2014年02月07日

偽りの音楽家

140207.jpg

いよいよソチオリンピックが始まります。
日本選手には、浅田真央選手を始め、男子フィギュアや女子ジャンプなど、数々のメダル候補者が居て、本当に活躍が楽しみです。
結果はともあれ、選手団の皆さんには、ベストコンディションで精一杯頑張って、そして目一杯楽しんで欲しいと思います。

しかし、そんなオリンピックに水を差すような出来事が起きています。
男子フィギュアの高橋選手が、プログラムに使用している曲の作曲者。
佐村河内 守氏のウソが取りざたされています。

私は佐村河内 守氏の存在は知りませんでした。
「現代のベートーベン」と言われている事も。
耳が聞こえない中で作曲をしている事も。
知らなかったから、今回の事も、最初は何の事だか分からなかった。

耳が聞こえない作曲者として注目を集めていた佐村河内氏だが、実は自身で作曲はしていなかった。
ゴーストライターとして曲を作っていた、新垣氏の会見でその全てが語られました。
18年間、佐村河内氏の影の作曲者として、曲を提供し続けていた。
それだけなら、まだ「残念」という気持ちで済んだでしょう。
新垣氏も自ら名乗り出る事は無かったでしょう。

今回新垣氏が自ら名乗り出たのは、これ以上世間を騙してはいけないという、どうにもやりきれない気持ちがあったのだと思います。
「佐村河内氏の耳は聞こえている」
そんな衝撃の言葉が、新垣氏の口から出て来たのです。
もし、これが本当なら、作曲以前の問題です。
障害者のフリをして偽っていたのです。

もちろん障害者としての待遇を受けていた。
そして何よりも「耳が聞こえない」という看板を掲げて音楽活動をしていた事になる。
ウソの看板を掲げ、それを謳い文句として注目を集めていた。

本当に佐村河内氏の耳が聞こえているのか?これはまだ分かりません。
しかし、新垣氏の発言からすれば、ほぼ間違いないと思われる。
これが本当なら、まさしくこれは詐欺行為になる。
だからこそ、新垣氏はもういたたまれなくなったのでしょう。

自身の作曲した曲が、「耳の聞こえない作曲家」というウソの看板で注目を集める。
そしてそれがオリンピック選手の曲目にまで使われる。
本当にいたたまれなくなったのだと思います。

まだ、佐村河内氏が耳が聞こえているか。それは判断が難しいところです。
しかし、可能性としてはとても高い。
まだ良心のかけらが残っているのなら、ちゃんと正直に話してほしいものです。

今回の件では、「騙された」と思っている人が、とても多いと思います。
CDを買った人や、佐村河内氏を応援していた人は、本当にショックでしょう。
そして高橋選手にも影響を与えていると思います。
しかし、これを逆手に取って、しっかりと演技してほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | 音楽/映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。