2013年08月08日

誤報が予報にならないように

130808.jpg

【写真は産経ニュースWeb版より(誤報を謝罪する気象庁)】

夕方5時。携帯が鳴った。
おそらく他の多くの方は、違う意味で携帯が鳴ったと思う。
そうあの「奈良で震度7の地震」の警報。
残念ながら私の携帯は地震速報が鳴りませんでした。

代わりに鳴ったのは、北海道から。
テレビの地震速報を見て、ビックリして電話してきたようです。
電話に出るといきなり「大丈夫なの!?」と興奮気味に聞いて来ました。
地震速報に気づいていない私は一体何の事なのかサッパリ。
頭の中は???で一杯でした。

意味が分からなくて、「えっ!?大丈夫って何が?」と答える私に「地震は大丈夫なの?」と聞いて来る。
ますます意味が分からない。
「えっ地震???」
「地震なんか無いですけど〜」

もう私の頭の中は?????状態。
とりあえず下に降りてテレビを点けてみる。
すると地震速報のテロップが出ていて、「揺れはありませんでした」と表示されていました。
ここでようやく、地震速報が出ていた事を知ります。

下に居た息子と長女にも「揺れた?」と聞きましたが、二人とも「何が???」という状態。
ひとまず何事も無かった事を確認出来て、北海道の方は安心して電話を切りました。
携帯を切った後、iPhoneの画面を見ると、着信があったことを示す表示が。
地震速報があった事を着信履歴で知ってもねぇ〜。

結局、今回の地震速報は、和歌山県北部で発生した地震と、三重県南東沖の海底地震計のノイズを、地震の揺れと取り込んで計算したことが原因らしい。
まぁ何にせよ、誤報であった事は良かったですよね。
問題は誤報よりも、携帯の緊急地震速報が鳴らなかった事です。

前回の明け方の地震の時も、私の携帯は地震の後に鳴りました。
嫁さんの携帯は地震の前に、しっかりと鳴っていたにも関わらず。
今回も、嫁さんの携帯は、ちゃんと職場で鳴ったそうです。
なんで、こう私の携帯ばかり、遅れたり鳴らなかったりするんだ。
誤報よりもこっちの方が大問題です。

他の人に聞いても、やはり「鳴らなかった」という人がいました。
これって何が原因なんでしょうね。
こっちの方の原因を早急に対処してほしいと思います。
キャリアによって違うとかなら、まだ何となく解るけど、同じauで同じiPhone5で違いがあるのはおかしいです。

携帯が鳴った人は、本当に焦ったようですが、今回の誤報は良い訓練と思って、次からの対応を考えましょう。
私は残念ながら、訓練すら出来ませんでしたので、もし本当に地震が来たら、戸惑うばかりでしょうね。
今回は誤報で済みましたが、大きな地震がいつ起きてもおかしくはありません。
やはり日頃から、その心構えと備えが必要ですね。
我が家は何も備えが出来ていない。
今回の事を教訓にして、備えを考えないといけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:51 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。