2014年03月15日

熱く語った飲み会

140315.jpg

今日は、先週行われた公民館まつりの、反省会と言う名の飲み会でした(笑)
実はお昼ご飯を食べるタイミングを逃してしまい、空きっ腹の状態でビールを呑んだ(^^;)
いや〜空きっ腹に染み渡る〜(>▽<)
めっちゃ胃に悪い飲み方ですね。
でも、その後、たんまり食べてから呑みました。

お酒が入ると、みんなホンネで話し始めます。
最初はお互いの事や、仕事の事など、一般的な世間話程度の会話でした。
しかし、後半になって来ると、公民館まつりの事や、生涯学習推進員の事について、いろいろとホンネが出て来ます。

この生涯学習推進員は、各自治会から一人選出されて出て来ます。
任期は2年。今年1年同じメンバーで動いたので、来年の3月でこのメンバーは任期を迎える。
引き続き推進員を続ける人もいるが、大半は次の人と交代します。
私もいつまでも続けてはいられないので、来年には次の人に引き継ぎたいと思います。

来年の3月でゴロっと人が入れ替わる可能性が高い。
そうなると、また公民館まつりの進め方が、解らないまま始める事になる。
私も当初入った時は、全く解らない状況で、何をして良いのか解らず、右往左往していました。
そうならないように、ちゃんとした手順書を作らなければなりません。
来年引き継ぐまでに、それをやっておきたいと思います。

いろいろとホンネで話し始めると、私も日頃から思っている事を、どんどんと話しました。
公民館まつりの事、そしてそれを伝える術の事。
今はモノクロの輪転機で印刷した紙一枚で、公民館の催しなどを校区の人々に伝えています。
ハッキリ言って写真は何が写っているのか、解らないようなレベルの物。
これでは意味が無い。
もっと綺麗に印刷出来る方法があると思う。

しかし、これまでやって来た方法であり、予算的な事もあるのでしょう。
なかなか前向きに捉えてくれません。
そしてネットを使った広報についても、理屈は解って頂いているようですが、なかなか前向きになれない。
ネットに関しては、年配の方であればある程、悪いイメージを持っているようです。
「ネットは怖い」とか「ネットで世界中に配信される」とか、マイナスイメージしか持っていない。

そして最後に出て来るのが「個人情報」の問題。
私はこの個人情報に関しては、あまりにも過敏になり過ぎていると感じる。
写真一つにしても「個人情報だから出せない」とか、「本人の了解が必要」とか、とにかく予防線を張りたがる。
特に役所がらみの事に関しては、その傾向が強過ぎる。

公民館に関しても同じです。
とかく出来ない理由がある。
しかし、それを打破して行かなくては、今後の活動にも支障が出て来ると思います。
「昔からの決まりだから」「昔からこうやっているから」という、その流れでずっと続けている。
でも、その間に人はどんどん代わり、世代も代わり価値観も変わって来る。
そして昔ながらのやり方では、どうにもならなくなって来ている。

残すべきものは残し、変えるところは変えて行く。
そうしなければ何も残らなくなると私は思う。
そんな話を酒を呑みながら、熱く語ってしまいました。
イカン、昔の語り癖が・・・・(笑)
でも、変えるところは変えて行きたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。