2013年05月28日

田んぼの季節

130528.jpg

今年は梅雨入りが早そうですね。
すでに九州・四国・中国地方は梅雨入りした模様。
関西もここ数日で梅雨入りするのでしょう。
もう5月も終りですもんね〜
あぁ〜なんて早いんだ〜。

そろそろ田んぼも水を入れる準備をしているようです。
水が入ったら、一気に梅雨モード。
カエルの合唱も始まります。

しかし、我が家の周辺は、田んぼがすっかり無くなって、家がどんどん経っています。
引っ越して来た頃は、本当に田んぼが沢山あって、夜になるとカエルの大合唱が聴こえていました。
窓を開けて、初夏の風に吹かれて、カエルの合唱と風鈴の音を楽しみのが好きでした。
でも、最近は、窓を開けてもカエルの合唱は聴こえません。
ちょっと寂しいですが、新興住宅街なので仕方ありませんね。

息子が幼い頃は、田んぼに水が入ると、アメンボやオタマジャクシなどを見つけに行ったものです。
散歩がてらに網と小さな水槽を持って、オタマジャクシを捕まえに行きました。
そのとき初めて「カブトエビ」や「ホウネンエビ」なる生き物がいる事を知りました。
田んぼって私たちの身近な所にあって、以外と知らない生き物がいたりするんですよね。

息子が大きくなってからは、田んぼの生き物を捕まえる事も無くなりました。
娘二人は興味ありませんからね(笑)
やっぱり生き物を捕まえるのは、男の子の専売特許のようです。

梅雨に入ると雨が続きますが、これも恵みの雨。
梅雨には梅雨の時しか見れない風景があります。
田んぼに水を張った時だけ見れる生き物もいます。

今年は子供達を連れて、久々に田んぼの生き物探ししてみようかな。
日曜日の午後にでもお散歩を兼ねて・・・。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。