2014年06月10日

発熱そして復活

140610.jpg

昨日、次女が発熱で託児所を早退した。
2〜3日前から鼻水が出ていて、くしゃみの度にまるで漫画のような鼻水が、鼻から垂れていた。
しかし、至って元気だったので、気にもしていなかったが、やはり発熱した。

迎えに行くと、意外に元気で自分で歩いて、自分でカバンを背負って車に乗り込んだ。
しかし、お弁当も残したらしく、さらにはおやつに出たカステラを半分しか食べなかったらしい。
先生からその事を聞いた私は「それはおかしい」と言うと、先生も「そうなんですよ〜」と納得していた(笑)
次女がデザート大好きな事は、先生もよ〜く理解しています。
ご飯は食べなくてもデザートを残すとは、やはり体調が良く無い証拠なのです(^^;)

比較的元気に見えましたが、やはりしんどかったのか、家に着くなり布団に転がり込んでいました。
そして不安なのか、私にベッタリくっついて離れようとしません。
熱を計ると38度。そりゃ〜辛いハズです。

帰る途中に買って来たプリンを食べて、スポーツ飲料を飲んで眠りについた次女。
いつもならうるさい程の元気な次女が、ぐったりと寝ていると、やはり心配です。
しかし、今朝はケロッと起きて来て、元気に朝ご飯を食べました。
そしていつもと変わらず託児所へ。

また発熱があるかも知れないと、いつ託児所からお迎えの電話が来るか解らないという気持ちで仕事をしていました。
しかし、結局一日頑張ったようで、迎えに行ってもいつもと変わらない様子でした。
一体なんの発熱だったのか?単なる夏風邪か?
ネットのお知り合いでは、アデノウイルスで発熱している方も居て、もしかするとそうかも知れないと覚悟していました。
でも、何とか熱も治まって、いつもの次女に戻りました。
鼻水は相変わらずですが。

子供って突然体調崩して、またすぐにケロッと治まって。
親がアタフタしている間に元気になったりする。
実は親を試しているのではないかと思う事がある。
親にしてみれば、子供が元気なのがついつい当たり前になり、子供に「早くしなさい」「片付けなさい」「テレビ消しなさい」と、ついつい怒鳴ります。
しかし、それも子供が元気でいてくれているからなんですよね。

時々こうやって体調を崩されると、子供が元気でいる事の、ありがたみを実感させられます。
すぐに元気になってくれて良かったです。
明日から、また怒鳴ってしまう親ですが、感謝の心を持って怒鳴りたいと思います(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:08 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。