2014年03月03日

ランドセルが泣いている

140303.jpg

今日からようやく一人っきりで仕事出来ると思っていたよ。
長女もようやく今日から学校へ行けると思っていたよ。
朝、私が起きた時には、すでに制服に着替え、前夜からランドセルと帽子を玄関に準備して、後は受診して治癒証明をもらうだけ。

でも、今日は次女の託児所の発表会もあり、どちらも行くのは無理。
そこで、次女を託児所に送って、今度は長女を病院に送る。
病院で嫁さんと待ち合わせして、私は再び次女の託児所へ。
発表会が終わる頃に、長女の受診も終わるので、長女を迎えに行って、そのまま学校へ送り届ける。

ハズでした。

次女の託児所から病院へ向かう途中で、嫁さんから電話がありました。
長女の受診が終わったらしく、その結果を伝えて来た。
一言

ダメだった・・・・。
その言葉の後ろで長女がわんわん泣いているのが聞こえる。
どうやらまだ完治していなかったらしい。
まだ学校へは行けません(--;)
私も泣きたい気分だった。

朝からしっかり準備して、学校へ行く気満々だった長女。
よほど泣き明かしたのでしょう。
制服は、涙で濡れていました。
そして駐車場まで歩く道中も、首がうなだれ足取りは重く、見ていてこっちが苦しくなる程でした。

また1週間後に受診する事になりました。
また1週間、長女と一緒の生活です。
いったいいつまで続くのこの生活。

でも、確かに次女の時と比べて、長女の場合は症状がキツかった。
目やにの量も多かったし、次女は片目だったのに、長女は両目をやられた。
次女は最初の1週間だけ症状があって、後半は全く症状は見えなかった。
しかし、長女はつい数日前まで「目が痛い」と訴えていました。

さすがに1週間後には完治していると思います。
あと1週間辛抱するしかありません。
私も辛抱ですが、何より一番辛いのは長女です。
可哀想ですが致し方有りません。

これで3週間学校を休む事になります。
こんなに長期に休んで、勉強大丈夫かな?と心配になります。
毎日、同級生が宿題を届けてくれて、毎日それをやってはいます。
それでも授業を受けれないのは、やっぱり心配ですね。

来週復帰したとしても、すぐに卒業式が来て、3学期は終わります。
長女にとって、3学期は三分の一は休みになってしまうんですよね。
学校大好きだけに、本当に可哀想です。
来週こそは学校へ行けますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:18 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。