2014年01月24日

東京都知事選挙始まる

140124.jpg

いよいよ東京都知事選が始まりましたね。
総勢16名もの候補者がいるようですが、中には「誰??」という人も居ます。
自営業とか会社社長とか、全く無名の人が立候補しています。
知名度で選ぶ選挙では無いのですが、全く誰か分からない人ってのも、また選び難いですよね。

実質は5名程の候補者の戦いになるのだと思います。
テレビではもう「舛添vs細川」みたいに流れを作ろうとしている感があります。
「原発か反原発か」みたいな流れにもって行きたいようですね。
でも、有権者はそんな流れには乗せられないと思います。

小泉元総理の登場で、一気に注目を集めた細川元総理ですが、残念ながら思惑通りには行っていない感じです。
だって猪瀬前都知事が辞職した原因の金銭問題で、細川元総理も辞めているのですから。
しかも猪瀬氏の倍の金額で。
そんな負の遺産を抱えながら、いくら「反原発」って言っても、なかなか有権者には響きません。

今回の都知事選は、注目が高い割りに、立候補者の顔ぶれが今ひとつです。
注目を集めた細川氏ですが、残念ながらもう過去の人。
反原発だけ訴えても、他の政策が見えて来ない。

舛添氏も勢い良く見えますが、自民党側から見れば野党に転落した時に裏切った人です。
そのため、自民党内にも舛添氏を応援するのに批判的な人が多い。
「都合悪くなったら逃げる」そんなイメージがある。

宇都宮氏も反原発と人権を訴えているけど、政治家としての器は未知数です。
そもそも「人権弁護士」と言っている時点で、もの凄く偏っている人のように感じます。
社民党・共産党が応援している事からも、完全に左寄りの人です。

全く真逆の人が、元自衛隊航空幕僚長の田母神氏。
この人も政治家としての器は未知数。
自衛隊の組織力を活かして、万一の災害に備えると訴えています。
しかし、それ以外の政策に関しては未知数。

毎回、東京都知事選になると出て来るのが、ドクター中松氏。
有名な発明家ですが、政治家としてははたしてどうなのか?
政治って実はとっても地味な仕事だと思います。
この人が都知事になったら、ハチャメチャにやりそうな気がします。

誰を見ても今ひとつパッとしないのが、今回の都知事選。
本命は舛添氏でしょうか?その対抗馬が細川氏。
台風の目となりそうなのは、田母神氏。
無党派層が多いと言われる東京。
政党の応援を受けたからと言って、勝てるとは言えません。

私は東京都民では無いので、「どうなるのだろう?」と見守る事しか出来ません。
東京都民の皆様、しっかり吟味して、ふさわしいと思う人に投票して下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。