2014年03月11日

一日も早い復興を

140311.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

3年の月日が流れました。
まだ3年なんですね。
なんだかとっても昔の事のように感じます。

未曾有の大震災から3年。
徐々に復興しているとは言え、まだまだ震災の傷跡が残っているのが現状。
そして福島第一原発に関しては、未だに何も終わっていない。
3年経った今も、大震災の時のままです。

3年間のあの日。
私は家で仕事をしていた。
そしてふと感じた異変。
妙に身体が揺れている感じがした。

しかしそれが地震とは全く気づかなかった。
まるで大きな船に乗って、揺られているような感じ。
何かフワフワと浮いているような感覚だったのを覚えています。
最初は自分の身体に異変が起きたのかと思いました。
ふらついているのかと思い、しゃがんだりしていました。
その内、おさまったので、気にせず仕事を再開した。

地震だと知ったのは、その直後の嫁さんからのメール。
慌ててネットニュースを見る。
そこで初めて大地震が起きていた事を知った。

その後は、テレビで津波が起きているのを見て、しばらく現実の事と受け止められずにいた。
そして「日本はどうなるのだろう?」という大きな不安に襲われたのを覚えている。
毎日続く震災のニュース。
テレビ番組は全て震災の内容に変わった。

日本中が大きな不安の渦に巻き込まれていった瞬間だった。
しかし、それを救ったのは、被災地の人々だったと私は思う。
とてつもない大きな被害に、誰しもが不安になり、未来を見失っていた。
でも、そんな中、必死に生きる被災地の人々の姿。
そしてそれを支えようと、支援する自衛隊員や消防・警察の姿。

東日本大震災から日本を救ったのは、被災地で必死に生きる人々の姿だった。
そこから大きな絆が生まれていったと思う。
まだ3年。被災地はまだまだ大きな傷跡を残している。
そして被災地の方々も、心に大きな傷を抱えて日々暮らしています。

1日も早い復興を。
そして被災地の方々が、心の底から笑える日が来る事を。
心から願っています。
まだ行方不明の方もおられます。
1日も早い発見をお祈り致します。
最後になりましたが、東日本大震災で犠牲になられた方々の、ご冥福を心よりお祈りいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。