2013年04月30日

ロシア外交と低レベルなマスコミ

130430.jpg

1週間託児所を休んでいた次女が、ようやく託児所復帰。
ふぅ〜〜〜〜〜〜。ようやく落ち着いて仕事が出来ます(^^;)
さすがに毎日毎日、側でDVD見せながら仕事をするのも厳しいものがありました。
仕事が立て込んでいる時期なら、絶対に爆発していたでしょうね。

さて、話はガラリと変わって、ちょっと政治の話を。
今、安倍総理はロシアを訪問しています。
日本の総理大臣がロシアを訪問するのは、実に10年ぶりだとか。

小泉総理以降、一年単位で総理大臣が変わりましたからね。
安定した政権が出来なかった中で、ロシアとの外交は止まったままだったのかも知れません。
水面下ではいろいろな交渉があった事と思いますが、表立った成果等はありませんでした。
そのため、北方領土問題も何の進展も無いままです。

北方領土問題も含めた、様々な課題をロシアと協力体制を取って行くのが、今回の安倍総理の目的。
そう簡単な問題ではない北方領土。
まずは双方の信頼関係が肝心。
そのための、第一歩として今回のロシア訪問が実現した。

お互いの信頼関係を築くと言う意味では、今回の訪問は成功したと言えるでしょう。
安倍総理は北方領土だけでなく、経済、エネルギーと言った分野と合わせて、複合的な交渉で話を進めようとしているようです。
北方領土だけに特化していたら、いつまで経っても双方の意見のぶつかり合いだけ。
その点はプーチン大統領も解っていて、だからこそ以前に北方領土に関して「引き分け」という言葉を出したのでしょう。

言わば北方領土の話を進める前に、お互いに協力出来る分野での、話をしっかりまとめておく。
それが日露双方のトップの一致した考えだったのだと思います。
お互いにしっかりとパートナーとしての絆が出来てから、北方領土の問題の解決に挑む。
それくらい北方領土の問題は簡単にはいかない。
だから今日まで解決出来ずに来ているのです。

しかし、日本の記者はそんな事も解らずに、共同記者会見でプーチン大統領に質問をしました。
北方領土でのロシアの開発、そしてそこに外国企業が参入している事実。
記者としては「本質をズバッと聞いたぜ」と思ったのでしょう。
ところがプーチン大統領はあきれ顔で、しかも深いため息をつきながら答えました。

私たちの交渉を妨害したいのなら、今後も同様の厳しい質問をすれば良い。と。
つまりは「空気を読めよ。まだその段階じゃない。」という事です。
そんな事も解らずに記者は本質に踏み込んでしまったのです。
デリカシーが無いと言うか、相手を思いやる気持ちが無いと言うか。
だから日本のメディア・マスコミは問題視されているのです。

また、このプーチン大統領の怒りぎみの返答を、マスコミはまるでプーチン大統領が悪い様に伝えている。
物事には順序、段階というものがある。
いきなり本質に行く前に、まずは世間話などでその場の雰囲気を和ませる。
ある程度場が和んで来たら、徐々に本質に迫って行く。
日本のマスコミにはそんな配慮なんてないのでしょうね。
あっそうか、日本のマスコミであっても、日本のためのマスコミじゃないんですね(笑)

近年、新聞・テレビの記者や報道関係者の質の低下が叫ばれていますが、それを如実に現したのが今回の記者会見だったように思います。
いつも人の批判ばかりしていますが、自分たちの事も冷静に見つめ直す事が大事なんじゃないでしょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:23 | Comment(2) | 私の思うこと
この記事へのコメント
日本のテレビを見ていないのでわかりませんが
記者会見の様子は見ました。
で、ロシアのニュース番組も見ました。
プーチンが悪いように取り上げられているのですか?
日本人記者の質問に対する
プーチンの演説、それに聞き入る日本人の面々、
最後に大きな拍手、、と言う。
殆どプーチンの一人舞台の様な会見でした。

自国、あるいは自分達だけを良く見せる様なやり方は
他国から置いて行かれるような情報操作ですね。。
Posted by えかきさる at 2013年05月01日 10:31
えかきさるさん、日本のマスコミは自分たちの都合によって、報道する自由と報道しない自由を作り出しますからね。
プーチン大統領が不機嫌そうな顔をしながら、深いため息で答えるシーンばかりを放送しています。
まるで、今回の外交が大問題のように取り上げたいのでしょう。
いつもの事です。
こうやってテレビだけ見る人は、「あぁ〜やっぱり北方領土問題は解決しないのか」って思うのですよね。
今回の情報操作は、プーチン大統領を悪者とするよりは、安倍外交の失敗を演出したいのでしょう。
安倍政権を嫌うマスコミの一面が出たと言えるでしょう。
Posted by island at 2013年05月01日 11:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。