2014年01月29日

日本の進べき道

140129.jpg

ようやく日本がまともな国に向かおうとしている。
日本政府は教科書に、竹島や尖閣諸島を我が国の領土として、明確に表記する方向性を示しました。
これまで竹島に関しては、日本と韓国が共に領有権を争っているような表記。
まるでどこの国の領土なのか分からないような表記でした。
尖閣諸島に至っては、その存在すら表記されておりませんでした。

今回、竹島は韓国に不当に占拠されている事を明記し、尖閣諸島も領土問題等無い事を明記する。
これまでの日本政府とは違い、毅然とした態度で自国の領土を示す方向性です。
これには早速、中国・韓国が反発しています。
まぁ反発するのは最初から分かっている事ですが。

これまで竹島に関しても、尖閣諸島に関しても、まるで触れてはならない事のように、フタをして来た日本政府。
韓国に気を使い、中国に気を使い、散々配慮して来た結果が今の状態です。
今回もマスコミは、「日中・日韓のさらなる関係悪化」と、不安を煽っています。
そもそも、自分たちの思い通りにならなければ、全てを日本のせいにして言いがかりをつけてきた国です。
それに対して、日本も弱腰で相手の言いなりになって来たから、今の結果になっている。
中国・韓国・北朝鮮、この三国に対しては、日本は引いてはダメです。
引けば相手はさらに踏み込んで来る。

日本との関係が悪くなって困るのは、実はこの三国。
日本は何も中国・韓国・北朝鮮と関係が悪くなっても、さほど影響はありません。
日本の子供達に教える教科書の中身を、どうして中国や韓国に気を使わなくてはならないのでしょう?
自分たちは散々、反日教育をしておきながら、日本が正しい事を子供達に教える事に噛み付いてくる。
まさしく「自分の事は棚に上げておいて・・・」ですね。

私は常々、日本の敗戦後の教育を見直さなくてはならないと、この場でつぶやいています。
この領土問題に関してもそれは同じです。
竹島が尖閣諸島が、日本の固有の領土である事を、しっかりと子供達に教えて行かなくてはいけません。
そして、何故竹島が不法に占拠されてしまったのか?
何故、中国が尖閣諸島を狙っているのか?
ちゃんと子供達に教えなくてはなりません。

そして日本の敗戦後の教育を一から見直し、もう一度、日本国としての教育を考える時期に来ています。
それは憲法についても同じ。
敗戦後、アメリカによって作られた日本国憲法を、まるで絶対服従のように守り通して来た日本。
私達の国は、私達日本人の手で作っていかなくてはなりません。
戦勝国によって作られた憲法を守る事。
戦勝国によって押し付けられた教育を受け入れる事。
それは、やがて国を滅亡へと突き進めます。

これまで、領土問題や憲法改正などは、まるでタブー視するような傾向にありました。
日本はアメリカから押し付けられた憲法の元、アメリカによって書き換えられた教育をして来ました。
そして中国・韓国に気を使い続けて来ました。
その結果が今なのです。

ようやく日本も「自国は自国で護る」という意識が出て来ました。
憲法改正や領土問題など、議論する意識が出て来ました。
まともな国として、日本を導いて行くのは、私達国民一人一人の意識です。
しっかりと考えて行きたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(2) | 私の思うこと
この記事へのコメント
おはようございます

民主党から第二次安倍内閣になって、リーダーが変わるとこうもいろいろ変わるものかと、選挙でだれを選ぶのか、その重要性を重く感じています。
安倍さんは、頑張っておられますよね。
下村文科相、菅官房長官も国益をきちんと考えてくれて頼もしいですね。
竹島、尖閣の日本の領土明記、本当に明るいニュースでした。

中国韓国が日本の右傾化などと非難していますが、両国とも立派な軍隊があり、中国の軍拡は凄まじく、韓国には徴兵制がある。
こんな国こそ、超右傾国家ではないですか!
国益のために頑張ってくれている政治家は一生懸命応援しましょうね。
Posted by 春眠 at 2014年01月31日 07:40
春眠さん、おはようございます。

いや〜ホントにリーダーが変わるだけで、政権が変わるだけで、こんなにも違うんですね。
安倍さん、菅さん、下村さんなど、国益をちゃんと考えてくれる内閣で、本当に嬉しいです。
中国・韓国がいくら文句を言って来ようとも、言えば言うだけ日本国民の目が覚める事に繋がります。
それを中国も韓国も分かっていない。
もうこれまでのように、中国・韓国が騒げばマスコミが騒ぎ、政治家が追いつめられる事はありません。
ますます日本がまともな国になるように、国益を守る政治家を応援して行きましょう。
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年01月31日 09:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。