2014年02月18日

流行に敏感な娘達

140218.jpg

次女が流行性角結膜炎になって、ようやく2週間になる。
明後日に受診してOKであれば、託児所復帰である。

ところが・・・・。
昨日から今度は長女が「目が痛い」と言い出した。
今朝様子を見ると、目やにが出て、目が潤んでいる。
これは・・・・。

今日は嫁さんが夜勤明けなので、病院で受診の手続きをしてもらい、病院まで連れて行って嫁さんとバトンタッチ。
私は次女と家に戻って連絡を待ちました。
受診の結果、やはり移ってしまったようです。
今度は長女が流行性角結膜炎になってしまいました(T_T)

ようやく次女から開放されると思ったら、今度は長女の子守りです。
次女と違って、ずっと側に居なくてはならない事も無いので、まだマシだとは思いますが。
それでも、ようやく一人で仕事に集中出来ると思っていたのに・・・・はぁ・・・(--;)

長女も学校へ行けないと解って大泣きでした。
特に今日は、新一年生を迎える行事があって、とても楽しみにしていたようでした。
受診のため学校を休まなければならない事を知ると、大粒の涙。
そしてそれでも、受診して問題無ければ学校へ行くつもりで、制服にランドセルと、学校へ行く準備をして病院に向かいました。

受診の時も、流行性角結膜炎にかかっている事を言われたとき、床を濡らす程涙を流したそうです。
よほど学校へ行けない事が悲しかったのでしょうね。
でも、それは私も同じ。
今度は2週間、長女とベッタリだと思うと、どっと疲れが出て来ました。

仕事も詰まっていて、少しでも時間が欲しいところに、この続けての流行性角結膜炎。
いやはや、本当に参りました。
ただ、子供達はいたって元気ですので、それだけは救いですね。
外に出る事が出来ないので、ずっと家の中でDVDを見ています。

私に時間があれば、一緒に何か作ったりして、遊んであげるのですが、とてもそんな時間はありません。
猫の手も借りたい忙しさの時に、立て続けの流行性角結膜炎。
今まで一人で仕事に集中出来ていた事が、どれだけ有り難い事なのか実感しました。
いつもは、当たり前のように、学校へ託児所へ通う子供達。
それがどれだけ有り難い事なのか。
私もそして子供達も身にしみて解る良き機会だと思って、この時期を過ごしたいと思います。

まずは次女が無事に託児所復帰出来る事を願います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
おつかれさまです、、大変ですね。
ウチも雪からみで四日間子どもが家にいましたが
その比ではありませんね。
病気だから仕方がないとはいえ、続いてしまうと、、こちらの身にもなってくれよ、と。
病人には言えませんが。

お二人の早い回復を願います。
Posted by えかきさる at 2014年02月19日 10:16
えかきさるさん、関東の方はコチラ以上に雪がスゴかったですね。
さすがに2週間もベッタリだと、本当に参ります(T_T)
長女は次女ほど手はかからないので、まだマシだと思うけど。
流行に敏感なのも困ったもんです(-.-;)
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年02月19日 12:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。