2014年04月09日

あると信じたい

140409.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

ついに小保方さんが出てきました。
会見はニュースでしか見ていないので、会見の事については何も言えません。
ただ、この騒動の中、よく出て来たなぁ〜と言うのが第一印象です。

理研から「一人で捏造した」と全責任を押し付けられたような形になり、異議申立てをしなければ、完全に研究者としては終わる。
そんな事からも異議申立てを行い、記者会見を開いたのでしょう。
2ヶ月前までは華やかなフラッシュを浴びていたのが、今日は一転沈痛なフラッシュでした。

本当にSTAP細胞は存在するのか否か。
これが一番私達が知りたい事です。
STAP細胞そのものが捏造であり、無い物をあるように見せていたのなら、記者会見までして反論をするか?
研究者として、自分の実績を捏造とされては黙ってはいられないでしょうし、大発見をウソとされるのは耐えられないでしょう。

ただ、今日の記者会見で、STAP細胞の信憑性が高まったかと言えば、それも厳しい状況です。
捏造とされた画像に変わる本当の画像や、まだあるとされている研究ノートなど、証拠を示す物の開示が無かった事は、信憑性を欠く要因となってしまいました。
小保方さんが本当にSTAP細胞を作ったのであれば、やはりそれを示す事が出来るだけの資料が必要になります。

このSTAP細胞騒動。
これを騒動で終わらせてしまってはいけないと思います。
世紀の大発見の可能性があるのに、十分な検証もされないまま、「捏造」と決めつけてお蔵入りにしようとしている感が否めない。
本当にあるとするのならば、やはりその再現性をもっと国をあげて行うべきだと思います。

まるで捏造を行った犯罪者のように、小保方氏を扱うマスコミ。
しかし、白黒ハッキリするまでは、可能性を否定してはいけないと思います。
STAP細胞が存在すると自信を持って言う小保方氏。
それならば、第三者を入れて再度、再現実験を繰り返す事が必要です。

仮にSTAP細胞が存在して、その再現方法が確立出来ていない状況だとしたら、再現方法を確立した者勝ちとなります。
小保方氏を中心に、日本で確立出来れば良いですが、他国に先を越されたら終りです。
きっと世界は混乱する日本を見ながら、虎視眈々とチャンスを伺っていると思います。

自分たちの身を守ろうとする理研に、これ以上STAP細胞の存在実験は出来ないでしょう。
最初から無い物として実験する事は目に見えています。
それよりも小保方氏を入れて、新しいチームで再度徹底して再現実験をする事が大事だと思います。
そして何よりも、その事に小保方氏はチカラを入れるべきだと思います。

一度こじれてしまった理研との関係のもと、同じ場所で同じ研究を続ける事は出来ないと思います。
異議申立てをした上で、新たな環境でもう一度STAP細胞を実現して欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:01 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。