2013年10月23日

驚きのOS無償化

131023.jpg

アップルから新しいiPadが登場しました。
その名も「iPad Air」。
Airが付く製品は他にもありますね。
「MacBook Air」です。

MacBook Airのように、従来のiPadよりも薄く軽くなりました。
私が持っているのが、iPad2ですので、かなり性能もアップしているのでしょうね。
でも、私は今のiPad2で十分です(^^;)

今回の発表の目玉は、このiPad Airだったと思うのですが、私はそれ以外の事で驚きました。
一番驚いたのが、新しいMacOSの発売開始でした。
新しいOSの名は「Mavericks」。
これまで続いて来た、ネコ科の名前は使われなくなりました。
さすがにネタ切れなんでしょうね(笑)

この新しいOSのMavericks。
何が驚いたって、発売開始と言いながら無料提供なんです。
OSが無料ですよ。
これまでなら1,600〜1,800円くらいでした。
この値段でも驚きの値段だった。
だって、数年前までは新しいOSを10,000円〜20,000円くらいで買っていたんですから。
それが無料提供となったのです。

さらに驚きなのが、これまでMacOSに付いて来たiLife(IPhoto・iMove・GaregeBandなど)に加え、iWork(Pages・Numbers・Keynote)までもが付いてくるらしい。
つまりは新しいMacを買うと、もれなくiWorkもセットで付いて来るって事ですね。
Mavericksを入れたらこれにも付いて来るのだろうか?
その辺はテストしていないので解りません。

それにしても、MacOSの無償化には驚きました。
アップルにとっては、OSはMacの中の一部という考えなのでしょうね。
より使いやすいOSにして行くためには、OSにお金を払ってもらうよりも、新しいMacに使ってほしいと言う事でしょう。

Mavericksの無償提供に、思わず心が揺れてアップグレードしたくなりました。
しかし、簡単にアップグレードする訳には行きません。
仕事でMacを使っている以上、アップグレードには慎重に対応しないとエラい事になる。
アップグレードして使えないソフトが出て来たら、そこで仕事がストップしてしまいます。

特にadobe関連のアプリは十分に対応を確認してからアップグレードが必要。
毎回新しいOSになる度に、何らかの不具合情報が上がって来ます。
少なくとも2〜3ヶ月は様子を見て、そこからアップグレードしないといけません。

私が以前、注目していたMacProも発売が発表になりました。
12月から発売開始だそうです。
価格は310,000円から。
モニターを入れると、やはり最低でも400,000円は必要と言う事になりますね。

はぁ〜しばらくは指を加えて見ているしか無いですね(T_T)
宝くじでも当たらないかなぁ〜。
でも、買わなきゃ当たらないか(笑)

夢ばかりは広がりますが、現実は厳しいままです(^^;)
しかし、いずれは新しいMacProと新しいOSで、サクサク仕事こなしたいですね。
その日を夢見て、一生懸命頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。