2013年06月11日

新しいMacPro

130611.jpg

アップルが米国時間の6月10日、日本時間では6月11日の深夜2時頃。
開発者イベントの「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を開幕しました。
例年この時期に開催していて、いろんな商品やサービスの発表がされます。
今年もいろんな噂が飛び交っていました。

しかし、確実に解っていたのが、iOSの次期バージョン「iOS7」とMacのOSXの時期バージョンが発表されること。
そしてそのとおりに、iOS7とOSXのOS X Mavericksが発表されました。
iOS7はこれまでのiOSからアイコンがフラットになりました。
一見すると時代を逆戻りしたアイコンに見えますが、やはりそこはアップルです。
洗練されたアイコンデザインと、操作性で見事に新しくて魅力的なiOSに生まれ変わっています。
これまでのiOSとがらりと変わっているので、楽しみな反面、最初は戸惑うかも知れませんね。

MaxOSの時期バージョン「OS X Mavericks」は、名称がネコ科の動物では無くなりました。
これまでTigerやLionなど、ネコ科の動物の名称がついていたOSX。
しかし、もうネコ科の動物がいない。
会場ではその事に触れていて、「それではSea Lion(アザラシ)ではどうか」と、アザラシの顔の入ったOSXアイコンまで用意して笑いを取っていました。
やはりアップルのプレゼンは面白い。

結局ネコ科の名前は使えないので、カリフォルニアの地名をテーマとするリリースになったようです。
初のリリースは、北米で最大級の大波がやって来る土地の名を冠した「OS X Mavericks」。
だから直前に公開したパネルには、大波の写真が入っていたのですね。
デフォルトデスクトップも同じ大波の写真でした。
OS X Mavericksもファインダー機能等が増えて、ますます便利になっていそうです。

他にも沢山の発表がありましたが、私が何と言っても一番ビックリしたのが、時期MacProの発表。
もう10年近く、筐体のデザインは同じで、スペックだけ変更され続けてきたMacPro。
アップルがあまりにも、MacProのバージョンアップを行わない事から、「アップルはMacProを廃止する」という噂まで流れていました。
私もあながちあり得ない事ではないかもしれないと、MacProの消滅を半分覚悟しておりました。

しかし、一年程前から新しいMacProが開発されているという情報が出始めていて、そして今日ついにその姿がベールを脱いだのです。
衝撃的でした。
今までと全く違う、予想もしなかった形のMacProが映し出されていました。
それは黒い筒の形状で、とてもパソコンとは思えない形状。

実にシンプルでスタイリッシュ。
さすがはアップルです。久々に衝撃を受けました。
そして思わず「欲しい〜」と思いました。
しかし、まだ発表されただけで、いつから発売なのか、いくらになるのか?全くその情報はありません。

デザインにも驚かされましたが、もう一つ驚いたのが小ささ。
現状のMacProと一緒に映っている写真は、まるでMacProでは無く、サードパーティ製品か何かのようです。
めちゃくちゃ小さくなっている。
おそらく高さにして25cmほど、幅は16cm程度と思われます。
それでいて、今のMacProの2倍のスピードらしい。

くぅ〜〜〜〜〜欲しい〜〜〜〜〜。
でも、金無いな〜(T_T)
めちゃくちゃ仕事頑張って稼がないといけませんね。
ちくしょう久々にアップルの発表に心躍らされた一日でした。
新しいMacPro買える様に目標たててガンバロウ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:11 | Comment(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。