2013年11月03日

楽天、日本一おめでとう

131103.jpg

最後の最後まで、見応えのある試合でした。
ついに決着がついた日本シリーズ。
日本一を制したのは、東北楽天イーグルス!!

最後の最後はやはりマー君こと、田中投手が出て来ました。
昨日、160球の完投を果たしたばかりで、通常であればベンチ入りすらしない。
しかし、本人の「最後は行かせてくれ」との熱い気持ちが監督を動かしたのでしょう。

9回表、田中がマウンドに出て来ると、球場は割れんばかりの歓声に包まれました。
最後の最後の大舞台で、再び楽天のエースとして、マウンドに立ちました。
田中で始まり田中で終わる。
今年の楽天は、まさに田中投手の活躍に、全員が一丸となって突き進んだ感があります。

しかし、そこは巨人です。
そう簡単には終わらせない。
2アウト1−3塁まで田中を追い込みます。
ホームランが出れば、一気に同点。

田中が出て来た以上、延長線なんて考えられない。
田中で終わらなくては意味が無い。
それは田中投手自身が一番解っていた事でしょう。
しかし、昨日からの連投は、さすがに気力だけではカバー出来なかったでしょう。
それでも最後の最後は、三振を奪ってついに日本一を成し遂げました。

日本一が決まる直前、球場ではある音楽が流れていました。
流れていたと言うよりも、楽天ファンが一体となって歌っていました。
その曲はファンキーモンキーベイビーの「あとひとつ」
夏の甲子園の挿入歌にもなったこの曲。
CDのジャケットは、奇しくも楽天の田中投手。

歌詞の内容も、
♪あと一粒の涙で、一言の勇気で、願いが叶うその時が来るって
僕は信じてるから、君も諦めないでいて、
何度でもこの両手を、あの空に〜

まさに今、この時のための歌。そんな感じでした。
聞いていた私も鳥肌立ちましたが、球場で歌っていたファンは、涙ものだったでしょうね。
被災地の東北はもちろんのこと、日本中が感動の渦に巻き込まれたのではないでしょうか。

この日本シリーズ、両チーム共に、本当に素晴らしい戦いを見せてくれました。
日本一になった楽天には、本当におめでとうの言葉を。
敗れてV2達成が出来なかった巨人にも、素晴らしい戦いをありがとう。と言いたい。
まさに死闘を繰り広げた両チーム。
沢山の感動を与え、沢山の勇気をもらった。
ありがとう。そして楽天、日本一おめでとう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。