2013年11月04日

お亀の湯へ

131104.jpg

三連休最終日。
土曜日は仕事をしていましたが、日曜そして今日は、家族でゆっくりとお休み。
昨日は息子の剣道の試合があったので、午前中は試合に付き添いました。

結果は1回戦負け。
今回は中学校の剣道部からの出場でした。
三人制の団体戦で出場し、息子は大将。
先鋒が1本勝ちし、続く副将が引き分け。
このまま引き分けても勝ちだ。と思っていたら、息子はアッサリと2本負けしてしまった。

ビデオを撮りながら、心の中で「何やっとんねん」と叫んでいました。
無理に勝ちに行く事は無い。
先鋒が勝っているのだから、引き分けで十分。
しかし、これまで大将を務めた事が少ない息子。
その辺の戦略と言うのを、全く考えられないようです。
今後の息子の課題ですな。

今日は息子も部活が休みだったので、家族で出かける事にしました。
ゆっくりと温泉にでも入ろう。という事で、曽爾高原まで足を伸ばしました。
曽爾高原と言えば、ススキで有名ですが、今日はあえて曽爾高原までは行かず。
昨夜の雨で足下がぬかるんでいるだろうし、人も多いだろうと思いました。

そこで、曽爾高原の手前にある、お亀の湯に入る事にしました。
お亀の湯の周辺には、お店があって地元の野菜やお土産物が売っています。
4年程前にも、一度来た事があるのですが、その時は曽爾高原に行って、帰りにお亀の湯に入りました。
もう夕方だったため、品数も少なく、併設されている手作りパン屋さんはしまっていました。

4年前の教訓を活かし、今回は早めにお亀の湯に立ち寄る事にしたのです。
家を出たのは、お昼を過ぎていましたが、お弁当を持って出たので、お亀の湯に着いてから休憩所でお弁当を食べました。
みんなお腹が空いていたのでしょうね。
たっぷり作っていったお弁当は、残らず食べきってしまいました。
お弁当が残ると計算していたお母さんはビックリでした(笑)

お弁当を食べ終わったら、手作りパン屋さんに寄って、パンを沢山買いました。
そして隣のアンテナショップに寄って、野菜や地ビールも購入。
ふと見ると、道路の向こう側に「草餅」の看板が目に入った。
お店の前には人が並んでいます。
ついつい釣られて、私たちもお店の前に(笑)

草餅も買っていよいよ温泉へと向かいました。
今日は気温も低めで、風も吹いており、身体はすっかり冷えきっていました。
それでも観光客でいっぱいです。
大型バスも止まっていたり、バイクでツーリングしている人が、ひっきりなしに駐車場に入って来ます。

お亀の湯に入ると、もう人でいっぱい。
「これは芋洗い状態かな」と覚悟して温泉に入りました。
しかし、何とか湯船にもゆっくりと浸かり、日頃の疲れを取る事が出来ました。
温泉から上がると、休憩所で女子組を待ちます。
お母さんがゆっくりと入りたいので、長女が次女を連れて、先に温泉から上がって来る予定なのです。

すっかり温泉で気持ちよくなった私は、横になるとそのまま寝てしまった。
しばらくして、次女の「お父さん」の声で目が覚めた。
娘達が温泉から上がって来たようです。
そしてそれからまたしばらく待って、お母さんも温泉から上がって来ました。

変える頃にはすっかり陽も落ち、当たりは暗闇に包まれていました。
夕方からゆっくりと温泉に浸かって、満足して家路につきました。
いつもは家で、ドタバタで入っているお風呂。
久しぶりに、時間を気にせず、ゆっくりと入りました。
あぁ〜〜〜〜気持ちよかったです。
さぁ、明日からもガンバロウ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。