2013年08月10日

二つの故郷

130810.jpg

いや〜暑い一日でしたね。
40度を超えるところが、多数出たようで、日本列島が日本熱湯になった一日でした。
しかし、40度っていったいどれくらいの気温なんでしょうか?
人間の体温で言えば、もうMaxの温度、そんな気温の中にいると、本当にフラフラするでしょうね。

今日は午前中、ちょっと用事があって、近くのスーパーまで歩いて行ったのですが、さすがに帰ってくると、汗でびっしょりでした。
外を歩いている時には、そんなに感じなかったのですが、家に着くと同時に大量の汗が吹き出ているのに気づきました。
きっとこうやって熱中症になるのでしょうね。
もちろんしっかり水飲んで、水分補給をしました。

その後は、一日いっぱいクーラーのきいた仕事部屋で仕事をしていましたが、いつもなら、途中から寒く感じるくらい。
しかし、今日はクーラーを点けていても、じんわり汗ばむ程でした。
いかに暑かったのかが解りますね(@@;)
外で仕事している人にとっては、まさに灼熱地獄のような1日だった事でしょう。

こう暑いと、青い海に思いっきりダイブしたくなります。
そう、故郷の奄美の海へ、思いっきり飛び込みたい。
しか〜し奈良には海が無い(T_T)
さみしい〜〜〜(笑)

もう奈良に住んで、かれこれ27年程にもなります。
完全に故郷の奄美での生活よりも長いのですが、それでも奈良のこの夏の暑さには慣れません。
盆地の暑さはやはり身に堪えますね。
この、もわっとした、熱い空気が溜まっている感じが、どうしても苦手です。

故郷の奄美では、直射日光は刺す程に痛いけど、日陰に入れば海風で涼しかった。
またもう一つの故郷の北海道も、湿気が少なくて、まさに避暑地。
この二つの故郷の感覚を体が覚えているので、どうしても盆地のこの生温い空気に弱い。
思わずでっかい扇風機を持って来て、この生温い空気を吹き飛ばしたくなる(笑)

あぁ〜マジでどっか涼しいとこに行きたい〜。
完全に現実逃避の妄想の世界に生きています(笑)
奄美の海にダイブ、それとも北海道の草原で寝転がる。
頭の中では、二つの故郷への、妄想ばかりが広がって行きます。

明日も暑い一日になりそうです。
妄想だけでは涼しくならないので、ビールでも飲んで頭冷やしますか(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:02 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。