2013年12月14日

痒み対策

131214.jpg

時々、無性に背中が痒くなる。
仕事部屋には常に「孫の手」がおいてあります。
それで背中をカキカキするのです。

寒くなると痒みって増すのは、やっぱり乾燥するからなんでしょうね。
今年は例年以上に痒みがする。
その年によって痒かったり、そうでもなかったりするのは、気候のせいなのか?それとも私の体調が原因か?
今はエアコンを使っているので、尚更部屋が乾燥しているのだと思います。

夜、お風呂に入ると、一気に血液が巡るからなのか、これまた痒くなる。
体が温まるのは気持ちよいが、それに比例して体中が痒くなります。
体を洗ってようやく痒みは治まりますが、寝る頃になるとまたまた痒くなる。
そんでもって、今は夜中も仕事をしているので、その時がまたまた痒い(^^;)

痒い所をかいてもらうと、とたんに他の所まで痒くなるのってどうしてなんでしょうね?
かいてもらった横が痒くなり、そこをかいてもらうと、また隣が痒くなる。
結果背中全体が痒くなり、全体をかいてもらう。
きりがないので、今日は背中に乾燥止めのクリーム塗ってもらって、少しはマシになった。

確か人間の身体って、痒みを感じる神経は無いと聞きました。
痛みを感じる神経が、微弱な信号を痒みとして感じるとかで、痒みそのものを感じている訳ではないらしい。
確かに力を入れて触られれば痛みに感じるが、触れるか触れない程度で触られるとくすぐったい。
つまりは痒みと感じる。人の身体って不思議ですね。

今年の痒みがキツいのは、おそらくエアコンで暖を取っているので、部屋が乾燥している事がひとつ。
そして私の体調も原因のひとつだと思う。
体調と言うよりは気持ちかも知れない。
やはり時間に追われている感が強くて、どうしても気分的に落ち着かない。
そうなるとイライラ度もあがり、結果的に痒みが増す。

しばらくはクリーム塗って乾燥肌を抑えるしか無いですね。
体中が痒いと仕事に集中出来ませんから(^^;)
さて、痒みと戦いながら、仕事頑張りますか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。