2014年01月19日

みんなで町づくり

140119.jpg

今日は自治会の話し合いで、夜は出かけていました。
自治会の次年度の副会長を選出するためです。
会長と会計は再任が決定しましたが、副会長は選出が必要となりました。

二人の副会長のうち、一人は内定しましたが、もう一人が決まっていない。
役員の選出には、町内会の班を順番に回っていく事になっているのですが、その事がまだ十分に認知されていないようです。
かくいう私も自治会の役員になっているから、その事を解っているようなもの。
役員になるまでは、自治会運営にはとんと無関心でした。

今回、副会長を選出する班の方々に集まって頂いて、皆さんの意見を聞き、最終的にくじ引きで副会長を決定しました。
本来であれば、立候補並びに推薦が望ましい。
しかし、私も含め、共働きの子育て世代が多い自治会。
なかなか自ら苦労を買って出ようと言う人は少ない。

それでも、何とか副会長を選出する事が出来ました。
くじ引きで決まった方は、私が学童の会長をしていた時に、共に学童の保護者で居た方。
私もよく知っている方なので、フォローしながら運営をして行きたいと思います。

今回の件で、自治会の問題点も見えて来ました。
やはり自治会を運営する側と一般会員の温度差が大きい。
役員会で決まった事や、話題になった事が、一般会員まで十分に伝わっていない。
今後の課題として、この温度差をなくしていく対策を考えないといけません。

私もそうでしたが、自治会の役員と言うのは、町の長老達がやるものというイメージを持っていました。
しかし、私の住む町は新しい町で、昔からの人も居ますが、大半は最近入居して来た人。
ですから自治会の役員も、町の長老達ではありません。
そもそも町の長老というイメージの人も居ない。

とにかく新しい町で、まだまだ新しい人が増える町。
だからこそ、新しい人をどんどん自治会の役員に入れて、新しい事をやっていける気がします。
今後、この役員会と一般役員の温度差をなくし、町全体で自治会を盛り上げていく事が出来るようになれたらと思います。
そのために何をすれば良いのか?
今は全く解りません。
でも、私も町内会の一人であり、役員の一人です。
何か出来る事を考えて、いろいろ模索して行けたらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。