2014年02月23日

小さな春を見つける冬の散歩道

140223-1.jpg

140223-2.jpg

140223-3.jpg

今日は穏やかに晴れ渡った日曜日でした。
いつもなら午前中は剣道の稽古ですが、長女が流行性角結膜炎のため、稽古は休み。
しかし、今日は稽古させて頂いている大学の道場が、工事関係のため、稽古自体が休みになったようです。

朝からのんびりモードの我が家でしたが、私は自治会の新旧役員の親睦会のため、10時頃には家を出ました。
お酒も入るので、会場まで歩いて行きました。
まだ空気は冷たいけど、青空が晴れ渡って清々しい陽気でした。

お昼の1時半には親睦会も終り、ビールでちょっぴりほろ酔いで帰って来ました。
家の中が暖かく感じたのと、日頃の疲れからか、ちょっと横になるとすっかり寝入ってしまった。
小一時間ほど爆睡して目が覚めた。
もうそろそろ陽が傾き始める頃合い。

子供達はどこにも出かけず、一日いっぱい家の中で遊んでいました。
特に長女は流行性角結膜炎のため、外に出る事が出来ません。
外に出れないと言うよりも、人と接触する事が出来ない。
ストレスもだいぶ溜まっているようでした。

そこで、誰とも接触しない事を条件に、散歩に連れていく事にしました。
次女も体力持て余している様子だったので、二人を連れてカメラを持って散歩へ。
陽も傾き始めていて、風も昼間よりも冷たく感じる中、二人の手を引いて田んぼの広がる所へと散歩に行きました。

田んぼのあぜ道を歩いていると、小さな青い花が目に止まりました。
オオイヌフグリの花です。
春に咲く小さな小さな花。
その花がもう咲き始めていました。

この花が咲くと春が近づいている事を実感出来ます。
やがて菜の花が咲き、ツクシが芽を出し、桜が咲く。
いよいよ待ちに待った春が近づいて来ています。

子供達は小さな花を見つけては、喜んでいました。
特に次女は「お母さんに見せるの」と、小さな花を必死に摘んでいました。
ところが、途中から二人でかけっこの競争を始め、気がつくと花はどこへやら(笑)

途中梅の花が咲き始めているのを見つけました。
例年であれば、この時期には、梅が満開になっている。
しかし、今年はやはり寒さが厳しいのでしょうね。
梅の花も、まだひとつふたつ咲いているだけで、ほとんどが蕾がやや膨らんでいる状態でした。
きっとあと1週間もすれば、花が咲き始める事でしょう。

小一時間ほどかけて、寒い中を散歩して来ましたが、小さな春を見つける事ができて良かったです。
まだまだ寒い日がありますが、これから三寒四温を繰り返して、春に向かって行きます。
子供達もリフレッシュになり、私自身もリフレッシュ出来ました。
さぁ明日から、また仕事を頑張るぞ!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。