2013年05月13日

五月晴れの一日

130513.jpg

今日は暑かったですね〜。
仕事中も暑いのでTシャツ1枚で、窓を開けて仕事していました。
つい数日前まで肌寒いくらいだったのに、突然の気温の上昇です。
やはり今年は気温の変化が激しいですね。

今日は穏やかに晴れて五月晴れでした。
この時期の青い空って、季節の中で一番好きかも知れません。
入道雲がもこもこしている夏の空も好きなんですが、この初夏の澄み切った青空大好きです。
若葉の青々しい緑と、澄み切った青空が、生命の原動力のような気がして、何となく自分自身もエネルギーを貰えるような気持ちになります。

実際、若葉が芽生えグングン伸びる季節。
それから梅雨に入り、しっかりと水分を蓄え、夏にさらに成長する。
秋に実りを迎え、次なる季節に備えて冬に籠る。
日本って四季があるから、生命の移り変わりを肌で感じる事が出来ます。
本当に素晴らしい事ですよね。

私は日本の四季が、日本人の感性に大きく影響していると思います。
だから日本文化は独自の文化を持ち、それを今も維持出来ているのだと思う。
季節の移り変わりに敏感に反応し、それに対応して季節の風物詩を楽しむ。
自然とともに生きて来た日本人だからこそ、情緒豊かな民族性になったのでしょうね。

春夏秋冬、それぞれの季節を、それぞれに楽しむ。
春には花を愛で、夏には暑さの中で涼を楽しむ。
秋には実りに感謝し、冬は暖を楽しむ。
それぞれの季節を、それぞれに楽しむ事を、私たち日本人は知っているのだと思います。

風薫る五月。
もっとも空が澄み切って、若々しく感じる季節。
この大好きな季節に、エネルギーをいっぱい貰って、私も頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。