2014年05月20日

対岸の火事と見てはいけない

140520.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

いや違うだろ!!
思わずそう言いたくなりました。

韓国のフェリー沈没を受けて、朴大統領が韓国国民に向けて談話を発表。
その中で、フェリー乗客の救助にあたって亡くなった方々の名前を呼んだ。
そして涙を流してみせた。

さらに「全責任は大統領の私にある」としながらも、海洋警察を解体すると言う。
これって明らかに責任の転嫁です。
確かに海洋警察の対応に問題があったのかも知れない。
しかし、海洋警察を解体したところで、その問題は解決しない。
それに今、それをやる時期でもない。

事故発生から一連の流れを見ていると、いかに政府が責任を転嫁しているかよく解ります。
最初は船長や船員を強く批判して、そちらに批判の目を向ける。
続けて海洋警察の対応のまずさを批判。
さらには船舶会社への非難から、実質オーナーである人物への批判。

とにかく悪者を作り上げて、そこに批判を集中させる事で、自分たちの身を守ろうとしている。
これは残念ですが朴大統領だけの問題ではない。
韓国全体、いや韓国だけでなく、北朝鮮や中国も同じだと思います。
何かあれば「日本が悪い」と、批判の矛先を日本に向けて、反日活動を促す。
そうする事で、自分たちへの批判をかわす。

そもそも、一国のリーダーが談話の中で涙を流す事自体がダメです。
リーダーは毅然として、何事にも動じない人物でなければいけません。
涙を流している姿は、まさしく「お涙頂戴」にしか見えない。
いかに「良い人」に見えるかを意識しているようにしか感じない。

今、全力でやらなければ行けない事は、行方不明者の捜索。
助かった方々の心のケアと、犠牲者の遺族の方々への保証。
そして事故の原因究明と対策。
それが全て終わってから、組織の改革や関係者の処分。

全てに対してやる事が逆。
それはすなわち、自分の身を守る事を最優先に考えているから。
結果的に船と乗客を見捨てて、真っ先に逃げた船長と変わり有りません。
これは韓国人のそもそもの気質と言っても良いかもしれない。

もちろん韓国人にも、我が身をなげうって人を助ける人もいる。
今回もそうやって犠牲になってしまった人がいる。
しかし、トップに立つ人間が、自分の身を守る事だけを考えている。
それが今回の事故の最大の原因と言えるでしょうね。

しかし、これは「韓国だから」と言い捨ててしまう事は出来ない。
日本でも似たような事は起こりうるし、トップに立つ人間が保身に走る事は、これまでも沢山見て来た。
政治家でも「我が身思案」で動いていると思われる人も沢山いる。
本来、人の上に立つ者は、相当の覚悟を持って立たなければならない。
今の日本で覚悟を持って人の上に立つ人がどれくらいいるのでしょう。

何か問題が起きても、責任を取らずに逃げ回っている人が多い気がします。
韓国のフェリー沈没事故から、韓国という国の負の部分を垣間みていますが、それはそのまま日本にも当てはまる。
利益優先、効率化優先ばかりで、安全や顧客の事をないがしろにすれば、いずれ日本も韓国のようになります。
日本は素晴らしい国である事は、日本国民として誇りに思う事ですが、改めるべきところは改める。
より良い国として、未来の子供達に受け渡すためにも、私達は学ばなければいけないと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:01 | Comment(8) | 私の思うこと
この記事へのコメント
こんばんは

友人からのメールに驚かされました。
韓国人はほとんどが泳げないのだそうです。
海洋警察でさえ、潜水技術は日本に比べまったくなっていないそうです。
日本では文武両道が理想とされますが、韓国では中学校や高校にプールがほとんどなく、とにかく学歴一辺倒。
すべてにいびつで極端な国なんですね。

でも、おっしゃるように、日本も対岸の火事と思ってはなりませんね。
Posted by 春眠 at 2014年05月21日 19:30
春眠さん、韓国人がほとんど泳げないって話、ネットで見ました。
本当なんですかね?日本ではあり得ない話ですが、何せ韓国ですから。
潜水技術は今回の事故からも解る様に、明らかに日本よりも劣っています。
学歴ばかりが注目され、極端な学歴一辺倒になっているのですね。
今回の事故で、韓国という国がいかにいい加減な国である事を理解した日本国民は多いと思います。
これまでは従軍慰安婦などで、韓国の言う事に耳を傾けていた人も、少しは考えを変えるでしょう。
やっぱりお天道様は見ているのですよ。
私達日本人も、対岸の火事では無く、自分自身の事と思って改めるべきところは改めて行きたいですね。
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年05月21日 23:10
ご無沙汰しております。私はラジオで聴きました。24日の産経新聞にも同様の話が出ていました。カン・ソンさんという韓国人ルポライターが話していたので信用できると思います。韓国ではあまりにも当たり前の話なので大きく扱われず、したがって日本でも報道されないのですが、セウォル号沈没事故で多大な犠牲者を出した背景には、こんな事情があるんだそうです。

多くの高校生が船から出て来ず、そのまま沈んでしまったわけですが、もしあれが日本の高校生なら、あんなことにはなっていないと思いませんか? あれだけ傾いた船内でジッとしているなんてあり得ない。次々と甲板に出て来て多くの生徒たちが海に飛び込み、助かっていたのではないか?と、疑問に感じていました。その理由を説明してくれたのです。

まず、韓国人の8割以上はカナヅチだそうです。なんと、殆どの人が泳げないんだって!!! (@@;;;;;

日本なら小学校から大学まで、殆どの学校にはプールがあり、夏になると必ず水泳をやらされるでしょ。ところが韓国では水泳は必修化されておらず、高校でもプールのある学校は全体の1.5%ほどしかないとか…。そもそも体育という科目自体が少なく、儒教思想の影響もあって韓国は受験戦争社会になってしまっていますよね。

「身体を動かすより机に噛り付いて勉強するほうが偉い!」みたいな風潮があるからスポーツ選手が非常に少ない。だから日本では「水泳選手」として登録されている人が22万人もいるが、韓国は全土で僅か4000人だそうです。そもそも「泳ぐ」習慣がなく、海には行っても甲羅干しはするが、泳ぐ人は稀で、殆どの人は泳げないどころか泳いだ経験もない。日本人なら泳げる、泳げないは別として、プールに入ったことのない人なんて、まずいませんよね? たとえライフジャケットを着て、目の前に救助船がいても殆どの韓国高校生は飛び込めなかっただろう…というのです。怖くて水に入れないんだと…。日本人なら躊躇なく皆、飛び込んじゃいますよね。私でも本能的にそうする。

更に驚いたのは海洋警察も同様で、隊員の6割が泳げないんだとか! そのうち半分がカナヅチで、あとの半分が500m以下しか泳げないのだそうです。だから泳いで救助するなんて不可能。沈没船の周囲をウロウロするだけで何もできなかった役立たずぶりがこれでよく分かりました。ちなみに日本の海上保安庁に泳げない隊員などいるはずもなし。全員5〜9マイルは泳げないといけないとか。1マイルは約1.6kmだから、つまり8〜14kmは最低でも泳がされるってことです。そういえばオリンピックなどでも、韓国選手が水泳で活躍しているのを見た記憶があまりありません。

「視界が20cmしかなく、何も見えなかった」とも言っていましたけど、日本側に言わせれば、「何をヌカすか!」だそうです。そんなの当たり前! そういう状況の中で「海猿」たちは猛訓練を積み、救助活動をしてきたと…。事故発生直後から門司や福岡、佐世保から準備万端、いつでも出向できる状態だったのに、「なんで俺たちに行かせてくれないんだ!」と地団駄踏んで悔しがっていたそうです。おととい海自横須賀基地で潜水士が亡くなる事故が起きました。深さ10mもあるプールなど、テレビ見ただけでゾッとしましたよ。あんな所で厳しい訓練をして下さっている「海の男たち」(最近は女もいるかもしれないが)のお陰で日本の海は護られているんですね。

そういえば去年、高倉健さんが文化勲章を受章した時、「日本人に生まれてよかった」と述べていました。辛坊治郎さんもUS−2に救出されて、「この国の国民でよかった」というようなことをしみじみ語っていましたよね。なぜかあの2人の言葉に感動を覚えたものです。私は「日本人に生まれてよかった」かどうかは、まだ分かりませんが、「韓国人に生まれなくてよかった」ことだけは確かです。駄文長々とスミマセン…。


Posted by 流星 at 2014年05月26日 03:01
流星さん、お久しぶりです。

韓国人のほとんどが泳げないって、やっぱり本当なんですね。
日本ではあり得ないし、信じられない話ですが、韓国なのでそれも有りなのでしょう。
それでも海洋警察でも泳げない人がいるって、それは国家としてあり得ないですよね。
日本で言えば海上保安庁の人間が泳げないって話ですものね。
笑っちゃいけませんが、悪い冗談にしか聞こえない。

数年前の韓流ブームから一転、日本人の韓国に対する印象はどんどん悪くなっています。
でも、それはようやく韓国の本当の姿を、日本人が目にする様になったと言う事。
今回の事故で、さらにそれは強まったでしょう。

「日本人で良かった」「日本に生まれて良かった」そう思う人が増えていると思います。
敗戦後の教育の中で、「日本は戦争をした悪い国」と教えられ、日本を嫌いで育った人も、本当の日本の素晴らしさを知り、そして日本を批判し続けている国の現状を知り、日本人である事に誇りと感謝の気持ちを持ちはじめていると思います。

日本は素晴らしい国です。
しかし、その日本ですら、敗戦後の教育により精神的には荒廃していると感じる。
日本の本当の姿を取り戻すためには、やはり教育から見直さないとダメでしょう。
敗戦後に押し付けられた教育ではなく、日教組が押し進める教育ではなく、本来の日本の教育を取り戻してこそ、再び日本は素晴らしい国になると思います。

そういった意味でも、対岸の火事ではなく、我が身の事と考えて、改めるべきところは改めないといけませんね。
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年05月26日 09:20
ありがとうございます。確かに日々生活していると、不平不満ばかり高くなって「ホントにもう、この国はしようがない!」と言いたくなることが多いのですが、海外と比べると日本ほど素晴らしい国はそうそうないのも事実。問題のない国なんて世界中どこにもありませんからね。

今回の事故、日本は出て行かなくてよかったのでしょう。もし海保が出て行ったとしても大勢救えたとは限らない。そうなれば韓国は「日本が出しゃばってきたので助けられなかった」と大合唱していたのではあるまいか。―――と、発売中のWiLL7月号に室谷克実氏が書いていました。
Posted by 流星 at 2014年05月27日 01:29
流星さん、確かに日々の生活の中では不平不満はありますが、海外に目をやると、日本ほど恵まれた国はありませんね。
水道水が普通に飲める国なんて、そうそうありませんから。

今回の事故、結果的には良かったのかも知れませんね。
韓国は何が何でも日本が悪いで済ませる国です。
どんなに日本が親切心でやっても、後々それを賠償に置き換える。

日韓併合だって「植民地」と騒ぐが、日本のお金で鉄道を引いて橋を造り、学校や様々な施設を建て、教育が充実していった。
それを真逆に「植民地にされた」と騒ぐ。
自ら日本に来て労働をしていたのに、「強制連行労働させられた」と騒ぐ。
あの民族は目先の利益しか見ないのでしょうね。
だから今回のフェリー事故も起きた。

手のひら返しで生き延びてきた民族です。
そう簡単には民族性は変わりません。
今後、窮地に追い込まれた時、再び日本にすがりついて来る可能性大です。
その時、日本が毅然として振り払えるか?
日韓併合の苦い教訓を生かさないといけませんね。
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年05月27日 09:17
先日、書店で偶々、「日本はなぜアジアの国から愛されるのか」(育鵬社、1200円+税、池間哲郎著)という本を見つけ、手に取ってパラパラ捲っているうちに、すっかり嵌まってしまいました。どれも感慨深い内容ですが、こんな話が載っていました。

パラオに「日本パラオ友好の橋」というのがあるそうです。1977年に韓国の建設会社が日本の鹿島建設の半額で入札し、橋を造った。ところが完成直後から中央部が凹み、崩落の危険が高かった。補修、補強が行われたが、基本的な手抜き工事だったのでどうしようもなく、1996年に橋は真っ二つに折れて崩落。首都と空港を繋ぐ唯一の道路で、橋に電気、水道、電話などのライフラインも埋設されていたため、クニオ・ナカムラ大統領は国家非常事態宣言を出すほど、首都機能は麻痺状態になった。

補償を求めようにも韓国企業は既に解散。困り果てた大統領は韓国政府に救いを求めたが、「関係ない」と突き放されてしまう。パラオでは再建築の費用を捻出するのも不可能だった。そこへ手を差し伸べたのが日本。無償援助で鹿島が請け負い、2002年に完成。「日本パラオ友好の橋」と名付けられ、日の丸とパラオの美しい月の国旗が描かれた。パラオの人々は「日本に助けられた。日本に感謝している」と口々に言う。日本人として、こんなに嬉しいことはない!
―と結んでありました。

それにしても韓国ってどうよ? 恥ずかしくないんですかね?

Posted by 流星 at 2014年05月30日 01:13
流星さん、韓国に恥を求めても無理ですよ。
恥じるという文化は、中国や朝鮮には無いんですよ。きっと。
日本人なら恥ずかしくて出来ない事でも、平気でやっちゃう民族性ですからね。
名誉や誇りよりも、目先の利益が最優先なんでしょう。

今回のフェリー事故にしても同じ。
目先の利益優先のために、安全を無視し、ルールを破り結果悲惨な事故になった。
これまでも手抜き工事でデパートが崩壊したり、橋が崩落したり、先日もビルが倒れましたが、きっとこれからも繰り返すのでしょうね。
そんな事が、自分たちの評価を落とし、自らの首を絞めている事にも気づいていない。
何かあれば他人の責任にして逃げる。
残念ながらそうやって生き延びてきた民族なんです。
10年20年で変わる事はないでしょうね。

逆に日本は損をして得を取れという理念。
目先の利益は上がらなくても、長い目で見て得になる。
だからパラオにも無償援助したのでしょうね。

しかし、日本も効率化やコストカットで、本来の日本人の仕事の質よりも低下していると思います。
もう一度、日本のものづくりを見直し、教育も含めて日本を取り戻す必要がある。と私は思っています。
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年05月30日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。