2014年01月12日

飛行機vsフェリー

140112.jpg

奄美から帰って来て、早1週間が経ちました。
気持ち的には戻っているのですが、やはり身体がまだ戻っていません。
気温の変化ってのは、本当に大きいですね。
しばらくは寒さに震える日が続きそうです。

また、タイミング良くと言うのか悪くと言うのか、私達が戻って来た頃に寒波がやって来た。
それまで気温16〜20度くらいのところから、一気に0〜8度の所に戻って来たのですから、身体がついて行かないのも無理はありません。

今回、フェリーで往復した帰省。
私はフェリーで奄美に帰るのは、社会人になってからは初めてでした。
学生の頃にフェリーで奄美〜大阪間を2回程経験しただけです。
そして子供達は初めての経験。

息子は小学1年生の時に、フェリーで北海道に行っていますが、奄美へは初めて。
長女も生まれですぐの頃に、北海道にフェリーで行っていますが、もちろん記憶にありません。
子供達にとっては初めてのフェリーでの奄美帰省でした。

今回フェリーで帰ったのは、やはり金銭的な問題でした。
飛行機で家族全員が帰ろうと思うと、とんでもない金額になるのです。
息子は中学生なので、大人と同じ料金。
そして長女と次女は子供料金ですが、二人で大人一人と同じ金額です。
つまり、大人4人の計算になる。

年末年始はどうしても飛行機料金が高い。
夏場なら、お盆の時期を少しずらすだけで、若干飛行機料金が安くなります。
しかし年末年始のお正月はずらす事が出来ない。
家族全員分の飛行機料金だけで、30万以上かかってしまう。

そこでフェリーを思いつき、調べたらちょうど良いタイミングで船が出ていた。
金額的にも私が大人料金、息子が学割で少し安くなる。
長女が子供料金で、大人の半額。
さらに次女は未就学児と言う事で料金は発生しない。
計算すると、往復で7万弱で行ける。

嫁さんのみ飛行機で移動すると、飛行機代とフェリー代を足しても、約15万で行ける。
家族全員で飛行機を利用した場合のちょうど半分です。この差は大きい。
時間はかかってしまいますが、やはりお金には換えられません(^^;)
まぁ、お正月に帰省するなんて、そうそう無いので、今回のような帰省もきっと最初で最後でしょう。

子供達にとっても、きっと想い出として残る事だと思います。
日頃は「時間が無い〜」って叫んでいますが、フェリーの中でたっぷり時間があっても何も出来ないのも、また困ったものでした。
お陰でたっぷりと寝る事は出来ましたけど(笑)

今度船旅をする時は、時間もお金ももう少し余裕を持てて、単なる移動手段では無い船旅を楽しみたいものですね。
子供達が成人するまでは無理ですが(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。