2013年02月24日

景気回復に向けて

130224.jpg

安倍総理がオバマ大統領と初めての党首会談を行いました。
政権が発足して二ヶ月。
民主党政権下でボロボロになった日米同盟を、再び立て直す事が出来たと言えるでしょう。

オバマ大統領も同じ民主党とは言え、日本の民主党政権にはもうウンザリしていたと思います。
何たって「トラスト・ミー」と言われて、フタを開けたら思いっきり裏切られた鳩山。
福島第一原発事故で、必死にアメリカも対策をしていたのに、それを全部無駄にした菅。
消費税増税しか頭に無くて、他の問題は何一つ出来なかった野田。
アメリカにしてみたら、ようやくまともに会話が出来る総理大臣がやって来た。という感じでしょうね。

今回はTPPの問題が大きく取り上げられていました。
民主党時代には野田総理が勝手に「交渉に参加する」とオバマ大統領に伝え、結局その後何も進みませんでした。
今回、安倍総理は最初から「聖域なき関税撤廃を条件とするなら参加しない」と明言していました。
アメリカもそれを受けて、聖域は設けるという方向に向かいました。

ようやくお互い一歩踏み出す事が出来たと言えるでしょう。
TPPに関してはメリット・デメリット両方があります。
また業種によって受ける影響や恩恵も違います。
単純にTPPに賛成・反対と決める事が出来ないのが現状だと思います。

まずは交渉のテーブルに乗って、その上で自国の国益になるような交渉を進める。
残念ながら民主党政権では、とてもその交渉を任す事が出来ないと思っていました。
危なっかしくて、とても任せられない。
何たって日本国の事よりも、自分の党の存続の事を最優先に考えるのが民主党です。

今回安倍政権になった事で、ようやく対等の交渉が出来るようになったと思います。
油断は禁物ですが、日本の国益を最優先に考えてやってくれるでしょう。
そして私たち国民も、それを信じて頑張る事が大事です。
アベノミクスと同様に、日本のリーダーである総理が引っぱり、それを官僚が支える。
そして日銀や経団連、企業のトップが協力して、日本経済を盛り上げなくてはなりません。

総理自らが「業績の上がった企業は給与を上げて欲しい」と、企業人に訴えかけ、少数ではあるがそれに応える企業がある。
まだまだ日本は捨てたもんじゃありません。
こうやって少しずつ明るい話題が増えてくれば、おのずと景気も回復していきます。
未来に明るい希望の光が見えれば、人は心も前向きになる。
そうやって景気も上向いていくはずです。

円安になっている事で、ガソリンや輸入品の価格が急騰などの不安要素はあります。
しかし、それは小さな不安要素です。
不安要素を吹き飛ばすくらいの、景気の回復をする事が大事だと思います。
やたらと不安要素を並べて、景気が回復する事は難しいと持論を唱える人もいます。
そんな人は、日本が景気を回復しては困るのでしょう。
多くの日本国民は、心から景気の回復を願っています。
だからアベノミクスに期待感を示し、自分たちも頑張って行こうと思っているのです。

景気はまさに「気」です。
私たち日本国民がその「気」になるように仕掛けるのが政治。
民主党政権では全くその「気」になれませんでした。
総理自らが突き進んでいるのです。
私たちも頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。