2013年12月29日

久々のお母さんと久々の鶏飯

今日は別行動をしていた嫁さんが飛行機で来る日。
娘達はとても楽しみにしていました。
次女は昨夜、iPhoneのFaceTimeで顔を見て話した時は、「お母さんが良いの〜」とずっと甘えて訴えていました。
飛行機に乗る直前にも、FaceTimeで話して電話を終えた後、空港に車を走らせました。

娘二人を乗せ、息子は「釣りをしたい」と言うので、残して空港へ。
空港までは車で約40分。
大阪から奄美までは、飛行機で約1時間半。
少し時間があるので、ちょっと寄り道する事にしました。
空港を通り越えて、「あやまる岬」という場所へ。

ここは、奄美本島の最北端に当たる場所。
高台から眺める景色は絶景です。
今日は風もだいぶ弱まっているので、波もおだやかです。

131229-1.jpg

【あやまる岬から眺める景色】

あやまる岬の真下を見ると、何やら公園らしき広場が見えました。
そこでは家族連れの子供達が遊んでいます。
どうやら遊び場があるようです。
すかさずそれを見つけた長女。
「あそこに行きたい」

131229-2.jpg

【あやまる岬にある遊び場】

下に降りてみると、遊具や遊び道具があり、子供達が楽しげに遊んでいます。
早速娘達は遊具で遊び始めました。
しかし、あまり時間はありません。
15分ほど遊ばせて、「そろそろ行こうか」と言うものの、まだまだ遊び足りない二人。
それでも「また来ようね」と言う事で、何とか空港へと向かいました。
たっぷり遊べそうな場所なので、また連れて来たいと思います。

空港で約5日ぶりに、お母さんと再会した二人。
もうお母さんにベッタリです。
フェリーに乗った事、奄美での事、さっき行った遊び場の事。
一気に二人で話し始めます。

家に戻って来ても、お母さんにベッタリの二人。
晩ご飯は息子のリクエストで、おばあちゃんが「鶏飯(けいはん)」を作りました。
鶏飯は奄美の郷土料理の一つです。
鶏のささみや錦糸卵、椎茸、ネギなどをご飯の上に乗せ、熱々の鶏出汁をかけて食べます。

131229-3.jpg

【奄美の郷土料理 鶏飯(けいはん)】

久々に食べた鶏飯はやっぱり美味しかったです。
おかわりして茶碗三杯も食べました(^o^)
故郷の料理はやっぱり美味しいですね。
明日は、東京から弟も帰って来て、また一段と賑やかになります。
賑やかな年越しになりそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。