2013年12月05日

特定秘密保護法案可決を巡って

131205.jpg

【写真は産経ニュースウェブ版から】

国会で「特定秘密保護法案」が可決されました。
マスコミの言葉を借りるならば、数の暴力だとか、独裁政治だとか、数任せだとか言えるのでしょうね。
全く審議せず、妥協もせず、野党の言葉に耳を傾けず、法案を可決したのなら、そう言われても仕方ない。
しかし、ちゃんと審議もしているし、協議も重ねている。
まだまだ時間が足りない事は否めないが。
そもそも多数決で決定して行くのが、民主主義の基本のハズですが、民主党政権なら「決められる政治」と言い、自民党政権になると「独裁政治」と言うのがマスコミのやり方です。

今回の特定秘密保護法案を巡っての、マスコミの報道の姿勢や、反対派の意見を聞くと、やはり偏った見方だと思う。
法案の問題点だけを指摘して、なぜこの法案が必要なのかを、全く取り上げない。
偏っていると思うのが、この法案を無理矢理軍国主義に結びつけようとする動き。
そして最終的には「戦争」という言葉を持ち出して来て、「日本が戦争の道に進む」と不安を煽る。

私達日本人はとかくこの「戦争」の文字に弱い。
一種のアレルギーとも言えるような拒絶反応を起こす。
大東亜戦争(太平洋戦争)で、本当に辛い想いをし、悔しい想いをし、二度とこんな戦争をしてはいけないと言う強い気持ちが、日本人に受け継がれたのなら良い。
それに加えて、「日本は戦争をした悪い国」という事を、教育の現場で行って来た。

私も含め、今の日本人は「戦争=悪」「戦争をした日本=悪い国」という認識が心の中に埋め込まれています。
だから私も大人になるまで、日本が大嫌いでした。
本当に日本は悪い国で、その国に生まれ育った自分は不幸だと思い込んでいました。
でも、実際はどうなのか?本当に日本人てそんなに悪いのか?
そんな疑問がずっと付き添っていたのも事実です。

ずっとモヤモヤとした気持ちの中で生きて来ましたが、先の大東亜戦争の事をいろいろと知る内に、本当の戦争の姿が見えて来た気がします。
なぜ日本は戦争を始めたのか?それを知らずに先の大戦を批判するのは筋違いだと思いました。
誰だって戦争なんて嫌だし、戦争した事自体は決して評価出来ません。
しかし、戦争に至るまでの様々な事があり、結果として日本は戦争をして負けた。

大人なら、よく子供に「ケンカは良くない」「暴力は良くない」と言いますよね。
子供達がケンカをしてしまったら、「なぜケンカしたのか?」をケンカした双方の口から聞きます。
その上で、ケンカに至った経緯を確かめ、もう二度とケンカしないように、お互いに気をつけよう。という事になる。
そのケンカで子供達は暴力を回避する方法を、身を以て学ぶ。

ところが私達日本人は、「なぜ戦争をしたのか?」は全く教えられずに、一方的に「日本が悪かった」と思い込んでいます。
ケンカした理由も聞かずに「おまえが悪いんだ」と頭ごなしに決めつけられた子供のように。
本当に戦争を起こさないようにするには、先の大戦に学び、そこから知恵をつけるしかありません。
ただただ「戦争は嫌だ」「平和が良い」と口にするだけでは、本当の平和は実現出来ません。

いくら私達が平和を望んでも、近隣諸国は軍事力をちらつかせ、威嚇を繰り返して来る。
「ケンカしても勝てる」と思って日本を舐めてかかっている。
もしアメリカ軍が日本から撤退したら、とたんに日本は中国に攻め入られるでしょう。
尖閣がどうのこうのではなく、確実に沖縄は中国が奪いに来ます。
下手すれば私の故郷の奄美大島も中国になってしまう。

不安を煽っているのでは無く、実際に中国が行動を起こしているのですから、やはり警戒が必要です。
この緊迫した状況の中で、国家の安全を守るためにも、特定秘密保護法案は必要不可欠。
問題点は多々あります。しかし、小さな問題を大きく取り上げて「日本が戦争の道に進む」と結びつけるのは、私はとても納得出来ません。
物事には良い面も悪い面もある。
人によって見方も変われば、意見も違う。
しかし結論ありきで物事を判断するのは違うと思います。
反対なら反対で問題点を改善する方向で議論すべきです。

一方的な物の見方から、最終的な結論に導こうとするやり方はプロパガンダです。
それを平気でマスコミがやっている事に、今の日本の抱える問題があるのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。