2013年09月04日

嵐の後の美しい風景

130904.jpg
【自然が作り出す芸術】

荒れたお天気の一日でした。
今日は全国的に大荒れのお天気でしたね。
台風17号が温帯低気圧に変わり、その雲がそのまま日本列島を駆け抜けた感じです。

朝はまだ晴れ間もありました。
しかし、お昼前から曇り始め、お昼過ぎから風が強くなり、雨も降り出しました。
そしてどんどん厚くなっていく雲。
流れが早くなっていく。

雷が鳴り始め、時折雨も強く振りました。
お昼のテレビで気象情報が何度も何度も出ていて、あちらこちらで警報が発令されていました。
奈良県にも竜巻注意報が出たので、ずっと気になって空の雲を見ていました。

奈良県にも大雨洪水警報が出ましたが、私の住んでいる地区では注意報止まりでした。
いつ警報が出てもおかしくない状況で、ずっとネットで情報を見ていました。
夕方になって少しずつ雨風もおさまり、託児所に迎えに行く頃には、少し晴れ間も見えて来ました。

今日は水曜日なので、剣道の稽古の日。
長女を着替えさせて、そのまま託児所に迎えに行き、その足で稽古場に向かいました。
西の空から晴れ間が広まって来て、嵐の終りを告げているようでした。

栃木の方では、また竜巻が発生したようで、こっちでも発生するのでは!?と少し心配していました。
あの不気味な雲を見ていると、今にも竜巻が発生しそうで、本当に気持ち悪かったです。
その分、夕陽が沈む時のまぶしい光が、希望の光のように見えて嬉しかった。
嵐の後の静けさ。
西の空には、嵐の残した雲に、沈んだ太陽が光を当てて、何とも言えない色になっていました。

自然が作り出す風景は、時として素晴らしい芸術を生み出す。
今日の夕焼けは、まさしく芸術的な色合いでした。
空と言うキャンバスを、埋め尽くした厚い雲。
その雲をはぎ取ると、下から鮮やかな青空がのぞきます。
そして、残された雲を彩る夕陽。

嵐もあって初めてお天道様のありがたさが解る。
そんな思いをした一日でした。
何事も無く嵐が去った事に感謝。
そして、素晴らしい芸術作品を見せてくれた自然に感謝です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。