2014年03月26日

呆れた首脳会談

140326.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

もう呆れるしかないな。
何で隣国の大統領と会談するのに、わざわざアメリカが間に入らないと出来ないのだ。
日本側はいつでも会談OKなのに対し、次から次へとハードルを上げて、会談出来なくしたのは韓国自身である。
世界中で日本の悪口を言って回って、結果自らの首を絞めている。

ここまで来ると安倍総理と会談する事が、自らの敗北を認める事になる。
何としても、日本に従軍慰安婦や強制労働の謝罪をさせ、賠償を勝ち取りたい。
それしか韓国政府の頭の中にはないのでしょうね。

もう70年も前の話を、今更テーブルに持ち出して来て、「誤れ賠償しろ」という人と、まともに会話なんて出来ません。
個人レベルで考えたら、自分が生まれる前の、おじいちゃんの時代の話を持ち出して来て、「謝罪しろ賠償しろ」と言っているようなもの。
もちろんそう言っている人間も、生まれる前の話。
そんな人間とは、まともに友好関係を持ちたいとは思わない。
誰だってそうでしょう。

それを国レベルでやっているのが、今の韓国。
日本を徹底的に悪者にして、日本に謝罪をさせ、賠償金を得る事しか考えていない。
何とかオバマ大統領の顔を立てて、日米韓の首脳会談をやったものの、とても会談とは言えないお粗末な内容。
まるで子供のケンカの仲裁みたいな雰囲気です。
まぁ子供なのは韓国の対応で、日本政府は常に大人の対応をしているのですが。

一国のリーダーである者同士の会談で、ここまで無礼な対応を見せる国。
そうしないと自分の威厳が保てないというのが現状なのでしょう。
つまりは韓国の未来よりも、今の自分の立場を護るために、日本に厳しい姿勢を見せる。
それが筋の通っている話ならまだ日本側も対応策を練る事が出来る。
しかし、本当に子供のワガママみたいな外交に付き合っていられません。

正直、中国・韓国との首脳会談は、無理してやらなくても良いでしょう。
日本側はいつでも対話の扉は開いていると言い続けています。
それに条件をつけて来て、対話出来なくしているのは、中国であり韓国なのです。
つまりは自分たちに都合の良い条件をのんでくれたら話してやると言っているのです。
そんな礼節の無い国と、無理して話す必要なんかありません。

アメリカも日本にばかり注文つけないで、中国・韓国にももっと厳しくしてほしいものですね。
敗戦後日本が何でもアメリカの言いなりになって来たから、こんな結果になっているので、日本にも問題はありますが。
そしてアメリカ自体も、中国や韓国のロビー活動で、随分中から浸食されている感もあります。

日本はそろそろアメリカから独立しないといけません。
いつまでも敗戦後の日本を引きずっていては、真の独立国家とは言えない。
アメリカであろうが中国であろうが、ロシアだろうが、対等に物を言い、対等の立場を保てる国にならないといけません。
敗戦後の日本は、ものを言わず、ただただ相手の事だけを聞いて来た。
だから周辺国は日本を舐めきっている。

もうそろそろ終りにしましょうよ。
ここまで舐められた態度を見せられて、黙っている国ではいけません。
これからはどの国に対しても、対等にものを言える国にならないといけない。
そんな時期に今日本は立たされている。

日本の常識は世界の非常識。
話せば解ると思うのは日本人同士だけ。
世界は日本が思う程、友愛ではない。
世界は腹黒いのだと、意識して世界と対話する事が大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。