2013年08月15日

敗戦の日・送り盆

130815.jpg

今日は送り盆であり、終戦記念日でもある8月15日です。
「終戦記念日」という表現が、最近妙にしっくり来ない気がしています。
戦争に負けた日なのに、なぜ「記念日」なのか?と思う様になりました。
やはり今日は「敗戦の日」なんですよね。

自分の産まれる20年も前に終わった戦争の事。
知る由も無い戦争の事。
しかし、私たちはこの戦争というものを、徹底的に忌み嫌うように育てられました。
誰もが望んで戦争をする事は無い。
それでも戦争は起きてしまった。

今日のこの終戦の日に、平和の大切さを訴えるのは大切な事です。
でも、戦争そのものを否定するがあまり、戦争で戦った人々まで、忌み嫌って来た日本。
戦争で戦った日本兵を、まるで悪魔のようにすら考えて来た感が否めません。
それは私自身がそのように考え育って来たから言える事でもあります。

社会人になって、それこそつい最近になって、本当の戦争の意味を知りたいと思う様になりました。
そして調べれば調べる程、知れば知る程、いかに自分たちが本当の日本を知らないのか、解る様になりました。
いかに自分たちが真実を教えられずに育って来たか。
いかに、先人達を侮辱して生きて来たか。
今、この平和(少なくとも日本国内での紛争が無い)のは、日本のために、祖国のために、若き命を投げ出してまで護ってくれた英霊の方々のお陰です。
でも、私たちは、その英霊をまるで残虐な殺人鬼のように考え生きて来ました。
少なくとも、私はそうでした。

戦争は決して良い事では無い。
しかし、当時の日本は、戦わざるを得ない状況に追い込まれていた。
何とか戦争を回避すべく、いろいろと試みたが、最終的に戦争へと踏み切った。
その決断を批判するのは簡単です。
でも、そこから学ぶ事の方が、私は大事だと思います。
同じ過ちを繰り返さないためにも、なぜ日本が戦争へと踏み込んだのかを、しっかりと学ぶべきです。

戦争を正当化するのではなく、そこから学ぶ事。
そしてそれを、これからの日本に活かす事。
ただただ、戦争をした事を批判して、平和が大事だと叫んだところで、何も変わる事はありません。
私たちは戦争による、大きな犠牲の上に、今、生かされているのです。
戦争という実際に起こった事を直視して、そこから学ばなければいけません。

世界に目をやれば、テロや国内紛争が絶えません。
また、すぐ隣で圧力をかけてくる隣国たち。
日本がいくら声を張り上げて、平和を訴えても、全く聞く耳を持たないのが現状です。
アメリカに守ってもらっている日本が、いくら声を大にしても、誰も聞いてはくれないのです。
日本が本当に世界平和のリーダーになるには、強く毅然とした国でなければならない。
そのためにも、軍隊は必要不可欠なのです。

世界の国々は軍隊を持っています。
それは何のためか?
戦争をするためでしょうか?
それなら、とっくに世界は第三次世界大戦になっているでしょう。

世界の軍隊は、お互いに戦争をしない目的でにらみ合っているのが現状。
それが今の平和と言える内容です。
今の世界では、軍事力無くして平和は成り立たない。
そんな中で、日本だけが戦争放棄したところで、何の意味もありません。

今日の敗戦の日。
ただただ「平和」と口ずさむのでは無く、本当の戦争の意味を考え、学ぶ日だと思います。
そして、日本を護るために、戦ってくれた英霊の方々に、心から感謝し手を合わせる日だと思います。
奇しくも送り盆と同じ日。
先祖の霊を送るのと同時に、英霊の方々も送りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:49 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。