2014年02月21日

感動をありがとう

140221.jpg

【写真産経ウェブニュースから】

私はLIVEでは見れなかった。
しかし、VTRででも、その感動は伝わった。
真央ちゃん、感動をありがとう。

前日のショートプログラムで、らしからぬミスの連発で、メダルは届かない存在となりました。
普通の精神なら、完全に心が折れている。
その中で、フリーで素晴らしい演技をして見せるところが、一流の中の一流なんだと思いました。
我々が想像出来ないくらい、深く深く悩み傷つき、絶望の淵に立たされていたと思います。
真央ちゃん自身も、本当に様々な葛藤の中、苦しんで苦しんで、それでも最後は腹を決めて臨んだのでしょう。
だからこそ、最高の演技が出来、その結果に思わず涙が込み上げて来た。
そして達成感から素敵な笑顔になった。

日本中の誰もが、いや世界中が、真央ちゃんの演技に感動を覚えた事でしょう。
本当に本当に素晴らしい感動をありがとうと言いたいです。
どうしてもメダルにこだわってしまいそうになりますが、メダル以上の物を真央ちゃんは見せてくれました。
私は女子フィギュア界の歴史に残る演技だったと思います。
きっと後世に語り継がれるのだと思います。
真央ちゃんはメダルは取れなくても、世界に素晴らしい財産を残してくれたのだと思います。

その事は、日本国民だけでなく、海外からも絶賛の声が上がっている事。
何よりも、同じフィギィアの選手や関係者から、大絶賛の声が上がっている事からも解ります。
プロならではの目線で見て、我々素人以上に、その苦悩と偉業が解るから、なおの事大絶賛になったのだと思います。
メダルの色では無い。その事を実践して見せてくれた真央ちゃん。
本当にありがとう。

メダルは金がロシアのソトニコワ選手。
銀が韓国のキムヨナ選手。
銅がイタリアのコストナー選手となりました。

しかし、この結果に韓国では「採点がおかしい」と声が上がっているそうです。
ソトニコワ選手の得点がキムヨナ選手よりも、上なのが気に入らないのでしょう。
せっかくのオリンピックに水を差すこの行為。
本当のこの国の方々は、どうしてそういう事を言うのでしょうね。

せっかくの真央ちゃん感動話に、嫌な話はしたくありませんが、どうにも我慢出来ません。
そもそも、キムヨナ選手自体が得点に疑惑の目を向けられている。
それはバングーバーオリンピックのときで、すでにそうでした。
どんなに真央ちゃんが難易度の高いジャンプを成功させても、無難なジャンプで演技をするキムヨナ選手の方が高得点を出す。
ネットではその検証サイトすらあるくらい、キムヨナ選手の得点には疑惑の目が向けられている。

それを棚に上げておいて、今度は他の選手を攻撃する。
2年前の夏のオリンピックの時もそうでした。
韓国がらみの競技には、何かとおかしな判決があったり、おかしな出来事があったり。
慰安婦問題にも同じ事が言えますが、事実を見ないで、自分たちの都合の良い様に物事を持って行こうとする。
正直、日本人には理解しがたい事です。

銀メダルを取っても納得しない韓国。
メダルを取れなくても、演技の中身に感動する日本。
この差は一体何なんでしょう?
やはり民族性なのでしょうか。

話がおもしろく無い方向へと向いてしまいました。
オリンピックでは勝つために手段を選ばない人が居る中で、私達にメダル以上の物を見せてくれた真央ちゃん。
改めて、本当に素晴らしい感動をありがとう。
最後はエキシビションで楽しんで滑って下さい。
私達も最高の笑顔で楽しんで滑る真央ちゃんを楽しみにしています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。