズンが始まります。
近くの田んぼも水を張り始めました。
昨夜は窓を開けていると、どこからかカエルの合唱が聞こえてきた。

近年、近くの田んぼは住宅地へと変わり、カエルの合唱も聞こえなくなっていた。
どこから聞こえてきたのかわからないけど、やっぱりカエルの合唱って良いですね。
季節感を感じるし、なぜか癒される。

私のイラストにも、カエルのシリーズがあります。
作品No.020:スロードライブから始まり、No.039:ハートハウス。
No.065:雨のプロローグ、そしてNo.088水無月の唱。
カエルのカップルが出会って、家庭を持って、大勢の子供たちと合唱するシリーズです。
今、まさにカエルの家族が大合唱を始める季節なのでしょうね。

このイラストの一つ、No.065:雨のプロローグを見つけて、お問い合わせしてくださった方がいました。
最初は「イラストを使わせてもらうことは可能ですか?」との問い合わせでしたが、話を伺っていくと、このカエルとおたまじゃくしを、パワーポイントのプレゼンに使いたいとのこと。
結局、パワーポイントのデザインテンプレートを制作する仕事へと話が進みました。

社内の意識改革のプレゼンのようで、研修の時に使うためにイラストを探していたようです。
先日、「無事研修も終わりました」と、ご連絡をいただきました。
私のイラストから、プレゼンが出来上がり、それが研修で活かされたことは、とても嬉しいことです。
このような形で仕事になってくれると、本当に嬉しい。
もっと、もっと、イラストを使っていただくためにも、イラストが検索でヒットしやすい方法を考えないといけませんね。

そして、このカエルシリーズは、今お得価格で販売をしています。
ネットショップで、いつもなら¥3,500で販売している、フレームイラストA4を15%offで販売中です。
¥3,500→¥2,975(¥525引き)のお得価格での販売です。
各1点ずつですので、売り切れ次第終了です。
興味のある方は、ショップページをご覧ください。
http://www.creema.jp/c/ds-island/selling

そろそろ梅雨入りの時期。
これから雨が多くなり、湿気も増えてやや鬱陶しい季節です。
でも、カエルたちにとっては、まさに待ちに待った季節。
ちょっとカエルの声に耳を傾けて、水無月の夜を過ごしてみるのも良いものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 仕事

2015年05月22日

仕事を楽しむ姿勢

150522.jpg

本日は仕事の写真撮影の立会いで、一日外出しておりました。
久しぶりに撮影立会いで、ちょっと疲れましたが、良い写真が撮れたので良かったです。
本日撮影していただいた写真を、今度は私が編集して最終のデータを作成します。

本日のカメラマンの方は、ベテランのカメラマンさんで、撮影もとても手慣れておりました。
商品撮影って、本当に難しいなぁ〜と、撮影しているのを見て思いました。
ライティング一つで、全く印象が違ってきます。
私も趣味で写真を撮りますが、機材から腕から、やはりプロの仕事は違いますね。

撮影をしながら、いろんな話をしました。
私も今の仕事をして長いですが、カメラマンの方はもっと経歴が長い。
お互い共通していたのが、アナログからデジタルへの転換期。
私の仕事も昔は台紙にロットリングで線を書き、写植で文字を発注し、写真の指定をトレーシングペーパーで書いていた。
そんな時代にこの仕事を始めたが、直後にDTPに移行し、今のMac環境になった。

カメラの世界も、やはりデジカメの波が転換期だったようです。
今では100%デジカメになっていて、フィルムを使う事は無いそうです。
デジカメに移行する事で、それまでの機材を総入れ替えだったらしく、カメラの世界も大変だったようです。

昔に比べると、私の仕事もカメラの仕事も様変わりです。
そして何より、本当に便利になりました。
私の仕事は、アナログ時代には、仕上がりをイメージして作業していました。
実際の仕上がりを見ると、イメージと違う場合がありました。
それがMacになってからは、モニターで見ながら作業できる。
今となっては当たり前ですが。

カメラも同じで、昔は撮った写真は現像されるまで、どのように撮影されたか確認できない。
しかし、今ではデジカメで撮ったその場で確認できる。
カメラの液晶画面だけでなく、今はタブレットなどを使って、撮った写真をその場で確認する。
本日も撮影した写真を、私もタブレットでその場で確認しながら、撮影作業を続けてもらいました。
本当に便利になったものです。

でも、どれだけ便利になっても、やはり人の力量によりますよね。
便利になって機能が増えて、いろんな事が可能になっても、最後は人の力です。
本日の撮影を見ていて、それを強く感じました。
そして何より一番大切なのは、仕事を楽しむ事。
カメラマンの方も「好きだから続けている」と、おっしゃっていました。
それは私も言える事です。

後日、撮影した写真データが送られてきます。
写真素材が良いと、デザインもさらに楽しくなるんですよね。
料理人が良い素材と出会うと、料理が楽しくなるように。
私も楽しみながら、良い仕事をできるように頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:20 | Comment(0) | 仕事

2015年04月25日

変わりゆくネットの世界

150425.jpg

私達の生活に、もはや無くてはならない物となったインターネット。
正直、今ネットが無くなったら、私自身とても困ると思う。
仕事が出来無くなると言っても過言では無い。
もはや水道や電気と並んで、ライフラインと言っても良いかもしれない。

仕事のやり取りは、基本メール。
データのやり取りは、軽い物はメールで、重い物はサーバのストレージを使う。
昔のように、CDに焼いてとか、もっと昔のようにMOに保存して・・・なんてのは皆無です。

インターネットの普及と同時に、ホームページの普及も広まった。
私も2001年に自分のサイトを立ち上げた。
当時はまだプロバイダの容量を使って、全くパーソナルなサイトでした。
その後、レンタルサーバを借りて、本格的にサイトを立ち上げた。

サイトの作り方も、時代と共に変わっています。
初期の頃は、テキストアプリなどを使って、タグ打ちが基本でした。
その後、Dreamweaverなどの専門アプリが登場して、芸的にサイトの制作が変わります。
一時期はFlashで作られたサイトが好まれた時期もありましたね。
今ではFlashは使われていないのが主流。

そして、今、またサイト制作に大きな転換期が来ている気がします。
それはスマホの普及に伴うもの。
これまではサイトはパソコンの画面で見る事を前提に考えられて来た。
しかし、スマホの普及で、パソコンよりもスマホで見る人が増えて来ている。
サイトを作る側も、パソコンで見た画面と、スマホで見る画面の両方を考えなくてはならない。

スマホの場合、リンクでページをたどるのは、正直面倒くさい。
そのため、縦にスクロールして見るサイトが多い。
この流れがパソコンの画面にも起きている。
最近のサイトは、ページジャンプしないで、縦スクロールで終わる物も少なく無い。

私も時々サイト制作をしますが、やはりスマホ対応は必須となって来ています。
現在もいくつかサイト更新のお仕事をしていますが、今後の対応を考えないといけませんね。
時代はパソコンの前に座ってネットを見る時代から、スマホで気軽に見る時代にシフトしています。
そしてその変化の流れは速いです。

私もついて行くのに必死ですが、自分が出来る範囲で頑張ろうと思う(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | 仕事

2015年04月15日

久々の絵本のお仕事

150415.jpg
【これまで描いた絵本】

久しぶりに仕事のお話を・・・。

私の仕事はメインがグラフィックデザイン、そしてイラスト、Webなどです。
そして時々、ページ物をやったりします。

最近は少なくなりましたが、以前はよく絵本の挿絵も描いたりしていました。
そして今、久しぶりにその絵本を描いています。
自分の絵本ではなくて、イラストを依頼されて描いている絵本です。

私が自費出版した「クジラのゆめ」の出版元である文芸社さんから、絵本の挿絵の依頼を受けました。
これまでも、何度か依頼を受けて、絵本を描いています。
ここ2年くらいご無沙汰でしたが、今回、久々に依頼がありました。

著者の方が、私の絵を大変気に入って頂いたようで、「好きな様に描いてください」とのありがたいご依頼です。
これまでも結構好きに描いているので、今回も思いっきり好きに描かせて頂く事になります(笑)
現在、ラフを制作中ですが、私のイラストの場合、最初からIllustratorを使ったデジタル画なので、ラフ=仕上がりに近い形になります。

ほぼ、ラフ画が仕上がったので、これから確認して頂いて、何度か校正をして再来月くらいには出版の予定となっています。
今回のご依頼は、これまでとちょっと違うイメージです。
まず、ストーリーが、これまでとはちょっと違う。
何とも不思議な感じです。

そしてご依頼をされた著者の方が男性と言うのも、大きな違いです。
実は、これまでイラストのご依頼を受けた著者の方は、全て女性の方でした。
5名程おられますが、見事に全員女性です。
私のイラストを好まれる方が、どうしても女性の方が多い。
これは、今までの経験上、確実に言える事です。
イラストやポストカードの販売などに関しても、確実に女性の方が多い。

今回、初めて男性の著者さんから、イラストを気に入って頂いたと言うのは、本当に嬉しい事です。
そして本当に思う存分、好きに描いているので、まるで自分の絵本のように描いています。
まぁこれは、これまでも同様に、自分の絵本という意識で描いていましたので、変わらない事ですが。

また、絵本が仕上がった時点で、こちらでご紹介させて頂ければと思います。
とっても不思議な雰囲気の絵本になると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | 仕事

2015年03月14日

40枚のDVD

150314.jpg

依頼を受けていたムービーが出来上がった。

毎年、この時期に制作をする「学童保育の修了式DVD」。
今年も依頼を受けて、このひと月の間に、少しずつ制作していた。
3日ほど前に、視聴のために学童で先生に見てもらった。
一部修正箇所があったので、そこを修正し、私自身も気になっていた部分を修正して、昨日納品した。

全部で40枚程DVD-Rに焼いて納品。
DVDを焼くのは、ほぼ一日がかりとなる。
本日、その修了式が行われているので、各家庭にDVDが配られていると思います。

これまではiMacで制作して、そのままiMacでDVDを焼いていた。
しかし今回、なぜかiMacのドライブが調子悪く、空のDVD-Rメディアを入れても、受け付けず吐き出してしまう。
時々受け付けてもらえるが、大半は吐き出される。

これは古くなったPowerMacG5も同じで、ほぼ受け付けてくれない。
さらにはデータを記録してあるメディアも受け付けない。
おそらくドライブが劣化して来ているのだと思う。

しかしDVD-Rを焼かないといけない。
これは困った・・・・と言う事で、最終手段としてPowerBookG4を引っ張り出して来た。
このPowerBookG4は、G5よりは若干新しい。
しかし、これも随分と昔の物です。

日頃は嫁さんが病院に持って行って、そこで仕事で使う事が多いが、時々私が使う時は戻してもらっている。
PowerBookG4でiDVDを立上げ、DVD-Rを焼いてみる。
何の問題も無く、すんなりと焼き始めた。
やはりiMacのドライブが劣化して来ているようだ。

最初の1枚を焼くのには、もの凄い時間がかかる。
朝から焼き始めて、お昼頃にようやく焼けた。
その後は、1枚につき10分程度で焼ける。
しかし40枚焼かないといけないので、丸一日作業となった。

無事に納品できたものの、やはりiMacのドライブが使えないのは痛い。
どうしてなんでしょう?古いPowerBookG4の方が使えると言うのは?
使用頻度の差なのか、それともPowerBookG4はノートパソコンと言う事で、デスクトップとドライブの作りが違うのか?
ノートパソコンは持ち運びを想定して作られているので、もしかするとデスクトップよりも強固に設計されているのかも知れません。

しかし、毎回DVDを焼く度にPowerBookG4を引っ張り出してくるのも大変だ。
最悪の場合、外付けドライブを検討しないといけないですね。
まぁこれだけ大量にDVDを焼くのは、年に一度だけ。
来年の学童修了式までには考えておきたいと思います(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 仕事

2015年02月12日

今年も学童ムービー制作

150212.jpg

毎年、卒業シーズンになるとムービー制作をしています。
私が以前お世話になっていた、学童保育クラブの修了式のムービー。
例年だと1月の終り頃に、クラブの先生から連絡が来るのだが、今年は無いのでそろそろムービー制作も終りかな・・・と思っていました。

もう、かれこれ5年くらい続けています。
私が学童を離れて、もうすでに4年。
今では知っている人の数は皆無に近い。
そろそろ終りかも知れないと思っていましたが、今夜学童の先生から連絡が来た。
例年通り制作して欲しいとの事でした。

大方基本の流れは出来ているので、後は写真と音楽、そして写真に合わせたコメントを用意する。
修了式までひと月無いが、まぁ何とかなるでしょう。
確か昨年は超忙しい中で依頼があって、さらに追い打ちをかけるように、iMacがシステムダウンした。
もう無理かも知れないと思い、一応学童の先生に事情を伝え、最悪の場合は間に合わない事を伝えた。
しかし、無事にシステム復帰して、データもタイムマシンで復活出来たので、何とか間に合いました。

今年は昨年程の多忙ではないし、大丈夫かなぁ〜と思っていますが、油断は禁物ですね。
iMacも絶対大丈夫とは言えません。
むしろ使用年数が経っているので、システムは不安定かもしれない。
あぁ〜〜〜やっぱりメインマシンになるMacProが欲しいじょ〜〜〜(-o-)
無い物ねだりしても仕方ないので、現状で精一杯頑張ろう。

しかし、ムービー制作も一年に一回のペースになって来た。
もっと制作したいけど、結婚式のムービーも作る機会が無くなったし、他のムービー制作もなかなか無いし。
ちょっとお遊びで作りたいけど、そんな時間もなかなか取れないしね〜。
でも、本当は遊びで作りながら、いろいろと学ぶ方が一番良い。
それが結果的に仕事になるんですけどね。

今回の学童のムービーも、始まりは私が勝手に作ったものです。
それが私が学童を離れてからも、仕事として依頼してもらっています。
まぁその分安価で受けていますけど(^^;)

さて、今年はどんな感じで作ろうかな。
子供たちの元気な写真を見ながら、選曲を楽しんで制作しよう。
あとひと月もしない内に卒業シーズンです。
今年は我が家にとっても、心に残る卒業シーズンになりそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 仕事