2013年02月25日

春の足音

130225.jpg

寒さ厳しいですが、周辺では梅の花が咲いています。
厳しい寒さの中にも、しっかりと春の足音が感じられるようになって来ました。
予報では明日以降、一気に寒さが緩むとの事。
ヤッターと思いましたが、すぐまた寒波がやって来るようで、一気に「春来る」とはいかないようです。

それでも、徐々に寒さが緩む日が増えて来て、暖かい春がやってくるのです。
あとひと月もすれば、桜も咲くのですから、楽しみに待ちましょう。

桜に比べると梅ってどうしても見落としがちですよね。
一気に咲き始めて、満開になったと思ったら、潔く散り行く桜。
それに比べると、どうしても地味なイメージがある梅。
桜の咲く時季は、気温も上がり、春の訪れを満喫できるので、どうしても外に出て桜を愛でたくなります。

一方で梅は・・・と言うと、この極寒の時季にひっそりと咲く。
足早に外を歩くので、どうしても梅を愛でるというのは少ない。
でも、梅の花もとっても愛らしくて私は好きです。
万葉集などで詠われているのは、圧倒的に梅が多いようです。
昔の人にとっては、春の花は桜ではなくて梅だったのでしょうね。

今まさに満開になっている梅の花。
ちょっと寒さが揺るんだ時を狙って、久々に写真でも撮ってみようかな。
桜の花は何度も撮っていますが、梅の花はもう何年も撮っていません。
(写真は昔撮った梅の花です)
桜が春を満喫する花であれば、梅は春を誘う花と言えるでしょう。

梅・桃・桜。
いよいよ春へのカウントダウンが始まった感じです。
そう思うと嬉しくなって来ます。

そして、春は別れの季節でもあります。
我が家も長女が託児所を卒園して、小学校に入学します。
慣れ親しんだ託児所とも、あとひと月でお別れです。
仲良しのお友達ともお別れ。

楽しみの春。
別れの寂しさの春。
出会いの喜びの春。
それぞれの春をしっかり心に刻みたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:34 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。