2013年12月02日

コタツが懐かしい

131202.jpg

寒さが本格的になって来ました。
そろそろストーブが恋しい。
今はエアコン点けていますが、これからさらに寒さが厳しくなると、ストーブの温もりが欲しくなる。
しかし、一度灯油を買うと、もう後戻り出来ないので、限界まで我慢しよう(笑)

冬の暖を取る物に、もう一つコタツがあります。
しかし、我が家にはコタツはありません。
結婚してから一度もコタツを買った事が無い。
故に我が家の子供達は、コタツのある冬を知らない。

私が子供の頃は、コタツに入って寝転がってテレビ見るのが、楽しみでした。
南の島の奄美大島とは言え、冬になればやはりそこそこ寒い。
寒さのレベルが違いますが、それでも島の人間からすれば、やはり冬は寒い。
お正月になれば、コタツに入ってみかんを食べ、練炭で餅を焼いたものでした。

コタツがあるとそれはそれは、とても居心地が良い。
コタツで暖まりながら、テレビを見てうたた寝するのなんて、この上ない幸せです。
子供の頃はそれが原因で、よく風邪をひいたものでした。
コタツがあると、必ずコタツの中から出られなくなる。
大人だってそうなんですから、ましてや子供なんて、もうコタツの中で暮らすような生活になる。
それが嫌で我が家にはコタツがありません。

でも本当はコタツの温もり好きなんですけどね。
家族でコタツに入って、同じテレビ見たり、一緒にトランプしたり、そんな団らんがコタツにはあります。
家族を引き寄せる魔法のテーブル、それがコタツなのかも知れません。
コタツに暖まりながら、鍋を突くなんてのも、最高の幸せです。

妄想は広がりますが、我が家にはコタツはありません。
もう少し我慢して、どうしようもなくなったら、灯油買ってこよう(笑)
師走に入りクリスマスも近づいて来て、いよいよ本格的な冬がやって来ます。
今年の冬は寒くなりそうですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
>コタツは家族を引き寄せる魔法のテーブル
まったくですね〜!
太宰治は眠り箱と言っています。
あまりの心地よさに人間が堕落する(?)、だから我が家も途中からコタツとさよならしました。
Posted by 春眠 at 2013年12月04日 17:37
春眠さん、眠り箱はその通りですね。
あの心地よさには誰でも堕落してしまう。
時には堕落しても良いと思うのですが、やはり抜け出れなくなるのが怖いですね(笑)
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2013年12月05日 09:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。