2014年05月28日

暑くなってくると出てくる者

140528.jpg

今日は剣道の稽古の日。
水曜日は開始時間が19時と遅く、終わるのも21時と遅い。
そのため、水曜日は車の中で、軽めにおにぎりを食べさせてから行く。
帰ってからも晩ご飯を用意するが、そのまま寝てしまう事も多い。

今の時期、稽古が始まる時間はまだ明るい。
ちょうど日の入りの時間帯。
稽古が終わる頃にはどっぷりと夜になる。

暑くなって来たので、体育館の窓を開けて稽古をする。
そのため蚊も入って来やすい。
今年はもうすでに蚊が発生している。

暑くなると蚊も出て来るが、得体の知れない者も出て来る。
夏と言えばお化け屋敷が繁盛する。
最近はあまり見かけなくなったが、昔はテレビでもよく心霊特集などやっていた。

今夜も稽古中に見学していた父兄の間で、ちょっとした騒動があった。
体育館の窓を開けているので、外を人が通ると解る。
ある父兄が、外を歩く白い人影を見たようなのだが、それが途中で見えなくなったらしい。
消えたと言うよりは、窓と窓の間で見えなくなった。

しかし普通であれば、そのまま次の窓で見えるハズ。
それがこつ然と消えたようで、しばし「なんで、今、人通っていたハズ」と、プチパニックになっていた。
私は目撃していないので、何とも言えないが、稽古の時間帯に体育館の外を歩く人はあまりいない。
学校の関係者か、剣道の関係者。
学校は先生も皆、帰った後だし、剣道の関係者なら体育館に入って来る。

しかも、体育館の外側を通って来る人は通常はいない。
そんな事からも「なんで、どこ行ったの?」という話になったようです。
ひとつ考えられるとしたら、体育館に沿って歩いていた人が、途中から体育館を離れる様にグラウンドに向かって歩いて行った。
その場合は、窓と窓の途中からグラウンドに歩いて行けば、体育館の中からはこつ然と消えたように感じる。

しかし、こんな時間帯に、そんな不自然な歩き方をする人がいるのか?
結局謎のまま稽古は終わった。

私自身、霊的な現象は体験した事があるので、霊的存在を信じている方です。
でも、どちらかと言うと鈍感な方なので、人が感じていても気づかない事が多い。
感じる人はビンビン感じるらしいですからね。
私は見えない方が良いので、霊感強く無くて良かったです(笑)

霊的現象の中には、見間違いや思い込みも多いと思う。
そしてイカサマも結構あると思います。
その代表的な物が心霊写真。
昔は雑誌の特集や、テレビの特集で、よく心霊写真が扱われていました。

見るだけで身の毛もよだつような、心霊写真がありましたが、その中には作られたものもあったのではないか。
そう思うのが、最近心霊写真の特集などが無い事。
心霊写真そのものが少なくなっていると思われる。
その大きな要因が、カメラのデジタル化ではないだろうか?
つまりデジカメが心霊写真の割合を減らしている。

今でこそ「ハイチーズ」と撮ってその場で写真は見れる。
しかし昔は、現像して出来上がって来るまで、どんな写真に映っているか解らなかった。
この現像という工程の中で、何かが起きていても、私達は知るよしも無い。
デジカメで撮った写真に、Photoshopで加工をすれば、いくらでも心霊写真は作れる。
その手軽さが、心霊写真を減らしているのかも知れない。
つまりは、心霊写真の多くは作られた物であった可能性が高い。

もちろん本物もあったでしょう。
しかし、明らかにデジカメになってから、減っているようです。
もしかすると霊的な存在は、デジタルが嫌いなのかも知れませんね。
「やっぱアナログの波長じゃないと入り込めないよな〜」って霊同士で話しているのかも(笑)

そろそろ暑くなって来て、夜に涼しさを求めて、人間以外の者もさまよっているのかも知れません。
本物かそうでないのか?
単に怖がるだけでなく、科学的な視点で見れば、怖さと面白さ両方味わえるかも知れません。
でも、自殺の名所など、本当にヤバい場所もあるので、あまり軽はずみな行動はやめましょうね。
実際に霊に取り憑かれると言う事はあると思うので。
敬い恐れながら、それを探求する方が良いかと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
あるある! ありますよ〜そんな体験! 私も何度か経験したことがあります。幽霊って必ずしも白い着物を着て「うらめしや〜!」と出て来るわけではないから、その時は気付かないのです。普通の、生きている人と変わらないから・・・。

もう10年ぐらい前ですが、電車を下りて駅から歩いて帰る途中、近所のおばさんとすれ違った。「どうも、お久しぶりです」と挨拶すると、向こうもニッコリ、頭を下げて行きました。帰宅して母に、「きょう久しぶりに信号のところで、■■さんに会ったよ」と言うと、「何をバカなこと言ってるのよ!」と一蹴されたのです。そこで初めて、ハッと気が付いた。あっ、■■さんは数年前に亡くなったんだっけ・・・と。確かに私も通夜に行っていたのです。だけど道で会った時には彼女が亡くなったことなど、すっかり忘れていた。じゃあ、さっきすれ違ったあの女性は一体、誰なんだ??? 明らかに私のこと知ってるようだった。

こんなパターンが結構あるんですよね。未だに誰だったのか分かりませんし、それ以来、二度と彼女とは出会っていません。成仏したのかな? ちなみに私、こういう話、大好きなんですが苦手な人もいますからねえ・・・。

Posted by 流星 at 2014年05月30日 01:44
流星さんもそんな経験があるのですね。
私も小学1年か2年の頃に、隣のおばあちゃんの生霊を見ました。
入院していたハズなのに、家の前の道路で見たので、母にそれを言うと「今、一番危ない時期だからそんな事はあり得ない」と言われ、翌朝に亡くなった事を知りました。

本当に普通の人なんですよね。
だから日頃から私達は霊と接しているのかも知れませんね。
デジカメで心霊写真が撮れなくなったのは、本当にアナログの波長でないと、霊が映り込まないのかも知れませんね。

この手の話、私も大好きですよ。
怖いとかではなくて、不思議な話や現象が大好きなんです。
幽霊とかだけでなく、小人伝説や巨人伝説、未確認飛行物体、未確認生物。
とにかく私達人間の能力を超えた存在の可能性に、妙にワクワクするんですよね。
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年05月30日 09:12
生霊ですか。これは死霊よりも怖いと聞きますね。何でも本人も知らないうちに生霊になって相手のところに現れたり粘着すると聞いたことがあります。「だから決して人を恨んだり、もちろん恨まれるようなことはするな」と教えられたものでした。

この手の話は、うまく使えば道徳の教材になりそうな、いい話も結構あって一概に「くだらない、バカバカしい」と一蹴する気にもなれないんですよね。亡くなった私の伯母が霊感の強い人で、よく不思議な体験をしたらしい。三途の川を渡りかけたこともあるそうです。病床で生死の境を彷徨っている時、美しいお花畑が現れた。その中を歩いて行くと川があり、向こう岸から亡くなった両親や親戚などが手招きしている。それで川の中を歩き出したら目の前に偉いお坊さんのような人が現れ、「お前はまだ来るのは早い。いま来た道を引き返せ!」と言われた。それで仕方なく引き返したら、息を吹き返したんだとか・・・。

私は子供の頃、伯母や祖母たちからそんな話をよく聴かされて育ちました。今でも「悪いことをしてはいけない」という道徳律は、それらの話が元になっています。逆に言えば自分が何も悪いことさえしていなければ、幽霊やお化けなど別に怖くもありませんからね。しかし、デジカメでは心霊写真は撮れないというのは初めて聞きました。何故なんでしょうね?
Posted by 流星 at 2014年05月31日 13:35
流星さん、幽霊だけでなく、妖怪や神様、あらゆる者が道徳の教材だったのだと思います。
日本昔ばなしには、いろんな妖怪や神様、時に幽霊やお化けなど、悪い事をすればそのような存在に出会ってしまう。
昔からの言い伝えやその地方に伝わる伝説は、道徳のひとつとして語り継がれて来たのでしょうね。
今は人間が、何も恐れる事をしなくなり、恐れ敬う事を忘れてしまったから、おかしな社会になってしまったのかも知れません。

流星さんの伯母さんも三途の川を体験されているのですね。
実は私の母も、一度生死を彷徨った事があり、三途の川を渡りかけたそうです。
やはり亡くなった母の母(私から見ればおばあちゃん)が、向こう岸で手招きしていたそうです。
そこに行こうとした時、娘(私の一番上の姉)が呼ぶ声が聞こえて、振り向いて声のする方へ歩いていったら、目を覚ましたそうです。

やっぱりあるんですね、三途の川。
単なる霊的現象と怖がるのではなく、生きている私達へのメッセージと受け止めたいですね。
悪い事をすれば地獄に堕ちる。
神様は常に私達を見ている。
そうお天道様はお見通しなのです。
その心を常に持つ事が、人として道を外さない事になるのだと思います。

デジカメで心霊写真が撮れないとは言い切れないようですが、明らかに減っているのは確かなようです。
やっぱり霊的存在はデジタルに弱いのかも(笑)
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年05月31日 16:52
プチパニックな張本人です(笑)
いやいやホンマに見たんですよ(´;ω;`)
あの後Nさんのお兄ちゃんの方も見たと言うのが判明しました・・・
私はたった1度ですが見たことがあり・・・
他の人よりは霊感が強い方だと思います。
ケド体は大きいですが人一倍怖がりなんでw
見た人が体育館から離れてグランドに向いて
歩いていったと自分に言い聞かせます(笑)
Posted by ウラノ at 2014年05月31日 17:57
ウラノさん、やっぱり体育館からグランドに逃げて行ったんですよ(笑)
でも、暑くなって来ましたからね。そろそろ出番と思っている霊も多いかも知れませんよ。
実は私達が気づいていないだけで、普通の人間と思っているのが、霊だったって事があっても不思議じゃないですからね。
ほら、今もアナタの後ろに(笑)
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年06月01日 16:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。