2013年07月06日

託児所夏祭り

130706.jpg

【プリキュアのお面を着けてアンパンマン音頭を踊る次女】

今日は娘達が楽しみにして来た、託児所の夏祭りでした。
息子はさすがに中学生なので参加しませんが、長女は託児所から招待状が届いてルンルンで夏祭りに参加しました。
次女は浴衣を着て参加。
去年も浴衣を着ているのですが、記憶に無いのか、浴衣を着る事にやたらと興奮していました(笑)
長女は長女で、託児所を卒園してから、離ればなれになったお友達と会えるので、テンションMaxです。
そんな二人と共に親子四人で参加して来ました。

最初にオープニングとして、先生方のダンスが披露されました。
毎年いろんなダンスを披露してくれます。
時にAKBだったり、息子の時にはマツケンサンバ(懐かしい)も踊ったりしていました。
今年は「はなカッパ(NHK教育でやっているアニメ)」のエンディングテーマでした。

次に年長組さん達による、カラーガードが披露されました。
一生懸命頑張っている子供達、昨年は長女がやっていたのが、つい先日の事のように感じられました。
そしていよいよ模擬店のスタートです。
娘達はそれぞれのお店で使えるスタンプカードならぬ、スタンプ腕輪を手首に付けています。
各お店に行くと、そのスタンプ腕輪にそれぞれシールを貼ってもらいます。

長女は到着と同時に、久々に顔を会わせた元同級生と行動を共にしていました。
次女を連れてお店を回る事にしましたが、次女が最初に「行きたい」と言ったのが「わたがし屋さん」。
行列に並んで順番を待ちます。
そしてスタンプ腕輪にシールを貼ってもらい、わたがしをもらいました。

去年の記憶が無ければ、おそらく初体験となるわたがし。
どうやって食べて良いのか分からない様子で、しばらく呆然としていました(笑)
私に「パクッて食べてごらん」と促されてようやく口にしました。
初めての食感で戸惑いながら食べていました。

その後もいろんなお店を回り、全てのお店を回る事が出来ました。
お店に行く度に、先生方が名前を読んで手を振ってくれるのですが、恥ずかしいようで私の後ろに隠れます。
先生方も浴衣を着ているので、いつもと違う雰囲気で恥ずかしいのでしょうね。

最後は恒例のアンパンマン音頭で締めくくります。
輪になってアンパンマン音頭を踊るのですが、次女は恥ずかしくてなかなか輪に入れません。
私が輪の中に連れて行っても、すぐに私にくっついて戻って来てしまいます。
それを何度か繰り返している内に、アンパンマン音頭は終わってしまいました。

しかし、これも恒例なんですが、もう一回踊る事になりました。
再びアンパンマン音頭の音楽が流れ始めると、前回とは明らかに違う反応。
「これはチャンス」と次女の手を引き、クラスの輪の中に連れて行きました。
ようやく輪に入って踊る次女。
踊りになっていませんが、手を叩いたり、回ったりするところだけは、ちゃんとやっています。
本人は十分踊っているつもりなのでしょう(笑)

今年も楽しく夏祭りに参加する事が出来ました。
娘達も楽しんだようで、喜んで夏祭り会場を後にしました。
毎年楽しい夏祭りを計画・実行してくれる先生方に感謝です。
娘達にとっても楽しい思い出の一つとなりました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。