2013年11月28日

特定秘密保護法案を巡って

131128.jpg

久々にメディアが騒いでいる感があります。
特定秘密保護法案を巡って、「私達の知る権利が・・・」と叫んでいます。
いつものやり方で、情報の一部分だけを切り取って、さもそれが正しいような報道のやり方。

そもそも、特定秘密にするのは、安全保障・外交・国防等に限られている。
それなのに、「自分達に都合が悪い事は秘密にする」と勝手に決めつけています。
確かに懸念すべき事はありますよ。でもあまりにも話が極端すぎる。

今の日本は「スパイ天国」と言われています。
日本の情報は簡単に海外に持ち出され、私達の国益は湯水の様に海外に流れています。
逆に海外からの情報は限られていて、なかなか日本に情報は入って来ません。
これは今年の始めに、アルジェリアで起きた襲撃事件でも明らかになりました。

アメリカやイギリス等の持っている情報が、日本に伝えられる事が無かった。
日本に情報を出すと、漏れる可能性が高いからです。
外に出せない情報と言うのは、漏れる可能性があれば、絶対に出さない。
当たり前の事です。

この本案の本筋は、国家の安全を守るためにもの。
そのためには日本版NSCの開設と、この特定秘密保護法案はセットになる。
しかし、メディアは必ずその本筋を外して、「こんな事になるかも知れませんよ」と視聴者に不安を煽る。

例えば、居酒屋で仲良くなった人が、実は防衛省の人で、話した内容が実は特定秘密だった。
そして、その事を知らずに誰かに話したら、自分も罰せられる。
こんな例を挙げて、真顔で「大変です」と言うのです。
これって、国家の秘密が漏れる事よりも、自分が罰せられる事の方が大変だ。って発想ですよね。
つまりは国よりも自分が大事という考えです。
こんな風に簡単に情報が漏れない様にするためにも、特定秘密保護法案が必要になって来るんです。

また、ある人は「スパイを監視するという事は、私達も監視の対象になる」と困っていました。
スパイらしき人物を監視すると言う事は、様々な人々の行動を監視するという事。
当たり前の事ですよね。
そもそも、そんな怪しまれる行動をしなければ良いだけの事。
時々防犯カメラの設置を巡って「プライバシーの侵害だ」と騒ぐ?な人がいます。
これも自分中心な考え方の特徴ですよね。
大勢の市民の安全を守るためには、おかしな人間が入り込んでいないか、監視をするしかないのです。
その監視の時に、自分も見られるのがプライバシーの侵害だと言う事自体、おかしな話だと思います。

懸念材料がある事は事実です。
しかし、起こるかどうかも解らない事を、まるで事例として取り上げて不安を煽る事は辞めてほしい。
まずは私達の国、日本の安全を守る事が第一です。
日本が守られなければ、何の意味もありません。

しかし、相変わらずマスコミの視点ってのは変ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。