2013年11月08日

自作自演っぽい中国の爆破事件

131108.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

中国で起きた爆破事件の容疑者が逮捕されたようです。
先の天安門前の爆破事件といい、今回の爆破事件といい、逮捕までの時間があまりにも早い。
本当に犯人なのか?と疑った目で見てしまいます。
何せ独裁国家の中国の情報ですからね。
全ての情報は、中国共産党に有利な情報しか出して来ません。

今回の爆発事件では、爆発物に鉄の球が仕込まれていたと言われています。
専門家に言わせると、これはテロ集団が使う手口らしく、特にアルカイダ系の過激なテロ集団が使う手口らしい。
アメリカのボストンマラソン大会で起きた爆破事件の時も、金属物が仕込まれていた。
しかし、この時は鉄の球ではなく、金属破片。
鉄の球を用意する時点で、プロのテロリストだと考えられる。

だが、中国当局が逮捕した犯人とされる人物は、タクシードライバーだと言う。
どうみてもプロのテロリストには見えないし、単独で行うにはあまりにも用意周到すぎる。
前回の天安門前の爆破は、車で突っ込んで炎上させた。
爆破はこの1回のみ。
しかし、今回は複数回爆発が起きている。
果たしてこれを単独で、しかも素人の人間が出来る事なのか?

やはりこの情報も、中国共産党にとって有利な情報を出していると思われます。
天安門前の事件の時は、まるで何も無かったように、素早く痕跡を消して情報をシャットアウトした。
しかし、今回はまるで宣伝するように、情報を次々と出している。
おそらくテロとの戦いをイメージ付け、世界に「中国政府はテロ集団と戦っている」と見せたいのでしょう。

疑った見方で考えると、今回の事件は自作自演の可能性すらあり得る。
中国共産党はあくまでも被害者に見せたい。
天安門前の事件は、ウイグル人の政府に対する不満の現れ。
しかしそれを何とかテロ事件にしたい。
テロ事件にすれば、正々堂々とテロと戦う姿を見せる事が出来る。

今後、中国政府に不満を持っている中国国民が、何らかの行動を起こすとき。
中国共産党はそれをテロとの戦いにすり替える可能性がある。
今回の事件がテロだとすれば、あまりにも被害者が少ない。
本来テロとは、無関係の一般市民を多数犠牲にする事を狙う。
だが、今回はあまりにも被害が少ない。

やはりおかしいと思う。
中国共産党が仕組んだ、テロとの戦いを演出するシナリオではないか?
逮捕されたタクシードライバーも、雇われている可能性が高い。
逮捕されたのに、あまりにも落ち着きがあり、堂々としている。

何しろ偽装国家中国です。
白を黒に塗り替える事くらい、平気でやります。
全ては中国共産党の都合によって決まるのです。
中国から発信される情報は、ウソで塗固められていると疑うべきです。
日本のマスコミも、それくらい考えて報道してほしいものですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(2) | 私の思うこと
この記事へのコメント
おお、そこまでは考えませんでした。
私もまだまだ甘いですね。
確かに中国ならやりそうです。
自分たちこそ、チベットでウィグルで拷問やらの残酷な弾圧を行うれっきとしたテロ国家のくせして、被害者のふりをしていますね。
でも、西欧諸国もアメリカも日本も経済優先で、中国の人権蹂躙には目をつぶっている。
チベットでもう何人の僧が焼身自殺していることか。
気の毒でなりません。
Posted by 春眠 at 2013年11月10日 08:51
春眠さん、私の深読みし過ぎかも知れませんが、あの国から発信される情報は、疑ってみるのが一番だと思います。
明らかに前回の天安門前の事件と、今回の事件の情報の出方が違います。
まさしくテロ国家がテロの被害をでっち上げているのかも知れません。
チベットやウイグルでの弾圧は、国家によるテロであり人権弾圧です。
今、中国は人民の不満が最高潮に達しているのかも知れませんね。
今後、様々な事件が起きる可能性があります。現に起きているのだと思いますが、国内でもみ消している可能性も高い。
中国から出て来る情報は、本当に疑ってみる事が大事ですね。
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2013年11月10日 09:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。